北海道犬 のクチコミ掲示板

> > > > > 北海道犬
北海道犬の特徴
原産国 日本
グループ 第5グループ(スピッツ&プリミティブ・タイプ)
体高 オス 48.5cm〜51.5cm、メス 45.5cm〜48.5cm
体重  
被毛(色) 中毛(胡麻/虎/赤/黒/黒褐色/白)
ルーツ 鎌倉時代に本州から北海道への移住者が連れていた犬が祖先といわれている。1937年に天然記念物に指定された。
性格 強い意志を持った性格で,主人には従順。

北海道犬のクチコミ

最終更新:2009年11月 1日

どちらかというとマイナーな存在な北海道犬について・・・ (返信:13)
クチコミ掲示板 > ペット >  > 中型犬 > 北海道犬

北海道犬 のクチコミ掲示板

(14件)
RSS

このページのスレッド一覧(全1スレッド)表示/非表示 を切り替えます


「北海道犬」のクチコミ掲示板に
北海道犬を新規書き込み北海道犬をヘルプ付 新規書き込み

スレッド表示順
書込番号返信順
返信表示切替
すべて最初の20件最新の20件
分類別に表示
すべて質問良かった・満足(良)悲しかった・不満(悲)特価情報その他
質問の絞込み※

  • 「質問の絞込み」の未返信、未解決は最新1年、解決済みは全期間のクチコミを表示しています


ナイスクチコミ39

返信13

お気に入りに追加

標準

 > 中型犬 > 北海道犬

スレ主 dokenさん
クチコミ投稿数:13件 北海道犬の満足度5

2/27生れの北海道犬仔犬

同じく我が家で生れた仔犬達

某携帯会社のCMで少し知られるようになりましたが、北海道犬を実際ご覧になった方は非常に少ないと思います。私が住んでいる札幌でも「北海道犬は見た事がない」という愛犬家の方が少なくありません。

 北海道犬(アイヌ犬)は北海道の先住民族であるアイヌの人々がヒグマやシカを獲るために飼っていた狩猟犬であり、人の手による改良が一切入っていない素朴な犬です。

  現在、全国で北海道犬が何頭飼育されているかという公式なデータはありませんが、ここ十数年の間に生れ血統登録された子犬の数から想像すると、その数は約七千頭程度でしょうか。

 この数は私が所属する(社)天然記念物北海道犬保存会で登録された仔犬の数だけですので、他の団体の登録件数を含めても、せいぜい一万頭を下回るのではないかと私は想像しています。

  現在我が家には五頭の北海道犬がいますが、その我が家の犬や、犬友の愛犬を通じて、現在の北海道犬の周辺状況をお知らせしたいと思います。

 画像は、我が家で今年の2月末に生れた仔犬達です。

書込番号:9930712

ナイスクチコミ!7


返信する
スレ主 dokenさん
クチコミ投稿数:13件 北海道犬の満足度5

2009/07/30 21:26(1年以上前)

父犬の雄勝・小樽光洋荘

母犬の寧々・稚内武方荘

母犬寧々と五匹の仔 3/1

ここで、我が家で生れた五匹の白毛の仔犬達について、少しお話いたしましょう。

 父犬の名は雄勝・小樽光洋荘といい、北海道犬保存会本部が開催している本部展覧会(北海道犬のドッグショーと考えてください)で昨年秋、牡犬で日本一に輝いた名犬で、小樽におります。

 母犬は寧々・稚内武方荘といい、稚内から我が家にやってきた来た犬で、仔犬時代の三ヶ月から五ヶ月まで展覧会に出ておりました。

 五匹の仔犬が生れたのは今年2月27日でした。牡三匹、牝二頭で仔犬達は粒も揃い、元気で育っていきました。

書込番号:9930936

ナイスクチコミ!5


スレ主 dokenさん
クチコミ投稿数:13件 北海道犬の満足度5

2009/07/30 22:22(1年以上前)

犬舎での五匹の仔犬

ウッドデツキで日光浴

旅立ち間近なので見合い写真です。

こちらも見合い写真

 白毛の五匹の仔犬達。

これは四月の初めに撮った画像ですから生後四十日前後のものです。

 四十日を過ぎた仔犬は、母犬の母乳より離乳食のウェイトが増え、日に日にムクムクと大きくなって行きます。

 この頃になると仔犬は足も達者になり、そこいらじゅうを駆け回るので捕まえるのも一苦労です。

書込番号:9931291

ナイスクチコミ!3


スレ主 dokenさん
クチコミ投稿数:13件 北海道犬の満足度5

2009/07/30 23:02(1年以上前)

仔犬達の母方の祖母にあたる桂花・稚内武方荘

 仔犬達の旅立ちが近づきましたので血統登録証明書の血統名を決めました。

 牡三匹には、桂雄・札幌佐藤犬舎、桂勝・札幌佐藤犬舎、桂優・札幌佐藤犬舎と命名し、

 牝二匹には、桂香・札幌佐藤犬舎、桂華・札幌佐藤犬舎と命名致しました。

  仔犬達の血統名の一字目に「桂」が入っていますが、この「桂」は仔犬達の母方の祖母犬(仔犬達の母犬寧々の母犬)にあたる桂花・稚内武方荘という
 優秀な台牝(だいひん)にあやかって付けたものです。

 桂花・稚内武方荘(白/牝 平成15年3月3日生まれ)は、優秀な繁殖牝で、現在まで、本部展覧会で牝犬日本一に輝いた蝦夷雪姫・稚内武方荘をはじめ、宗龍旺・稚内武方荘、宗麗夏・稚内武方荘、錦雪姫・稚内武方荘など、北海道犬として美男美女を競う展覧会での活躍犬を生んでいます。

書込番号:9931557

ナイスクチコミ!3


スレ主 dokenさん
クチコミ投稿数:13件 北海道犬の満足度5

2009/07/31 22:27(1年以上前)

4月11日 牝の桂香が旅立ちました。

4月19日 牡の桂優が新しい飼い主さんの許へ・・・

ウッドデッキのサークルで

岩見沢支部展会場にて・・・

生後45日が過ぎ、仔犬達が旅立ちのときを迎えました。4月11日に牝の桂香が、4月19日には牡の桂優が新しい飼い主さんの許に旅立ってゆきました。

 四月の末に岩見沢で北海道犬保存会岩見沢支部の展覧会があり、仔犬達も応援団として連れてゆきました。

 仔犬を展覧会に連れて行くのは、仔犬に展覧会の雰囲気を経験させるという事であり、特に将来展覧会に出陳させる予定の仔犬には欠かせないセレモニーです。沢山の北海道犬と飼い主が集まりますので、その雰囲気の中で色々な人から触れてもらうのは仔犬にとって大切なことです。

書込番号:9935735

ナイスクチコミ!4


スレ主 dokenさん
クチコミ投稿数:13件 北海道犬の満足度5

2009/08/02 21:33(1年以上前)

生後二ヶ月のマメの駐立姿勢

二ヶ月半のマメ 二週間でかなり育ちました。

同じく二ヵ月半のマメ 顔付きにオスらしさが出てきました。

仔犬達は、我が家に残す牡一匹を除き、それぞれの飼い主さんのところに旅立ってゆきました。

 残した牡の仔犬(血統名 桂雄・札幌佐藤)には「マメ」というコールネームをつけました。名付け親は同居している孫でして「豆粒のように小さいさからマメ」というのが、命名の理由だそうです。

 画像一枚目は五月の初め撮影のマメこと桂雄・札幌佐藤ですが、二ヶ月を過ぎたあたりで、かなり犬らしくなってきました。

 画像二枚目、三枚目は二ヶ月半のマメ。更に成長し、牡らしさが出てきました。あと一ヶ月で展覧会デビューですので、この頃には展覧会で必要な駐立姿勢や歩様訓練も開始しました。

書込番号:9944574

ナイスクチコミ!2


スレ主 dokenさん
クチコミ投稿数:13件 北海道犬の満足度5

2009/08/03 22:03(1年以上前)

「北海道犬標準体型」に基づき、一頭ずつ審査する個体審査

同じクラスの犬をリンクで歩かせて歩様の状態等を審査する「比較審査」

その日の最優秀犬を審査する全犬最優勝審査

 マメこと桂雄・札幌佐藤犬舎を残したのは、展覧会に出す為ですが、北海道犬の展覧会(北海道犬としての姿・形を競うドッグショー)北海道犬の展覧会というのは、大体次のような仕組みになっています。

 ・月齢による出陳区分

 @仔犬一部→三ヶ月以上 五ヶ月未満

 A仔犬二部→五ヶ月以上 六ヶ月未満

 B幼犬→六ヶ月以上 十二ヶ月未満

 C若犬→十二ヶ月以上 二十四ヶ月未満

 D未成犬→二十四ヶ月以上 三十六ヶ月未満

 E成犬→三十六ヶ月以上 

 F福寿犬→八十四ヶ月以上 

  上記の月齢区分ごとオス・メス別に区分けして、個体審査(幼犬以上)、衛生検査(幼犬以上)を行い、最終的には比較検査で一席、二席・・・と順位付けしてゆきます。

 さて、それでは個体審査とはなんでしょうか。個体審査とは、北海道犬保存会が制定した「北海道犬標準体型」に基づき、審査員が一頭ずつの評価を行っていくことです。衛生検査では牡牝共通して「歯牙が規定どおりあるか」を確認し、これに加えて牡は睾丸検査を行います。なお、個体審査は幼犬以上のクラスで行われ、仔犬クラスはありません。

 比較審査では、出陳犬を月齢による出陳区分ごと、リンクというオーバル状の周回路で、歩かせて歩様の状態を確認して最終的な順位付けを行います。

書込番号:9948982

ナイスクチコミ!4


スレ主 dokenさん
クチコミ投稿数:13件 北海道犬の満足度5

2009/08/05 21:00(1年以上前)

数年前までの獣猟競技。ナマの熊に北海道犬を対峙させていた。

現在の獣猟競技。檻に入れた熊を使用している。

展覧会と一緒に開催するものに「獣猟競技会」があります。

 これは檻に入れた熊に北海道犬を立ち向かわせ、その攻撃動作や警戒動作を「得点化」して猟犬としての性能を競うものです。

 ちなみに「得点」は2点から10点まであり、満点である10点は次のような基準になっています。

 「10点の基準」
  警戒心旺盛にして、熊を中心に前低姿勢をとり、よく吠え熊から目を離さず、全躯に溢れる迫力と前後左右から軽快な攻撃動作を示す犬

 和犬のルーツのほとんどが猟犬なわけですが、このような「獣猟競技会」を開催しているのは私の所属している(社)天然記念物北海道犬保存会だけであります。

 現在行っている獣猟競技会では、熊を檻に入れて行ってますが、数年前までは胴輪をつけたナマの熊に対し犬を対峙させて競技を行っていました。しかし危険度が高いためこの競技方法は止めることになりました。

 我が家のマメもこの「獣猟競技会」に挑戦させる予定です。

書込番号:9957400

ナイスクチコミ!2


スレ主 dokenさん
クチコミ投稿数:13件 北海道犬の満足度5

2009/08/06 21:37(1年以上前)

獣猟競技の順番待ちをしている会員と愛犬達

ヒグマを注視するマメ。獣猟競技ではクマから目を離さないのがポイントです。

マメの前低姿勢。目はヒグマに向けられています。

出陳番号5番がマメ。得点7.0を頂き四頭中一位を頂戴しました。

6月14日は、我が家のマメこと桂雄・札幌佐藤犬舎が展覧会・獣猟競技会にデビューする日高支部展覧会です。

 当日は生憎の雨天でしたが、北海道各地から熱心な北海道犬保存会会員の皆さんが集まりました。

 マメが出陳する仔犬一部牡組は、生後三ヶ月以上五ヶ月未満の牡の仔犬が対象です。

 ということで、まずは檻に入れたヒグマに北海道犬を向かわせる獣猟競技に挑戦です。

 初めてヒグマに遭遇したマメは、最初戸惑ったような感じでしたが、しばらくすると猟犬としての
血が騒いだのでしょうか、前後左右に動き始め、リードを持つ私が付いてゆけないほどでした。

 マメこと桂雄・札幌佐藤犬舎の獣猟競技競技動画↓

   http://f.flvmaker.com/mc2.php?id=dDxcPpC7XhMULHK_GXIJNlqx2ByJyosb7NOnVVY3fkBjA95Op/lFQs&logoFlg=Y


 結果は7.0の高い得点を頂戴して四頭の中で一位を獲得しました。


書込番号:9962345

ナイスクチコミ!2


スレ主 dokenさん
クチコミ投稿数:13件 北海道犬の満足度5

2009/08/08 09:58(1年以上前)

比較審査待機中のマメ。こういう姿はまだまだ仔犬です。

三頭の出陳犬。中央がマメです。

リンクを歩くマメ。歩様はまだまだです。

ウィニングサークルで講評を受けるマメ。

 さて、獣猟競技も無事終了し、次は姿・形を競う展覧会に出陳です。

 マメが出陳するクラスは生後三ヶ月以上〜五ヶ月未満の牡が対象の仔犬一部牡組の比較審査です。

 仔犬クラスの比較審査は、犬を一頭ずつ審査する個体審査が無いため、比較審査で、出陳犬の発育状態、姿・形を審査し、併せて歩様の状態などを総合的に審査し、順位付けを行います。

 出陳犬はゼッケン番号順に整列し、審査員の指示で「並足」という人が普通に歩く速さで歩いたり、止まったりして審査が進みますが、優位な犬は審査員の指示で隊列の前のほうに進出し、比較審査終了時に一番先頭の犬が「一席」を獲得することになります。

 仔犬クラスの場合、「並足」しかありませんが、六ヶ月を過ぎた幼犬クラス以上では「速足」という、人が小走りで走る速さの歩様もあります。

 マメは展覧会出陳に備え、駐立姿勢の保持と歩様の訓練をしてきました。他の仔犬と一緒にリンクを走る本番で、その練習の成果をうまく発揮できればよいのですが、なかなかうまく行かないのが世の常であります。

 仔犬一部牡組にはマメも含め三頭が出陳されました。駐立姿勢はまずまず。

 リンクを他の仔犬と共に周回する比較審査では、あっちに行ったり、こっちに行ったり、リンクのそばで応援しているカミさんを見つけては、そちらに突進したりでハンドリングしている私もすっかり疲れてしまいました。

 比較審査中盤、マメは一度先頭に立ったものの、すぐ後ろの白の仔犬に抜かれ二番手になりますが、その後巻き返して先頭に立ち一席を獲得しました。

 仔犬クラスの比較審査は、幼稚園の運動会のようなもので、先々の事は解らないのですが、それでも一席に置いて頂くのは嬉しいものです。

 審査終了後、ウィニングサークルで審査員の先生から講評を受けていた時、マメの父犬である雄勝・小樽光洋荘の持ち主の北村ご夫妻が来て祝福してくれました。

 ということで、マメこと桂雄・札幌佐藤犬舎の初めての展覧会・獣猟競技会は出来すぎの結果に終わりました。 

書込番号:9969206

ナイスクチコミ!2


スレ主 dokenさん
クチコミ投稿数:13件 北海道犬の満足度5

2009/08/13 10:38(1年以上前)

恵庭支部展仔犬一部牝組で一席を獲得した寧々・稚内武方荘。2009年9月

小樽支部展ウィニングサークルでの寧々・稚内武方荘

函館支部展仔犬一部牝組を制した寧々・稚内武方荘

マメの母犬である寧々・稚内武方荘について述べておきましょう。

 寧々・稚内武方荘は、北海道犬の繁殖と飼育管理・ハンドリングで著名な稚内の武方正雄氏が2007年に繁殖した北海道犬です。

 その当時、寧々の上には蝦夷雪姫・稚内武方荘、宗龍旺・稚内武方荘、宗麗夏・稚内武方荘という展覧会での活躍犬がいて、私もそれらの活躍犬を生んでいる桂花・稚内武方荘の仔を是非持ちたいと思っていましたので、武方氏にその旨をお伝えしてありました。

 2007/5/9生れの寧々・稚内武方荘が我が家にやってきたのは六月の末だったと記憶していますが、寧々は牝三匹姉妹の中で一番骨量のあるムクムクとした仔犬でした。

 我が家に来た寧々は何事もなく順調に育ち、秋の展覧会シーズンに向かいました。寧々の展覧会デビューは9月2日の北見支部展仔犬一部牝組でした。北見支部展での寧々はデビュー戦にもかかわらず堂々とリンクを歩き二番手まで進出し、非凡な所をみせてくれました。

 次に寧々・稚内武方荘が展覧会に出たのは二週間後の恵庭支部展でしたが、落ち着いたリンクマナーで先頭に進出し一席を獲得し私を喜ばせてくれました。

 その後寧々は小樽支部展、凾館支部展と仔犬一部牝組を連勝し、私の期待に応えてくれました。

 寧々の秋シーズン最後の展覧会は10月の秋季本部展覧会で、このころ寧々・稚内武方荘は五ヶ月を過ぎていましたので仔犬二部牝組に出陳でありました。

 札幌で開催された秋季本部展は激しい雨が時折降る悪いコンディションでしたが、寧々は健闘して二番手まで進出したところで仔犬二部牝組は終了いたしました。

 寧々・稚内武方荘の秋シーズンは仔犬クラスに出陳して五戦して三勝、二番手が二回と、上々の成績を上げることができました。しかし物事というのはうまく行かないもので、寧々・稚内武方荘は次のクラスである生後六ヶ月以上〜十二ヶ月以上の幼犬牝組に進むことは出来なくなりました。その理由は寧々が受けなければならない「衛生検査の基準」から外れる項目が出てきたことでした。

 そういう訳で、寧々の展覧会出陳歴は仔犬時代で終了してしまったのですが、その事が寧々の無念を寧々の仔で・・・ということになり、寧々の仔のマメこと桂雄・札幌佐藤犬の登場となったわけです。
 

書込番号:9991916

ナイスクチコミ!2


スレ主 dokenさん
クチコミ投稿数:13件 北海道犬の満足度5

2009/08/15 17:33(1年以上前)

展覧会の待機中にマメの母犬の繁殖者の武方さんに発育具合等を見てもらいました。

仔犬一部牡組比較審査。前より、少し上手に歩けるようになったマメ

駐立姿勢での審査。手前にいるのが審査員の先生です。

ウィニングサークルで審査員の先生から講評を受けているマメ。

happy walkerさん、「禁止事項」を教えて頂きありがとうございました。先程、抵触部分文言等の削除依頼いたしました。

 さて、我が家のマメこと桂雄・札幌佐藤犬舎の展覧会チャレンジの続きをいたします。



 獣猟競技が無事終了し、次は北海道犬としての姿・形・歩様などを競う展覧会です。

 前回の日高支部展で展覧会慣れしていないマメは、リンクと呼ばれる周回路を歩く時にかなりフラフラし、その後特訓に励みましたが、今日はどうでしょうか。

   
 子犬一部牡組比較審査の出陳頭数は全部で五頭でした。歩様や駐立姿勢の特訓のかいがあったかマメこと桂雄・札幌佐藤犬舎は、ちゃんとリンクを歩いてくれ、駐立姿勢もキチンととれるようになり、前回の日高支部展に比べると進歩のあとが感じられました。

 比較審査の中盤で先頭に進出したマメは、その後も首位を保ち、仔犬一部牡組で一席を頂戴することができました。

 今日は、マメの父犬、雄勝・小樽光洋荘の持ち主の北村ご夫妻にくわえ、マメの母犬、寧々・稚内武方荘の繁殖者である武方ご夫妻も来場していましたので、嬉しさもひとしおでありました。

 さて、今年前半の展覧会シーズンは、これで終了です。このあとは8月末からスタートする秋の展覧会シーズンですが、8月末からマメはクラスが変り幼犬牡組(六ヶ月以上から12ヶ月未満の牡)に入ります。

 幼犬クラスになると「大人の北海道犬」としての扱いになり、犬を一頭ずつ審査する「個体審査」、そして歯牙などを検査する「衛生検査」も加わり、比較審査では「速足」と呼ばれる歩様もこなさなければなりません。

書込番号:10002209

ナイスクチコミ!2


スレ主 dokenさん
クチコミ投稿数:13件 北海道犬の満足度5

2009/08/17 22:05(1年以上前)

マメの父犬の雄勝・小樽光洋荘の持ち主、北村父さんに歯の生え具合を見て貰ってます。

マメ、檻の中のヒグマにロックオンしています。

マメ、ヒグマに対し前低姿勢を取っております。

ゼッケン13番がマメ。6.2の得点を頂き一位を獲得いたしました。

 北海道犬保存会・鵡川支部の獣猟競技会の模様の書き込み部分が削除されてしまったので、再投稿いたします。↓
***************************************************************************************************


7月12日は北海道犬保存会・鵡川支部の展覧会と獣猟競技会で、マメこと桂雄・札幌佐藤犬舎にとっては二回目の展覧会出陳になりました。この鵡川支部展は北海道犬の展覧会としては全国で最大規模のもので、全国から約二百頭の北海道犬が集います。

 マメにとっては二度目の展覧会ですから、デビュー戦の日高支部展よりは緊張はなかったものの、大舞台だけに気持ちは前回同様でした。

 まずは檻に入ったヒグマに向って猟犬としての資質を競う「獣猟競技」にチャレンジです。


 マメの鵡川支部展・獣猟競技動画→   http://f.flvmaker.com/mc2.php?id=kKxcPpC7XhMULHK_GXIJNlqx2ByJyosi7NOnVWY3ekbkD8X5HVlFQs&logoFlg=Y

 この日のヒグマの状況は檻の中で寝ている状態だったので、マメはしばらくエンジンがかからないようでしたが、ヒグマを認識したマメは前回どおり前後左右に機敏に動き周り、前低姿勢をとりながらヒグマに勇敢に立ち向かい、期待通りの動きをしてくれました。

 一分半の競技時間が終了すると、ギャラリーの方々から拍手が起こり、マメも誇らしげでした。



 さてマメの得点は・・・、四頭が獣猟競技に挑戦しマメは6.2の得点を頂戴して一位を獲得いたしました。

書込番号:10012344

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:279件Goodアンサー獲得:21件

2009/11/01 08:05(1年以上前)

ソフトバンク犬のカイ君(北海道犬)にお嫁さん♪

鵡川町の灯希奈ちゃんとめでたくお見合い成立で、懐妊していたら12月にベビーが誕生だそうです。

ちょっと楽しみ♪来年は親子でCM出演?

書込番号:10401910

ナイスクチコミ!0



最初前の6件次の6件最後

「北海道犬」のクチコミ掲示板に
北海道犬を新規書き込み北海道犬をヘルプ付 新規書き込み

クチコミ掲示板検索



検索対象カテゴリ
を対象として

新着ピックアップリスト

クチコミ掲示板ランキング

(ペット)

飼いやすい犬ランキング