『深度合成のraw現像について』のクチコミ掲示板

OM-D E-M1 Mark II ボディ

  • AF/AE追従で最高18コマ/秒の高速連写を実現した、「OLYMPUS OM-D」シリーズのフラッグシップ機となるミラーレス一眼カメラ。
  • 従来モデルから3.5倍高速化した新開発画像処理エンジン「TruePic VIII」や新開発121点オールクロス像面位相差センサーを採用。
  • 最大5.5段の補正可能な5軸手ぶれ補正も備え、ボディは防塵・防滴・耐低温(-10度)設計ながら小型・軽量となっている。
OM-D E-M1 Mark II ボディ 製品画像

拡大

※レンズは別売です

プロダクトアワード2017

最安価格(税込):¥163,292 (前週比:-1,298円↓)

  • メーカー希望小売価格:オープン
  • 発売日:2016年12月22日

店頭参考価格帯:¥163,292 〜 ¥235,440 (全国9店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:ミラーレス 画素数:2177万画素(総画素)/2037万画素(有効画素) 撮像素子:フォーサーズ/4/3型/LiveMOS 連写撮影/秒:60コマ 重量:498g OM-D E-M1 Mark II ボディのスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

 
  • OM-D E-M1 Mark II ボディの価格比較
  • OM-D E-M1 Mark II ボディの中古価格比較
  • OM-D E-M1 Mark II ボディの買取価格
  • OM-D E-M1 Mark II ボディの店頭購入
  • OM-D E-M1 Mark II ボディのスペック・仕様
  • OM-D E-M1 Mark II ボディの純正オプション
  • OM-D E-M1 Mark II ボディのレビュー
  • OM-D E-M1 Mark II ボディのクチコミ
  • OM-D E-M1 Mark II ボディの画像・動画
  • OM-D E-M1 Mark II ボディのピックアップリスト
  • OM-D E-M1 Mark II ボディのオークション

OM-D E-M1 Mark II ボディオリンパス

最安価格(税込):¥163,292 (前週比:-1,298円↓) 発売日:2016年12月22日

  • OM-D E-M1 Mark II ボディの価格比較
  • OM-D E-M1 Mark II ボディの中古価格比較
  • OM-D E-M1 Mark II ボディの買取価格
  • OM-D E-M1 Mark II ボディの店頭購入
  • OM-D E-M1 Mark II ボディのスペック・仕様
  • OM-D E-M1 Mark II ボディの純正オプション
  • OM-D E-M1 Mark II ボディのレビュー
  • OM-D E-M1 Mark II ボディのクチコミ
  • OM-D E-M1 Mark II ボディの画像・動画
  • OM-D E-M1 Mark II ボディのピックアップリスト
  • OM-D E-M1 Mark II ボディのオークション


「OM-D E-M1 Mark II ボディ」のクチコミ掲示板に
OM-D E-M1 Mark II ボディを新規書き込みOM-D E-M1 Mark II ボディをヘルプ付 新規書き込み



ナイスクチコミ26

返信18

お気に入りに追加

標準

深度合成のraw現像について

2018/10/15 11:22(1ヶ月以上前)


デジタル一眼カメラ > オリンパス > OM-D E-M1 Mark II ボディ

クチコミ投稿数:1件

こんにちは。
私は最近昆虫撮影を初めて、小さな昆虫の全身を鮮明に撮影する為には現在のNIKONフルサイズ機では限度を感じ、オリンパスの合成技術に惹かれているのですが、このカメラでは合成してもraw現像は出来ないのでしょうか?
私は白バック撮影が多く、raw現像出来ないとなると非常に困ります。
また、このカメラにはフォーカスブラケットなるものもあるようですが、このフォーカスブラケットと深度合成は何が違うのでしょうか?
フォーカスブラケットなら撮影後のraw現像は可能ですか?
ストロボフラッシュについても、私はストロボフラッシュを使用して撮影することが多いのですが、私が普段愛用しているNIKONのSB500はチャージ時間が長くとても合成に使えなさそうなのです。
その点、オリンパスには合成用のカメラがあるということは、連写可能でチャージ時間が無いストロボフラッシュなどもあるのでしょうか?
以上、ご意見お願い致します。

書込番号:22183966

ナイスクチコミ!1


返信する
yamadoriさん
クチコミ投稿数:5183件Goodアンサー獲得:265件

2018/10/15 12:05(1ヶ月以上前)

ささみんこさん
 スレ主さんの疑問解消にピッタリな説明:昆虫カメラマン海野さんの記事。
https://cameras.olympus.com/stack/ja-jp/

>フォーカスブラケットなら撮影後のraw現像は可能ですか?

応えはYes。 RAWでフォーカスブラケット撮影すれば、後で複数枚のRAW現像ができます。

>ストロボフラッシュについても、私はストロボフラッシュを使用して撮影することが多いのですが、私が普段愛用しているNIKONのSB500はチャージ時間が長くとても合成に使えなさそうなのです。
その点、オリンパスには合成用のカメラがあるということは、連写可能でチャージ時間が無いストロボフラッシュなどもあるのでしょうか?

解決策の一般論
・ガイドナンバーが大きなストロボ
・チャージ回復時間短縮のために、強化電源を使う
・TTL調光では無くマニュアル発光を使い、ISO感度を上げ、発光量を小さくすると、ストロボチャージ時間が短くなるので
 発光量を1/64とか1/32とか1/128にすると、6〜8コマ/秒程度なら連写が出来る。
・Liイオン電池が電源のストロボだと、チャージ回復時間が短い

・持ち運びでき、光量が大きく、Li-イオン電池、チャージ回復時間が短いものは、例えば次の製品。
ケンコー(KPI)が国内代理店をしてますが、Amazonで並行輸入品を安く買えます。(技適品を買ってくださいね)
http://www.kenko-pi.co.jp/brands/godox/godoxad200.html
なお、カメラのホットシューに電波式発信機を付けます。
電波式発信機はニコン用、CANON用、Mフォーサーズ用、fujifilm用、SONY用などが選べ、
ストロボ本体は共通。

書込番号:22184033

ナイスクチコミ!1


殿堂入り金メダル クチコミ投稿数:31491件Goodアンサー獲得:5519件

2018/10/15 12:24(1ヶ月以上前)

ささみんこさん こんにちは

>このフォーカスブラケットと深度合成は何が違うのでしょうか?

下のサイトに詳しく書かれていますが 撮影方法は同じでも フォーカスブラケットはピント位置変えて撮影し ピントが欲しいカットを選ぶのに対し 震度合成は 連続して撮影した写真を合成し 被写界深度が深い写真に仕上げる事だと思います。

http://www.jps.gr.jp/olympus-2/

書込番号:22184064

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:1049件Goodアンサー獲得:46件

2018/10/15 12:41(1ヶ月以上前)

http://bbs.kakaku.com/bbs/K0000843555/#22154253

300f4レンズのクチコミで最近「深度合成」について触れています。
参考になさってください。

特にメカロクさんは昆虫・花の撮影で昔から深度合成撮影の達人です。
ブログも含めて参考にしてみたらどうでしょうか。

書込番号:22184097

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:1049件Goodアンサー獲得:46件

2018/10/15 13:04(1ヶ月以上前)

追伸です。

digital-faq.olympus.co.jp/faq/public/app/servlet/qadoc?QID=006398
購入時にはこんなことにも気を付けてください。

「オリンパス 深度合成」でNet検索するのも一手です。

書込番号:22184163

ナイスクチコミ!1


yamadoriさん
クチコミ投稿数:5183件Goodアンサー獲得:265件

2018/10/15 13:11(1ヶ月以上前)

ささみんこさん
 追記です。
カメラはオリンパスでは無いんですが、FUJIFILMのX-T2,X-T3はフォーカスブラケット機能が追加されたので、
1.フォーカスブラケットで複数撮影したRAW画像を一括現像し、TIFFかJPEG(圧縮無し)で保存。
2.そのTIFForJPEG画像を、Photoshop CCで深度合成。
3.合成後、トリミングとレタッチで仕上げる。

カメラに深度合成機能が有れば楽だけど、RAW現像で好みの色調に追い込んでおいてからPCで深度合成するほうが、
作品作りには向いていると思います。

書込番号:22184175

ナイスクチコミ!2


クチコミ投稿数:9746件Goodアンサー獲得:165件

2018/10/15 13:38(1ヶ月以上前)

深度合成って使い所が難しいのか、此処で
上げられてる作例でも「単に被写界深度が深いだけでは?」みたいな写真が多い。

書込番号:22184232 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:1934件Goodアンサー獲得:163件 メカロクの写真日記 3 

2018/10/15 13:39(1ヶ月以上前)

ささみんこさん、こんにちは。

E-M1 の Ver.4.0 で「深度合成」が搭載されて以来、これに嵌ってしまい、先日の「秋の甲信撮影行」の際には、シャッターボタンを押した数で 52%ほど、ファイル数では 64%ほどが「深度合成」モード撮影だったという、「深度合成バカ」です。

という訳で、私の判る範囲で、ご質問にお答えしたいと考えます。
少々長文になると思いますが、暫くお付き合いください。

>このカメラでは合成してもraw現像は出来ないのでしょうか?

「深度合成」モードでは、ピント位置をずらせた8コマのブラケット写真を撮ります。設定によって、そのブラケット画像の RAW ファイルを保存することができますが、残念ながら、カメラ内「深度合成」の画像は、JPEG ファイルのみになるので、RAW 現像することはできません。
従って、カメラ内「深度合成」では JPEG 画像を編集することになるので、私は、「深度合成」モードの場合は最高画質(L-SF)で保存し、ブログ掲載用や写真クラブの例会用などは、JPEG 画像の編集で済ませています。

では、写真展用など、もっと大切で、かつ大伸ばしにする場合はどうするかというと、8コマのブラケット画像の RAW ファイルを同じパラメータで RAW 現像して TIFF 出力し、これを「CombineZP」というフリーソフトで合成してから JPEG 出力(*1)し、必要に応じて TIFF に変換してから、編集(*2)しています。
 *私は、RAW 現像も JPEG や TIFF の編集も、「SILKYPIX Developer Studio Pro 8」で行っています。
 *1:「CombineZP」で TIFF 出力も可能なのですが、何故か、この TIFF 画像を他の画像ソフトで開くことができないのです。
   ・私だけでなく、他の方からも同様の話を聞いているので、少なくとも私の PC だけの問題ではないようです。
 *2:「深度合成」する際には、8コマのブラケット画像の大きさ(ピントを移動するため、撮影倍率が変ります)や
   画像の位置(カメラが動いたり被写体が動いたりすると、画像の位置が変ります)を自動的に合わせるので、
   合成前には編集できないこと(例えば画面周辺部の焼き込みなど)もあるのです。

この方法の利点は、ブラケット画像の RAW 現像の際に、JPEG の編集よりも大幅な調整ができることに加えて、8コマのブラケット画像の中かから必要なコマだけを選んで合成することもできるので、例えばメイン被写体の各部にピントが来ているコマ以外を除外すれば、前後を「カメラ内合成」画像よりも暈すようなこともできます。
ただし、合成する際のアルゴリズムが、カメラに搭載されている合成ソフトとは異なるため、同じように8コマ合成しても、時には、カメラ内合成とは全く異なる合成結果になることもあるので、「手間暇掛けたのにものにならなかった!」を防ぐには、RAW 現像する前に、JPEG のブラケット画像で合成して確認しておく方が良さそうです。
 *合成結果が全く異なる場合でも、「CombineZP」の方が良かった・・・ということも勿論あるので、
  必ずしも無駄ともいえませんが・・・

文字数制限のため、ここで切ります。

書込番号:22184233

ナイスクチコミ!4


クチコミ投稿数:1934件Goodアンサー獲得:163件 メカロクの写真日記 3 

2018/10/15 13:48(1ヶ月以上前)

続きです。



>フォーカスブラケットと深度合成は何が違うのでしょうか?
 フォーカスブラケットなら撮影後のraw現像は可能ですか?

「深度合成」モードの場合は、上記の通り8コマのブラケット画像が撮影されてカメラ内で合成が行われますが、「フォーカスブラケット」モードの場合は、ブラケット画像の撮影枚数を、3〜999枚の中から自由に指定できるため、ピントを移動するピッチの自由度が大幅に上がりますので、最終作品の精細度の調整範囲も大幅に拡大できる筈です(*3)し、勿論、RAW ファイルも保存できますので RAW 現像もできますが、カメラ内は勿論、純正ソフトでも「深度合成」はできないので、別途「深度合成ソフト」を用意して、そちらで行う必要があります。
 *3:私は、E-M1 Ver.4.0 に搭載された際に少し試したことがある程度なので、これらの効果を実感するまでには至っていません。

なお、「深度合成」モードの場合は、先ずピントを合わせた位置で撮影した後、手前(近距離)側に戻って2コマ撮影し、次いで、向こう(遠距離側)に移動して5コマ撮影するのに対して、「フォーカスブラケット」モードの場合は、ピントを合わせた位置で撮影した後は向こう側だけを撮影するので、ピントを合わせる位置を両者で変える必要があります。

既になされているレスの中に、
 >撮影方法は同じでも フォーカスブラケットはピント位置変えて撮影し ピントが欲しいカットを選ぶのに対し
というのがあり、これは、引用されているサイトでも、
 >そうやって「フォーカスブラケット」で撮影したカットの中から、厳密にピントが合ったかっとをえらぶことができますし、
と記載されていますが、その後に、
 >PhotoshopなどのPCソフトを使用すれば「深度合成」のカットを作成することも可能になります。
とも記載されていて、前者だけという訳ではなく、私は後者がメインと考えています。

特に、前者の用途には、ピントを合わせた位置とその向こう側だけが撮影される点は大きな欠点であり、フォーカスステップ(ピントをずらす量の指標)を小さくして「深度合成」モードで撮影し、撮影された8コマのブラケット画像の中からジャスピンのコマを選ぶ方が、むしろ使い易いと考えます。
 *私は、カメラ内「深度合成」画像が気に入らない場合に、ブラケット画像の中からジャスピンのコマを選んで使用することも、
  常用しています。
 *私も、前者の用途で「フォーカスブラケット」モード撮影することがない訳ではありません。

>連写可能でチャージ時間が無いストロボフラッシュなどもあるのでしょうか?

「チャージ時間が無い」訳ではありませんが、次の2機種が、「深度合成」に対応しています。
  *:私は、補助光が必要な場合は LED ライトを使っていて、これらは使ったことがないので、詳しいことは判りません。
 FL-900R   https://olympus-imaging.jp/product/dslr/accessory/flash/fl900r.html
 STF-8   https://olympus-imaging.jp/product/dslr/accessory/flash/stf8.html

書込番号:22184250

ナイスクチコミ!3


クチコミ投稿数:1049件Goodアンサー獲得:46件

2018/10/15 13:56(1ヶ月以上前)

>digital-faq.olympus.co.jp/faq/public/app/servlet/qadoc?QID=006398
 購入時にはこんなことにも気を付けてください。

貼り付けミスりました。
内容は深度合成対応レンズについてです。これもNet検索ですぐ分かります。

書込番号:22184265

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:1934件Goodアンサー獲得:163件 メカロクの写真日記 3 

2018/10/15 18:33(1ヶ月以上前)

申し訳ありません。
「続き」分(22184250)に、未確認事項と説明不足がありましたので、補足させて頂きます。

確認不足:「フォーカスブラケット」モードの場合は、ブラケット画像の撮影枚数を、3〜999枚の中から自由に指定できるため、ピントを移動するピッチの自由度が大幅に上がりますので・・・

「深度合成」モードでも「フォーカスブラケット」モードでも、「フォーカスステップ」値は「1」〜「10」の10段階から選べますが、この値が同じ(例えば「1」)場合に、例えば4コマ目と5コマ目の間(*1)の実際のピント移動量が同じなのかどうかについては、確認できていません。
 *1:近い方から並べると、「深度合成」モードの場合は、2>3>1>4>5>6>7>8 コマ目になるのに対して、
   「フォーカスブラケット」モードの場合は、1>2>3>4>5>・・・コマ目になるため判りにくいので、
   撮影される一番手側から見ると、どちらでも同じ位置になる4コマ目と5コマ目を例に取り上げました。
   なお、少なくとも「深度合成」モードの場合は、「フォーカスステップ」を固定しても、ピント移動量は同じではなく、
   撮影距離が小さい(近距離)ほど小さいことを確認していて、「被写界深度」に似ているようですが、
   正確なルールは判りません。

従って、現段階で「ピントを移動するピッチの自由度が大幅に上がりますので・・・」は未確認事項であり、私の推測に過ぎませんが、例えば現在使える最も焦点距離が長い 300mmF4 Pro に MC-14 を咬ませて、「フォーカスステップ」を「1」に設定して、最短撮影距離から「フォーカスブラケット」モード撮影しても、無限遠に達するまでに 999 コマにもなることはないと考えられるので、「同じステップでも、フォーカスブラケットの場合は、ピント移動量が小さくなっているのではないか?」と推測した次第です。
もっとも、超望遠ではなく超接写、つまりマクロレンズに中間リングを何枚も重ねて咬ませた場合は、999 コマ全部撮っても無限遠には達しないことが十分に考えられますね。

説明不足-1:次の2機種が、「深度合成」に対応しています。

「深度合成」だけでなく「フォーカスブラケット」にも対応しています。

説明不足-2:(未掲載)

「MENU」内の、「深度合成」モードおよび「フォーカスブラケット」モードに共通の「Focos BKT」画面に、「(フラッシュのアイコン)充電待ち時間」という項目がありますので、三脚に載せて静止した被写体を撮るのであれば、お手持ちのフラッシュの充電時間に合わせてこの項目を設定すれば、充電時間に合わせた間歇撮影ができる筈です。

書込番号:22184753

ナイスクチコミ!3


クチコミ投稿数:116件Goodアンサー獲得:7件

2018/10/16 16:43(1ヶ月以上前)

純正フラッシュに関しては、既にメカロクさんが紹介されておりますので、その補足。
FL-900Rでの高速連写は、マニュアル発光で1/32にすると秒10コマ。
STF-8は、深度合成に対応はしているけど、高速連写に言及無し。

社外品では、ニッシンのMG10ですね。
https://www.nissin-japan.com/product/mg10/

つうか、あの御仁は「単に被写界深度が深いだけ」以外の何を求めているのだろうか?
実際には、絞って稼いだ被写界深度とは全く異なる写真を撮れるけど。

書込番号:22186762

ナイスクチコミ!8


クチコミ投稿数:57件

2018/10/18 17:56

>ささみんこさん


逆に、こういうレンズもあります。
https://www.rakunew.com/items/80536


高価ですが、E-M1Mk2を買う事を考えるなら、金額的にはターゲットに入るのではないでしょうヵ?

書込番号:22191331

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:451件Goodアンサー獲得:11件

2018/10/19 23:47

当機種

このくらいスローなら数十コマ撮っても問題なさそう

先日、撮影旅行先で移動中に、撮影目的とは大幅に外れる被写体と遭遇してしまったのですが、
とっさに数コマ撮影してみました。

こういうシチュエーションは想定外だったため、フォーカスブラケットにする時間がなかったため
できるだけ絞って撮影しましたけど、ファンクションボタンに、フォーカスブラケットを設定しておけば
良かったのにと、ちょっと公開しています。

書込番号:22194175

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:3180件Goodアンサー獲得:320件

2018/10/21 16:45

機種不明

片対数グラフ

>メカロクさん

> *1:近い方から並べると、「深度合成」モードの場合は、2>3>1>4>5>6>7>8 コマ目になるのに対して、
   「フォーカスブラケット」モードの場合は、1>2>3>4>5>・・・コマ目になるため判りにくいので、
   撮影される一番手側から見ると、どちらでも同じ位置になる4コマ目と5コマ目を例に取り上げました。
   なお、少なくとも「深度合成」モードの場合は、「フォーカスステップ」を固定しても、ピント移動量は同じではなく、
   撮影距離が小さい(近距離)ほど小さいことを確認していて、「被写界深度」に似ているようですが、
   正確なルールは判りません。

至近側に言及在りましたが
60mmF2.8マクロは 至近〜∞は 約1300ステップありましたよ。(フォーカスリミッターオフ)

ステップ数とは リニアステッピングモーターの最小ステップで、複数系統にするメリットは無いので1種類と思いますよ。

書込番号:22197931

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:3180件Goodアンサー獲得:320件

2018/10/21 17:15

別機種
別機種

フル発光 1/20秒

1/64発光も1/20秒

>ささみんこさん

未確認ですが、たぶんお手持ちのフラッシュが使えます。

動作としては フラッシュモードでは、充電完了を待って、次のショットを撮影します
FL-LM3(同梱フラッシュ)では 1/64発光で0.2〜0.5秒位、 フル発光で5秒くらい待たされます。 

ただし被写界深度合成のフラッシュ時は1/20Sに固定になり、マニュアルで光量調整の必要があり、かなり面倒です。
TTLモードは使えず、マニュアル強制発光のみ使用できます。

私はMEIKEのFC100(キャノン用)リングライトをM5mkIIで使ってますが、フラッシュよりもビデオライトにして使った方が自由度が有ります。  (キャノンユーザーがニコン用のFC100使えたというリポートが有ったので 冒頭のニコン用フラッシュも使えると思ってます)
https://www.amazon.co.jp/dp/B005KJZGYQ/
(久しぶりに使ったらFC100の電源入らず焦りました(^_^;)ヾ 電源ボタン長押しでパワーが入ります )

RAW+JPEGもできますが、被写界深度合成結果はJPEGだけになるので、私は被写界深度合成の時のみJPEGのみにしてます。
RAW編集してから CombineZPで合成って手順になると思います。 
 

書込番号:22197986

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:3180件Goodアンサー獲得:320件

2018/10/21 17:25

別機種

きのこ

>ポロあんどダハさん

私は被写界深度合成モードの時だけJPEGのみにしてるので、マイセットして、モードダイヤルの方に割り振ってます。

書込番号:22197999

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:1934件Goodアンサー獲得:163件 メカロクの写真日記 3 

2018/10/21 21:03

TideBreeze.さん

>ステップ数とは リニアステッピングモーターの最小ステップで、複数系統にするメリットは無いので1種類と思いますよ。

ありがとうございます。
添付頂いたグラフから、リニアステッピングモーターのステップは、距離の対数に正比例するため、フォーカスステップもそのままで同じく距離に正比例する筈なので、(「深度合成モ」ードの場合も「フォーカスブラケット」モードの場合とも)フォーカスステップの 1 ステップごとにモーターのステップを変えることはしていないだろう・・・ということですね。

私は E-M1 に深度合成が搭載された直後に、深度合成の効果や特性を確認するために、直定規を斜め方向から「深度合成」撮影して、8コマのブラケット画像のピント位置をピクセル等倍で確認し、近距離ほどピント移動量が小さいことは確認できましたが、エクセルのグラフ機能で近似式を求めようとしたところ、こちらは失敗してしまいました(汗)

ところで、添付頂いたグラフのステップ目盛は 0〜200 で、至近〜∞ は約 150 ステップと読め、
 >至近〜∞は 約1300ステップありましたよ。
と矛盾します(細かいことをいうと、至近距離 19cm も少しずれているようです)が、どちら正しいのでしょうか?

書込番号:22198421

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:3180件Goodアンサー獲得:320件

2018/10/22 01:56

機種不明
機種不明

実際はこんな感じかと

私もやりました

>メカロクさん
あ、説明忘れました。 グラフは 12-40mmPro をイメージしたものです。
精度の粗い実験で、、前回測定値 12-40が約120ステップ、40-150mmが約170ステップでした。
(今日の測り直し 12-40mm 約390ステップありました 、AFの合う至近をどこにするかで結果がずいぶん変わるようです・・・ m(__;)m )

12-40mmF2.8Proの MFモードで出てくる距離指標を見ながら、(0.2m〜0.5m〜1m〜∞ ) 無限遠150ぐらいとしてローレット1山3ステップぐらいかな〜と、直線をざっくり引いたもので実測値ではありません。
マクロレンズは(19-20-23-34-∞ですが)距離指標が判らないので取ってません。

フォーカスリミッターを外した60mmマクロレンズは、1300ステップと桁違いに多いです。
(さっき測り直したら10ステップ刻みで142枚ありました)
至近の近い30mmマクロも相当なステップ数なのではないか〜と想像してます。

書込番号:22198984

ナイスクチコミ!1


クチコミ一覧を見る


価格.com Q&Aを見る

この製品の最安価格を見る

OM-D E-M1 Mark II ボディ
オリンパス

OM-D E-M1 Mark II ボディ

最安価格(税込):¥163,292発売日:2016年12月22日 価格.comの安さの理由は?

OM-D E-M1 Mark II ボディをお気に入り製品に追加する <1761

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 

クチコミ掲示板検索



検索対象カテゴリ
を対象として
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[デジタル一眼カメラ]

デジタル一眼カメラの選び方ガイド

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

新製品ニュース Headline

更新日:11月13日

新製品ニュースを見る

クチコミ掲示板ランキング

(カメラ)

ユーザー満足度ランキング