『WindowsXPでの使用で教えてください』のクチコミ掲示板

SL308 HFS250G32TND-N1A2A

SL308 HFS250G32TND-N1A2A 製品画像

拡大

最安価格(税込):¥10,980 (前週比:±0 )

  • メーカー希望小売価格:¥―
  • 登録日:2017年 1月18日

店頭参考価格帯:¥10,980 〜 ¥10,980 (全国1店舗)最寄りのショップ一覧

容量:250GB 規格サイズ:2.5インチ インターフェイス:Serial ATA 6Gb/s タイプ:TLC SL308 HFS250G32TND-N1A2Aのスペック・仕様

この製品に関連する製品

製品をまとめて比較する

WD Green WDS240G1G0A

WD Green WDS240G1G0A

満足度:
3.81

¥9,979

AFSN25BW256G

AFSN25BW256G

満足度:
4.42

¥―

UVS10AT-SSD120 (120GB 7mm TLC) ドスパラWeb限定モデル

UVS10AT-SSD120 (120GB 7mm TLC) ...

満足度:
4.90

¥5,940

MX300 CT525MX300SSD1

MX300 CT525MX300SSD1

満足度:
4.64

¥16,980

SSD PLUS SDSSDA-240G-J26

SSD PLUS SDSSDA-240G-J26

満足度:
4.85

¥9,648

SSD PLUS SDSSDA-480G-J26

SSD PLUS SDSSDA-480G-J26

満足度:
4.40

¥15,970

CSSD-S6T240NMG2L

CSSD-S6T240NMG2L

満足度:
3.71

¥9,374

MX300 CT525MX300SSD1/JP

MX300 CT525MX300SSD1/JP

満足度:
3.64

¥17,480

MX300 CT275MX300SSD1

MX300 CT275MX300SSD1

満足度:
4.60

¥10,680

WD Green WDS120G1G0A

WD Green WDS120G1G0A

満足度:
4.66

¥6,452

ウルトラ II SSD SDSSDHII-480G-J26

ウルトラ II SSD SDSSDHII-480G-J2...

満足度:
4.37

¥16,355

F9 2710DCS08-256

F9 2710DCS08-256

満足度:
1.00

¥9,980

MX300 CT275MX300SSD1/JP

MX300 CT275MX300SSD1/JP

満足度:
3.71

¥10,747

850 EVO MZ-75E250B/IT

850 EVO MZ-75E250B/IT

満足度:
4.42

¥11,489

960 EVO M.2 MZ-V6E250B/IT

960 EVO M.2 MZ-V6E250B/IT

満足度:
4.81

¥15,980

S300 S300TL240

S300 S300TL240

満足度:

¥9,000

MX300 CT2050MX300SSD1

MX300 CT2050MX300SSD1

満足度:
5.00

¥59,980

CSSD-S6T240NMG1Q

CSSD-S6T240NMG1Q

満足度:
4.91

¥10,800

SL500 240G

SL500 240G

満足度:

¥8,890

PrevNext

ご利用の前にお読みください

  • SL308 HFS250G32TND-N1A2Aの価格比較
  • SL308 HFS250G32TND-N1A2Aの店頭購入
  • SL308 HFS250G32TND-N1A2Aのスペック・仕様
  • SL308 HFS250G32TND-N1A2Aのレビュー
  • SL308 HFS250G32TND-N1A2Aのクチコミ
  • SL308 HFS250G32TND-N1A2Aの画像・動画
  • SL308 HFS250G32TND-N1A2Aのピックアップリスト
  • SL308 HFS250G32TND-N1A2Aのオークション

SL308 HFS250G32TND-N1A2ASK hynix

最安価格(税込):¥10,980 (前週比:±0 ) 登録日:2017年 1月18日

  • SL308 HFS250G32TND-N1A2Aの価格比較
  • SL308 HFS250G32TND-N1A2Aの店頭購入
  • SL308 HFS250G32TND-N1A2Aのスペック・仕様
  • SL308 HFS250G32TND-N1A2Aのレビュー
  • SL308 HFS250G32TND-N1A2Aのクチコミ
  • SL308 HFS250G32TND-N1A2Aの画像・動画
  • SL308 HFS250G32TND-N1A2Aのピックアップリスト
  • SL308 HFS250G32TND-N1A2Aのオークション
クチコミ掲示板 > パソコン > SSD > SK hynix > SL308 HFS250G32TND-N1A2A

『WindowsXPでの使用で教えてください』 のクチコミ掲示板

RSS


「SL308 HFS250G32TND-N1A2A」のクチコミ掲示板に
SL308 HFS250G32TND-N1A2Aを新規書き込みSL308 HFS250G32TND-N1A2Aをヘルプ付 新規書き込み



ナイスクチコミ32

返信24

お気に入りに追加

解決済
標準

WindowsXPでの使用で教えてください

2017/08/09 18:28(2ヶ月以上前)


SSD > SK hynix > SL308 HFS250G32TND-N1A2A

クチコミ投稿数:200件

お世話になります。

 (質問1)WindowsXP下で当SSDをリフレッシュする方法やソフトはありませんか?。
 (*)正確な用語を知りませんのでリフレッシュと書きました。Windows8以降でのTrimコマンドや、あるいはインテルSSD添付のToolBoxソフトで実行できる、SSDの書き込み速度回復の意味で使いました。

 (質問2)デフラグ効果はありますか?。
 (*)Windows標準のデフラグでは無く、フリーソフトのMydeflag等で実行した場合です。ご経験があればさらに嬉しい。

 (質問3)リフレッシュしないで使い続けた場合、HDDより遅くなりますか?


経緯は以下の通りです。

 諸般事情で、いまだにWindowsXPも使っています。PCは自作で、システムDiskはインテルSSDです、同SSDは約4年半使用です。
最近起動に失敗する事が増えました。起動時にBootファイルやシステムファイルが無いとか読めないとかです。
2,3回再起動すると起動でき使用できますが、たまに使用中フリーズもしていました。
 
 ところが、ここ一週間ほどは毎日起動に失敗します。 現SSDの死期が近いと考え 慌てて何も考えず売れ筋No1の当SSDを購入。
ソフトEasyUSにて、システムDiskのクローンコピーを試みましたが、4時間経っても終わらない。念のため、過去に実行できた同ソフトでのバックアップを実行。これも同様に終わらない。

 とりあえず、だいぶ前に取ったバックアップから当SSDに復元。これをシステムDiskとして起動確認しOK。色々なソフト導入や設定をしているので、現システムと同じにするのが大変(汗)、今は元気が無い。 現SSDが完全に死亡するまで現行で使う予定。
 とりあえず最悪は回避できたと安心して、冒頭の件に気がつきました。

書込番号:21105027

ナイスクチコミ!2


返信する
キハ65さん
銅メダル クチコミ投稿数:26810件Goodアンサー獲得:7036件

2017/08/09 19:10(2ヶ月以上前)

>> (質問1)WindowsXP下で当SSDをリフレッシュする方法やソフトはありませんか?。

Secure Eraseでしょう。
http://youwish.web.fc2.com/secure.htm

書込番号:21105089

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:6345件Goodアンサー獲得:768件

2017/08/09 19:16(2ヶ月以上前)

@だけ。
http://youwish.web.fc2.com/secure.htm
こちらを参考にSecure Eraseされてみてください。OS関係ありません。
私はその下のPartition Editor と言うのを使用して時々やってます。(今は有料です)

但しこれをやるとなればディスク全体に”0”を書き込みますので、すべてのデータは消えます。(所謂物理フォーマットです)
またプチフリ等の不具合には関係ありません、速度の復旧とお考え下さい。

書込番号:21105101

ナイスクチコミ!2


クチコミ投稿数:6345件Goodアンサー獲得:768件

2017/08/09 19:17(2ヶ月以上前)

あらまたダブり。

書込番号:21105103

ナイスクチコミ!2


KAZU0002さん
クチコミ投稿数:25979件Goodアンサー獲得:3474件

2017/08/09 19:19(2ヶ月以上前)

使っていたら速度が遅くなると言っても、元々がSSDの保護機能が働いているが故の速度低下ですので。その状態を異常と断じて、リフレッシュやデフラグで一時的に回復したところで、さして意味はありませんし。一時的な回復と共に、SSDの寿命を縮めるだけです。
Trimにしても、SSDの保護機能による速度低下が起きにくくするための機能であって。SSDの健康に良いような類いの機能ではありません。
速度が遅くなった状態が「普段」なのですから。そのまま使いましょう。

>リフレッシュしないで使い続けた場合、HDDより遅くなりますか?
どんどん遅くなっていくという類いの症状は出ません。HDDより遅くなったとしたら、故障を疑いましょう。

書込番号:21105107

ナイスクチコミ!2


クチコミ投稿数:6345件Goodアンサー獲得:768件

2017/08/09 19:41(2ヶ月以上前)

セキュアイレース前

実行後3日目

古いデータが残ってました。
CrystalDiskMarkのバージョンからしても最低4年くらいは前です。

CFDの砂コン(サンドフォース)と呼ばれる120GB SSDを使ってRaid0してた頃です。

セキュアイレース後はこの時は特に書き込みが改善されたようです。
また実施するのも年に1回やるかどうかのことですので、書き込む量や寿命は考える意味ないです(週1であれば別だが)

書込番号:21105154

ナイスクチコミ!1


LaMusiqueさん
クチコミ投稿数:3818件Goodアンサー獲得:455件

2017/08/09 20:08(2ヶ月以上前)

質問者は Secure Eraseの意味はご理解されてるとして回答。

年に一度程度 Secure Eraseして寿命が気になるほど短くなるSSDならそも実用に耐えない残り寿命の状態と考えるので、初期アクセス性能を取り戻すための Secure Eraseはやって悪かろうはずはない。

で、方法なのだが、システムイメージの復元に万能ツールがないのと似てるが、 TxBench + XPで確実に出来るということは経験上ない。

もし、スレヌシの 環境で TxBenchで Secure Erase出来ない場合は、 
http://marosama.blogspot.jp/2010/03/linuxsecureerase.html
にあるように、 Linuxの hdparmを使う方法もある。

frozen状態の解除は、どのツールでも、いつも面倒くさいと感じるのは同じ。

書込番号:21105221

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:6345件Goodアンサー獲得:768件

2017/08/09 20:24(2ヶ月以上前)

>frozen状態の解除は、どのツールでも、いつも面倒くさいと感じるのは同じ。

大いに同感です^^

書込番号:21105258

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:200件

2017/08/09 21:03(2ヶ月以上前)

皆様 早々のレスありがとうございます。

 当方、SSDの知識は4,5年前で止まっており、トンチンカンな質問をしているかもしれません。
 当初のご質問の「リフレッシュ」という言葉を使った内容は、現ファイルを保持したまま、書き込み速度を回復させたいとの意味です。

>こちらを参考にされてみてください。・・・すべてのデータは消えます。・・・
当方もSecure Eraseは同様に理解しており、これが目的ではありません。


 以下は5年前の知識なので今のSSDでも正しいかどうかは不明ですが。 

 SSDの仕組み上、OS上消された情報もSSD上は残っている。その場所にOS上書き込むと、それを含む管理単位全体を一旦読み込み、書き込みデータを加えて、新たな管理単位に書き込む。このためOS的に一度も書かれていない管理単位が無くなると、その都度その管理単位をSSD的にEraseする必要があり、書き込み速度が低下する。 

 OS的に消されているが、SSD的に残っているデータをSSD上でEraseすることで、この速度低下を回復する。 
Windows8以降はTrimコマンドを発行することで、これを自動的に実施してくれる。
 WindowsXPにはこの機能はない。現使用のインテルSSDでは同様な事をするソフトが添付されており、定期的にこれを実行する事で、書き込み時の速度低下を回復できる。
 当SSDには同様のソフトが添付されいない事に気付き、ご質問させていただきました。


書込番号:21105363

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:6345件Goodアンサー獲得:768件

2017/08/09 21:31(2ヶ月以上前)


 >OS的に消されているが、SSD的に残っているデータをSSD上でEraseすることで、この速度低下を回復する。 


そのことを物理フォーマットと言うのでは無いですか?

SSDを人手に渡す際には、できればこのような処理をして渡せば漏洩再生の可能性は低くなると思っておりますが。

書込番号:21105441

ナイスクチコミ!2


KAZU0002さん
クチコミ投稿数:25979件Goodアンサー獲得:3474件

2017/08/09 22:14(2ヶ月以上前)

>SSDの仕組み上、OS上消された情報もSSD上は残っている。
正確には、OSで消したことにしても、SSD側でそれを検知することができず、メモリの各物理ブロックへの書き込み回数を平均化する保護機能の対象になるので、速度が低下する…ですね。

> OS的に消されているが、SSD的に残っているデータをSSD上でEraseすることで、この速度低下を回復する。
0を書き込んでも、それがデータがなくなることを意味するのかはSSDは感知できないので。この事自体で書き込み時の配慮動作を無くすことによる速度低下を防いだりはしません。これをするにはTrimが必須です。
ただ、全体に書き込みをすれば、上記の「書き込み回数を平均化する保護機能」の対象外になるので(0を書き込むときに、自動的に平均化される)、一時的に速度は回復します。


だけど。そもそもとしてOS用ドライブに求められるのはRead性能で。書き込みが多少遅くなっても、それがボトルネックになるほどの大量の書き込みは発生しないです。保護機能で遅くなるほど大量の書き込みが発生するような使い方をしないのも、SSDの使い方のコツと言えます。

まぁ。このへんが問題になったのは、コントローラーの性能も低く、容量も32GBとかの少なかった時代の話なので。今時のSSDをXPでそこまでこだわって使う必要も無しかと。

書込番号:21105589

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:875件Goodアンサー獲得:25件

2017/08/09 22:33(2ヶ月以上前)

取り敢えず自分が、SSDに非対応なWindowsで実施すべきと考えるなら、以下でしょうか。

<基本対処>
1) OS標準のデフラグ停止。
2) IDEモードでは無く、AHCIモードにする。
3) パーティション開始offsetの最適設定。

<Trim非対応対策>
4) パーティション非割り当て領域の確保。
   (ex. 250GB品なら200GBしか使わない。但し、真っ新な状態から実施する。)
5) TxBench を使って、定期的にTrim送出実施。
   (システムドライブに必須。基本的には全ドライブ対象。)

あとは自分がWin10でも行ってるのは以下。

<寿命対策>
6) NTFSドライブから、Indexを外す。

尚、上記の番号や順番は、作業順では在りません。

今回の書込みは指導ではなくて、単なる個人的ノウハウの羅列なので、ご承知置き下さい。

書込番号:21105634

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:200件

2017/08/09 23:38(2ヶ月以上前)

 皆様 レスありがとうございます。当方説明うまく出来ずもう申し訳ありません。
 下記HPの冒頭の 「使い続けると速度が低下するSSD消去を伴う書き込みの増加が原因」 に書かれてような事をいいたかったのですが。
http://www.dosv.jp/other/1005/18.htm
 WindowsXPにはTrimを出す仕組みが実装されておらず、インテルSSDでは添付ソフトにてそれを実行していると理解しています。

あずたろうさん 
>>OS的に消されているが、SSD的に残っているデータをSSD上でEraseすることで、この速度低下を回復する。 
>そのことを物理フォーマットと言うのでは無いですか?
 説明不十分で申し訳ありません。OS的に残っているファイルはSSD上のも消さずに、との意味です。

KAZU0002さん
>だけど。そもそもとしてOS用ドライブに求められるのはRead性能で。書き込みが多少遅くなっても、それがボトルネックになるほどの大量の書き込みは発生しないです。
 この事は了解です。SSD使用で書き込み回数が増えると寿命が短くなると理解しています。
 ただせっかくのSSDなので、パーフォーマンス優先で、ページファイルやその他READ/WRITEの多いファイルも置いていました。その結果での、4年半の寿命でしたので満足しています。もちろん、インテルのToolソフトは定期的に実行していました。今回も同様に出来ないかとご質問させていただきました。

翠緑柄眸さん
>1) OS標準のデフラグ停止。
>>(*)Windows標準のデフラグでは無く、フリーソフトのMydeflag等で実行した場合です。ご経験があればさらに嬉しい。
 フリースペースを意識したデフラグソフトMydeflagで、当方期待の効果があるとの記述をどこかで見ました。追加情報なり、ご経験者がおられればと思いご質問しました。

>5) TxBench を使って、定期的にTrim送出実施。
TxBenchはシステムDiskには使えないと見たような。もし利用ご経験があれば非常にうれしいのですが。


書込番号:21105809

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:875件Goodアンサー獲得:25件

2017/08/10 01:15(2ヶ月以上前)

TxBenchのTrimは、取り敢えずC:ドライブに使える模様。

ttps://jisaku.155cm.com/src/1424204527_659c69e41ad6f7c5a232cb126a4a7d828248dc93.jpg

書込番号:21105953

Goodアンサーナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:875件Goodアンサー獲得:25件

2017/08/10 01:52(2ヶ月以上前)

あとSSDから選択し直すなら Phisonコン汎用ツールが、どうやらoptimize機能でTrim送出する上に、WinXPにも対応してる様です。

この汎用ツールを使える(使ってる)のは、うちのSSD達で確認した限りでは SPCCとPatriot、PalitのPhisonコン搭載品で、うちのPatriot Ignite(S10コン)でoptimizeを試したら、どうやらパーセンテージバー表示&終了したので、OS設定機能等では無かったです。
(但し、Ignite はData用途ですが。)

http://bbs.kakaku.com/bbs/K0000961232/#21101480

又、Palitの SSD utility は上記の様に明確に WinXP対応を謳ってますし、下記のSPCC FirmUpツールは、Windows用としか書かれてません。

http://www.silicon-power.com/web/firmware

<注意>:SPCCのSSDは、コントローラが未だに御神籤なので、お勧めし難いです。
       (尚、S80ならほぼS8orS10ですけど、保証は無いです。)


まあ、傍証やら推測が殆どなので、参考程度にてお願いします。


P.S
因みに、うちで使ってるADATAのToolBoxは、C:ドライブにoptimize(パーセンテージバー表示&終了)出来ました。
(但し、最新の Intel のToolBoxと同様に、システム条件はWin7以降です。)

書込番号:21105990

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:875件Goodアンサー獲得:25件

2017/08/10 04:09(2ヶ月以上前)

Win8.1x64のシステムに使ってる Palit GFS-SSD240(S11コン) を、「ThunderTuner」 SSD Utility で optimization してみました。

ちゃんと「Please Waiting」 のバー表示が伸びて、正常終了しました。(^o^)

しかも同じPCに搭載してる、Data用の SPCC S80(S8コン)も認識しており、こちらも同様にOKでした。
(だから Phisonコン汎用ツールを使ってる、と判断出来る訳ですが。)

これは TxBench の Trim が先の画像を見ると、ドライブ単位らしいのに比べて、SSD単位で行えるので手間も少ないです。(因みに、先のADATA ToolBox も当然?SSD単位です。)

WindowsXP/VistaなPCをSSD化する場合、システム用に「ThunderTuner」 を使える Palit のSSD、Data用をPhisonコン搭載SSDで揃えれば、Trim (更にはFirmUpも)に関して非常に楽が出来る事になります。

但し、Palit も SPCC も(更にはPatriotも)、温度センサー無しな為、そこは我慢が必要です。

書込番号:21106068

ナイスクチコミ!1


KAZU0002さん
クチコミ投稿数:25979件Goodアンサー獲得:3474件

2017/08/10 06:16(2ヶ月以上前)

>ただせっかくのSSDなので、パーフォーマンス優先で、
そういう方向にこだわりを持つのなら、XPに依存しなくても済むようにするか、XPに依存している部分だけを切り離すかしたほうが良いかと。性能を発揮できないOSを使っているのに性能が〜と言っているのが、どうにも非建設的です。。

書込番号:21106120

ナイスクチコミ!3


クチコミ投稿数:200件

2017/08/10 10:46(2ヶ月以上前)

皆様レスありがとうございます。

翠緑柄眸さん
 色々お手数かけ恐縮です。
>TxBenchのTrimは、取り敢えずC:ドライブに使える模様。
朗報です。当SSDでも使えたら嬉しいです。またPCカーバーを開けて・・・の元気が出たら試してみます。

>あとSSDから選択し直すなら ・・・
現使用インテルSSDがアマゾンにありました。ただ、容量半分で価格は約1.5倍。少々割高ですね。「現行と同じ」の安心感と手間賃を考えればしかたがないのかも。最悪ポチルかも。

KAZU0002さん
>性能を発揮できないOSを使っているのに性能が〜と言っているのが、どうにも非建設的です。
 ごもっとも。ただ、古いソフトや自作DOSプログラム(再コーディングする元気は無い)などは、単純に入出力が早くなると、処理時間も短くなりますので・・・。

 ちなみに、XPではサポートされていない機能も増え、Windows10機も近年購入しました。同機の仮想PC下WinXPでの使用ソフト稼動確認はしましたが、やはり使い勝手が・・・。
 十数年来の付き合いのXP愛機(当初と同じなのはケースだけ)がやはり使いやすい。

 皆様色々な情報ありがとうございました、どうするかゆっくり考えて見ます。当スレこれにて閉じさせていただきます。

書込番号:21106461

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:5011件Goodアンサー獲得:438件

2017/08/10 11:05(2ヶ月以上前)

>いなか人さん
クローンソフトがブータブルディスクから起動できるようになっていたら、
ブータブル起動してクローンを作成してください。
その後ディスクのテラーチェックと修復をかける。
(ブータブルディスクを作っていなければ、
クローンソフトをブータブルディスクで起動できるように作成しましょう。
AOMEI Backupper -ならディスクを作成する必要はなくいけたかも?うろ覚え)
とにかく、ディスクにエラーがあってもまずクローンがスムースにいけるソフトを使うとか選ぶとかすべし です。

書込番号:21106479

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:200件

2017/09/01 23:12(1ヶ月以上前)

当スレ解決済みとしましたが、追加情報です。


>>TxBenchのTrimは、取り敢えずC:ドライブに使える模様。
>朗報です。当SSDでも使えたら嬉しいです。またPCカーバーを開けて・・・の元気が出たら試してみます。
 
 カバーを開けて、テストしてみましたが、エラーとなりました。 当SSDには、TxBenchのSSD最適化は使用できないようです。


1981sinichirouさん ご返事遅くなりました。
>クローンソフトがブータブルディスクから起動できるようになっていたら、ブータブル起動してクローンを作成してください。

  HDDにもBackupを兼ねWindowsXPシステムをセットアップしています。当HDDからWindowsXPを起動して、EasyUsで同SSDクローンを試みましたが、やはりエラーとなりました。 1981sinichirouさんのアイデアと同じ意味となるかは不明ですが。


書込番号:21162404

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:5011件Goodアンサー獲得:438件

2017/09/16 12:00(1ヶ月以上前)

私の提案とは少し違いますね。
まずはフリーソフトの↓これでクローンを先に作る。
クローンができてから、チェックディスクのオプションからファィルシステムエラーを自動的に修復する(A)&不良セクタをスキャンし回復する(N)にチェックを入れ実行してみる。
https://www.backup-utility.com/jp/clone/clone-hdd-with-bad-sectors.html
(インストール自体がSSDの不具合でだめになっている場合もある?)

クローンが失敗するようなら有料のクローンソフトを使ってクローンを作成後修復をかける。
(注意:CD-DVDディスクから直接起動できるソフトを使用する)
たいていはこれでうまくいくはずですが、
この方法がうまく行かなかったら、OS本体がかなり破損していると思われるので、
OSを修復するか、最後はもう新規にインストールし直す手段で考慮してください。

書込番号:21201369

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:200件

2017/09/16 14:24(1ヶ月以上前)

1981sinichirouさん レスありがとうございます

>私の提案とは少し違いますね
確かに。 通常は問題ないのですが、今回は起動中の自分自身をクローンする事で問題あり、その対応のアイデアと思いました。

 ご紹介HP読ませていただきました。
当方使用のEasuUSにも、不良セクターのあるDiskをクローン出来るとの、同様の記述があります。
その操作手順で実行していましたが、ダメでした。AOMEIでは実行していませんが。
https://jp.easeus.com/todo-backup-resource/clone-a-drive-with-bad-sectors.html
 記述を読むと、クローン前にchkdskを行っておけば、同様の効果はあるような気がします。

 今回の問題は、XPやSSD自身の問題では無く、PCのMB ATAコントロール等の中途半端な異常のような気がしてきました。なにしろMBは8年物で少々くたびれてきたかも(笑)。

書込番号:21201724

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:5011件Goodアンサー獲得:438件

2017/09/16 14:53(1ヶ月以上前)

その起動中の自分自身をクローンする事に問題がある場合
違うソフトで試してみる。やっぱりダメならブータブルディスクからクローンができるようにしたもの
(有料ソフトも無料ソフトも含む)
不良セクタがある場合もそのまままずクローンを実行する。
新SSDで修復をかける
とう手順でやってみることをお奨めしています。

クローンなのでMBなどの影響はないと思うんですけどね

書込番号:21201793

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:200件

2017/09/16 17:43(1ヶ月以上前)

1981sinichirouさん レスありがとうございます
 当方唐突なMB原因仮説で混乱させてしまったかもしれません。思考過程は以下のとうりです。
 既に当PCはHDDシステムで運用始めているので雑談程度ですが。

EasyUSでシステムSSDのクローンができない(クローンが終わらない)。
=>EasyUSは当SSDシステムで何度も使用しているクローンソフト。このため別ソフトでも可能性薄と推測。
 =>(推測)起動中の自分自身をクローンする事に問題がある。
  =>同PCHDDにある別XPシステムで実行、結果は同じ。このためブータブルディスクでも可能性薄と推測。
   =>(推測)SSD不良セクターがあってそれが原因でクローン時に問題があるのかな、と考える。 
    =>EasyUSは、不良セクターのあるDiskをクローン出来るのでこの問題ではなさそう。
     =>SSDシステムの問題状況は、ブート時やたまに使用中フリーズが起こ事。
      =>(推測)ブート時のエラー処理は限定的。XPフリーズに至るのはSSDの単純I/Oエラーではない。
       =>(推測)なにしろMBは8年物で少々くたびれてきたかも。
(仮説)今回の問題は、XPやSSD自身の問題では無く、PCのMB ATAコントロール等の中途半端な異常のような気がしてきました。

 もし上記仮説が正しければ、いずれ現運用HDDシステムでも問題が発生しそう。
 なお、上記「可能性薄」と推測した事も実行してみれば出来たかも。ただ手間なので・・・。
  

書込番号:21202214

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:200件

2017/09/17 00:06(1ヶ月以上前)

 先ほど当スレ読み返したところ、 PCはHDD運用に変更し、その理由として当SDDでもBOOT時旧SSDと同様の問題が出始めた事、を書き忘れていたのに気がつきました。

 当情報が無かったので、1981sinichirouさんの推測に至るのも当然かと思います。申し訳ありませんでした。

 年のせいで(という言うことにして、「10日前は大昔」)、物忘れが激しくご容赦ください。

書込番号:21203305

ナイスクチコミ!1


クチコミ一覧を見る


「SK hynix > SL308 HFS250G32TND-N1A2A」の新着クチコミ

内容・タイトル 返信数 最終投稿日時
相性報告 0 2017/10/18 23:27:00
デスクトップに設置可能か 2 2017/09/26 21:02:22
クローンが作成できません。 9 2017/09/10 0:20:23
NTT-X Store Yahoo!店 でポイント10倍 0 2017/08/15 13:14:11
WindowsXPでの使用で教えてください 24 2017/09/17 0:06:58
CDI7.1.0向けに、Hynix SSD の情報提供を。 0 2017/08/01 21:23:55
データ移行ソフト 2 2017/07/10 21:49:55
SC311 5 2017/07/06 2:29:34
非AFTかAFTか 6 2017/05/30 20:22:55
ノートパソコン HP 15-ba000 に取り付けた 0 2017/04/23 12:57:45

「SK hynix > SL308 HFS250G32TND-N1A2A」のクチコミを見る(全 61件)

価格.com Q&Aを見る

この製品の最安価格を見る

SL308 HFS250G32TND-N1A2A
SK hynix

SL308 HFS250G32TND-N1A2A

最安価格(税込):¥10,980登録日:2017年 1月18日 価格.comの安さの理由は?

SL308 HFS250G32TND-N1A2Aをお気に入り製品に追加する <308

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 

クチコミ掲示板検索



検索対象カテゴリ
を対象として
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[SSD]

SSDの選び方ガイド

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

新製品ニュース Headline

更新日:10月20日

クチコミ掲示板ランキング

(パソコン)

ユーザー満足度ランキング