その他の本・雑誌すべて クチコミ掲示板

 >  >  >  > クチコミ掲示板
クチコミ掲示板 > 本・CD・DVD > その他の本・雑誌

その他の本・雑誌 のクチコミ掲示板

(416件)
RSS

このページのスレッド一覧(全18スレッド)表示/非表示 を切り替えます


「その他の本・雑誌」のクチコミ掲示板に
その他の本・雑誌を新規書き込みその他の本・雑誌をヘルプ付 新規書き込み

スレッド表示順
書込番号返信順
返信表示切替
すべて最初の20件最新の20件
分類別に表示
すべて質問良かった・満足(良)悲しかった・不満(悲)特価情報その他
質問の絞込み※

  • 「質問の絞込み」の未返信、未解決は最新1年、解決済みは全期間のクチコミを表示しています


ナイスクチコミ2

返信0

お気に入りに追加

標準

その他の本・雑誌

スレ主 The_Winnieさん
クチコミ投稿数:1368件

今日、東京交響楽団の定期演奏会に行きました。
曲目に、「J.ハイドン(偽作):ホルン協奏曲 第2番 ニ長調 Hob.VIId:4」、「モ ーツァルト:ホルン協奏曲 第2番 変ホ長調 K.417」が有りました。
そして、登場したホルンの奏者の両腕の無いのにビックリ!!
どうやって演奏するんだろうかと思っていたら、靴を脱いで素足になって、ホルンが固定されたスタンドを、右足で自分の方に引き寄せて、左足でホルンのレバーを巧みに操作して、見事に演奏しました。
私を含めて、ミューザ川崎コンサート・ホールの聴衆全員が、深い感動に包まれました。
終演後のブラボーや、コンサート・ホールを揺るがすような、絶賛の拍手の嵐。
その、両腕の無いホルンの奏者のお名前は、フェリックス・クリーザー(Felix Klieser)さん。
「僕はホルンを足で吹く~両腕のないホルン奏者 フェリックス・クリーザー自伝~」(https://www.amazon.co.jp/dp/4636945301)が、amazonnでベストセラーになっていて、世界的に著名なホルン奏者ということを、初めて知りました。
最近、暗いニュースが多くて、気分が塞ぎこんでいたのですが、輝かしい生命の躍動の美しさを教えて頂いたような、深い感動を覚えました。
武蔵野市民文化会館でも、演奏されていたのですね。
http://www.musashino-culture.or.jp/eventinfo/2017/02/post-639.html

書込番号:20993421 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!2




ナイスクチコミ1

返信0

お気に入りに追加

標準

印象派の人びとージュリ・マネの日記ー

2016/09/04 13:30(1年以上前)


その他の本・雑誌

スレ主 The_Winnieさん
クチコミ投稿数:1368件

国立新美術館で、8月22日(月)まで開催されていた「ルノワール展」。
来日した、数多くの名画の中で、「猫を抱く子供(ジュリー・マネの肖像)」が、一段と印象に残りました。
ジュリー・マネが9歳の頃の肖像画だそうで、女流画家である、母親のベルト・モリゾがルノワールに依頼して描かせた絵であることを、知りました。
本書は、その、ジュリーが15歳から21歳の年に綴った日記で、プライベートな内容が多々有るため、ジュリーの死後に出版されて公に出たようです。
我々には、偉大な絵画の巨匠に写る印象派の画家たちが、普通のおじさんとして記されており、当時の画家たちの日常的な交流を伺い知ることができます。
写真や絵画が、ここかしこに挿入されており、多感な年頃の女の子の日記というよりも、美術史としての資料価値の有る一冊だと思います。
図書館で一読して、どうしても手元に起きたくなり、今は絶版となった本書を、古書店で購入しました。
出来たら、再販して欲しいですね。

書込番号:20170265 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!1




ナイスクチコミ0

返信0

お気に入りに追加

標準

堀口大學・訳『悪の華』

2013/06/16 13:18(1年以上前)


その他の本・雑誌

クチコミ投稿数:519件 縁側-音圧の掲示板

Edvard Munchのカバー

My本棚に登録がないので、こちらに投稿。

日本語のリズムで味わえる詩集になってます。五・七調。当然、意訳という形でしょうし、和風のリズムですが、外国語の詩集を訳すにあたり、直訳というか文字通りに訳してしまうと、リズムが無くなってしまう様に感じますので、外国語の出来ない私には、この方が楽しめました。(平気の平左とか時代がかってますが…出雲の阿国も)

『梁塵秘抄』みたいな感じかな?人生の敵は「倦怠」そんなところが。第一二六編『旅』、「…進歩の思想を愛好する者を戦慄させるものだ」と詩人の解説する、この長い詩が私にはお似合いでした。壮大なヒマ潰し。

さて、これで、押見 修造の『惡の華』を読んでみようと思います、表紙が気になって仕方なかったのです。

書込番号:16259831

ナイスクチコミ!0




ナイスクチコミ1

返信2

お気に入りに追加

標準

できる大人の言い方大全

2013/02/11 22:47(1年以上前)


その他の本・雑誌

クチコミ投稿数:4945件 趣味の部屋 

この本を新聞広告で見て気になり買ってみました。

まだ全部は読んでませんが
なるほどと思わせる言い方が載っていてとても勉強になります。

なかでも特集1の

 そんな「言い換え」ができたのか!

は気に入りました。

例えばですが

「人の意見に左右される」なんてのは自分の意見が無いように感じますが
「人の意見を尊重する」と言い換えれば・・・全然違った意味に聞こえます。

言い換えるだけでいい意味に転じるので
物事は捉え方次第だなとつくづく思いました。

この本はかなりお勧めです。気になった方はぜひ読んで見て下さいね。

書込番号:15752219

ナイスクチコミ!1


返信する
MA★RSさん
クチコミ投稿数:13734件Goodアンサー獲得:1270件

2013/02/11 23:14(1年以上前)

コンビニに陳列されてて気になってました(*^-^*)

テクマルさんもお薦め、という事であればぜひ読んでみたいと
思います('ω')ノ

書込番号:15752400

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:4945件 趣味の部屋 

2013/02/11 23:31(1年以上前)

MA★RSさん こんばんは

>テクマルさんもお薦め、という事であればぜひ読んでみたいと
思います('ω')ノ

そのようなお言葉をいただいてはこちらが恐縮します。

私の様な若輩者にはたくさん勉強になる本であると感じましたが
MA★RSさんにはやや物足りないかも知れませんよ♪



書込番号:15752490

ナイスクチコミ!0




ナイスクチコミ0

返信0

お気に入りに追加

標準

驚異、改造人間グールド

2011/08/29 23:17(1年以上前)


その他の本・雑誌

クチコミ投稿数:3781件

グレン・グールド、異形の天才ピアニスト。

世俗の常識から外れたパーソナリティと、まさに異形というべき録音の数々から、「宇宙人」という印象を受ける。
実際、81年のゴルトベルクは、「重力からの解放」というフレーズがぴったりな録音である。

が、しかし、真相は違った。
グールドは、「宇宙人」ではなく「改造人間」だった。
元は地上に生きる「人間」だったのだ。

「左利き」というハンディキャップと、「師の恩」と、理想(やりたいこと)と現実(やれること、やらされること)のギャップが、改造人間シオマネキングとして泡を吹く人生を歩ませたのである。
決して、頭でっかちのチブル星人ではなかったのだ。


青柳いづみこ『グレン・グールド 未来のピアニスト』を読了し、興奮のうちにこれを書いている。
いや、もう、さすが青柳さん、大傑作だ。

難があるとすれば、値段だけ。
筑摩ではなく新潮や文春なら2K円でお釣りが来たろうに。(とはいえ、古本を入手したのでお釣りは来たのだけど)

書込番号:13435057

ナイスクチコミ!0




ナイスクチコミ1

返信0

お気に入りに追加

標準

有川浩の大傑作

2011/04/10 22:22(1年以上前)


その他の本・雑誌

クチコミ投稿数:3781件

『県庁おもてなし課』を読了。

いやぁ、絶好調の有川浩ではあるけれど、これまで以上のクリーンヒット、左中間まっぷたつのスタンディングダブルだ。(まだまだ頂点は見えていないと思うので、ホームランとまでは言わない)

『漂砂のうたう』より断然面白いから爺が難癖付けなきゃ直木賞は順当だろうし、『天地明察』よりも面白いから本屋大賞も取ったも同然だろう。

当然TVドラマ化される(映画じゃ尺が足りない)だろうけど、できれば民放よりNHKでやってほしいかな。

角川が何処までプロモーションに力を入れるか判らないけど、『天地明察』に続く大ブレイク作になるはずなので、きっちり売り込んで欲しい、と思う。

書込番号:12882626

ナイスクチコミ!1



最初前の6件次の6件最後

「その他の本・雑誌」のクチコミ掲示板に
その他の本・雑誌を新規書き込みその他の本・雑誌をヘルプ付 新規書き込み

クチコミ掲示板検索



検索対象カテゴリ
を対象として

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

新製品ニュース Headline

更新日:10月15日

クチコミ掲示板ランキング

(本・CD・DVD)