『TV 番組の視聴・録画の将来像』 の クチコミ掲示板

 >  >  > クチコミ掲示板

『TV 番組の視聴・録画の将来像』 のクチコミ掲示板

RSS


「ブルーレイ・DVDレコーダー」のクチコミ掲示板に
ブルーレイ・DVDレコーダーを新規書き込みブルーレイ・DVDレコーダーをヘルプ付 新規書き込み



ナイスクチコミ17

返信25

お気に入りに追加

標準

TV 番組の視聴・録画の将来像

2010/10/13 12:52(1年以上前)


ブルーレイ・DVDレコーダー

スレ主 shigeorgさん
クチコミ投稿数:10204件 縁側-でじたるなくらしの掲示板

東芝 RD-X10 のスレッドから派生した話題がスレッドにふさわしくないと思い、こちらに新たにスレッドを作ります。

元スレッドは↓こちらです。

http://bbs.kakaku.com/bbs/K0000135178/SortID=12037777/

さて、現在は「テレビ番組」が電波を使って「放送」されていて、それをレコーダー等で録画していて、私を含めて皆さんが「どんなレコーダーがいいんだろう」と選択を苦慮している (もしくは迷うのを楽しんでいる :-) わけです。

で、個人的にはあと 15 年とか 20 年くらいたつと、「レコーダーに録画する」というスタイルが「ネットの先に映像コンテンツ (番組データ) があり、見たい時に見たいところで見る」スタイルになり、「録画する」という行為は「プレイリストとかチャプターリスト (もしかしてタグリスト ?)」を作るという行為に変わっていくのかなと思っています (手元に番組データを保存するのではなく、手元にあるのは個人的な「見たい映像コンテンツを指し示すリスト・データ」だけになるということですね)

まあ、もちろん、技術的な進歩も必要ですが、むしろ「テレビ放送」という巨大な枠組みが変わっていかないと実現しないことだとは思いますし、他にも法律やなにより、人々の意識が変わらないといけないのでしょうね。

ただ、映像を見たい時に見たいものをネットで見るという意味では、Youtube やニコニコ動画 (ニコ動) などですでにある層の人たちには浸透しはじめているわけで、一方で東芝が発表した「レグザAppsコネクト」の「タグリストシェア」が発展した先には、「映像データ」と「視聴情報」を分離して、映像データはインターネット (クラウド) に置いておくというスタイルもあるのだろうなと思っています。

ということで、「今」の話ではなく「少し遠い将来」の「テレビ」やその「視聴」「録画」について興味があれば、このスレッドでまったりと話していければと思っています。

書込番号:12053534

ナイスクチコミ!1


返信する
スレ主 shigeorgさん
クチコミ投稿数:10204件 縁側-でじたるなくらしの掲示板

2010/10/13 13:11(1年以上前)

なお、私の環境と用途は以下の通りです。

テレビ:東芝 REGZA 42Z7000 + USB HDD で録画 (主に家族のドラマ中心)
レコーダー:東芝 VARDIA RD-X9 + USB HDD で録画 (自分のもの)
バックアップ:I-O Data HVL4

見ているのは地デジだけです (BS, CS, スカパーなどは見ていません)。

基本的には、いろいろな制限や一気に見られなくなる危険性を承知で、主に HDD 保存をしていつでも見られるようにするのが中心で、番組によってはバックアップのため Z7000 と X9 の両方で録画したり、HVL4 にダビングしたりして、さらに DVD をバックアップにしようと思っていましたが、いろいろ面倒に思えてきて現在は REGZA, X9 からムーブできる BD レコーダーが安くなるのを待っています。(ただし、あくまで BD もバックアップです)

で、HDD 保存は便利ではありますが、やはり容量上限がありますし、見られなくなってしまう危険性とかがあるので、できれば早いうちにまずはインターネット (クラウド) の先に「録画」できるようにならないかなと思っていたりします。(もちろん、それに見合う利用料金を支払うとしてですが)

書込番号:12053626

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:5117件Goodアンサー獲得:314件 縁側-Parfec Radikoの掲示板ハート・プラス 

2010/10/13 13:15(1年以上前)

それが理想なんだけど・・・。

利権に絡まる金の亡者共が許さんじゃろうね。

書込番号:12053632

ナイスクチコミ!4


FM-2004さん
クチコミ投稿数:1064件Goodアンサー獲得:63件

2010/10/13 15:03(1年以上前)

例えば、WOWOWの映画等は5.1chの臨場感が売りの一つですが
今のインフラでは質の悪い2chで返ってくる(クラウドに録画したものを見る場合)
のがオチでは?最悪モノラルになっているかも。

>もちろん、それに見合う利用料金を支払うとしてですが

これも価値観は人それぞれですから
私は1タイトルに付き1円位なら(笑)


書込番号:12053904

ナイスクチコミ!3


FM-2004さん
クチコミ投稿数:1064件Goodアンサー獲得:63件

2010/10/14 07:50(1年以上前)

これだけのスレを立ち上げる方、が未だに一言のコメントも無いのは
珍しいというか、似合わないですね。(意にそぐわない内容だったにしても)

ついでですから

>早いうちにまずはインターネット (クラウド) の先に「録画」できるようにならないかなと思っていたりします

とりあえずはこれですよね。

今や、見たい映画もショップに出向かなくても自宅にいながらでダウンロードして
視聴は出来ますが、市販のDVDと比べれば画質、音質遠く及ばないのでは。
DTSのままとかはるか遠い話でしょう。

この先インフラが整備されたとしても、質の悪い画質音質のままでは?
(クラウド) の先とやらに「録画」して、放送波のまま無劣化で
且つストレス無く視聴できるのですか? と問うているんですが・・

ちなみに、ケーブルテレビの世帯普及率ですが

>2010 年度末には 50% を超えるという予想もあるようです。[12053243]

もうまもなくですよね。具体的なデーターとか根拠はあるんですか?
(これは以外だったので)
[12053243]関連のスレに書けばよいんでしょうが
興味のある方はここへどうぞと仰ってますので。


書込番号:12057319

ナイスクチコミ!0


スレ主 shigeorgさん
クチコミ投稿数:10204件 縁側-でじたるなくらしの掲示板

2010/10/14 13:53(1年以上前)

まったりとと思っていたので反応が遅くなりました。

TWINBIRD H.264さん
> 利権に絡まる金の亡者共が許さんじゃろうね。

ここでいう利権というのは、監督省庁とか、業界とかのことでしょうか。

コンテンツホルダー (制作会社やプロダクション等) は、媒体が変わっても売れればよいから、変化には柔軟に対応するかな (媒体が増えればさらにかせげるかもしれませんし) と思っています。

伝達媒体としての放送局は、そう簡単には変わらないでしょうが、世の中の流れとしてネット「でも」見るのが増えていけば、「電波による放送」という部署と共に、「ネットでの配信」という部署が本格的に立ち上がっていって (オンデマンド配信センターみたいなものを放送局が運営するかなと)、やがてはそちらがメインになっていくのかなと思っています。(ラジオからテレビへの変化のようなものでしょうか)

問題は「広告収入によって番組を制作したり、会社を運営する」という形態のため、広告主が放送に広告を出し続けるかどうかというところかなと思います。もちろん、なくなりはしないでしょうが、費用対効果を考えると宣伝したいものによってはピンポイントの対象グループに広告を打つことができるネット広告の方が適しているでしょうし、事実すでにその手法で広告収入でサイトを運営しているところも (完全にそうじゃないとしても) ありますよね。

さらには、放送局がコンテンツへの課金によって広告以外で直接収入を得ることができるようになっていけば、「広告」で成り立っている「放送番組」というものもますます縮小していく可能性もありますよね。もちろん、「報道」などの役目としては放送かネット配信かは置いておいて残るでしょうが。

で、残るは放送を受け取る・利用するための家電製品やパソコン等を作るメーカー等になりますが、こちらは動画表示機器としての「テレビ」は今後さらに発展していって、「テレビ」が今の「パソコン」的な役割をしていくようになるかなと思います。(家庭内サーバかな)

問題はレコーダーで、私の最初の想像のように「録画」しなくなるとかなり衰退していくかなとは思いますが、一方で「ビデオカメラで録画してそれを編集して発信する」という行為が当たり前になっていくと、「編集専用機」としての進化はありえるかと思っています。

今は趣味で編集して Youtube やニコ動に上げるというのは基本的にパソコンの役割になっていますが、それがお手軽編集機として今のレコーダーが進化していって、ネットと融合し、動画共有サイトも単に動画を上げるだけではなく、iPhone の App Store のように、よい動画には「値段」をつけて「販売」するという流れができると (インディーズレーベルとか、同人グッズとか、シェアウェアなどと同様 ?)、編集機の需要は増えるでしょうから、「なんでもできるパソコン」で作業するという他に、「手軽にできる編集機」が売れるかなと想像したりしています。

最後が許認可権を持つ省庁などになりますが、ここはまあ世の中の流れによってだんだん開放していくでしょうから、なんらかの利権は守ろうとするのでしょうが、20 年とか 30 年もたてば変わっているのかなと...変わらないかなぁ...

書込番号:12058429

ナイスクチコミ!2


スレ主 shigeorgさん
クチコミ投稿数:10204件 縁側-でじたるなくらしの掲示板

2010/10/14 14:53(1年以上前)

FM-2004さん
> 今のインフラでは質の悪い2chで返ってくる(クラウドに録画したものを見る場合)
> のがオチでは?

インフラについては、それなりの変化・進化がないと「ここ数年の間になんとか」というのは難しいですね。

ただ、現状の LAN で利用できていることを考えると、「上り下り 100Mbps (最低 25Mbps)」というのが実現できればなんとかなりそうですが、むしろプロバイダ内/間やデータセンターまでその速度でいけるかどうかが肝ですね。(プロバイダ内バックボーン 10Gbps 必須とかになるでしょう)

で、プロバイダとの間については、光ファイバー系なら速度は OK でしょうから、あとは帯域確保というサービスが出てくるかどうかでしょう。

ただ、これまではそういうサービスがあっても「何に使うの?」とか必要性がほとんどなかったから利用されなかったのかもしれませんが、「インターネットストレージに録画する」という利用方法が出てきて、上り下りの速度と帯域確保が必要ということがわかってこれば、そういう (オプション) サービスを契約する人も増えてくるかなと。

上り下りも今は非対称 (上り下りの差がある) でも問題人がほとんどですが、自分のところから外部に送り出すデータが大量になれば、対称サービス (上り下り同じ) の需要も増えるので、そういう使い方をしたい人は光ファイバー契約に切り替えていくのかなと。


> 私は1タイトルに付き1円位なら(笑)

おそらくは最初は従量制だと思いますから、月々になると 1 タイトル 1 円でもどんどん「録画」していくと結構な額になるかなと思います :-)

そういう意味では最初は本当に必要なものだけクラウドの先に録画して、そうじゃないものは手元に録画というスタイルで始まって、重量制から定額制になった先にがんがん「クラウド録画」するようになるのでしょうね。

書込番号:12058572

ナイスクチコミ!2


スレ主 shigeorgさん
クチコミ投稿数:10204件 縁側-でじたるなくらしの掲示板

2010/10/14 15:48(1年以上前)

FM-2004さん
> これだけのスレを立ち上げる方、が未だに一言のコメントも無いのは
> 珍しいというか、似合わないですね。(意にそぐわない内容だったにしても)

失礼しました。ゆっくり進むスレかなと思っていましたので、のんびり構えていました。


> 市販のDVDと比べれば画質、音質遠く及ばないのでは。

これは今時点ではまだまだしかたないですね。

ただ、先日試しにネットのストリーミング動画コンテンツ (ドラマの第一話の無料視聴版) を見てみたのですが、サイトによっては 640x480 の画質で配信していて、DVD (720x480) には及ばないにしても、それなりの画質で見られなくはないですね。HD はほとんどありませんでしたが。

音は望むべくもないですが。

むしろ、最近のレンタル DVD だと 100 円レンタルが当たり前のところもありますが、ネット配信は安くても 200 円以上はするのがネックですね。

速度は我が家のダウンロード実質 5Mbps くらいでも上記動画をなんとか見られましたので、今のインフラでも「見るだけ」ならなんとかなるのかも。(ただまあ、42V 液晶テレビで見るとやはり粗いなぁと思ってしまうので、HD 画質が欲しくなってしまいますが)


> (クラウド) の先とやらに「録画」して、放送波のまま無劣化で
> 且つストレス無く視聴できるのですか? と問うているんですが・・

こちらは先の返信に書いたように、今後のインフラの整備と接続サービス次第でしょうね。

ただ、ISDN 接続がせいぜいの時代に ADSL が登場して (1999 年) いつのまにか普及して数 Mbps の速度が当たり前なり、そうこうするうちに光 100Mbps が登場して (2001 年)、今ではそれも当たり前になりましたから、気付けばそれができる環境が揃っていた、ということになるのかなと期待しています。(10 年前は動画のストリーミング視聴なんて夢だったわけです)


> 具体的なデーターとか根拠はあるんですか?

これについては、CATV 世帯普及率についてざっとググった時にみかけたもので、以下のところに書かれていました。

http://www.sankeibiz.jp/econome/news/100603/ecc1006030505002-n1.htm

鵜呑みにするなよと言われればそれまでですが...

意外ということであれば私ももっと低いと思っていました。

農村部などはかつて農水省が補助事業で CATV 敷設を推進したことがあるので (2002 年前後)、それなりに普及しているとは思っていましたが、都市部でそれほど普及しているとは思っていなかったのです。

ちなみに、「CATV 世帯普及率」で検索すると総務省報道発表資料などを含め、いろいろ見つかりました。

書込番号:12058764

ナイスクチコミ!2


FM-2004さん
クチコミ投稿数:1064件Goodアンサー獲得:63件

2010/10/14 18:08(1年以上前)

shigeorgさん

もう3年以上?前でしょうか、動画コンテンツをダウンロードしてDVD化出来る
ということで興味を持ちましたが、仕様を見ると料金は高いし、音声は2ch
これなら近くのTSUTAYAでレンタルした方がよっぽどまし
ということで一気に興味は薄れました。

>ただ、先日試しにネットのストリーミング動画コンテンツ (ドラマの第一話の無料視聴版) を見てみたのですが、サイトによっては 640x480 の画質で配信していて、DVD (720x480) には及ばないにしても、それなりの画質で見られなくはないですね。HD はほとんどありませんでしたが。

>音は望むべくもないですが。

今でも変わっていないんですね。ある意味安心しました。光 100Mbps が当たり前
ということですが、現状同じようだしこの先も大して変化は無いように感じます。

やはり、FMもBSも地デジアンテナさえも自前で自分で設置した者としては
空から降ってくる電波をキャッチしたいですし、あのスカイツリーの電波も
キャッチしてみたい(私は大阪在住なんで無理な話ではあるんですが)

>おそらくは最初は従量制だと思いますから、月々になると 1 タイトル 1 円でもどんどん「録画」していくと結構な額になるかなと思います :-)

仰る通りです。ただこれは本当に必要なものだけ厳選してということで・・


「CATV 世帯普及率」については又後ほど書かせてもらいます。

書込番号:12059262

ナイスクチコミ!0


FM-2004さん
クチコミ投稿数:1064件Goodアンサー獲得:63件

2010/10/15 08:30(1年以上前)

リンク拝見しました。

地デジ移行が後押ししているようですが、少しばかりの情報提供として

ウチは逆に数年前まではCATV パススルーの地デジでした。
電波状況が安定して、分配できるようになってから契約解除。
自前でアンテナを設置しました。http://www.maspro.co.jp/web_catalog2010/images/manual/5132.pdf
写真のように三階のベランダにBSアンテナと一緒に設置しています
本来は屋根のUHFアンテナで視聴出来たと思うんですが、FMアンテナ
を業者に設置してもらった際UHFアンテナの老朽化ということで
撤去されてしまいました。当時は既にCATVだったんで、まあいいかということで
了承したんですが、今思えば業者の「思惑」があったんでしょう。
FMアンテナは自分で購入ですが、設置は業者(前スレ少し訂正です)

思うにこの50%、情報不足等で全て業者任せ、CATV会社任せの所帯も
多いんではないでしょうか。ある意味リッチで良いんでしょうが私としては
この数値本当かよと思うし以外でした。

書込番号:12062354

ナイスクチコミ!0


スレ主 shigeorgさん
クチコミ投稿数:10204件 縁側-でじたるなくらしの掲示板

2010/10/15 11:24(1年以上前)

FM-2004さん
> もう3年以上?前でしょうか、動画コンテンツをダウンロードしてDVD化出来る

そんなサービスがあったのですね。

長い目で見た時は、「そういうサービスが始まった」ということが重要かなと思います。以前からそのようなサービスの要望があったとしても、インフラや技術レベルが追いついていないと実現できないわけで、そういうのが始まったということは (料金や速度など問題はあるにしても) 環境が整ってきたということでしょうから。

ただ問題は、それが継続されるかどうかですね (世の中に受け入れられるかどうか)。あとは、「方式」や「形態」が適しているかどうかでしょうか。

「高画質・大容量レコーダー」は全体としては普及に成功しつつありますが、BD は継続できたけど、HD DVD は失敗したわけで、映像コンテンツ配信も全体としては需要はあるとは思いますが、それがどういう形なのか (利用しやすい形態かどうか) が肝なのでしょうね。

あとは発表・開始のタイミングかな。


> 現状同じようだしこの先も大して変化は無いように感じます。

高画質映像の場合、ダウンロードは時間がかかりますがストリーミングであれば帯域確保ができればなんとかなると思いますので、条件が整えば HD 画質の配信も徐々に増えていくのじゃないかと思います。

ただ、これについては従来の「ネットの下りは速い」という環境の延長でできることなので可能性は高いとは思いますが、私が書いた「ネットの先に録画」というのは上りの速度も速くならないといけませんし、保存先のストレージ (データセンターの巨大 HDD 群) も十分用意されていないといけないのでハードルは高そうです。

ただこれも「始まる」事が重要かなと思っています。インターネットストレージという意味では、各種のファイル保存・共有サービスがすでに存在していますし、見方を変えれば Youtube やニコ動は「動画保存」サービスとも言えます。

そういう意味では、現状ではまだ大容量データへの対応は十分ではないですが、ファイル共有サービスとかニコ動などが番組データの「ストリーミング保存」「ストリーミング再生」的な機能を持ってくれるようになれば、意外と早い時期 (5 年後とか :-) には「録画はクラウドに」ができるかなと。

もちろん、この場合、著作権保護のためのしばりが一番のネックでしょうから、技術的にはできるようになってもそう簡単には実現しないでしょうねぇ。(DTCP-IP が利用できる条件を LAN (プライベートネットワーク) 内だけに制限しないで、インターネットでも利用できるようにするとか、VPN を使ってファイル共有サイトを家庭内 LAN の延長にするなどを実現する必要があるでしょうね)

書込番号:12062834

ナイスクチコミ!2


スレ主 shigeorgさん
クチコミ投稿数:10204件 縁側-でじたるなくらしの掲示板

2010/10/15 14:52(1年以上前)

FM-2004さん
> 電波状況が安定して、分配できるようになってから契約解除。
> 自前でアンテナを設置しました。

なるほど。

我が家は数年前に家を建てる時にいろいろな経緯でそれ以前から使用していた CATV を継続利用することにしました。

一つの理由は我が家の地域では屋根へのアンテナ設置が必須だったことで、家の外観の面と、台風時やメンテナンス時の対応が面倒そうだったことで、アンテナを立てることをなしにしたいというのが大きいですね。(以前から CATV を使っていたことで、CATV がどういう使い勝手かも理解していましたし)


本来は関係ないですが、この話は拡大解釈すると「自前で設置運用管理する」か、「サービスを買うか」ということにつながり、そういう見方をすれば、録画を手元のレコーダーを使って自分でするか、そのようなネットサービスを買うかという判断とある意味共通点があるかなと思います。

まあ、上記の解釈は無理やりなこじつけに近いですが、「サービスを買う」というキーワードは、車の整備を自分でやるか町の整備工場やディーラーにまかせるかといったことなどを代表例として、いろいろなところに存在している考え方ですよね。

で、日本人は目に見えないサービスに対価を払うということにまだ慣れていないと思うのですが (見積もりや情報提供、機器の設置設定など、何かをしてもらう場合、無料で提供してもらえると思っていることも多いですよね)、「自前でやること」のコストや手間、利便性などと比較して、「お金を払ってサービスを利用する」ことも検討して、場合によってそちらを選ぶということがどんどん増えれば、そのようなサービスを商売として行うことも増えてきて、選択肢が増えることにつながりますが、「サービスに金を払いたくない」と思っている人が多いうちはそのような商売はなかなか成り立たないでしょうから、普及が遅れることになるかなと。

例えば、パソコンの設置やネット設定などについて、最近ようやく「有料で行います」というサービスが提供されるようになりましたが、お金を払ってでもそれを利用しようという人はまだまだ少ない気がします。(私の勝手な印象でしかないですけどね)

ネットの先への録画も、そのようなサービスが実現されたとして、月々の利用料金に金を払うことを「当たり前」と思わなければ、「自分でレコーダーを買って録画するほうがよい」というこれまでの方法を採用し続けることになるでしょう。

でも、そのレコーダーの代金や追加 HDD やバックアップ機器、BD などの保存メディアの代金などのコスト、維持管理の手間、容量制限などを考えて、それとネット録画のメリット・デメリットを理解した上で冷静に比較することができれば、ネット録画を選ぶ人も増えていくのじゃないかとは思うのですが、やはり「人の意識の変化」が重要なキーワードになりますね。


> この数値本当かよと思うし以外でした。

確かに、言われるように業者まかせという人もいるのでしょうね。あとは屋根・ベランダアンテナと併用もしくはネットだけ CATV のようなものも含めた数値でしょう。

というか、農村部や山間部については、先に書いた農水省補助の関係もあり、行政主導で CATV 敷設して、利用を奨励していたはずですから、「言われるがまま」という世帯は結構あると思います。(都市部はその割合はだいぶ減るでしょうが)

まあ、山間部などのテレビ電波の受信状況が悪いところでは、共同視聴設備とか、CATV 配信は「テレビがはっきり映る」などのメリットがあるので、歓迎する方が多いとは思いますけどね。(ついでにそれなりに高速なインターネットも利用できるようになることが多いわけですし)

書込番号:12063514

ナイスクチコミ!1


G60さん
クチコミ投稿数:1307件Goodアンサー獲得:198件

2010/10/16 12:01(1年以上前)

shigeorgさん

書き込みを読ませてもらいました。
全く、同感です。
私も以前から、同じような内容を考えていました。
うれしく思います。

>個人的にはあと 15 年とか 20 年くらいたつと、「レコーダーに録画する」というスタイルが「ネットの先に映像コンテンツ (番組データ) があり、見たい時に見たいところで見る」スタイルになり、「録画する」という行為は「プレイリストとかチャプターリスト (もしかしてタグリスト ?)」を作るという行為に変わっていくのかなと思っています (手元に番組データを保存するのではなく、手元にあるのは個人的な「見たい映像コンテンツを指し示すリスト・データ」だけになるということですね

番組表で録画予約をする要領で、データを保存している位置情報のみを保存することになる。
まさに、プレイリストそのものではないでしょうか。
放送は今まで通り放送されて、放送された後は自由に呼び出して視聴できる。
外部サーバーも一箇所ではなく、各放送局が管理しそこから配信される。
必要な場合は、タイトル編集、プレイリスト上でCMカット、並び替えて整理もできる。

手元において置かないと安心できない、録画することが目的の人(コレクター)にとっては、なかなか理解できないかもしれません。

録画しておけばいつでも視聴できるからと思って、結局は一度も視聴しないで終わっている。
編集、ダビングすることに時間をとられ、なかなか視聴できない。
光ディスクに保存しても結局ほとんど見直す事がない。
保存するメディアの規格がどんどん新しくなって、互換性問題ばかり心配している。(これはいつまで経ってもも終わらない。)
保管する場所が・・・。
引越しの時の梱包が・・・。

となるよりは、いつでも、どこでも、どの端末からも自由に視聴できる環境の方がよいと思います。

そのためには、サーバーが閉鎖されない保障も必要ですが・・・。

話は少し変わるのですが、電子書籍の販売形態として、既に実行されているものがあります。
http://www.fujisan.co.jp/info/readdigital.asp

書込番号:12067878

ナイスクチコミ!0


スレ主 shigeorgさん
クチコミ投稿数:10204件 縁側-でじたるなくらしの掲示板

2010/10/16 17:23(1年以上前)

G60さん
> 私も以前から、同じような内容を考えていました。

今回の事に限らず、「こうなればいいのにな」と思う事柄やそう思う人はそれなりにいるのかなと思いますが、それが実現するかどうかは技術はもちろんですが、社会状況が変わるかどうかかなと思っています。

例えば、かつてウルトラマン等で、科特隊の隊員が腕時計型の通信機を使って「怪獣が出た!」といった通信をしていたシーンは、当時は夢物語でしたが、今は携帯電話という形で実現しています。

もちろん、長い長い道のりを経てのことではありますが、その本質である「いつでもどこでも通信・通話する」ということが「電話」の進化の先に実現されたわけです。

これは、仕事や生活・娯楽等のスタイルの変化に伴って、それまでの電話の「家や会社に電話して相手を呼び出す」という形ではなく、「直接相手に連絡する」「いつでも連絡する」という形に変わっていったわけですね。


で、今回の「自分で録画しないで、見たい映像をいつでもどこでも見る」ということは、「テレビ (番組)」の進化の先として捕らえるのが一般かもしれませんが、実は「映像」という意味で言うと「映画」や「ビデオレンタル」の先、さらには「家庭用ビデオカメラ」等での「撮影映像」や、(ニコ動などのような) 趣味の「映像作品制作」の進化の先、にもあるかなと、いささか広すぎる妄想を持っています。

これは娯楽スタイルや生活パターンなどが多様になったことがバックにあるかなと思っています。


> 外部サーバーも一箇所ではなく、各放送局が管理しそこから配信される。

上記の妄想を広げると、「動画コンテンツ」としては「テレビ番組」「映画」「インディーズ映像」「プライベート映像」などが混在し、料金体系や視聴スタイル、視聴デバイス等による区別になっていくのかなと思います。

となると、サーバやコンテンツ管理はどこがやるかということを考えた時に、多数の映像コンテンツを持っている放送局が第一候補ではありますが、当初は放送局が自前で管理運営していっても、やがては (系列ではあるものの) 独立した会社として分離していき、インディーズやプライベート映像も含めた多様な映像コンテンツ管理サービスをしていく可能性もあるかなと思っています。(これも妄想ですが :-)


要するに、今は映画やテレビ、レンタルビデオ、ビデオカメラ撮影映像、自主編集映像などは、対象機器や伝送媒体、視聴場所、保存メディアなどで住み分けしていますが、ネットの先に映像があり、料金を払うことでいつでもどこでも見られるようになれば、それらの映像は統一的に管理できてしまうわけですね。(とはいえ、映画館のスクリーンクラスが対象の画質の動画と、携帯デバイス用の画質の動画といった、多様な種類の映像が存在はするのでしょうが)

逆にそうなると、これまでは「映画製作会社」「テレビ番組制作会社 (放送局含む)」「映像制作プロダクション」等のプロしか映像で商売ができなかったのが、セミアマチュアもしくはアマチュアも、よい映像作品もしくはマニアックな映像作品を作って、上述の映像コンテンツ販売システムに載せれば、それなりに商売ができます。

これについては、例えばニコ動での有料コンテンツとして、テレビ番組等だけじゃなくて、一般会員からアップロードされたものにシェアウェア的値段もしくは同人グッズ的値段をつけて、有料配信が可能なようにすれば、とりあえず始められるでしょう。


> 手元において置かないと安心できない、録画することが目的の人(コレクター)にとっては、なかなか理解できないかもしれません。

この需要はいつの時代でもあるので、そういう人向けのマニアック機材としては残ると思います。音楽で言うと、今のハイエンドオーディオ機器みたいなものでしょうか。(一般の人は MP3 プレイヤーで十分なわけです :-) それもやがてネットストリーミングプレイヤーになるかなと)


> そのためには、サーバーが閉鎖されない保障も必要ですが・・・。

これは非常に重要ですね。ただ、自分が視聴権利を買ったものについては (もしくは自分で撮影した映像などは)、サーバ (保存先) を移動できるようになればある程度は解決するかもしれません。

問題は映像コンテンツの権利を持っている人が「一切公開するのを止める」と宣言した場合、ネット上にしか映像がないとすると、現行の著作権法のままだと見られなくなってしまうということですね。

で、現在は「私的使用のための複製」が許可されているから、手元に録画するなどして置いておけば、たとえ元の映像が一切なくなっても、手元の映像は見られるわけです。

これを考えると、ネット上に映像を置くというスタイルを本当の意味で実現するためには、本来の映像の権利を持つ人の権利とは別に、「視聴権」のようなものを導入して、今の「私的使用のための複製」と同様に、ネット上の映像を見続けることができるようにする必要があるでしょうね。

そうすれば、あるテレビ局のサーバが閉鎖しても、その映像コンテンツの視聴権を持つ人だけは、別のサーバにそのデータを移せることになります。(もちろん、「視聴権」にはそういうことができるようにすることも保証してもらう必要があります)

まあ、「視聴権」は思いつきで考えたものでしかないので、問題点はいっぱいあるでしょうが、おそらくは「手元に録画しない」という社会に適した新たな著作権のあり方が議論されて運用されていくのじゃないかとは思います。というか、そうしないと「手元に録画しない」が実現できないでしょうね。


> 話は少し変わるのですが、電子書籍の販売形態として、既に実行されているものがあります。

なるほど。データを手元にダウンロードする電子書籍とは違って、ネット上に常に雑誌データがあるということですね。

これの「メモ・ハイライト機能」が映像でいうとプレイリストに相当するかなと思いますから、形態としては今回考えているものとよく似ていると思います。

書込番号:12069000

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:5117件Goodアンサー獲得:314件 縁側-Parfec Radikoの掲示板ハート・プラス 

2010/10/16 17:36(1年以上前)

腕時計型テレビ通信機はウルトラ警備隊員。

科学特別捜査隊員は胸に付けた小さな通信機。

スーパージェッターは腕時計型通信機。

御邪魔しました。

書込番号:12069048

ナイスクチコミ!0


スレ主 shigeorgさん
クチコミ投稿数:10204件 縁側-でじたるなくらしの掲示板

2010/10/16 18:20(1年以上前)

TWINBIRD H.264さん
> 腕時計型テレビ通信機はウルトラ警備隊員。
> 科学特別捜査隊員は胸に付けた小さな通信機。
> スーパージェッターは腕時計型通信機。

おお! なんか私、いろいろ記憶が混在していたのですね。

いずれもリアルタイムで見ていたはずですが、それぞれの違いは記憶していませんでした...

それにしても、ウルトラマンは数年の違いとはいえ時代が少し後だからか、テレビ電話型だったのですね。

ちなみに、私 FOMA ユーザですが、これまでテレビ電話通話は 2, 3 回しか使ったことないです...(もう FOMA は 4, 5 年使っているけど)


そういえば、今時の SF 映画などでは 3D 映像通信 (ホログラム ?) は当たり前ですが、その手の立体映像通信が出てきた特撮やアニメっていつころが最初なのでしょうねぇ。(ハリウッド映画の方が先?)

今の 3D テレビが進化すると、携帯のテレビ電話も立体的になっていくのでしょうね。

ホログラムのように 360 度立体映像はいつころ実用化されるのかなぁ。まあでも、2D アニメはなくならないでしょうが。(というかなくなって欲しくないですね :-)

そうか、20 〜 30 年後の「映像コンテンツ」は 2D 映像は「なつかしの映像コンテンツ」になっていて、メインは「擬似 3D (今の 3D)」もしくは「フル 3D (360度立体。勝手な造語です)」になっているのかな?

フル 3D の映像ビットレートはどのくらいなのでしょうねぇ...その時代の「インターネット」でリアルタイム配信できるのかな?

フル 3D の前に実用化されるであろうスーパーハイビジョンは、非圧縮で 24Gbps、MPEG-4 で 118 Mbps だそうですから、ネットインフラももっともっと高速にならないといけませんねぇ。

書込番号:12069244

ナイスクチコミ!0


FM-2004さん
クチコミ投稿数:1064件Goodアンサー獲得:63件

2010/10/17 10:51(1年以上前)

shigeorgさん では私もまったりと・・

>本来は関係ないですが、この話は拡大解釈すると「自前で設置運用管理する」か、「サービスを買うか」ということにつながり、そういう見方をすれば、録画を手元のレコーダーを使って自分でするか、そのようなネットサービスを買うかという判断とある意味共通点があるかなと思います。

そこだと思います。shigeorgさんがネットサービスの先にある、その先の将来像を見据えているのはCATVの利用、視聴が大きな理由の一つだと思います。そういう意味ではネットのその先にあるものについて捉え方は、皆さんそれぞれこの先、更に開いてくるんでしょうか。

前レスでは偉そうに書きましたが、BSアンテナ設置の際は、最初屋根に設置する為近くの業者に頼みました。ウチは戸建ての三階なんですが、業者が高所用のはしごを持って来ず「作業出来ません」ということでさっさと帰られました。ならばということで自分でベランダに設置したんですがこれがちゃんと受信できるんですよね。問題なく。
ですので地デジアンテナを設置する際業者云々は毛頭無かったです。

今だから言えるのかもしれませんがこのCATVの50%の数値、ある意味自宅のガレージがあるのに、車庫入れが難しい、自信が無いで別にモータープールを借りている。こんな連想をしてしまうんですけどね。


>ネットの先への録画も、そのようなサービスが実現されたとして、月々の利用料金に金を払うことを「当たり前」と思わなければ、「自分でレコーダーを買って録画するほうがよい」というこれまでの方法を採用し続けることになるでしょう。

まあWOWOW等のサービスも月々の利用料金が発生しますし、皆さんそれぞれの価値観に応じて対価は払いますよね。最近は「地上波初放送5.1chの大迫力で」と銘打ったりしますが、WOWOW等と比べると同じ放送波(と言えるのかどうかはわかりませんが)でもやはり、音、臨場感は全然別物です。それを5年位先のスパンで見て、同等のものをクラウドの先に保存できるのか。仰るようにこの先スーパーハイビジョンも控えてますし、インターネット配信は後から周回遅れで着いてくるような気がします(一気に抜き去るかもしれませんが)

あと、高齢化社会と言われていますがその象徴的な、山間部、農村部等のお年寄り所帯にも100Mbpsのような高速インターネット環境が本当に必要なんでしょうか?


書込番号:12072941

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:5117件Goodアンサー獲得:314件 縁側-Parfec Radikoの掲示板ハート・プラス 

2010/10/17 11:20(1年以上前)

私、高齢化の農村山間部に住んでいるが光ケーブル網整備進行中である。

しかしながら、使用目的はNTTにリースするだけでテレビの再送信すら行われる予定は無い。

「テレビの受信状態が悪ければ個々に共聴工事を申請しろ」と言われている。

行政も住民も映像配信サービスに対する意識は希薄である。

書込番号:12073058

ナイスクチコミ!0


FM-2004さん
クチコミ投稿数:1064件Goodアンサー獲得:63件

2010/10/17 12:49(1年以上前)

もう一点(書き忘れました)

>家の外観の面と、台風時やメンテナンス時の対応が面倒そうだったこと

メンテナンスはベランダ設置も楽ですよ。ベランダに出て簡単にメンテナンス出来ます。
二階にもBSアンテナ設置も良いかなと思うんですが、外からの美観が・・

勿論スレ立てして価格コムにしっかりと書き込まれる方ですから、shigeorgさんにとってはCATVが最善の選択なのは、文面からも容易に分かりますよ。

書込番号:12073461

ナイスクチコミ!0


スレ主 shigeorgさん
クチコミ投稿数:10204件 縁側-でじたるなくらしの掲示板

2010/10/17 14:23(1年以上前)

FM-2004さん
> shigeorgさんがネットサービスの先にある、その先の将来像を見据えているのはCATVの利用、視聴が大きな理由の一つだと思います。

それもあるかもしれませんが、実は仕事柄ネットワーク関係のことをやっていて、最近のクラウドコンピューティングについて調べる機会があって、「将来的にこんな活用方法があるのかな」と思ったのがきっかけでしょうか。

あとは、数年前に職場のサーバ群を自前管理から、プロバイダのサービスを利用するようになって、「お金でサービスを買う」ことのメリットを感じたからというのもあります (もちろん、自分で細かいところまで手が出ないなどのデメリットもあります)。

特に Web メールが利用できるようになって、どこにいても (複数の PC や携帯から) メールの読み書きができるようになったのは、私にとっては大きな「意識の変化」でした。手元にメールデータを保存しないで (実際はバックアップのために職場 PC に保存をしてはいますが)、メールをサーバに置いたままいつでもどこでも読み書き、管理できるのは本当に便利になりました。

その経験をもとに、今後は (仕事のものやプライベートのものを含め) あらゆるデータをインターネット上に置いておいて、どこからでも利用できるようになると便利だなと思うようになり、その延長で「録画データ」もネットの先にあればいいと思うようになり、さらに「動画データが最初からネット上にあれば、録画しなくてもいいんじゃね?」と思うようになったというわけです。


> CATVの50%の数値、ある意味自宅のガレージがあるのに、車庫入れが難しい、自信が無いで別にモータープールを借りている。こんな連想をしてしまうんですけどね。

そういう人も含めても数値だろうというのは私も思っています。

ただ、実質にどのくらい利用しているかは置いておいて、少なくとも契約世帯が増えているのは事実で、それに比例して実質利用者もそれなりには増えているのだろうと思っています。

あとは、地元の CATV はネットや IP 電話とセットで、「テレビもネットも電話もケーブルで」という宣伝をしているので、同様のキャンペーンをして利用世帯を増やしているところもそこそこあるのだろうと思っています。

ただ、全てを CATV 経由にしてしまうと、そこでトラブルがあった時に手も足もでなくなるのが問題ですね。


> インターネット配信は後から周回遅れで着いてくるような気がします(一気に抜き去るかもしれませんが)

ここは現状ではまだ仕方ないかなと思います。「放送と通信の融合」という話は少し前から言われてはいますが、今はまだ「ネットが放送の代替になる」ほどインフラ整備は追いついていないと思っています。

家庭や職場までの回線は 100Mbps や 1Gbps のサービスがあるのでそれなりに使えるとは思いますが、プロバイダ内やプロバイダ間 (データセンターまで) が数十 Gbps では足りなくて、数 Tbps やもっと高速にならないと実用的にはならないのではないかと思っています。


ただ、放送局などが本気になって通信側 (ネット配信) にシフトし始めると、かなりの投資をしてバックボーンネットワークインフラの整備をすると思いますので、そうなり始めると意外と早くネットからじゃぶじゃぶと映像が流れてくるようになるかもしれません。


例えば、携帯電話というものは、「全国津々浦々に基地局アンテナを立てないといけない」ということで、一機数億円 (でしたっけ ?) するアンテナをそれだけの数立てるのは膨大な投資なので、開始前は本当にできるのかなという危惧もあったのではないかと思いますが、キャリアが本気になって設備投資したことで、今のケータイ天国が実現されたわけですね。

まあ、エリア限定で開始できた携帯電話と、全体的に整備する必要があるであろうネット通信とでは同じ土俵で語れないかもしれませんが...

書込番号:12073794

ナイスクチコミ!0


スレ主 shigeorgさん
クチコミ投稿数:10204件 縁側-でじたるなくらしの掲示板

2010/10/17 14:35(1年以上前)

TWINBIRD H.264さん
> 私、高齢化の農村山間部に住んでいるが光ケーブル網整備進行中である。
> しかしながら、使用目的はNTTにリースするだけでテレビの再送信すら行われる予定は無い。

なるほど。自治体によって方針が違うのですね。というか、それができるかどうかはいろいろな要因があるのでしょうが、政府・省庁の補助事業に乗れるかどうかというのもあるかもしれません。

ただ、補助事業として初期投資ができたとしても、結局維持管理していかないといけないわけで、現実的にそれだけの継続費用が捻出できないと判断したら、最初から行政は手を出さないで、民間や住民の判断に任せるというのもあるのでしょうね...


> 行政も住民も映像配信サービスに対する意識は希薄である。

行政としてはそのサービスが住民にとって満足度が上がるなどの効果があると判断しないと手を出さないのでそしょうね。

ただ、住民にとってそのサービスを利用することで「よいことがある」ということが分かれば、要望も増えるでしょうし、行政や民間が手を出してくるかなと思います。

要するに「キラーコンテンツ」「キラーサービス」があるかどうかでしょうか。

書込番号:12073827

ナイスクチコミ!0


スレ主 shigeorgさん
クチコミ投稿数:10204件 縁側-でじたるなくらしの掲示板

2010/10/17 14:58(1年以上前)

FM-2004さん
> メンテナンスはベランダ設置も楽ですよ。ベランダに出て簡単にメンテナンス出来ます。

残念ながら我が家の地域はテレビ塔から 40Km 以上離れていて、屋根の上に (それなりの高さに) アンテナを設置するのが必須なんです。

BS/CS アンテナならベランダ設置でもいいのですけどね。(前の家の時に経験しました)


ただ、そう思い込んでいるだけで、状況が変わっているのかもしれませんね。まあ、もしベランダに UHF アンテナ設置で OK だとしても、今さらアンテナを設置しようとは思っていませんが...

書込番号:12073891

ナイスクチコミ!0


FM-2004さん
クチコミ投稿数:1064件Goodアンサー獲得:63件

2010/10/17 15:28(1年以上前)

TWINBIRD H.264さん

>「テレビの受信状態が悪ければ個々に共聴工事を申請しろ」と言われている。

「地デジ完全移行」が「国策」なら受信状態が悪い離島、山間部にも電波が届くように
中継基地を設置すればよいのにと思うんですが、なにせ国にお金が無い。
地デジを見るために受信機以外に共聴工事の新たな費用が発生すれば
住民の方の拒否反応もあるかもしれませんね。

shigeorgさん

>その経験をもとに、今後は (仕事のものやプライベートのものを含め) あらゆるデータをインターネット上に置いておいて、どこからでも利用できるようになると便利だなと思うようになり、その延長で「録画データ」もネットの先にあればいいと思うようになり、さらに「動画データが最初からネット上にあれば、録画しなくてもいいんじゃね?」と思うようになったというわけです。

なるほど、奥が深いですね。よくわかりました。
後は前レスの

>高齢化社会と言われていますがその象徴的な、山間部、農村部等のお年寄り所帯にも100Mbpsのような高速インターネット環境が本当に必要なんでしょうか?

位でしょうか。


書込番号:12073982

ナイスクチコミ!0


スレ主 shigeorgさん
クチコミ投稿数:10204件 縁側-でじたるなくらしの掲示板

2010/10/17 19:16(1年以上前)

FM-2004さん
> 「地デジ完全移行」が「国策」なら受信状態が悪い離島、山間部にも電波が届くように
> 中継基地を設置すればよいのにと思うんですが、なにせ国にお金が無い。

その代わりとして CATV でのデジアナ変換を CATV 会社に要請しているのでしょうね。過去の CATV 敷設補助事業はそれを見越してのものだったのか、そのような事業があったからデジアナ変換で代替しておしまいとしようとしているのか...


> >高齢化社会と言われていますがその象徴的な、山間部、農村部等のお年寄り所帯にも100Mbpsのような高速インターネット環境が本当に必要なんでしょうか?
> 位でしょうか。

これはどのように利用するかによって必要性は変わるでしょうね。ただ、現時点では 100Mbps の速度というのは、動画がからまなければほとんど必要ないでしょう。

でも、ある程度快適にソフトウェアアップデートしたいとか、画質が悪くていいからそれなりの動画を見られるように、ということであれば最低でも数 Mbps は欲しいですね。


で、インフラはそう簡単には変更はできないので、将来的に必要になった時に備えて光ファイバーを引いておくというのは一つの考え方ではあると思います。(これ以後は、各家庭においてという話ではなく、そこに接続サービスを提供する CATV 等を含むプロバイダ・通信キャリアにおいての話です)

問題は、光ファイバーの耐久年数が「将来に備えて」に見合うものかというのもありますが、むしろ光ファイバーをネット通信に利用するための各種機器が、100Mbps のものもあれば、1Gbps のものもあるし、もっと高速なものも出つつあり、これらはファイバーに比べれば交換は容易な方とはいえ、それなりに費用がかかりますから、いつの段階でどのくらいの速度のものを採用するかの判断が難しいでしょうねぇ

かつて ISDN が流行ったころに、NTT にある家まで引いてと申し込んでも、その地域に NTT として設備投資 (ケーブルの敷設や関連機器の設置) をまだ行っていなくて、新たに設備投資するのに時間がかかるから数ヶ月以上待ってくれという話があるというのを聞きましたし、山間部などは「サービスを提供する予定はない」というところもあったようです。

このあたり、行政ではなく民間企業がやる場合、どうしても、利益が出る見込みがなければ手を出さないという対応になりがちで、100Mbps でなくていいから「とりあえずネットがそこそこの速度で使えるようにしてほしい」ということを実現するのが先かもしれませんね。

CM の「続きは Web で」に代表されるように、今の時代「ネットが使えるのが当たり前」という前提で話が進むことも増えてきたと思いますから、まずは何らかの手段で (ある程度の速度の) ネットが使えるということがますます必要になっていくのでしょう (都市部はもう十分対応されているでしょうが、まだ「ブロードバンド」のネットサービスがないところもそれなりにあるのじゃないかと思っています)

書込番号:12074952

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:8804件Goodアンサー獲得:879件

2010/10/20 01:37(1年以上前)

こんなにスレ伸びたんですね(祝?)、全部を読めていませんが、

パソコン通信(さすがに音響カプラー300ではなくモデム2400)からやってましたが、
インターネットだと(特にというか基本は常時接続)利便性に危険性が付いてきます。
折角の高速PCもガードソフトを適当に入れると、とたんに何だこりゃになりますし。

今やグローバルIPアドレスを家電で使ってる人はいないでしょうが、
かつて東芝RDが踏み台になったように、多少のセキュリティで設定が面倒になってます。
それでも自宅周りの無線LANなんて、一寸覗いても酷いものです。過去?ではCATVも。

ここにも携帯でアクセスしてる人が多いですが、無法者には未だに紆余曲折してます。
人口の半数で普及してる(だから?)ものですらそうなら、ユピキタスの現実化には、
新たな発見が必要なのかもしれません。サイバーパンク物は好きですが(笑)。

ADSL1.5Mを引いて、IEといった重いSWのDLが実用になることに感動したのは、遠い昔?
インフラは解決すると思いたいけど、地方格差問題には実感ないので言及できません。


shigeorgさん、DVDBBって知ってますよね?X8世代までは番組ナビメニューにあります。
オンデマンドではなくDVDのDL販売でしたが、受け入れられず(何故かは、、、)で、
KDDIがサービスを終了しました。アクトビラDLはどうなるのだろう。

書込番号:12087007

ナイスクチコミ!0


スレ主 shigeorgさん
クチコミ投稿数:10204件 縁側-でじたるなくらしの掲示板

2010/10/21 12:52(1年以上前)

モスキートノイズさん
> こんなにスレ伸びたんですね

そろそろ自然終息しそうですが :-)

> インターネットだと(特にというか基本は常時接続)利便性に危険性が付いてきます。

なんでもそうでしょうが、登場して普及してそれによる問題が表面化して、対策・対処ができたり、知識等がいきわたるまでには時間がかかりますよね。

ネットはまだ普及してから 10 年もたっていませんから、いろいろ問題はあるし、今後もいろいろなツール・サービスが出てくるでしょうから、それに伴って新たな問題が発生するのでしょうねぇ...


> それでも自宅周りの無線LANなんて、一寸覗いても酷いものです。

これは確かにそうですね。それがいかに危険か (問題なのか) 知らない人がまだまだ多いということでしょう。ただ、このあたりは自分 (もしくは近しい人) が痛い目を見ないと実感しないのでしょうねぇ...


> ユピキタスの現実化には、新たな発見が必要なのかもしれません。

結局は、人々の意識が変化しないといけない=啓蒙、教育をしっかりする必要がある、ということにつきるかなとは思います。

以前、車の運転と同じようにネット利用を免許制にする (というか教習を必須にする) ほうがよいのじゃないかと思ったこともありますが、現実は自転車のように誰でも簡単に使えてしまうわけで、そのあたりをどうしていくのかということを考えていくべきなのかもしれません。

ちなみに、自転車って正しい使い方 (特性、危険性、交通ルールなど) をちゃんと知らない人が多いなぁと思っていますが、ネット利用も同様なのでしょうね。


> shigeorgさん、DVDBBって知ってますよね?

いえ、恥ずかしながら知りませんでした。東芝レコーダーは X9 からですし、ネットで動画を見るというのも数年前にニコ動を使い始めるまではほとんど使い物にならないと思っていましたから...


> オンデマンドではなくDVDのDL販売でしたが、受け入れられず

受け入れられなかったのはいろいろな理由があるのでしょうが、ダウンロード販売というのがネックなのではないでしょうか。数 GB のデータって今でもそれなりに時間がかかりますし...

一方ストリーミングであれば、それなりの速度で見られるようになるので、むしろダウンロードよりも現実的だとは思います。が、それも何年か前だとまだ速度が十分ではなく、いずれも時期尚早なものになってしまったのではないかと思います。

で、光接続を始めとする高速ネットが比較的普及してきた今になって、ようやく状況が追いついてきたのかなと思います。


ざっと調べてみたら、DVDBB って DVD Burning というサービスを利用する機能なのですね。DVD Burning のサイトを見てみたら、サービス終了のお知らせと共に、コンテンツの一部は KDDI が提供する LISMO Video Store でストリーミング形式で購入できると案内がありました。上の「DL じゃなくストリーミング云々」の書き込みは DVDBB/DVD Burning について調べる前に書いたのですが、DVD Burning -> LISMO Video Store という変化を知って、やはりその方向が「正しい進化」なのだなと思った次第です :-)

書込番号:12092956

ナイスクチコミ!0


クチコミ一覧を見る


クチコミ掲示板検索



検索対象カテゴリ
を対象として
選び方ガイド

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

qoo10

新製品ニュース Headline

更新日:7月7日

クチコミ掲示板ランキング

(家電)

ユーザー満足度ランキング