『1.5Tと2.0TのHDDの故障の確率の違いについて』 の クチコミ掲示板

 >  >  > クチコミ掲示板

『1.5Tと2.0TのHDDの故障の確率の違いについて』 のクチコミ掲示板

RSS


「外付け ハードディスク」のクチコミ掲示板に
外付け ハードディスクを新規書き込み外付け ハードディスクをヘルプ付 新規書き込み



ナイスクチコミ1

返信6

お気に入りに追加

解決済
標準

1.5Tと2.0TのHDDの故障の確率の違いについて

2010/11/13 03:28(1年以上前)


外付け ハードディスク

クチコミ投稿数:60件

REGZA用の外付けHDDを検討していますが、1.5Tと2.0TのHDDの故障の確率には違いがあるのでしょうか。1T当たりの故障率は変わらないとか、書き込むデータ量が多ければそれだけエラーの頻度も増えるといった議論もどこかで出ていましたが、むしろ、1台当たりでの故障の確率を知りたいのです。(壊れた場合は結局1台単位で逝ってしまうのでしょうからね。)

おそらく、同じ3.5インチであれば、HDDの容量が小さい方が、記録密度が小さい訳ですからディスク(磁性体)上でのストレスも小さく、壊れにくいような気がするんですよ。

例えて言うなら、同じ大きさの電車に、乗客がゆったり乗っている場合と、沢山乗っている場合では、後者の方が客同士のトラブルや喧嘩が起こったりしやすいでしょう? (あまり分かりやすい例えではなかったですかね?)

技術的にはどうなんでしょうか? ご存知でしたらぜひご教示ください。

書込番号:12207220

ナイスクチコミ!0


返信する
クチコミ投稿数:23800件Goodアンサー獲得:1346件 レビュー用画像庫 

2010/11/13 06:22(1年以上前)

データ用なら高密度プラッタじゃなくて低回転の方が他の部品(磁気ヘッドなど))が同じであれば
故障率は減るかもしれませんね
ただしあまりに密度が低いと今度は円盤が増えるので構成部品も増えますね・・・

書込番号:12207382

ナイスクチコミ!0


ZUULさん
クチコミ投稿数:6929件Goodアンサー獲得:743件

2010/11/13 10:57(1年以上前)

一般論では、円盤枚数が多いほど、ヘッド数が多いほど故障率は
高いと考えるのですが、HDDは故障解析や信頼度評価が一筋縄では
いかないようです。故障の統計レポートも非常に少ない。
短時間で偶発故障がでる場合もある。長時間もつものもある。
つまり小容量に長寿命を期待できない。
1.5T、2.0Tどちらを使うにしても、ユーザが防衛的にやることは
熱だまりに設置しない、きっちり固定する、振動させない、これくらいでしょう。
外付なら設置の足が広くて、ファン付きがいいと思います。

書込番号:12208119

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:60件

2010/11/13 18:24(1年以上前)

ご回答ありがとうございます。
読ませていただいて、私は一つ勘違いをしていたかもしれないということに気付きました。

HDDの構造を理解していなかったのですが、もしかすると、500G、1.0T、1.5T、2.0Tと容量が増えるにしたがって、ディスクの面積当たりに保存するデータ量、つまり密度が増えるのではなくディスクの枚数を増やして容量を増やしている、ということなのでしょうか?
(最初の事例で言えば、1つの車両に沢山の客を乗せるのではなく、あくまで車両の定員を守りながら連結を増やして電車全体での定員を増やしていくということ?)

そうであれば、枚数が増えるほど、ヘッドが読み取る上での機械的リスク等はあるかもしれませんが、無理に狭い面積にデータを記録している状態になるようなことはなさそうですね。

書込番号:12209940

ナイスクチコミ!0


ZUULさん
クチコミ投稿数:6929件Goodアンサー獲得:743件

2010/11/13 19:20(1年以上前)

現在、一番ポピュラーなHDDの機種構成は
500GBプラッタ(円盤)を使って、500GB、1TB、1.5TB、2.0TB
順に1枚、2枚、3枚、4枚プラッタです。
2TBは8ヘッド持っている。

書込番号:12210185

Goodアンサーナイスクチコミ!0


DATYURAさん
クチコミ投稿数:979件Goodアンサー獲得:198件 やくちゃんのペ〜ジ 

2010/11/13 22:28(1年以上前)

1.5TBだと、
375GBプラッタ(円盤)4枚、8面(8ヘッド)
500GBプラッタ3枚、6面(6ヘッド)
667GBプラッタ(600GB分使用)3枚、5面(5ヘッド)
の製品があります。

2TBだと、
400GBプラッタ5枚、10面(10ヘッド)
500GBプラッタ4枚、8面(8ヘッド)
667GBプラッタ3枚、6面(6ヘッド)
の製品があります。

故障率といっても個人レベルでの検証は個体数が少なすぎて無理です。
クチコミの数といっても売れている数との割合が分からないのでこれも信用できません。
同じプラッタを使っている製品なら容量が増えるにしたがって、枚数、部品数が増える事になりますので故障率は増えますが、実際には誤差の範囲だと思います。

書込番号:12211391

Goodアンサーナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:60件

2010/11/14 00:56(1年以上前)

皆様
貴重かつ専門的なご回答ありがとうございました。
やはり私がHDDの構造を勘違いしていたようです。
2.0Tは現時点での技術水準では容量的に上限いっぱいだから、ちょっと下げて1.5TのHDDにした方が壊れにくそう、などといった判断はあまり意味が無いようですね。

それにしてもこの口コミで「これ駄目です」とか「購入して1週間で壊れた」などというレポートがなされると、真実がどうであるかにかかわらず、それだけでその製品に対する不安が一挙に高まっているようで、なかなか怖いものがあります。

書込番号:12212377

ナイスクチコミ!1


クチコミ一覧を見る


価格.com Q&Aを見る

クチコミ掲示板検索



検索対象カテゴリ
を対象として
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[外付け ハードディスク]

外付け ハードディスクの選び方ガイド

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

新製品ニュース Headline

更新日:9月17日

クチコミ掲示板ランキング

(パソコン)

ユーザー満足度ランキング