『現在キャロウェイFT-9ですが、気になるドライバーがあります。』 の クチコミ掲示板

 >  >  >  > クチコミ掲示板

『現在キャロウェイFT-9ですが、気になるドライバーがあります。』 のクチコミ掲示板

RSS


「ドライバー」のクチコミ掲示板に
ドライバーを新規書き込みドライバーをヘルプ付 新規書き込み



ナイスクチコミ67

返信113

お気に入りに追加

解決済
標準

ドライバー

スレ主 eryskさん
クチコミ投稿数:54件

現在キャロウェイのFT-9ナチュラル I-MIX シャフト グラファイトデザイン
ツアーAD クアトロテックMD6S を使用しています。

先日、ゴルフ○でスイング診断してもらい、15球の平均が
ヘッドSP 43.3
ボールSP 60.2
打出角  18.5
バックスピン 1820
サイドスピン +703
フレ角 −6
飛距離 222.85
という結果が出ました。

ゴルフ歴は26年と長いのですが、エンジョイゴルフばかりだったため、
普段のスコアは95までは叩かないといったところです。

このところ、テーラーメイド バーナー スーパーファスト TP
シャフト ツアーAD DI-6S が気になっています。

ヘッドの違いなど、分かる方がいらっしゃいましたら、
ご教授宜しくお願いします。

書込番号:13141962

ナイスクチコミ!0


返信する
STYLISTさん
殿堂入り クチコミ投稿数:2586件Goodアンサー獲得:187件

2011/06/18 01:03(1年以上前)

データからすると弾道は写真みたいな感じですね?

完璧です。これならコースでは240〜250yd稼げる場面が少なくないでしょう。

FT-9はスライサー向けにつかまるヘッドだと言えるでしょう。

バーナーの場合、少しオープンフェースなのでスライス系の人は構え難いはずです。
ですが、まあつかまる系のヘッドなので、一転してドスライスが出るような事はないでしょうが、現状で完璧なのを変える必要はないのでは?

もしバーナーが良ければシャフト硬度を少し落としてつかまるようにするのもありでしょう。

また、フェースが開き気味にあたるのを防ぎたいなら重心の近い小振りのヘッドにするというのもありますが、バーナーの場合こういうのとは対極にあるといって良いかもしれません。

また、フェースの返りやすいヘッドにした場合、引っ掛ける危険度は上がるので、つかまりが良くそこそこ大き目のヘッドで打っていくのが安定感が出るのではないでしょうか?

書込番号:13145026

ナイスクチコミ!3


XJSさん
クチコミ投稿数:3481件Goodアンサー獲得:153件

2011/06/18 23:44(1年以上前)

高打ち出し低スピンの理想的弾道ですよね。

I−MIXが通常のとどう違ってるか不明ですが普通のFT-9Nは雑誌の分析によれば
重心距離が34.7、重心角25.4°ですね。
1°オープンフェースとはいえつかまりがいいタイプですね。

バーナーは1.3°オープンで重心距離41.9、重心角21.8°

ともにライ角やFP値はほぼ同じです。

つかまりはバーナーにすると悪くなる方向ではありますね。
あとFT9のほうが低重心です。

書込番号:13149194

ナイスクチコミ!1


スレ主 eryskさん
クチコミ投稿数:54件

2011/06/20 11:12(1年以上前)

STYLISTさんXJSさん、返信ありがとうございました。
土日と留守にしており、返事を書くことができず申し訳ありませんでした。

掲示板の類に書込みするのが初めてなもので、
実は私はレフティーだということを忘れておりました。すみません。

バーナーについては、使用している同メーカーのシャフトが入っていたことと、
スーパーファストの飛距離評価が良かったため、
最近、若い方々に置いていかれることが出てきたアラフィフティが
少し欲が出て、こっちのほうが飛ぶのかな?などと気になってしまいました。

欲を出して力んでしまうと、かえってスコアメイクに繋がりませんし、
FT-9のほうでも、まだまだ満足しておりますので、
お二人のご意見・参考値を頂き、使っていこうと思いました。
ありがとうございました。

ところでスコアメイクといえば、
私はアプローチとパターだと思っているのですが、
60ヤード以内ぐらいから、腰の回転(このような表現でいいのでしょうか?)に
引かれるようにクラブが落ちてくるときは良いのですが、
腰の回転と同時に、右手(レフティ)でボールを迎えに行ってしまう時があります。
そうなると、必ずトップします。
フルスイングより小さいスイングになればなるほど、この傾向が強く出ます。
素振りではそのような事がないので、
メンタル面の弱さから来てるような気もします。

表題の質問から外れてしまいますが、(良いのでしょうか?)
練習方法など教えていただければ幸いです。

ちなみに、内藤雄士「Golfers Base」をたまに繰り返し見ます。
家の中で、腰から腰までのスイングを150球程度、週に4・5日やっています。
それでもボールを置くと手で迎えに行ってしまうときがあります。
宜しくお願いします。

書込番号:13154906

ナイスクチコミ!0


STYLISTさん
殿堂入り クチコミ投稿数:2586件Goodアンサー獲得:187件

2011/06/20 13:14(1年以上前)

レフティーという事はドローヒッターという事ですね?

ぶっちゃけ目の前でレッスンをしているプロではないのでデータから見た感想を書かせていただきますと、打ち出しの角度が付き過ぎているのは少しロフトが寝ているということで、これは打ち上げちゃっているという事です。

ダウンでシャフトが寝るとこうなりがちですが、ドローヒッターという事で納得できます。

ただドライバーに関しては15球の平均でこれだけ打てるという事はすでに片手シングルのレベルという事で、何もいじる必要は無いです。

少し強く叩くとかしてたまたまそのホールで10ydばっか飛ばす事にスコアへの影響はゼロですからラウンドでも15球平均で打つ事でそれ以上は望んでも無理ですし、また望む必要がないです。

若い人においていかれるホールがあったとしても、平均飛距離で上回っていれば良いですし、そもそも若い人と飛距離を争って勝てるわけがないですね。


アプローチの件ですが、手で迎えに行くというのは要するにキャストしているような感じでしょう。
トップするという事からヘッドが先行しているようです。

ボディーターンで打とうとすると必ず振り遅れますから腰〜腰のつもりで少々振り幅が大きくなった時に振り遅れを体が感じて手で合わせにいった揚句にダフってしまうというのが原因のような気がします。

ボディーターンで打てるのは腰〜腰までの間限定です。それ以上振り幅が大きくなると必ずリストコックが入りますのでクラブが下りてくるまで待つ必要性が出てきます。

一度ご自分の腰〜腰をビデオ撮影してみると良いでしょう。

腰〜腰のつもりで普通に肩〜肩くらいまで振っちゃっているでしょうし、それで不思議は無いです。

短い距離の場合、テークバックを意図的に小さくし、フォロー側で距離感を出すようにしてみると良いかもしれません。

それからインサイドからクラブを下ろすよりもテークバックでややアウトに上げ、少しだけカット軌道で振る事をお勧めします。
この際アドレス時にほんの少しだけフェースを開いてください。自分の感覚で開いているかどうかわからないくらいで良いです。

むろんヘッドアップは論外ですからうまくミートする事だけ意識して、距離感はその次ぎにしてみてください。

また、短い振り幅でもテークバックで右手の平を上に開いて上げ、フォローで左手の甲が地面を向くようにローテーションを入れた方が打ちやすい場合も往々にしてありますのでこれもお試しください。

傾斜地などから難しいアプローチを行う際、右足加重のまま(レフティは逆足)打ってしまってダフる事がありますが、こういう場合は右足かかとを上げ、右足はつま先立ちになって打つ方法があります。
これもお試しください。コースで「これダフリそうだ」と思ったら右足をつま先立ちにして強制的に左足過重で打つのに良い方法です。

書込番号:13155263

ナイスクチコミ!1


スレ主 eryskさん
クチコミ投稿数:54件

2011/06/20 16:49(1年以上前)

STYLISTさん、早々のご回答ありがとうございます。

はい、ドローヒッターです。
ドライバーについては、特に不満はないので、
このまま使用していこうと思います。
ただ、片手シングルは褒めすぎです。
数ラウンド中にはOB(ドフック)も出ますし、
多いときは1ラウンド中に1〜2回などという時もあります。
(だいたい飛ばそうと思って、めいっぱい振った時です・・・その割には飛びませんが)
平均ボギーペースのぺリアゴルフでは、はまらず当たらずのスコアです。

アプローチとパターがまとまってくれば、80台前半なのですが、
(実際数えるほどですが、あることはあります。)
パターのことは聞かないでください。
今まで何十本というパターを買い替え、
やっと道具じゃないということを理解しました。

タラレバをいってもしょうがないので、夢の70台を目指して、
今年から家の中で、腰から腰までのスイングで、
1日平均100球以上を目標に練習しています。

>手で迎えに行くというのは要するにキャストしているような感じでしょう。

普段からキャストについてはかなり意識しているのですが、
やはりキャストしてしまっているのでしょうか・・・
今度、ビデオに撮って確認してみたいと思います。

>振り遅れを体が感じて手で合わせにいった揚句にダフってしまう

おっしゃる通りだと思います。
私の場合、ハーフショットから小さいショットになるにつれて
その傾向が強く出ます。
「わかっちゃいるけどやめられない」状態です。

>腰〜腰のつもりで普通に肩〜肩くらいまで振っちゃっているでしょうし

家の中で練習しているため、肩〜肩まで上げると
棚やその他の物に当たってしまうため、大丈夫だと思います。
(廊下に高さ120センチ位のアプローチ用のネットを置いて、
 下に消音マットをひいて練習しています。)

>短い距離の場合、テークバックを意図的に小さくし、フォロー側で距離感を出すようにしてみる

ありがとうございます、イメージが出しやすくなると思います。
是非、実践したいと思います。

>テークバックでややアウトに上げ、少しだけカット軌道で振る事
 アドレス時にほんの少しだけフェースを開く事

以前そのイメージで打っていたことがあります。
力強い球が出ていたような記憶がありますが、
カット軌道の意識が強くなったのか、スエーするようになってしまい、
なるべくスイングプレーンを意識して振るようにしていました。

>テークバックで右手の平を上に開いて上げ、フォローで左手の甲が地面を向くようにローテーションを入れた方が打ちやすい場合

実際私の場合、そのほうがミスショットは少ないです。
(ゴルフ歴は長いのでいろいろ試してきました)
しかし基本的ではないのかなとか、
スイングが壊れる原因になるような気がして、
なるべく手の平は動かさないようにしていました。
別に動かしても大丈夫なものなのでしょうか?

詳細にわたりご提示いただきありがとうございます。
一度に全部はできないと思うので、
「継続は力なり」で夢の70台が
夢でなくなるように、努力していきたいと思います。

書込番号:13155807

ナイスクチコミ!0


STYLISTさん
殿堂入り クチコミ投稿数:2586件Goodアンサー獲得:187件

2011/06/20 22:19(1年以上前)

いや、アイアンはまだしもパターは道具に依存する部分が大きいと私は思います。

転がりの良いピン型を使ってオーバーが怖くてショートしているなら転がりの悪いマレットで強めに打つというのも理にかなっています。

>(だいたい飛ばそうと思って、めいっぱい振った時です・・・その割には飛びませんが)

15回平均で230ydも打てるというのは紛れもなく片手の実力があるということです。

OB打っちゃう時はシャフトが寝て振り遅れのプッシュアウトか、それを感じてものすごくフェースを返してしまうチーピンでしょう。

左右どっちも出ちゃうということですね。

>しかし基本的ではないのかなとか、スイングが壊れる原因になるような気がして

うん、これがアプローチがイップス気味になる原因じゃないかと思います。

テークバックでフェースを開いてダウンで閉じながら下ろすというのは当然のことで、そうするのがあたりまえなんです。

プロのショットをスローで見てみると良いでしょう。

フォロー側でクラブフェースが地面を向くように閉じていないプロは絶対にいないです。

アプローチはアドレスから見直してみてはいかがでしょう?

最初から体をオープンにかまえていませんか?

もし、下半身も上体も左を向くオープンにかまえてスイングはターゲットに向けるとどういう軌道になるでしょう?

完全なるインサイドアウト軌道が強まります。

下半身は左を向いていても上体がほぼターゲットを向いていれば、軌道は上体に対してスクエア、下半身に対してはインアウト。

このアドレスでターゲットの左に向けてスイングすると上体に対して軌道はアウトインですが、下半身に対してスクエアです。

ややこしいでしょう?

ですからアプローチの際は内藤氏の言うように、つま先だけやや左に向けて後は普通に打てば良いのです。

テークバックで右手(レフティは左手)の平が上、フォローで地面を向くように何気なく打ってみましょう。

また、60ydをきっちり打とうなんて色気を出さないことです。できませんから。
50ydはほぼデットに打てるなんてくだらない自慢話を書く人いますが嘘ですから信じないことです。

だいたいこんな感じかな?って打つんです。ロングパットも同じですよ。

別にウエッジですが、難しいの使っていませんか?道具のせいかもしれませんよ。

書込番号:13157183

ナイスクチコミ!1


スレ主 eryskさん
クチコミ投稿数:54件

2011/06/21 09:23(1年以上前)

STYLISTさん、今回も丁寧なご回答ありがとうございます。

昨夜、ビデオを撮って見てみました。
トップしたスイングをチェエックすると
インパクトの少し前から、キャストしていました。
「百聞は一見に如かず」ではないですが、
自分のイメージと実際の身体の動きは、違うものなのですね。
勉強になりました、ありがとうございます。

ドライバーのOBの件については、STYLISTさんのおっしゃる通りです。
でも、30代のブンブン丸の頃に比べれば、随分少なくなりました。

>これがアプローチイップス気味になる原因

アプローチイップスになるのが怖くて、
わざとそうは思わないようにしていました。
でもたぶん・・・図星だと思います。
ただ昨夜のビデオ撮影のおかげで、トップは随分少なくなりました。
(あくまで腰から腰までのスイングですが)
10球中1球ほどです。まだまだですが、昨日の昨日なので、
これからどんどん精度を上げていきたいと思います。

アドレスについては、Golfers Baseの第3巻を見直しました。
確かにシンプルで、STYLISTさんが「ふつうに打てばいい」
とおっしゃるのも理解できるつもりです。
イップスのような状態になると、普通のことが普通にできなくなり
頭の中と外が?マークで??????????な事になってしまうのです。
実際、アプローチは10年程前よりは確実にヘタです。
もちろんスコアもその頃のほうが良かったです。
でも昨日のビデオ撮影が、何かのキッカケになればと、
少しばかりの期待をしているところです。

ウェッジですが、アイアンは#4−9・P・A・Sまで
PRGR TR−X 915CR M−43 を使用しています。
ちなみにパターは、オデッセイ バックストライク マークスマンです。

とにかく今回、自分ではキャストしていないと思っていたのに、
実際はキャストしていた、と判っただけでも大変な収穫です。
STYLISTさん、ありがとうございました。
また何か、お気付きの点がありましたら、宜しくお願いします。

書込番号:13158766

ナイスクチコミ!0


STYLISTさん
殿堂入り クチコミ投稿数:2586件Goodアンサー獲得:187件

2011/06/21 11:26(1年以上前)

なぜお迎えに行ってしまうかというとそうしないとあたらないからでしょう。

ではなぜあたらないかですが、主にインパクトで伸びあがる人が自然に調整してしまって手首を伸ばして打ってしまいます。
その結果ダフりもトップも両方出ちゃうというのがこれらのミスの原因でポピュラーなものです。

eryskさんの場合、フェースの開閉を意図的に抑えて打つ事でシャットフェースに上げていますから、そのままだとダウンの軌道がスィープ(急角度)になります。
そうするとダフリやすいので体が感じて自然に伸びあがるなり手先で調整してトップになるのでしょう。

フェースの開閉を抑え込もうとしたのがおかしくなってきた根本だと思います。

腰〜腰の振り幅だと通常フェースの開閉はさほど起こらず意識しなくても打てるはずなんですが、パッティングでもフェースの開閉は起きていて、イントウインにストロークするというのが最近では正しいとされています。

俗に真っすぐ引いて真っすぐフォローを出すというのは明らかな誤りで、こうすると腕を伸ばしながらアウトに上げ、ダウンでインに、フォローはアウトに腕を伸ばしながらじゃないと打てないわけです。

パターなんかでこういう打ち方をすると勘違いしている人は多いのではないかと思いますが、そうすると球がつかまらないのでタッチも出ないし、右に押し出しやすくなります。

ですから短い振り幅でしっかり球をつかまえるにはフェースの開閉は当然なんですが、右手の人差指付け根でしっかり押す事です。

タメを作る練習で行われるドリルですが、手首はブランブランにしておいてテークバックでヘッドがトップに到達する前に手を下ろして強制的にコックを作り、そのまま打つというのがあります。

この際右手の人差指付け根で球を押す事が大切であります。

感覚としては右手の平を地面に向けたまま押す事ですね。

逆に左手だけでこつーんと打つのもハンドファーストに打つドリルとしてよくあります。

これも左手の甲でボールを押す事です。

いずれにしても打つのではなく押す事が非常に大切で、「押せてくる」とミート率が飛躍的に向上し、当然飛距離も伸びます。

右手だけ(レフティーは逆)左手だけのドリルをやって、その後に両手でコツーンと押してみましょう。

それからドローヒッターはフェースの開閉を行いやすいピン型の方が振りやすい可能性はあると思います。

バックストライクは私も試しましたがかなりハンドファーストにかまえないといけないので違和感がどうしても抜けず、結局LやPINの方が打ちやすいという結論になりました。

最近流行りのマレットヘッドのL字も試されると良いかと思います。

パターは高い物をおごらないとダメだと思いますよ。

書込番号:13159080

ナイスクチコミ!2


スレ主 eryskさん
クチコミ投稿数:54件

2011/06/21 18:12(1年以上前)

STYLISTさん、またも丁寧なご回答ありがとうございます。

昨日の「気づき」を基に、今夜も家の中で練習したいと思います。

>フェースの開閉を抑え込もうとしたのがおかしくなってきた根本

思い当たる節があります。
ダウンでコックを維持したまま、スイングすることを意識しすぎて、
インパクト後もその状態を維持しようとしていました。
(腰は回っているので実際にはフェースは閉じているのですが)

>この際右手の人差指付け根で球を押す

私の場合、左手(レフティ)の付け根しかグリップに触っていないのですが
そのままの状態でよろしいでしょうか?

>感覚としては右手の平を地面に向けたまま押す

飛球線方向に向かって斜め下に押す感覚でしょうか?

>手首はブランブランにしておいてテークバックでヘッドがトップに到達する前に手を下ろして強制的にコックを作り、そのまま打つ

これは知りませんでした。
練習場に行ったときに、実践してみたいと思います。

バックストライクのパターですが、私も違和感があります。
パターがスコアの半分と判りながらも、練習もせずまだ3ラウンド目ですので
慣れるまで使ってみようかなとは思っていますが、
STYLISTさんの書込みを読んで、
昔のパターを使ってみようかなとも思いました。
80台が一番多く出ていた頃使っていたのは
アクシネット ブルズアイ レフトフランジ という物で
すっかり上手くなったと勘違いした私は、
新商品に買い替え、これは合わないと、
また次のパターに替えていった過程があります。

>最近流行りのマレットヘッドのL字

STYLISTさんがおっしゃるこのパターは、
オッデッセイ ブラックシリーズ ツアーデザイン#9
の様なものでしょうか?
また、パターは高いものとはキャメロンあたりのことを指すのでしょうか?

今回は質問ばかりになって申し訳ありません。
頭の中でイメージしていると、
だんだんと細かいところが気になってしまって・・・

教えて頂ける所がありましたら、宜しくお願いします。

書込番号:13160173

ナイスクチコミ!0


STYLISTさん
殿堂入り クチコミ投稿数:2586件Goodアンサー獲得:187件

2011/06/21 18:51(1年以上前)

フェースローテーションのイメージがうまくつかめていないような?

手首を左右に折る動きをローテーションだと思ってはいませんか?

実際には右手を手の平側、左手を甲側に折る動きじゃないです。

8鉄あたりでアドレスを作ってみてください。

ボール位置はセンター辺りですが、フェースはそのままに手元だけをターゲットに向けて倒していってください。
ちょうどフェースでボールに蓋をするような感じになります。

それでも押せている感じは出難いでしょう?なるべくシャフトをターゲット方向へ傾けながら、今度は手元を地面に向けて押し込んで下さい。

ボールに強く蓋をしていきます。

この時に右手の人差し指付け根で押すことになるんですが、ものすごく力が入るポジションになっているはずです。

ならなければグリップが間違っているということです。

こうしてハンドファーストのインパクトを作ったら、右手の甲が自分から見え続けるようにボールを押し続けてください。

自然に左ひじがたたまれてフェースローテーションされます。

フォローでは右手が上、左手が下になりますが、左手は甲側に折れません。

12374637で写真入で解説していますのでご覧ください。

こうして押すインパクトを作るドリルがあります。34度くらいの7番で上記のインパクトの形を作り、地面に向けてぐぐーっと押したらそのままターゲット方向へ押し出します。7番あたりなら30ydは飛びます。

最初はボールが滑って右にころんと転がるだけでしょう。ここで押す練習を習得すれば球は前に飛びます。

これなら室内でもできますからお試しください。

>練習場に行ったときに、実践してみたいと思います

タメを作るドリルはクイックに振ることがポイントです。ゆっくりやるとうまくいきませんよ。

>オッデッセイ ブラックシリーズ ツアーデザイン#9
の様なものでしょうか?
また、パターは高いものとはキャメロンあたりのことを指すのでしょうか?

そうです。

ドライバーなんか中古の1万円のでも7万円のでも大差ないですが、パターは3万以上のものを使いましょう。

アクシネット ブルズアイ レフトフランジ はぶっちゃけタッチは出しやすそうですが、難しいパターの部類になるでしょう。

最近のL字マレットはやさしいです。形がLなだけで普通のマレットと同じです。

それに開いて閉じるストロークにはPIN型は王道でしょう。私もいろいろ買ってキャメロンに落ち着きました。

ショップで自分の感覚でスクエアにかまえてみて打ってみることです。
自分の感覚でスクエアにかまえることが大事で、2ballのような物だとどうしても視線でスクエア感を出したくなります。

そして少し長めのパットを開いて閉じるストロークで打ってみることです。

ここでもショット同様頭が動いては駄目駄目なのは言うまでもないのですが気をつけてください。

>今回は質問ばかりになって申し訳ありません

質問する場所で質問するのに何の遠慮が必要でしょうか?

私は質問にはできる限りお答えしますが太鼓は叩かないので悪しからず。

書込番号:13160301

ナイスクチコミ!2


スレ主 eryskさん
クチコミ投稿数:54件

2011/06/22 11:50(1年以上前)

STYLISTさん、いつも丁寧なご回答ありがとうございます。

>手首を左右に折る動きをローテーションだと思ってはいませんか?
実際には右手を手の平側、左手を甲側に折る動きじゃないです。

このへんは、理解してるつもりでしたが、12374637を読ませて頂いて
フェースでボールに蓋をするイメージができてきました。
ただ「フェースでボールに蓋をしてそのままずりずりっと地面に押しつけ続ける感じ」が
実際スイングした時に出せるかどうか・・・
早く練習したいですが、あいにく今日は仕事の関係で練習できません。
明日までのお楽しみとさせて頂きます。

昨夜、アクシネット ブルズアイ レフトフランジを久しぶりに打ってみました。
(廊下にパターマットも置いてあります。)
STYLISTさんのおっしゃる通り、結構難しく感じました。
ラインが出しづらい感じです。

>自分の感覚でスクエアにかまえることが大事で、2ballのような物だとどうしても視線でスクエア感を出したくなります。

そういうことだったのですね!
バックストライクの前に2Ballを使っていましたが、
パターを置いてラインに合わせようとするのですが、
どうも自分の出していきたいラインとの微妙な違いを感じていました。
今のパターの方が強い違和感を感じていますが・・・

L型マレットに興味が出てきました。
ピン型はピンアンサー・キャメロンニューポートとも使っておりましたが
あの形がどうも自分の感覚に合わなくてやめてしまいました。

ブラック・シリーズ のツアーデザイン#9ではなく
インサート #9などはどうでしょうか?
よくよく考えてみると、今までL型は使ったことがありませんでした。

買ったばかりのパターなのにもう他のパターに目が行っています。
早く一生もののパターに出会いたいです・・・

書込番号:13163047

ナイスクチコミ!0


STYLISTさん
殿堂入り クチコミ投稿数:2586件Goodアンサー獲得:187件

2011/06/22 12:15(1年以上前)

>「フェースでボールに蓋をしてそのままずりずりっと地面に押しつけ続ける感じ」が実際スイングした時に出せるかどうか・・・


これが”体重移動”ですよ。体をスエーさせるのが体重移動ではなくズイーっと押す事で左に加重させます。

インパクトドリルで大切なポイントを書くのを忘れました。

アドレスの形を作ったら、左腰を真後ろに引く事でベルトをターゲット方向へ向けるようにします。完全に向くまで動かさなくて良いですが、この時点でかなり苦しいです。

この時に常態は腰につられて動かないように頑張ります。私がよく書く胸は右を向いたままというやつですが、インパクト時には実際には上体もやや開いた感じになりますので、両腕の三角形を崩さないようにという感じですが、胸を右向きのままの意識じゃないとがんばれないです。

左腰を真後ろに引けば自動的に手元はターゲット側に倒れますから上体は頑張りながら手を下にエネルギーを向けてフェースでボールを地面に押し付ける事です。

試行錯誤してどうすればこの状態から球が浮くかやってみてください。

プロでこれができない人はいません。こうして下にエネルギーをかけながら押し込むのでズバッとターフが取れるんです。

>ブラック・シリーズ のツアーデザイン#9ではなく
インサート #9などはどうでしょうか?


ツアーデザイン#9しかラウンドで試した事は無いです。これゴルフ仲間の意見も共通でしたがインサートが良くない。
転がりが悪くタッチが出ないです。

というのも私はパターのタッチは音で決まると思っております。

打った時の「パチン」という音でタッチが出る物だと。

ミズノのアイアンで打感を追求したらそれは打球音がすべてだったというのを本だかテレビだかで見ましたが、正にそれと同じでパターは音だと思います。

L字を使ってみるなら樹脂インサートの物じゃなく、削り出しが良いと思います。

それから必ず個体差がありますので同じ商品でも絶対に打ち比べてみる事です。
パターで通販はありえない。絶対に自分で打ってみてしっくりくる物を買う事です。

これが先に書いた「スクエア感」が出る物という事です。


書込番号:13163121

Goodアンサーナイスクチコミ!1


スレ主 eryskさん
クチコミ投稿数:54件

2011/06/22 16:43(1年以上前)

STYLISTさん、ご返答ありがとうございます。

今、ゴルフショップに行ってツアーデザイン#9を、試打してきました。
売り物なので、ビニールが被っていましたが、
4メートルほどのパットで、ほとんど左1.5カップ(レフティ)程外れました。

左手(レフティ)で普段より少しラインと距離感を出して打ってみると
思ったところに行きます。
自分の感性を強く出した方が、良い結果につながるような気がしました。

L型の場合、重心位置の関係でヒットした瞬間、
若干フェースが開くような感じがするのですが、
そのせいで左にずれるのかなと思いました。

パターのスイングは、肩の上下で打つようにし、
グリップはあまり強く握らないようにしています。

L型パター・・・・悩みます・・・

アイアンの方は今夜仕事で会合があるため、練習できません。
明日の夜に実践してみます。(かなり難しそうです)

いつも詳細にわたりご説明いただき、ありがとうございます。

書込番号:13163827

ナイスクチコミ!0


STYLISTさん
殿堂入り クチコミ投稿数:2586件Goodアンサー獲得:187件

2011/06/22 20:57(1年以上前)

>4メートルほどのパットで、ほとんど左1.5カップ(レフティ)程外れました

パッティングもストロークはイントウインですからフォローではやや左に振る事になります。

ターゲットへ向けて真っすぐ打とうとすると右に押し出すと先に13159080で書きましたね?

今の感覚ではフォロー側でやや左、要するにショットで言う「つかまえる動作」を入れることでタッチも方向も改善する可能性はあると思います。

4メートルで1.5カップは8メートルで3カップ。アドレスの誤差を入れると4〜5カップ差になりますが、問題なのはそこじゃないです。

これって要するに思った方向へ打てているかどうかであって、それもむろん大事なんですが、一番はタッチが出ているかどうかなんです。

押し出す打ち方をしていると思ったよりもショートしますね。これはショットと同じでつかまらないスライスを打つとショートしてグリーン右手前にぽとっと落ちるのと同じ理屈です。

方向性の話に戻りますが、パターマットならいざしらず、起伏のあるグリーンの上で打ちたい方へ毎回完璧にスクエアなアドレスができるでしょうか?

また、フェースを視覚的にスクエアにソールする事ができるかどうか?

できっこないですよね?

自分が「これでスクエアだな」って感じるアドレスをして、それがいかにリアルスクエアに近いかどうかが大事なんです。

リアルスクエアと感覚の違いを確かめるには、定規で測ってもダメです。

ボールを2個平行にならべてこれを同時に打ちます。

2個ともカップインすればスクエアアドレスの証明になります。

2個がそれぞれ異なる方向へ打ち出されるならそれはストロークに問題があるという事、2個同じ方へ転がっていくけどカップインしなければアドレスがスクエアじゃないという事です。

それより何より芯で打てているかがいちばん大事ですね。

最近の理論ではアドレスからハンドファーストにかまえ、この状態を維持したままストロークするというのが主流です。
インパクトドリルと理屈は同じようなもんです。

肩の上下でというのはむろんそうなんですが、技術的に一番気にすべきはこれもショットと同じでグリップでしょう。

私は最初逆オーバーでグリップしていましたが、右手の人差指を伸ばしてグリップに沿ってグリップすることでタッチがかなり出るようになりました。

>明日の夜に実践してみます。(かなり難しそうです)

そりゃそんな簡単な事じゃないですよ。

でも絶対に正しい練習方法です。

全米プロに出ている連中のようにズバッとターフを取るスイングにしたいと思いませんか?

書込番号:13164621

ナイスクチコミ!1


スレ主 eryskさん
クチコミ投稿数:54件

2011/06/23 17:09(1年以上前)

STYLISTさん、回答ありがとうございます。

>一番はタッチが出ているかどうか

重要な部分を忘れていたような気がします。

方向性と距離感ばかりにこだわって、
タッチを出すことをしていませんでした。
(タッチと距離感は微妙に違うような気がします)

となると、バックストライクはタッチが出しにくいような・・・
L型マレットはタッチが出しやすいような・・・

ツアーデザイン#9を購入してみようと思います。


>それより何より芯で打てているかがいちばん大事

パターでも芯で打つことは、結構難しいように思います。
スクエアに構えて・肩の上下で・ヒットするときに手首をこねないように・
などと考えて打つと肝心要な芯を外しちゃったりします。

自己流なんですが、私的にはややオープンに構えた方が
タッチが出しやすいような気がするんですが
やはり邪道でしょうか?

>最初逆オーバーでグリップしていましたが、右手の人差指を伸ばしてグリップに沿ってグリップすることでタッチがかなり出るようになりました

逆オーバーグリップは試したことがありませんが、
通常のグリップでも右手の人差し指を伸ばしてグリップした方が良いでしょうか?


明日から3日間、パソコンから遠ざかってしまうため、
週明けにでもまた、ご指導頂けたら幸いです。

書込番号:13167928

ナイスクチコミ!0


STYLISTさん
殿堂入り クチコミ投稿数:2586件Goodアンサー獲得:187件

2011/06/23 21:41(1年以上前)

>ツアーデザイン#9を購入してみようと思います

どうかなあ。私はこのクラブは良いと思わない。

L字でもキャメロンのデルマーの方が良い気がしました。

まあこれは個人差のあることですから良いんですがね。

合わなければ高価なうちに売っちゃえば良いんです。

>やはり邪道でしょうか?

入れば何でも良いんですよ。

ただ自分のアドレスがスクエアのつもりで絶対にスクエアかどうかを疑うことが先でしょう。

前の投稿にもあったように、右に押し出す癖のある人はアドレスで左を向いた方が方向性が良い気がします。

それって右を向いて引っかけを打ってドローヒッターだと勘違いしているのと同じじゃないですか?

どうして押し出すかというと、アドレスで少しフェースがかぶっていれば引っかけを嫌がって押し出します。

逆にフェースがオープンだと引っ掛けやすいというのもあるでしょう。

>通常のグリップでも右手の人差し指を伸ばしてグリップした方が良いでしょうか?

それは御自分でいろいろ試してみてください。

ショットもパットも画期的に変わるのはグリップですしタッチを出すのは右手(レフティーは左)ですね。

右手で押せるグリップを作るのは論理的でしょう。

書込番号:13168997

ナイスクチコミ!2


スレ主 eryskさん
クチコミ投稿数:54件

2011/06/27 16:39(1年以上前)

STYLISTさん、回答ありがとうございます。

>34度くらいの7番で上記のインパクトの形を作り、地面に向けてぐぐーっと押したらそのままターゲット方向へ押し出します。7番あたりなら30ydは飛びます。

試してみました。
最初は全然だめでしたが、
飛球線方向よりやや右(レフティ)に手で送ってやると
(手首で返したりはしていません)
ボールが浮くようになってきましたが、
それでよろしいのでしょうか?

グリップもボールを地面に押しつける(ボールに蓋をする)ようにすると
その力に負けないように、多少強めに握ってしまうのですが・・・

そんなに簡単にできることではないと思っているので、
何か違うような気がして不安です。

まだ自宅で、腰から腰までのスイングしかしていないのですが、
ボールに蓋をするようにスイングしていると
ヘッドが多少ダフリ気味に入るようになってしまいました。
ゴルフは難しいです。
でも近年こんなにゴルフに打ち込んだことがなかったので、
あきらめず、続けていこうと思います。

STYLISTさんお勧めのキャメロンのデルマーですが
レフティが金色(ハニーディップ仕上げ?)しかなく
ブラックがなかったため、不評のツアーデザイン#9を買ってみました。
パターマットも新調しフラットの物に替えました。
(最後に上ってカップに入るものは、タッチが出しにくい感じがしたため)
スクエアアドレスに注意し「つかまえる動作」でタッチを出してみると
なかなかいい感じで転がっていきます。
あくまでもパターマットの上での話です。
本コースでのグリーン上ではまた、メンタル面でも変わってくるため、
>合わなければ高価なうちに売っちゃえば良いんです。
そうします。

今日もまたボールに蓋をしようと思います。
(日課になりそうです)
いつもいつも貴重なご意見を頂きありがとうございます。
また何かお気づきの点がありましたら、宜しくお願いします。

書込番号:13185014

ナイスクチコミ!0


STYLISTさん
殿堂入り クチコミ投稿数:2586件Goodアンサー獲得:187件

2011/06/27 18:03(1年以上前)

>飛球線方向よりやや右(レフティ)に手で送ってやると


良いですねえ。これが俗に言う「左に振る」というやつです。
インサイドから下ろしてボールにコンタクトし、その後インに戻るからインサイドインになるというわけです。

>その力に負けないように、多少強めに握ってしまうのですが・・・

インパクトドリルではそうしないとエネルギーがたまらないです。

>ヘッドが多少ダフリ気味に入るようになってしまいました。

リズミカルに腰までのトップが終わらないうちに右手の人差指付け根でボールに蓋を始めてください。

腰〜腰でもリストコックが自然に入ります。

後はスイングが遅すぎるのでは?グリップ圧を緩くしてゆっくり振ると重力に負けてトウダウンします。

また、蓋をするにはテークバックでフェースを開かないとできないですね。
気持ちで良いですから軽く開いて閉じる(蓋をする)ようにしてみてください。

>あくまでもパターマットの上での話です。

1mが8割以上入るようにすれば良いんです。

そうすればファーストパットも半径1mの円に入れればよくなる理屈はおわかりでしょう?

書込番号:13185315

ナイスクチコミ!1


スレ主 eryskさん
クチコミ投稿数:54件

2011/06/28 09:44(1年以上前)

STYLISTさん、回答ありがとうございます。

>良いですねえ。これが俗に言う「左に振る」というやつです。

ありがとうございます。安心しました。
この練習は、続けていきたいと思います。

>蓋をするにはテークバックでフェースを開かないとできないですね。

はじめの頃は、フェースを開くとダウンで違和感があったのですが、
ビデオで確認したところ、フェースを開くのに
左ひじ(レフティ)も内側に引いてしまっていました。
ひじを修正したところ、ビジネスゾーンをクラブが
ストレートに抜けていく感じが出てきました。

それから[13155263]で頂いた、
「インサイドからクラブを下ろすよりもテークバックでややアウトに上げ、少しだけカット軌道で振る事をお勧めします。
この際アドレス時にほんの少しだけフェースを開いてください。自分の感覚で開いているかどうかわからないくらいで良いです。」

この感覚も出てきたように思います。

>リズミカルに腰までのトップが終わらないうちに右手の人差指付け根でボールに蓋を始めてください。
>後はスイングが遅すぎるのでは?グリップ圧を緩くしてゆっくり振ると重力に負けてトウダウンします。

なるほど納得です。
リズミカルに続けて打っていると、次のショットまでの感覚が短くなり
だんだんスイングが雑になってきて、ミスヒットが出ちゃいました。

1球1球大切に練習していきたいと思います。
何も考えずに振れるようになりたいですね。

パター(ツアーデザイン)の方は、来月にラウンド予定が3回ありますので、
それまでは自宅で練習してみます。
ラウンド後どうなっていることやら・・・

私のほうは、今回の震災の影響で、
会社関係のコンペ等はすべて中止になっていました。
もちろん、海側の地方は壊滅状態のコースがたくさんあります。

そのような中、来月から久しぶりにプレー再開です。
今回の練習の成果がどう出るのか、今から楽しみです。

書込番号:13188116

ナイスクチコミ!0


STYLISTさん
殿堂入り クチコミ投稿数:2586件Goodアンサー獲得:187件

2011/06/28 16:34(1年以上前)

一球毎丁寧にと言うのもわかりますが、連続打ちドリルご存知ですよね?

文字通り3個くらいボールを並べて歩きながらスイングを止めずに打つものです。

この効果はリズムとミート率の向上です。

雑に打つのとリズミカルに打つのは全然違うという事を認識してミスを気にせずバンバン打つべきでしょう
ちょっと新しいドリルやってミスらずにできる方がおかしいんです。

書込番号:13189323

ナイスクチコミ!1


スレ主 eryskさん
クチコミ投稿数:54件

2011/06/29 09:54(1年以上前)

STYLISTさん、毎回ありがとうございます。

>連続打ちドリルご存知ですよね?

知ってはいましたが、やったことはありませんでした。
「効果はリズムとミート率の向上」ですか!
惹かれますね・・・ぜひやってみたいと思います。

>ちょっと新しいドリルやってミスらずにできる方がおかしいんです。

ありがとうございます。
練習を続けていく糧になります。

昨夜練習してて気づいたのですが、
(腰から腰までで、蓋をする練習)
少しひっかけ気味に玉が出ていることがあります。

グリップのせいなのか、腰が止まってしまうのか・・・
色々と試行錯誤しながらやっておりますが、
毎回同じスイングをするというのは、本当に難しいです。

また「蓋をするスイング」の練習を始めてから
打ちこむような感じになってきました。
(廊下の床にドンと音がします)
でもそれがボールの真下なのです。
ボールの先でドンといきたいのですが、
なかなかうまくいきません。

なにかうまくいく矯正方法?練習方法?がありましたら
ご教授お願いします。

パターはイントゥインを意識しすぎているのか
引っかけてばかりになってきました。
1mから2.5m位の間でやっているのですが
極端に言うと、卓球のドライブボールを打つみたいに
フェースが入っていく感じがする時があります。
真っすぐ押し出してやろうとすると
プッシュアウトぎみに出ていったりします。
何も考えずに打つと真っすぐいったりします。
はぁぁぁ、パターも難しいです。

書込番号:13192451

ナイスクチコミ!0


STYLISTさん
殿堂入り クチコミ投稿数:2586件Goodアンサー獲得:187件

2011/06/30 00:10(1年以上前)

蓋をするんですが、意識して欲しいのは右手人差し指付け根で押せているかどうかです。

打つんじゃなくて押すんです。

パターも同じですが、アドレスで上体が左を向いてないですか?

あるいは視線が左を向いていると引っかけます。

次にフェースがかぶっていないか、ボール位地が左過ぎないかもチェックしてください。

さあテークバックするぞって時に、そのままシャフトが地面と水平になるように持ち上げてみてトウが時計の12時を指していればスクエア。

11時方向へ向いていればかぶっています。

書込番号:13195437

ナイスクチコミ!1


スレ主 eryskさん
クチコミ投稿数:54件

2011/07/01 09:14(1年以上前)

STYLISTさん、回答頂きありがとうございます。

昨日は仕事でお礼の返事もできず
申し訳ありませんでした。

>打つんじゃなくて押すんです。

はい、判ってはいるつもりなんですが、
身体がいうことをきかない、というか
打ちにいってしまう時があります。
その時はキャストぎみに入っていると思います。

>アドレスで上体が左を向いてないですか?

最初のうちは気をつけているのですが、
続けて打っていると、だんだんと開いていました。

>そのままシャフトが地面と水平になるように持ち上げてみてトウが時計の12時を指していればスクエア。

私は身長が高く(192cm)ウェッジ類を持つと、前傾が深くなって
シャフトが地面と水平になるところでは、かぶった状態です。(背中の角度位)

前傾を決めてから、膝を折ってアドレスすればよいのでしょうが
かなり深く膝を折るようになるので、
スイング中のバランスが取りづらい気がします。
またその状態で練習していると、かなり体力を使います。

そのためライ角も合っていず、フェースのトウ部分から入ることが多いです。
昔、軟鉄のアイアンを使っていた頃はライ角調整もしてもらっていたのですが、
(そういえばドライバーもパーシモン別注でライ角を合わせていました)
今のクラブはそういうことができないようなので、
そのまま使用しています。
かと言って、軟鉄の難しいのもちよっと・・・

ライ角の合っていないクラブでいくら練習してもだめだよ!
と言われてしまえば、それまでなんですが、
何とか今のクラブのままで上達したいと思っています。

書込番号:13199977

ナイスクチコミ!0


STYLISTさん
殿堂入り クチコミ投稿数:2586件Goodアンサー獲得:187件

2011/07/01 10:16(1年以上前)

リシャフトしましょう。

0,25インチでも長くするとだいぶかまえやすくなります。

長くするとそのぶんシャフトが柔らかくなるのでシャフト硬度を上げる必要性がある場合が多いので、クラフトに相談してください。

フェースは前傾した状態でハーフェーバックまで上げた時に前傾角度と等しいのが良いです。

スライサーの方はどうしてもフェースをかぶせて左を向きたがるので、それが引っかけの原因になります。

書込番号:13200109

ナイスクチコミ!1


スレ主 eryskさん
クチコミ投稿数:54件

2011/07/01 16:48(1年以上前)

STYLISTさん、回答ありがとうございます。

リシャフトですか・・・
シャフト選びにも悩みそうですが、
リシャフト代を考えると、
ミズノのMPシリーズの簡単なのを買って
ライ角調整してもらった方がいいのかな、
なんて浮気心が出てきちゃったりします。

PRGR TR-X 915CR のヘッドも
あまり話題に上らないので、どうなのか判らないのですが、
内藤氏がゴルファーズベースで使用していたアイアンの
次に出た簡単なアイアンということで使っています。

ちなみに、インチアップという方法は、
あまり良くないのでしょうか?
0.25インチ位であればどうなのかな
などとも考えてしまうのですが・・・

>フェースは前傾した状態でハーフェーバックまで上げた時に前傾角度と等しいのが良いです。

ありがとうございます。
今のイメージで続けて見ようと思います。

書込番号:13201173

ナイスクチコミ!0


STYLISTさん
殿堂入り クチコミ投稿数:2586件Goodアンサー獲得:187件

2011/07/02 00:07(1年以上前)

インチアップというか、自分の体格に合わせるのが当然という事です。

私もコンマ25〜コンマ5インチくらい長くしますし、外人はみんな長くしてますよ。

自分でどこかに書きましたが、確かエルスは7番で37.5インチくらいにしているはずです。

ライよりも長さの方が大事だと思います。

それから変に軟鉄は難しいなんて思わなくても別に軟鉄のポケキャビだってありますから。

フェースがかぶるのはボディターンしちゃっているからかもしれませんよ。

テークバックし始めたらすぐさま左腰を真後ろに引くと腕は何もしなくてもクラブは下りてきます。

この腰で下ろす感覚をつかんでください。

右手人差し指付け根で押す事だけを意識すれば自然にあたります。

これで最初からあたるわけないですからとにかく腰で下ろすならその練習をして欲しいですね。

あてる練習にしない事です。

書込番号:13202954

ナイスクチコミ!1


スレ主 eryskさん
クチコミ投稿数:54件

2011/07/04 10:13(1年以上前)

STYLISTさん、いつもありがとうございます。

腰で下ろす感覚ですが、
おかげさまで、ずいぶん安定してきました。
STYLISTさんの度重なる助言がなければ、
この様に同じ練習を続けてこれなかったと思います。
これからも引き続き練習していきたいと思います。

インチアップに関しては、試してみようと思います。
最終的にはクラフトマンに色々と図ってもらってからになると思いますが、
現状、#4−38.5インチから0.5インチ刻みで、A・Sが35インチですので
#4-6はそのままで、#7・8−0.25インチ、
#9・P−0.5インチ、A・S−0.75インチ位かなと考えておりますが
インチアップする場合は長さを統一して伸ばした方が良いのでしょうか?
(たとえば全体的に0.5インチ伸ばすとか)

また、長くするとそのぶんシャフトが柔らかくなるとのことですが、
0.5インチ位でも体感的に分かるものなのでしょうか?

書込番号:13212666

ナイスクチコミ!0


STYLISTさん
殿堂入り クチコミ投稿数:2586件Goodアンサー獲得:187件

2011/07/05 02:02(1年以上前)

伸ばすというよりもリシャフトですから「どう挿すか」を考えるんです。

例えば7番アイアンのクラブ長が36.25インチだとします。

これを長くするには7番用のシャフトを長めに例えば36.75インチになるようにカットして挿すのと、6番用の物を挿す番手ずらしとあります。

俗に飛び系と呼ばれるアイアンは往々にしてこの番手ずらしが行われており、7番に6番のシャフトが入っているケースが普通にあります。

こうすると長くなるのでH/Sが上がり飛ぶようになるという事ですが、番手ずらしをするとシャフト硬度はとうぜん物理的に柔らかくなります。

これは非力な人が楽に飛ばすことを前提にした場合有効な手段です。

H/Sがほどほどある人はシャフト硬度を1フレックス上げてこの手法を取る場合がありますが、番手をずらさずに通常の番手に長めに挿すほうがシャフトは硬くなります。

ただし、安易に長くすると今度はクラブバランスが出すぎるのでクラフトマンはせいぜい0.25インチにとどめておくように言うかもしれません。

バランスはヘッドの重量に依存しますが軟鉄の重めのヘッドだとバランスが出過ぎるのでやり難いというケースはあります。

そこで私の場合カウンターバランスのシャフトであるKBSツアーを使い0.5インチ長くすることに成功しました。私はそもそもグリップを58口径で下巻きを厚く巻くのでバランスの面では有利に働きます。

普通は3番〜PWまでそれぞれ2番〜9番のシャフトをそれぞれずらして入れるようですが、通常の番手を長く挿す場合は同番手のシャフトを入れるのは言うまでも無いです。

ミドルアイアンだけ長くするというのは意味が無いですからやるなら当然すべての番手です。

スチールシャフトならたいした出費にもなりませんが、カーボンシャフトだとシャフト代だけで10万円を越えるので慎重に進める必要があります。

というように、バランスも長さも0.5インチも変わるとまったく別物になりますから体感は間違いなくできます。

まあ外人選手のアイアンショットが飛ぶのは長くしているからというのもありますね。

書込番号:13216038

ナイスクチコミ!1


スレ主 eryskさん
クチコミ投稿数:54件

2011/07/05 20:03(1年以上前)

STYLISTさん、大変詳しい回答ありがとうございます。

ゴルフショップでインチアップの件を聞いてきました。

結論から言うと、新しいアイアンセットが買える金額になってしまいました。
来週から来来週にかけて3ラウンドの予定が入っているため、
とりあえず現状のままでラウンドしてみようと思います。

20年以上前に使っていたミズノMS3を取り出してきて
(ライ角調整したもの)
アドレスしてみましたが、やはり構えやすく感じました。
いまさらこのクラブに戻そうとも思いませんが
このデカイ身体に合うクラブが欲しくなってきてしまいました。

STYLISTさんの使っているシャフトも素晴らしいものなのですね。
私には100gをこえるシャフトは無理だと思いますが、
もうちょっと若かったら、見栄でも買っちゃうかもしれません。

さあ今日もまたボールに蓋をしたいと思います。

このところボールが低めに出るのですが
これはボールに蓋をするように打つため
ロフトが立って入っているからと理解してよろしいのでしょうか?
また宜しくお願いします。

書込番号:13218272

ナイスクチコミ!0


STYLISTさん
殿堂入り クチコミ投稿数:2586件Goodアンサー獲得:187件

2011/07/05 22:43(1年以上前)

むろんそういう事です。

ダウンブローに打ててきている可能性はあると思います。

タメが効いてくるとインパクトロフトが立つので打ち出しは低く、ハイスピンで上がるプロ球に近いものが打てるようになってきます。

まあ今のクラブとボールはそういう弾道にはなりませんけどね。

書込番号:13219087

ナイスクチコミ!1


STYLISTさん
殿堂入り クチコミ投稿数:2586件Goodアンサー獲得:187件

2011/07/05 22:57(1年以上前)

ちなみにスチールシャフトの場合一本5千円程度として8本文で4万円ですので私はわりと気軽にやってました。

工賃は取らないクラフトだったので。

まあ私くらい何度もオーダーすると仲良くなってそういう扱いをしてくれる場合があるということです。

仲の良いクラフトとか店員を作るのも良いですよ。

書込番号:13219181

ナイスクチコミ!1


スレ主 eryskさん
クチコミ投稿数:54件

2011/07/07 09:35(1年以上前)

STYLISTさん、回答ありがとうございます。

>ダウンブローに打ててきている可能性はあると思います。

はい、ボールがネットに入ってから、シュルッといって
手前に飛び出してくることもあるようになったので、
バックスピンはかかっていると思います。

ただ毎回ではないので、(とんでもないミスショットもあります)
正確性を上げるには、日々の練習しかないと思っています。


>工賃は取らないクラフト

すごいですね!
それはSTYLISTさんの長年の蓄積と
お人柄によるところだと察します。

>仲の良いクラフトとか店員を作るのも良いですよ。

工賃タダとまではいきませんが、
仲の良い店員さんとかクラフトマンさんなどは作れそうな気がします。

このまま練習を続けていって
来週、また来来週のラウンド後に結果の方を
ご報告させて頂きたいと思います。
実際にラウンドしてみれば、
違う悩みも出てくると思いますので
その時はまた、ご指導よろしくお願いします。

書込番号:13224315

ナイスクチコミ!0


STYLISTさん
殿堂入り クチコミ投稿数:2586件Goodアンサー獲得:187件

2011/07/09 12:47(1年以上前)

水を挿すようで申し訳ないですが、ちょっとばかりショットの精度が上がったところでスコアへの影響は望めないです。

スコアに直結するのはSWとパターですね。

ですからSWだけボンバにすれば3〜5打くらいは変わるでしょうが、アイアンショット自体グリーン近くに打っとけ程度に考えておくと良いでしょうし、普通アマチュアはそんなもんです。

パーオン率が上がるほど3パットも増えますからそこは気にしないこと。

書込番号:13232520

ナイスクチコミ!1


スレ主 eryskさん
クチコミ投稿数:54件

2011/07/11 11:48(1年以上前)

STYLISTさん、ありがとうございます。

>ちょっとばかりショットの精度が上がったところでスコアへの影響は望めないです。
スコアに直結するのはSWとパターですね。

承知しました。
今回はプレーの内容と、スイングも変わってきていると思うので
アイアンのブレ具合を確認してきたいと思います。
またパターも初デビューなので、タッチを確認してきたいと思います。

>SWだけボンバにすれば3〜5打くらいは変わるでしょう。

ボンバはとても興味があるのですが、レフティは生産していないようです。
左利きのガッカリなところです。

>アイアンショット自体グリーン近くに打っとけ程度に考えておくと良い

力まず、焦らず、このイメージでいきたいと思います。

>パーオン率が上がるほど3パットも増えます

かえって乗らなかったほうが良かった、なんて時もありますよね。
しかしプロのファーストパットは、
なんであんなに寄るのでしょうか?
どんな状況でも、だいたいピタッときますよね。
不思議でしょうがありません。

書込番号:13240952

ナイスクチコミ!0


STYLISTさん
殿堂入り クチコミ投稿数:2586件Goodアンサー獲得:187件

2011/07/11 17:54(1年以上前)

そりゃ練習ラウンドで何度もやっているからですよ。

それにテレビで映しているのは優勝争いしている連中ですから。

ツアーだって下位の連中はで80叩くのは売るほどいます。

>かえって乗らなかったほうが良かった、なんて時もありますよね

そんなことはないです。

パーオン率を上げるのは当然の目標です。

寄せワンが多い人と、パーオン率の高い人ではパット数は比較にならないという事です。

だから普通パット数はパーオンしたホールの平均パット数を計算するもんなんです。

単純に38パットだからどうのこうのではないということですね。

書込番号:13241870

ナイスクチコミ!1


スレ主 eryskさん
クチコミ投稿数:54件

2011/07/13 09:04(1年以上前)

STYLISTさん、ありがとうございます。

>寄せワンが多い人と、パーオン率の高い人ではパット数は比較にならないという事です。

そうですよね、パーオンした時は大概距離のあるファーストパットになるので、
3パットしちゃう時が多いです。
そういう意味で「乗らなかったほうが良かった」という表現になってしまいました。

>だから普通パット数はパーオンしたホールの平均パット数を計算するもんなんです。

こういう考え方だと、パターの出来の良し悪しがはっきりしてくるのでしょう。
でも私の場合、パーオンの確立が低いので、
平均パット数の「平均」までいかないような気がします。


家の中でパターの練習をしているのですが、
なんと床が少し傾いていました。いつも同じ方向に流れていくので
反対向きに打ってみたところ、やはり同じ方向に流れていき
直接床の上で転がしてみたところ、傾いているのが判りました。
たぶん今回の震災の影響だと思います。

このような状況では、練習しない方がよいでしょうか?
変な癖が付いてしまうような気がするのですが・・・
また宜しくお願いします。

書込番号:13248339

ナイスクチコミ!0


STYLISTさん
殿堂入り クチコミ投稿数:2586件Goodアンサー獲得:187件

2011/07/13 16:02(1年以上前)

>こういう考え方だと、パターの出来の良し悪しがはっきりしてくるのでしょう。

いやこれが普通ですよ。

http://www.jgto.org/jgto/WO03010600Init.do?year=2011&tournaKbnCd=0

単純にハーフ何パットだったとかはあまり意味がない会話なんです。

比較するなら1ホール当たりの平均パット数(パーオンホールのみ対象)です。



下りのフックラインで15mにつけたら?

そこから2パットなんてプロでも毎回できないですね。

下りどころか横でも下でも10m以上の距離だったら素直に3パットを受け入れるべきでしょう。

そこで2パットで収まんなかったなんて嘆くのは無意味です。

15mをSWで打つのとパターで打つのとどっちがミスが少ないかですね。

同じ回数SWとパターで試せば必ずパターの方が寄るしミスらないはずです。

ショットもパットも同じですが、プロは寄せるショット、入れるパット。

アマはミスらない、もしくはミスを最小限に抑えるショットとパットです。

10m以上のファーストパットを残していても、乗っていないよりは原則有利ですね。

平らじゃない場所でのパット練習はそりゃ良くないにきまってますよ。

書込番号:13249237

ナイスクチコミ!1


スレ主 eryskさん
クチコミ投稿数:54件

2011/07/13 17:10(1年以上前)

STYLISTさん、ありがとうございます。

プロの1ホール当たりの平均パット数が、
パーオンホールのみ対象だとは初めて知りました。

>アマはミスらない、もしくはミスを最小限に抑えるショットとパットです。

明日、久しぶりのラウンドなので、
気持ちに余裕を持って、ミスに気をつけたいと思います。
ウェッジで腰から腰までの練習しかしていないので、
かなり不安ですが・・・

パターの練習ですが、1m位の距離だとあまり曲がらないので、
強めに真中からドン(カップの奥に当たって入る)練習をしようと思います。

書込番号:13249386

ナイスクチコミ!0


STYLISTさん
殿堂入り クチコミ投稿数:2586件Goodアンサー獲得:187件

2011/07/13 21:17(1年以上前)

>ウェッジで腰から腰までの練習しかしていないので

ラウンドもそれでいけばいいんですよ。

ドライバーからウエッジまで腰から腰です。

それで実際はちょうど良い振り幅になります。

書込番号:13250221

ナイスクチコミ!1


スレ主 eryskさん
クチコミ投稿数:54件

2011/07/16 09:39(1年以上前)

STYLISTさん、いつもありがとうございます。

久しぶりのラウンドの結果を報告させて頂きます。

まずアイアンですが、非常にブレが少なくなりました。
5鉄からすべて使いましたが、大きなミスショットは一度もありませんでした。
ショートの4ホールのうち3ホールでニアピン賞をいただきました。

以前から少し打ちにいってしまうところがあったので、
今回のスイングに替えて、飛距離は少し落ちるかなと思っていたのですが、
ドライバー・アイアンともに変わらないようです。
トップも低めで、力みも全然ないのですが、
ヘッドのはしる感覚がつかめてきたように感じました。

パターですが、こちらはまだまだといったところです。
ツアーブラック#9のデビュー戦でしたので、
タッチを出す感覚を大切にしようと思っていたのですが、
ほとんどがショートでした。
今思うと、タッチを気にしすぎて肩の動きが止まり気味だった様な気がします。

問題はアプローチです。
以前からスイング幅が小さくなるほど
打ちにいってしまう(キャストだと思います)ことがあったのですが、
今回もまた出てしまいました。

シングルハンデの人と一緒にラウンドさせていただいたのですが、
アイアンに関してはお褒めの言葉をいただきましたが、
アプローチはライの状況や傾斜などで毎回違うし
グリーン周りの方がその傾向が強くなるので、
その状況に合わせようと力が入ってしまうのではないか、
スイングは良いと思うので、あとは場数だね、ということでした。

スコアの方は43・46(89)で私の中ではまあまあというところです。
後半、暑さと久しぶりの運動で足がつってしまい、
上がり3ホールで5オーバーと残念でしたが、
それもゴルフと思っています。

ただSTYLISTさんのおかげで、
スイングのイメージがかなり変わりました。
毎回毎回、返事をいただいたおかげで
練習も続けてこれました。
本当にありがとうございます!

次回は、今月下旬に2連ちゃんが入っていますので、
そこに向けて練習していきたいと思っています。
今後も宜しくお願いします。

書込番号:13259284

ナイスクチコミ!0


STYLISTさん
殿堂入り クチコミ投稿数:2586件Goodアンサー獲得:187件

2011/07/16 15:29(1年以上前)

強く振るのと速く振るのとではぜんぜん意味が違うというのはいつも書いている事です。

バーンと振るよりも脱力してピュッと振った方がかえって速くなったり思い切り振ったのと変わらなかったりするのはヘッドが走るからですね。

アプローチの打ち方はいろいろ覚えようとしない事ですね。

無限にありますから基本的なピッチングとチッピングを覚えてすべてそれでこなそうとする事、対処できない場所は素直にあきらめる事です。

それでもあがりホールで叩かなければ80台前半とまずまずのスコアだったんですから良かったじゃないですか。

最初に戻りますが、ドライバーがこれだけ打てる人はショット自体すでに完成度が高いはずで、普通にシングルプレイヤーで当然です。

寄せとパットだけですね。

それにはまず道具からで、いろいろ使いやすいSWを探してみては?

私は次にNIKEのVR PROを買う予定です。

http://www.jypers.com/products/detail5866.html

書込番号:13260278

ナイスクチコミ!1


スレ主 eryskさん
クチコミ投稿数:54件

2011/07/16 17:27(1年以上前)

STYLISTさん、ありがとうございます。

>寄せとパットだけですね。

はい、本当にそう思います。

>基本的なピッチングとチッピングを覚えてすべてそれでこなそうとする事

内藤氏のゴルファーズベースに
「ショートゲームを磨く」という応用編があったので
見なおして一から再点検してみたいと思います。

>いろいろ使いやすいSWを探してみては?

今までボーケイ・ツアーアクション・フォーティーン等色々使ってみましたが、
アイアンと同じ流れのウェッジの方が違和感がなく、
結局いまのTR-X 915CRでSWまでそろえています。
とりあえず、チップとピッチを再確認しながら練習したいと思います。

ナイキ VR PROフォージドウェッジ

なかなかカッコイイウェッジですね。
アプローチではイメージが大切だと思いますが、
そのような感じのウェッジなのでしょうか。
私にはまだまだ基本の練習が必要だと思いますので、
今のウェッジで練習していきたいと思います。

それにしてもレフティは、種類が少なくて困ってしまいます。

書込番号:13260594

ナイスクチコミ!0


STYLISTさん
殿堂入り クチコミ投稿数:2586件Goodアンサー獲得:187件

2011/07/16 17:38(1年以上前)

私の場合ウエッジは出っ歯が嫌いですね。

っていうか出っ歯のウエッジ自体日本コースの芝には合わないんですね。

なるべくリーディングエッジが真っすぐの物が好みです。

その点ではMT-28かこのVR PROがすっとしていて好みです。

まあ最強なのはボンバウエッジですね。

いずれにしてもクラブを落とすところから練習されてはいかがと思います。

テークバックだけ行って、後は何もしないんです。

そうすればクラブは重力で落ちます。

重力で落とす事でミート率は抜群に上がります。

それから右足(レフティは左)をつま先立ちにして打つのも良いと思います。

書込番号:13260630

ナイスクチコミ!1


スレ主 eryskさん
クチコミ投稿数:54件

2011/07/16 18:04(1年以上前)

STYLISTさん、早々の返信ありがとうございます。

>最強なのはボンバウエッジですね。

私も非常に興味があるのですが、
いかんせんレフティがありません・・・

>クラブを落とすところから練習されてはいかがと思います。

ありがとうございます。
早速試してみたいと思います。

>重力で落とす事でミート率は抜群に上がります。

これができれば、勇気100倍・ありがたさ1000倍です。

>右足(レフティは左)をつま先立ちにして打つのも良いと思います。

はいわかりました。
これは右足体重のまま(レフティ)ということでよろしいですね。
こちらも早速取り入れさせて頂きます。

TR-X 915CRのウェッジもリーディングエッジが真っすぐの感じなので、
私なりに雰囲気は気に入っています。

それから、グリーン周りはAWを使用することが多いのですが
SWでアプローチした方が良いのでしょうか?
ピンの位置や状況にもよると思いますが、
SWだとトップすることが多く、ついついAWを握ってしまいます。

書込番号:13260697

ナイスクチコミ!0


STYLISTさん
殿堂入り クチコミ投稿数:2586件Goodアンサー獲得:187件

2011/07/17 01:17(1年以上前)

SWでトップするとダメージでかいですね。

トップする理由はむろん伸び上がっているからで、なぜ伸び上がるかといえばキャストしているからなんです。

ですから前傾を崩さないように腹筋にぐっと力を入れてハーフショットからはじめれば良いのですが、キャストしないで振ると今度はダフリやシャンクに悩むことになります。

SWだと打てない理由はクラブ長が短いので一番縦振りになるからですね。

少しボール位置を体から離し、レフティなら左足寄りに起き、アドレスから手元だけをターゲット方向へ少し倒すフォワードプレスをしてその形を崩さないように上からドンと打ってみましょうか。

私はどちらかというと上げる方なのでロフトの寝たSWを好みますが、転がす方はAWやPWで寄せるというのも普通にあるでしょう。

ただしバンカー専用に58度を入れるという変わった考えの方が多いのは少々驚きであります。

またそんな方が難しい単品モデルを好んで使う傾向があるのも興味深いですが、自らスコアを悪くするセッティングにしているということに他ならないわけです。

書込番号:13262266

ナイスクチコミ!1


スレ主 eryskさん
クチコミ投稿数:54件

2011/07/19 14:55(1年以上前)

STYLISTさん、返信ありがとうございます。

17・18日と出張だったため、ご無沙汰してすみませんでした。

>重力で落とす事でミート率は抜群に上がります。

これはてき面でした。格段にミート率が上がりました。
無意識にキャストしていたようです。
5ヤードくらい先にボールを落とす感覚もずいぶん良くなりました。
まだまだ距離が短くなればなるほど、難しさを感じますが
重力で落とす練習を続けていきたいと思います。

>レフティなら左足寄りに起き、アドレスから手元だけをターゲット方向へ少し倒すフォワードプレスをしてその形を崩さないように上からドンと打ってみましょうか。

内藤氏DVD「ゴルファーズベース」のランニングアプローチとピッチ&ランも
フォワードプレスになっていると思いますが、この形のまま
重力で落としてドン、でよろしいのでしょうか?

>バンカー専用に58度を入れるという変わった考えの方が多いのは少々驚きであります。

ブレードのアイアンを使っていた頃、ロブウェッジを入れていたことがあります。
それも取り換え入れ替え・・・最後はピンアイ2のLまで、
今ではただの格好つけたがりだったと思っています。

レフティには設定がないようですが、54°のウェッジなどはどうでしょうか?
現在AW51°SW57°なので3°刻みだと
10ヤード位の差で使い勝手が良さそうなのですが。

書込番号:13271448

ナイスクチコミ!0


STYLISTさん
殿堂入り クチコミ投稿数:2586件Goodアンサー獲得:187件

2011/07/19 17:46(1年以上前)

>この形のまま重力で落としてドン、でよろしいのでしょうか?

そういうことです。

フォワードプレスを入れるのはミケルソン始め多くのプロが行っていますね。

ウエッジの件ですが、PWのロフトから考えましょう。

私の場合PWが48度ですから4度刻みで52、56が良いですが、56の代わりに58を入れています。

寄せはもっぱらこの58度ですが、ハイバウンス〜ミドルバウンス程度の物を意識して選んでおります。

以前はローバウンスの物を好みとしておりましたがこれは芝の薄いライからでも上げやすかったからで、TVDのローバウンスを選んでいました。

PWが46度のアイアンセットを使っている時はこれも4度刻みで50度、54度、58度とウエッジを1本増やし、3鉄を抜いていました。

今のセッティングは3鉄を入れたいので52-58度となっているわけです。

最近の無駄にロフトが立っているクラブだと、PWと彫ってあるクラブのロフトが44度とかになります。
これだと48度のPWから買わないとダメですね。
48-52-56と3本そろえる事になります。

54度のSWはその実アマチュアがSWとして使うのに最も良いロフトだと私は考えております。

バンカーでも良し、転がしも、やや上げるのもオールラウンドに使えますね。

特にバンカーでは多くの方がダフリのためボールが前に飛びませんから58度に比べて1番手分ロフトが立っているクラブで前に飛ばす力を与えることでとにかくバンカーから出すという目的は達成しやすいです。

書込番号:13271878

ナイスクチコミ!1


スレ主 eryskさん
クチコミ投稿数:54件

2011/07/20 09:08(1年以上前)

STYLISTさんのセッティングまで教えて頂きありがとうございます。

>キャストしないで振ると今度はダフリやシャンクに悩むことになります。

いきなり出ました。
ビデオで確認してみると、キャストを意識しすぎて、
下半身が動きすぎていました。

小さい振り幅でも肩の動きを大切にし、
重力を感じながら振ると
ミート率が良くなりました。

>13157183 アプローチの際は内藤氏の言うように、
つま先だけやや左に向けて後は普通に打てば良いのです。

SWの場合、ライ角通りに構えるとハンドダウンになって
ダウンスイングで膝に手が当たりそうに感じていましたが
これでライ角通りに構えられるようになりました。


>ウェッジの件ですが、PWのロフトから考えましょう。

私のウェッジがPW45°AW51°SW57°なので
4度刻みだと45°49°53°57°の流れになるかと思います。

3Wを抜いてウェッジを増やそうかとも思いますが、
その場合バンスは49−8°53−10°57−12°
辺りで考えれば宜しいでしょうか?

またアイアンはカーボンシャフトなので、
AWとSWが416gなのですが、
スチールシャフトの場合、
450g前後になってしまうと思いますが大丈夫でしょうか?

書込番号:13274381

ナイスクチコミ!0


STYLISTさん
殿堂入り クチコミ投稿数:2586件Goodアンサー獲得:187件

2011/07/20 22:09(1年以上前)

>4度刻みだと45°49°53°57°の流れになるかと思います

そういうことです。

ですから現実的には48度、52度、56度で良いと思います。

48度で普通は100ydくらいですから100〜110、90、80ydくらいになるでしょうか。

バウンス角はそれぞれ8、8、14くらいか8、10、10とか。

callowayのウエッジなんかだと52度くらいも12度くらいのバウンス角になっているケースが多いです。

ただ、私がお勧めするやさしいウエッジの代表はゼクシオ、X-20あたりです。

クラブ重量はあまり極端に重くならない方が良いと思います。

SWあたりはあまり軽いとバンカーやラフで打ち難くなるのでスチールでも良いかも。

タメを作るには前にも書きましたが、手首を柔らかくテークバックが終わらないうちに手元だけ下ろす。

あるいは左腰を真後ろに引くことで下ろす等、タメを意識するのと右手人差し指付け根で押すことですね。

この時可能な限りクイックに振ること、胸は右を向いたままを意識することです。

書込番号:13276881

ナイスクチコミ!1


スレ主 eryskさん
クチコミ投稿数:54件

2011/07/21 11:27(1年以上前)

STYLISTさん、ありがとうございます。

ウェッジのセッティングですが、
レフティはなかなか物がなくて苦労します。
下にちょうど良いロフトのウェッジがあったのですが、
http://you-one-2873.jp/SHOP/W00002.html
通販だと失敗しそうでなかなか手が出ません。

いまは、AWとSWでピッチングとチッピング
それからAWで腰から腰までの練習をしています。

>手首を柔らかくテークバックが終わらないうちに手元だけ下ろす。
あるいは左腰を真後ろに引くことで下ろす等、
タメを意識するのと右手人差し指付け根で押すことですね。

本当に良くなってきました。
まだまだ無意識とまではいきませんが、
いまは膝が流れないようにと、
ヘッドアップしないように注意しながら練習しています。

>この時可能な限りクイックに振ること、胸は右を向いたままを意識することです。

タメを作るためにクイックに振るという認識でよろしいのですよね。
胸を左(レフティ)に向いたままはボディターンしないように、
という認識でよいでしょうか?

SWのアプローチもずいぶんと不安感がなく振れるようになってきました。
アプローチはメンタル面に左右される部分が大きいと思いました。
はやく芝の上で打ってみたいと思っていますが、
ライの状況の違いなどで、またメンタル面との戦いになると思います・・・

書込番号:13278700

ナイスクチコミ!0


STYLISTさん
殿堂入り クチコミ投稿数:2586件Goodアンサー獲得:187件

2011/07/21 12:52(1年以上前)

拝見しましたが、写真だけじゃあわかりませんね。

http://kakaku.com/item/K0000147200/

これにしとけば間違いないですよ。

スコアへの貢献度も高いです。

>タメを作るためにクイックに振るという認識でよろしいのですよね。
胸を左(レフティ)に向いたままはボディターンしないように、
という認識でよいでしょうか?


そのとおりです。

テークバックの勢いを利用して強制的にコッキングされるのがタメを体感できる良いドリルです。

>アプローチはメンタル面に左右される部分が大きいと思いました。

セットアップだと思います。

上げたいのに球が右足寄りだったり、転がしたいのに左足寄りだったり。(左右逆に考えてください)

ボール位置が遠すぎたり近かったり。

準備の部分が大事です。

書込番号:13278939

ナイスクチコミ!1


スレ主 eryskさん
クチコミ投稿数:54件

2011/07/22 17:33(1年以上前)

STYLISTさん、ありがとうございます。

新ゼクシオ、ショップで見てきました。
フェースが大きくて、安心感がありますね。
試打クラブがなかったので、打感は判りませんでしたが
チタンフェースなので硬いのかなと思いました。

このところ、SWのアプローチショットも
以前に比べてずいぶん良くなってきたので
次週の2ラウンドと次々週の1ラウンドの調子を見て
検討してみたいと思います。

1本だけゼクシオというのも、変な感じがしますが、
それでアプローチが良くなるなら、試してみたいです。
(道具で良くなるとも思いませんが、STYLISTさんのおっしゃる
スコアへの貢献度として、ミスをある程度カバーしてくれるのなら
1本だけゼクシオもありにします。)

>セットアップだと思います。

はい。
昨夜、1球1球セットアップをきちんとしてから
アプローチの練習をしてみました。
続けて打っていくと、だんだんオープンになる癖があるので
毎回スクエアに構えて足だけ右(レフティ)を向けて、を繰り返していると
テークバックもスムーズにいくようになってきました。

今まで、徐々にオープンになっていたので、
テークバックも徐々にインサイドに上げてたようです。

STYLISTさんの助言のおかげで、
少しずつではありますが、
毎回感触が良くなってきています。
本当にありがとうございます。

書込番号:13283337

ナイスクチコミ!0


STYLISTさん
殿堂入り クチコミ投稿数:2586件Goodアンサー獲得:187件

2011/07/22 23:43(1年以上前)

ゼクシオの打感はむろん硬いですが、芯食えば悪くないですよ。

現行モデルじゃなくても中古まで選択肢を広げればそこそこ探せるはずです。

ザ・ゼクシオなら47度もあるし、レフティーで見つけるのが困難でしょうが探してみる価値はあると思います。

見つけれれればAWとSWをそろえるほうが私は良いと思います。

アプローチが苦手な人はテークバックをインサイドに上げてしまうというのを内藤さんが言っていました。

ほんの少しフェースを開いてアウトに上げてインに下ろすと抜けがよくミート率も上がります。

書込番号:13284698

ナイスクチコミ!1


スレ主 eryskさん
クチコミ投稿数:54件

2011/07/25 11:01(1年以上前)

STYLISTさん、ありがとうございます。

ザ・ゼクシオのほうが、AWの種類があるのでネットでも探してみましたが、
同一種類のAW-SWをそろえるのは大変そうでした。

今使用しているアイアンが、すべてカーボンシャフトなのですが、
ゼクシオでそろえるとしたら、やはりカーボンでそろえた方が良いのでしょうか?
スチールにすると50g位クラブ重量が増えそうなのですが・・・

>アプローチが苦手な人はテークバックをインサイドに上げてしまうというのを内藤さんが言っていました。

やはりセットアップは大切なんですね。
ラウンドでは気を付けているのですが、
練習ではついついおろそかになり、
徐々にオープンに構えてしまって、
自らスイングを壊しているのだと思いました。
そんな時は、楽をして左ひじ(レフティ)が後ろに引けちゃってます。
小さなことなのですが、その積み重ねのしっぺ返しが怖いですね。

ご指導いただいた、SWでの左足(レフティ)つま先立ちアプローチも良い感じです。
今週は水・木がラウンドですので、今からアプローチの練習成果が楽しみです。

>ほんの少しフェースを開いてアウトに上げてインに下ろすと抜けがよくミート率も上がります。

押すイメージは出来てきていると思うのですが、
インパクト後、右(レフティ)に振りぬくイメージを出すと、
ひっかけ気味の球が出ます。
これもキャスト気味に振っちゃっているのでしょうか?

でも以前の様なSWのトップ玉は皆無になりました。
これは私的には文明開化的な進歩ですので、素晴らしいことです。
AWもずいぶんと楽に振れるようになりました。
このままスムーズにレベルアップしていくとは思いませんが、
何か気付いた点がありましたら、ご教授宜しくお願いします。

あまりにもしつこく質問させて頂いているので、
レッスン料の請求書が届くようだと思っています。
本当に毎回ありがとうございます。

書込番号:13293534

ナイスクチコミ!0


STYLISTさん
殿堂入り クチコミ投稿数:2586件Goodアンサー獲得:187件

2011/07/25 18:25(1年以上前)

今のウエッジ類に比べて著しく軽くなるのはよろしくないでしょうね。

単にカーボンのウエッジとかいうくくりではなく、今のクラブと比べてどうなのかを検証すべきでしょう。

左に引っ張っちゃうのはフェースが開けていないのでしょう。

アドレスができたらそのまま真っすぐ立ってみてフェース向きを確認してみてください。

トウが12時を指すかどうか。

また、アドレス時に時計で言う1時とか2時くらいをトウが指すようにフェースを開いておいて、右足加重を(レフティは左足)維持したままソールを滑らせるように打つと俗に言うフロップショット的なポコーンと上がるアプローチになります。

この際ソールを滑らせるのでダフり難いのが特徴です。

アドレスの作り方が難しければ、ハンドファーストのアドレスを作った状態で、シャフトが地面に対して垂直になるくらい立て、クラブに対して体を反時計回り(レフティは逆)に回転してグリップを作るとやりやすいです。

ソールを滑らせるアプローチはダフり難いので覚えると重宝します。

書込番号:13294662

ナイスクチコミ!1


スレ主 eryskさん
クチコミ投稿数:54件

2011/07/26 18:07(1年以上前)

STYLISTさん、ありがとうございます。

>単にカーボンのウエッジとかいうくくりではなく、今のクラブと比べてどうなのかを検証すべきでしょう。

ウェッジに関しては、もう少し時間をかけてみようと思います。
今のセッティングのままでいければ、一番いいのですが・・・

>左に引っ張っちゃうのはフェースが開けていないのでしょう。
アドレスができたらそのまま真っすぐ立ってみてフェース向きを確認してみてください。
トウが12時を指すかどうか。

若干かぶっていました。
クラブを真っすぐ立ててフェースの向きを確認することは
ルーティーンの中に取り入れたいと思います。

>アドレスの作り方が難しければ、ハンドファーストのアドレスを作った状態で、シャフトが地面に対して垂直になるくらい立て、クラブに対して体を反時計回り(レフティは逆)に回転してグリップを作るとやりやすいです。

判りやすいフロップショットのアドレスを教えて頂きありがとうございます。
今までフロップ・ロブショットは何となく構えていました。
結果、そのような形にはなっていましたが、
理にかなったアドレスの作り方だと思います。

明日明後日とラウンドしてまいります。
29日になると思いますが、結果の方をご連絡させて頂きます。
またいろいろとご教授いただくことになると思いますが、
その時は、宜しくお願いいたします。

書込番号:13298277

ナイスクチコミ!0


STYLISTさん
殿堂入り クチコミ投稿数:2586件Goodアンサー獲得:187件

2011/07/26 22:05(1年以上前)

ファースがかぶっていると体が反応して自然にインサイドにクラブを上げやすくなるということはあると思います。

アプローチで少しフェースを開く人が多いのは、ミスった時のダメージを少なくするためで、ざっくりとかトップを避けるためにショートしても良いから少しフェースを開いてソールを滑らせるというわけです。

アマチュアにとってと言うか、プロでもたての距離が合うのはフルスイングです。

だから44-48-52-56のウエッジ4本体制は必須項目といえるでしょう。

また、ショートアイアンのロフトピッチが5度もある無茶なクラブが多く見られるのはユーザー側に立っているといえないですね。

普通のアマが打てるアイアンのロフト上限は30度くらいだそうです。

ですから(1)30-34-38-42-46-50-54-58とか、(2)28(UTかFWが良)-32-36-40-44-48-52-56くらいのロフトピッチがアマがスコアを作るアイアンと言えます。

キモになるのはSWとPWですね。

ギャップウエッジはそれに合わせていくというのが自然です。

まあ私が普通に無難なセッティングだと思うのは(2)の方で、PWが48度くらいのマッスルバックかPWで44度のストロングロフトセットの5番を抜くのかが現実的でしょう。

>29日になると思いますが、結果の方をご連絡させて頂きます。

まあそんな簡単に好スコアは出ないですから力を入れないで楽しむことですよ。

絶対OB打たないとかアプローチでダフらないとか自分なりのテーマを持つのは良いと思います。


書込番号:13299207

ナイスクチコミ!1


スレ主 eryskさん
クチコミ投稿数:54件

2011/07/29 11:39(1年以上前)

STYLISTさん、いつもありがとうございます。

27・28日の結果から申し上げますと、
27日 43・47 90
28日 42・50 92 でした。

内容的には、2つの課題が出てきたように思います。

1つめはシャンクです。
両日とも後半に出ました。
ミドルアイアンからショートアイアンまで、
シャンクしなくても、打痕をみると
かなりネック側に付いていました。
原因が判らず、おっかなびっくりのスイングになってしまい、
結果に結びつかない内容となってしまいました。

2つ目はプッシュアウトです。
ショートアイアンではさほどでもないのですが、
ミドルからは顕著にでました。
アドレス前にクラブを立てフェースラインを
真上に向けてアドレスしたとたん
プッシュアウトしだしました。
7Iで5〜10Y 5Iで10〜20Y左(レフティ)に落ちます。
FWではOBを出してしまい、
以降、アイアンのみでラウンドしていました。
ちなみにドライバーではプッシュアウトは出ません。

自分なりに考えてみましたが、
ダウンスイングで右ひざ(レフティ)右に流れているのか、
キャストを気にして、右手の甲(レフティ)が先に行っちゃってるのか、
いずれにしても、下半身と腕の動きが
微妙に同調していないような気がします。

おかげさまで、アプローチに関してはかなり良くなってきました。
60Y以内くらいのグリーン周りでは、
今まで使わなかったSWですべてアプローチしてみました。
はじめの方だけ距離感に戸惑いましたが、すぐに慣れました。
アプローチイップスだった私にしては、大満足です。
このままのクラブセッテイングでも十分いけそうな気がします。

パターについては、アドレス・肩でスイングすること・
左手(レフティ)でタッチを出すことに注意したら、
距離感もだいぶ良くなってきたような気がします。
ただ、両日とも後半にかなり強い雨に見舞われまして、
ボールが縦に水しぶきをあげて転がっていくようなグリーンもあり、
3パット当たり前のような感じになってしまい、
かなりスコアに影響を及ぼしてしまいました。

>まあそんな簡単に好スコアは出ないですから力を入れないで楽しむことですよ。

ほんとそうですね!
雨のせいにするわけでもないですが、
コースだけではなく、自然も相手にしてプレーするわけですから、
雨風もまた良しとして、楽しんでいきたいと思います。

書込番号:13309038

ナイスクチコミ!0


STYLISTさん
殿堂入り クチコミ投稿数:2586件Goodアンサー獲得:187件

2011/07/29 12:57(1年以上前)

そりゃ簡単な話でフェースが開いているんです。

シャンクの原因はフェースオープンです。トウシャンクなんかもありますが、お話を見る限り間違いなくヒールシャンクです。

写真はスクエアインパクトとオープンフェースの物ですが、まったく同じ線上でフェースを回転させるとインパクトのポジションがどんどんヒール寄りになっていくのがわかりますね?

ヒールにあたる原因はオープンフェースです。

ではなぜいままで出なくて急にそうなったかですが、アドレスでフェースをスクエアにしたらかです。

今まで少しかぶってアドレスしていたのを引っかける事から修正しましたね?

これが原因ですが、ではそもそもフェースオープンでアドレスしているのか体が開いているのか?

そこはご自身で判断してください。

書込番号:13309308

ナイスクチコミ!1


STYLISTさん
殿堂入り クチコミ投稿数:2586件Goodアンサー獲得:187件

2011/07/29 12:58(1年以上前)

体、軌道、フェースアングルの関係を2個の図で表現しています。

体がターゲットに対してオープンで、フェースはターゲットにスクエアだとすると、フェースは体に対しては開いています。

これがアプローチなんかで少しフェースを開けという部分です。

この状態のまま時計周りに回ると体はターゲットラインに対してスクエアで、フェースはオープンになります。

これがドライバーでプッシュスライスが出る原因です。

ただし、これはあくまでも体がスクエアにかまえられているという前提の話です。

例えばスクエアにアドレスし、顔をターゲット側に傾けてください。

目のラインが傾く事でフェースはかぶって見えます。

顔を逆に傾けると今度はフェースが開いて見えます。

まずはご自身でフェース、足のライン、腰のライン、胸の、アイズラインをそれぞれきっちり検証してみる事です。

書込番号:13309313

ナイスクチコミ!1


STYLISTさん
殿堂入り クチコミ投稿数:2586件Goodアンサー獲得:187件

2011/07/29 14:05(1年以上前)

補足しておきます。

アドレス時にフェースがかぶっていたのをスクエアにするとシャンクが出やすいのは、

今までかぶった状態で打っていたということです。

それでそこそこ思った方へ打ち出していたのなら、そうしないと引っかかるのでフェースを閉じないように、ハンドファーストを強くしながら打っていたはずです。



フェースをスクエアにすると、その分インパクトまでにフェースが戻ってこないのでオープンであたりやすいという事になります。

なので、実はかぶっていたというのが勘違いで、単にフェースを開いてしまっていたのか、これは先に書いたようにアドレスのチェックをしてみないとわからないですね。

クローズフェースで打つ事に慣れてしまっているのでスクエアフェースでかまえるとフェースが戻ってこないならば、もっとフェースを閉じながら打つとかグリップをゆるゆるにするとか、意識してフェースを閉じていくことでやがて修正されます。

現状のままなら体の動き云々ではなくもっとフェースを閉じながら打ってみてください。
最低限シャンクは必ず止まります。

書込番号:13309539

ナイスクチコミ!1


スレ主 eryskさん
クチコミ投稿数:54件

2011/07/29 16:34(1年以上前)

STYLISTさん、大変詳しく説明下さりありがとうございます。

図解まで用意して頂き、大変判り易く理解できました。
違うところに原因があると思っていたので、大変ありがたいです。

スライスしないで、真っすぐ左(レフティ)に出ていきますので、
フェースがオープンになっているのだと思いますが、
いつもの悪い癖で、いつの間にかオープンに構えていたのかも…

今考えると、ルーティーンしてからアドレスに入るのですが、
アドレスしてから足場を踏みなおす時があり、
その時に右足(レフティ)がオープンになってしまうのかなとも思います。
踏みなおした後の足の位置は確認していませんでした。

フェースがオープンで、身体が開いている場合、
スライス玉が出ると思うのですが、
真っすぐプッシュアウトというのもあるのでしょうか?

>まずはご自身でフェース、足のライン、腰のライン、胸の、アイズラインをそれぞれきっちり検証してみる事です。

はい、来週のラウンドまでには何とか調整したいので、
きちんと確認してみることとします。

>それでそこそこ思った方へ打ち出していたのなら、そうしないと引っかかるのでフェースを閉じないように、ハンドファーストを強くしながら打っていたはずです。

その通りです、この意識はかなり強く持っていました。
左(レフティ)に出ていって、大きく右に曲がってしまう
ドフックに悩んでいた時期があって、
ハンドファーストを意識することによって解消しました。
その時、フェースをスクエアに構える云々の認識を持っておらず、
スイングだけで矯正しようとしていたため、
アドレスで変な癖が付いてしまってのかもしれません。

いずれにせよ、アドレスから再点検してみたいと思います。

書込番号:13310046

ナイスクチコミ!0


STYLISTさん
殿堂入り クチコミ投稿数:2586件Goodアンサー獲得:187件

2011/07/29 21:48(1年以上前)

先の体オープンフェースがターゲットにスクエアなんだけど体にオープンのアドレスを見てください。
このアドレスからだと、ターゲットラインに対してスクエアにスイングすれば、軌道は体に対してインサイドアウトになりますから、打ち出しはターゲットに対して真っ直ぐ出て右に曲がります。

これ、スクエアにアドレスしているつもりの人には、フェードボールに見えます。

自分はスライサーだと思ってインサイドアウトに振る練習をすれば、プッシュスライスの曲がり幅はより大きくなるのでドツボにはまります。

私の予想どおり、フェースをかぶせて手を前に出して引っ掛けを防止されていたようですから、スクエアフェースにすれば、プッシュしちゃうのも論理的に説明がつきます。

ただし、私は見ているわけではないです。
あくまでも自己申告に基づいてコメントしているにすぎませんから、最後はご自分の冷静な判断を必要とする事です。

ご自身はドローヒッターだと分析されていますが、実は右向きアドレスで引っ掛けを打っているだけの可能性は排除できないです。

そういう方が、曲がり幅を矯正しようと、アウトインで振れば打球は左まっしぐらです。

だから、チーピンなのか引っ掛けなのかは大事な判断基準なんです。

とにかく今はシャンクを止めなければならない。それにはフェースを閉じていかねばならないのは間違い無いです。

フェースを閉じるには、グリップエンドが地面を指すように降ろす事。この際手元をいち早く降ろす事です。
ヘッドが背中側から下りて来るように横振りを意識する事。
ボディーターンしないで腕を振る事です。

ドリルとしては、スタンスを狭めて行うスプリットハンドドリルが良いでしょう。
スプリットハンドなら、フェースを返す動作を体感しやすいし、スタンスを狭めればローテーションは容易になります。
この時下半身は止める事です。
手打ちの意識を強く、ただしグリップはゆるく。
引っ掛けるくらいフェースを返して打ってください。
やがてそこそこ球がつかまってきたらスタンスを少し広げて下半身を多少使って打ってみましょう。
左に飛ばなくなります。


それからグリップに工夫をしてみましょう。右手(レフティは逆)は指先で引っ掛けるだけにします。
もう指先の第一関節で引っ掛けるようにし、両手で挟むようにしてグリップすることです。

こうするとヘッドが走るのでフェースは返りやすくなります。

>フェースがオープンで、身体が開いている場合、
スライス玉が出ると思うのですが、
真っすぐプッシュアウトというのもあるのでしょうか?

軌道は体に対してインサイドアウトですから振り遅れ分とドロー回転が相殺されるという事はあると思います。

書込番号:13311351

ナイスクチコミ!1


スレ主 eryskさん
クチコミ投稿数:54件

2011/08/02 10:39(1年以上前)

STYLISTさん、今回も詳細なご説明ありがとうございました。

ビデオで確認してみました。

以前ほどインサイドから下りてくることはなくなりましたが、
インサイドから下りてくるラインに対して、
フェースが直角(インパクトの時点で多少フェースが開いている状態)に
なっているような感じでした。

右腰(レフティ)も多少右にぶれているような感じでした。

>フェースを閉じるには、グリップエンドが地面を指すように降ろす事。この際手元をいち早く降ろす事です。

結構難しいですね。トップ気味になってしまいました。

>ヘッドが背中側から下りて来るように横振りを意識する事。
ボディーターンしないで腕を振る事です。

ヘッドが背中側下ろすようにすると、身体も多少回ってしまいます。
身体を固定してしまうと、スイングしにくくなってしまいました。

多少体を回してやると、引っかけ・フックが出ます。

>ドリルとしては、スタンスを狭めて行うスプリットハンドドリルが良いでしょう。

最初はダフリが出ましたが、徐々に引っかけばかりになってきました。

左手1本や右手1本のドリルと比べて、
フェースローテーションが強く感じました。
今まで、手首を固定することにこだわりすぎて、
フェースまで固定してしまっていたようです。

結果、少し左(レフティ)に出て軽いドローが出るようになりました。
もちろん毎回ではありません。ミスショットも出ます。

ただ、STYLISTさんのおかげで、自分のスイングの矯正が
こんなにも早く出来ることに、本当に驚いています。
初心者だった頃から今までの中で、
レベルレベルの上達の度合いは色々ありましたが、
今のレベルで、この上達の早さ、スイングの理解度は
10年分以上の価値があると思います。
(スコア自体はまだまだですがスイング自体かなり良くなっていると思います)
本当に毎回ありがとうございます。

書込番号:13325778

ナイスクチコミ!0


STYLISTさん
殿堂入り クチコミ投稿数:2586件Goodアンサー獲得:187件

2011/08/02 15:45(1年以上前)

>結構難しいですね。トップ気味になってしまいました。

これはキャストして手元が浮いているんでしょうね。

ダフっても何しても良いから手元をいち早く下ろす事、グリップエンドを地面にぶつける感じです。
実際にグリップエンドが地面にぶつかる事はありえないのでそこはあたろうがあたるまいが気にせず降ろす練習をする事です。

>多少体を回してやると、引っかけ・フックが出ます。

体が先行すると結果として軌道はアウトインになりますから引っかけやすくなります。

それかトップでヘッドが垂れる、俗にシャフトが寝た状態になっているかもしれませんね。

スプリットハンドで引っかけが出るならローテーションに問題ありですね。

背中側から下ろすと失敗するのもスプリットハンドもグリップエンドから下ろす事で解決するはずです。

グリップエンドをレフティは左足前に突き刺すイメージで下ろす事です。そうすると手首をむりにこねなくても自然にフェースは返ります。

右腕を伸ばしながらグリップエンドを下ろす、もしくは右足前に思い切りリリースする感じで振ってみてください。

根本的に打ち方が異なってくるので最初からあたるわけがないです。根気よく続ける事ですね。



>手首を固定することにこだわりすぎて

そういう理論は聞いたことが無いです。

私は手首はダルダルにしています。そうしないとコッキングもリリースも上手くいかないですね。

書込番号:13326691

ナイスクチコミ!1


スレ主 eryskさん
クチコミ投稿数:54件

2011/08/02 16:30(1年以上前)

STYLISTさん、ありがとうございます。

>>手首を固定することにこだわりすぎて
そういう理論は聞いたことが無いです。

よくトップでできたコックを維持したまま・・・
などという話をよく聞いたものですから、
手首の角度は変えない方がいいのかなと思っていました。

そのままハーフェーダウンまできたら、
あとは手は何もしないで、腰を後ろに回していくイメージでした。

今日は、仕事で会合があるので、
本日いただいた練習内容は、
明日にでも試してみたいと思います。

明後日ラウンド予定が入っているのですが、
あまりスイングをいじらない方がいいでしょうか?
きちんとしたスイング作りが優先と考えていますので、
今のところスコアにはこだわっていません。
なので「グリップエンドをレフティは左足前に突き刺すイメージ」は
実践しようと思っているのですが・・・

書込番号:13326820

ナイスクチコミ!0


STYLISTさん
殿堂入り クチコミ投稿数:2586件Goodアンサー獲得:187件

2011/08/02 16:56(1年以上前)

>よくトップでできたコックを維持したまま・・・

ああ、そういう事ですか。

コッキングを維持するのではなくされるんです。

切り返し前に下半身が動く事で、上半身は引っ張られます。

下半身が切り返しているのに上体が更に捻転する事で間ができ、引っ張られる事でコッキングは深まります。
手首が硬いとこれは不可能ですね。

先にクイックに振る事でコッキングを維持する方法を書きましたね?

プロの切り返しを見ると、切り返しでコッキングが深まるのがわかると思います。

また、トップの手首の形を手首で維持しようとすると逆にキャストしてしまいます。

ですから切り返しのイメージはグリップエンドからというのを口をすっぱくして言い続けているというわけです。

また、ゆっくり振るほどこれは難しくなりますのである程度クイックに振る事です。

クイックなリズムでタメもできるし軌道は正確になります。

ゆっくり振るほど軌道はブレますし、ゆっくり正確に振るのは相当量の筋力を必要とします。

ラウンドでスコアを崩しても別段良いかどうかはご自身次第でしょう。

ドン!とターフを取るスイングを練習するのにうってつけと見るのも良いし、ラウンドは1打でも良いスコアで上がれるようにミスをしないよう気を付けるというのも論理的であります。


先にあった>身体を固定してしまうと、スイングしにくくなってしまいました。

これは下半身を固定という意味ですよね?

だからこそ価値があるんです。アマチュアは無駄な動きが多いんです。

捻転して苦しいほどエネルギーが溜まっています。楽にテークバックをしている状態は捻転ではなく回転です。
苦しくなければトップオブスイングじゃないんです。

回転しちゃっているから無駄にオーバースイングになるというわけで、基本は下半身を踏ん張って石にしておき、上体の捻転を頑張るのです。

http://news.golfdigest.co.jp/tournament/players/swing/tse000000039903.html

これが理想なわけで、下半身の無駄な動きがほとんどなく、真似してみれば、これは相当下半身を使わないと(ふんばらないと)無理なのがわかると思います。

ここからどれだけゆるめることでテークバックするのかがアマチュアのポイントでしょう。

最低限頑張るのはレフティの場合左膝を1ミリも動かさないでトップを作る事です。

ここは妥協しちゃだめです。

書込番号:13326882

ナイスクチコミ!2


スレ主 eryskさん
クチコミ投稿数:54件

2011/08/03 16:49(1年以上前)

STYLISTさん、ありがとうございます。

そうですよね!コッキングは切り返すことで深まるんですよね!

>トップの手首の形を手首で維持しようとすると逆にキャストしてしまいます。

まさにその通りです。維持しているのに何でキャストしてしまうんだろうと思っていました。

>ドン!とターフを取るスイングを練習するのにうってつけと見るのも良いし

明日はこれで行ってみようと思います。
あこがれのボールの先のターフをとってみたいです。

>これは下半身を固定という意味ですよね?

そうです、下半身に力が入って、上半身まで力が入っていました。
捻転差がきつくなればなるほど、力が入ってしまいます。

>ここからどれだけゆるめることでテークバックするのかがアマチュアのポイントでしょう。

しばらくかかりそうですが、意識してやってみます。

>最低限頑張るのはレフティの場合左膝を1ミリも動かさないでトップを作る事です。

左ひざを動かさないようにとは意識していましたが、
1ミリとなると、かなりきついですね。
STYLISTさんのおっしゃるように、妥協せず頑張ってみます。

書込番号:13330935

ナイスクチコミ!0


STYLISTさん
殿堂入り クチコミ投稿数:2586件Goodアンサー獲得:187件

2011/08/03 17:15(1年以上前)

(レフティの場合)右足側に踏み込むのが遅いんだと思います。

テークバックでシャフトが地面と水平の位置まで来たらもう右足の内側に踏み込む事で下半身は切り返します。
脱力できていれば勢いがありますから自然に良い感じのトップにおさまって自動的にコッキングが維持されたままクラブは下りてきます。

リストコックを維持しようと努力する必要性は無いというわけです。

テークバックの途中で下半身は切り返す事になりますから捻転差は最大になり、下ろすという動作は必要なくなりますね。

勝手に下りちゃいますから。

コックを維持したまま振るというのはむろん必要不可欠な事ですが、これを手首を固定して行おうとするのは無駄な力みの元です。

下半身を固定して力むのも、同様ですが、腹にぐっと力を入れてみてください。

腹で踏ん張ると腕の力は入らなくなります。腕と腹の両方力むのは難しい事ですし、腹筋を使う事で前傾角度を維持することが容易になりますから良い事ずくめです。

練習時は9鉄あたりでテークバックと同時に右腰を真後ろに引くようにして下半身で下ろすようにハーフショットを打ってみましょう。
ハーフショットでもフルスイングとさほど変わらない飛距離になるはずです。

この際左手の人差指付け根でボールに蓋をする感覚は有効だと思います。

先に踏み込めてくると、練習場マットでもインパクトの音が違ってきます。
ドン!と打てるようになってきますよ。

書込番号:13331011

ナイスクチコミ!1


スレ主 eryskさん
クチコミ投稿数:54件

2011/08/05 17:21(1年以上前)

STYLISTさん、いつもありがとうございます。

>テークバックでシャフトが地面と水平の位置まで来たらもう右足の内側に踏み込む事で下半身は切り返します。

練習もせずに、朝一からドライバーで試してみました。
結果、スライスでOB・・・
FWもスライスでOB・・・
アイアンもスライス・・・
スイングテンポはかなり速くなっています。
午前のラウンドは我慢して、変えずにそのままでスイングしていました。
結局OB3発で53点、久しぶりに50点台を叩いてしまいましたが、
点数は気にしないと決めてラウンドしていましたので、後悔はしていません。

午後からは、トップの少し前から下半身を切り返すようにしました。
弾道も安定してきて、重い球が出ているような感じです。
アプローチ・パットとも調子が良かったため、42点で上がってこれました。

>腹にぐっと力を入れてみてください。

これは即効成果が出ました。
ホント前傾角度が変わりません。
腕にも力が入りません

「テークバックでシャフトが地面と水平の位置まで来たらもう
右足の内側に踏み込む」件は、じっくり練習して
身体と腕の同調がとれるようになってからラウンドしてみたいと思います。
いきなりではまず無理だと思いました。

パットについて右手(レフティ)1本で練習するとよいと
何かに出ていたのを思い出し、3日位練習したところ、
ロングパットの距離感と方向性が格段に良くなりました。
STYLISTさんはこの練習についてどう思われますか?

書込番号:13338726

ナイスクチコミ!0


STYLISTさん
殿堂入り クチコミ投稿数:2586件Goodアンサー獲得:187件

2011/08/05 17:39(1年以上前)

>練習もせずに、朝一からドライバーで試してみました。

チャレンジ精神と無謀は全然違いますよ。

それはただの無謀です。まず9番アイアンで練習をしてタイミングを取る練習をしてからですよ。

スライスは左打ちだしの左曲がりでしょう?上体が先に回っちゃってるんでしょう。
右足の内側に踏む込んでも上体は我慢するんです。あくまでも胸が右を向いたまま振る事でプッシュスライスは出なくなります。

>点数は気にしないと決めてラウンドしていましたので、後悔はしていません。

これはそれでも大きな前進ではあると思います。

ラウンド時にテーマを持ってそれに徹するのはなかなか難しい事です。


>STYLISTさんはこの練習についてどう思われますか?

パッティングの際も、ショットも方向は左手、タッチは右手で出すと言われますね。

このあたりはご自分で良いと思われる手段が良いでしょう。

レフティの場合左手でタッチを、右手で方向を取るというのがセオリーではあるでしょう。

書込番号:13338777

ナイスクチコミ!1


スレ主 eryskさん
クチコミ投稿数:54件

2011/08/08 16:35(1年以上前)

STYLISTさん、いつもありがとうございます。

>それはただの無謀です。

はい、無謀でした。同伴者からも止めたらと言われました。
一応、こういうスイングをしたいんだと説明
(テークバックでシャフトが地面と水平の位置まで来たらもう右足の内側に踏み込む)
をしましたが、午前のハーフであきらめました。
午後から踏み込むタイミングを少し遅らせたところ、
トップがコンパクトになり、ショットも安定してきた感じです。

>スライスは左打ちだしの左曲がりでしょう?上体が先に回っちゃってるんでしょう。

まさしくその通りだったと思います。
STYLISTさんのおっしゃる通り、上体の我慢が出来ていなかったと思います。
ショートアイアンでは何とかごまかしがききましたが、
ドライバーなど長物は全然だめでした。
もちろんターフを取るなどということは、夢のまた夢で・・・
午後からのラウンドでは、2球ほどグリーンに乗ってバックスピンで戻った玉がありました。
まぐれだと思いますけど・・・

>レフティの場合左手でタッチを、右手で方向を取るというのがセオリー

安心しました。今まで両手を均等の力で握っていたのですが、
右手を少しだけ強く握って方向性を意識したところ、かなり良くなりました。

今週土曜日にラウンド予定が入っていたのですが、
メンバーがそろわずキャンセルになってしまいました。
次の予定は21日です。今度はきちんと練習してから再挑戦したいと思います。

書込番号:13350599

ナイスクチコミ!0


STYLISTさん
殿堂入り クチコミ投稿数:2586件Goodアンサー獲得:187件

2011/08/08 23:54(1年以上前)

テークバックの途中で踏み込めると捻転差は最大になります。

この際急激に激しく行うとのけぞるようになって振り遅れます。

下半身を動かすと自動的にダウンに入ってしまうからです。

右足側で蹴ってとか、左腰を真後ろに引くとか、こういうのは個々人でタイミングを取りやすい方法で行えばよいのですが、蹴りにしても踏み込みにしても、キックではなく押す感じですね。

左利きはテークバック時に左足の膝が1mmも動かないようにするとエネルギーがたまる捻転になりますが、この時左足の内側で踏ん張る格好になるはずです。

外側にいってしまうとそれはスエーになってしまいます。

踏ん張るというよりも、むしろ左ひざを内側に絞り込むようにするとよりスエー防止になり、捻転も行いやすいはずですが、これがいわゆる右足(左右逆)の蹴りです。

動作としては右足のくるぶしを地面に押し付ける感じでキックではないです。

ですから左利きはテークバックの最初から左足股関節でぐっと踏ん張り続けることで踏み込みを意識しないでも左腰を押し込む動きが可能になってきます。


踏み込みも同様に、ドンと踏むのではなく、踏ん張る動きですね。

下半身を動かす云々というと、大きく動くイメージになりがちですが、動かさないようにすることこそ最大に下半身をつかっているということなのは前にも書いたとおりです。

ですから動作としては、テークバックで飛球線後方へ少し動いている右ひざをアドレスのポジションに戻してやる、右股関節で踏ん張る、こういう動作が踏み込みであって、ドンと踏むわけではない。


これは以前どこかに書きましたが、回転する椅子の上で上体を捻転してみて実験してみてください。

上体と同じ方向へ下半身が動くと捻転できないですし、下半身と上体を逆方向へ動かすと捻転できます。
逆にダウンの動きをする際には下半身を逆方向へひねるのが体感できます。
これってダウン時にターゲット方向の股関節で踏ん張る動作なんですね。

ドンと踏み込むと、上体が耐え切れずにボディーターンしちゃって振り遅れます。

このへん非常に難しいことなので、簡単ではないです。

書込番号:13352439

ナイスクチコミ!1


スレ主 eryskさん
クチコミ投稿数:54件

2011/08/09 09:30(1年以上前)

STYLISTさん、大変詳細にご説明下さりありがとうございます。
このような文章だけですと、なかなかイメージしづらい事が多いのですが、
とても判りやすく、イメージが浮かんできました。

>この際急激に激しく行うとのけぞるようになって振り遅れます。
下半身を動かすと自動的にダウンに入ってしまうからです。

前回のラウンドは、STYLISTさんのご指摘されている通りのスイングだったと思います。

今回、ご教授いただいた中で、
「キックではなく押す感じ」・「踏ん張る動き」
という事が、やっと理解出来てきたような気がします。
頭では理解していても、身体が言う事をきかない時もありますが、
>このへん非常に難しいことなので、簡単ではないです。
頑張って体得したいと思います。

>回転する椅子の上で上体を捻転してみて実験

下半身が勝手に逆方向に向かって動いてしまいますね。
捻転を体感するのにとてもいい方法だと思います。

先日ご紹介いただきました、ヤニ・ツェンのスイングで、
アイアンのスイング(2011年正面)を見てみたのですが、
ゆったりとしたスイングで、トップからの腰の切り返しと、
クラブ(シャフト)の位置が私のイメージと同じで、
アマチュアゴルファーの私としては、
スイングリズムも含めて是非参考にしたいのですが、
STYLISTさんから見たご意見を頂ければと思います。
宜しくお願いします。

書込番号:13353460

ナイスクチコミ!0


STYLISTさん
殿堂入り クチコミ投稿数:2586件Goodアンサー獲得:187件

2011/08/09 11:36(1年以上前)

ヤニ・ツエンのスイングリズムをゆったりというのは私は??といった感想を受けます。

プロの中でも彼女の場合は速い方でしょう。女子ですから男子プロのように速くリズム良く振るには筋力が足りない。
ただ、女子プロのスイングでさえ普通のオヤジのスイングリズムよりは圧倒的に速いですね。

ツアープロでゆったり振る人って相当レアな人で、内藤雄士も言っていましたがアマチュアとプロのはっきりした差はスイングリズムの速さだそうで。

アマチュアは決定的に遅いんですね。

遅いからタメができない、力む、と代表的なミスの原因になっております。

スイングリズムが遅い代表は宮里藍、優作、宮本勝昌アマチュアで松山英樹なんかがいます。

彼らの共通点は筋力に優れているという事。筋力に劣る宮里藍は常に腰に爆弾をかかえている事、プロとしては希有の存在であるという事が言えると思います。

ですから普通のアマチュアには宮里藍のように振るのは無理だというのが私の意見です。

普通に筆で横線−を書こうとした時にゆっくり書くのとシュッと勢いよく書くのとどちらが曲がらずに真っすぐ書けるか考えればこれははっきりしています。

俗に「ゆっくり振ろう」と言う教え魔は多いですが、私が知る限りのプロの中で「ゆっくり」「体重移動」「フェース面を変えないように」なんて言う人は一人もいないです。


「リズム良く」というプロは普通にいます。

切り返しが一番難しく、ここをゆっくりやろうとすればそりゃ物理的に困難な事になるのははっきりしていますね。

同様にトップで一回止めるとか無茶な事を言う教え魔の人もけっこういたりします。

こんなのイップスへの練習しているようなもんで、なめらかに止まらず打つのが良いのは別に解説の必要もないでしょう。

何か紐の先に錘をつけてテークバックし、切り返せば錘は慣性で下ろす方向と逆向きに動き続けるのでタメができる事を感じられるでしょう。

テークバックが終わる前に手元を下ろすとタメが深まるのはこうして実験してみてください。

手首を固定しようとするとできないですね。

書込番号:13353785

ナイスクチコミ!1


スレ主 eryskさん
クチコミ投稿数:54件

2011/08/09 17:49(1年以上前)

STYLISTさん、ありがとうございます。

>ヤニ・ツエンのスイングリズムをゆったりというのは私は??といった感想

毎回言葉足らずですいません。
腰を切り返した時にトップから手が下りてくる時の捻転差を
「ゆったり」と表現してしまいました。

宮里藍、優作、宮本勝昌選手のスイングも見させてもらいました。
スイングリズムの遅い選手ほど筋力に優れているというのは初めて知りました。
STYLISTさんの説明を受けてみると、なるほど納得という感じです。

>こんなのイップスへの練習しているようなもんで

良く分かる気がします。

スイングリズムですが、内藤氏の言うところのリズムテンポ80/mim(でしたっけ?)
ぐらいが、やはりよいのでしょうか?
ヤニ・ツェン選手のスイングリズムはやはり80/mimより遅いですね。

>手首を固定しようとするとできないですね。

コックについては、あまり意識せず、
リズムと捻転差にまかせた方が良いのでしょうか?

書込番号:13354829

ナイスクチコミ!1


STYLISTさん
殿堂入り クチコミ投稿数:2586件Goodアンサー獲得:187件

2011/08/09 23:48(1年以上前)

>ヤニ・ツェン選手のスイングリズムはやはり80/mimより遅いですね

それはわからないですが、女子プロの中ではミシェル・ウイと共にリズムは速いですね。

>コックについては、あまり意識せず、リズムと捻転差にまかせた方が良いのでしょうか?


ちょっと質問の意味がわからないですが、これも前に書きましたが、指先でグリップすれば力は抜けるはずです。

特に左利きは左手を横からあてがうだけ。中指と薬指だけでグリップを支える感じが必要です。

手首に力をいれず、テークバックで上げる動きをまったくしなければクラブは必ずオンプレーンに上がります。

トップへ到達する前にグリップエンドを左足前に突き出せばヘッドは慣性が働いているので自然にコッキングがされます。

フェースを開きながらとか閉じながらとかいらないことは考えないで、とにかく上げないで捻転だけすることですね。

下ろす、つまりグリップエンドを左足前に突き下ろす事だけがんばってみてください。

手首の力が抜けていれば必ず左手が甲側に折られてコッキングされます。

グリップエンドが正しくボールの延長線上の左足前を指す様に下ろせば自然にリリースされてフェースは正しくスクエアに戻ります。

イメージは横振りですが、踏み込めていればドンとターフが取れるスイングになります。

感覚では腰の横くらいしか上がっていないですが、これで十分に大きなトップになります。

胸を左に向けたままを意識すれば振り遅れることなく球がつかまってきますので、力まなくてもヘッドが走ってがんばって打つ距離を楽にスパーんと打てます。

書込番号:13356406

ナイスクチコミ!1


STYLISTさん
殿堂入り クチコミ投稿数:2586件Goodアンサー獲得:187件

2011/08/10 01:05(1年以上前)

試しにドライバーショットでテークバックからフィニッシュまでの時間をストップウオッチで計測してみました。

園田峻輔なんかゆっくり振っているように見えますね?

0.8秒です。

ローリー・マキュロイも同じ。

内藤雄士は1.3秒。ポーラ・クリーマーが0.6秒で最速。

まあ手動での計測ですから誤差の範囲があるでしょうが、男子プロは1秒かからないということで、そりゃH/Sが速いんだからあたりまえのことです。

内藤雄士なんかレッスン用にゆっくり振っているでしょうから1秒弱が目安になるんじゃないかな。


タメが大きいスイングほどレイトヒットするので切替し時にゆっくりに見えるんでしょうね。

むろんやたら速いリズムで振ればよいってもんじゃないですが、ゆっくり振るのが良いなんてのは嘘です。

遠心力を感じる範疇で手首をやわらかくしていくと、ある一定の場所でぶーんとクラブが動く遠心力を感じる部分があるはずですね。

いろんなリズムを試してみてください。

書込番号:13356703

ナイスクチコミ!1


スレ主 eryskさん
クチコミ投稿数:54件

2011/08/12 18:23(1年以上前)

STYLISTさん、少々のご無沙汰をしておりました。。

ここ数日ネットが繋がらない状態になってしまい、
いろいろと調べた結果、NTT光回線の外線が切れていることが判明しました。
つい先ほど、工事屋さんに修理してもらい、やっと元の状態に戻りました。

いつも大変詳しいご説明をいただきありがとうございます。

>下ろす、つまりグリップエンドを左足前に突き下ろす事だけがんばってみてください。

手首の力は抜いているつもりなのですが、グリップエンドを気にしていると
インパクトの瞬間、無意識に力が入ってしまう時があります。
今までのスイングより、クラブヘッドがだいぶ遅れてくるので、
たぶん身体がレイトヒットだと勘違いしているのだと思います。

>イメージは横振りですが、

そのように感じるようなってきて、まずいのかなと思っていましたが安心しました。

また各プロの計測までして頂き、ありがとうございます。

>1秒弱が目安になるんじゃないかな。

今のところ1秒から1秒ちょっと位です。
少し早いかなと思うぐらいでそんな感じです。
手で上げないように気をつけながら慣れていきたいと思います。
ただ、トップは以前に比べてずいぶん小さくなってきました。

>タメが大きいスイングほどレイトヒットするので切替し時にゆっくりに見えるんでしょうね。

その通りだと思います。
そして、そうなりたいと思います。

明日からお盆休みに入りますので、
盆明けからもまたSTYLISTさんのご指導、宜しくお願いいたします。

書込番号:13365954

ナイスクチコミ!0


STYLISTさん
殿堂入り クチコミ投稿数:2586件Goodアンサー獲得:187件

2011/08/12 22:40(1年以上前)

>今までのスイングより、クラブヘッドがだいぶ遅れてくるので

だからボディーターンしちゃ駄目なんです。

その瞬間に振り遅れちゃう。

>インパクトの瞬間、無意識に力が入ってしまう時があります。

これは当然です。無意識にインパクトでは握っています。

どうしてグリッププレッシャーが強くなるかですが、スクエアにヒットしないから当たり負けするのを体が予感しちゃうんです。

あたりが薄いからといって必ずしも誤ったスイングをしているとは限らない。

オンプレーンに振れれば必ずナイスショットするわけじゃないです。

シャンクしようがゴロを打とうがまずは脱力して腕力でフルスイングを止めることです。

>手で上げないように気をつけながら慣れていきたいと思います。

いやいや上げる場合は手で上げます。左利きは右肩を入れようとしないで左肩を真後ろに引くことでその場で捻転できます。

右手を親指側に折りながらテークバックすれば自然に手は上に上がります。

ただ今はそんなこと考えないでよいだけです。

ハーフショットの延長線上でオンプレーンに振ることだけを考えてください。

それからパターのタッチですが、人間には本能的にタッチを持っているというのを聞いたことがあるかと思います。

なのに合わないのはひとつにミート率が悪いということがあります。

もうひとつはテークバックが大き過ぎる場合で、普通はこの両方です。

テークバックを意識的に小さく、フォローを大きく打ってみてください。

この際ハンドファーストを維持したままを意識して。

次に短いアプローチですが、これもSWをパターと同じに打ってみてください。

グリップもパターと同じでよいです。

パターストロークだと振り幅に限界があるのでもっと届かせたい場合はAWやPWを使うと良いでしょう。

書込番号:13366862

ナイスクチコミ!1


スレ主 eryskさん
クチコミ投稿数:54件

2011/08/17 11:57(1年以上前)

STYLISTさん、こんにちは、いつもありがとうございます。

少し前のタイプになりますが、キャロウェイのFT-IQ(I-MIX)が手に入ったため、
FT-9から付けかえて、久しぶりのドライバー試打を、ゴルフ5で計測してもらいました。

今回10球試打した平均値です。

ヘッドSP 42.4
ボールSP 69.2
打出角  13.9
バックスピン 2580
サイドスピン +140
フレ角 -2
飛距離 231.06
という結果が出ました。

四角いヘッドにもあまり違和感はありませんでした。

前に計測した時よりも、ヘッドスピードが落ちていますが、
前回STILISTさんがおっしゃった、
「脱力して腕力でフルスイングを止めること」
に注意していたからだと思います。

ただ腰と腕・シャフトの動きで、
もう少し大きいタメを作りたいと思っているので、
ヘッドスピードはまだ上がると思います。

また飛距離が多少伸びたのは打出し角が低くなったためだと思います。

>だからボディーターンしちゃ駄目なんです。

行きたくなるのをかなり我慢していましたが、ずいぶん慣れてきました。
ボールの先にクラブヘッドがドンと入るようにもなってきました。

>テークバックを意識的に小さく、フォローを大きく打ってみてください。

右手(レフティ)1本の練習だとその傾向が強く出ます。
その後、本能的なタッチで打つと、
良い感じのラインと転がりになります。

SWのパターのように打つアプローチですが、
ライ角が気になってしまうのですが、
クリーブランドのニブリックUなどはどうでしょうか?
ライ角もあって、レフティもあるのでどうなのかなと気になっていたところです。

書込番号:13384384

ナイスクチコミ!0


STYLISTさん
殿堂入り クチコミ投稿数:2586件Goodアンサー獲得:187件

2011/08/17 15:24(1年以上前)

初速69.2m/sは59.2の誤りでしょう。

大ざっぱに70m/sはプロの初速で平均280yd飛ぶ初速になります。

60m/sで230〜240yd、コースなら250yd行くでしょう片手シングルの初速です。

59.2m/sをH/Sで割るとミート率になり、今回は1.396と、ほぼ1.4のナイスショットという事になります。

平均して1.4を上回るようになれば安定して240yd以上飛ぶようになります。H/Sは関係ないのでもっとミート率を上げるように、振るんじゃなくて落とす事ですね。

ニブリックに関するご質問はイメージがわかないですが、パターのようにストロークすると言ってもそんなにボールに近づかないです。

ヒール側が少し浮くくらいは問題ないです。

書込番号:13384988

ナイスクチコミ!1


スレ主 eryskさん
クチコミ投稿数:54件

2011/08/17 16:56(1年以上前)

STYLISTさん、ありがとうございます。

>初速69.2m/sは59.2の誤りでしょう。

その通りでした。書き間違いです。

>59.2m/sをH/Sで割るとミート率になり、今回は1.396と、ほぼ1.4のナイスショットという事になります。

ミート率というのは、この様に算出するのですね。
初めて知りました、ありがとうございます。

>H/Sは関係ないのでもっとミート率を上げるように、振るんじゃなくて落とす事ですね。

はい、H/Sを上げるよりもミート率の向上を目指していきたいと思います。
よく「上げておろすだけ」という言葉も耳にしますが、同じことを言っているのですね。
このところ、捻転差でグリップエンドから落とせるように注意しながら練習しています。

>ヒール側が少し浮くくらいは問題ないです。

その場合、若干トゥ寄りで打つ感じでしょうか?
また、スタンスもパターと同じでよろしいでしょうか?

書込番号:13385229

ナイスクチコミ!0


STYLISTさん
殿堂入り クチコミ投稿数:2586件Goodアンサー獲得:187件

2011/08/17 17:27(1年以上前)

普通のおじさんのH/Sは43m/sくらいが多いそうで、これはテレビに出てくる女子プロとだいたい似ています。

ミート率と飛距離の概算を書いておきますと、初速×4がだいたいの飛距離です。

そしてH/Sにミート率を掛けた値がボール初速です。

43m/sにたいして普通のおじさんは平均して1.3くらいのミート率でしょう。

55.9m/s×4で223.6ydとなり、普通にこれくらいは打てるという物理的な根拠になります。

で、1.3のミート率がどんなもんかといいますと、ぶっちゃけ芯ははずしています。
ちょっとの差で曲がったりとんなま方へ飛んでしまうようなギリギリの値でしょう。

43m/sでも、1.44くらいのプロ並みのミート率になれば、61.92m/s×4で247.7yd飛びます。

これくらい打てればちょっとした打ち下ろしでは260ydくらい普通に稼げますし、打ち上げでも220ydくらいのキャリーは出るはずです。

で、43m/sくらいで自称230ydとか250ydとかありえない事を言う人はいます。

230yd毎回打てる人がいたとして、14ホール回るうち2回OBを打ったとします。
合計3,220ydを18回のドライバーショットで稼いだ事になりますから平均178ydです。

1ペナを入れなくても前に飛んだ距離だけで201yd平均ですね。

OBを一回も打たない、一度もこすり球を打たない、平均230ydなんてそんな人が80だの90だの打つわけがない。
ましてや100打つ人で43m/s平均230ydの人は論理的にありえない存在というわけです。

>その場合、若干トゥ寄りで打つ感じでしょうか?
また、スタンスもパターと同じでよろしいでしょうか?

まあそうなんですが、芯で打たないしょっとなんてのはナンセンスです。

普通にソールしてパターのイメージで打つだけで十分でしょう。

スタンスは、狭くなるほど飛ばない。広くなるほど飛ぶ、要するに球の勢いが付きやすいと考えてください。

そうしてそれぞれのロケーションでスタンスやフェースの開き加減を変えていくわけです。

>よく「上げておろすだけ」という言葉も耳にしますが、同じことを言っているのですね。

そうですが、今時のスイングだとねじって解放するだけって感じでしょう。

最近の流行りのスイングでは「上げる」という動作が無いです。

むろん斜め肩の上にあげて、V字に下ろして肩の上に上げるという昔ながらのスイングだって自分に合っていれば問題ないです。

書込番号:13385310

ナイスクチコミ!1


スレ主 eryskさん
クチコミ投稿数:54件

2011/08/17 18:19(1年以上前)

STYLISTさん、再度詳しく説明いただきありがとうございます。

ミート率を上げていった方が、確実に良いことが論理的に納得できました。
今のままのヘッドスピードでも、220〜230Y飛べば十分ですから、
ミート率アップに努めていきたいと思いますが、
具体的な練習方法などあるのでしょうか?

>スタンスは、狭くなるほど飛ばない。広くなるほど飛ぶ、要するに球の勢いが付きやすいと考えてください。

漠然とそんな認識でスタンスしていましたが、
文章にするとはっきり認識できます、ありがとうございます。
しかし、色々なロケーションのなかでアプローチするわけですから、
練習マットの上だけではなく、実際の場数を踏んでいかないとだめなのでしょうね。

>今時のスイングだとねじって解放するだけって感じでしょう。

これは頂きます。
イメージしやすい表現で「上げておろす」よりもぜんぜん判りやすいです。

書込番号:13385502

ナイスクチコミ!0


STYLISTさん
殿堂入り クチコミ投稿数:2586件Goodアンサー獲得:187件

2011/08/17 20:05(1年以上前)

ミート率を上げるには、毎回同じアドレス、グリップをするのはあたりまえですが、普通そこがダメです。

右向きアドレスしていないか?なんてアドバイスを書いたのは数え切れないですが、往々にして返ってくる返事は「それは大丈夫」なんですね。

大丈夫じゃないんです。右向きアドレスで引っ掛け打っているのにドローヒッターだと勘違いしている人は多いと思います。

自分で感じられないからそこにアラインメントの問題の本質があるんですね。

まぁそこは置いといて、ミート率を上げる為のドリルとしては、連続打ちがあります。

ボールを3球くらい並べて前に進みながら打つやつですが、知識としてはご存知でしょう?

これは打つ度に体を微調整しながらじゃないとあたらないので必ず芯で打つ為の格好の練習になります。

リズム良く打つ事でまた力みも防いでくれます。

連続素振りをしてみてください。
ぶ〜んぶ〜ん。と、遠心力を感じられるくらい軽くです。

何度も力感を変え、リズムを変えていけば必ず何処か体と同調している感触が感じられる場所があるはず。

そこがスイングの適切な力感なんです。
そしてそれは思いの外遅い振りのはずです。

書込番号:13385894

ナイスクチコミ!1


スレ主 eryskさん
クチコミ投稿数:54件

2011/08/18 11:55(1年以上前)

STYLISTさん、ありがとうございます。

アドレスについては、ルーティーン後、飛球線方向に対して
足・腰・肩が平行になるように注意しているのですが、
セットアップし終わって目標方向をちらっと見ると、
この方向でいいのかと不安になる時があります。
そんな時に限って目標方向を修正しようと、無意識な力が働くのか、
手でこねたりして、ミスショットに繋がる場合が多いです。

最近は、ミスショットよりも多少のブレで済んだ方がいいと思い
そのまま自分を信じて打つようにしています。

>ミート率を上げる為のドリルとしては、連続打ちがあります。

確かに身体の微調整をしながらじゃないと打てそうにありませんね。
知識としてはありましたが、試したことはなかったので、
芯でとらえるために練習してみたいと思います。

>リズムを変えていけば必ず何処か体と同調している感触が感じられる場所があるはず。
>そしてそれは思いの外遅い振りのはずです。

そうなんです。
連続素振りをすると、自分でこれだなと気持ちよく振れる感じが分かるんですが、
ボールを目の前にして、さぁいざと思って振ると、その感じが出せないんです。
@ タメが浅い。
A 腕と腰の捻転差が出来ていない。
B キャスト気味である。といったところでしょうか。
素振りでは感じが出せるのですが、ボールを置くと@・A・B何れかが
原因でミスに繋がる時があります。

自分なりに原因を考えてみますと、
ただ単に切り返しでシャフトをうまく下ろせていないだけかな、とも思うのですが・・・
STYLISTさんのおっしゃる「思いの外遅い振りのはず」という部分の「遅い」というところで
シャフトを左足(レフティ)先に落とせていないのかなと考えています。

書込番号:13388284

ナイスクチコミ!0


STYLISTさん
殿堂入り クチコミ投稿数:2586件Goodアンサー獲得:187件

2011/08/18 20:46(1年以上前)

もし時間的に余裕のあるラウンドだったらアドレスした後に胸のラインにクラブをあてて、その角度を変えないように地面に置き、後方から眺めてみましょう。

ターゲットラインと平行でどこまでも交わらないアドレスになっているかざっと判断できます。

>ただ単に切り返しでシャフトをうまく下ろせていないだけかな、とも思うのですが・

御自分で書かれている事柄は結果であって、原因ではないような。

要は振り過ぎなんですね。

それは本質的に「飛ばそう」という考えが根本でしょう。

自分では本気で飛ばそうなんて思っていないとしても結果としてロングや長めのミドルでミスが多くないでしょうか?

これは「飛ばそう症候群」の何よりの証拠であります。

先に普通のおじさんのH/Sは女子プロと近似値であると書きましたが、女子プロの使用クラブよりもおじさんの方がはるかにハードスペックになっているのは紛れも無い事実でしょう。

ですから力みを取るには他スレにも書きましたがソフトスペックが良いんです。

重くて柔らかいのが良い。

練習用にレディースのドライバーなんかも良いですし、砂鉄を詰め込んだ腕力では振れないアイナンなんかを作るのも良いです。

書込番号:13389801

ナイスクチコミ!1


スレ主 eryskさん
クチコミ投稿数:54件

2011/08/19 09:02(1年以上前)

STYLISTさん、ありがとうございます。

>御自分で書かれている事柄は結果であって、原因ではないような。
>要は振り過ぎなんですね。
>自分では本気で飛ばそうなんて思っていないとしても・・・

ご指摘ありがとうございます。
確かに飛ばそうとは思っていないのですが、思い当たる節があります。
思いっきりは振らないけど、ちょっと先まで飛ばしたいな!とか
アイアンでちょっとミスしたら届かないかな?などと考えてしまうところが
振りすぎに繋がる「飛ばそう症候群」なのでしょう。

>練習用にレディースのドライバーなんかも良いですし、砂鉄を詰め込んだ腕力では振れないアイナンなんかを作るのも良いです。

トブンダのペナペナRシャフトのドライバーとスイングマスターなる
http://item.rakuten.co.jp/morita-golf/yo_dy_tr516/
この様なもの(水を入れるとかなり重くなります)も持っているのですが、
レディードライバー及び重いアイアンの代用になるでしょうか?

書込番号:13391455

ナイスクチコミ!0


STYLISTさん
殿堂入り クチコミ投稿数:2586件Goodアンサー獲得:187件

2011/08/19 13:40(1年以上前)

スクールなんかでは羽が4枚のタイプのやつで素振りをしてから打たせますね。

これで素振りをした後に普通のクラブで打つとヘッドを感じやすく、自然に速く振れます。

>アイアンでちょっとミスしたら届かないかな?などと考えてしまうところが

これ多いでしょうね。

女子プロの場合、アイアンのシャフト硬度はNSのR、ウッド系はSが多くみられるセッティングです。

アイアンは強く振らないので引っかけない、柔らかいシャフトで高い弾道をイメージするからでしょう。

書込番号:13392294

ナイスクチコミ!1


スレ主 eryskさん
クチコミ投稿数:54件

2011/08/22 10:12(1年以上前)

STYLISTさん、いつもありがとうございます。

昨日ラウンドしてまいりました。
1日中雨の中でのプレーとなりましたが、
イン パー4 ボギー3 ダボ2 43
アウト パー3 ボギー5 ダボ1 43 86点
とかなり満足する内容で上がってこれました。

スイングは振らないこと、落とすことだけに注意、
ちょっと厳しい距離の時は、1番手上げるようにし、
出来るだけ力が入らないようにして、
ボギーオンを目標にプレーしてきました。
結果としてスコアに影響するようなミスショットは無くなりなした。

アプローチは毎日100球以上練習をしてきた成果も出たのか
ボギーオンでも1パットが3回と、
かなり感じよく距離感が出ました。

ただパターで1メーター以内を2回
50センチぐらいを1回外してしまい、
それがなければベストスコアだったのにと
少々悔んでしまいました。

でもSTYLISTさんのおかげで、
ここまでショットが安定してきました。
本当にありがとうございます。
これからも何かありましたら、宜しくご指導お願いします。

書込番号:13404261

ナイスクチコミ!0


STYLISTさん
殿堂入り クチコミ投稿数:2586件Goodアンサー獲得:187件

2011/08/22 17:41(1年以上前)

良い感じじゃないですか。

>ちょっと厳しい距離の時は、1番手上げるようにし

正解だと思います。

そのうちライン出しを覚えてください。

フォローでシャフトを立ててビシッと止める打ち方です。

パーオン率が上がれば3パットも増えて当然ですから1mをはずしても気にしない事です。

上りの3mよりも下りの1mの方が難しいですからね。

書込番号:13405481

ナイスクチコミ!1


スレ主 eryskさん
クチコミ投稿数:54件

2011/08/24 16:52(1年以上前)

STYLISTさん、ありがとうございます。

>そのうちライン出しを覚えてください。

トップを低めに抑えて、左手(レフティ)の手のひらでボールに蓋をしていき、
シャフトが立った状態でフィニッシュ、のようなイメージでしょうか?

STYLISTさんに教わった、腹筋に力を入れるようになってから、
前傾角度が崩れなくなり、方向性もかなり良くなってきました。

>上りの3mよりも下りの1mの方が難しいですからね。

ダボを叩いたホールは、ピン奥にボギーオンさせてしまい、
下りのラインで3パットというものでした。
手前につけないと、パターのプレッシャーが全く変わってしまいますね。
今回、ボギーオン狙いでラウンドしてきましたが、
次回からは、ボギーオン狙いでもピンの手前に落とせるよう、
アプローチでもグリーンの状況を良く判断しながらプレーしたいと思います。

書込番号:13413270

ナイスクチコミ!0


STYLISTさん
殿堂入り クチコミ投稿数:2586件Goodアンサー獲得:187件

2011/08/24 21:22(1年以上前)

>トップを低めに抑えて、左手(レフティ)の手のひらでボールに蓋をしていき、シャフトが立った状態でフィニッシュ、のようなイメージでしょうか?

まあそうなんですが、トップとかではなく振り幅を抑えるというのが適切でしょう。
細かく言うと、足のラインは少しオープン。上体はスクエアで、フェースは少しだけかぶせてボール位置を通常より右寄りに置いて上から打ちます。

この時ヘッドを走らせるように打つのとややグリップ圧を高めて体幹(腹筋)を意識して打つのとでは球筋が異なりますのでお試しください。

上から打つのが難しければ、スタンスを超ワイドにして9鉄のシャフトに近い部分をグリップして下に下に打つ練習をしてください。
打ち終わった後にはターゲット方向へ立ち上がるくらいで良いです。

最初は大ダフリとかで萎えるでしょうが、負けずにドンと打ち込んでください。コツは絶対にヘッドアップしないことです。

いずれにしてもアイアンショットではライン出し意外は必要ないと言って良いくらいです。

>次回からは、ボギーオン狙いでもピンの手前に落とせるよう、

いや、そうすると緩むでしょうから奥につけてでも石にかじりついてでもボギーオンを死守してください。

寄せワンなんか狙わないでパーオン3パットの方が良いです。

書込番号:13414195

ナイスクチコミ!1


スレ主 eryskさん
クチコミ投稿数:54件

2011/08/26 13:58(1年以上前)

STYLISTさん、ありがとうございます。

>この時ヘッドを走らせるように打つ
高めの球

>ややグリップ圧を高めて体幹(腹筋)を意識して打つ
低めの玉

でよろしいでしょうか?
また、クラブは1番手上げるぐらいでしょうか?

>いずれにしてもアイアンショットではライン出し意外は必要ないと言って良いくらいです。

はい、何番で何ヤード飛ぶなどというのは、自慢にならないと思っています。
それよりも正確でぶれないアイアンを打ちたいと思います。
そのためにも振っちゃダメなんですよね。

>いや、そうすると緩むでしょうから・・・

なるほど、そういうこともあるんですね。
勉強になります、ありがとうございます。

9鉄での練習ですが、まだ練習場に行けていないので、
行った時にぜひトライしてみたいと思います。

13391455で紹介させていただいた、水を入れて使うスイングマスターなるもので、
久しぶりにスイングしてみたら、見事に水の音が出なくなっていました。
(以前は水が行ったり来たりで、バシャバシャしてました)
トップにいく前に切り返しが始まるので、グリップからクラブが落ちてくるため、
最初から最後まで、水が一番先に溜ったままの状態です。
久しぶりに使って、全然違っていたのでビックリです。

書込番号:13420578

ナイスクチコミ!0


STYLISTさん
殿堂入り クチコミ投稿数:2586件Goodアンサー獲得:187件

2011/08/26 16:48(1年以上前)

ヘッドを走らせるか体幹を意識するかで変化する部分はざっとおっしゃるとおりです。
ただ、ヘッドを走らせない場合は、俗に潜り球と言われる打ち方に近いです。

大きな違いはバックスピン量のでしょうね。

少しフェースをかぶせて足はオープン、上体はスクエアにして打つことで低スピンの強い球筋になるのでむしろ飛んじゃいますから番手は下げる必要がないです。

これが、あまりスィープな軌道で上から入りすぎるとバックスピン量が増えて吹け上がりますから飛距離は落ちます。
ムキになって強く振るほどスピン量が増えて飛ばなくなりますから泥沼です。

このあたりの感覚は練習で培っていただくしかないでしょうね。
フェースをかぶせないで足のラインに沿って打つと、ボールにはスライス回転がかかり、止まりやすくラインの出やすいショットになります。

フェースをかぶせて足のラインに合わせて振ると引っかけますからご注意を。

書込番号:13421038

ナイスクチコミ!1


スレ主 eryskさん
クチコミ投稿数:54件

2011/08/29 14:13(1年以上前)

STYLISTさん、9鉄での練習をしてみました。

ダフリ・ヒッカケにもめげず、色々と試してみましたが、
スタンスがオープンにした分、多少アップライトにバックスイングし
強めのハンドファーストでインパクトを迎えることにより、
低めで距離のあまり変わらない玉が出るようになりました。
(土日かけて600球弱打ちました。)

7鉄ぐらいまでは何とかこれでいけると思います。
6鉄はちょっと厳しいかな、5鉄は難しいという感じです。

5・6鉄は力みが入らないようになったので、
そんなにブレなくなり、多少の飛距離の前後はあるものの、
自分ではOK的に考えています。

1番ライン出しが良かったのは、インパクトからインパクト直後あたりで、
目標方向に押してやるようなイメージを出すと、方向性が良くなりました。

そこで1つ、お伺いしたいのですが、
このような打ち方は、どのような状況下で使うのでしょうか?
宜しくお願いします。

書込番号:13433019

ナイスクチコミ!0


STYLISTさん
殿堂入り クチコミ投稿数:2586件Goodアンサー獲得:187件

2011/08/29 14:46(1年以上前)

9鉄でワイドスタンス打ちをするのは下に下に打つ練習をするためのものです。

ですからそれ以外の番手で行うのは適切ではないですし、危険です。

それでも何とか打てちゃったという事は、超ワイドスタンスになりきれていなかったのではないかと思います。

超ワイドスタンスにすると、重心が下がるのと、下半身が使えなくなってくるので上体を捻転する練習にもなりますから一定の効果があるはずです。

オープンスタンスであったとのことからも、普通よりもちょっとワイドスタンスでライン出しを打つ練習になっていたのかと想像しますが、それはそれで効果があったようなので良かったのではと想像します。

9鉄を短く持って打つ場合、超ワイドスタンスにしてむしろクローズスタンスにしてください。

打つ際にはおっしゃるようにターゲットに向かって押す感覚は必要ですし、ライン出しの場合もそうすると長いターフが取れるようになっていきます。

これを続けていけばラウンドのアイアンショットでターフが取れてくるようになります。

実際にこんな超ワイドスタンスで打つシーンは無いです。単なるドリルですが、似たシーンとしては前上がり、前下がりがあります。

こういうシチュエーションではワイドスタンスにすることと、押すイメージで打つ事で成功率が上がります。

パンと打ち放すイメージだと球が曲がり過ぎますね。

書込番号:13433077

ナイスクチコミ!1


スレ主 eryskさん
クチコミ投稿数:54件

2011/08/29 15:59(1年以上前)

STYLISTさん、言葉が足らなくてすみません。

超ワイドスタンスの練習は、9鉄のみです。
その後、STYLISTさんのおっしゃった

「足のラインは少しオープン。上体はスクエアで、フェースは少しだけかぶせてボール位置を通常より右寄りに置いて上から打ちます。」

「フェースをかぶせないで足のラインに沿って打つと、ボールにはスライス回転がかかり、止まりやすくラインの出やすいショットになります。」

「フェースをかぶせて足のラインに合わせて振ると引っかけますからご注意を。」
など色々試してみました、という事でした。

その他、足・上体ともにスクエアや両方オープンなど色々やって見ましたが、
先ほど書かせて頂いた、多少アップライトで強めのハンドファーストが
一番ラインが出しやすく感じたというものです。

そしてこの振り幅を抑えたスイングは、
ラウンド中のどのようなシチュエーションで使えるのかなと思い
質問させて頂きました。

また、練習しながら思ったのですが、
フルスイング(マン振りではありません)するよりも、
こっちの方がスコアメイク的には良い感じがしました。

書込番号:13433275

ナイスクチコミ!0


STYLISTさん
殿堂入り クチコミ投稿数:2586件Goodアンサー獲得:187件

2011/08/29 22:08(1年以上前)

なるほど。

それなら正解です。

ライン出しを使う場面ですが、アイアンショット全部です。

ライン出し以外は必要ないです。アイアンショットはラインが出なけりゃ意味が無いですね。

ドライバーやFW等長いクラブのフルスイングを打つために7番アイアンでフルスイングの練習をすると思ってください。

また、フルスイングができない人はライン出しはできないです。

ただ、単なるハーフショットをライン出し代わりに使うというのはありですし、普通のシングルさんはハーフショットを称して「ライン出し」と呼ぶ事がよくあります。

それでもラインが出ているから実質的にライン出しショットなので意味合いとしては同じです。

少しカット目に打つライン出しで10yd減、もぐり球等ドロー系の球筋で打つラインの出し方をする場合はむしろ1番手分飛んじゃいますから、それぞれ1番手ずつの増減に収まらないうちはライン出しショットが未完成だと考えても良いと思います。


書込番号:13434647

ナイスクチコミ!1


STYLISTさん
殿堂入り クチコミ投稿数:2586件Goodアンサー獲得:187件

2011/08/30 23:48(1年以上前)

毎回80台を安定して出すのに必要な練習を紹介しておきます。

SWで毎回50ydと30ydをほぼ決まって打てるようになることです。

50ydはほぼハーフショットで打てるはず。これが60ydや40ydでも同じ事で問題ないです。

30ydはこれも普通に腰から腰のふり幅で毎回芯で打てるようになること。

これで毎回80台です。

ですから練習時にはSWと8鉄くらいの2本で問題ないです。

ドライバーの練習もしたければ6番とSWといった具合にやると良いでしょう。

7番以降はライン出し以外打たないので必要ないというわけです。

この際フェースを開いて高い球で止めるなんて事をやろうとしないことです。

先に紹介したフェースを少しだけ開いて左に振っていくスイングで50ydと30ydを打つこと。

あまりスライス回転を掛けるような打ち方をしないで意識の上では普通のハーフスイングで打つのが良いです。

ライン出しなので、ここはヘッドを走らせるのではなく決めた振り幅でビシッと止めてください。

9鉄で下に打つ練習をやった後にこれをやると球のつかまりが違ってきます。

コツとしては、スタンスを狭めること。狭くするほど飛びませんから緩まずに打てます。

駄目なのはフェースを開きすぎてポコーンと高い球が出てしまうこと。

30ydもしっかりとターフを取って打つことが肝心です。

書込番号:13439114

ナイスクチコミ!1


スレ主 eryskさん
クチコミ投稿数:54件

2011/08/31 09:58(1年以上前)

STYLISTさん、貴重なアドバイスありがとうございます。

前回80台が出たのも、SWによるところが大きかったです。

SWは今も毎日120〜150球ほど打っていますが(家の中で)
ラインを出す感じで振ると低い球
ヘッドを走らせる感じで振ると高い球になります。

フェース面の打痕を見ると、真ん中・少しトゥ寄り、といった感じです。
以前シャンクで悩んだ時にSTYLISTさんにアドバイスを頂き、
それからネックに当たることは無くなりました。

>SWで毎回50ydと30ydをほぼ決まって打てるようになることです。

ネットに向かって打っているので、はっきり50yd・30ydとは言えませんが、
常に50yd・30yd・10yd・5ydを意識して練習するようにしています。

>30ydもしっかりとターフを取って打つことが肝心です。

これが気持ちいいです。
ドライバー等長いクラブはとにかくフェアウエイに置く、
そしてアイアンはライン出し、
乗らなかったらSWでしっかりターフを取って寄せワンでパー!
いつでもこれが出来ればいいですね。

書込番号:13440243

ナイスクチコミ!0


STYLISTさん
殿堂入り クチコミ投稿数:2586件Goodアンサー獲得:187件

2011/08/31 17:44(1年以上前)

少しトウ寄りという事は、少し手元が浮いている可能性があるということです。

なので、ダウン時に手元をより早い段階で落ろすように意識してみてください。

グリーン奥とか、ピンが近いライの悪いラフ、極端な左下がりの場合の切り抜け方を書いておきます。

フェースはソールが地面と平行になるくらい開きます。

むろんかなりオープンにかまえるのですが、グリップにコツがあります。

まずシャフトに近い部分を握るように超短くするのは当然なんですが、左手の小指ははずしちゃいます。

右手はウィークになるように上からグリップします。

こうするとかなりバタフライグリップに近くなり、フェースは開きやすく、また小指をグリップしない事でヘッドが走りやすくなります。

打つ方向はむろん思い切って左下に。絶対に持ち上げてはダメですし、ヘッドアップも大敵です。

こうすると、近い所にポトッと落ちるショットになりますが、これまた大ミスになりやすいので本当にそれ以外はできない状況の場面で一か八かでお試しください。

まあ2〜3ラウンドに1回くらいはこういうのが必要なシーンになります。

書込番号:13441491

ナイスクチコミ!1


スレ主 eryskさん
クチコミ投稿数:54件

2011/09/01 18:29(1年以上前)

STYLISTさん、いつもありがとうございます。

>ダウン時に手元をより早い段階で落すように意識してみてください。

AWで試してみました。
少しダフリ気味になりましたが、
トゥ寄りのヒットはかなり少なくなりました。

ダフリを直そうと、もう少しボールに蓋をするイメージを強くして打つと、
ボールの先にかなり強く、ドンとヘッドが入っていきます。
コースでのプレーをイメージすると、
かなり深くターフがとれている感じがするのですが、
AWではそんなものなのでしょうか?

>グリーン奥とか、ピンが近いライの悪いラフ、極端な左下がりの場合の切り抜け方を書いておきます。

バタフライグリップのイメージは、
両手が蝶の羽の様に下に向けて開いているような状態でしょうか?
レフティの場合、右手は普通に握って小指を外す、
左手は上からかぶせるように握る、
そうすると、両手の掌が開いているような状態になりますよね。

昨夜少し試してみましたが、
マットの上のせいか(たぶんヘタだからだと思いますが)
トップばかりですぐ止めてしまいました。

書込番号:13445677

ナイスクチコミ!0


STYLISTさん
殿堂入り クチコミ投稿数:2586件Goodアンサー獲得:187件

2011/09/01 21:11(1年以上前)

ダフっていてはむろん駄目ですね。

ヘッドのヒール側から接地するように打つと良いでしょうが、一度コッキングを完全に維持したままゆっくり打ってみてください。

使用クラブはSWですが、うまく打てるとポコンと球が上がります。

アプローチでフェースを開く場合、左手もグリップのロゴの真上に親指がくるようにし、右手をウィークにすると良いでしょう。

むろん一か八かの打ち方ですから失敗して当然のつもりでやってみてください。

練習場だとバウンスが跳ねてうまく打てないでしょう。

書込番号:13446417

ナイスクチコミ!1


スレ主 eryskさん
クチコミ投稿数:54件

2011/09/02 13:22(1年以上前)

STYLISTさん、いつもありがとうございます。

SWのダフリは解消しました。

>ダウン時に手元をより早い段階で落すように意識してみてください。

この意識したことにより、少しキャストしていたようです。

>一度コッキングを完全に維持したままゆっくり打ってみてください。

打痕も中心部分に集まるようになってきています。
ゆっくり打つのも、良い練習になりました。
ありがとうございました。

今日から5日ほど、都合で練習ができません。
今まで休んでも1日くらいだったので、
何か不安です・・・

書込番号:13449069

ナイスクチコミ!0


STYLISTさん
殿堂入り クチコミ投稿数:2586件Goodアンサー獲得:187件

2011/09/02 16:06(1年以上前)

コッキングが間違っていませんか?

最初に真っすぐ立った状態で体の正面にシャフトが地面と水平になるようにグリップし、トウが12時を指すのがスクエアなグリップです。

グリップを握り直さないようにソールし、左足付け根をグリップエンドが指すようにするとハンドファーストなアドレスになりますが、最初からクラブが左足の股関節を指すようにしてグリップを作るとフェースはかぶります。

上記に気を付けてアドレスしたら、右手を甲側に折りながら左手の薬指側を地面に向けて押し下げるようにすると、ちょうど自分に対して右45度くらいにクラブが上がります。

シャフトは地面と水平くらいには上がって良いです。

この形を崩さないようにトップまで上体を捻転させると右肘がフライングエルボーにならないトップになり、左手の親指にシャフトが乗ります。

また、この形を維持したままダウンスイングを始めるとオンプレーンに振りやすく、ミート率も上がるはずです。



トップの形を維持したままダウンを行うのは言うは易しなんですが、コツを言うと、これまた何度も書いている事ですが、打ち出す方向と真逆に振る事です。

eryskさんはまだ少しキャストしているようなので、これをやってみると良いのではないかと思います。

写真を添付しましたが、グリップを下ろす方向が打ち出しと真逆くらいにすると、ヘッドは猛烈に返ります。

返り過ぎてフックが出るならまた右足前とか、右足の小指前とかいろいろ自分の感覚でグリップエンドの向きを意識してダウンスイングをしてみてください。

(左右は読み替えてください。)

書込番号:13449538

ナイスクチコミ!1


スレ主 eryskさん
クチコミ投稿数:54件

2011/09/12 19:11(1年以上前)

STYLISTさん、大変ご無沙汰しております。

最近練習で色々と詰め込みすぎだなと感じることもあり、
復習する意味で、今までのご指導を読み返して、練習しておりました。

結果、私にはキャスト癖があり、状況が変わってくるとその癖が出てしまうという事です。
徹底的にその癖を直そうと練習してきましたが、
やっとグリップエンドが反対方向を向いて下ろせるようになりました。

気付いたことは、腰の回転と同調してクラブが下りていたので、
自分の感覚では、腰が回転しても上半身はまだ待っていること、
そして待っている間、決してヘッドアップしないこと、です。
トップからハーフェーダウンまでがとてもゆっくり感じられるようになりました。

STYLISTさんがおっしゃっていた、左(レフティ)を向いたまま振るという事が
こういう事なのかなと感じるようになってきました。
また、そうしないとグリップエンドが反対方向を向かないことも気付きました。

コックのためも深くなり、ヘッドもかなり走るようになっているので、
飛距離も変わってくるのかなと思うのですが、
1番心配しているのはドライバーなど長物では、
少しタイミングが狂っただけで、かなりの曲がりが出てしまうのか不安です。
(今のところ、家での練習しかしていませんので9鉄までです。)
やはりきちんとした練習場でドライバーまで練習しないとダメでしょうか?

来週、久々のラウンドがあるので楽しみです。

書込番号:13491581

ナイスクチコミ!0


STYLISTさん
殿堂入り クチコミ投稿数:2586件Goodアンサー獲得:187件

2011/09/12 20:58(1年以上前)

それは良かった。
今まで「右を向いたまま振る」を体感できたというコメントを書かれたのはeryskさんが初めてです。


あとは如何に「振らないか」ですね。「振らず」に「落とす」事ができればもうシングルは目前です。


トップまで脱力できていれば、フェースローテーションだのコッキングだのは関係無く、何も考えないでも楽にスイングできるようになるはずです。


脱力の方法ですが、「その気にならない事」です。
「やる気ねーよ」ってだるーんとトップを作ってください。
気にするのは腹筋をゆるめない事で前傾を維持する事です。
やる気無しスイングだといとも簡単にタメを作る事ができるようになります。


やる気の無いトップから、左膝をアドレスに戻しながらグリップエンドを右足前に「落とす」んです。


おっしゃるようにヘッドアップしなければタメを効かせてヘッドを走らせる事が簡単にできます。


ドライバー等、長い物に不安感を抱くのは当然でしょう。
物理的に振り遅れやすい以上に「その気になって頑張って振りやすい」クラブだからです。


ドライバーの練習にはスプーンが良いでしょう。
それも長い物を振る感覚を多少つかむため程度の事で、一番良いのはSWと交互に同じリズムで打つ事です。


同じリズム、力感で打てない場合は振り過ぎです。
「やる気無しスイング」を思い出してください

書込番号:13491957

ナイスクチコミ!1


スレ主 eryskさん
クチコミ投稿数:54件

2011/09/13 14:16(1年以上前)

STYLISTさん、ありがとうございます。

>あとは如何に「振らないか」ですね。

これを肝に命じて精進していきたいと思います。

>一番良いのはSWと交互に同じリズムで打つ事です。
同じリズム、力感で打てない場合は振り過ぎです。
「やる気無しスイング」を思い出してください。

これも肝に命じてまいります。

これからもラウンド等のご報告をさせて頂きますので、
御迷惑でなければ、お付き合い下さい。
また、お気づきの点がありましたら、
ご教授いただければ幸いです。

書込番号:13494882

ナイスクチコミ!0


STYLISTさん
殿堂入り クチコミ投稿数:2586件Goodアンサー獲得:187件

2011/09/13 19:56(1年以上前)

そうですね。

「その気にならない」というのはけっこうすべての面で一番大事な事なんじゃないかと思います。

まことしやかに言われる典型的な嘘にだまされてゆっくりがんばって捻転すればするほど力みますし、結果として捻転も浅くなるかオーバースイングになります。

適当で良いよって感じでかるーくテークバックするとくるっとトップまで行け、力が入っていなければタメが効いたシャープなスイングになりやすいでしょう。

パットだって「あそこに寄せるぞ〜」って真剣にがんばるよりも、「あのへんかなあ、これっくらい?」って打った方がかえってタッチが出ますね。

それから私が徒然なるままに書いているのはゴルフ学の授業じゃないので”ご教授”ではなく"ご教示”が適切な表現です。

書込番号:13495843

ナイスクチコミ!1


スレ主 eryskさん
クチコミ投稿数:54件

2011/09/26 18:28(1年以上前)

STYLISTさん、大変ご無沙汰しております。

久しぶりにラウンドのご報告をさせて頂きます。

初めて回るコースで、大変難しいと聞いていたのですが、
行ってみてビックリでした。
階段で出入りするバンカーなんて初めての経験でした。
アゴが高く、出ればラッキーみたいなバンカーで、距離感は無縁でした。

グリーン手前の花道がなくポットバンカーだらけのホールが結構あります。
手前が池だと奥がバンカーで、バンカーからちょっと大きくボールが出ると
下りのグリーンのせいでコロコロとボールが転がっていって、池にポチャン・・・(私ではありません)

フェアウエイも結構うねっていて、ライン出しのイメージを持つのに苦労しました。

おかげさまで「振らないスイング」もだんだん身に付いてきたようで
このコースで振りまわしてたら、どこに飛んでいくか判らないなと思いました。

結果としては43・45=88というところで、
バンカーにつかまらなければ、あと4点くらい良かったのに・・・とタラレバですね!

イギリスのセントアンドリュースをまねてジャックニクラウスが設計したそうです。

ところで今回、3Wを抜いてクリーブランドのニブリック56度を
グリーン周り専用(30ヤード以内ぐらいまで)に入れてみました。
これが大変重宝しました。
ヘッドの重みもあって、小手先に力が入りにくく、大きなミスは1度もありませんでした。

80台前半も何となく視野に入ってきたような感じもするので、
今年中にはうれしいご報告が出来ればと思っています。

書込番号:13550720

ナイスクチコミ!0


STYLISTさん
殿堂入り クチコミ投稿数:2586件Goodアンサー獲得:187件

2011/09/26 21:15(1年以上前)

太平洋御殿場の最終ホールがそんな感じですね。

奥からバンカーショットするとグリーンで止まらずみんな池に入っちゃいます。

>おかげさまで「振らないスイング」もだんだん身に付いてきたようで

テークバックするだけで後は何もしない。落とすだけで遠心力を最大限に活かせるようになります。

「下ろす」「振る」行為はスイングには無いんだという事に気が付かれるというか、体感できれば良いですね。

>グリーン手前の花道がなくポットバンカーだらけのホールが結構あります

これはまあ何ともし難いかもしれませんが、「変なコースには行かない」事です。

マナーの悪いクソゴルファーの多いコースにも行かないことです。

書込番号:13551476

ナイスクチコミ!1


クチコミ一覧を見る


価格.com Q&Aを見る

クチコミ掲示板検索



検索対象カテゴリ
を対象として
選び方ガイド

製品選びに必要な知識を
みんなで共有!

[ドライバー]

ドライバーの選び方ガイド

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

新製品ニュース Headline

更新日:3月27日

クチコミ掲示板ランキング

(スポーツ)

ユーザー満足度ランキング