『雨漏り対策について』 の クチコミ掲示板

 >  > 太陽光発電 購入相談
クチコミ掲示板 > 太陽光発電 > 太陽光発電 購入相談

『雨漏り対策について』 のクチコミ掲示板

RSS


「太陽光発電 購入相談」のクチコミ掲示板に
太陽光発電 購入相談を新規書き込み太陽光発電 購入相談をヘルプ付 新規書き込み



ナイスクチコミ21

返信17

お気に入りに追加

標準

雨漏り対策について

2012/07/13 00:47(1年以上前)


太陽光発電 > 太陽光発電 購入相談

クチコミ投稿数:21件

新築で太陽光発電を考えています。
一番心配をしているのは、雨漏りです。

幸い施工業者さんは信頼を置ける業者様だと思っており、施工の心配はしておりません。ただ、太陽光パネルの設置は屋根材に穴をあけると思いますので、設置後10年などは問題なくとも、更に時間が経過するとコーキング材の劣化などの問題が発生するのかもと思っています。

ただ、実際のところ、屋根材を固定する際にもビス止めしているということで、太陽光発電のビス止めが増えたところで、雨漏りのリスクはあまり変わらないものでしょうか?

キャッチ工法など考えたのですが、この工法を採用した場合、パネルを沢山載せる事が難しいようで、悩んでおります。

新築予定の家の状況
・ガルバリウムの屋根
・4.0寸〜4.5寸勾配
・太陽光パネル ソーラーフロンティア

どうか皆様のご意見を頂けると嬉しいです。

書込番号:14799793

ナイスクチコミ!3


返信する
ussy155さん
殿堂入り クチコミ投稿数:1103件Goodアンサー獲得:241件

2012/07/13 08:04(1年以上前)

コーキングの劣化による雨漏はもちろんですが、ガルバリウム屋根は穴を開けた所からの腐食も気になる所です。
ガルバリウム鋼板は鉄に亜鉛メッキをした物なので、万が一の場合は被害が大きくなってしまいます。今からでもコロニアルに変更できるならば選択肢は広がるのですが。
それに、ガルバリウム鋼板の場合はそのままビス留めで設置してしまうと屋根(雨漏り)の瑕疵保証ができなくなる可能性があると思います。このあたりのご確認下さい。
もしキャッチ工法等の穴を開けない施工をされる場合で必要な出力が得られないのであれば、もっと面積効率の良いメーカーで検討されるのもアリでしょう。
キャッチ工法にはシャープと三菱は対応していたと思いますし、調べれば他にもあるのではないかと思います。

書込番号:14800342

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:21件

2012/07/13 08:44(1年以上前)

ussy155さん

重ね重ねご意見ありがとうございます。

やはり雨漏りの心配は0ではないのですね。施工業者さんが良ければ雨漏りのリスクは軽減されるかと思いましたが、やはり心配はあるのですね。

キャッチ工法はお電話でメーカ側に問い合わせさせて頂きました。シャープさん、三菱さん、ソーラーフロンティアさんが対応だということでしたが、風圧対策の関係で軒先・けらば・棟から隔離距離を取る必要があるようで、有効面積が減ってしまうようですね。

色々と調べ、panaさんやシャープさんは野路固定、ソーラーフロンティアさん、三菱さん、キョーセラさんなどは垂木固定だと思い、私的には垂木固定のほうが安心かと思いましたが・・・。

他の皆様は、雨漏りの心配などはどのようにお考えになられたのでしょうか・・・

書込番号:14800455

ナイスクチコミ!1


ussy155さん
殿堂入り クチコミ投稿数:1103件Goodアンサー獲得:241件

2012/07/13 12:00(1年以上前)

コロニアル屋根にソーラーフロンティアの垂木固定で標準的な五重防水にしました。
業者による15年の雨漏り保証があるので、それまでは定期的な点検を行いながら必要に応じてメンテナンスを予定しています。全面載せてるので劣化は少なそうですが、そうは言っても怖いので一応屋根裏点検口から定期的に自分でも見る様にはしてます。
また、15〜20年後のパネルや機器の劣化具合によってはシステム自体の交換と同時に本格的な修繕を想定しています。
補修費用もある程度回収計算に入れましたが、最悪で屋根の葺き替えとなってしまう場合は結構厳しいですね。
一応そうなっても何とか±0くらいでいけるか?という感じですね。

書込番号:14800988

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:5194件Goodアンサー獲得:1232件

2012/07/13 23:24(1年以上前)

ガルバリウム鋼板は正確にはアルミ50%、亜鉛50%の合金メッキです、錆には強いですが穴を開けるとそこからの雨漏りのリスクはカラートタンと変わりません。
コーキングで雨漏りしない保障はありません(施工の良し悪しと耐用年数で)。

キャッチ工法ではパネルを沢山載せる事が難しいのでしたら、瓦棒キヤッチ工法をお勧めします。
こちらならたくさん載せられるはず。
なお4寸勾配以上は効率が落ちるそうです(止める工法には関係ないですけど)。

http://www.sekino-reform.jp/solar/yaneshindan/kouhou_03.html
http://komatsubankin.web.fc2.com/A2_1.htm

我が家では、同じ工法ではないかもしれませんが、カラートタン業者さんの勧めで瓦棒葺きにして止めています、既に10年以上経過していますが、雨漏りはまったくありません。
見た目も大事なので、パネル部分以外は当時のブームだった横葺きにしてありますけど。

書込番号:14803478

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:21件

2012/07/15 22:48(1年以上前)

ussy155さん

ソーラーフロンティアは五重防水なのですね。五重防水の事を知らず、調べてみると少し安心しました!知らない方の為に説明させて頂くと、

【防水その一】穴にコーキングを打ち込みます
【防水その二】防水シートを穴の下へもぐらせます
【防水その三】金具の裏もブチルシート
【防水その四】防水ビスのパッキン
【防水その五】の防水の金具3辺コーキング(金具の上の辺と左右の辺)

他のメーカーも同様かはわかりませんが、ソーラーフロンティアは上記のように対応してくださるそうです。完璧かどうかはわかりませんが、ちょっと安心しました。


万一の時に備え、修繕費用を用意しておくのも重要ですね。(余裕があれば、良いですが・・・)

書込番号:14812451

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:21件

2012/07/15 22:52(1年以上前)

ツキサムanパンさん

私の言うキャッチ工法は、実はセキノ興産さんの瓦棒キヤッチ工法だったのです。
どうしても、風圧対策として、屋根の端部から通常以上に離す必要があるそうで、ボルト留めより搭載量がへってしまうようですね。

工務店さんの施工そのものは幸い信頼しておりますので、その点は安心なのですが・・・。長く快適に住みたいので、出来れば念には念を入れて穴をあけない施工をしたいと思っています^^

書込番号:14812477

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:5194件Goodアンサー獲得:1232件

2012/07/15 23:48(1年以上前)

>セキノ興産さんの瓦棒キヤッチ工法だったのです。

あ、そうでしたか、でも多少枚数が少なくなっても穴を開けない方法がベストですね。

なぜなら、施工する職人さんがみんな熟練工とは限らないからです、また、20年30年と使用するパネルに対して、支持金具廻りへ施工するコーキング剤の耐用年数は短いのです。
弾力を失って隙間やひび割れができたり、劣化目減りして補修が必ず必要になります。
一応参考までに

http://www.miyagi-taiyo.com/category/1569037.html

書込番号:14812834

ナイスクチコミ!0


R.I.S.Eさん
クチコミ投稿数:223件Goodアンサー獲得:4件

2012/07/16 12:58(1年以上前)

太陽光施工業者です。
ソーラーフロンティアは5重防水と仰々しくうたっておりますが、実際のところシャープ以外は同じだけの防水処理を行っています。
そもそもメーカー施工IDを取得する研修で、実際の屋根ではなく90cm角ぐらいの模擬屋根で施工研修を行うようなメーカーです。
アスファルトシングルへの施工基準を厳密に明確化できていないことからもわかるように、まだまだ未成熟なメーカーだと私は思っています。
サンヨーからそっくりそのまま太陽光事業を受け継いだパナソニックですら、お粗末ながらも室内に傾斜屋根を作って研修していますしね。
ソーラーフロンティアの美点としてはモジュール20年保証と、金属葺屋根の場合、1寸勾配から施工可能というところでしょうか。

メーカー別で考慮するなら、ドキュメントライブラリーを定期的に更新し、施工、電気、陸屋根とIDを分けている東芝が一歩リードというところですかね。

雨漏り対策は結局のところ施工する業者がどれだけそのリスクを理解しているかだと思います。
ただ結局のところ、素人の方ではそれらの判断はできません。
ひとつの目安として、自社施工を行っている会社を選ぶことです。
そういった会社であれば、実際は協力業者に施工を依頼しても、指示が明確に行えるので安心かと。
(指示する側の質にもよりますが。。。。)
ですが施工を協力業者だけに任せているところはてんでお話になりません。
最大手の家電量販店の下請けも行っていましたが、まず設計段階からめちゃくちゃです。
メーカー推奨施工を行えない設計、業者任せな指示、雨漏りしたら保険で解決すればいいというスタンスなどなど、知れば依頼したくなくなります。

施工保証15年ははっきり言いますと、モジュールの影に隠れて劣化しにくい位置にある変性シリコンの耐用年数です。
少々乱暴な言い方をすると、キチンとした施工をして最初の1年で雨漏りが無ければ15年ぐらい持って当たり前なのです。

セキノ興産のキャッチ工法は各メーカーの長期保証対象外となります。
一時期三菱が採用しようとしていましたが、引抜き強度不足のため見送りました。
設計を見ましたが、「よくあれでモジュールを支えられるな・・・・」と思ったものです。

屋根に穴を開けることで雨漏りのリスクはありますが、実際のトラブルは電気系統の方が多いですね。
営業担当者がどこまで太陽光を理解しているのか?私はそこが一番大事だとは思います。

書込番号:14814967

ナイスクチコミ!8


ussy155さん
殿堂入り クチコミ投稿数:1103件Goodアンサー獲得:241件

2012/07/16 13:15(1年以上前)

R.I.S.Eさんの情報は大きいですね。
追記ですが、私は屋根屋としての施工請負と並行して太陽光を事業展開している業者を選びました。もちろん自社の人員で施工を行い、メンテナンス部隊は別に組織している点も大きな要素でしたね。見積り時に屋根に登って実際の寸法を測って写真を撮っていった点も違いました。
それでも素人の私には施工の良し悪しはわかりませんが、少しはリスクの軽減にはなったとは思います。

書込番号:14815017 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:730件Goodアンサー獲得:15件

2012/07/16 21:35(1年以上前)

屋根を施工する時に はじめから 防水性の高いルーフィングを張るのも一つの手です。
ブチルゴム系のルーフィングなら 取り付けボルトにも絡まり易いですし、1夏過ぎれば、防水性はかなり上がるハズです。 屋根の上にソーラーパネルの屋根が乗る感じなので、 雨は相当遮られるとは 思います。  

しかし、経年変化と言う点では コンピューターでの解析や、シュミレート実験でしょうから、
実際の気候変動による耐候性とはチト違うので、(その建物の立地等によっても異なるでしょうから 心配な点はありますね、 ガルバ屋根には穴を開けても そこからすぐに錆びるわけではなく
周りが少し錆びて サビが止まる確立の方が高いです。 穴を開けた時の切粉などの撤去が大事だと思います。 

書込番号:14817011

ナイスクチコミ!0


H.comさん
クチコミ投稿数:278件Goodアンサー獲得:6件 縁側-牛飼いですの掲示板

2012/07/16 22:13(1年以上前)

屋根材一体の物を選んでみたら。

書込番号:14817272

ナイスクチコミ!3


R.I.S.Eさん
クチコミ投稿数:223件Goodアンサー獲得:4件

2012/07/16 22:18(1年以上前)

屋根防水材はアスファルトルーフィング940(22kg)を利用することが太陽光発電設置の前提です。
ライナールーフィングは東芝ではOKですが、パナ、ソーラーフロンティアでは不可となります。

アスファルトルーフィング940同等以上のルーフィング材を利用すること、と施工マニュアルには記載されています。
ですが、長い間この仕事に携わってるものの、同等以上の別素材は見たことも聞いたこともありません。
単なる私の勉強不足かもしれませんが。

施工する立場からいえば、アスファルトルーフィング940を使用していれば大丈夫、との見解です。
まあ、今時の設計ならば必ず使用しているかと思います。

書込番号:14817306

ナイスクチコミ!1


ussy155さん
殿堂入り クチコミ投稿数:1103件Goodアンサー獲得:241件

2012/07/16 22:57(1年以上前)

>R.I.S.Eさん
割り込みすいません。
知識不足でわからない部分があり教えて頂けないでしょうか。


>>施工する立場からいえば、アスファルトルーフィング940を使用していれば大丈夫、との見解です。

これは太陽光パネル設置の際の防水材としてアスファルトルーフィング940を使用すれば大丈夫という事でしょうか?
それとも元々の屋根にアスファルトルーフィング940を使っていれば大丈夫という事でしょうか?

すいませんがご教示頂きたくお願いします。

書込番号:14817560

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:5194件Goodアンサー獲得:1232件

2012/07/16 23:39(1年以上前)

>屋根材一体の物を選んでみたら。

確かに一体型(建材型ソーラーパネル)は雨漏りの心配は無く、見映えも良いですが、屋根仕上げ材として「家屋」固定資産税の評価額に反映されます。
それに対し据え置きタイプのパネルは「償却資産」とされていますので、「個人」には課税されません。
屋根材としての価格は、一体型は、ガルバ鋼板と比べると5倍も高い評価をされてしまいます。

http://www.edita.jp/kenblog/one/kenblog787856.html

書込番号:14817766

ナイスクチコミ!0


R.I.S.Eさん
クチコミ投稿数:223件Goodアンサー獲得:4件

2012/07/17 00:05(1年以上前)

>>ussy155さん

アスファルトルーフィングとは屋根材の下に敷く防水材のことです。
歴史はそれほどなく、ここ十数年で防水材のデフォルトとなった商材ですね。

いまでは傾斜屋根であれば瓦、スレート、板金、アスファルトシングルであろうがなんでも下葺き防水材に利用されています。

瓦の場合、外せばアスファルトルーフィングかどうかは一目瞭然です。
スレート・板金・アスファルトシングルの場合は残念ながら黙視できませんので、設計図の仕様書で確認するしかありません。

ただし、野地板がバラ板(小幅板)であればその隙間から見える事もありますが。。。。判断が難しいですね。

太陽光を設置する上で使用する防水材はブチルテープとなります。
スレート・板金金具でもラックレス(パナの場合はスリムマウント)金具でも同じです。

念のため、理想的な太陽光の設置基準を記載しておきます。

 防水材・・・アスファルトルーフィング940(22kg)
 野地板・・・構造用合板9mm以上(12mmが望ましい)
 垂木寸法・・・幅38mm以上×高さ40mm以上
 垂木ピッチ・・・455mm未満

屋根材についてはスレートが一番楽です。専用の金具もあるぐらいですから。
瓦の場合は、J型53AまたはB、F型40が支持瓦が使用できるので、施工的にも防水的にも良いかと。

野地板はOSBやパーチクルボードの場合は設置不可となる場合が多々あります。
対応できるメーカーは増えてきていますが、施工方法や野地板メーカーを限定されてしまいます。

一般の方は知らなくて当然ですが、設置業者で上記の常識を知らないようであればちょっと不安ですよね。


>屋根材一体の物を選んでみたら。

新築の場合、そういった選択肢もあるかと思います。
私は既築に対してのみの施工しかやったことがありませんが、新築設計段階から相談されることは多々あります。

そういったお客様から言われるのは
 ・新築業者に依頼すると高い!(kwあたり50万円以上が相場?)
 ・選べるメーカーが決まっている(なぜかシャープが多い)
ということですね。

ウチだとパナ・東芝でも40万前後、ソーラーフロンティアなら30万円前半で提供しているので、減価償却を考えるとやはり新築業者に依頼するのはもったいないと考えているのかと思います。

そりゃ同じするなら安い方がいいですからね。

ただ大手ハウスメーカーでは「他店で後から施工する場合、屋根防水に関する保証はその時点でなくなります」と言われてしまうようです。
よくある話なので、私は最初の段階で必ず確認してもらうようにしていますが。

固定資産のお話がありましたが、建材一体型の場合、確か火災保険も値段が上がるとか。聞いた話ですけど。。。。
このあたりは何分経験がないので突っ込まれると困っちゃいます^^;

書込番号:14817907

ナイスクチコミ!4


ussy155さん
殿堂入り クチコミ投稿数:1103件Goodアンサー獲得:241件

2012/07/17 00:35(1年以上前)

>R.I.S.Eさん
わかりやすいご説明誠にありがとうございます。
ご提供頂いた情報は消費者にとって大変貴重なものとなります。
事前に勉強し理論武装の上で業者さんと打ち合わせを行えば安心して施工も進められるという物です。
今後は値千金の黄金レスとして語り継ぎたいものです。

省みると私は運良く理想的な条件の上で適正価格での購入ができていた様で安心しました。
重ねてありがとうございました。

書込番号:14818028

ナイスクチコミ!0


Key_Starさん
クチコミ投稿数:66件Goodアンサー獲得:9件

2012/07/20 10:23(1年以上前)

スレ主さんへ

ガルバリウム屋根を選択とのことですが、最適の選択かもしれません。
横葺きか縦葺きかわかりませんが、穴をあけずにパネルの設置はできると思います。参考となるメーカーサイトは↓
http://www.caname-roof.jp/products/index.php?id=292
他にも同様のものがありますし、ソーラーフロンティア自体も適用できるものを持っているようです。公共・産業用のカタログには傾斜屋根の設置事例の中にありますから、工事業者と相談してはいかがでしょう。
http://www.solar-frontier.com/jpn/commercial/systemdesign/index.html
の傾斜屋根-->金属屋根ですね。
穴もあけないですから、雨漏りの心配もないですし、おそらくは、一番コストの低い設置方法です。新築時なら、足場も共用できる可能性がありますからね。

書込番号:14831224

ナイスクチコミ!0


クチコミ一覧を見る


価格.com Q&Aを見る

クチコミ掲示板検索



検索対象カテゴリ
を対象として

新着ピックアップリスト

  • 【おすすめリスト】グラボ
  • 【欲しいものリスト】自作PC
  • 【質問・アドバイス】a
  • 【欲しいものリスト】sosui2
  • 【欲しいものリスト】sosui1

ピックアップリストトップ

新製品ニュース Headline

更新日:1月21日

クチコミ掲示板ランキング

(太陽光発電)