『リッピングよりCDが音が良いのは何故?』 の クチコミ掲示板

 >  >  > クチコミ掲示板

『リッピングよりCDが音が良いのは何故?』 のクチコミ掲示板

RSS


「その他オーディオ機器」のクチコミ掲示板に
その他オーディオ機器を新規書き込みその他オーディオ機器をヘルプ付 新規書き込み



ナイスクチコミ38

返信23

お気に入りに追加

解決済
標準

リッピングよりCDが音が良いのは何故?

2013/08/15 23:59(1年以上前)


その他オーディオ機器

スレ主 kika-inuさん
クチコミ投稿数:932件

7月末に LINN AKURATE DSM (ネットワークプレーヤー兼HDMI入力端子装備のDAコンバーター兼プリアンプ) を購入しました。

元々の購入の目的は、HDMI接続によるDA変換機能の音の良さに惹かれ、ブルーレイ音楽ライブディスク(96Hz/24bit音源)視聴の為に購入し、音質の良さには大変満足しています。

購入当初は、HDMI DAC として使うだけで満足だったのですが、それだけではこの機器の良さを半分しか理解していないので、ここのクチコミでもしばしば登場するネットワークオーディオを始めてみようと思いました。

私は中学時代から三十数余年オーディオを趣味としており、パッケージメディアの再生に関してはある程度の知識を持ち合わせていますが、ネットワークオーディオに関しては初心者です。

幸いホームネットワークは、3年前に構築出来ており、最近ルーターも新しいモノに変えたばかりなので、セットアップ自体はスムーズに進み、先週からCDを30枚(クラシック20枚,ジャズ5枚,J-POP5枚)リッピングしました。

ここからが本題なのですが、そのリッピングした音源とCDを聴き比べてみたのですが、どれもCDの方が音質的に優位にあり、CDと比較してリッピングした音源は一様に情報量が欠落している様に音に厚みがなく、薄っぺらな音にしか聴こえませんでした。

ここのクチコミではリッピングした音源の方が優れているという様な書き込みを多々見受けます。理論上はリッピングの優位性は分かっているのですが、実際に自分でやってみると真反対だったので、「こんなものなのか?」という疑問が湧いてきました。

ネットワークオーディオをやられている方は、リッピングに対しどうお考えでしょうか?忌憚のない意見をご聞かせ下さい。お願い致します。

因みに、リッピングソフトは、LINN 推奨の dBpoweramp CD Ripper (FLAC形式のLossless Uncompressedでリッピング)で、再生ソフトは、LINN Kinsky Desktop です。

以下に使用システムを記しておきます。

●リッピング再生

NAS:バッファロー LinkStation LS-V2.0TLJ

↓ LANケーブル:エイム電子 NA3-R015

ルーター:バッファロー WZR-1750DHP

↑ LANケーブル:エイム電子 NA3-R015

ネットワークプレーヤー:LINN AKURATE DSM(ボリューム固定にして使用)

↓ XLRケーブル:NBS SIGNATURE3

プリアンプ:マークレビンソン No326S

 ↓ XLRケーブル:AET SINLINE EVD

パワーアンプ:マッキントシュ MC1000

●CD再生

CDプレーヤー:エソテリック X-01 D2

↓ XLRケーブル:NBS SIGNATURE3

プリアンプ:マークレビンソン No326S

 ↓ XLRケーブル:AET SINLINE EVD

パワーアンプ:マッキントシュ MC1000

尚、X-01 D2 の同軸デジタル出力を AKURATE DSM (ボリューム固定)で受け、DA変換後に 326S に送る、つまり、リッピング再生時と同じ AKURATE DSM をDACとして経由した場合もCD優位は変わらずでした。

書込番号:16473905

ナイスクチコミ!2


返信する
クチコミ投稿数:4181件Goodアンサー獲得:577件 縁側-「新・暇来亭」の掲示板ミュージックボックス 

2013/08/16 09:10(1年以上前)

お早う御座います。

 NASへのリッピングはどんなドライブでされて居ますか?
 そのドライブによっても音の善し悪しは出ると思います。
 PC附属のドライブでしたら外付けのBDドライブ等で読み出しするとか。
 リッピングに向いていると言われる製品もあります。
 単純に考えるとNASからSPまでの経路に色々な物があることも原因かと?
 デジタルだから「劣化しない」とは言われますが、アナログ再生と同じ様に
 出来るだけ経路に物を挟まない方が何故か音が良い場合もあると思います。
 
 リッピングしたデータを直に読み出すことは試されましたか?
 有線・無線に限らずルーターやLANケーブルはノイズ発生源になりうるとは感じます。

 提示されたシステム経路を見てもCD再生の方がシンプルで良い音が出る条件を
 充たしていますよね。

書込番号:16474690

ナイスクチコミ!4


ばうさん
クチコミ投稿数:5084件Goodアンサー獲得:242件 縁側-ばう(bauhoo)のメモの掲示板

2013/08/16 09:43(1年以上前)

こういったご質問に対するコメントとして、私は今までは掲示板に「音が良くなって聞こえるのは気のせいじゃないですか?」のような趣旨で良く書いていましたが、もっといいコメントの方法を思いつきました。

「音が良くなって聞こえるのは最近の猛暑のせいじゃないですか?」

(「猛暑」はたまたま今が夏だからです。秋なら秋で、冬なら冬で別の理由を書くことになります。)

書込番号:16474785

ナイスクチコミ!9


クチコミ投稿数:1067件Goodアンサー獲得:50件 縁側-好きなモンはしょうがないの掲示板好きなモノはやめられない 

2013/08/16 10:16(1年以上前)

こんにちは。

僕も最近ネットワーク・プレイヤー(パイオニアN-30)を導入して、せっせとリッピングに勤しんでいるところです。

ちなみに、NAS-HDDはバッファローのLS-VL0F5。
無線LANルーター使用で、ルーターは階下。
二階の自室に無線LANコンバーターを設置して、PCもNASもネットワーク・プレイヤーN-30もLANで接続。
そこから階下に飛ばしています。

なので、もしかしたら音の劣化が目立つのかな?とも心配しましたが、気になるような劣化は感じませんね。
ただ、気持ちの問題もあるかもですが、N-30本体のUSB端子にメモリーを挿して再生した方が、若干音に厚みが出るような出ないような・・・
これはプラシーボの範疇です。

で、ここからが本題なんですが、最近はタグ管理もし易いと思って、僕もflac形式を多用してリッピングしています。
若干でもファイルサイズ小さくなるし、いくら聴感上変わって聞こえなくても、mp3-320kbpsよりは気持ち的に満足できるし。

ただ、試しに同じ曲をflacとwavでリッピングしたものを聞き比べると、flacの音は高域が若干上がって低域が薄く感じるんですよねぇ。
kika-inuさんのPCのOSが何かは分かりませんが、普通にウインドウズ・メディアプレイヤーなりiTunesなりでwavリッピングしたファイルを再生してみてどう感じるか?
エグゼクト・オーディオ・コピーという定番リッピングソフトもありますが、ものは試しなので簡単なソフトでまずは試してみませんか?

解決法ではありませんが、これで何も変わらないならリッピング形式の問題では無いと、ひとつ原因の切り詰めが出来ると言う事で。

あと・・これを言ったら身も蓋もないかもしれませんが、高級CDPは情報量云々より、
「いかにいい音に聴かせるか?」に特化している機材だと思っているので、
聴かせ方の違いも多分にあるような・・・
でも、昔からオーディオを楽しんでいるkika-inuさんには言わずとも知れたことですよね。
失礼しました。

しかし、LINNにマッキン・・・憧れます(笑)

書込番号:16474879

ナイスクチコミ!2


クチコミ投稿数:132件Goodアンサー獲得:20件

2013/08/16 11:06(1年以上前)

今日は、kika-inuさん

LINN AKURATE DSM導入おめでとうございます。
私もネットワークオーディオはこの1年程で初心者でございます。
自分のシステムで下記の比較をしたことがあります。

QNAP NAS→NPS-2000→デジタル(SPDIF)→DAC→アナログ(XLR)→プリ

X-03SE→デジタル(SPDIF)→DAC→アナログ(XLR)→プリ

同じDACにネットワークプレイヤーからのSPDIFを入れた場合とCDPのSPDIFを入れた場合ではやはり音は違って聞こえますね。
ネットワークプレイヤーの方がシャープで尖がった感じに、CDPの方が低音が少し膨らんで柔らかく聴こえました。
聴きようによってはネットワークプレイヤー系の音は細く冷たく、CDP系はしなやかさを感じさせる暖かい音にも聞こえますね。
私はどちらがよりピントが合っているかから判断しネットワークプレイヤー系の音がその原理からくるメリットを感じさせる音と判断しました。
人によっては冷たい音は情報が欠如しているからでCDP系の方が情報量が多いのではという意見もあるかも。
聴いている音から情報量の大小や正確性を評価するのは非常に難しいことかもしれないですね。

CDPは原理的には内部のマスタークロックとの同期を回転するCDから作らなければいけない制約があることのみのはずです。
CDPではPLL(Phase Locked Loop)がかかっていると同期が外れそうになった場合には内部のクロックを回転系に合わせるために結果として回転系の揺らぎがDACのサンプリング間隔に影響を与えてしまうというもの。
ネットワークプレイヤーはその制約が無いことがメリットになります。
そのため同一条件で出てくる音の差はその制約の有無が音になったもののはずです。
CDPのほうが好ましい音に聞こえるのはもしかするとほどほどに音が揺らいで少しピントが甘くなる方が心地よさを感じさせる効果があるのかもしれないですね。

正直、たいした経験則も持ち合わせておらず、駄耳と思いつきの意見なので聞き流していただいて結構です。
ネットワークオーディオに詳しい方からすると全く違ったご意見があるかもしれないので私もうかがってみたいです(^^)

書込番号:16475050

ナイスクチコミ!4


スレ主 kika-inuさん
クチコミ投稿数:932件

2013/08/16 14:15(1年以上前)

浜オヤジさん、返信ありがとうございます。

リッピングのドライブですが、現在うちには、ディスクトップとノートの2台(共にパソコン工房のオリジナル品)あり、リッピングはパソコン内蔵のドライブを使っています。

なので、パソコン本体からのノイズや振動をもろに受けている可能性は高いですね。

一度、外付けのドライブを購入してやってみます。

>リッピングしたデータを直に読み出すことは試されましたか?

この場合、NASとネットワークプレーヤーを直接繋ぐという事ですか?

LANケーブルで繋ぐと、AKURATE DSM は、ネットワークを認識しなくなるので、再生ソフト( Kinsky )が使えなくなります。

NASにはUSB端子がありますが、AKURATE DSM には無いので、USB接続は不可能です。

何か良い接続方法をご存知ないでしょうか?

>有線・無線に限らずルーターやLANケーブルはノイズ発生源になりうるとは感じます。

ルーターやNAS等、ネットワークオーディオに使用する機器は、パソコンレベルでなら問題ないですが、ノイズや振動、冷却に対しては、オーディオレベルに達していないモノが多いです。

ある一定レベル以上のオーディオファイルの目線で見ると、筺体自体も「ちゃち」なのが多く、機械的にも価格的にもシステムに組み込むには抵抗があります。

今使っているNASは、元々オーディオ用に購入したモノではないので、8月初旬にバッフォローのオーディオ向けNAS LS421Dを注文しました(受注生産らしく納期は8月下旬)。

このNASを使ってみて、今後のシステム構築を考えてみます。

ただ、この分野でミドルクラス、ひいてはハイエンドとなると選択肢が少なく、気になるNASはあるのですが、AKURATE DSM と同じくらいの価格の為、少し躊躇してしまいます。何分、欲しいモノがいっぱいありますので・・・。

話しは変わりますが、他のスレで拝見しましたが、最近引っ越しをされて、JBL&Mcintoshを新調されたそうですね。

私も以前4344をMC2500(その後MC1000に代替え)で鳴らしていました。
マッキンの前はアキュフェーズP-500Lだったのですが、自分が思った様な音にはならず、中古で手に入れたMC2500で鳴らしたところ、見違える様に躍動的に鳴ってくれ、それ以来、パワーアンプはマッキンと決めています。

MC1000も15年使用しています。そろそろ、次のマッキンを考えたいのですが、ネットワークオーディオに行くか、パワーアンプに行くか、はたまた、4Kプロジェクターに行くか、思案中です。

書込番号:16475576

ナイスクチコミ!2


autounionさん
クチコミ投稿数:244件Goodアンサー獲得:19件

2013/08/16 14:29(1年以上前)

自分の場合は、ネットワークオーディオは、Pioneer N-50 とか DENON AVアンプとですが、ハイレゾデータ再生が主目的です。

LINNで「ブルーレイ音楽ライブディスク(96Hz/24bit音源)」では満足されているようですので、
「e-onkyo」[HDtracks]などからハイレゾ音源(24/48k以上)を購入されてみると違った視野があるのではないかと思います。
もちろん欲しいハイレゾ音源が存在しないのであれば仕方がないですが・・・

CDの場合は、こんな程度と思って 主に AirPlayで聴いています。
意外にこちらの方がよく聞こえる場合もあるかもしれません。
LINNでも AirPlayできますよね。

CDリッピングデータに関しては、他の方々も記述されていますが、WAV データを生成して

>X-01 D2 の同軸デジタル出力を AKURATE DSM (ボリューム固定)で受け、DA変換後に 326S に送る、つまり、リッピング再生時と同じ AKURATE DSM をDACとして経由した場合

と比べて見るといかがでしょうか?

しかし、すごい機材をお持ちなんですね。うらやましいです。
スピーカーは何をお使いなんでしょうか?
自分は、スピーカーで悩んでいるので単純な興味でお伺いしたいです。

書込番号:16475612

ナイスクチコミ!2


autounionさん
クチコミ投稿数:244件Goodアンサー獲得:19件

2013/08/16 15:33(1年以上前)

書き込もうと思って、すっかり忘れてましたが、
面倒でなければ、
Apple iTunes とか SONY media GO とかでリッピングしてみてみるのも有りかと思います。
・Apple iTunes だと現在の環境ですと wav ファイル生成
・media GO だと FLAC ファイル作成
と面倒ですし、傷などがあるCD等には?ですけど・・・


書込番号:16475782

ナイスクチコミ!0


スレ主 kika-inuさん
クチコミ投稿数:932件

2013/08/16 16:22(1年以上前)

メタリスト7900さん、こんにちは。返信ありがとうございます。

うちも無線ルーターを使ってまして、2階に親機とディスクトップ(有線接続)があり、リスニングルームにルーター子機を配置しています。
そのルーター子機に有線で、NAS と AKURATE DSM を繋いでネットワークを構築しています。
もう一台ノートは、無線で接続しており、再生( Kinsky Desktop )用に使っています。リッピングは2階のディスクトップの方がスペック上優れているので、デェスクトップで行っております。

もともと、ネット環境を導入する時は、ネットワークオーディオ自体ない頃だったので、パソコン環境とオーディオを一緒にしたくなかったので、光配線を2階の寝室に設置した関係上、無線ルーター子機を使うはめになり、NASには無線で飛ばす事になるので、これが要因のひとつになっていると思います。

ネットワークオーディオを本格的にやるのであれば、光配線を最初からやり直して、リスニングルームに出し、そこから NAS や AKURATE DSM を有線接続するのがベストの様な気がします。

>普通にウインドウズ・メディアプレイヤーなりiTunesなりでwavリッピングしたファイルを再生してみてどう感じるか?

最初は、音質が良いと言われているWAV形式でリッピングしていましたが、リッピング後のフォルダーを見ると、同じアーティストの3枚のCDがごちゃ混ぜで一つのフォルダーに入っており、管理がし難いので、ファイル管理がし易いFLAC形式でのリッピングに変えました。音質重視のディスクのみWAV形式のリッピングに使い分けするのが良いのでしょうか。

書込番号:16475895

ナイスクチコミ!0


スレ主 kika-inuさん
クチコミ投稿数:932件

2013/08/16 17:15(1年以上前)

晴れの日はお散歩さん、こんにちは。返信ありがとうございます。

以前の私のスレで、晴れの日はお散歩さんに良い書き込みをして頂いたおかげで、AKURATE DSM 購入に至り、ネットワークオーディオを始める事になりました。

この場をお借りして、お礼申し上げます。

>聴きようによってはネットワークプレイヤー系の音は細く冷たく、CDP系はしなやかさを感じさせる暖かい音にも聞こえますね。

そうかもしれないですね。

まだ始めたばかりなので、その様に感じるのかもしれません。

>CDPのほうが好ましい音に聞こえるのはもしかするとほどほどに音が揺らいで少しピントが甘くなる方が心地よさを感じさせる効果があるのかもしれないですね。

時間軸の揺れに関しては、私も理解しているつもりですが、X01 D2 は6年間使っていますので、すでに私の耳にはリファレンス的な存在です。
なので、体に馴染んでしまっているので、心地よく聴こえてくるのかもしれません。



書込番号:16476046

ナイスクチコミ!0


スレ主 kika-inuさん
クチコミ投稿数:932件

2013/08/16 17:48(1年以上前)

autounionさん、こんにちは。返信ありがとうございます。

ハイレゾ音源良いですね。

今現在購入を予定しているものが15枚あるのですが、今月はエイムのLANケーブルや、まだ来ていないバッファローのオーディオ向けNASやら、FIATのホイールやらで、来月末のカード払いが自分が決めている限度額キリギリ(これ以上使うと妻に知られてしまう恐れが・・・)なので、ハイレゾ音源は来月に回します。

>CDの場合は、こんな程度と思って 主に AirPlayで聴いています。
>意外にこちらの方がよく聞こえる場合もあるかもしれません。
>LINNでも AirPlayできますよね。

やったこと無いので分かりませんが、出来ると思いますので、AirPlayで聴いてみます。

>スピーカーは何をお使いなんでしょうか?

スピーカーは、B&W ノーチラス800 を使っています。今年でまる8年経ちました。その前は12年間 JBL 4344 を使っていました。

B&WもJBLも購入後まともになるまで2〜3年かかりました。ノーチラス800も8年経ちそろそろ浮気の虫が顔を覗かせているのですが、アンプやプレーヤー等のオーディオ機器は買い替えても、妻には分からない(リスニングルームには入って来ないので)のですが、スピーカーとなるといかに妻でも気づいてしまうので、買い替えるのが怖く、躊躇しています。



書込番号:16476134

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:132件Goodアンサー獲得:20件

2013/08/16 18:14(1年以上前)

kika-inuさん

拙い回答にレスありがとうございます。
書き忘れたのですが、私もdBpoweramp CD Ripperを使用しています。
リッピング時にRip StatusのところにAcurate(x)と出てくると思います。(xはデーターベース上のCRCが合致した数)
Acureateが出ているとデーターベース上の同じCDのリッピング結果のCRC(チェックサムコード)を比較して合致しているということなで正確なリッピングができているということです。
リッピング結果のCRCが一致しないとたしかNotAcurateとか出てくるはずです。
リッピングの正確性はこれで評価できているはずです。

あと、ネット上ではFlacとWaveファイルではFlacの方が少し音質が落ちるように感じるという意見を一度ならず読んだことがあります。
ただ、技術的にはデータをマスタークロックのタイミングで拾うまでに途切れることなくFlacのデータをデコードして並べているだけなので音質劣化の要因はないはずなのですが。
ものぐさなのでまだ比べてみたことはありません(^^)
あとWaveファイルにするとDLNAサーバー(Twonky Serverでしょうか)がTagデータを拾えないのでTagデータでのジャンル、アーチスト、アルバム別の表示ができなくなり曲数が多くなると厄介と思います。
そうした意味ではFlacが扱いやすいですね。

>リッピング後のフォルダーを見ると、同じアーティストの3枚のCDがごちゃ混ぜで一つのフォルダーに入っており

リッピングしたデータを落とすフォルダー名はdBpowerampの左下の[Naming]の設定で自動作成することができます。(Elementsのところを理解するのがちょっとめんどくさいかもしれませんが)
NamingのSetボタンを押してNaming欄に下記を設定すると。[アーティスト名]¥[アルバム名]¥[曲番 タイトル]でフォルダーとタイトルが自動設定されます。

[artist]\[album]\[track] [title]

参考まで

書込番号:16476199

ナイスクチコミ!2


クチコミ投稿数:4181件Goodアンサー獲得:577件 縁側-「新・暇来亭」の掲示板ミュージックボックス 

2013/08/16 18:54(1年以上前)

kika-inuさん、今晩は。

 お読みでしたか?
 引っ越しに伴い、最後の「散財」と言うわけではありませんが自分としては「冥土の土産」
 風な買い物で御座います。
 私も以前は4344を使っていた時期がありましたが、色々あって現在に至ります。

 私のPC-オーディオ環境は専用ノートPC+TEAC・UD-501+USBHDDでのリッピング物再生です。
 リッピングは古いVAIOのPCで行い、そのドライブはパイオニア製のDVDドライブですが
 かなり定評のあるドライブだそうです。
 ソフトにはEACやSoundo-organizer等でWAVに落としています。
 PCでfootbar2000・Audio-gateを通してUD-501でアップサンプリング或いはDSDとして
 再生しています。
 DACとしても使えるSA-50があるのですがまだそこまで手をつけていませんし、プリのC-50も
 DAC内蔵なんですがこれも又未設続です。

 私の場合はPCからの再生ですし、オーディオを聞くのは決まった部屋だけなのである意味
 システム全体が「単純」に構成されているのはメリットかも知れません。

書込番号:16476302

ナイスクチコミ!2


クチコミ投稿数:704件Goodアンサー獲得:199件

2013/08/16 21:45(1年以上前)

パイオニアのBDドライブと付属ソフトであるピュアリードを使ってみて下さい。ピュアリードのパーフェクトモードでリッピングし、エラーが出なければCDのデータを正確に取り込んだことになります。

このハードとソフトは現時点で最も信頼性の高いリッピングツールだと思います。

書込番号:16476937 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!1


氷呪さん
クチコミ投稿数:128件Goodアンサー獲得:5件

2013/08/20 00:58(1年以上前)

kika-inuさん

>パソコン本体からのノイズや振動をもろに受けている可能性は高いですね
いえいえ、リッピングしたデータとCDのデータを比較すれば多分100%一致しますよ。

>ルーターやNAS等、ネットワークオーディオに使用する機器は、パソコンレベルでなら問題ないですが、ノイズや振動、冷却に対しては、オーディオレベルに達していないモノが多いです。

ルーターやNAS等はその先の機器にきちんとデータを流せればそれで事足ります。
少なくともデジタルなら「伝送」においてはアナログよりも圧倒的に正確にデータを送れます。

でもデジタルにおいても音質の劣化は起こりえます。
演算能力の低いプロセッサが伝送過程のどこかに入っているとそこでデータが丸められてしまうことは十分に考えられます。プロセッサ以外にも再生ソフトウェアの出来が悪いと音質が悪くなる可能性もあります。音が変質するとすれば原因はここでしょう。

ケーブルの質が悪いから音が悪くなるという人もいますが、ケーブルの質が悪ければ普通に何かのデータを送っても再送要求がたくさん出て極端に遅い速度でしか通信できないでしょう。(そもそも通信が成り立たないかもしれませんが…)
こんなケーブルでオーディオデータ無理やり送ろうとしたら、たぶん音がブチブチ切れるでしょう。
もっとも、私はこんな珍しいケーブルは見たことがありません。

以上は私の私見です。

書込番号:16487953

ナイスクチコミ!1


autounionさん
クチコミ投稿数:244件Goodアンサー獲得:19件

2013/08/29 18:30(1年以上前)

kika-inuさん こんにちは

RES頂いていたのに返事が遅くなってしまい申し訳ありません。
やはり JBL 4344 お使いだったのですね。
Machintosh のアンプですからそれなりのスピーカーは想像していました。
ひょっとすると現在はマジコか?と思っていたのですが、B&W ノーチラス800 ですか
自分は、800D しか聴いたこありませんが、いづれもアンプが大変そうなスピーカーですよね。
JBL 4344 はバイアンプ駆動でしか、しっかりした音は聴いたことないのですので
ウーファーのサイズからするとノーチラス800 も同様でしょうか?
800D だとダブルウーファーなのでなおさらそう思いました。

自分もそのくらいのウーファーサイズのスピーカーだと満足できそうなんですが
ミドルorミニサイズのスピーカーを探しているので中々難しいです。

既にご存知とは思いますがハイレゾ音源の場合、中には元が44.1kの物を変換して
販売している物もありますので注意してください。
Victor系の物で何やら謳い文句が素晴らしいものがありましたので試しに
購入したものもありますが、多分お持ちのCD PlayerでCD演奏した方が良いかと
思いました。
アナログマスターの再マスター系か、元から 48k 96k DSDの物とは音の質が違う
印象です。

書込番号:16521303

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:32件Goodアンサー獲得:3件

2013/08/30 22:54(1年以上前)

こんにちは。あくまで私の経験による所感ですが、

まずLANを通すと音が悪くなります。
http://ameblo.jp/denkigaryou/entry-11516918920.html

また可逆圧縮でもWAVより音質は落ちます。
http://ameblo.jp/denkigaryou/entry-11522081210.html

EAC等は音が悪いので、Windows Media Playerで取り込むのがいいです。WMPはWAVでもきちんとアルバムごとにフォルダー分けされます。もし混じるなら何か設定がおかしいと思います。
http://ameblo.jp/denkigaryou/entry-11520388067.html

CPUやメモリーの量も音質に影響します。しかしそのネットワークプレーヤーに丁度いいものが積まれているかどうかは、残念ながら私にはわかりません。
http://ameblo.jp/denkigaryou/entry-11519133437.html

そして最も音質に影響すると思うのは再生ソフトです。私はDaum PotPlayerがずば抜けて高音質だと思います。しかしネットワークプレイヤーというのは他の再生ソフトをインストールできないのではないでしょうか?
http://ameblo.jp/denkigaryou/entry-11511978205.html

このあたりが影響してPCオーディオとしての実力が発揮できず、結果としてCDプレイヤーに劣る音になっているのではないかと推測します。
ちなみに私の家でのCDプレイヤーの音は、今や悪い音の見本扱いです。

書込番号:16526096

ナイスクチコミ!1


殿堂入り クチコミ投稿数:371件Goodアンサー獲得:48件

2013/08/31 05:16(1年以上前)

スレ主さん

いろんな意見が出てますが結局、個々の環境で音の善し悪しは変わるので参考程度でいいんじゃないんでしょうか??
ネットワークオーディオが初心者って言ってもスレ主さんのオーディオ経験値はたぶん私らより高い気も致します:-)笑

私が思うにネットワークオーディオって利便さが第一です。
手元のスマホやタブレット端末でネットサーフィンや読書、メールなどの作業しながら部屋のどこに居ても楽曲を選曲できたり曲情報を確認できたりしながらも、お気に入りのスピーカーで聴ける遊びゴコロあるオーディオです。

今までとは比べてください。
楽曲変えたいと思ったら今の作業をストップしてCD棚から探して見つけたらCDを交換して楽曲のトラック番号を確認入力そしてやっと再生。
その儀式(?)も嫌いじゃないですけど(笑)今までとは違った聴き方できる点はスバらしい分野だと思います。

ちなみに私も音的には浜オヤジさんがおっしゃる通りCDP→アンプ→スピーカーが一番シンプルでいいと思います。

>ネットワークオーディオをやられている方は、リッピングに対しどうお考えでしょうか?忌憚のない意見をご聞かせ下さい。お願い致します。
>管理がし難いので、ファイル管理がし易いFLAC形式でのリッピングに変えました。音質重視のディスクのみWAV形式のリッピングに使い分けするのが良いのでしょうか。

私はEACでリッピング、FLAC形式、ミュージックフォルダに「/アルバムアーティスト/アルバム/曲番 タイトル」で管理。
タグ編集はMp3tagで編集後、NASとPCに保存です。
WAVはタグ情報が残せないのでWMPしかまともにネットワークオーディオは使えませんww
私はNAS使うなら音質重視とはいえ個人的にWAVは使いにくいのでおススメしません。(たいした音質の差を感じないのでorz)

書込番号:16526844

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:11件

2013/09/27 21:19(1年以上前)

亀レスでありますのでこっそりと、、、

いろいろな話がありますけどデジタル化にも利点はあります。
極端に言えば、ひとつのデータに対してでも加工できること、、、電気臥竜の言うとおり再生ソフトが音質に影響するというのは本当で、高音質を謳うものはデジタルの時点で加工して送っているようです。

、、、まぁこれを書いていてどこかを参考にしようと調べていたら分かりやすいサイトがあったのでどうぞw
http://www.phileweb.com/magazine/audio-course/archives/2008/04/24.html

、、、う〜ん言いたいことがほとんど書いてあったw
、、、まぁプラス補正があるってことですねw

書込番号:16639600

ナイスクチコミ!0


kazuroyalさん
クチコミ投稿数:83件Goodアンサー獲得:2件 縁側-パソコンをオーディオとして使用する際の音質アップ大作戦。の掲示板

2013/10/31 00:24(1年以上前)

パソコン設定のほんの一部

こんばんは。

お役に立てるかどうかわかりませんが、パソコンの諸設定を、オーディオ用に整えることにより、
音質アップの可能性もありますので、下記に私の経験則による設定方法をまとめました。
参考になさってください。

http://engawa.kakaku.com/userbbs/1418/

書込番号:16775887

ナイスクチコミ!0


Kazu_tinさん
クチコミ投稿数:21件

2014/06/25 17:21(1年以上前)

私もLINN DS使っていますが、レコードやCDに比べて、圧倒的に音は悪いです!!!
ネットワークオーディオが悪いのではなくて、LINNの音が悪いだけですから勘違いしなでください。
私はLINN DSは参考的に聞くためにしか使っていません。
といっても、ネットワークオーディオで、まだ、一番、音がましなのはLINNですから、
ネットワークオーディオを基軸にしないほうが良いでしょう。

レコードでも聞いたらいかがでしょうか。

書込番号:17664824

ナイスクチコミ!2


katogoさん
クチコミ投稿数:45件

2019/10/14 19:55(1年以上前)

つか、30数年もオーディオをやっていればわかるかと思いますが、CDプレーヤーは各メーカーともに補完と付加して音質を変えています。

1990年代に特に流行になり、ケンウッドならK2プロセッシング、デンオン(現デノン)ならアルファプロセッシング、パイオニアならレガートリンクコンバージョン、アキュフェーズならMMBデジタルプロセッサー(MMB方式D/Aコンバーター、現行のアキュフェーズのプレーヤーではMDSD方式D/Aコンバーター)、エソテリックならSwing-Suppressionノイズシェーピング24ビット刄ー・PWMなどがありました。



だからCDの16bit44.1kHzの純粋な音ではなく、メーカー独自の技術で音に味付けがされています。
CDに含まれていない20kHz以上の音を補完(付加)していたりもしています。


だからそうした機能のないネットワークプレーヤーと、CDの再生とでは音が違っているのです。

仮にネットワークプレーヤーで再生するために、CDからリッピングしたデジタルデータをPC上あるいはオーディオ機器上で24bit 192kHzに変えても、恐らくソフトや機器における差が明瞭に出るでしょう。

SonyのソフトとKORGのソフトではアップコンバートで音質差があったという記事をみました。アップコンバートの仕方が異なることが原因らしく、波形でも違いが出るそうです。


いずれにせよ、CDプレーヤーと同じで最終的にはD/A変換にしてスピーカーへ伝送されるのでD/Aコンバーターの性質に音質は依存するのではないでしょうか。


書込番号:22987895

ナイスクチコミ!2


クチコミ投稿数:68件Goodアンサー獲得:4件

2020/05/12 19:08(5ヶ月以上前)

長々とここまで読んできて、そんなに音が変わるものか?と思いながら、最初のシステム構成を読み直してみたら…
なんだ、「リッピング再生とCD再生で使ってるDACが違う」じゃない!
そりゃこの2つで音が違うのは当たり前でしょ
単純にCDプレイヤーのDAC以降のアナログ回路の性能がネットワークプレイヤーのそれを上回っている、ってだけでしょうね

書込番号:23399786 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!1


katogoさん
クチコミ投稿数:45件

2020/08/04 12:41(2ヶ月以上前)

>>最終的にはD/A変換にしてスピーカーへ伝送されるのでD/Aコンバーターの性質に音質は依存するのではないでしょうか。

ということです。

ネットワークプレーヤーのDACは恐らく素のままで味付けなし、しかも比較的安価なDACなのかもしれませんね。

書込番号:23578493

ナイスクチコミ!0


クチコミ一覧を見る


価格.com Q&Aを見る

クチコミ掲示板検索



検索対象カテゴリ
を対象として
選び方ガイド

製品選びに必要な知識を
みんなで共有!

[その他オーディオ機器]

その他オーディオ機器の選び方ガイド

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

新製品ニュース Headline

更新日:10月30日

新製品ニュースを見る

クチコミ掲示板ランキング

(家電)

ユーザー満足度ランキング