『earmo shake 1122』 の クチコミ掲示板

 >  >  > クチコミ掲示板

『earmo shake 1122』 のクチコミ掲示板

RSS


「イヤホン・ヘッドホン」のクチコミ掲示板に
イヤホン・ヘッドホンを新規書き込みイヤホン・ヘッドホンをヘルプ付 新規書き込み



ナイスクチコミ7

返信7

お気に入りに追加

解決済
標準

earmo shake 1122

2014/08/25 20:19(1年以上前)


イヤホン・ヘッドホン

クチコミ投稿数:12件

どなたか試聴または所有されている方がいらしたら感想をお願いします。

書込番号:17869224 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!0


返信する
クチコミ投稿数:6件Goodアンサー獲得:1件

2014/08/27 00:36(1年以上前)

以前Earmoの全機種の試聴をしてきました。

正直な感想、自分はshakeシリーズには惹かれませんでした。
試聴は社長さんが対応はしてくれたのですが、社長さん自身もshakeシリーズはドライバーを突っ込んだだけだから万人受けする音ではないと言ってましたw
試聴した感想としては、shakeシリーズ通してまとまりのない音であまりクリアに感じられませんでした。

一方Tuneシリーズは名前の通りドライバー同士をチューニングしてあるので、ちゃんとクリアな感じがしました。
Earmoの一番人気はTune5のようで、社長さんも一押しのようでした。
Tune4はER4シリーズのカスタムと完全に思っていいようです 。Tune4を作った動機も、3段キノコが痛いと言う客のためだったそうですので。


川口まで近いのでしたら、とりあえず試聴するといいと思います。音の好みが違う可能性も十分ありますし。
また、Earmoは装着感に自信を持っている様ですので自分の耳型で聞くと変わるのかもしれませんしね。


もらったパンフレットの画像も添付しておきますので、良かったら参考にしてください(1122は載っていませんが)。

書込番号:17873161 スマートフォンサイトからの書き込み

Goodアンサーナイスクチコミ!3


クチコミ投稿数:97件Goodアンサー獲得:6件

2014/08/27 04:17(1年以上前)

shake 1122は聴いた事がありませんが、earmoの型番は1がCI、2はDTECを表していますので、CIx2+DTECx2になりますね。
一見、4ドライバに見えますが、DTEC(読み方はディーテック)はTECというドライバを2個1組にした物なので計4つ、CI2個を合わせて6ドライバになります。
Westoneのモデルで言えば、CIは3、5、DTECは4、6、が付く機種ののローに使われているドライバ、どちらも中低域用ドライバなので高域が不安かな。
やっぱり、earmoを購入するならTune 4(まあ、少なくともER-4の1964リモ辺りよりマトモな抵抗を使っているし)かTune 5が無難だと思います。
まぁ、高価で雑っぽく見える Big Ear Inc.(http://www.bigearinc.com/)辺りよりはいいのか?いや、しかし・・・

ユニバーサルからのステップアップで多ドラを試したい、$500〜$1000ラインで6ドライバ以上、
比較的ラインナップが充実しているメーカーという条件だと

アメリカ 1964 EARS(http://www.1964ears.com/)正直、ここが最も無難だと思う。
     DRM EARZ(http://drmearz.com/)リスニング向けはAUDIO EARZ(http://audioearz.com/)創立者はドラマーらしい。
     InEarZ(旧Fisher Hearing http://www.inearz.com/)10年以上やっているので老舗の部類かな。
     Perfect Seal(http://perfect-seal.com/)ここはよく分からない。単に予定?

シンガポール(ラボはマレーシア?) G-Customs( http://g-customs.com/

辺りかな、国内メーカーは人件費が高いのでちょっと難しいですね、ヨーロッパのメーカーの方が高いけど。
各社を見てみると、ヨーロッパのメーカーの場合、JM-Plusとかの代理店を通した方が安い事もありますね。

各メーカーLink

イギリス Advanced Communication Solutions (http://www.acscustom.com/)
     Frogbeats(http://customs.frogbeats.com/)うーん、なんだか某社と被る様な気がするけど。
     Minerva Hearing Protection (http://www.minerva-hearingprotection.co.uk/)
     Proguard Hearing Protection(https://www.proguarduk.co.uk
     Puretone Music (http://www.puretonemusic.net/)

ドイツ Fabs - fabulous earphones(http://www.fabsearphones.de/)オプションのステンレスシェルが目を引く。
    InEar Monitoring(http://www.inear-monitoring.eu/de/)シリコンモデルの2ピース構造が珍しい。
    rhines custom monitors(旧COMPACT MONITORS http://www.rhines-customs.de/
    VISION EARS(旧COMPACT MONITORS http://www.vision-ears.de/

ポーランド Custom Art (http://www.thecustomart.com/)
      Lime Ears (http://www.limeears.com/)
      Spiral Ear (http://www.spiralear.com/) ここのSE 5-way Referenceって評価高いですね。5ボアも珍しいし。
 
フランス EarSonics(http://www.earsonics.com/
     Insono(製造はINTERSON-PROTAC http://www.interson-protac.com/)あれ?現在はやってないのかな?
よく分からん。

イタリア EarPower(http://earpower.jimdo.com/
     LiveZoneR41(http://www.livezoner41.com/

ベルギー Variphone(http://www.variphone.com/)ここのVariphoneシリーズって自社製かな?

オランダ Earproof(http://www.earproof.com/

ポルトガル Sound Fusion(http://soundfusion.pt/

スウェーデン Cosmic Ears(http://www.cosmicears.com/)激安メーカー
(現在はディスコンですがダイナミックドライバのPureは当時のレートで一万円以下だった。)

ノルウェー M-Fidelity custom in-ear monitors(旧スターキーノルウェー http://inearmonitoring.wordpress.com/
シリコン充填や2つのスイッチで4通りのセッティング(SA-43)等、変わったオプションが存在する。
EU加盟国ではないので、ユーロ表記ではありません。
 
ウクライナ Ambient-Acoustics (http://ambient-acoustics.com.ua/) 何となく打ち込みに合う印象。

うーん、やっぱりラインナップが寂しいメーカーが多いな。

書込番号:17873331

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:12件

2014/08/29 17:06(1年以上前)

丁寧なお答えありがとうございます。そうですかやはりshakeシリーズはあまりよくないのですね。今度時間があったらtune5聞いてみようと思います

書込番号:17880882 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:12件

2014/08/29 17:09(1年以上前)

カスタムiemのメーカーについてあまり知らないのでそんなにメーカーの種類があるとは知りませんでした。有名どころしか知らないもんで…
ありがたく参考にさせていただきます

書込番号:17880888 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:97件Goodアンサー獲得:6件

2014/09/25 04:30(1年以上前)

補足、絶対とは言えませんが、Tune 4はER-4と同じくタクマンの抵抗を使っているみたいですね。

あと、よく考えたらイギリスのAudioFit(http://www.audiofit.co.uk/)を忘れていました。

又、上で挙げたInsonoは完全にINTERSON-PROTAC(http://www.interson-protac.com/2.19874.85010.musique.ear-monitor.html)に移行したみたいですね。


他に面白い所では、カナダの Plunge Audio(http://plungeaudio.com/)の製品がありますね。
(うーん、しかし、MinervaのMi-Artist ProやMi-Performer Proといい、1723を使った機種って多いな・・・)
リスニング機としては関係無いかとは思うが、”Dynamic perspective system”というオプションが興味深い。

画像を見ると、フェイスプレートに耳栓型の小型補聴器が埋め込まれている様に見えます。
このオプションを選択する事によって、5通りのチューニングが可能になり、又、外音を聴く為の音導管が追加される様なので、補聴器のコントローラーとマイク機能を流用しているのかな?
あと、モデルのドライバ数ごとに”Dynamic perspective system”の値段も違う。(5ドライバの”Lima ”は載っていませんが)

解釈が間違っているかもしれませんが、最も大きな特徴は、骨伝導による閉塞感等の悪影響が是正され、立体感が得られるという物らしい。
補聴器の機能を知らないので、ちょっと調べてみたら「最近のデジタル補聴器の中には、騒音下の聞こえを改善するために、マイクロホンに入ってくる音の方向や聴取環境を常に分析し、無指向性から指向性までを全自動で変化させる機能を持った補聴器もあります。」と、説明されている。
何だか凄い事になってますが・・・演算用のプロセッサとアンプが搭載されている。と、いうことはROMかRAMにファームウェア、BIOSみたいにマイクロコード(本来の意味はともかく、便宜上の名称)が入っているのだろうか?自作PCみたいに相性問題(自作を始める前の基礎知識だと思っていたけど、最近の人は知らないんですよね。)は関係無いと思うけど。
相性問題ってハード的な物だと考える人が多いのは何故だろう。ハード的な物は製品仕様だと思うけど。製品仕様の場合は原因がハッキリしているから回避や動作する組合せでの使用が比較的楽なんですよね。マザーボードや各種拡張カードのBIOS、各種ドライブやキーボード、マウスのファームウェアやメモリのSPD等、(CPUもステッピング変更でマイクロコードが変わっている。流石にIBM PC/AT互換機みたいなオープンアーキテクチャだけで無く、昔のMacみたいなクローズドアーキテクチャでもコレからは逃れられないと思う。)これらのソフトのおかげでOSが入っていない状態でも各パーツ同士が認識されるというのに。
以前、マザーボード上のUSBコネクタが少なかった頃、USBコネクタをケチろうとして、USBキーボードにPS/2変換コネクタ取り付けて使おうとした奴がいた。しかし、キーボードは動作しなくて大騒ぎ。
話を聞くと変換コネクタ付属で売っている製品じゃなくて、PS/2変換コネクタは別に用意した物らしい・・・「ファームウェアにUSBの情報しか入っていないキーボードじゃ動く訳無いだろう・・・動くキーボードはUSBとPS/2の両方のマイクロコードを持っているんだよ。」って説明しなければならない事がありました。
あと、古くて誰も解らない例えかもしれないけれど、かつてのセガのゲーム機、ドリームキャストに採用されたPower VR2を搭載する唯一のビデオカードVideoLogic(現Imagination Technologies)のNeon 250は、マイクロコードの相性でKatmaiコアのPentiumVでは動作するけれど、CoppermineコアのPentiumVでは動作しなかったりする。

アンプは多分トランジスタだろうと思うけれど・・・。上手く説明出来ないが、大雑把に言うとFET(FET=電界効果トランジスタ、主に電圧に関係し精度は高く、又、スイッチが早いというメリットがある。でも、それは同時にスイッチングノイズも大きいというデメリットにも繋がる。)と、トランジスタ(この呼び方も曖昧ですが、便宜上使わせて頂きます。主に電流に関係し精度はそこそこ)が、ありますね。
例えば、細い水路に少量の水が流れていたとします。水路の先には水車がありますが、普段の水量では水車を動かすには不十分です。そこで、水路をせき止め水門を取り付けます。水が十分に溜まったら水門を開く。これによって水車を動かす為の水圧を得る事が出来る。昇圧の仕組みはこんな感じ。
MOS-FETやトランジスタ、真空管は、この水門の役割をする。で、水門を開くと水が波となって押し寄せる。この波がスイッチングノイズで、こいつが本当に厄介。半導体とはそういう物だけれど。そもそも、電気を通す導体と通さない絶縁体の両方の性質を持っている為、”半”導体と言うのだから。
(スイッチング電源はスイッチングノイズがあるので良くない。と、いう話はよく聞くと思いますが、そもそもスイッチングノイズとは何ぞや、と言ったらそんな感じの物。)
ああ、よく考えたら増幅と演算を別々に捉えずにオペアンプを使えばいいのか・・・どの程度複雑な事まで出来るのか知らないけど。

JH のAmbient FRもそうだけど、IEM本来の目的であるステージモニターに特化している感じで、リスニング用として購入するのは疑問符が付くけれど聴いてみたくはありますね。

カナダだと他にHearSmart Solutions(https://www.hearsmartsolutions.com/)もありますね。シリコンの素材が3種類ぐらいあるのが珍しい。(Standard Siliconeは良いとして、Sleeper Siliconeって何コレ?あと、Floatable Siliconeというのは、水泳用の耳栓等に使われるアクリル製の微小な泡の入ったシリコンで、水に浮き、通常のシリコンより遮音性が高いらしい。チューニングが同じだったら高域は大丈夫か?という疑問があるけど。)

書込番号:17978597

ナイスクチコミ!1


nobu.kkさん
クチコミ投稿数:130件Goodアンサー獲得:2件

2014/10/05 08:27(1年以上前)

解決済みですが・・・
私は今年の4月にshake12をつくりました。

その後、リモールドを二本作成(Rooth)しましたが、出番は減りましたがDAP(AK100)直挿しの時は必ず使っています。
注文時にIM02を使っていて、高音がもう少し欲しいと相談したところ「Tune5」を進められましたが、AcuPass 1723搭載機でしたらIM02と変わりませんし、他にもメーカーはたくさんあります。

そんな中で、比較的バランスのとれていたのがshake12でした。
「ちょっと低域が足りないかな?」と思いましたが、出来上がりはそれほどではありませんでした。

earmoさんのカスタムは、カナル部分が長く耳全体で蓋をするという遮音ではなく、カナル部分を長くして遮音をするという感じなので、最初の内は違和感が多いと思います。

ダラダラ書いてしまいましたが、カスタムの場合視聴機と完成品の音は違いますし、メーカーにより「音楽を楽しく聴く/音楽を作る」タイプに別れ、DAP・聴く音楽によっても変わってきます。

結論として「作ってみないとわからない」ということです。

もし、オールジャンルで行きたいのでしたら値段は張りますがUEのイヤモニで18PROあたりがいいと思います。

書込番号:18015638

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:97件Goodアンサー獲得:6件

2014/11/25 05:54(1年以上前)

さて、楽しい理科実験の時間だ

Black Fridayセールやクリスマスセールの時期が近づいてまいりました。(まあ、円安で国内メーカーのアドバンテージも上がっているけど。)
取りあえず、関係ありそうなメーカーLink

North America

アメリカ合衆国
United States of America(USA)

1964 EARS( http://www.1964ears.com/
Advanced Ears( http://www.advancedears.com/
Alclair (http://alclair.com/
AlienEars( http://www.alienears.com/
Altec Lansing( http://www.alteclansing.com/
Aurisonics (http://aurisonics.com/
Big Ear Inc.(http://www.bigearinc.com/
Clear Tune Monitors (http://cleartunemonitors.com/
dBPlugz(http://dbplugz.com/)InEarZのOEM?
DRM EARZ(http://drmearz.com/
EarWerkz(http://www.earwerkz.com/)Gorilla EarsのOEM?
E.A.R. Inc.( http://www.earinc.com/p2-music-pro.php
Earsound Customs (http://www.earsound.com/
EARTECH MUSIC (http://www.eartechmusic.com/
Fidelity Custom Earphones( http://www.fidelitycustomearphones.net/
Fit-Ear( http://www.fit-ear.com/
Future Sonics( http://www.futuresonics.com/
Gorilla Ears(http://www.gorillaears.com/
Got Ears( http://www.earplugstore.com/fullcustomearphones.html?_s_icmp=HOMEGRID_IEMS)Westoneの代理店だけど Challenger Seriesが存在する。
InEarZ(http://www.inearz.com/
JH AUDIO(http://www.jhaudio.com/
Kozee Sound Solutions (http://kozeesolutions.com/
LiveWires (http://www.mylivewires.com/
Microsonic (http://www.microsonic-inc.com/index2.php?section=63
NOBLE AUDIO(http://nobleaudio.com/
Perfect Seal(http://perfect-seal.com/
Sensaphonics http://www.sensaphonics.com/
SleekAudio (http://www.sleek-audio.com/
Starkeyブランド( http://www.starkey.com/hearing-aids/personal-audio)Tunz ( http://www.trytunz.com/)もしかすると最も入手性が良いカスタムIEMメーカーかもしれませんね。
Ultimate Ears (http://www.ultimateears.com/
Westone( http://www.westone.com/hhc/

うーん、激安メーカーのFreQが見つからないな・・・

カナダ
Canada
    
HearSmart Solutions(https://www.hearsmartsolutions.com/
Plunge Audio(http://plungeaudio.com/

Europe

イギリス 
United Kingdom(UK)

Advanced Communication Solutions (http://www.acscustom.com/)
AudioFit(http://www.audiofit.co.uk/
Frogbeats(http://customs.frogbeats.com/
Hearwave(http://www.hearwavetechnology.com/
Minerva Hearing Protection (http://www.minerva-hearingprotection.co.uk/)
Proguard Hearing Protection(https://www.proguarduk.co.uk
Puretone Music (http://www.puretonemusic.net/)
Ultimate Hearing Protection Systems(http://www.ultimateear.com/)

ドイツ
Bundesrepublik Deutschland(Germany)

Fabs - fabulous earphones(http://www.fabsearphones.de/
InEar(http://www.inear-monitoring.eu/de/
rhines custom monitors(旧COMPACT MONITORS http://www.rhines-customs.de/
VISION EARS(旧COMPACT MONITORS http://www.vision-ears.de/

ポーランド
Rzeczpospolita Polska (Poland)

Custom Art (http://www.thecustomart.com/)
Lime Ears (http://www.limeears.com/)
Own Fidelity (http://www.ownfidelity.com/)
Spiral Ear (http://www.spiralear.com/) 

オランダ
Nederland(Netherlands)

Earproof(http://www.earproof.com/
Ears4U(http://www.ears4u.nl/en/
RS AUDIO(http://www.rsaudio.nl/
 
フランス
Republique francaise(France)

EarSonics(http://www.earsonics.com/
INTERSON-PROTAC(旧Insono http://www.interson-protac.com/2.19874.85010.musique.ear-monitor.html

イタリア
Repubblica Italiana(Italy)

EarPower(http://earpower.jimdo.com/
LiveZoneR41(http://www.livezoner41.com/

ベルギー
Koninkrijk Belgie(Belgium)

Variphone(http://www.variphone.com/nl/category/variphone-series

ノルウェー
Kongeriket Norge(Norway)

M-Fidelity custom in-ear monitors(旧Starkey Norway  http://www.inear.no/

ポルトガル
Republica Portuguesa(Portugal)

Sound Fusion(http://soundfusion.pt/

スウェーデン
Konungariket Sverige(Sweden)

Cosmic Ears(http://www.cosmicears.com/

ウクライナ
Укра?на(Ukraine)

Ambient-Acoustics (http://ambient-acoustics.com.ua/) 

Oceania

オーストラリア
Australia

c-ear (http://www.c-ear.com/au)ドイツInEarのOEM?

ダイナミック型は難しいですね。Future Sonicsの様にエアチャンバーを使わずインナーイヤー型みたいな使い方をするか・・・
ビクターの5.8mmはカナルに収まるのだが。純粋なダイナミック型よりハイブリッド型が多いのはわかる気がする。

書込番号:18204290

ナイスクチコミ!0


クチコミ一覧を見る


価格.com Q&Aを見る

クチコミ掲示板検索



検索対象カテゴリ
を対象として
選び方ガイド

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

新製品ニュース Headline

更新日:11月26日

クチコミ掲示板ランキング

(家電)

ユーザー満足度ランキング