『CISパネルの過積載』 の クチコミ掲示板

 >  > 太陽光発電 なんでも掲示板
クチコミ掲示板 > 太陽光発電 > 太陽光発電 なんでも掲示板

『CISパネルの過積載』 のクチコミ掲示板

RSS


「太陽光発電 なんでも掲示板」のクチコミ掲示板に
太陽光発電 なんでも掲示板を新規書き込み太陽光発電 なんでも掲示板をヘルプ付 新規書き込み



ナイスクチコミ19

返信55

お気に入りに追加

解決済
標準

CISパネルの過積載

2016/11/08 20:45(1年以上前)


太陽光発電 > 太陽光発電 なんでも掲示板

スレ主 SAXRSさん
クチコミ投稿数:452件

現在、日射量の高い地域にて野立てを検討しています。
CISパネルで過積載、70kW前後を考えています。
パワコンで悩みどころなのですが、候補はSMA単相11台構成です。
もしくはMPPTのあるオムロンRシリーズ9台です。

ただ、CIS170Wの解放電圧を考えると、単相パワコンはほとんどが450Vまでのため、CISでは3直までしかできないことになります。
過積載は直列数を増やして電圧を高く、電流値を小さくすることで抑制にも有効で、日射量の低い天候時の発電量を向上させるメリットがあると聞きます。
単相パワコンでCISを選択する場合、並列回路ばかり増えることになるため、温度抑制のリスクが高まるだけで実は期待した程過積載のメリットがないのではないかと思い始めてきました。
質問なのですが、3直にした場合の解放電圧は336Vですが、実際はCISの光照射効果によってさらに高くなるのでしょうか?
また、曇等低日射量の天候時にはこの電圧値も、がくっと落ちるという理解でよろしいでしょうか。
やはり4直、5直にできる三相パワコンの方が、低照度の場合は3直よりも電圧が高くなるため有利な気がしますがいかがでしょうか。
(もちろん、三相では変換効率が落ちる、絶縁トランスが必要となる等のデメリットもありますが・・)

また、SMA単相は2回路(各2入力)マルチですが、入力方式としては各回路間がマルチそれとも回路当たりの入力間がマルチということでしょうか?
例で説明しますと以下は可能でしょうか?

回路@;3直3並列(入力1)、3直2並列(入力2)
回路A;3直3並列(入力3)、2直2並列(入力4)
合計28枚

この辺よくわかってないので、よろしくお願いします。

書込番号:20374525

ナイスクチコミ!0


返信する
クチコミ投稿数:2532件Goodアンサー獲得:188件 CIS 165*300発電所 記録 

2016/11/08 23:56(1年以上前)

三相PCS 入力電圧

スレ主さん

いよいよ、夢のCISシステムの設置が近づいてきましたね〜。素晴らしいシステムの構築を祈ります!

>3直にした場合の解放電圧は336Vですが、実際はCISの光照射効果によってさらに高くなるのでしょうか

つい数日前、快晴の日の正午付近でパワコンを開けてみたら、入力電力が最高値で347Vくらいでした。表示窓を見ていても、値は刻々と変わるのですが、330V台くらいが常だったと思います。曇天などの低日照時に劇的に落ちるかどうか、よく見ておらず勉強不足で申し訳ありません。

当方の三相システムは4直、単相システムは3直ですが、非過積載システムではありますが、変換効率の高い単相のほうが実発電量(システム出力係数値)はやはり高いです。過積載でもおそらく同様ではないかと思います。(違っていたらすみません)

>やはり4直、5直にできる三相パワコンの方が、低照度の場合は3直よりも電圧が高くなるため有利な気がしますがいかがでしょう

日の出、日の入りといった、傾斜角の大きいパワコンの電源がオンかオフかのギリギリの時間帯の状況をみると、三相も単相もほとんど変わらないような感じだと思います。実発電量的に言うと、誤差程度のものかと思います。

SMAのパワコンに関しては、そらとやまさんやgyongさんのコメントがつくと思います。

秀逸なSMAは魅力ですが、自分なら汎用性の高いオムロンかな〜。ネットでもオークションでも手軽に買える家庭用ソーラーパワコンは、今後の長期事業の中で、いざという時でも入手が簡単であるというメリット・安心感はかなり大きいかと考えます。

単相は、三相より電圧抑制の面で不利ではあるかと思いますが(標準電圧の幅が狭いので)専用トランスをしっかりと載せ、系統電力事情的に一般需要家との絡みがなければ、電力会社から高いAVR値を許可してもらいやすいので、そうなればさほど心配は要らないかと推察します。

書込番号:20375320

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:303件Goodアンサー獲得:53件

2016/11/09 01:06(1年以上前)

>SAXRSさん
入力電流がバワコンの定格電流に近いと発熱して温度抑制がかかるという事例が報告されていますが、その特定モデルの設計上の問題だと思います。本来、定格電流をうたっている以上、その電流値で温度抑制が起きるべきではないです。SMAで同じ現象が起きるとは限らないです。

開放電圧や動作電圧は曇りでも少し下がる程度です。電圧で気をつける点は、バネルの最大出力電圧が、バワコンのMPPT動作電圧の範囲内にあることです。直列数を増やし過ぎて範囲外になると、せっかくのMPPT機能が働かなくなります。



回路間がマルチになります。
例ですと、@Aとも3直5並列になります。

書込番号:20375497 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!1


スレ主 SAXRSさん
クチコミ投稿数:452件

2016/11/09 01:37(1年以上前)

>CIS愛好家さん

いつもありがとうございます。

いよいよというところですが、ご指摘の通り悩みどころですね。
私も汎用性やトラブルへのリスクを考えると、オムロンも簡単に落とせないんですよ。
ただ、せっかく過積載を組むので、耐久性重視かつ比較的高変換効率の幅が広いといわれるSMAで実発電量を稼ぐか悩みどころなのです。

情報提供、ありがとうございます。
4直でも340位なのですね。。。
快晴時でも最大出力動作電圧程ということですね(電圧が上がる真冬はわかりませんが・・)。
そうすると、3直よりも4直にしたいところですね。。。

近くの電柱まで80m程離れており、周辺にトランスも見当たらないので、連携費用100万位は覚悟しています。
私も単相を選択する以上、専用トランスは乗せてほしいのですが、専用トランス設置の要望は出せるものなのでしょうか?

それと、実は最大の課題は業者選定なんですよ。
何社か見積りもらって金額はそこそこですが、甲信地方は兼業の業者が少ないのか、肝心の事業形態が太陽光一本のところばかりです。
産業用ではこういった専門業者になってしまうのでしょうかね。

書込番号:20375538

ナイスクチコミ!1


スレ主 SAXRSさん
クチコミ投稿数:452件

2016/11/09 01:45(1年以上前)

>そらとやまさん

いつも勉強になるコメント、ありがとうございます。

ということは、日射量にあまり電圧は影響を受けないということなのでしょうか。
そういう特性があるのであれば、3直でもいいのかなと思えてきます。

確かに、MPPT動作範囲は重要ですね!
以前勉強させていただきました。

すみません、回路がマルチなのはわありましたが、入力についてよく理解できていません。
私の例の回路Aでは、入力3と入力4のそれぞれの直列数を合わせないといけないということでしょうか?
(3直と2直を同一回路には入力できない?)

書込番号:20375550

ナイスクチコミ!1


gyongさん
殿堂入り銀メダル クチコミ投稿数:5056件Goodアンサー獲得:1013件 るん川崎諏訪発電所1@パナ2.91kW 

2016/11/09 07:27(1年以上前)

>SAXRSさん

サニーボーイにMPPTですが
 回路@;α直x並列(入力1)、α直y並列(入力2)
 回路A;β直u並列(入力3)、β直v並列(入力4)

回路@(回路A)全体で一つのMPPTなので、電圧は入力1と入力2(入力3と入力4)とでそろえる必要があります。

甲信越ですか。
冬期は開放電圧が上昇しますから、4直だと開放電圧が448Vになります。零下になると450V超えは確実ですからサニーボーイでは3直が無難ですね。

専用トランス設置の指定はできないです。これができると私利私欲の電力系統を許すことになります。

事業形態が太陽光一本とはどんな業者ですか? 多角経営をしていないということでしょうか?
いっぺん作れば、業者が倒産しても維持できると思います。PVはもはや枯れたシステム(ローテク)ですから。

書込番号:20375810

Goodアンサーナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:2532件Goodアンサー獲得:188件 CIS 165*300発電所 記録 

2016/11/09 09:05(1年以上前)

スレ主さん

>専用トランス設置の要望は出せるものなのでしょうか?
>専用トランス設置の指定はできないです。これができると私利私欲の電力系統を許すことになります。

出せるはずです。
但し基本的にはトランス設置は、電力会社の(系統)設計者が系統電力の状況を調べて最終的に決めるはずですが、ミドルソーラーのオーナーの希望はかなり重視してくれます。(接続の費用を支払うのはこちらです)

実例を示しますが、最近自分の家庭用の10kWソーラーに隣接して近所の方が50kW超の過積載ソーラーを設置されました。
当初、当方の10kWのトランスを載せ替えて共用トランスという方向性でしたが、電圧抑制の影響が必至なのでやめて欲しいと強く要望して独立・専用トランスにしてもらいました。(50kW超のソーラーにと同じトランスで家庭用10kWシステムが勝てるわけがない!)
言うならオーナーの希望だけでなく、隣接者の意向すらも尊重してくれます。

gyongさんがおっしゃるような単なる自分の利益・都合ではなく、言うなら周辺系統の健全な電力事情(電圧抑制や需要家の保護など)を構築する、という前提ならば電力会社も考えてくれると思います。

>日射量の高い地域にて野立てを検討しています
>甲信地方

ま、ま、まさか大河ドラマ・真田の里、上田市周辺もしくは、その東方あたりですか!?
もしそうだとすれば、70kWの過積載CISシステムなら、年間実発電量は10万kWhを超えますよ〜!!
(超凄過ぎ)

当長野県の南信や中信地域なら、自分の業者さんをご紹介できるのですが、東信や長野県の外だと厳しいかな。残念です。
良い業者さんを選ぶことは、大変だと思いますが、是非ともガンバって素晴らしいシステムを構築なさって下さい。
(野立て設置の実績数等をよくよく吟味なさって選ぶと良いかもしれませんね)

それから、設置地域をお聞きしたら急に、やはりここは実発電番長のCIS+高性能SMAという超必殺システムが個人的にも一押ししたくなりました。

オムロンPCSも選択肢に〜と申したことは、是非ともキレイさっぱり忘れて下さい。(笑)

書込番号:20375987

Goodアンサーナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:1713件Goodアンサー獲得:67件

2016/11/09 09:51(1年以上前)

SF超過積載の夢が途絶えた私の変わりに是非お願い致します。

オムロンパワコンよりSMA良いんですね。
何かで使う機会が出来ましたら・・・覚えておきます。

書込番号:20376058

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:303件Goodアンサー獲得:53件

2016/11/09 09:58(1年以上前)

>SAXRSさん
すみません、入力4は2直になってましたね。見落としてました。入力3と4は端子が分かれているだけでつながっています。なので、入力3と4は同じ直列数にしないといけません。入力1と2も同じ。

電流が日射強度に比例します。電圧は少ししか変化しません。

書込番号:20376071 スマートフォンサイトからの書き込み

Goodアンサーナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:2532件Goodアンサー獲得:188件 CIS 165*300発電所 記録 

2016/11/09 10:48(1年以上前)

しょういち720さん

>オムロンパワコンよりSMA良いんですね

数%の実発電性能を取るか、20年先の将来の汎用性と国産品としての安心を取るか、オーナーの考え方如何だと思います。

次なる貴殿のソーラー計画の選択肢としてSMAのPCSを導入して、またもドキドキワクワクさせて頂きたい、そういう気持ちが湧いてくるのを禁じえません。(笑)

書込番号:20376179

ナイスクチコミ!0


スレ主 SAXRSさん
クチコミ投稿数:452件

2016/11/09 20:52(1年以上前)

>gyongさん
>そらとやまさん

いつもながら、わかりやすい説明ありがとうございます。
単相の場合、やはり実質的に3直までのようですね(デルタが可能性ありますが)。

確か、SMAは無効電力制御機能がなかったため、抑制対策を考えると絶縁トランス不要の三相SMAを選択したいところなんですけんどね。。。

業者はほとんどが太陽光事業+エコ住設のみといったパターンですので、今後太陽光が終焉を迎えた場合、将来的な事業性が?なところという意味です。
産業用に特化している分、仕方ないのでしょうかね。
将来的なトラブルも考慮すると、建売後途中でリタイヤされるのは不安でしたので・・・

書込番号:20377591

ナイスクチコミ!1


スレ主 SAXRSさん
クチコミ投稿数:452件

2016/11/09 21:10(1年以上前)

>CIS愛好家さん


貴重な情報、ありがとございます。
そういう実体験はとても参考になります。
トランスはダメ元で交渉してみます!

ある程度日射量があるので環境は良いのですが、場所が水田のため地盤が弱いという欠点があり、今施工計画をどうするか頭を痛めてるんですよ。
24円なんで、スクリュー杭で初期コストを抑えたいところなのですが・・・

まだ懸念事項があり、今は甲信地方ということで、無事稼働できたらお知らせしますね。

>しょういち720さん
SMAパワコンはCIS愛好家さんの言うように、高い変換効率だけでなく、追従幅が広いんですよ。
なんで、実発電量に数%差が出てくるといわれています。
ただ、単相だとオムロンより2台多くする必要があること、単機のコストも高いため、初期コスト高を容認するか、長期回収性を優先するか、考え方次第ですね。

実は私の野立ても、まだ成功確率は50%といったところです。
来年3月までに電力負担金の確定までいけるかどうか・・・

書込番号:20377661

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:2532件Goodアンサー獲得:188件 CIS 165*300発電所 記録 

2016/11/09 23:59(1年以上前)

スレ主さん

>確か、SMAは無効電力制御機能がなかったため、抑制対策を考えると絶縁トランス不要の三相SMAを選択したいところなんですけんどね。

当方、無効電力制御機能付きの三相PCSですが、これはあくまでも系統電圧が高めの当環境下で仕方なく、というか苦肉の策のような感じのもの、という気がします。
系統電圧値に比べてAVR値をそれなりに高くできないので、「発電損失分を出さないように」する小手先的な機能かと。

対して、当方家庭用の単相PCSは無効電力機能など付いてない旧型機なのですが、交流回路に十分なsqのケーブルを使用して電圧降下を抑え、稼働して2年以上になりますが全くの抑制ゼロ。

系統電圧値に対して十分なAVR値を設定できさえすれば、この機能はほぼ実質的には無用かと思います。
(逆に言えば、AVR値を上げられないから無効電力機能は必要になる、というトンチみたいなお話しなのですが)

そういう意味でも、何が何でも独立・専用のトランスを載せたいものですね。

当発電所の場合は、恥ずかしながら設置当時に私の勉強不足で、「電力会社はこの発電所用の独立トランスを載せてくれるのが当たり前だ」と勝手に決め込んでいました。
実際は、共用のトランスを約30万円ちょっとの連携費用で設置されて大慌てでしたが、もう後の祭り。(笑)
後日確認したら、電力会社としては、お客様の負担額をより小さく抑えるという考え方主体のようで、独立・専用トランスだと50万円くらいになる、とのことでした。
抑制による損失分が大きければ50万円出費して独立トランスに載せ替えてもらおうとも考えましたが、稼働してもうすぐ3年になりますが、抑制による実質的な発電量損失もないので、とりあえずこのまま行くつもりです。

要はPCS以降の交流回路をどこまで短く、sqを太くできるか否かが勝負だと思います。この点については業者さんとしっかり精査されるべきでしょうね。(電圧降下計算書にて計算)

>場所が水田のため地盤が弱いという欠点があり、今施工計画をどうするか頭を痛めてるんですよ。
>24円なんで、スクリュー杭で初期コストを抑えたいところなのですが・・・

コンクリート基礎が理想的でしょうが、単価を踏まえてコスト的にかなり厳しいと思います。
ちなみに当地域では、スクリュー杭を打ったあとで地面の設置面にコンクリートを打って補強した人がいます。コスト安と実際の強度アップの両方を狙った秀逸な方法だと思います。
(自分だったらこの方法を採用するかと思います)

野立てソーラーはほぼ完全なオーダーメイドのようなものなのでいろいろと大変だと思いますが、ゴール目指して素晴らしいCISシステムを完成されて下さい。祈っています!

書込番号:20378355

ナイスクチコミ!0


スレ主 SAXRSさん
クチコミ投稿数:452件

2016/11/10 01:17(1年以上前)

>CIS愛好家さん

いろいろありがとうございます。

専用トランスで確実に抑制を回避できるなら、私は選択するかもしれません。
抑制は連携してみないとわかりませんが、周囲は田ですが、少し離れて住宅地なので。。
おまけに近くに共用トランスはなし。なので、どうなるのか全く予想できません。

スクリューにコンクリート補強ですね。
おそらく強度としては最高クラスになるのでしょう(地盤に寄りますが、スクリューも意外と強度が出るようです)。
自前でできればいいのですが、業者に頼むと高くつきそうですね。
私の場合、コストパフォーマンスと事業健全性を両立したいため、最初からコンクリ基礎もアリかなって考えているんですよ・・・


いづれにせよ、まだ課題が多いので、一つづつクリアしながらまた相談させていただくかもしれません。
参考になるコメント、ありがとうございます。

書込番号:20378500

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:2532件Goodアンサー獲得:188件 CIS 165*300発電所 記録 

2016/11/10 10:25(1年以上前)

スレ主さん

既に解決済みがついてますので、以下は蛇足・おせっかいですが、お暇な時にでもご覧を〜。

>最初からコンクリ基礎もアリかなって考えているんですよ

安定・安定度でコンクリート基礎に優るものはもちろんありません。
単管打ち込みはもちろん、スクリュー方式と比べても強度性は雲泥の差だとは思います。
コスト的に大丈夫なら、そうするのが理想的だと思います。

一口にコンクリート基礎と言っても、施工業者さん(土建屋さん)のやり方で多少施工方法が細かい部分で異なるようですが、当方の設置場所は春先に尋常ではないレベルの暴風となるため、引っ張り方向の強度をより持たせるため地下に埋めるコンクリートの最下部に「下駄を履かせる」ようにしました。
おそらくコンクリートの重量と相まって、その引っ張り強度は最高レベルだと思います。

http://cis165300.blog.fc2.com/blog-category-1.html

尚、コスト削減のため、基礎の大きさを小さくする方法もありかと思います。
当方も選択肢としてそういう方向性も考えましたが、前述の通り、山から吹き下ろされる風のあまりの強さを考慮して、結局はコンクリート量をケチらず、基礎石を十分な大きさにしました。

尚、参考になるか否か〜、基礎石1個当りの費用は、20,000万円です。

http://cis165300.blog.fc2.com/blog-category-21.html

スレ主さんの設置場所の気象条件による強度とコスト削減の良いバランス点を見出して決めて行かれると良いかと思います。

書込番号:20379090

ナイスクチコミ!2


クチコミ投稿数:152件

2016/11/10 22:22(1年以上前)

>SAXRSさん

これからの設置ですと今まで以上に如何にコストを抑えるかが課題ですよね。

くい丸
http://www.kuimaru.com/index.php

宣伝ってことではないですが結局これになりました。
スクリューにコンクリートとの対費は分かりませんが最大のメリットは設置時にも撤去時にもコストが抑えられることです。

ホームセンターにも置いてるとこもありますので、もうご存知でしたらごめんなさい。

書込番号:20381036

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:152件

2016/11/10 22:26(1年以上前)

書き込んでから気づいたのですが解決済みでしたね(^^;

書込番号:20381058

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:75件Goodアンサー獲得:1件

2016/11/11 09:26(1年以上前)

>SAXRSさん

解決済みのとこ、余計なお世話を承知の上一言だけ。水田に設置の場合はスクリュー杭はやはり慎重に検討された方が無難かと。水田だと道路より低いでしょうから、最低でも50p位は盛土されますよね?基本盛土部のスクリューは利きませんから、その下の水田の土で支えるのですが、仮に代かき程度でもトラクターが沈むような超湿田だと、周囲の水田に水が入る時期だと、他の水田や用水路から間違えなく水が染み込んできますから、2mのスクリュー杭使ってもちょっと不安ですね。作業性を考慮すればはるかにスクリューの方が上ですが、それなりの土質に打ち込めばスクリューはコンクリート並みの引き抜き強度ですが、水田だと厳し面あるかもです。横置きで4段程度角度10度で限りなくベタ置きみたいなら話しは別ですが。

書込番号:20382034 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!1


スレ主 SAXRSさん
クチコミ投稿数:452件

2016/11/11 20:33(1年以上前)

>CIS愛好家さん
>迷い人そらさん
>ジュピターリングさん

返信、遅くなりましてすみません。
皆さん、ありがとうございます。

実は今一番の問題に発展しています。
土地が低い田であり、田植え時期には北側の水田から土手を越して水が入ってくるため、業者判断ではスクリューでは厳しい地盤だろうという見解です。
ならコンクリ基礎をと考えたのですが、地盤が弱いとコンクリ自体が沈む可能性もあるとのことで、だいぶ消沈しているところです。
水が浸入してこないように盛り土も考えましたが、その上にとなると、やはり元の地盤によりけりになるようです。

CIS愛好家さんの言うように、下駄をはかせるよう長いコンクリ基礎を地面を掘って施工した後、盛り土する方法に可能性があるような気がしますが、それでもかなり悩みものです。
やはり田は太陽光も含め、建造物向きではないのかもしれません。

書込番号:20383605

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:2532件Goodアンサー獲得:188件 CIS 165*300発電所 記録 

2016/11/11 21:42(1年以上前)

スレ主さん

まず驚いたのが、土手を水が乗り越えて入ってくる、ということ。
当方の地域では、稀な状況です。当方の発電所も隣は水田なので、田植え以降、年間で数回は水が当発電所に入ることも無きにしもあらずですが、原因は「モグラが地下に穴を開ける」ことによるもので、発電所の基礎に影響が出るようなレベルのお話しでは全くありません。ちょっとビックリです。

おっしゃるような状況を考えると、やはりコンクリート基礎が無難なところかとは思います。
当方のブログのリンク先で御紹介したように「下駄を履かせる」やり方ですが、その下駄部分を設置する前に、かなりの量の砕石などを入れ込んで、バックホーで十分に地盤を叩いておく必要があるかと思います。
単なる土の上に基礎を築くよりも、大量の砕石や石ころを入れて、「地耐力」を高めることが必要と考えます。
(当方の場合は、畑地として長年使ってきた土地で、水田ほど地盤が柔らかくはないのですが、それでも施工業者さんは砕石を適量入れてから重機でかなり打ちつけて固めてはいました)

要するに基礎を受け止める下地が単なる土ではなく、砕石を混ぜ込むことで強度を高められる、ということです。
業者さんとご相談なさってみて下さい。

書込番号:20383881

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:2532件Goodアンサー獲得:188件 CIS 165*300発電所 記録 

2016/11/11 21:49(1年以上前)

スレ主さん

私が情報交換してきたCISの野立てユーザーさんが、以下のような架台を使っておられました。
「ソーラーキーパー」と呼ばれるものです。
基本的には、設置面に置くだけというやり方です。
但し、重機を使用するためコストがかかると聞かされた記憶があります。が念のため一応当たってみても良いかもしれません。

http://www.fuji-dream.co.jp/product/solarcell.htm

書込番号:20383901

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:2532件Goodアンサー獲得:188件 CIS 165*300発電所 記録 

2016/11/11 22:14(1年以上前)

ソーラーキーパー、他のページも一応貼っておきます。

http://www.kanken.co.jp/seihinannai/shingijutsu/seihin/solarkeeper.html

ソーラーキーパー、既に御存知でしたら、余計なお世話ですみません。

書込番号:20384024

ナイスクチコミ!0


スレ主 SAXRSさん
クチコミ投稿数:452件

2016/11/11 23:10(1年以上前)

>CIS愛好家さん

私も確認が甘かったのですが、北側の水田の土手が低く、容易に水が超えてくる高さでした。
私もビックリでした。
なのでやるならご指摘の通りコンクリ基礎かな、と思っています。
土壌改良、コンクリ基礎と、かなり費用もかかりそうなので、悩みどころです。

また、業者側も、どの程度軟弱地盤へのコンクリ基礎施工の知見があるか不明ですが、CIS愛好家さんの施工業者さんは経験豊富だったようですね。

ソーラーキーパーは部材、輸送、設置とかなりコストが高くつくと聞いていますので、なんとかコンクリ施工で対応できないか確認してみます。
いろいろ提案いただきまして、ありがとうございます。

書込番号:20384256

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:2532件Goodアンサー獲得:188件 CIS 165*300発電所 記録 

2016/11/12 05:55(1年以上前)

勉強熱心なスレ主さんは、やはりソーラーキーパーについては既にご存知でしたか。失礼しました。
やはりコスト的には非現実的ですよね。合わせて失礼をお詫びします。

田舎の土建業者さんなら、水田だった土地に基礎打ちして住宅等を建てるケースは珍しくないはずですので、1件の業者さんに拘らず、ネットワークを広くして経験と実績豊かな土建業者さんを何とか見つけ出せるとラッキーなのですが。
良い方向性を見出だせることを祈らせて頂きます。

それから、当該地を知らない者が言って申し訳ないのですが、水田と言っても必ずしも一概に地盤が弱いとは限らないと思います。
それなりに石ころを多く含んでいる土地ならば、コンクリートを打つことで盤石化すると思います。
逆の面から言うと、石ころが多い土地なら単管やスクリューが入って行かない場合もあります。
そのあたりの土地質を業者さんがどこまで掴んでおられるか否かも大切かと思います。

ところで話しが逸れますが、隣の水田の持ち主さんは、隣地へ水が侵入することを何も対策されないのか、前述の通りちょっと驚きです。
当方の隣地の水田の耕作者さんなどは、ご近所ということもあるかもしれませんが、モグラの穴が開いて少々の水が当発電所に侵入するだけでも(もちろん基礎に影響するなどというレベルには全く行かない)慌てて土地の補修に駆けつけてくれます。
地形的にやむを得ないかもしれませんが、農協とか農業資材店に行けば手に入るであろう、土手を水が超えないようにするためのプラスチック製?などの水田用の壁板を設置するのは、隣地・お他人様に迷惑をかけないようにするという、耕作者としての本来は常識だと思いますので、ダメ元で何かしら対処して下さるようお願いしてみるもよろしいかと思います。

書込番号:20384777

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:152件

2016/11/12 09:36(1年以上前)

>SAXRSさん

私のとこも場所によっては1mほどは埋め立てもしてるのですよ。
でもこれにしたのは何と言ってもコスト。
それに他のとこも見に行ったりもして大丈夫だったので。
それでも超大型台風なんかもあるかもしれませんからね、保険にも加入はしてます。
それと実際に引抜試験をしてみるのもひとつの方法かと思います。
あのメーカーでも相談に乗って貰えるかとも。

> ソーラーキーパーは部材、輸送、設置とかなりコストが高くつくと聞いていますので
土盛りをしての水侵入対策などもしてからにはなりますがこれではどうですか?
http://www.shinsei-el.co.jp/
コストも抑えられますし、狭い面積でも多数のパネルの設置もできます。
ただ舗装をするなどの雑草対策は必要となりますがね。

書込番号:20385138

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:2532件Goodアンサー獲得:188件 CIS 165*300発電所 記録 

2016/11/12 11:40(1年以上前)

ジュピターリングさんがおっしゃる通りですが、

>水田に設置の場合はスクリュー杭はやはり慎重に検討された方が無難かと
>水田だと道路より低いでしょうから、最低でも50p位は盛土されますよね?基本盛土部のスクリューは利きません

まさにその通りです。
南風の影響はどのような架台でもほぼ皆無ですが、強い北風の影響を真剣に吟味する方は多くはありません。
結果的に良いと思った単管打ち込みや一部のスクリュー管の架台が強風で持って行かれた、というケースが全国でそれなりの件数が発生していることを知る人もこれまた多くはありません。
(単管やスクリュー管を否定しているのではなく、強度設計の認識の深さうんぬんの問題を申しているだけですが)

50kWレベルの発電所の事業において、「風で持って行かれるかもしれない」ではお話しになりません。
とは言え、スーパー台風の驚異うんぬんと言われる近年、完全な架台などもちろんあり得ませんが「安かろう・悪かろう」の架台だけは避けたいところですし、しかも24円の単価の事業上でコストと安定・確実性を兼ね備えた架台設備を構築することの難しさをあらためて痛感せざるを得ません。

書込番号:20385441

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:152件

2016/11/12 13:15(1年以上前)

もうひとつ言い忘れてましたが・・、
設置高さが低いので常時積雪で埋もれるとこでは無理と言うか難しいですね。
私のとこは降っても2、3日で融けるので何の問題もありませんが。

風についてもHPを見るなりメーカーに問い合わせをするなりされてみてはどうでしょう。
ちなみに家屋なりに甚大な被害を受けるような台風もまだ来てませんがね。

それと・・、これも架台の宣伝をしてるのではありませんのでね。
あくまでもひとつの情報ってことで。

書込番号:20385693

ナイスクチコミ!0


スレ主 SAXRSさん
クチコミ投稿数:452件

2016/11/12 22:23(1年以上前)

>CIS愛好家さん
>迷い人そらさん

いろいろご検討いただきまして、ありがとうございます。
私としても、いろんな設置方法があるということで、勉強になります。

ただ、当地は冬場には若干ですが降雪があります。
なので、コンクリ縁石固定とはいえ、地置きは厳しい印象です。

そうなんですよね、普通は浸水を防ぐ対策を施すものなのですが、元の地主さんが農家ではなく、放置していたためか、周囲からはやりたい放題されていたようです。
それと、当地は比較的強風吹き荒れる地域(あっても20m/sec程度)ではなく、おっしゃるように、必要な対策は対台風ですね。
そういえば、架台はCIS縦置き5段、20°を考えていますが、さすがに5段はやめておいた方がよいでしょうか?

それと、ジュピターリングさんやCIS愛好家さんが言うように、盛り土した部分はやはり地盤が弱いものと思います。
浸水するのは北側なので、今私が考えている案としては、地盤調査後土地全体の盛り土ではなく、土手を作る盛り土を施すのみとする(少なくとも浸水を妨げる)。
その後、コンクリ基礎での施工とする(ただし、地盤沈下も考慮し、架台を小ブロックに分けてリスクを最小限とする)
おそらくコストアップと容量減少は確実かと思いますが、現状今の地盤を利用した方がいい気がしました。
もし地下部から浸水していたら・・・アウトですが、、、地盤調査次第ですね。

書込番号:20387440

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:2532件Goodアンサー獲得:188件 CIS 165*300発電所 記録 

2016/11/12 23:14(1年以上前)

スレ主さん

>架台はCIS縦置き5段、20°を考えていますが、さすがに5段はやめておいた方がよいでしょうか

う〜〜ん。CISの実ユーザーとしては、さすがに賛成しかねる状況です。
と申しますのも、当方のCIS純正システムが4段の縦置きで20度なのですが、最上部まで斜めに約5メートル程上がり、その高さは地上から2.4メートルほどにもなります。
一般的な横置き3〜4段の結晶系野立てシステムとは比べ物にならない高さです。(初めてこのCIS野立てシステムを観た時はその大げさな様子に感動しましたが 笑)

当方の発電所の北側は、他人様の土地が地形的な関係でかなり高くなっており、比較的北風の影響が少ないという幸運にも恵まれているのですが、それでも北風の強い日はさすがに心配が頭をよぎります。
5段の縦置きだと、ちょっと想像を超える高さになり、スレ主さんの設置場所が強風が少ないとはいえ、今後の大きな台風などを考えると、その高さ分に対して吹く風のモジュールへの衝撃が心配にはなります。(私ならおそらく5段縦置きはしません)

4段までのほうがやはり無難でしょうが、過積載システムにするための枚数の関係でやむを得なければ、北側に何かしら「防風壁」的なものを築いて風からモジュールを守る対策をするほうが賢明かもしれません。(個人的にはリスクヘッジが何より重要かと考えます)

>土手を作る盛り土を施すのみとする(少なくとも浸水を妨げる)。
>もし地下部から浸水していたら・・・アウトですが

前述の通り、土手が弱いという状況を補足するために、農業資材店・農協さんなどに相談し、また隣地の地主さんの許可を頂いて(地主さんがやってくれそうもなければ)プラスチック製の遮断板を深く入れ込むことも効果的かもしれません。用意する資材の量にもよりますが、場合によっては大きく盛り土するより経費的にも安くなるかも・・・??
あと、隣地とスレ主さんの土地の境界部分をそれなりに深く溝を掘り通して水を逃がすということで、根本的な解決法とは行かないまでも、浸水によるダメージの回避の一助にはなるかと思います。

それからある土建業者さん(当方の工事をした業者さんではないですが)に伺いましたが、砕石や石ころを多く入れてしっかりと圧着することは地盤を強くする上では大切なようで、方法としては定石的なもののようです。

書込番号:20387638

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:2532件Goodアンサー獲得:188件 CIS 165*300発電所 記録 

2016/11/13 00:17(1年以上前)

勉強家のスレ主さんは既に傾斜角度やアレイ間の距離に関してもいろいろと御存じだと思いますが、参考までに実例にて〜。

当方の地域に、2MクラスのCISメガソーラーが2か所あります。
そのオーナーさんといろいろとお話しをしたことがあり、その際に許可を頂いて発電所に入って写真も撮らせて頂きました。

http://cis165300.blog.fc2.com/blog-category-20.html

共に非純正の架台で、傾斜角度は15度程度のものと、12度前後?くらいかと思います。
もちろんCISですので縦置きで、共に4段です。
15度のほうは、アレイ北側の高さが2メートル程度でアレイ間が2,1メートルくらいです。もう片方はメジャーを持って行かず、採寸できませんでした。すみません。
当方の純正システムが20度で、冬季の影の影響を考えて、アレイ間は4メートル半も取っていますので、それに比べてかなりアレイ間を縮められます。
自分のシステムも純正に拘らず、15度くらいの緩い傾斜角にしてアレイ間を縮めれば25%増しの容量にできたのに、と何度か後悔しました。(笑)

20度を15度にしても年間発電量は3〜4%程度のマイナスにしかなりませんし、それによって過積載分で実発電量アップできるわけですから、スレ主さんのシステムも20度に拘らず、それなりの緩い傾斜角で良いのでは?と考えますがいかがでしょう?
雪が落ちにくい、という欠点はありますが、風の影響も弱まりアレイ間を縮められるので有利かと思います。
(既にそんなこと分かっているよ、と言われそうですが、一応申し述べます)

書込番号:20387862

ナイスクチコミ!0


スレ主 SAXRSさん
クチコミ投稿数:452件

2016/11/13 00:57(1年以上前)

>CIS愛好家さん

いえいえ、いつもながら参考になるコメントありがとうございます。

影の影響は計算しており、ほぼ影響のないアレイ間距離を考えています。
そして説明不足ですみません。
北側アレイがメインの20°にしようと考えており、前列は10°を考えています。

そうですか、自分でも無理があるかな、とも思ったのですが、やはり縦置きは4段までにしておこうと思います。
(私の中で踏ん切りがつきました。ありがとうございます。)
ご指摘の通り、若干降雪があるので、20°は欲しいところだったのです。
個人的に10°だと、雪の他粉塵や汚れが落ちないような気がしますので・・・

メガクラスや、土地を最大限利用することを考えると、いきつく所は10°になるようですね。
これにより積載量を増やせるので、その分ハイリターンになるという考え方ですね。
メンテナンスを業者に任せるのであれば、これでもいいかもしれません。
ただ、私の場合は極力自己で対応できるところはしようと思っているので、20°で作業効率を上げたい考えです。

書込番号:20387968

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:2532件Goodアンサー獲得:188件 CIS 165*300発電所 記録 

2016/11/13 02:05(1年以上前)

>北側アレイがメインの20°にしようと考えており、前列は10°を考えています
>影の影響は計算しており、ほぼ影響のないアレイ間距離を考えています

安心しました。杞憂に終わって良かったです。

おっしゃる通り、上記メガソーラーを大雪の後で通りかかって見ても、自分の20度のシステムよりは残雪の量が確かに違うとは思います。若干の降雪あり、とのことでしたので致命的な発電量低下とまでは行かないでしょうが、20度だと降雪の後でも陽射しで溶けて自然に滑り落ちることが多いので良いとは思います。

当方も業者さんにメンテナンスをしてもらうことは今のところ皆無です。昨年あたりまでは毎週のようにパネル洗浄に励んでいましたが、今年は鳥の糞だけこまめに洗い流すくらいで、実質埃取りや汚れ落としはほとんどしませんでした。
埃や汚れが顕著になる頃にはタイミング良く雨が降ることが多かったこともありましたし。

自分的には10度と20度でそんなにメンテナンスのやり安さが変わるものか否か実感が沸かない気もしますが、スレ主さんの設置地域が、塵や埃で汚れ安いところなら、20度の方が正解かもしれません。

水道水や井戸など水の確保が厳しければ、高圧洗浄機を調達するしかないと思いますが、その高圧洗浄機を使用してこまめに洗浄することと、雨に任せてほとんど洗浄をしないことと、発電量や経費など含めて総合的なメリットはさほど感じないと結論付けたソーラー達人さんもおられるようですので、実際に稼働されたアカツキにはそのあたりも御研究・検証なさるとよろしいかと思います。

書込番号:20388104

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:2532件Goodアンサー獲得:188件 CIS 165*300発電所 記録 

2016/11/13 02:24(1年以上前)

>自分的には10度と20度でそんなにメンテナンスのやり安さが変わるものか否か実感が沸かない気もしますが、

あー、そう言えば忘れてましたが、埃や汚れは雨任せが最近は多いですが、雪かきだけは気合いを入れて夜中でもやります。
なので、雪の重さをより利用して落とせる20度の方が断然楽でしょうね。

70kW分のモジュールの雪下ろしは、やるとすれば大変だと思います。
当方は専用の雪かきを自作し、それでだいぶ効率的に落とせますが、モジュール300枚分の雪下ろしをするのにそれでも数時間はかかると思います。
お互いCISユーザーとして今後の苦労は小さくないかと思いますが、まあそれも楽しみの一つだと思いながらやって行きましょう。(笑)

書込番号:20388145

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:152件

2016/11/13 20:07(1年以上前)

>SAXRSさん

> ただ、当地は冬場には若干ですが降雪があります。
> なので、コンクリ縁石固定とはいえ、地置きは厳しい印象です。
そうなんですね、軟弱な土地には唯一の方法のようにも思ったのですがね。

CISパネル・売電価格24円で、このまま土地整備までしてですと償却年数10年を大幅に上回ってしまいますよね。
太陽光以外の活用法ないのでしょうか。
どの程度の償却年数を見込んでおられるのかは分かりませんが。

書込番号:20390480

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:2532件Goodアンサー獲得:188件 CIS 165*300発電所 記録 

2016/11/13 22:05(1年以上前)

>軟弱な土地には唯一の方法のようにも思ったのですがね

失礼ながらそう言い切るのは、短絡的だと思いますし、コンクリ基礎をスレ主さんが第1候補にされているのですから、選択はスレ主さんにお任せすべきだと思います。

>CISパネル・売電価格24円で、このまま土地整備までしてですと償却年数10年を大幅に上回ってしまいます
>どの程度の償却年数を見込んでおられるのかは分かりませんが

スレ主さんはそのようなコストと施工方法のバランス・兼ね合い的なことは十分承知・認識されて、計算されて行かれるかと拝察しますが〜。
我々がある意味、いらぬお世話・口出しすることは無用な気がします。

>太陽光以外の活用法ないのでしょうか

この板でそのようなレスは蛇足もいいところだと思いますよ。(私なら大きなお世話だと言いたい)

なお、償却だの利回りだのということより、返済金額や税金関係、PCS交換やメンテ費用等々諸々の項目を全て入れ込んだ収支シミュレーションを精査した上で20年間に渡ってどのような実質的な利益となるか?ということこそ大切かと思います。
銀行からの融資の際、担当者はその部分を詳細に吟味し、またストレスシミュレーションしてきますし。
(償却だの利回りだのということは、事業運営上は実質的に意味が薄いと約3年間実際に野立てシステムを運用してきて、自らの実体験上から考えています)

書込番号:20391018

ナイスクチコミ!0


スレ主 SAXRSさん
クチコミ投稿数:452件

2016/11/13 22:50(1年以上前)

>CIS愛好家さん

ブログを拝見しましたが、野立てで雪下ろしまでされる方はそうそういないので、驚きです。
私はさすがに雪下ろしまではできませんので、できれば20°を組みたいところなのです。

塵や埃に関しては、水田地帯ですので、かなり堆積するものと思われます。
洗浄しようにも、用水路の水くらいしか確保できないのが残念なところです。
なので、できれば10°は避けたいところですが、アレイの影を考えると前面は仕方ありません。


>迷い人そらさん

ご指摘の通り、造成については迷いどころです。
当初は造成なしで考えていたため、10年以内の償却が可能かな?といったところでしたが、造成にどこまでかけるによって償却年数が伸びてしまいます。
現状、土地は雑草もあり、完全に平坦でもないので、整地が必要なのは確かです(除草剤散布程度は自己で対応予定です)。
形状が少し特徴的で、先に記載の通り地盤も弱そうなので、稲作を除いて活用方法が厳しいですね。

書込番号:20391213

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:2532件Goodアンサー獲得:188件 CIS 165*300発電所 記録 

2016/11/14 01:18(1年以上前)

スレ主さん

雪下ろしは年間のkW当りの目標値達成と、経年劣化を鑑みるのにシステム出力係数値の狂いを生じさせたくない、という考えなので、無理してやるべきでもないとは思いますが、実はそんなことより大切なことがあるのです。

もし前述のCISメガソーラーのような架台の場合は、アレイの南端はそれなりの高さになるので心配は比較的ないかとも思われますが、当方のような20度のシステムですとアレイ南端は膝の高さ程度と低く、落ちた雪がアレイの南端にドンドン溜まり、その上の雪が落ちずに止まる現象が生じるのです。
以前はこれを自力でスコップ等で取り除いていましたが、のべ100メートル分ほどの大量の雪を相手にするあまりの肉体的な辛さに耐えれず、今年の1月仕方なく中古で雪かき機を購入して取り除くようにしました。

http://cis165300.blog.fc2.com/blog-entry-323.html

当発電所設置後、まだ大雪には見舞われていませんが、コンクリート基礎を作っていた2年前の冬に大雪となり、当県中部では大型ソーラーがパネルが滑り落ちてきた雪がアレイ南端で溜まって次々と積もり、その重さに耐え切れず最終的にはソーラー破壊という最悪の事態になってしまいました。
スレ主さんの地域は雪が多くないとのことですが、昨今の異常気象を考えると油断は禁物かと存じますので、雪対策として落ちてきた雪の処理も大切な点だということを頭の隅に入れておかれるとよろしいかと思います。

書込番号:20391595

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:152件

2016/11/14 12:19(1年以上前)

>SAXRSさん

> 造成にどこまでかけるによって償却年数が伸びてしまいます。
要はどこまでが許容範囲にするかですよね。
知っての通り、太陽光は他の営業や製造のように努力すれば収入が顕著に増えるってものでもないのですから。
それに同じく稼働をしてみて、シュミ値よりも売電量が上回れば、ラッキーってことくらいにしか考えておかないとね。
造成の土も残土などの処分に困ってるのがあれば良いのですが・・。
いずれにしても償却年数を何年にするかにもよりますが「無い袖は振れない」になるかと思います。
悲観的なことばかり言ってますがそれを如何にクリアするかに掛かってるのではないでしょうか。

書込番号:20392411

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:75件Goodアンサー獲得:1件

2016/11/14 12:46(1年以上前)

>SAXRSさん

地盤調査されるのなら、その結果次第ですが、長いスパイラル杭ではどうでしょうか?一般的にはグランドスクリューやスパイラルも太陽光架台の基礎なら2m以下の杭で間に合いますが、様々な用途に合わせて4m程度の物も市販されてます。軟弱地盤とはいえ下の土層はしっかりしてるかもしれません。つまり長い杭で下の固い土にまで打ち込みすれば強度は十分だと思います。ただ問題はコストです。杭単価は当然高くなりますし、長くなれば人力で機械使用にて簡易的打ち込みはできませんから、それなりの重機と専用のアタッチメントが必要になりますから、場合によってはコンクリートより割高になるような気がします。作業性と撤去を考えればこっちの方が上ですが。この時期だと周囲の田んぼには水が入ってないので、実際に水か入る時期になり地盤がどうなのか?と言うのも不安材料でもありますね。いずれにせよCISの過積載でパワコンはサニーボーイなんてある意味、野立てやっている者からみれば羨望のシステムです。色々な問題ありますが、誰も内容は違うにせよ皆さん悩みました。早く設置できるといいですね。

書込番号:20392479 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!0


スレ主 SAXRSさん
クチコミ投稿数:452件

2016/11/14 20:25(1年以上前)

>CIS愛好家さん

雪の影響は侮れませんね。
南端に多量に溜まればそれだけでかなりの重量になるのも頷けます。
降雪による被害の影響は、ある意味低傾斜のシステムにリスクが大きい気もします。
というか、除雪機作業までとは、かなり本格的ですね。

ひょっとすると、当地域も降雪状況は同じくらいかもしれません。

一応、税金なども勘案した私の試算では、20年間で十分利益が出る公算になっているので大丈夫なのですが、土地改良にどこまで費用をかけるかによってはだいぶ目減りする恐れもあるので、考え物です。

書込番号:20393521

ナイスクチコミ!0


スレ主 SAXRSさん
クチコミ投稿数:452件

2016/11/14 20:37(1年以上前)

>迷い人そらさん

その通りです。
費用をどこまで許容するか。
造成の相場なんてないようなものなので、とりあえず見積りをとってみようと思います。
私もリスクを放置したくない方なので、費用対効果を加味して妥当なラインを選択することにします。


>ジュピターリングさん

ありがとうございます。
スクリューも長いものがあるのは知っていましたが、そういった特殊な杭もあるのですね。
ただ、接道が狭い関係で、あまり大きな重機は入れそうもないです。
いいかな、とも思ったのですが・・・
それと、整地には必ずしもブルドーザーのような大型重機が入るものでしょうか?
土地はほぼ平坦ですが、東側がやや高いため、北側に土手を作りつつ整地が必要です。

書込番号:20393568

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:2532件Goodアンサー獲得:188件 CIS 165*300発電所 記録 

2016/11/14 22:40(1年以上前)

スレ主さん

>一応、税金なども勘案した私の試算では、20年間で十分利益が出る公算になっているので大丈夫
>土地改良にどこまで費用をかけるかによってはだいぶ目減りする恐れもあるので、考え物です

了解です。
24円という単価でも、20年間の事業で利益を出せるようにするスレ主さんに敬意を表します。
当方は36円単価ですが、20年間の売電額を100とすると、返済額+利子、固定資産税はじめとする各税金関係、パワコン交換費用、保険関係、メンテナンス費用(ちょっと不透明ですが)等々で、59という割合を見込んでいます。(経年劣化による売電損失分は、ここでは一応考えず)
実質的な利益は総売電額の41%程度ですから、やはりローリターンです。

海外製のパネルなどでシステムを組んでいる、「ハイリスク・ハイリターン型」のオーナーさん方から見たら、おそらく笑われそうなくらい「ローリターン」かもしれませんが、まあ安心・安全・安定のリスクヘッジ三拍子をモットーに掲げる当方らしい「ローリスク・ミドルリターン型」システムだと思っています。(笑)

自分は、運よく父親が自分の重機(バックホー)を持っていたので、2人で何日もかけて土砂などを運び込んで造成も何とかやりましたので、一体どのくらいの費用になるのか分かりかねますが、極力安価でやってもらいたいものですね。

書込番号:20394191

ナイスクチコミ!0


スレ主 SAXRSさん
クチコミ投稿数:452件

2016/11/14 23:36(1年以上前)

>CIS愛好家さん

さすがに、リスクヘッジが完璧ですね。
それと、私の試算とほぼ一緒でした。
私も売電収入を100とすると、もろもろ諸経費で純利益は40程度になります。
ただ、過積載によるピークカット率6%、年間想定発電量をソーラークリニック実績よりも低めで見積もっているので、どれだけ実績が上回るかですね。
あとはどの程度初期費用を抑制できるかですが、必要なリスク対策は怠ることはできませんね。

それと、別の業者さんからスクリュー杭2.5mを使用し、50p角のコンクリートを履かせる施工を提案されました。
以前この板でも紹介されましたが、費用が未知数でした。
地盤を調査し、引き抜き強度次第ですが、見積りを確認したところ、フルコンクリ基礎策の他に、これもアリかなと思いました。
ということで、もう少し検討してみます。

書込番号:20394424

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:2532件Goodアンサー獲得:188件 CIS 165*300発電所 記録 

2016/11/15 00:41(1年以上前)

スレ主さん

いやはや驚きました〜。
4割増しの過積載システムを高効率のCISで組み、日射量全国トップレベルの地域で稼働させれば、24円の単価でも36円の純正CISシステムに優るとも劣らないほどの利益率に迫るではありませんか!!

真田親子がこの時代に生きていたなら、さぞかし「おぬし、見事じゃ〜」と叫んだことでしょうね。(笑)

>あとはどの程度初期費用を抑制できるかですが、必要なリスク対策は怠ることはできませんね

御意! まさしくその通りだと思います。足元を固めず戦を仕掛けても、所詮勝ち戦はできないかと。

>スクリュー杭2.5mを使用し、50p角のコンクリートを履かせる施工を提案されました

良き案だと思いますが、おっしゃる通り強度的にどのようになるのか。フルコンクリート基礎に匹敵するような強度で、しかもコスト安に収まれば最高ですよね。うまく行きますよう祈っています。

関係ないお話しですが、CISで当方が唯一心配なのが実は経年劣化です。
産総研の短期曝露試験からの予想値では、劣化カーブ的には落ち幅が小さくないので。
(但し、光照射効果で高い初期値から出発するので、20年間の総発電量はどのモジュールよりも多いですが)

そこで、ソーラークリニックの日射量比の推移を12カ月分の月々の移動平均で鑑みたところ、(エクセルデータにて稼働〜現在まで作成しました)単相PCSのCISシステムが初期値を1とすると、この10月末の時点での値が0.996%くらいでした。(ホンマかいな〜的な良さですが)
また、当方が比較検証に使っているHIT233が、0.993というこれまた対劣化性能の良さ。

但し、三相PCSのCISが、年間1%レベル以上で低下しており、かなり焦ったのですが、ある時期からピタリと落ちなくなってそのまま現在まで完全な横ばい状態という感じです。

いずれにせよ、稼働後3年程度では経年劣化状況は確実な部分はまだ掴めないかな〜という感じでして、今後も続けて監視して行きたいと思っています。

既に解決済みにも関わらず、スレを引っ張って申し訳ありません。
当方含めてこの板のCISユーザーは、スレ主さんの最強CISシステムの構築をドキドキしながら見守っていると思いますので、どうかそんな点に免じてお許し頂ければと思います。

書込番号:20394627

ナイスクチコミ!0


スレ主 SAXRSさん
クチコミ投稿数:452件

2016/11/15 01:22(1年以上前)

>CIS愛好家さん

いえいえ、いろいろと参考になる情報、ありがとうございます。

長野県の上田周辺地域ですね。
確かにあそこの一帯の日射量は凄まじいものがありますね。
私もソーラーやるようになってから、天候の地域差が大きいことに非常に驚きました。
クリニックのデータを見ていると、いつも不公平感感じてしまいます(笑)

私も経年劣化率に関してはいろいろ疑問に思うところがありましたが、結局は稼働して自己のシステムを監視してみるしかないような気がしました。
CISは光照射効果というものに助けられている部分があるのも事実ですね。
あとは変換効率をなんとかしてほしいところなのですが・・・
私が屋根上にのせる時に断念した唯一の欠点です。

とりあえず、まだ成功確率は50%と見ているので、また相談した際にはご教授ください。
土地の問題で諦めかけていたんですが、やれるだけやってみようかと思います。

長々とありがとうございました。

書込番号:20394692

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:2532件Goodアンサー獲得:188件 CIS 165*300発電所 記録 

2016/11/15 15:38(1年以上前)

スレ主さん

>クリニックのデータを見ていると、いつも不公平感感じてしまいます(笑)

いえいえ、今度はスレ主さんの高性能システムが、我々先陣のCISユーザーを悔しがらせる番ですよ。
是非そのような、アッと驚かせるようなシステムを構築して下さい。楽しみにしています。

経年劣化については、おっしゃる通り他人様のデータは基本的に参考程度にはなれど、それ以上のものでは決してありませんね。
自分の発電所の監視に徹する、これ以外ありませんし、当方もそれはこの板で度々申してきました。

光照射効果はまさにCISの20年間分のシステム出力係数値のカギを握るようなものですが、モデルやロットによってその変化する実数値はマチマチのようですので、指をくわえて見守るしかありませんが、何よりも20年間またはその後も無事安定稼働して行ってくれることを祈るばかりです。

自分も発電所建設までは諸々の障壁も多々あり、泣きたい気持ち、眠れぬ日々もあったことを思い出しますが、それらを乗り越えて無事完成・稼働した時は苦労した分、天にも昇る喜びでした。
スレ主さんにおかれましても、御苦労なさる分、大きな喜びをもっての発電所稼働が一日も早く実現できますよう祈っています。

こちらこそいろいろと勉強させて頂き、ありがとうございました。

書込番号:20395929

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:152件

2016/11/15 22:47(1年以上前)

>SAXRSさん

> 私もリスクを放置したくない方なので、費用対効果を加味して妥当なラインを選択することにします。
是非そうなさってくださいね。
ちなみに私とこもモニター的なものも設置してません。

余計なお世話かもしれませんが某方の論外とされる単管パイプも紹介しておきますね。
「パーフェクトポストジンク 48.6Φ」
これもホームセンターでも扱ってるとこもありますし楽天市場にも。

横からですが・・、整地にはブルドーザーよりも汎用性の高いバックホーになるでしょうね。
これでしたら土手作りも出来ますしその法面を打つことも出来ますね。

20年後にどうなってるかは分かりません。
撤去しなければならない場所でしたらそのことも考えておかねばならないでしょうね。
取捨選択をしつつも備えあれば憂いなしってこともありますからね。

書込番号:20397203

ナイスクチコミ!2


スレ主 SAXRSさん
クチコミ投稿数:452件

2016/11/16 00:03(1年以上前)

>CIS愛好家さん

いろいろ課題は多いですね。
なので、一つずつクリアしていこうと思っています。
ブログ、時々のぞかせていただいていますが、設置までの展望がイメージ出来て大変参考になりました。

私も、一つ一つ自分で経験することで、なんとなく設置稼働までの流れがわかってきました。
本件も、設備認定を個人で申請するところから始めました。
初めて知りましたが、設備認定でメンテナンス体制の情報まで入力しなければならないようですね。

いろいろ大変ですが、やるだけやってみようと思います。

>迷い人そらさん

ありがとうございます。
単管架台、、、どうしても私には強度的に最弱なイメージなのですが、おススメする以上、実は私の思い過ごしかもしれませんね。

まさに今土建屋さんに見積りしてもらおうと考えているので、どんな重機が妥当なのか判断がわかりませんでした。
小さめなバックホーであれば、比較的狭い接道も通れるので、問題なさそうです。

また何かありましたらよろしくお願いします。

書込番号:20397457

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:2532件Goodアンサー獲得:188件 CIS 165*300発電所 記録 

2016/11/16 09:38(1年以上前)

大切なソーラー設置でお忙しいスレ主さんのお邪魔をこれ以上しないよう、そろそろ引き上げようかと思いましたが、この板を閲覧されるROM専用の方々等へ誤認識をお与えしないためにも敢えてレスします。
(以下、スレ主さんに向けてのレスではありません)

間違って捉えないようお願いしたいですが、単管が選択肢として論外なのではなく、強度への認識の甘さのまま事業発信するというリスクヘッジへの甘さが50kW超レベルのソーラー事業においては「論外」ではないか?ということです。
この時代に、完全な強度などあり得ないですが、設置場所との兼ね合いを鑑みてそれなりに確かな強度が約束されるなら、単管でもスクリューでも構わないかと思います。
但し、良いと思っていた単管架台が強風で持って行かれた、というケースは事実として存在しますので、強度的に大丈夫かどうかの見極めは、実は簡単ではないかとも思われます。
(もし私が単管架台使用なら、コンクリート打ちの補強などは必ずすると思います)

それから、異常気象が叫ばれる昨今、数年前のような大雪に襲われる可能性は低くはありません。
前述された簡易的な置き基礎でアレイ間もさほどないようなシステムでは大雪の際、大量の雪を持って行く場所もありません。
というかこのような方式のシステムで数百枚レベルの発電所の雪処理を自力ですることは想像を絶する労力だと思います。
モタモタしている間に雪が凍りついたら晴天でもなかなか雪は融けてくれませんから、結果1日当り万円単位の売電損失を余儀なくされる可能性も憂慮されます。
簡易置き基礎方式に難色を示されたスレ主さんの御判断は、やはり賢明だと思います。

蛇足ついでに〜。
モニターは高価なシステムなどを付ける必要性は感じませんが、発電量の把握上やはり必須だと考えます。
経費削減のためとはいえ、それを削ることのリスクは小さくないと感じます。

パワコン単位やアレイ単位の発電状況の確認、発電効率の差異の把握、 電圧抑制の把握のためのグラフカーブの読み取り、緊急のシステムダウンへの対処等々、遠隔地システムならなおさらモニター設置は必須だと思います。

当方は、モニター単位で5つのシステムを日々監視・確認し続けていますが、これこそがソーラーオーナーの当然の務めと心得ています。
モニターなしではお話しにもなりません。

でもまあ、ソーラーへの考え方は人それぞれですから、選択肢もそれぞれです。

繰り返しますが、以上のレスは、リスクヘッジを当方以上にしっかりと検討・認識されておられるであろうスレ主さんには、全くもって無用の蛇足レスかとは思いますが、閲覧のみのROM専用の方々への参考程度のコメントとさせて頂きます。

スレ主さん、さらにスレを引っ張ってしまい、申し訳ありません。(謝)

書込番号:20398205

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:152件

2016/11/16 21:20(1年以上前)

>SAXRSさん

> どうしても私には強度的に最弱なイメージなのですが、おススメする以上、実は私の思い過ごしかもしれませんね。
確かにイメージ的にはそんな感じもしますね。私も最初はそうでした。
なので単管パイプ「パーフェクトポストジンク 48.6Φ」が特におススメってことでもないですよ。
もちろん他に想定内でのコストで収まるものがあったらそれでいいので。
それに当然のことながら、筋かいもしっかりと入れ、杭も適切な本数とし、施工も適正にしての話です。

> 小さめなバックホーであれば、比較的狭い接道も通れるので、問題なさそうです。
3tまでのバックホーでしたら軽トラが通れば通れますね。
それよりも苦労をするのは土や機材の搬入でしょうね。

なぜ、私とこもモニター的なものも設置してないか、を補足しておきますね。
基本的には期間中の発電量さえ把握できればいいからです。
それは各パワコンの表示される発電量の対比からでも出来ますし、全量でしたら電力会社のメーターでも。
おそらく短い期間で気になるのは最初だけ・・、そのうちに月一回の電力会社からの通知のみになるでしょうね。
この間には時折は動いてるかを見に行くこともあるでしょうが(笑)
それにここにも実際に修理に行ってこられたことが投稿されてますのでよかったら。
http://bbs.kakaku.com/bbs/-/SortID=20076055/

今ニュースなどでも取り上げられてる獣害もあるのでしたらその対策も要るでしょうね。

では、私もこの辺で。
また何かありましたら新スレにて。
そのほうが多くの意見も聞けるでしょうから。

書込番号:20399938

ナイスクチコミ!2


クチコミ投稿数:2532件Goodアンサー獲得:188件 CIS 165*300発電所 記録 

2016/11/17 14:45(1年以上前)

スレ主さんの板を使って重ね重ね申し訳ないのですが、リスクヘッジという観点にも通ずるかと思いますので、モニターの導入をする・しないの差異の部分で参考コメントとして補足しておきたいとおきます。

モニタリングシステムを設置する意味は、言うまでもなく発電状況の確認をすることに他なりませんが、

@経年劣化状態を詳細に把握できる。
Aシステムの不具合を(早期に)発見できる、ということになろうかと思います。

Aに関しては疑うことなく当たり前のことですが、特に遠隔地設置でモニタリングシステム無しの場合でも、故障・稼働停止直後にたまたま運良く当該設置場所に行き着くことができ、慌てて復旧・改善へ進められれば話しは別ですが(まあ、そんな可能性はむしろ低いかと)、そうでなければ発電所の容量いかんによっては大きな売電損失を被る結果となる恐れを覚悟すべきでしょう。
(休業補償というものがあり、当方もそれに加入していますが、それで良しということでもない)
事実、モニタリングせずシステムダウンの状態を長く引きずり、損害を被って初めて「やはりモニター監視は必要だと反省した」というケースも知っています。
モニター無しでは、常にそのような危険性の中にある、ということになります。
まさに、「備えあれば何とか〜」という世界だと思います。

@の経年劣化についてですが、当方も複数システム間で比例計算的にkW当りの実発電量やシステム出力係数値の比較・検証することはもちろんありますが、言うならばそれは単なる参考程度のものです。
劣化率・係数値カーブの異なるであろうモジュール間の経年劣化状況を単純に比較してみたところで、長期に渡る厳密な経年劣化状態は検証できない、と考えています。
(年々、劣化カーブの乖離性が高まるかもしれないので、さらなる把握が難しくなるかと)

将来、出力保証が10年、20年で定格値の何%で適用うんぬんというお話しになる可能性がありますが、それに向けて極力正確な経年劣化状態の把握は大切かと思います。(産業用のようにモジュール数が多ければ多いほど、メーカーにモジュールの出力確認を申請することを考えるとモニター数を多くして正確な状況把握をし、要確認枚数を少なくすることが必要ではないか)

また当たり前のことながら、単なる発電量値の比較も無意味です。
自然現象で規則性のない日射量を相手に、ソーラーシステムの経年劣化の推移を鑑みるとすれば、期待発電量という基準値をもとにした日射量比(システム出力係数)もしくは、年をまたいだ同時期における瞬間発電量値や正午近辺の1時間単位の最大発電量値などのデータを比較検証していくしかありません。
当然モニタリングシステム無しでは厳しい、もしくは無理なお話しです。

期待発電量は、ソーラークリニックやマイ日射量計にて求められるますが、ソーラークリニックを利用するとすれば、各月の1〜末日までの期待発電量しか提示されませんので、月々の中間日時点での検針結果しか載らない電力会社からの発電量検針データは、そういう意味では何の役にも立ちません。

繰り返しますが、モニタリングこそ発電所オーナーの欠かせない仕事だと思います。
自分が心血注いだ大切な発電所が止まろうが壊れようが、たまたま発電所を見に行った時に気づけれさえすれば気にしないよ〜、という方は別に必要ないかもしれませんが、我が子をいたわるように10年20年と自分のシステムを気にかけて行きたい、という考え方であれば、モニター設置は当然のことだと思っています。

が、前述の通り、100人いれば100人のソーラーへの考え方が存在しますので、これまた楽しいところです。
長期ソーラー事業をどのような考え方・哲学を持って営んで行くか〜、モニタリングというものが一つの基準点にさえなる気がします。

書込番号:20401898

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:2532件Goodアンサー獲得:188件 CIS 165*300発電所 記録 

2016/11/17 15:16(1年以上前)

すみませんが、訂正します。

>(産業用のようにモジュール数が多ければ多いほど、メーカーにモジュールの出力確認を申請することを考えるとモニター数を多くして正確な状況把握をし、要確認枚数を少なくすることが必要ではないか)


訂正
○→(産業用のようにモジュール数が多ければ多いほど、メーカーにモジュールの出力確認を申請することを考えると、パワコン毎やアレイ毎などでモニタリングすることで問題のあるモジュールの特定など、正確な状況分析・把握をし易くして要確認枚数をなるべく少なくすることが事業損失を抑える点で必要ではないか)

書込番号:20401947

ナイスクチコミ!0


スレ主 SAXRSさん
クチコミ投稿数:452件

2016/11/17 22:06(1年以上前)

>迷い人そらさん
>CIS愛好家さん

遠隔監視システムですね。
これもいろいろ設置者の考え方次第になると思います

結論からいうと、私はつける予定です。
というのも、当該地が自宅からだいぶ離れているためです。

ただ、設置場所が自宅前の敷地や、いつでもすぐに駆け付けられる場所という条件であれば、付けないかもしれません。
(私の場合、おそらく毎日パワコンを確認しに行くと思いますので・・・)
24円の売電単価なので、リスクに大きな影響がない(自己対応でカバーできる)部分では、極力費用を抑えたい考えがあります。

もちろん、つけて損はないと思います。
CIS愛好家さんのように、40円、36円ということであれば、十分なリターンが見込めるため、私もリスクヘッジを完璧にする方法をとると思います。
(経年劣化を検証したりできるし、安心感も得られるので、つけた方がいいのは当然ですね。)

実はSMA単相パワコンも、オムロン9台と比べると50万円アップ、20年保険つけるとさらに50万程の費用アップがわかっています。
SMAは3〜5%程、通常のパワコンよりも発電量が高くなるといわれていますが、CISパネルで140%という過積載、かつ他地域よりもピークカットが頻発する春先の日射量が高い地域(ピークカットの生じない冬場は、降雪もあるので他地域よりやや低め)という条件で、本当に100万+金利程の初期投資分を、20年で取り返せるのか?と疑問に思うところもあるのです。
20年保証が50万円というのも安い金額ではないので、自信があることを盾に開き直って10年のままにするという方もいますし、オーナーがどう考えるかになります。
(今のパワコンはMPPTもあるので、実はオムロンRシリーズもそれなりにいいかな、と思い始めています)
私も融資決済になりますので、初期費用アップを確実に取り返せる確証がなければ、融資金額を大きくするのは金利だけでもリスクに繋がりますし、下手すると融資が降りなくなります。

この辺、考え方次第ですので、ハイリスクハイリターンを狙うか、ローリスクローリターンがいいか、個人の置かれてる状況と採取的には好き嫌いになるかと思いますね。
たぶん私は、ロー寄りのミドルリスクミドルリターン型かと思いますが・・・

いずれにせよ、ご助言、感謝いたします。
実績からの助言は何よりも参考になりますので。。。

書込番号:20403040

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:75件Goodアンサー獲得:1件

2016/11/17 23:15(1年以上前)

>SAXRSさん

誰もはじめる前は同じように悩みました。自分の場合は初期投資早期回収の海外パネル使用ですから、いわゆるハイリスクハイリターン型なのかな?ただ自分ではあまりハイリスクの実感はないです。なぜならリスクと思える事は、それなりに保証や保険でカバーできると考えています。だからと言ってこっちの方がいいよと、他人には勧めないです。考え方は人それぞれですから。私も36円組なんですが、ラッキーだったのは当時どこの金融機関も太陽光の融資には寛大でしたから、金策には困らなかったす。複数の金融機関と相談して1番安かったところから融資受けました。24円だと確かにあの当時とは異なる厳しくなっているかもしれません。ひとつひとつ問題を解決して、納得出来るソーラーが完成される事をお祈りします。

書込番号:20403313 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:2532件Goodアンサー獲得:188件 CIS 165*300発電所 記録 

2016/11/17 23:23(1年以上前)

スレ主さん

>SMA単相パワコンも、オムロン9台と比べると50万円アップ、20年保険つけるとさらに50万程の費用アップがわかっています
>本当に100万+金利程の初期投資分を、20年で取り返せるのか?と疑問に思うところもあるのです

当方なら、100万円分アップしてもSMAを選択します。
当発電所は、新電元製三相パワコンを5台使用ですが、融資の際に、13年目頃にその三相パワコン5台分の総入れ替え費用として260万円ほど見込んでおきました。融資先の銀行側から、必ずパワコン交換費用は計上必須ですから、と言われ事業プランを作成しました。
つまり、20年以内に必ず260万円出費が必要になるということです。

それに比べればたったの100万円アップで、保険適用による「実質的に20年間パワコン交換費用がなくなる」というプランはわたし的には最高プランです。銀行側も、そのようなリスクヘッジ的プランを理解できれば、逆にその優位性を認めてくれませんかね?

但し、ちょっと不安要素があるとすれば、国内メーカーではないので、この産業用ソーラーの終焉期ということを考えて、今後日本から撤退する可能性もあり得るかもということで、万が一そのような場合にSMA日本支社がきちんとその後のサポート体制を維持してくれるかどうか?という部分です。(私が多少の性能ダウンを許容してでも、オムロンを選択が無難だと思う、まさにその理由部分なのですが)

まあ、それでも天下のSMAですし、高性能+20年保証というのは本当に魅力的だと思います。
スレ主さんがどのように選択されるか楽しみな部分です。

書込番号:20403358

ナイスクチコミ!0


スレ主 SAXRSさん
クチコミ投稿数:452件

2016/11/18 00:20(1年以上前)

>ジュピターリングさん

おっしゃる通りです。
昔は融資に寛大だったのですね。
今現状では、かなり厳しく事業計画を指摘されます。
なので、昔は高い売電単価で初期コストを抑えるやり方が、今よりもやりやすかったのかもしれません。
融資ありきですと、安価な海外品が使いづらいため、選択支が限られてしまうのも事実なんです。
例えば公庫は、まず国産品でなければ難色を示してきますし、銀行側も事業計画にパネルの交換費用を提案してくるところもありました。
海外品も悪いものばかりじゃないのですけどね。。。

>CIS愛好家さん

事業計画説明の際、海外製SMAパワコンの件は確実に指摘されると思いますので、正に20年保証の話をもってパワコン交換不要を力説するか、10年目でパワコンを交換すること前提で保証10年の計画とするかを考えていました。
(今のパワコンは、10年で全替えするほどあっさり壊れることはないと思いますが・・・)
この辺は銀行側の見解なので、どう判断されるかわかりませんね。。。
ただ、いかんせん海外製ということで、保証期間やSMAパワコンの高い耐久性云々よりも、もしもの時のアフターメンテナンス体制の見通しが不明なので、印象としては±0にギリギリなるかならないかでは?と勝手に思っています。
この点、CIS愛好家さんの指摘する通りですね。

個人的には私が設置するまでに、SMA社を見習って、オムロンにも新商品開発、保証体制等頑張ってほしかったんですが・・・
最近ではSMAの他、デルタ等もなかなかいい商品を出してきているので、国産も奮起してほしいところですね。

と、長々と私も引っ張ってしまってすみません。
皆さんの見解と、私の考え方に極端な相違がなかったことが確認できて安心しました。
いろいろなアドバイス、感謝します。

書込番号:20403527

ナイスクチコミ!0


クチコミ一覧を見る


価格.com Q&Aを見る

クチコミ掲示板検索



検索対象カテゴリ
を対象として

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

新製品ニュース Headline

更新日:10月15日

新製品ニュースを見る

クチコミ掲示板ランキング

(太陽光発電)