『サムスン純正モジュール簡易検証レポート』 の クチコミ掲示板

 >  >  > クチコミ掲示板

『サムスン純正モジュール簡易検証レポート』 のクチコミ掲示板

RSS


「メモリー」のクチコミ掲示板に
メモリーを新規書き込みメモリーをヘルプ付 新規書き込み



ナイスクチコミ3

返信4

お気に入りに追加

標準

サムスン純正モジュール簡易検証レポート

2017/06/26 12:44(1年以上前)


メモリー

クチコミ投稿数:1181件 くら〜くで〜るの日々 

サンマックスのMicronチップモデルと比較

定格でのBIOS表示

メモリー2933MHz動作で常用

サンマックスのMicronチップモデルですが2400MHzのときの結果

製品ページがないのでこちらに記載しておきます。噂のサムスン純正のモジュール買ったので軽く回してみましたが、触った感じは割といい感じです。

購入したのはDDR4-2400 8GBのバルク品を2枚分購入。

購入点はパソコンショップ・アークです。

商品ページ(M378A1K43BB2-CRC)
https://www.ark-pc.co.jp/i/11640135/


※尚、OCは製品の仕様外での動作になるので一切保証のない行為です。行う際は各ユーザーの自己責任でお願いします。
※個体差や組み合わせの相性などがあることもよくあるので、必ず動く保証はないので各自注意をお願いします。


テスト環境は
CPU AMD  RYZEN5 1600X
クーラー   Phanteks PH-TC14CS ホワイト/シルバー(改造してAM4に無理やり搭載)
マザー    ASRock AB350M Pro4(BIOSは最新)
SSD      SAMSUNG 960 EVO 500GB
グラボ    Manli GTX1070 FE
ケース    Thermaltake Core V21
電源     Siverstone SST-ST60F-TI
OS      Windows10 Pro 64bit

※OCなどの設定はすべてBIOSでの手打ちで設定しています。

やったことは、
1)低電圧駆動テスト。
定格で起動を確認後。DDR4定格電圧は1.2Vですが、マザー側で設定を弄って1.1Vまで下げれるので下げてみた所すんなり起動。これ以上は下げれないので断念。
2133MHz CL15、2400MHz CL17の2パターンでテストしどちらも動作。

2)CL17のままクロックアップテスト。
1.2VではBIOS起動のみですが3066MHzまで無事起動。OSの起動は2933MHzまでうまくいきました。3066から上は電圧を盛らないとだめでしたが3200は1.35V盛ればOSまで起動できるのを確認。
そこから先はテストが面倒でやってません。

3)常用設定を探る。
2933まですんなり回ったのでそのあたりで快適な設定を探ることに。本当はCL15設定したかったんですが、ASRockマザー特有のバグなのかCL値がしても反映されない値がいくつかあるようです。OC時のCL15とCL19が設定できず、強制的に一段緩められる仕様の可能性あり?

以上の点を踏まえてCL16で2933MHzで1.2Vで動作を確認できました。一応Memtest86も完走。ベンチマークもスコアの上昇を確認。

※尚、レイテンシーは細かい所はマザーの設定任せでAutoにしています。

4)ゲームでの動作を検証
PUBGを最近やっているので動作を見てみた所、定格では少し動作が重くフレームレートが落ちて結構描画がカクついたりすることがポツポツあったのですがOC時はかなり改善して、ほとんどなくなった感じです。レイテンシーもあるんでしょうけどクロックアップによるメモリーの速度上昇と合わせてCPUの動作自体が軽快に動くようになったのが要因かなと推測されます。

その他にも電圧を上げすぎるとかえってPOSTしないことがあったので盛すぎも良くないようです。クロックに合わせて最適な電圧をかけてあげるのが良いようです。

※3200起動時のSSは撮り忘れました。現在常用設定を煮詰めている最中ですが今の設定で概ね安定しているのでこのまま様子を見ようと思っています。

シネベンチのスコアアップはわずかですが、体感レベルではたまにあった引っかかりが解消されてかなり快適なった印象を受けます。私もひとから聞いた話で正確に理解しているか定かではありませんが、RYZENはCPUのL3キャッシュの動作がメモリーと連動しており、クロックやレイテンシーを上げると一緒に帯域が広がるので性能が大きく向上する場合があるみたいですので、少し性能に物足りなさを感じていればメモリー周りを強化することでの性能アップが可能なようですね。

以上のことからOC前提でサムスンの純正モジュールは値段も1枚8000円程度で2枚でも20000を切ってくるので高すぎずお買い得な感じです。必ず回る保証は出来ませんが、最近のOCメモリーのチップは大半がサムスンチップなので高確率でOC耐性が高く結構遊べる可能性があります。OC用の基板でないので極端な設定はできなさそうですが、ちょいOCなどにはちょうどいくら位のコストパフォーマンスかもしれないです。

メモリー相性が結構厳しいRYZENでとっても回って大満足。

書込番号:20997169

ナイスクチコミ!1


返信する
クチコミ投稿数:1181件 くら〜くで〜るの日々 

2017/06/27 17:22(1年以上前)

気合を入れて3200MHz CL16でFF14ベンチ

追加報告です。
レイテンシー設定をきっちり見直して3200MHz、CL16でFF14ベンチ計測。

同じグラボでi5 5675CとDDR3-1866 CL11の環境でスコアは14000台のスコアが出ていたのですが、定格だとRYZENは13000ギリギリで、明らかに壁があったのですが、CPUのOCは伸びにくいのと不安定になりやすい傾向からメモリーくらいしかOCできないのですが、今回のメモリーをつかってどこまで伸ばせるかテスト。

ちなみに今回の設定はDDR4-3200MHz、CL16(詳細なレイテンシーは画像参照)で少しカツ入れのため1.3V駆動になっております。

こちらの環境で旧環境とほぼ同レベルのスコアをたたき出すことに成功しました。決して劇的ではないもののPUBGもふ組めてCPUの要求がある程度求められるゲームでは効果があったみたいです。

常用できればこのレベルだとかなり快適なので冷却を含めて仕上げれば結構面白いかもです!!ただ3200MHzくらいだと熱に対して結構敏感になってくるようでメモリークーラーはあったほうがいいかも...。冷やせば不安定になったりスコア落ちも出ないのですが、冷却ファンをエアフロー任せにしてると少しスコア落ちが見られましたので、そのあたりも詰めていく必要がまだまだありそうです!

※ベンチ設定は解像度1980 x 1080 グラフィクスは最高設定となっています。

書込番号:21000130

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:1181件 くら〜くで〜るの日々 

2017/06/28 11:07(1年以上前)

追加報告です。

3200MHz CL16動作はやっぱり不安定になりやすいようです。
1.35V盛ってもいいのですが長時間稼働に対してはCPUの耐性的に少し怖い部分もあります。

1.3Vで各種ベンチマークは完走出来たのですが、冷却の問題と電力的に結構ギリギリみたいで1時間位稼働させるとブルーバックすることがまれにあります。
2933までだとかなり安定(15時間位連続稼動)していて運用面で問題はないので、常用は2933あたりがベストかもしれませんね。
2933でCL14に詰めてみるのも面白そうなので設定を見直しながら突き詰めていこうかと思います。

書込番号:21001994

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:1181件 くら〜くで〜るの日々 

2017/07/24 14:18(1年以上前)

追記です。メモリーの設定はCl16 2933の動作が思いの外安定しているので常用設定として運用することにしました。


それと気付いたのですがarkのメモリーロット変わって2rank品に変わったようですね。
RYZENだとランク制限の関係でOCで高クロック目指すなら1rank品が有利なんですが...。
両面はクロックを上げにくい反面、同クロック同レイテンシーならパフォーマンス面では有利なので一長一短といったところでしょうか。

楽天のアーキサイトのダイレクト通販ではまだ売ってっるっぽいので欲しい方はお早めに?
https://item.rakuten.co.jp/archisite/aa1455900/

書込番号:21067293

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:1181件 くら〜くで〜るの日々 

2017/10/01 11:20(1年以上前)

追記、
RYZENではCL17もOC時に突っぱねられる使用らしくCL18で上がって来るのを確認。

3200の場合、CL16でも動作するが、長時間運用してると気持ち不安定でたまーにフリーズなどの不安定な挙動が見られる。

CL18だとすこぶる快調で支障なく動作し、今のところフリーズなどの不具合もなく快適動作を確認。
電圧は少し絞って1.3Vで使用。
尚、電圧は盛りすぎは良くないみたいで、高いとかえって安定動作しないようで、スイートスポットを狙い撃ちする感じの設定だと非常に安定するようです。

3200だと1.3V〜1.35Vあたりがちょうどよいようです。これ以上盛ってもかえって発熱量増えて安定しないっぽいです。
CL16の場合は1.35V盛りで頭のCL値以外の部分を少し調整するといい感じに安定するみたいですが、メモリーの個体によってそのあたりのレンジが違うようで詰めにくいです。


あとSamsungの同じDDR4-2400 8GBモジュールで両面のを少し触ることがこの前出来たのでその時の挙動からすると、OCの耐性は1段くらい落ちる印象で、CL16で3066は起動可能だが3200はCL16では耐性不足で何やっても起動できませんでした。
ただ、CL18では起動できて、起動する範囲内では片面よりベンチマークのスコア変動幅は狭く安定して動く傾向でスコア自体もチップ数が多くアクセススピードにアドバンテージがある分少し高めに推移する挙動のようです。

FFベンチ比較でスコア差500くらい高い感じです。なので、無理にレイテンシーやクロックを上げすぎずに安定するところで常用を狙いの運用においては両面のSamsungモジュールも捨てがたいようです。
もともとDDR4初期の頃からSamsungのDDR4モジュールってOC回る傾向あったし妥当といえば妥当な結果でした。

とりあえず、手持ちの片面モジュールはわりとマージンあって遊べるしまだヘタってきる感じはないので3200 CL18で快適に運用中。

書込番号:21242991

ナイスクチコミ!1


クチコミ一覧を見る


クチコミ掲示板検索



検索対象カテゴリ
を対象として
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[メモリー]

メモリーの選び方ガイド

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

新製品ニュース Headline

更新日:4月16日

クチコミ掲示板ランキング

(パソコン)

ユーザー満足度ランキング