『Radeon Software Adrenalin 2019 Edition 19.7.1 Optional』 の クチコミ掲示板

『Radeon Software Adrenalin 2019 Edition 19.7.1 Optional』 のクチコミ掲示板

RSS


「グラフィックボード・ビデオカード」のクチコミ掲示板に
グラフィックボード・ビデオカードを新規書き込みグラフィックボード・ビデオカードをヘルプ付 新規書き込み



ナイスクチコミ3

返信0

お気に入りに追加

標準

Radeon Software Adrenalin 2019 Edition 19.7.1 Optional

2019/07/08 05:26(5ヶ月以上前)


グラフィックボード・ビデオカード

スレ主 沼さんさん
クチコミ投稿数:16534件

[Radeon Software Adrenalin 2019 Edition 19.7.1 Release Notes]
https://www.amd.com/en/support/kb/release-notes/rn-rad-win-19-7-1

サポート(以下グーグル翻訳)
・AMD Radeon RX 5700シリーズグラフィック
・AMD Radeon Image Sharpening(1)
・AMD Radeon RX 5700シリーズグラフィックス上のDirectX 9、DirectX 11およびVulkan ゲームで有効にできるRadeon設定で利用できる新しい機能。
コントラストを適応させたシャープネスをオプションのGPUアップスケーリングと組み合わせて提供することで、細部の描写と鮮明なビジュアルの提供を支援します。

・AMD Radeon Anti-Lag(2)
・Radeon設定で利用可能なDirectX 9およびDirectX 11ゲームで使用可能な新しい機能で、最大31%のラグの短縮で入力からディスプレイへの応答時間を改善。

・AMD Link(3)
・自動検出モードとワンタップ接続をサポートしているので、Radeon PCとAMD Link Appを簡単に接続できます。
・Apple TVとAndroid TVへの接続を新しい簡易TVインターフェースでサポートします。

・AMD Radeon Chill(4)
・モニタのリフレッシュレートに合わせてフレームレートの上限を設定するディスプレイ対応チューニングがサポートされるようになりました。
RS-294ディスプレイ対応チューニングは固定リフレッシュモニタで動作します。
または可変リフレッシュのRadeon FreeSync 対応ディスプレイを使用した場合。

・AMD Radeon WattMan(5)
・trics Performance Metrics OverlayおよびRadeon WattManで利用可能な新しいパワーゲージの読み取り値。
・自動チューニング機能は、チューニングの変更の要約を表示するようになりました。

・設定スナップショット(6)
・Radeon設定で利用可能な新しい機能で、Radeon設定用のカスタム設定および設定を作成、保存、およびロードすることができます。

・自動低遅延モード(7)
・connected接続されているテレビと通信し、自動的に低遅延(ゲーム)モードに入ることをサポートするグラフィック製品を許可します。


修正された問題
・一部のRyzen APUでエクスプレスアンインストールオプションを使用すると、グラフィックドライバが正しくアンインストールされない場合があります。
・パフォーマンスメトリックスオーバーレイは、ゲーム中に表示されるときに間欠的に誤った色を表示することがあります。
・Radeon Overlayは、DOOM の再生中に表示または起動に失敗することがあります。
・Windows 7システム構成でゲームがフルスクリーンで実行されていると、Radeon Overlayが表示されなかったり、起動しなかったりすることがあります。
・一部のユーザーは、Easy Anti-Cheat でAMD DLLファイルの署名問題を経験している可能性があります。
この問題を解決するには、Radeon Software Adrenalin 2019 Edition 19.7.1のクリーンインストールが必要な場合があります。

既知の問題点
・Radeon Image Sharpeningが有効になっていると、DirectX 9またはVulkan アプリケーションまたはゲームでRadeon Overlayがちらつくことがあります。
・RadeonReLiveストリーミングおよびビデオやその他のコンテンツのFacebook へのアップロードは現在利用できません。
・デスクトップ録画が有効になっていると、Radeon ReLiveでキャプチャされたクリップのオーディオが破損したり文字化けすることがあります。
・StarWars Battlefront IIのテクスチャは、DirectX 11 APIを使用するとピクセル化されたりぼやけたりすることがあります。
・ASUS TUF Gaming FX505では、システムがアイドル状態のときにデバイスマネージャからデバイスが消えるという、個別のGPU接続問題が発生する可能性があります。
・AMD Radeon RX 5700シリーズグラフィックスでのゲームプレイの最初の数分間にFortnite をプレイすると、ちらつきが少し発生することがあります。
・AMD Radeon RX 5700シリーズグラフィックスでSteamVRを起動すると、Valve Indexヘッドセットがちらつくことがあります。
・Windows 7システム構成では、アンインストール中にRadeon RX 5700シリーズグラフィックスに黒い画面が表示されることがあります。
回避策は、セーフモードでアンインストールを実行することです。
・clips Radeon ReLiveでクリップを記録すると、Windows 7システム構成のRadeon RX 5700シリーズグラフィックスでクリップが空白になることがあります。
・Lagueof Legends は、Windows 7システム構成のRadeon RX 5700シリーズグラフィックスでは起動に失敗することがあります。
・Windows 7システム構成では、右クリックデスクトップのコンテキストメニューにRadeon設定が表示されない場合があります。

書込番号:22784043

ナイスクチコミ!3


クチコミ一覧を見る


クチコミ掲示板検索



検索対象カテゴリ
を対象として
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[グラフィックボード・ビデオカード]

グラフィックボード・ビデオカードの選び方ガイド

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

新製品ニュース Headline

更新日:12月6日

クチコミ掲示板ランキング

(パソコン)

ユーザー満足度ランキング