『Windows10で署名無しドライバを使う方法。』 の クチコミ掲示板

 >  >  >  > クチコミ掲示板

『Windows10で署名無しドライバを使う方法。』 のクチコミ掲示板

RSS


「マイクロソフト」のクチコミ掲示板に
マイクロソフトを新規書き込みマイクロソフトをヘルプ付 新規書き込み



ナイスクチコミ9

返信1

お気に入りに追加

標準

Windows10で署名無しドライバを使う方法。

2019/07/21 12:01(4ヶ月以上前)


OSソフト > マイクロソフト

スレ主 KAZU0002さん
クチコミ投稿数:30374件

依頼でWindows10機を組んだのですが。必要な機材だけど古いドライバが動かないという事案が出たので、オレメモ的に。

以下に出てくる「コマンドプロンプト管理者権限」とは。
Windowsマークからメニューを表示挿せている状態で「CMD」と打つと、「コマンドプロンプト」が候補として表示されるので、「管理者として実行」を選択し、コマンドプロンプト画面を出します。

以下、手順です。(Windows10 1903で確認済み)

1.セキュアブートが設定されていないことの確認。
コマンドプロンプト管理者権限から、
>msinfo32.exe
→「セキュアブートの状態」が「無効」かどうかを確認。
セキュアブートが有効だったら、BIOSで無効にする。(Fast Bootとは別なので注意)。


2.Windowsをテストモードにする。
コマンドプロンプト管理者権限から、
>Bcdedit /set TESTSIGNING ON
「この操作を正しく終了しました」で設定完了。


3. Windows SmartScreen設定の変更
「コントロールパネル」→「システムとセキュリティー」→「セキュリティーとメンテナンス」
→「ユーザーアカウント制御設定の変更」、「通知しない」に設定。


4. ドライバー署名の無効化
コマンドプロンプト管理者権限から、
>Shutdown /r /o /t 0
シャットダウン手続きに入るとき、再起動時の「オプションの選択」が表示されるので、「トラブルシューティング」→「詳細オプション」→「その他の修復オプションを表示」→「スタートアップ設定」→「再起動」 で再起動する。
再起動するとき、「スタートアップ設定」にて「7.ドライバー署名を無効化する」を7キーを押しすと起動。
以後の起動中は、デスクトップの右下に「テスト モード」と表示される。

5.これで、Windows10の署名が無いドライバーがインストールできるようになる


6.テストモード終了
コマンドプロンプト管理者権限から、
>Bcdedit /set TESTSIGNING OFF
「この操作を正しく終了しました」で通常状態に戻る。上記でインストールしたドライバは、適用されたままとなる。


Windowsの根幹部分は、Windows NTのころから連続していて。新しいOSでないと動かないというよりは、新しいOSでは動かないようにしてある場合がほとんどです。
今回は、10年前のUSB機器をどうしても使う必要があったので、今回の処置ですが。まぁ、面倒な仕様になっているものです…

古いデバイスのドライバがインストールできないという場合には、試してみる価値はありますが。もちろん、古いドライバが不具合を起こす可能性もありますので。この試行はあくまで自己責任と言うことで。

書込番号:22812122

ナイスクチコミ!8


返信する
スレ主 KAZU0002さん
クチコミ投稿数:30374件

2019/07/21 14:12(4ヶ月以上前)

>必要な機材だけど古いドライバが動かないという事案が出たので
古いドライバがインストールできない…ですね。失礼。

書込番号:22812328

ナイスクチコミ!1


クチコミ一覧を見る


クチコミ掲示板検索



検索対象カテゴリ
を対象として
選び方ガイド

製品選びに必要な知識を
みんなで共有!

[OSソフト]

OSソフトの選び方ガイド

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

新製品ニュース Headline

更新日:11月19日

クチコミ掲示板ランキング

(パソコン)

ユーザー満足度ランキング