『アップミックスについて』 の クチコミ掲示板

 >  >  > クチコミ掲示板

『アップミックスについて』 のクチコミ掲示板

RSS


「AVアンプ」のクチコミ掲示板に
AVアンプを新規書き込みAVアンプをヘルプ付 新規書き込み



ナイスクチコミ10

返信4

お気に入りに追加

解決済
標準

アップミックスについて

2019/07/25 14:41(6ヶ月以上前)


AVアンプ

DENONのAVR-X2300W

現在、型遅れではありますがDENONのAVR-X2300Wと言うAVアンプを使用しております。
Blu-rayやVODで再生する映画を迫力のあるサラウンドで観賞が出来てとても満足をしていますが、ふと疑問に思った事があります。
AVアンプの種類やメーカーによってDolby SurroundやNeural:X等でアップミックスされた音に違いはあるのでしょうか?
もちろん環境やスピーカーによっても違いは出てくるのは分かりますが、それではなくAVアンプの種類やメーカーによってハイトやトップから聴こえてくる音の数に違ってくるなんて事もあるのか疑問に思いました。
電気店何かで視聴等出来れば良いのですが、何分田舎者でして・・・もしご詳しい方がおられれば教えていただきたいです。

書込番号:22819814 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!1


返信する
クチコミ投稿数:1597件Goodアンサー獲得:147件

2019/07/25 15:24(6ヶ月以上前)

ラーメン大好きラクさん、こんにちは

英語を日本語に翻訳するのは変わらないかもしれませんが、そこからお嬢さんが語るのか、年配の方かで声質が変わると聞こえる情報量も違ってくるかもですね

書込番号:22819861 スマートフォンサイトからの書き込み

Goodアンサーナイスクチコミ!2


クチコミ投稿数:3226件Goodアンサー獲得:664件

2019/07/25 16:35(6ヶ月以上前)

ラーメン大好きラクさん、こんにちは。

そういう視点で考えたことはないですが、
価格差があるのでその分使う部品の違いによって
音の違いというものは存在するのではないでしょうか。

昨今のPioneer・Onkyo連合の売却により、
いまでも、6メーカーしかない(実質は4メーカー)AVアンプカテゴリーは、
SONYが低価格機種か投入していないということもあるので、
事実上、YAMAHA対DENON/Marantz/Pioneer/Onkyo連合の競争、
ということになってしまう様相です。

しかしながら、各社のラインナップを比べてみれば、いくつか特徴的なことがあります。
まず、音声処理に使われているDSPについては、
YAMAHAがTIのDSPを主力としているのに対して、
他社は、アナログ・デバイセズのシャークプロセッサを主力にしています。

上位から下位までそろえている、YAMAHAとDENONを比べてみると、
販売戦略上のことと思われますが、似たようなラインナップになっています。

YAMAHAは、RX-A3xxx/2xxx1xxxが上位機種でこれでひとまとめ。
チャンネル数を減らしながら、細かくコストダウンをしています。
これ以下の機種では、DACチップをESSからTIの廉価品に変更するなど、
さらなるコストダウンのため、部品などを廉価なものに変えています。

DENONの場合も同様で、AVR-X8xxx/6xxx/4xxxがひとくくりになっていて、
DSPにはアナログ・デバイセズのシャークプロセッサを使っています。
その下のAVR-X2xxx/1xxxからは、DSPをシーラスロジックのものに変更しているので、
AVR-2xxxを最上位とする別のシリーズとして考えられます。
シーラスロジックのDSPはPioneer/Onkyoの下位機種でも使われています。

というように、上位機種と下位機種では音声処理を担っているDSPが
別メーカーのものを使っていたり、アナログ変換するDACチップが、
上位のもの、下位のもの、またメーカー変更など、様々な変更が行われていたりするので、
価格による性能差から、出ている音の違いは多少なりともあると考えるのが普通でしょう。
通常の2chステレオでも、アンプを上位機種に変えると、
いままで聞こえなかった音が聞こえる、などということはありますから、
それと同じような事象として、考えられると思われます。

書込番号:22819932

Goodアンサーナイスクチコミ!2


P577Ph2mさん
クチコミ投稿数:14445件Goodアンサー獲得:4750件

2019/07/25 16:39(6ヶ月以上前)

Dolby SurroundやNeural:Xは、音そのものを分析して、その中の音源(オブジェクト)を判別し、それぞれの位置関係を考慮した上で、バーチャル・サラウンド化し、それをまとめた音をそれぞれのスピーカーに配分して出します。
したがって、ある特定の音がある特定のスピーカーから出る、あるいは出ない、といったシンプルな形ではないです。

いずれにしても、基本的なアルゴリズムは、DTSやDolbyから供給されるはずで、原理的には同じような効果が出るはずです。
ただし、それをどうインプリメントして実現するかは、デコード側のプロセッサの能力やプログラムに依存しますし、製品による違いは出てくるでしょう。
メーカーやモデルによっては、そこにさらに独自の信号処理を加えることもあります。
もっとも、実際には、スピーカーの能力やその配置による影響の方がはるかに大きいんじゃないですかね。

書込番号:22819939

Goodアンサーナイスクチコミ!3


クチコミ投稿数:28件

2019/07/25 19:17(6ヶ月以上前)

>あいによしさん
>blackbird1212さん
>P577Ph2mさん
皆様ありがとうございます。
それぞれに大変納得のいく回答でした!
AVアンプやメーカーでアップミックスの情報量にそれぞれ違いがあるのですね。
どのメーカーの、どの機種が良いかは分かりませんが今はavr-x2300wで十分に満足をしているので、これで良しとしたいと思います。
本当に皆様ありがとうございました。

書込番号:22820161 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!2


クチコミ一覧を見る


価格.com Q&Aを見る

クチコミ掲示板検索



検索対象カテゴリ
を対象として
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[AVアンプ]

AVアンプの選び方ガイド

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

新製品ニュース Headline

更新日:1月28日

クチコミ掲示板ランキング

(家電)

ユーザー満足度ランキング