『HD660S/HD650/HD600 外観マイナーチェンジ(ドイツ本国サイト)』 の クチコミ掲示板

 >  >  >  > クチコミ掲示板

『HD660S/HD650/HD600 外観マイナーチェンジ(ドイツ本国サイト)』 のクチコミ掲示板

RSS


「ゼンハイザー」のクチコミ掲示板に
ゼンハイザーを新規書き込みゼンハイザーをヘルプ付 新規書き込み



ナイスクチコミ5

返信1

お気に入りに追加

標準

イヤホン・ヘッドホン > ゼンハイザー

スレ主 core starさん
クチコミ投稿数:484件

HD650での例。左が新、右が旧(DACは無視してください)

ドイツ本国公式サイト製品写真での判断ですが、
HD660S/HD650/HD600 の外観がマイナーチェンジ(ランニングチェンジ)したように見えますね。
(ただし、2019.09.15現在、ドングルDACとセットのものはまだ古いタイプの写真となっています。)
ドライバーや箱のランニングチェンジは何度かありましたが、外観のここまで大きな変更は初めてでしょうか?

変更箇所(写真から判断):

HD660S:
・銘板付近の左右識別突起が前方に移った
・銘板下のRL表示がなくなった(本体他の場所にあるのか不明。本体側ケーブルコネクタには従来通り表示あり)

HD650:
・銘板付近の左右識別突起が前方に移った
・銘板下のRL表示がなくなった(本体他の場所にあるのか不明。本体側ケーブルコネクタには従来通り表示あり)
・ヘッドバンドプラ下端部のR形状変更(滑らかになった)
・カップ周辺プラ(Yアームとそれに連なる下側の部品)が従来の丸いものから角ばった形状に変更
・従来塗装されていた部分の仕上げが変わり、従来と似たようなメタリックグレー色だがラメがほとんどなくなり?つや消しとなり、無塗装になったように見える

HD600:
・銘板付近の左右識別突起が前方に移った
・銘板下のRL表示がなくなった(本体他の場所にあるのか不明。本体側ケーブルコネクタには従来通り表示あり)
・ヘッドバンドプラ下端部のR形状変更(滑らかになった)
・カップ周辺プラ(Yアームとそれに連なる下側の部品)が従来の丸いものから角ばった形状に変更
・従来塗装されていた部分の仕上げが変わり、従来の色調を平均化した色に似ているブルーグレー色だが大理石模様無しの単色のつや消しとなり、無塗装になったように見える

流行りのマット色であちこちすっきりとして現代風になった印象ですが昔から所有している身としてはコレジャナイ感も感じてしまいます。
でも、660Sは銘板付近しか変わってなくて、ヘッドバンドやYアーム?とその下の部品の形状は従来通りのままというのも不思議です。

HD660S
 新デザイン
  https://en-de.sennheiser.com/headphones-audiophile-high-end-hd-660-s
 旧デザイン(DACとセットバージョン)
  https://en-de.sennheiser.com/headphones-audiophile-high-end-hd-660-s-apogee

HD650
 新デザイン
  https://en-de.sennheiser.com/high-quality-headphones-around-ear-audio-surround-hd-650
 旧デザイン(DACとセットバージョン)
  https://en-de.sennheiser.com/sennheiser-hd-650-apogee-groove

HD600
 新デザイン
  https://en-de.sennheiser.com/best-audio-headphones-high-end-stereo-hifi-hd-600
 旧デザイン(日本サイト)
  https://www.sennheiser.co.jp/sen.user.Item/id/1133.html

書込番号:22923465

ナイスクチコミ!5


返信する
スレ主 core starさん
クチコミ投稿数:484件

2020/05/10 06:02(2ヶ月以上前)

すでに国内販売サイトも新型の写真に切り替わっているようですが、
HD660S/HD650/HD600 の2019年版の写真が多めに掲載されているサイトを見つけました。
(以前リンクを貼ったドイツサイトのはCGっぽかったですよね)

情報訂正です。

サイトには2019年バージョンと書いてありますが、生産国を2019年にアイルランドからルーマニアに移したのに伴い金型や塗装も変えたのかもしれませんね。
一番大きな変更はアームが角ばったのと、HD600が大理石模様ではなくなったことでしょうか。
ルーマニア製は音も違うなんていう海外掲示板情報もありますが、どうなんでしょうか?
過去にも数多くのランニングチェンジがあるのでなんともいえませんね。


HD660S 2019バージョン写真:
https://www.thomann.de/ro/sennheiser_hd_660_s_new_version_2019.htm

HD650 2019バージョン写真:
https://www.thomann.de/ro/sennheiser_hd_650_new_version_2019.htm

HD600 2019バージョン写真:
https://www.thomann.de/ro/sennheiser_hd_600_new_version_2019.htm


まとめ修正版:
HD660S 2019年版での変更:
・銘板付近の左右識別突起が前方に移った
・銘板下のRL表示がなくなった(本体他の場所にあるのか不明。本体側ケーブルコネクタには従来通り表示あり)
・ヘッドバンドプラ下端部のR形状変更(滑らかになった)
・カップ周辺プラ(Yアームとそれに連なる下側の部品)が従来の丸いものから角ばった形状に変更

HD650 2019年版での変更:
・銘板付近の左右識別突起が前方に移った
・銘板下のRL表示がなくなった(本体他の場所にあるのか不明。本体側ケーブルコネクタには従来通り表示あり)
・ヘッドバンドプラ下端部のR形状変更(滑らかになった)
・ヘッドバンドの[S]Sennheiser ロゴが中央から左寄りに移った
・カップ周辺プラ(Yアームとそれに連なる下側の部品)が従来の丸いものから角ばった形状に変更
・塗装は従来と同じに見える。

HD600 2019年版での変更:
・銘板付近の左右識別突起が前方に移った
・銘板下のRL表示がなくなった(本体他の場所にあるのか不明。本体側ケーブルコネクタには従来通り表示あり)
・ヘッドバンドプラ下端部のR形状変更(滑らかになった)
・ヘッドバンドの[S]Sennheiser ロゴが中央から左寄りに移った
・カップ周辺プラ(Yアームとそれに連なる下側の部品)が従来の丸いものから角ばった形状に変更
・従来塗装されていた部分の仕上げが変わり、従来の色調を平均化した色に似ているブルーグレー色だが大理石模様無しの半つや消しっぽい単色となった。塗装なのか素材のままなのかは不明。

書込番号:23393975

ナイスクチコミ!0


クチコミ一覧を見る


クチコミ掲示板検索



検索対象カテゴリ
を対象として
選び方ガイド

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

qoo10

新製品ニュース Headline

更新日:8月3日

クチコミ掲示板ランキング

(家電)

ユーザー満足度ランキング