『Radeon Software Adrenalin 2019 Edition 19.11.1(x64)』 の クチコミ掲示板

『Radeon Software Adrenalin 2019 Edition 19.11.1(x64)』 のクチコミ掲示板

RSS


「グラフィックボード・ビデオカード」のクチコミ掲示板に
グラフィックボード・ビデオカードを新規書き込みグラフィックボード・ビデオカードをヘルプ付 新規書き込み



ナイスクチコミ0

返信0

お気に入りに追加

標準

Radeon Software Adrenalin 2019 Edition 19.11.1(x64)

2019/11/05 08:57(8ヶ月以上前)


グラフィックボード・ビデオカード

スレ主 沼さんさん
クチコミ投稿数:17581件

Radeon Software Adrenalin 2019 Edition 19.11.1 Release Notes
https://www.amd.com/en/support/kb/release-notes/rn-rad-win-19-11-1

Radeon Software Adrenalin 2019 Edition 19.11.1ハイライト(以下グーグル翻訳)

サポート
・レッドデッド:リデンプションII

Vulkan サポートを追加
VK_KHR_timeline_semaphore
・この拡張機能は、整数ペイロードを使用してタイムラインのポイントを識別する新しいセマフォタイプを導入します。
この拡張機能は、セマフォの照会、ホストの待機/信号操作、およびデバイスの待機/信号操作をサポートします。
VK_KHR_shader_clock
・この拡張機能により、シェーダーは、サブグループレベルまたはデバイスレベルで、リアルタイムまたは単調に増加するカウンターを照会できます。
VK_KHR_shader_subgroup_extended_types
・この拡張機能により、SPIR-Vの不均一グループ操作は、8ビット整数、16ビット整数、64ビット整数、16ビット浮動小数点、およびこれらのタイプのベクトルをサポートできます。
VK_KHR_pipeline_executable_properties
・この拡張機能を使用すると、一般にデバッグおよびパフォーマンスツールとアプリケーションで、パイプラインコンパイルプロセスに関するプロパティと統計を照会できます。
VK_KHR_spirv_1_4
・この拡張機能により、SPIR-V 1.4シェーダーモジュールを使用できるようになり、高レベルの言語からspirvへの翻訳が容易になります。
VK_EXT_subgroup_size_control
・この拡張機能により、実装では、サブグループサイズを変更できるようにし、必要なサブグループサイズを指定することにより、サブグループサイズを制御できます。完全な計算サブグループを許可するオプション機能が有効になっています。
クラスター化されたサブグループ操作
・この機能ビットにより、呼び出しは、サブグループのパーティション間で、add、mul、min、max、またはxorなどのクラスター操作を実行できます。
操作は、パーティション内のサブグループ呼び出し内でのみ実行されます。

修正された問題
・一部のユーザーは、ライブストリーミングのRadeon設定の[接続]ページからTwitch アカウントに接続できない場合があります。
・The Outer Worlds では、キャラクターのインベントリ画面を開くときにアプリケーションがクラッシュすることがあります。
・The Outer Worlds では、インベントリ画面でキャラクターモデルが正しくレンダリングされない場合があります。
・一部のVulkan APIゲームでは、フレームレートが上限または60 fpsに制限される場合があります。
・AMFエンコーディングを使用すると、OBSストリーミングで大量のフレームドロップが発生する場合があります。

既知の問題点
・Radeon RX 5700シリーズのグラフィック製品では、1080pおよび低ゲーム設定の一部のゲームでスタッターが発生する場合があります。
・パフォーマンスメトリックオーバーレイは、一部のアプリケーションでスタッターまたは画面のフラッシュを引き起こす可能性があります。
・Radeon RX 5700シリーズグラフィックス製品は、複数のディスプレイが接続されているときにスリープまたは休止状態から復帰するときにディスプレイの損失が発生する場合があります。
・HDRを切り替えると、Radeon ReLiveが有効になっている場合、ゲーム中にシステムが不安定になる可能性があります。
・Radeon FreeSyncがRadeon RX 5700シリーズグラフィックス製品の240hzリフレッシュディスプレイで有効になっていると、スタッターが発生する場合があります。
・AMD Radeon VIIでは、アイドル時またはデスクトップでメモリクロックが上昇する場合があります。
・パフォーマンスメトリックオーバーレイは、誤ったVRAM使用率を報告する場合があります。
・Radeon Overlayを呼び出すと、Windows でHDRが有効になっているときにゲームがフォーカスを失ったり、最小化されたりする場合があります。

書込番号:23028461

ナイスクチコミ!0


クチコミ一覧を見る


クチコミ掲示板検索



検索対象カテゴリ
を対象として
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[グラフィックボード・ビデオカード]

グラフィックボード・ビデオカードの選び方ガイド

新着ピックアップリスト

qoo10

新製品ニュース Headline

更新日:7月10日

クチコミ掲示板ランキング

(パソコン)

ユーザー満足度ランキング