『Radeon Software Adrenalin 2020 Edition 19.12.3(x64)』 の クチコミ掲示板

『Radeon Software Adrenalin 2020 Edition 19.12.3(x64)』 のクチコミ掲示板

RSS


「グラフィックボード・ビデオカード」のクチコミ掲示板に
グラフィックボード・ビデオカードを新規書き込みグラフィックボード・ビデオカードをヘルプ付 新規書き込み



ナイスクチコミ1

返信3

お気に入りに追加

標準

Radeon Software Adrenalin 2020 Edition 19.12.3(x64)

2019/12/19 18:11(11ヶ月以上前)


グラフィックボード・ビデオカード

スレ主 沼さんさん
クチコミ投稿数:18295件

あと 少しで完了・・・・→

ありゃりゃ ! 失敗だ !

Radeon Software Adrenalin 2020 Edition 19.12.3 Release Notes
https://www.amd.com/en/support/kb/release-notes/rn-rad-win-19-12-3

ところで,一部機器(AMD Radeon HD 7700 Series Graphics),完了間際にアップデート失敗 !
偶々,かなり旧いカードで,生じたものであるが ・・・・・
amdcleanuputility.exe を実行し再度挑戦するが成功しなかった。

書込番号:23116873

ナイスクチコミ!0


返信する
スレ主 沼さんさん
クチコミ投稿数:18295件

2019/12/19 19:12(11ヶ月以上前)

「Radeon Software Adrenalin 2020 Edition 19.12.3 Release Notes」

Radeon Software Adrenalin 2020 Edition 19.12.3 Highlights
修正された問題(以下Google翻訳)
・ゲームおよびブーストクロックは、Radeon SoftwareのRadeon RX 5500 XTグラフィック製品で誤って報告される場合があります。
・特定のWiFiアダプターがシステムで有効になっていると、Radeon Software Installでエラーが発生し、AMDグラフィックスハードウェアの検出に失敗する場合があります。
・Rocket League は、タスクの切り替えを実行した後、クラッシュしたり、アプリケーションがハングすることがあります。
・パフォーマンスメトリックスオーバーレイを開いてゲームの解像度を変更すると、黒い画面が表示される場合があります。
・Radeon Software Overlayを無効にしても、フルスクリーンゲーム中にオーバーレイショートカットのトーストメッセージが表示される場合があります。
・カスタムシーンからのオーディオは、録音またはストリーミングが停止された後も引き続き再生される場合があります。
・一部のシステム構成では音が大きすぎるため、インストーラーの音声が低減されました。
・一部のユーザーは、テッセレーションモードのグラフィック設定でドロップダウンを選択できない場合があります。
・Radeon ReLiveが見つからないか、Hyper-Vが有効になっている一部のシステム構成にインストールできない場合があります。
・新しく追加されたゲームプロファイルは、プロファイルで現在選択されているグローバルグラフィック設定オプションを有効にできない場合があります。
・Adrenalin 2019 EditionからWebからAdrenalin 2020 Editionへの自動更新を実行すると、エラーコードが表示されて失敗する場合があります。
・ゲーミングマウスを使用したときのRadeon Chillのエクスペリエンスが向上しました。
・パフォーマンスオーバーレイが有効で、Radeon FreeSyncが有効な場合、一部のゲームでフチ無しとフルスクリーンを切り替えると、音が途切れる場合があります。
・MechWarrior 5:Mercenaries は、プレイヤーモデルに近い画面の下部で黒い破損が発生する場合があります。
・Radeon Anti-Lagは、グローバルグラフィック設定オプションで有効になっている場合、DirectX 9アプリケーションで有効にできない場合があります。
・Radeon Anti-LagはCounter-Strike:Global Offensive を有効にできない場合があります。
・カスタムストリームオプションは、エンドポイントを選択するためのURLボックスをユーザーに表示できない場合があります。
・DirectMLメディアフィルターは、1つの画像で同時に両方を実行しようとすると、アップスケールとノイズ除去の適用に失敗する場合があります。
・一部のRadeon FreeSync対応ディスプレイでは、LFCが断続的に発生し、ゲームの途中でパフォーマンスが低下したり、途切れたりすることがあります。
・灰色のボックスは、ユーザーがシーンエディターでカスタムホットキーを設定できない場合があります。
・Radeon RX 5700 XTでグラフィッククロックの自動チューニングを実行すると、非常に高いOCまたは不安定なOCになる可能性があります。
・一部のゲームでは、Radeon Enhanced Syncを有効にするRadeon Softwareでゲームプロファイルが設定されている場合、タスク切り替えを実行すると、画面が不安定になったり画面が失われたりすることがあります。
・Radeon Image Sharpeningは、Star Wars Jedi:Fallen Order で有効にできない場合があります。
・一部のRadeon RX 500シリーズグラフィックス製品では、HDCP 2.2対応コンテンツの再生に失敗する場合があります。

書込番号:23116965

ナイスクチコミ!0


スレ主 沼さんさん
クチコミ投稿数:18295件

2019/12/19 19:13(11ヶ月以上前)

(続き)

既知の問題点
・一部のRadeon R9 200、Radeon R9 300、およびRadeon R9 Furyシリーズのグラフィック製品では、高リフレッシュレート120hz +ディスプレイを使用すると、限られた数のDirectX 9またはDirectX 11ゲームで不安定になる場合があります。
この問題が発生している場合の回避策は、ディスプレイのリフレッシュレートを下げることです。
・TrialsRising では、ゲームの一部の領域で過度の霧/煙が発生する場合があります。
・ゲーム中にRadeon Game Advisorが呼び出されると、CPU使用率が高いままになることがあります。
・ファクトリーリセットのインストールでは、以前に設定されたRadeon Softwareゲームプロファイルが保持される場合があります。
これにより、グローバルなグラフィック設定とプロファイルごとの設定が一致しなくなります。
・一部のUIボックスまたはトーストメッセージでのテキストオーバーフローは、一部の言語ローカライズで発生する場合があります。
・Radeon Enhanced Syncを有効にすると、垂直同期のコントロールが非表示または非表示になる場合があります。
・Radeon Softwareは、サイズが一致しない状態で開いたり、開いたときに以前に設定したサイズを保持しないことがあります。
・一部のVulkan ゲームアプリケーションは、Radeon Image Sharpeningを有効にしてタスクスイッチを実行するとクラッシュする場合があります。
・整数のスケーリングにより、ディスプレイの解像度がネイティブの解像度より低く設定されている場合、一部のビデオコンテンツにちらつきが表示されることがあります。
・ゲームの内外でタスクの切り替えを実行すると、パフォーマンスメトリックオーバーレイが60 fpsでフレームレートをロックしているように見えることがあります。
・Battlefield Vは、Radeon RX 5700シリーズグラフィックス製品でRadeon Boostが有効になっているゲームの設定を変更すると、アプリケーションがハングする場合があります。
・Radeon Softwareオーバーレイが開いているときに解像度を変更すると、アプリケーションがハングしたり、TDRが発生したりする場合があります。
・対応ディスプレイでRadeon Image Sharpeningを有効にすると、色が白くなることがあります。
・Mortal Kombat 11 では、Radeon RX 5700シリーズグラフィックス製品のスプラッシュスクリーンの後にアプリケーションがクラッシュする場合があります。
・SETI Homeは、Radeon RX 5700シリーズグラフィックス製品から誤った結果を提供する場合があります。

Vulkan サポートを追加
・VK_KHR_timeline_semaphore(Win7サポート)
・この拡張機能は、整数ペイロードを使用してタイムラインのポイントを識別する新しいセマフォタイプを導入します。
この拡張機能は、セマフォの照会、ホストの待機/信号操作、およびデバイスの待機/信号操作をサポートします。

・VK_KHR_shader_float_controlsextension
・この拡張機能は、浮動小数点計算の丸めモード、非正規化、符号付きゼロおよび無限大のデフォルト動作の照会とオーバーライドをサポートします。

・VK_KHR_separate_depth_stencil_layoutsextension
・この拡張機能は、深度とステンシルビットを分離し、画像レイアウトを個別に設定できるようにします。

・VK_EXT_tooling_info
・この拡張機能により、アプリケーションは開発者のシステムでアクティブなVulkanツールを照会できます。

・VK_EXT_pipeline_creation_feedback extension
・この拡張機能は、パイプラインの作成に関するフィードバックをアプリケーションに提供するメカニズムを追加します。

書込番号:23116968

ナイスクチコミ!0


スレ主 沼さんさん
クチコミ投稿数:18295件

2019/12/23 14:30(11ヶ月以上前)

>ところで,一部機器(AMD Radeon HD 7700 Series Graphics),完了間際にアップデート失敗 !
>偶々,かなり旧いカードで,生じたものであるが ・・・・・
>amdcleanuputility.exe を実行し再度挑戦するが成功しなかった。

について,
https://www.amd.com/ja/support/graphics/amd-radeon-hd/amd-radeon-hd-7000-series/amd-radeon-hd-7770-ghz-edition
「Radeon Software Adrenalin 2020 Edition 19.12.2 Recommended (WHQL)」 からのアップデートは,失敗に終わったが,
「Auto-Detect and Install」から実行することで,解決出来た。



書込番号:23124428

ナイスクチコミ!1


クチコミ一覧を見る


クチコミ掲示板検索



検索対象カテゴリ
を対象として
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[グラフィックボード・ビデオカード]

グラフィックボード・ビデオカードの選び方ガイド

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

新製品ニュース Headline

更新日:11月27日

クチコミ掲示板ランキング

(パソコン)

ユーザー満足度ランキング