『続 ソフトチャンデバEKIO と DAC8PRO でマルチアンプシステム』 の クチコミ掲示板

 >  >  > クチコミ掲示板

『続 ソフトチャンデバEKIO と DAC8PRO でマルチアンプシステム』 のクチコミ掲示板

RSS


「スピーカー」のクチコミ掲示板に
スピーカーを新規書き込みスピーカーをヘルプ付 新規書き込み



ナイスクチコミ234

返信149

お気に入りに追加

標準

スピーカー

スレ主 dualazmakさん
クチコミ投稿数:1207件 my Picasa JPEG Archive 

皆さん、

昨年末から、下記それぞれのスレッド;

【複数のプリメインアンプでマルチアンプシステム構築は邪道か?】
https://bbs.kakaku.com/bbs/K0000924414/#23140284

【続 複数プリメインアンプでマルチアンプシステム構築は邪道?】
https://bbs.kakaku.com/bbs/-/SortID=23151776/#23151776

【チャンネルデバイダーで分割後にバランス&レベル調整?】
https://bbs.kakaku.com/bbs/-/SortID=23181110/#tab

【ソフトウェアチャンネルデバイダー EKIO】
https://bbs.kakaku.com/bbs/-/SortID=23212699/

にて貴重な情報交換をさせていただき、その結果として、

PCソフトウェアであるLUPISOFT社のチャンネルデバイダー(クロスオーバー)EKIO;
http://www.lupisoft.com/ekio/
http://downloads.lupisoft.com/ekio/EKIO_user_manual.pdf



ステレオ4-way 8-チャンネル DAC機である OKTO RESEARCH社の DAC8PRO;
https://www.oktoresearch.com/dac8pro.htm
https://www.oktoresearch.com/assets/dac8pro/DAC8PRO_owners_manual.pdf

を用いて、
1. Windows 10 Pro 64bit PC内部で、Roon や JRiver MC26 から 192 kHz 24bit のステレオデジタル信号をAD変換なしで EKIO に入力して 192kHz 24bit のままでステレオ4-way 8-チャンネルのデジタルチャンネルデバイダー処理=帯域分割(クロスオーバー処理)を行い、

2. デジタル8-チャンネルをUSBケーブル1本で同時に DAC8PROへ 出力して DAC変換させ、それぞれのアナログ音声信号をアンプ群(ステレオアンプ4台、またはモノラルアンプ8台)に導いて、ステレオ4-way 8-チャンネルのマルチアンプオーディオ環境を構築する、

ことを計画中です。 

これに、左右1台ずつの独自アンプ内蔵サブウーハー(YAMAHA YST-SW1000 2台)が加わりますので、実質的には、ステレオ5-way のマルチアンプ環境となる予定です。


現在の私の環境、アンプ、スピーカーの詳細につきましては;
https://bbs.kakaku.com/bbs/-/SortID=23151776/#23151776
の最初のあたりに詳しく記載しておりますので、ご興味がおありの方はご覧下さい。

再録になりますが、今回のマルチアンプ化の対象であるスピーカー群について紹介します。

構成は、3-wayのメインスピーカー (ウーファーWO、スコーカーSQ、ツイーターTW)に加えて、左右にスーパーツイーターST、およびこれも左右にアンプ内蔵の強力なサブウーファーSWを使い、実質的には5-wayの構成です。

長年愛用しているメインスピーカーは、メンテナンスと改造を重ねて今でも絶好調な YAMAHA NS-1000 です。 NS-1000Mではありません。(NS-1000 の前面バッフル、側板、天板、定番は NS-1000M より 5mm 厚く、背面板は、何と 15 mm も厚く、総重量は 39 kg で
NS-1000M より 8 kg も重くなっています。)
従って;
WO 30 cm コーン
SQ 8.8 cm ベリリウム ドーム
TW 3.0 cm ベリリウム ドーム
です。

https://sawyer.exblog.jp/12639976/
で報告されている方に全く同感で、SQおよびTWのアッテネーターは、-4 〜 -5 dB の設定で WO とのつながり、バランスが最高で、総合能力をフルに発揮してくれており、バリバリの現役です。

http://audio-summit.co.jp/2019/04/04/ns-1000m%E3%81%AE%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%86%E3%83%8A%E3%83%B3%E3%82%B9%E5%BE%8C%E7%B7%A8%EF%BC%88%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%86%E3%83%8D%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC%E6%B4%97%E6%B5%84%EF%BC%89/

http://audio-summit.co.jp/2019/04/03/ns-1000m%e3%81%ae%e3%83%a1%e3%83%b3%e3%83%86%e3%83%8a%e3%83%b3%e3%82%b9%e5%89%8d%e7%b7%a8%ef%bc%88%e3%83%8d%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%af%e3%83%bc%e3%82%af%e7%b7%a8%ef%bc%89/

あたりを参考にして、昨年夏にアッテネーターを完全分解&洗浄してオーバーホールし、さらに;

http://audio-summit.co.jp/2019/04/03/ns-1000m%e3%81%ae%e3%83%a1%e3%83%b3%e3%83%86%e3%83%8a%e3%83%b3%e3%82%b9%e5%89%8d%e7%b7%a8%ef%bc%88%e3%83%8d%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%af%e3%83%bc%e3%82%af%e7%b7%a8%ef%bc%89/

を参考にして、NS-1000は3端子化して各ユニットに直結し、内部のクロスオーバネットワークとアッテネーターは撤去し、クロスオーバーネットワークの全てのコイルとコンデンサーを新品に交換し、完全にオーバーホールしたアッテネーターと共に外付けボックス化しております。
クロスオーバーは、NS-1000 オリジナルとほぼ同様の;
500Hz,両側 -12 dB/Oct
6000Hz, 両側 -12 dB/Oct
です。

STは、非常に高能率なホーン型 FOSTEX T925A で、アッテネーターは -15 dB あたりで鳴らしております。低域カットは、 1.5 μF コンデンサー一発のみですので、 約 8 kHz, -6 dB/Oct 傾斜で、NS-1000 のTW とかなり重なっていますが、 -15 dB アッテネーター設定で最適化しており、10 kHz 以上で本領を発揮させています。この ST は、NS-1000 のスピーカー架台の中に配置しており、WO と SQ を、TW と ST で上下から挟むという、ちょっと特殊な配置にしております。

左右の SW は、YAMAHA YST-SW1000 2台で、120W 5Ωの強力アンプ内蔵、歪0.01%、カットオフ周波数 30 Hz〜130 Hz 連続可変(-24dB/oct)、レベル調整可能、位相反転可能、全てリモコン操作可能、消費電力100W、外形寸法 幅580×高さ440×奥行440mm、重量48kg です。これも、過去2回のヤマハでのメンテナンスを経て、いまでも完動、現役です。

ソフトウェアチャンネルデバイダー EKIOは、既にチャンネル数無制限の有償版を入手して試用を開始しており、その「さわり」の状況については、スレッド;
https://bbs.kakaku.com/bbs/-/SortID=23212699/
の最後のあたりで、少し情報交換させていただきましたで、そちらもご覧下さい。

次の応答欄から、引き続き、準備状況およびマルチアンプ構築状況について情報交換させていただきます。

書込番号:23251861

ナイスクチコミ!4


返信する
スレ主 dualazmakさん
クチコミ投稿数:1207件 my Picasa JPEG Archive 

2020/02/25 20:31(9ヶ月以上前)

BOWSさん、あいによしさん、Naim ND555 enthusiastsさん、皆さん

先週金曜日に帰国し、3連休は時差調整と体調管理を兼ねて、スピーカー配線(アンプ群選択)の「端子&ケーブル板」を工作しました。添付イメージをご覧下さい。

SPケーブルの「物理的な繋ぎ替え」で、従来の環境と、チャンデバ環境を、簡便に切り替えられるようにしております。

8連装電磁リレーを使って、一挙に、いつでも切り替えられるようにすることも考えたのですが、劣化の可能性がある電磁リレー接点は避け、原始的ではありますが、もっとも確実な「ケーブルのネジ止め繋ぎ替え」で切り替えることにしております。

ご覧のように、チャンデバ−マルチアンプ接続では、少なくとも試行錯誤の間は、ツイーター(TW)とスーパーツィーター(ST)には、保護コンデンサーを噛ませておく予定で、そのための端子ラグも用意しました。

マルチアンプ環境で、TWは 6 kHz以上、STは 9 kHz 以上あたりで鳴らす予定ですので、TW および ST の保護コンデンサーとしては、10μFのフィルムコンデンサーをそれぞれの+ラインに噛ませておこうと思っておりますが、この場合 TW, STの両者について

1.10μFのフィルムコンデンサー1個
2.5μFのフィルムコンデンサー2個を並列

のどちらがお勧めでしょうか?

大きな金色の抵抗器2個は、8Ω 100W の「ダミースピーカー」であり、アンプ群やLCネットワークを、「無音でエージング」する際に使います。

書込番号:23251905

ナイスクチコミ!2


スレ主 dualazmakさん
クチコミ投稿数:1207件 my Picasa JPEG Archive 

2020/02/25 20:49(9ヶ月以上前)

今後もいつでも聴けるように継続して維持しておく、「LCネットワーク+アッテネーター」では、先日もお話ししたように、WOラインの 47μFコンデンサー2個を、電解コンデンサーからフィルムコンデンサーに変えて、ダミースピーカーを使って、3日間連続で大きな音量出力でエージングしました。

添付写真の、ボックスの底あたりの白い大きなコンデンサー2個が、47μFのフィルムコンデンサーです。

エージングも済ませて、非常に快適な音響品位が得られており、この現在の音響がマルチアンプシステム構築の「基準音響品位」となります。

そうそう、OKTO社の Pavel さんとは、メールで頻繁にやりとりしており、DAC8PRO 受注の確認もしっかり頂戴しました。もちろん、製作と検査を完了して、日本向けに出荷される際には連絡をもらうことになっています。EC圏からの個人輸入ですので、税関では非課税であることを願っておりますが、どうなりますことか。。。。  まあ、課税されても、大した税額にはならないでしょう。

書込番号:23251939

ナイスクチコミ!1


スレ主 dualazmakさん
クチコミ投稿数:1207件 my Picasa JPEG Archive 

2020/02/25 21:33(9ヶ月以上前)

BOWSさん、皆さん、

お礼を忘れておりましたが、8Ω 100W の金色の「ダミースピーカー」は、

書込番号:23189263

でBOWSさんからご教示いただきました。 

これなら、かなり大出力でアンプやLC回路をエージングしても、発熱は微々たるものですので、安心して「無音長時間エージング」でき、とても便利です。

あらためて、ご教示、ありがとうございました。

書込番号:23252055

ナイスクチコミ!1


殿堂入り金メダル クチコミ投稿数:2440件Goodアンサー獲得:233件

2020/02/25 22:40(9ヶ月以上前)

dualazmakさん、こんばんは

通過帯域が通ればよいので下記ではいかがでしょうか?

JA-0801:600Hz/66μF/DCP-FC001-1000//Ecap100v-56.0μF
JA-05138:6kHz/6.8μF/DCP-FC001-680
T925A:8.4kHz/4.7μF/DCP-FC001-470

書込番号:23252221 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!0


殿堂入り金メダル クチコミ投稿数:2440件Goodアンサー獲得:233件

2020/02/25 22:43(9ヶ月以上前)

訂正JA-05138→JA-0513


書込番号:23252230 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!0


スレ主 dualazmakさん
クチコミ投稿数:1207件 my Picasa JPEG Archive 

2020/02/26 09:11(9ヶ月以上前)

あいによしさん

ご教示、ありがとうございます。

当面、ツィーター、スパーツイーターに加えて、スコーカーにも保護コンデンサーを噛ませておくべき、と理解しました。
CDP-F シリーズのフィルムタイプ保護コンデンサーは、アマゾンサイトでも;

◆ステレオ誌での各社コンデンサー比較テストにおいて、トップクラスの 評価を得ています
◆高音質設計
◆自作スピーカーに最適

と書かれており、安心して使えそうです。 早速入手して端子板に組み付けます。
3.5SQリード線をハンダ付けし、圧着端子で端子ラグに取り付ける予定です。

書込番号:23252766

ナイスクチコミ!1


スレ主 dualazmakさん
クチコミ投稿数:1207件 my Picasa JPEG Archive 

2020/02/26 09:22(9ヶ月以上前)

あいによしさん

スコーカー YAMAHA JA-0801 用の保護コンデンサーですが、ECap100V-68μF 1個でも問題なさそうに思いますが、いかがでしょうか?

書込番号:23252780

ナイスクチコミ!1


BOWSさん
クチコミ投稿数:2956件Goodアンサー獲得:198件 縁側-音狂井戸端会議の掲示板Youtube 

2020/02/26 12:49(9ヶ月以上前)

dualazmakさん

 精力的に活動されていますね。
 オーディオ機器と言うより 電力盤のようで 力強いです。

>1.10μFのフィルムコンデンサー1個
>2.5μFのフィルムコンデンサー2個を並列

 この選択ですが、過去の経験から コンデンサ、抵抗等のパーツは 大きい、重い、硬い 方がベターです。
 コンデンサスピーカーがあるくらいなんで パーツは微振動するので 大きい、重い、硬い 方が余計な付帯音がつかなくて、静かです。

 そういう意味でオススメが
JantzenAudio フィルムコンデンサー Superior Z-Cap10.0μ \7,569
https://dp00000116.shop-pro.jp/?pid=27414815
 ですね。
 カマボコくらいのサイズでデカイですが、この真っ赤なコンデンサは良いです。
 今セール中なのでかなりお得です(ふだんは\9,800くらい)

 さすがに この値段が出せない場合は
Mundorf フィルムコンデンサー Evo450-10.0μF
https://dp00000116.shop-pro.jp/?pid=124303850
1,861円(内税)
 このあたりか

JantzenAudio フィルムコンデンサー Standard Z-Cap10.0μF \1,110
https://dp00000116.shop-pro.jp/?pid=27413786

 PARCのCDP-Fシリーズは何十個も使っていますが、上記のコンデンサよりやや雑味があるので音を通過するコンデンサよりも、電源のバイパスコンデンサに使うことが多いです。

 それと、保護用のコンデンサですが音響用とは言え電解コンだとディテール表現が削がれるのでポリプロピレンコンデンサにしたいところです。かなり高価になりますが...



書込番号:23253131

ナイスクチコミ!2


スレ主 dualazmakさん
クチコミ投稿数:1207件 my Picasa JPEG Archive 

2020/02/26 15:04(9ヶ月以上前)

BOWSさん

引き続き、よろしくご指導下さい。

>オーディオ機器と言うより 電力盤のようで 力強いです。

はい、スピーカーケーブルやバナナプラグ類は、かなり高価なものを含めて、これまでも色々使ってきましたが。。。。 バナナプラグは絶対に「禁忌」とする主義と境地に到達しております(笑)。

昨年夏のLC外付けボックス化の工作以来、全て撚銅線CVTケーブルに統一し、アンプからLCボックスまでの左右それぞれ7mは、5.5SQ (AWG10) ケーブルで、LCボックス内は、3.5SQ (AWG12) で、そこからSPユニット群への配線は 5.5SQ または 3.5SQ を使い、LCボックス内は全てハンダ結線、アンプやSPへの結線は、JIS規格配電用のニチフ裸圧着端子(錫メッキ銅製)としております。 NS-1000 内部の配線も、もちろん 3.5SQでハンダ結線です。

強固にネジ締め固定しますので、この方式、特に錫メッキ銅製圧着端子、が最も信頼性が高く、経時変化/経年変化も最小化できる、との結論です。性能的にも、予算的/価格的にも、最高の選択であると結論、確信しています。

圧着レンチ(ペンチ)は、定番の LOBSTER AK-15 を使っています。しかし、大量の配線工作では腱鞘炎になりそうなので、充電式ハンディ圧着機 KLAUKE EK50MLJ (ドイツ製で魅力的)を買うことを、本気で考慮中ですが、、、、高価ですね。
https://www.youtube.com/watch?v=9_F7Z7zbwaA
https://www.amazon.co.jp/%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%A6%E3%82%B1-Klauke-%E5%85%85%E9%9B%BB%E5%BC%8F%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%87%E3%82%A3%E5%9C%A7%E7%9D%80%E6%A9%9F-EK50MLJ-%E5%A5%A5%E8%A1%8C6-4%C3%97%E9%AB%98%E3%81%9525-3%C3%97%E5%B9%859-3cm/dp/B07LGFP1HC


さて、保護コンデンサーですが、保護といっても音響信号が通過するので、仰せの通り、「それなり」のフィルムコンデンサーにするべきか、と考えております。現在のLCボックスでも、「それなり」のフィルムコンデンサーを使用中ですし。。。。。

そこで、以下の選択を想定しておりますが、如何でしょうか?

SQ保護:  JantzenAudio フィルムコンデンサー Standard Z-Cap68.0μF
【メタライズドポリプロピレンフィルムコンデンサー 68.0μF】
7,549円(内税)
https://dp00000116.shop-pro.jp/?pid=27414037

TWおよびST保護: JantzenAudio フィルムコンデンサー Standard Z-Cap10.0μF (ご示唆の通り)
【メタライズドポリプロピレンフィルムコンデンサー 10.0μF】
1,110円(内税)
https://dp00000116.shop-pro.jp/?pid=27413786

これで、(7,549 + 1,110 x 2) x 2 = 19,538円(税込) ですね。

書込番号:23253308

ナイスクチコミ!2


クチコミ投稿数:253件Goodアンサー獲得:5件

2020/02/26 20:07(9ヶ月以上前)

>dualazmakさん

Jantzen Film Capacitors ですか?

Canada, Ontario に位置する Parts Connexion では現在 25%OFF での提供中です。
https://www.partsconnexion.com/Jantzen-film-caps.html

ついでながら、Parts Connexion にはパーツなどの購入の際にお世話になりました。

御参考まで。

書込番号:23253832

ナイスクチコミ!2


スレ主 dualazmakさん
クチコミ投稿数:1207件 my Picasa JPEG Archive 

2020/02/26 20:28(9ヶ月以上前)

Naim ND555 enthusiastsさん

>Canada, Ontario に位置する Parts Connexion では現在 25%OFF での提供中です。
https://www.partsconnexion.com/Jantzen-film-caps.html

ありがとうございます。この店は知りませんでした。
DAC8PROが届くまで、まだ暫くかかりそうなので、保護コンデンサーの入手も急ぐ必要はありません。

現在の為替レート ¥110.45/USD で計算しても、日本で買うより遙かに安価に調達できるので、Parts Connexion へ発注したいと思います。

今後も、特に急がない汎用品の購入では、このサイトを有効利用できそうで、大変嬉しい情報を頂戴しました。
心より感謝申し上げます。

書込番号:23253866

ナイスクチコミ!2


殿堂入り金メダル クチコミ投稿数:2440件Goodアンサー獲得:233件

2020/02/26 22:19(9ヶ月以上前)

dualazmakさん、こんばんは

>当面、スコーカーにも保護コンデンサーと理解

はい当面です、いじっている時期のポカよけで半年くらい様子見て問題ないと判断されれば抜かれてもよいと思います。最近のアンプはDC漏れとか、高速リレーでスパッと切れてSPを壊すような事はなさそうですし。

>JA-0801 用の保護コンデンサー、ECap100V-68μF 1個でも問題なさそうに思いますが、

電解コンだけでは応答性の問題で音がよくないので、フィルムコンをパラって中高域の改善をねらっています。

Jantzenについては知った上でPARCをすすめています。

PARCも10uF1個\1050-なので、それなり高いですが音は上位グループです。もし落ち着いて余裕が出たら入れ替えて音の違いを楽しむのもありだと思いますが、先々は抜くかもしれず、NS1000卒業でシステム大幅変更やネットワーク回帰の可能性もあります。保護コンに凝るならもっといいムンドルフ MCAPとかありますし、高価なものはいろいろ調べて別途購入がよいと思います。

書込番号:23254149 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!1


スレ主 dualazmakさん
クチコミ投稿数:1207件 my Picasa JPEG Archive 

2020/02/27 09:28(9ヶ月以上前)

あいによしさん、
および Naim ND555 enthusiastsさん、BOWSさん

>先々は抜くかもしれず、NS1000卒業でシステム大幅変更やネットワーク回帰の可能性もあります。
>保護コンに凝るならもっといいムンドルフ MCAPとかありますし、高価なものはいろいろ調べて別途購入がよいと思います。

ありがとうございます。かなり悩ましいところですね。 


あいによしさん、Naim ND555 enthusiastsさん、BOWSさん

実は、先頃交換した WO ライン用の白い大きな 47μF2個(左右で合計4個)は、MUDORF MCAP250-47t です。

大きな容量のコンデンサーを厳密に比較試聴したことがなかったので、ものは試し(!)で、1月末にコイズミ無線で Jantzen CrossCap47.0μF と MUDORF MCAP250-47t を購入して、はじめて比較試聴して、私の環境では MUNDORF MCAP250-47t の方が、特にピアノサウンド低音域の晴明感が、ほんの僅かですが、よさそうに感じたので、これを採用しました。 この辺りも、凝れば凝るほどキリがなく、価格的にも、どんどん上がっていくことを実感しました。

マルチアンプ環境における「保護コンデンサー」は、先々抜きたい!、と思っていますので、本当に悩ましいところですが、マルチアンプ群(ステレオ4台、またはモノラル8台)を最終的に選択して「本プロジェクト」の最終形態に落ち着くまでには、この先まだ少なくとも1年ほどかかりそうですので、そこまでの期間は、アンプ群も交換しつつ(たとえば YAMAHA XM4080 で試行開始?)、

1.チャンデバ−マルチアンプの試行実験
2.現在の E-460→LCネットワーク→SP群で、いつものように「音楽」を堪能

を結構頻繁に、日常的に、行ったり来たりすることになりますので、比較の観点からも、1.のマルチアンプ環境でも、 2.のLCネットワーク環境でも、「同程度の品位」のコンデンサーを使いたい、と考えております。

予算面も度外視はできませんので、総合的に考えて;

SQ保護:       JantzenAudio フィルムコンデンサー Standard Z-Cap68.0μF
TWおよびST保護: JantzenAudio フィルムコンデンサー Standard Z-Cap10.0μF

とすることにしましたので、ご理解下さい。
皆様からの貴重なご示唆とご教示に、心より感謝申し上げます。


Naim ND555 enthusiastsさん

昨晩遅くに Parts Connexion へ UPS WORLDWIDE SAVER 配送(送料 USD19.95)で発注したところ、今朝には発送完了のメール連絡と、 UPSからもトラッキング番号通知メールがあり、3月2日(月曜日)には配達される、とのことです。 この配達の日取りは、カナダ米国時間なのか、日本時間なのか、???ですが、来週前半には届きそうです。 思いのほか的確、迅速な対応のようですね。 送料を含めても、国内で購入するより遙かに安価で調達できますので、今後も、Parts Connexion は使えそうです。

書込番号:23254694

ナイスクチコミ!2


スレ主 dualazmakさん
クチコミ投稿数:1207件 my Picasa JPEG Archive 

2020/02/27 09:51(9ヶ月以上前)

皆さん、

私の書斎のサブオーディオシステム環境;

SPは Klipsch ProMedia 2.1 THX、
DACは 24bit 192kHzでは定評がある ONKYO DAC-1000S を単独利用

の PC に;
VB-AUDIO VIRTUAL CABLE,
VB-HiFi CABLE & ASIO Bridge,
EKIO

をインストールし、Roon および JRiver MC26 からの 24bit 192kHz での EKIOへの入力とステレオ4-way 8-チャンネル分割、全チャンネルの DAC-1000Sへの同時同期出力を確認しました。

今週末には、リスニングルームのメインオーディオシステムにて、OPPO SONICA DAC を使って、同様に試験を開始します。
まずは、現在の単独アンプ ACCUPHASE E-460 と LCネットワーク環境使い、EKIO帯域分割設定についての試行錯誤が開始できるのも、EKIOの利点ですね。
取りあえず、EKIOのチャンデバ設定は、添付画像の状態から始めます。

皆さんのどなたかが、同様に EKIO を試して下さると、非常に有益な情報交換が可能になると思われますが、いかがでしょうか??

書込番号:23254718

ナイスクチコミ!2


スレ主 dualazmakさん
クチコミ投稿数:1207件 my Picasa JPEG Archive 

2020/02/27 10:31(9ヶ月以上前)

もちろんですが、

ASIO4ALL

もインストールしています。

書込番号:23254767

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:253件Goodアンサー獲得:5件

2020/02/27 12:34(9ヶ月以上前)

>dualazmakさん

Parts Connexion の迅速な対応はよろしかったですね。お役に立てて嬉しいです。

なお、到着予定日時の表示ですが、FedEx の場合は確か「到着地」時間表示であったかと記憶はしていますが、もし間違いでしたらごめんなさい。
UPS もそうかも知れませんね。Tracking サイトでの時間表示を「到着地時間表示」に切り替えればはっきりするかと思います。

また、hificollective という英国のショップもいろいろ商品を揃えているようです。
ただし、このお店は私は利用したことはありませんが、御参考まで。
https://www.hificollective.co.uk/

書込番号:23254916

ナイスクチコミ!0


BOWSさん
クチコミ投稿数:2956件Goodアンサー獲得:198件 縁側-音狂井戸端会議の掲示板Youtube 

2020/02/27 12:46(9ヶ月以上前)

dualazmakさん

 おおーっ、システムが着々と出来上がってきていますね。


>実は、先頃交換した WO ライン用の白い大きな 47μF2個(左右で合計4個)は、MUDORF MCAP250-47t です。

>大きな容量のコンデンサーを厳密に比較試聴したことがなかったので、ものは試し(!)で、1月末にコイズミ無線で Jantzen CrossCap47.0μF と MUDORF MCAP250-47t を購入して、はじめて比較試聴して、私の環境では MUNDORF MCAP250-47t の方が、特にピアノサウンド低音域の晴明感が、ほんの僅かですが、よさそうに感じたので、これを採用しました。 この辺りも、凝れば凝るほどキリがなく、価格的にも、どんどん上がっていくことを実感しました。

 白いコンデンサなのでMundrfだろうなと思っていたんですが、Mcapでしたか
 だいぶ値段が違いますね。
 この「ほんの僅か」にコストがかかるのはハイエンド・オーディオもコンデンサも同じです。

>マルチアンプ環境における「保護コンデンサー」は、先々抜きたい!、と思っていますので、本当に悩ましい

 DC漏れに関して安全なのは、真空管アンプを使うことですね(^o^)
 出力トランスからDCは流れません。
 市販品だとよっぽどの故障が無い限りDC漏れを起こすようなアンプは無いですけど
 
>SQ保護:       JantzenAudio フィルムコンデンサー Standard Z-Cap68.0μF
>TWおよびST保護: JantzenAudio フィルムコンデンサー Standard Z-Cap10.0μF

 音色の統一ということでも良いんじゃないでしょうか


Naim ND555 enthusiastsさん

Parts Connexionの紹介ありがとうございました。
やすいですね。特に赤のZ capが
Canadaと言えば、DIgi-Keyに何回も発注しているんですが、Parts Connexionは1回だったか頼んだ覚えはあります。円安にシフトしているので早いうちに頼んだほうが良さそうですね。

書込番号:23254940

ナイスクチコミ!0


スレ主 dualazmakさん
クチコミ投稿数:1207件 my Picasa JPEG Archive 

2020/02/27 14:12(9ヶ月以上前)

BOWSさん、Naim ND555 enthusiastsさん、あいによしさん、皆さん、

本当に心強い先輩諸氏、ありがとうございます。
引き続き、よろしくお願い申し上げます。

当方、米国で例の研究にも関係しておいたので、先週末に帰国後、念のため、14日間は自宅で「自分を隔離」しており、在宅リモートワーク状態です。 それで、Roon - EKIO でBGM的に音楽を聴きながら、仕事も(!)しております。今のところ、至極健康です。

Roon で聴くストリーミングラジオ局も、BGMにはいいですね。
私は、 KUSC Classical の大ファンです。
https://www.kusc.org/


さて、EKIO の試験運転、非常に面白いですね。

まず、ASIO4ALL, VB-AUDIO VIRTUAL CABLE, VB-HiFi CABLE & ASIO Bridge, EKIO帯域分割、 8-チャンネルUSB-DAC同期出力、の「安定性」ですが、昨晩から20時間連続で鳴らしていましたが、米国での初期テストで経験していた同期ドリフトによる(?)僅かなプツプツ音の発生も皆無で、驚くほど安定しています。全体的な音響品位もとても優れており、このテスト環境では、non-EKIO再生と較べて、聴覚上の差は、全く感じられません。

余談で、再録ですが、Klipsch ProMedia 2.1 THX は安価ですが、非常に優秀で、音色的にも、音響品位的にも、至極「まとも」です。
https://www.audioreputation.com/klipsch-promedia-2-1/
「ニアフィールドリスニング」で、EKIO設定を確認するのには、非常に適したスピーカーであると、あらためて感心しております。

EKIO も、Roon も、CPUに加えて、GPUが使える際には効率的に GPUエンジンも利用しているようです。添付キャプチャーをご覧下さい。

EKIOの Inputs/Outputs パネル上では、8チャンネルそれぞれの solo ボタンをクリックすると、全チャンネル再生から瞬時に単一チャンネル再生に切り替わるので、とても便利で楽しめます。

何度もお話し&ご紹介しておりますが、
”SONY SUPER AUDIO CHECK CD”
https://www.discogs.com/Various-Super-Audio-Check-CD/release/12859958
の各トラックをうまく使うと、ほとんどのパラメーター設定を、聴覚的に確認できます。

特に、トラック20の、『高域リニアリティ・チェック「Bimmel Bolle」古典オルゴール』 は、超高域のみならず、低音域も豊かで、史上希に見る超絶音源(!笑)であり、全域のバランス、定位、位相、ディレイの聴覚確認が、この音源だけで、ほとんど可能です。この音源を8チャンネル個別で、また帯域毎に、鳴らしてみると、チャンデバの設定と性能が一目瞭然かつ一聴瞭然になります。

もちろん、TrueRTA ソフトと測定用マイク ECM8000 も持っており、TrueRTAをシンクロスコープモードで使ってディレイ調整を客観的に測定することもやりたいと思っておりますので、DAC8PROを入手したらご指導をお願いしたく思います。

書込番号:23255056

ナイスクチコミ!2


スレ主 dualazmakさん
クチコミ投稿数:1207件 my Picasa JPEG Archive 

2020/02/29 00:04(9ヶ月以上前)

皆さん、

本日夕刻に、リスニングルーム、メインオーディオシステム用のオーディオ再生専用PCに EKIO をインストールして試験を開始しました。

DAC8PRO は、まだ入手できていないので、8チャンネル全てをOPPO SONICA DAC へ同時同期入力して、現在のE-460 と LCネットワークボックス経由で再生するというテスト環境です。

このWindows 10 Pro 64bit PCは、オーディオ再生専用の完全ファンレス無音PCで、CPUもさほど強力なものではありません。

M/B: GigaByte Z77MX-D3
CPU: Intel Core i7-2600S (GPU内蔵) 4コア、8スレッド
MEMORY: 16 GB
OS and Software SSD: 512 GB Windows 10 Pro 64bit
DATA SSD: 3 TB
主なオーディオ関係ソフト: Roon, JRiver MC26, AudaCity, TrueRTA, MySpeaker, などなど

これに、

ASIO4ALL
VB-AUDIO VIRTUAL AUDIO CABLE
VB-AUDIO VIRTUAL Hi-Fi Cable / ASIO BRIDGE
EKIO

を管理者権限で順次インストールしました。
(念のために、一つインストールする都度、PCを再起動しています。)

Roon と JRvier は、DSP設定で、全ての音源(PCM も DSD も)を 192kHz 24bit で出力する設定にして、ASIO4ALL へ出力させ、それを VB-Virtual Cable 経由で EKIO に取り込み、4帯域、ステレオ4-way 8チャンネルに帯域分割し、8チャンネル全てを同時同期で OPPO SONICA DAC へ(R, L へ4チャンネルずつ)入力しています。

この状態で、Roon からリアルタイムサンプルレート変換させながら EKIO を動かしている状態は、添付の画面キャプチャーの通りです。

このPC環境でも、添付画像3枚目のように、EKIO のCPU利用率は約16%、Roon のCPU利用率は約7%程度で、PC処理として十分な余裕があり、6時間連続で鳴らしていますが、全く破綻やノイズ発生はありません。

添付画像1枚目の下部の通り、

Roon-RAAT出力用の ASI4ALL のBuffer Size は 2048 Samples、
EKIO入出力用のASI4ALL のBuffer Size は 512 Samples、

の設定で、極めて安定して連続再生しています。

現在の試験は、OPPO SONICA DAC 1台へ全チャンネルを出して、通常の E-460 と LC-ネットワーク経由でSP群を鳴らしていますが、この試験環境でも、クロスポイント、フィルタタイプ、傾斜、ゲイン、帯域ディレイ、などなどを際しながら調整してリアルタイムで聴けますので、面白いですね。

この環境でも、試験的にLO (WO) をゼロ基準にして、MID (SQ)、HI(TW)、および SH(ST) の3帯域を 3〜7 ms ディレイさせてやると、低域のスピード感と全体の音像定位が向上することが、はっきりと聴き取れます。 デジタルチャンデバ設定の面白さと泥沼(?)が、見えてきました。

もちろん、DAC8PROを入手してマルチアンプ環境を構築することが最終目的ですので、いまのシングルDAC-シングルアンプ試験環境でチャンデバ設定を変えて遊ぶのは、あまり意味がないことは、重々承知しているのですが。。。いろいろ勉強できますし、これだけでもハマってしまいそうです。

いずれにしても、私のメインオーディオシステムPCで、ASIO4ALL、仮想I/Oケーブル類、 ROON、 JRMC、 EKIO を、何の問題もなく、余裕を持って、非常に安定して、動かせることが確認でき、ほっと一息ついております。

早く DAC8PROを入手してマルチアンプ環境を試したいのですが、Pavel さんからの出荷連絡はまだありませんし、週明けからは超多忙になりそうで、少々憂鬱です。

書込番号:23257566

ナイスクチコミ!2


スレ主 dualazmakさん
クチコミ投稿数:1207件 my Picasa JPEG Archive 

2020/02/29 00:08(9ヶ月以上前)

次の課題は、ステレオアンプ4台、または、モノラルアンプ8台の調達です。

試験段階でもステレオ4-way 8チャンネル駆動から始めたいので、中古品かレンタル品から始めて、段階的に進めるべく、いろいろ考察、検討中です。 

まずは、DAC8PRO の入手が先決ですので、これが手に入ってから、本格的に動くつもりです。

書込番号:23257578

ナイスクチコミ!2


スレ主 dualazmakさん
クチコミ投稿数:1207件 my Picasa JPEG Archive 

2020/02/29 11:33(9ヶ月以上前)

今日、OKTO社の受注状況確認サイトにログインしてみたら、私の DAC8PRO のステータスが、"Awaiting Processing" から "Processing" に変わっておりましたので、どうやら製造工程、検査工程、配送予定、には乗っているようです。

ついでに、ペアリングして同梱してくれる DAC8PRO用のリモコン、といっても Apple Remote (価格 25ユーロ)、も今日、発注しました。

書込番号:23258105

ナイスクチコミ!2


スレ主 dualazmakさん
クチコミ投稿数:1207件 my Picasa JPEG Archive 

2020/02/29 13:13(9ヶ月以上前)

皆さん、

日本時間の26日の深夜にカナダの Parts Connexion に発注した;

SQ保護:       JantzenAudio フィルムコンデンサー Standard Z-Cap68.0μF 2個
TWおよびST保護: JantzenAudio フィルムコンデンサー Standard Z-Cap10.0μF 4個

ですが、なんと、なんと、先ほどUPS便で配達されてきました。もちろん、関税などは取られていません。
時間的にも、国内のネットストアで調達するのと、あまり差がないですね。

書込番号:23258275

ナイスクチコミ!2


BOWSさん
クチコミ投稿数:2956件Goodアンサー獲得:198件 縁側-音狂井戸端会議の掲示板Youtube 

2020/02/29 14:24(9ヶ月以上前)

dualazmakさん

 早く着いてよかったですね。
 Digi-Keyによく発注しますが、時差の関係で金曜の夜にオーダー入れて 月曜に着くことが多いんでそんなもんだと思います。

 置いとくのも何なので ツィーター等に使って事前にエージングしておくと DAC8PRO が来た時に、熟れていていいかもしれませんね。

書込番号:23258375

ナイスクチコミ!1


殿堂入り金メダル クチコミ投稿数:2440件Goodアンサー獲得:233件

2020/03/01 12:58(9ヶ月以上前)

>置いとくのも何なので 

手持ちのDACで始められたらいかがでしょうか?

書込番号:23260196

ナイスクチコミ!1


スレ主 dualazmakさん
クチコミ投稿数:1207件 my Picasa JPEG Archive 

2020/03/01 15:07(9ヶ月以上前)

BOWSさん、

>ツィーター等に使って事前にエージングしておくと,,,,,

仰せの通りで、ここでもお勧めいただいた黄金の8Ω100Wダミースピーカー、既に端子板に組み付け済み、が大いに役立ちます!
家人にも嫌がられずに、「無音の少し大音量(!)」で、心ゆくまで、徹夜で、いや昼夜連続で、エージングします!


あいによしさん、

>手持ちのDACで始められたらいかがでしょうか?

そうも思っているのですが、明日から超多忙で、、、、、 
DAC8PRO の発送連絡があるまで、小休止しようかな、と思っています。

と言いつつも、次の応答欄をご覧下さい。。。。こんな情報も!!
 

書込番号:23260451

ナイスクチコミ!3


スレ主 dualazmakさん
クチコミ投稿数:1207件 my Picasa JPEG Archive 

2020/03/01 15:46(9ヶ月以上前)

皆さん、

例の、 DAC8PROの「脅威の性能」レポート;
https://www.audiosciencereview.com/forum/index.php?threads/review-and-measurements-of-okto-dac8-8ch-dac-amp.7064/

の Audio Science Review フォーラムにデビューし、上記報告へ投稿することで DAC8PROの情報共有に参加し始めていますが、そこで、オランダの方から、ソフトウェアチャンネルデバイダー(クロスオーバー)dePhonica (開発者はロシア在住)の情報をもらいました。

これは、EKIOより安価で、もっと手の込んだ設定が可能で、 IIRフィルター と FIR フィルターの使い分けや組み合わせも可能で、FFT FIR では、128 000 までの tap が適用できるようです。 フルバージョンの価格は、69.95ユーロです。
https://dephonica.com/
https://www.youtube.com/watch?time_continue=3&v=1jK7sJr9i7M&feature=emb_title
https://www.youtube.com/watch?v=2dBozhhflyA

入力フォーマットも、EKIOよりも柔軟で;
16-bit integer, 24-bit integer and 32-bit floating point
Two input channels and up to 8 output channels
Output to DirectSound, ASIO and Kernel Streaming audio devices
Processing completely in 64 bit floating point precision

EKIOで少し苦労する入出力も、dePhonica では;
Built-in WDM driver for stream input from common audio and video players, browsers, navigation and other software
Built-in ASIO Sink driver for stream input from audio players with ASIO support
Low latency: about 50 msec when using IIR filters and crossover output stream into ASIO device

だそうですので、ASIO4ALL やVB-AUDIOの仮想ケーブル類は不要のようです。

面白そうなので、このdePhonicaでも遊んでみたいのですが、当面時間が取れそうにありません。
また、各種のディープな詳細設定は、私の現在の理解を超えている面も、多々ありそうです。

皆さん、dePhonica お試し、いかがでしょうか?
どなたか、dePhonica で「スレ建て」されませんか? 私も、DAC8PRO が手に入ったら合流しますよ。

これの紹介動画などを眺めていると、もはやチャンデバ(クロスオーバー)処理は、PC内で、GUIで、ハイビットデジタル処理が主流になりつつあるように感じ始めています。

これを使っているオランダの方も、 DAC8PROを発注して到着待ちだそうですので、有用な情報交換ができそう、と期待しています。 

超高価な TRINNOV ALTITUDE32 などの出番や市場は、もはや、、、どうなのでしょうね。

書込番号:23260536

ナイスクチコミ!2


スレ主 dualazmakさん
クチコミ投稿数:1207件 my Picasa JPEG Archive 

2020/03/01 15:56(9ヶ月以上前)

dePhonica Ver3 は、Review Build が無料でダウンロード&お試し可能なようです。
https://dephonica.com/version3/

書込番号:23260567

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:253件Goodアンサー獲得:5件

2020/03/03 04:54(9ヶ月以上前)

>dualazmakさん
>DAC8PRO の発送連絡があるまで、小休止しようかな、と思っています。


もしかしましましたら発送までにはかなりの時間待たされるやも知れませんね。
以下は御参考までに。
https://www.diyaudio.com/forums/vendor-s-bazaar/331847-dac8-launch-tour-announcement-10.html

それでは、御幸運を!

書込番号:23263448

ナイスクチコミ!0


スレ主 dualazmakさん
クチコミ投稿数:1207件 my Picasa JPEG Archive 

2020/03/03 06:17(9ヶ月以上前)

Naim ND555 enthusiastsさん

おはようございます。

OKTO社の Pavel さんとは、(応答はスローモーションですが)メール連絡が維持できており、またオーダー後は、受注サイトにログインして状況確認ができています。

私の発注は2月15日で、オーダー状況表示は、しばらくの間 ”Awaiting Processing" の状態でしたが、2月25日頃に "Processing" に変わっていますので、製造&検査のラインには乗っているようです。

昨年11月20日に、某所で、Pavelさんが;

"We are now building and shipping around 5 DAC8 PROs a week. This number should significantly increase in the beginning of December, so hopefully we will be able to ship the vast majority of orders before Christmas."

と書かれていますので、製造体制が強化されていることを信じつつ、時折オーダー状況を確認しながら気長に待ちます。どれほどのオーダーを抱えているのかは???ですが、、、

私は(も)、この先の数ヶ月間、いや半年以上かな、本業の仕事で超多忙が続きそうですので、ちょうど適切なペースかも知れません(笑)。

書込番号:23263477

ナイスクチコミ!1


スレ主 dualazmakさん
クチコミ投稿数:1207件 my Picasa JPEG Archive 

2020/03/05 06:53(8ヶ月以上前)

皆さん、

◆EKIO の I/Oの安定性

および

◆EKIO のチャンデバ動作の安定性

について情報共有させていただきます。

例の保護コンデンサー(キャパシター)6個の無音エージング(8Ω100W のダミースピーカーDummy SP 利用)を兼ねて;

1.Roon → VB Audio Hi-Fi Cable → ASIO4ALL → EKIO → ASIO4ALL → OPPO USB ASIO → OPPO SONICA DAC → Accuphase E-460 → Dummy SPs

2.JRiver MC26 → VBAudio Hi-Fi Cable →ASIO4ALL → EKIO → ASIO4ALL → OPPO USB ASIO → OPPO SONICA DAC → Accuphase E-460 → Dummy SPs

の動作について、1.を36時間、2.を24時間、それぞれ連続運転して、「安定性」を検証しました。 
結果は、あたりまえではありますが、全く問題なく、非常に安定して I/O およびチャンデバ動作が連続動作しております。


さて、DAC8PRO の取説には添付画像のように、USB/AES/EBU についても書かれておりますので、DAC8PRO が到着した暁に、これをPCに USB接続すると、Windows WMD が8台の USB Audio DAC として認識することに加えて、どうやら AES/EBU オーディオデバイス、または USB-SPDIF オーディオデバイスとしても認識されると考えられます。 これがその通りであれば、VB Audio Hi-Fi Cable は不要で;

Roon → DAC8PRO's USB-SPDIF → ASIO4ALL → EKIO → ASIO4ALL → 8チャンネル DAC8PRO USB WDM (ASIO) → DAC8PRO → マルチアンプ群(ステレオアンプ4台、またはモノラルアンプ8台) → スピーカー群

という I/O の流れも可能かも知れません。  

DAC8PRO が到着すれば、まず PC に USBケーブル1本で繋いでみて、Windows 10 Pro の WMD機能が DAC8PRO をどのように認識するのか、よく確かめてみます。

一方、PC内部における EKIO チャンデバ処理(24bit 192kHz)の総合的な「音響品位」ですが、私のテスト環境における試聴では、非常に優れた「音響品位」であると判断できます。 やはり、チャンデバ処理前に AD 変換工程がなく、Roon や JRIver から、直接 24bit 192kHzで EKIOへ入力できることには、音響品位的にも、大きなメリットがあると感じられます。

もし外部チャンデバ、たとえば DBX DriveRack VENU360 や BEHRINGER/ DCX2496 ULTRA-DRIVE PROなどで、アナログ音声信号を入力してAD変換後にチャンデバ処理、さらにDA変換してアンプへ繋いでいる方がおられましたら、いちど、PC内部での EKIO 処理(直接 24bit 192kHzデジタル入力)との「音響品位」の差を比較していただけると嬉しいのですが。。。。。

私=スレ主は、ソフトウエアチャンデバ(まずは EKIO)を使ってマルチアンプシステムを構築することに決定したため、VENU360 や DCX2496 の購入利用の予定はなく、同じ環境での比較試聴はできないのです。

書込番号:23266819

ナイスクチコミ!3


クチコミ投稿数:253件Goodアンサー獲得:5件

2020/03/05 19:57(8ヶ月以上前)

>dualazmakさん

閑話休題:
Okto DAC8 Stereo を装置の一部に組み込んでいる音質チェックはいかがでしょうか。
https://www.instagram.com/sunshipaudio/

DAC は Okto DAC8 Stereo です。
https://www.instagram.com/p/B9B--h6omWb/

Okto 以外の DAC と思われます。
https://www.instagram.com/p/B8zGBMfoHzI/

書込番号:23267875

ナイスクチコミ!1


スレ主 dualazmakさん
クチコミ投稿数:1207件 my Picasa JPEG Archive 

2020/03/05 22:01(8ヶ月以上前)

Naim ND555 enthusiastsさん

ありがとうございます。ゆっくり眺めさせていただきます。

Audio Science Review Forum でも、DAC8PRO や DAC8 STEREO の評価や、欧州でのデモツアー(?)が話題になっていますね。


皆さん、

EKIO をトライされる際には、内部処理が 24bit 192kHz ですので、Roon や JRiver からの出力信号 や VB-AUDIO Virtual Hi-Fi Cable の詳細プロパティ(コントロールパネル − サウンド − VB AUDIO Hi-Fi Cable Input ー 詳細)を、すべて 24bit 192kHz に統一しておく必要があります。 

もちろん、Roon や JRiver の DSP設定でも、「すべて 24bit 192kHz で出力」に設定し、Roon の Device Setting の "VB-Audio Hi-F- Cable" - "SHOW ADVANCED" でも、"MAX Sample Rate (PCM)" を "Up to 192kHz", "MAX Bits Per Sample (PCM)" を "24" に設定しておくことが無難です。

ASIO4ALLの EKIO panel(タスクバーにアイコンが表示→クリックして展開)で I/Oルート設定を変更した際には、一旦 EKIOのドライバー設定を "None" にしてから、再度 "ASIO4ALL" を選択すると、EKIO は ASIO4ALL 管轄下のルート変更を正しく認識します。

ほんの時折ですが、EKIO起動後に、ASIO4ALL もしくは EKIO が、USB-DAC の正しいコントロールを失っていることがあり、この場合には、EKIO起動後に、USB-DAC の電源をオフにしてからオンにする、または USBケーブルを一度抜いて、また繋ぐ、 を行うことで正しく認識されて、EKIOを PLAY すると、 USB-DAC が 24bit 192kHz 入力にセットアップされる、ということがありました。

いずれにしても、一旦、正しく適切な I/O ルートが確立できると、その後は、極めて安定して動作しています。

書込番号:23268074

ナイスクチコミ!3


スレ主 dualazmakさん
クチコミ投稿数:1207件 my Picasa JPEG Archive 

2020/03/06 21:23(8ヶ月以上前)

皆さん、

超多忙ではありますが、上で報告したI/Oルーティングの確立に加えて、夜な夜な EKIO のチャンデバ設定の習得&試聴、で楽しんでもおります。

◆シングルDAC +シングルアンプで、EKIOによるステレオ4-way 8-channel チャンデバ マルチアンプ環境をシミュレーションする!◆

です。

従来のEKIOを通さない音響(24bit 192kHz)と、 EKIOで帯域分割(チャンデバ、クロスオーバー)した音響を、同一のシングルDAC +シングルアンプで比較試聴しながら、EKIOのチャンデバ設定を試験&試聴しております。

EKIO は、dePhonicaに較べるとシンプルなチャンデバであり、dePhonica の IIR-FIR 設定のような高度な設定はできませんが、その分、私のようなチャンデバ初心者には分かりやすく、使いやすい、と感じております。

私の環境では、フィルタタイプとしては B/W (Butterworth)型 よりも L/R(Linkwitz-Riley)型の方が、微妙に、僅かに、音の晴明感(ベールの剥がれ方?)の点で、好ましいようです。

添付画像は、ディレイ、ゲインをなども含めて、現在、最も好ましく感じられる EKIO の設定です。

これらの設定で、晴明感や音像定位は non-EKIO音響と同等かそれ以上に優れており、また中音域〜高音域〜超高音域の設定パネルで少しのディレイを設定することで、超低音域〜低音域の晴明感とスピード感が改善されている印象があります。

DAC8PROが到着したら、そして、マルチアンプ群も準備できましたら、このあたりのEKIO設定から試してみたいと思っておりますが、これらの設定をご覧になって、チャンデバ先輩諸氏のご意見やコメントが頂戴できれば幸いでございます。

書込番号:23269675

ナイスクチコミ!2


スレ主 dualazmakさん
クチコミ投稿数:1207件 my Picasa JPEG Archive 

2020/03/06 22:05(8ヶ月以上前)

皆さん、

上の 書込番号:23266819 において;

>さて、DAC8PRO の取説には添付画像のように、USB/AES/EBU についても書かれておりますので、DAC8PRO が到着した暁に、これをPCに USB接続すると、Windows WMD が8台の USB Audio DAC として認識することに加えて、どうやら AES/EBU オーディオデバイス、または USB-SPDIF オーディオデバイスとしても認識されると考えられます。 これがその通りであれば、VB Audio Hi-Fi Cable は不要で;

>Roon → DAC8PRO's USB-SPDIF → ASIO4ALL → EKIO → ASIO4ALL → 8チャンネル DAC8PRO USB WDM (ASIO) → DAC8PRO → マルチアンプ群(ステレオアンプ4台、またはモノラルアンプ8台) → スピーカー群

>という I/O の流れも可能かも知れません。  

と書きましたが、この点について、Audio Science Review Forum にて、既にDAC8PROを入手されている「名うて」の常連の方から確認を頂戴しました。

Windows 10 は、WMD 機能で DAC8PRO を8台のUSB-DAC として認識することに加えて、1台の USB/AES/EBU/SPDIF タイプLINE AUDIOデバイスとしても認識するとのことです。 したがって、VB-Audio Hi-Fi Virtual Cable は不要になります。

Roon や JRiver から、この LINE AUDIOデバイスへ出力し、それを ASIO4ALL経由でEKIOに入力できる、となるはずです。

書込番号:23269749

ナイスクチコミ!2


スレ主 dualazmakさん
クチコミ投稿数:1207件 my Picasa JPEG Archive 

2020/03/07 19:44(8ヶ月以上前)

皆さん、

もし私と同様に、 ASIO4ALL と VB-Audio Hi-Fi Cable との連携 I/O で EKIO を試されるなら、もう一つの留意点(忘れがち)があります。

Windows - コントロールパネル - サウンド - Hi-Fi Cable Input ー プロパティ - 詳細 で、"24ビット、192000 Hz (スタジオの音質)" を選択することはもちろんですが、その下の排他モードのチェックボックスは、外しておく必要があります。 これは、Roon (または JRiver) と ASIO4ALL (とEKIO) が、同時に Hi-Fi Cable Input を使うことを許容する必要があるからです。

書込番号:23271347

ナイスクチコミ!3


殿堂入り金メダル クチコミ投稿数:2440件Goodアンサー獲得:233件

2020/03/08 12:42(8ヶ月以上前)

dualazmakさん、こんにちは

準備着々ですね、ゆくゆくはdePhonicaとの比較をされるのでしょうか、ソフトチャンデバというのは可能性が高そうですね。

昨今は映像付きコンテンツが増えており、外部からPCにSPDIFが入った場合のソフトチャンデバのレイテンシが気になりますね。

ファンレスの専用小型PCでM.2 SSDにOS入れて不要ソフトを停止すれば、ハンドシェークのミスもなく家電並みの扱いになるかもしれません。(ソフト供給元と国内専売の代理店契約でも結ばれては?)

書込番号:23272617

ナイスクチコミ!1


スレ主 dualazmakさん
クチコミ投稿数:1207件 my Picasa JPEG Archive 

2020/03/08 20:08(8ヶ月以上前)

あいによしさん

こんばんは。

>ファンレスの専用小型PCでM.2 SSDにOS入れて不要ソフトを停止すれば、ハンドシェークのミスもなく家電並みの扱いになるかもしれません。

私のリスニングルームにおけるオーディオ再生専用PCまさにそれで、小型ではありませんが、完全ファンレス、OSとソフトは 512 GB SSD に、音源は 3TB SSD に、搭載しております。それで本格的にEKIOをテスト中です。

DAC8PRO到着に備えて、サブウーハー(SW)YST-SW1000 は、これまでは E-460 のプリアウト接続から、ウーハー(WO)スピーカーレベルの分岐(WOへの入力端子で分岐してWOとSWへ入力)に変更しており、EKIOの低音域はローカットしていませんので、WOは 45 Hz あたりから、 SWは20 Hzあたりから、綺麗に鳴っています。

SW YST-SW1000 は、ボリューム、可変ハイカット(現在65 Hz設定、-24 dB/Oct)、位相反転、それぞれの機能を内蔵しているので、最適化は、今までと同様です。 YST-SW1000 には、ラインレベルまたはスピーカーレベルの、いずれかの入力ができるので、大変便利です。内部に強力な120W 低音駆動専用アンプを持っており、スピーカーレベル入力は4.7kΩの抵抗を介して内部アンプへ入力されますので、ライン入力でも、スピーカーレベル入力でも、音質やスピード感に差はありません。

これで、DAC8PRO とアンプ群(ステレオ4台、またはモノラル8台)が揃えば、例の端子板上でSPケーブルをつなぎ替えるだけで、ステレオ4-way 8-channel, これに左右のSWも加えると、ステレオ 5-way 10-channel のマルチアンプ環境が構築できる準備が整いました。 

現在も、実質的には、シングルアンプでステレオ 5-way 10-channel のSP群構成ですので、それを一挙にマルチアンプ化できることになります。

これに向けて、EKIOのチャンデバ(クロスオーバー)設定を、事前に、同じSP群でシミュレーションできているのは、非常に幸いです。

大晦日以来、あいによしさんや BOWSさんが、何度も 「24 bit 192kHz処理で、ディレイ=タイムアラインメントも含めた最適なチャンデバ処理とマルチアンプ環境が構築できれば、その晴明感、音像定位に、驚嘆されることでしょう。」 と仰せであったことが、そろそろ、テスト環境でも、如実に実感できております。 ありがとうございます。

さて、今後の最大の課題であるアンプ群(ステレオ4台、またはモノラル8台)の調達ですが、DAC8PROの到着を待たずに、一挙に候補の新品を揃えてしまおうか、とも思い始めているのですが、やはり DAC8PRO が手に入ってから、粛々と進めるべし! と、焦る心を押さえる、なだめる、毎日です。 

何しろ、E-460 も温存しますので、DAC8PROが到着したら、8チャンネル全てについて、E-460 を使って、各チャンネルの「音出し確認!」こそが、最初にやるべきことですよね。。。。

>(ソフト供給元と国内専売の代理店契約でも結ばれては?)
そこまでは。。。。(笑)
私自身は、一人のアマチュアオーディオフリークとして、マルチアンプ環境で音楽を楽しめれば、それで十分に幸せである、と考えております。

OKTO社にしても、EKIO の LUPISOFT社にしても、dePhonica にしても、いまやインターネット上で、国境など関係なしの事業展開と商品展開ですので、もはや、いまや、国内専売代理店などという枠組みは、意味をなさないのではないかと考えております。

もっとも、私の場合は、ソフトもハードも、あらゆる情報交換も、全て英語での対応で(様々な意味で日本語よりも楽なので)、このように気楽なのですが。。。 日本語化が必須なら、その対応も含めた国内代理店などもあり得るのかも知れませんが、営利ベース、採算ベースには乗らないでしょうね。

前スレッドでもお話し&ご紹介した、国内で例のLAN伝送ベースの高価なマルチアンプシステムを開発販売されている、あのご高名な方とも、情報交換を継続しているのですが、先週、EKIO や dePhonica の情報もお知らせしたところ、「貴殿のように、PC上での I/O環境とチャンデバソフトの設定が可能な方なら、今や、PC+ソフトウェアで現在最高レベルのチャンデバ(クロスオーバー)処理ができる時代になっています。」、との心強いコメントも頂戴しました。

書込番号:23273461

ナイスクチコミ!3


スレ主 dualazmakさん
クチコミ投稿数:1207件 my Picasa JPEG Archive 

2020/03/09 19:58(8ヶ月以上前)

あいによしさん、皆さん、

PC内部で、Roon や JRiver MC26 から、直接 24bit 192kHzで EKIOへ入力できることが確認、確立できましたので、、、、

昨晩遅くには、Roon や JRvier を立ち上げずに、一般的なwebブラウザー、つまり Google Chrome、MS Internet Explorer、MS Edge などで、ストリーミングラジオや、YouTube の高画質高音質ビデオコンテンツをストリーミング再生する際に、きちんとEKIOを通してチャンデバ再生できるかを検証しました。

これは、非常に容易で、完璧に可能です!

VB-Audio Hi-Fi Cable は、Windows 10 のWMD機能によって "Hi-Fi Cable Input" というサウンドデバイスとして認識されますので、これを Windows 10 における「既定の通信(再生)デバイス」に指定し、詳細設定で「24ビット、192000 Hz (スタジオの音質)」を指定、排他モードをチェックオフしておけば、webブラウザーは、この"Hi-Fi Cable Input"に 24bit 192kHzでサウンドを出力しますので、それを ASIO4ALL経由で EKIO に入れてやるだけでチャンデバ処理させることができる、という至極当たり前でシンプルな I/Oです。

添付画像は、YouTube の最高画質(4K)&最高音質のビデオクリップをストリーミング再生している状況と、ストリーミングラジオ局を再生している状況です。ブラウザーは、いずれも Google Chrome です。

最高画質(4K)&最高音質のビデオクリップのストリーミング再生で、サウンドをEKIOでリアルタイムチャンデバさせても、動画とサウンドがずれる、シンクロしない、ことは、一切ありません。

当たり前ではありますが、この観点においても EKIO は軽快で、優秀で、安定しています。

書込番号:23275115

ナイスクチコミ!2


殿堂入り金メダル クチコミ投稿数:2440件Goodアンサー獲得:233件

2020/03/10 21:55(8ヶ月以上前)

dualazmakさん、こんばんは

>ディレイ=タイムアラインメントも含めた最適なチャンデバ処理、テスト環境でも、如実に実感

聴感で合わせたのでしょうか?すごいですね
測定で答え合わせもいかがでしょうか?

フリーソフトで音を出しEMC8000でひろって遅れを測るだけ、例えばウーファーとスコーカーを
600Hzでクロスさせた状態にする。

WaveGraph:600Hzの正弦波を1波長だけ描く
Audacity:1波長をチャンデバ経由アンプ、スピーカーへ出力(発音録音同時に可能、Lch出力、RchEMC8000)
SPwave:録音データ読み込み、サブmSで出入力の時間差測定

測定系を変えずウーファー、スコーカーとも600Hzで測り、差分がディレイ補正の対象です。

書込番号:23014670

オシロがベターかもですが、ディレイの差分なら使えると思います。

書込番号:23277274 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!1


BOWSさん
クチコミ投稿数:2956件Goodアンサー獲得:198件 縁側-音狂井戸端会議の掲示板Youtube 

2020/03/10 22:30(8ヶ月以上前)

dualazmakさん

 サボっていてすみません。
 精力的に活動されていますね。

 ぼくも あいによしさん とおなじく一度測ってみたらと思います。
 極端な話、音楽のような連続波なら アライメントが1波長ズレていても気が付かないので
 せっかく正確にタイムアライメント調整する究極の手段手に入れたのだから最後まで詰めないと...

 で、単発サイン波の測定ですが、提唱者の一人の別府さんが自身の記事で書かれています。
http://www.aedio.co.jp/beppu/RG/RG1996-6pp59-65.pdf
 また、スピーカー作成記事で ほぼ理想形を測定されています。
http://www.aedio.co.jp/beppu/RG/RG1997-9pp34-39.pdf
 この最後のページ(なぜか2枚ある)

 これはオシロで観測した波形ですけど、録音して波形見ればリアルタイムじゃないけど見ることは出来ます。

 ちなみに、あいによしさんが書いているようにwave Geneとかで単発サイン波のデータを作成しても、DAC通す時にデジタルフィルターで前後に尾ひれが付いた音がスピーカーから出てくるので こんな波形にはなりませんし、さらに振動板の共振とかいっぱい盛った波形になります。
 でも、タイムアライメントを少しづつずらせていると いちばんきれいな波形になるはずです。



書込番号:23277361

ナイスクチコミ!3


スレ主 dualazmakさん
クチコミ投稿数:1207件 my Picasa JPEG Archive 

2020/03/11 06:27(8ヶ月以上前)

あいによしさん、BOWSさん

おはようございます。 ありがとうございます。

はい、 「そろそろ、そう来るだろうな?!」 と予想しておりました。 
私も、現在のシングルDAC−シングルアンプのテスト環境でも、ECM8000 を持ち出したい衝動を必死に押さえております。

一方では、NS-1000のSP達の性能も、人間の(私の?)聴覚も、なかなかの優れものであると再認識させられております!

例えば、EKIOで、フィルタタイプを B/WからR/Lに変えても、減衰傾斜を 6 dB動かしても(位相も変化)、一つのクロスを 50 Hz ずらしても、ゲインを1 dB上下させても、一つのディレイを 1 ms変化させても、リスニングポイントで、それぞれの微妙な音響の変化をきちんと聴き取ることができます。ちょっとした感動体験ですね。

ただし、御承知の通り、現在のテスト環境は、シングルDAC−シングルアンプであり、チャンデバした信号はアンプで増幅後、まだ 「 LC+アッテネーター」ネットワークボックスを通っておりますので、ECM8000を持ち出して「測定」するのは、やはり DAC8PRO+新アンプ群 が揃ってからにしようと、強く自制しております(笑)。 本業の仕事(研究)も、超多忙状態ですし。。。。。 

今、ECM8000を持ち出せば、確実に、睡眠時間が致死的に減ります!

聴覚に頼った EKIOチャンデバ設定ですが、やはりSony Technology Laboratory "SUPER AUDIO CHECK CD" の数々のテスト音源;
https://www.discogs.com/Various-Super-Audio-Check-CD/release/12859958
が、非常に役立ちます。 特に;

トラック2: 位相チェック
トラック3: 5点定位
トラック8: サインスポット 20Hz〜20kHz
トラック9: サインスイープ 20Hz〜20kHz
トラック10: オクターブ・バンド・ノイズ・スポット
トラック12: ピンクノイズ
トラック20: 広域(いや、超低域〜超高域)リニアリティ(と位相)チェック;巨大古典オルゴール(高音エネルギーが超絶)

を聞きながら、各帯域ごとに調整、(時折、左右別々に各チャンネルごとに調整)、最後に全帯域を音出し調整すると、「ECM8000による測定は不要かも?」と感じてしまいます。

余談ですが、例の「国内でLAN伝送ベースの高価なマルチアンプシステムを開発販売されている、あのご高名な方」 との最近の情報交換で、「EKIOのチャンデバ処理は、IIR処理で軽快なのでしょうね。しかし、厳密に測定すると IIRではどうしても波形が少し変化しますので、弊社製品では FIR方式を採用し、それに加えて(企業秘密の)波形処理を加えています。」、と仰せでした。 そこで dePhonica の IIR-FIR 連携機能(私には、まだ理解できない)もお知らせしたら、先にご紹介したように 「なるほど、なるほど、、、貴殿のように、PC上での I/O環境とチャンデバソフトの設定が可能な方なら、今や、PC+ソフトウェアで現在最高レベルのチャンデバ(クロスオーバー)処理ができる時代になっています。」、とのコメントを頂戴しました。

DAC8PROが到着したら、ECM8000も使って「測定」したいとは思っていますが、当然ながらリスニングルームの「音響効果」も大きいので、厳密な測定による波形やディレイの測定で音響を詰めていくことに加えて、究極的には自分の「聴覚」による最適化を尊重したいと考えております。

あいによしさんも、BOWSさんも、ご理解、ご経験のように、測定による最適化と、聴覚による最適化は、必ずしも一致しませんよね?

さて、、、
私の DAC8PRO は、まだプラハの工房で on "Processing" の状態です。 他の方々(オーダー番号も公開!)の入手状況を他所で見聞しているのですが、それを参考にすると、私の DAC8PRO は、2〜3週間以内に検査が終わりそうな様相です。欧州も COVID-19 の感染拡大で、物流配送にも影響が出始めるかも、、、、と懸念しておりますが、DAC8PROが来れば、さらに睡眠時間が削られることが明白なので、「ゆっくり、ゆっくりで、いいですよ!」 が本心でもあります。

一方では、新アンプ群(ステレオ4台、またはモノラル8台)を、どうしようか??? 楽しい悩みです。

書込番号:23277708

ナイスクチコミ!2


スレ主 dualazmakさん
クチコミ投稿数:1207件 my Picasa JPEG Archive 

2020/03/11 06:42(8ヶ月以上前)

Audacity も、もちろん使ってます。 

10年ほど前に、2年程かかって、暇を見つけては、LP約500枚をアナログ再生でAudacity に取り込んで、カートリッジのスクラッチポップノイズを丁寧にカットし、AIFFでライブラリに保存、を延々とやってました。 

それに較べると、CD、SACD 合計約2000枚のリッピングとライブラリ化は楽でしたね。 私の音源の場合、タグ情報を自分で入力する場面が多く、それなりに時間がかかりましたが。。。。

書込番号:23277712

ナイスクチコミ!3


tohoho3さん
クチコミ投稿数:1211件Goodアンサー獲得:30件

2020/03/11 10:12(8ヶ月以上前)

Wavelet解析によるタイムアライメント測定

>当然ながらリスニングルームの「音響効果」も大きいので、厳密な測定による波形やディレイの測定で音響を詰めていくことに加えて、究極的には自分の「聴覚」による最適化を尊重したいと考えております。

Room Equalization Wizardというフリーのソフトを使えば、Wavelet解析を用いて、部屋の影響も含めたタイムアライメント測定ができるよ。

参考に、昔AVアンプでの位相補正後にREWで測定したものを貼っておく。位相補正後でも20Hz〜90Hzあたりは20ms程度遅れている。

書込番号:23277911

ナイスクチコミ!2


スレ主 dualazmakさん
クチコミ投稿数:1207件 my Picasa JPEG Archive 

2020/03/11 20:53(8ヶ月以上前)

EKIO最適設定後の出力理論カーブ(ディレイ設定なし)

EKIO最適設定後の出力理論カーブ(聴覚でディレイ最適化後)

tohoho3さん、皆さん

>Room Equalization Wizardというフリーのソフトを使えば、Wavelet解析を用いて、部屋の影響も含めたタイムアライメント測定ができる

貴重な情報、ありがとうございます。 DAC8PROとアンプ群も揃って、本格的にEKIOチャンデバ−マルチアンプ環境を構築したら、Room Equalization Wizardも使って測定してみたいと思います。


その一方で、頂戴した測定例を見て、「低音域のディレイの形状」が、現在の私のテスト環境と類似していることも、当然かも知れませんが、少し驚いております。

添付画像左側は、現在のテスト環境で、ソフトチャンデバEKIOのステレオ4帯域のチャンデバ(クロスオーバー)を、まず、ディレイ設定一切なしで最適化した際の、EKIO出力の理論周波数特性カーブ(上段)と理論グループディレイカーブ(下段)です。 各フィルタは、L/R(Linkwitz-Riley)型、傾斜はご覧のように -24 dB/Oct または -48 dB/Octで、ゲインや位相も最適化設定済みです。 

ディレイ設定一切なしの左画像の状態では、下段の総合ディレイカーブ(白線)の形状は、tohoho3さんが提示されたRoom Equalization Wizardによる測定例の形状(黒点線)と、よく似ております。当方では、LOとMIDのクロスポイントを約600Hz に設定しており、理論ディレイ曲線も 20Hz〜550Hzの低音チャンデバ帯域で、相対的に遅れる理論曲線になっております。 なお、このグラフの縦軸は、msなどの絶対値ではなく、帯域毎のディレイの相対値を表しているようです。

次に、この状態から、他のチャンデバ設定を一切変更せずに、MD(中音)、HI(高音)、SH(超高音)の3帯域を、聴覚に頼って最適な状態にディレイさせ(LO低音域に同期するようにディレイさせ)、その結果を理論グラフで表示させたのが、右側の画像です。

聴覚によるディレイ設定最適化に利用した音源は;

1.低音〜高音を含む、大梵鐘一撃による最大ピーク音の秀逸音源
2.大太鼓とティンパニの強奏を含むオーケストラ秀逸音源(ラフマニノフ ピアノ協奏曲第2番3楽章、など)
3.ベース、ドラムスの名演を含むピアノジャズトリオの秀逸音源
4.オーディオチェックCD遮音チェック オクターブ・バンド・ノイズ・スポット音源

などです。

あえて出力理論グラフは見ずに、聴覚だけで聴き込みながら、3帯域のEQパネルで、MD(中音)、HI(高音)、SH(超高音)の3帯域をLO(低音域)に同期するように最適ディレイさせてから、理論出力ディレイカーブを確認すると、右画像のようになっており、白線の総合ディレイ曲線が、ほぼフラットになっていました。 

この結果からも、聴覚に頼ったディレイ設定も、まんざら邪道ではなさそう、と思っています。 

もちろん、最終的には、一度、ECM8000を使って、ご紹介いただいたRoom Equalization Wizardなどで、部屋の音響特性も含めた総合的なディレイ設定=タイムアラインメントを実測してみたい、と考えております。

書込番号:23278942

ナイスクチコミ!3


tohoho3さん
クチコミ投稿数:1211件Goodアンサー獲得:30件

2020/03/12 06:35(8ヶ月以上前)

Audio Science Reviewの

https://www.audiosciencereview.com/forum/index.php?threads/measuring-time-delay.7644/

のスレのmitchcoさんの投稿を見ると、 Audiolensという有償のソフトを使用して補正すると、理想的なwavelet応答が
得られているみたいだ。こんな応答今まで見たことないと書いているやつもいる。

書込番号:23279522

ナイスクチコミ!2


クチコミ投稿数:253件Goodアンサー獲得:5件

2020/03/12 11:15(8ヶ月以上前)

mitchcoさんですか?
https://www.amazon.com/dp/B01FURPS40/

書込番号:23279848

ナイスクチコミ!1


スレ主 dualazmakさん
クチコミ投稿数:1207件 my Picasa JPEG Archive 

2020/03/12 15:02(8ヶ月以上前)

tohoho3さん、Naim ND555 enthusiastsさん

余談ですが、Wavelet理論とそのフィルター応用は、医療関係の2次元、3次元の画像解析でも、よく使っています。

また、Wavelet解析の理論構築と広範な応用に大きな功績があった Prof. Dr. Truong Nguyen, 現在University of California San Diego, Jacobs School of Engineering, Electronic and Computer Engineering (ECE)の Chairman、 は結構親しい友人です。彼は、もともとベトナム人ですが、ベトナムの大学卒業後に米国に渡って、苦学、苦労しながら Wavelet で名を上げました。 今度会ったら、趣味のオーディオ解析でも使ってるよ、と話しておきます。喜ぶことでしょう。

書込番号:23280148

ナイスクチコミ!2


スレ主 dualazmakさん
クチコミ投稿数:1207件 my Picasa JPEG Archive 

2020/03/12 16:16(8ヶ月以上前)

ちょっと訂正です。 The Electrical and Computer Engineering (ECE) department です。

書込番号:23280233

ナイスクチコミ!2


スレ主 dualazmakさん
クチコミ投稿数:1207件 my Picasa JPEG Archive 

2020/03/15 14:46(8ヶ月以上前)

皆さん、

今までお話ししてきたように、DAC8PRO入手後は、ステレオ4-way 8-channel 利用で、DAC8PROとアンプ群(ステレオ4台、またはモノラル8台)に;

低音域(WO=Woofer)
中音域(SQ=Squawker)
高音域(TW=Tweeter)
超高音域(ST=Super-Tweeter)

をEKIOチャンデバで分けて、それぞれ担当させますが、サブウーファー YAMAHA YST-SW1000 左右に1台ずつへの入力;

超低音域(SW=Sub-Woofer)

については、低域をカットしないWOラインからの分岐を想定しています。(想定していました。)

しかし、できれば、SW帯域とWO帯域についても、EKIOで分割して、必要に応じて個別にクロスポイント、フィルタータイプ、減衰傾斜、ゲイン、ディレイなどを設定したい思っております。(SW帯域の位相反転については、SW=YST-SW1000自体に位相反転スイッチがあり、リモコンで反転も可能ですので、リスニングポイントに座って、正逆の切替ができます。)

そこで、よくよく考えると、YST-SW1000 は、内部に強力な低音専用アンプを持っていて、そこへのラインレベル入力(RCAアンバランス)ができ、また EKIOからは、DAC8PROへの8チャンネル出力のみならず、PCにUSB接続している他のDACへも臨機応変に出力できるので、SW帯域だけは、DAC8PROではなく、OPPOSONICA DAC または ONKYO DAC-1000S へ出して、そのラインアウト(RCAアンバランス)から左右の YST-SW-1000 へ入力することができます。

この場合、DAC8PROとの厳密なデジタル同期はできませんが、総合的なディレイに関しては、EKIOで柔軟に調整が可能ですので、試みる価値は十分にあると思い始めております。超低音域ですので、厳密なデジタル同期の必要性は低い、とも思います。

それで、現在のシミュレーション環境で、添付画像のように、ステレオ 5-way 10-channel の EKIOチャンデバ設定を試しております。もちろん、これで何の問題もなく、SW, WO, SQ, TW, ST が、全て駆動できています。

書込番号:23286110

ナイスクチコミ!2


スレ主 dualazmakさん
クチコミ投稿数:1207件 my Picasa JPEG Archive 

2020/03/16 14:55(8ヶ月以上前)

皆さん、

昨晩、実際に SW超低音帯域を別DAC = ONKYO DAC-1000S に出力し、そこからのRCAアンバランス信号を左右の YST-SW1000へ繋いで、実際にチャンデバ設定試行錯誤、音出し、試聴してみました。 


左側の添付画像のように、ASIO4ALL は、ONKYO DAC-1000S を USB HS Audio Device 出力デバイスとして認識、もちろんOPPO SONICA DAC も出力デバイスとして認識されています。 

そこで、SW超低音域である SL-L と SL-Rを、それぞれ DAC-1000S の L と R へ出力させて左右のSWへRCAアンバランスで繋ぎ、その他の WO、SQ、TW、ST のステレオ4-way 8-channel は、OPPO SONICA DAC へ出力し、そこからXLRバランスでE460 へ入力して鳴らしています。

右側の添付画像が、チャンデバ設定です。
下段の Group Delay の縦軸の数値は、相対値ではなく、理論上のディレイをミリ秒(ms)で表しています。

この設定トライアルでは、

SW帯域のハイカットを L/R型 36 dB/Oct, 50 Hz に、
WO帯域のローカットを L/R 型 24 dB/Oct, 50 Hz に、

それぞれ設定しており、面白いことに、グループ毎、フィルタ毎のディレイ設定を特に行わなくても、20〜100 Hz あたりの理論総合ディレイは、白線のように、ほぼ 10 ms 以内に収まっています。クロスポイントにおける減衰傾斜を左右で異なる傾斜に設定すると、位相的な相殺によるのでしょうが、このように理論出力ディレイを軽減させることができるようです。 (YST-SW1000 本体のハイカットダイアルは、もちろん 50 Hz を上回る 75 Hz に設定しています。) 

周波数過渡特性カーブ(中段)のように、理論合成出力曲線(白線)においても、クロスポイント付近に大きな凹みは見られません。

さてさて、一番大切な聴覚上の音域間のつながりや、超低音域〜低音域(SW〜WO担当音域)のスピード感、晴明感、音像定位、ですが、とても素晴らしく、これまでWO帯域をローカットせずに、WOとSWへ分岐出力していた音響と比較して、顕著な改善が実感できます。

もっとも、SW帯域だけを別DAC→SW(アンプ内蔵) で鳴らしていますので、SW帯域の音量は、他の帯域(今はE-460 で一括コントロール)とは別に、EKIOのゲインまたは YST-SW1000 のリモコン操作で調節する必要がありますが、リスニングポイントに座ったままで、一つのリモコンで左右の YST-SW1000 のボリュームを一括で上下できますので、それほど苦にはなりません。 もちろん、E-460 のボリュームも、別リモコンで操作しています。

今回、始めて、源流側(PC内部)でSW音域とWO音域をチャンデバ分割し、別々のアンプで鳴らしてみたのですが、20Hz〜500Hz におけるスピード感、晴明感、音像定位が顕著に改善されたことは、少なからず新鮮な驚きでした。


EKIOによる10チャンネルのチャンデバ設定初期プロファイルの作成も含めて、ここまでのシミュレーションを完了できました。

DAC8ROとアンプ群(機種選定中)が到着すれば、ステレオ 5-way 10-channel のマルチアンプシステムを比較的順調に構築できそうな気分になってまいりました。 さらなる音響改善は、、、、大いに期待できそうです。

書込番号:23288021

ナイスクチコミ!2


スレ主 dualazmakさん
クチコミ投稿数:1207件 my Picasa JPEG Archive 

2020/03/16 15:05(8ヶ月以上前)

一部、訂正です。

正しくは;

この画面の設定トライアルでは、

SW帯域のハイカットを LR型 36 dB/Oct, 50 Hz に、
WO帯域のローカットを LR型 48 dB/Oct, 50 Hz に、

それぞれ設定しており、

です。 失礼いたしました。

書込番号:23288036

ナイスクチコミ!2


スレ主 dualazmakさん
クチコミ投稿数:1207件 my Picasa JPEG Archive 

2020/03/16 21:50(8ヶ月以上前)

各チャンネルや YST-SW1000 のゲイン&ボリュームを一旦固定した後、もちろん、10チャンネル全て一括マスターボリュームコントロールおよびミュート(一時出力停止)を、EKIOの I/Oパネル上でマウス操作できますので、最終的には、これがマスターボリュームコントローラーとして利用できます。

書込番号:23288649

ナイスクチコミ!2


スレ主 dualazmakさん
クチコミ投稿数:1207件 my Picasa JPEG Archive 

2020/03/17 20:37(8ヶ月以上前)

EKIO 10-channel チャンデバ設定

REW Wavelet解析:ライン入力、EKIOディレイなし

REW Wavelet解析:ライン入力、EKIOでLO帯域を 10ms 強制ディレイ

皆さん、

本日は、指定かつ強制の代休で在宅しておりましたので、誘惑に抗しきれず、チャンデバ帯域間ディレイの測定と調整(の習得)に着手しました。

まず、(普段は嫌っている)JAVA環境の最新版 JAVA Runtime Environment 8u241 WIndows 64 bit をインストールし、次に そのJAVA環境下で動く、 tohoho3さんから情報を頂戴した、音響測定(&設定)フリーソフトウェア Room Equalization Wizard (REW) 64bit 板をインストールして使い始めました。

まずは、EKIOによる帯域グループ毎のディレイ設定と、それをREW のWavelet解析で正しく認識できることを確認するため、スピーカーを鳴らしてマイクで収録する前に、ステレオ 5-way 10-チャネル を全て OPPO SONICA DAC に入力し、SONICA DAC のアンバランス出力をRCAラインケーブルで PC の Realtek Audio のラインインに直結して、測定(Measurement機能)を行いました。

EKIOのチャンデバ設定は添付画像の通りで、REW測定では、「4.512k log sweeps 0 Hz to 20,000 Hz at -17 dB 512k length」を4回 L+R で発信&受信させ(合計計測時間 21.8秒)、REW の Specrogram - Controls - Mode で Fourier ではなく、Wavelet を指定し、まずはチャンデバでのディレイ設定一切なしで、Wavelet 解析画像を表示させました。その結果が添付画像の2番目です。

アンプ、スピーカー、部屋環境の影響を全く受けていない綺麗なライン再生音響であり、チャンデバを含めた総合出力として、超低音域 15 Hz〜 60 Hz は、 15 ms ほどの遅延を示しています。

つぎに、EKIO のディレイ設定と REW測定の正確さを検証するために、EKIO の I/O パネルにて、LO低音域(L,R)を強制的に 50 ms 遅延させて、同様にライン信号を測定した結果が3番目、右画像です。このように、綺麗にクロスオーバーポイント 50〜60 Hz において 50 ms のディレイが測定され、EKIOのグループディレイ設定とREWによる Wavlet計測の正確さが検証できました。

測定用マイク ECM8000 (CEntrance Mic Port PRO利用でUSB接続)を使った音響測定については、次の応答欄でお見せします。

書込番号:23290184

ナイスクチコミ!2


スレ主 dualazmakさん
クチコミ投稿数:1207件 my Picasa JPEG Archive 

2020/03/17 22:19(8ヶ月以上前)

REW Wavelet解析:音響実測、EKIOディレイなし

REW Wavelet解析:音響実測、EKIOディレイ最適設定

REW Wavelet解析:音響実測、EKIOディレイ最適設定、低音部を拡大

次に、いよいよ、測定用マイク ECM8000 (CEntrance Mic Port PRO利用でUSB接続)を用いて、EKIOのチャンデバ設定音響を REW のWavelet解析で測定しました。

昨日お話ししたように、超低域 SL帯域の左右信号を ONKYO DAC-1000S へ繋いでDAC変換させ、そこからRCAアンバランスケーブルで左右のサブウーファー(SW) YAMAHA YST-SW1000 に入力して鳴らし、その他の LO, MD, HI, SH のステレオ4-way 8-channel は、全て OPPO SONICA DAC へ入力して アキュ E-460 と LC-ネットワーク経由で、WO、SQ、TW、ST を鳴らし、リスニングポイント(一辺約 4 m の正三角形の頂点位置)に測定マイクを耳の高さに三脚固定しました。

まず、EKIOのディレイ設定一切なしで、REW - Wavelt 解析した画像が左側1番目の添付画像です。 この測定では、スピーカー群後方のスライドドア、リスニングポイントのソファー後方のスライドドアは、いずれも閉めておりましたので、定在波の影響と思われるディレイジャンプが 60 Hz, 75 Hz 付近に現れております。

そこで、スピーカー群後方の奥行き約 3.5 m のダイニングルーム、リスニングポイント後方の奥行き約 4.5 m の和室、へ通じるスライドドアを全開放し、側面の厚手カーテンも閉めて、普段しっかり音楽鑑賞をする際と同じリスニング空間にしてから、EKIOチャンデバの SL(サブウーファーSW) 帯域以外の LO(→WO)、MD(→SQ)、HI(→TW)、SH(→ST)、4帯域8チャンネルのディレイ設定を少しずつ変えながら REW - Wavelet 測定解析を繰り返し、特に低音部分 SW - WO のディレイのつながりが平坦で、しかも 15 Hz 〜 20,000 Hz の全域で特異的なディレイジャンプが見られない設定を探ってみました。

その過程では、多くの Wavelet測定解析スペクトルを得ておりますが、このテスト環境=シミュレーション環境で、ほぼ最適と思われるデイレイ設定による Wavelet測定解析画像を、2番目の添付画像(15 Hz 〜 20,000 Hz全域)でお見せします。

また、3番目の添付画像は、この最適化状態の15 Hz 〜 200 Hz 付近を拡大表示させたものです。

聴覚的にも、この REW - Wavelet 測定解析結果のディレイ設定状態で、非常に優れた音像定位、スピード感、晴明感、解像度、が得られております。

ちなみに、今日の、この最適ディレイ条件は;

SL: 0 ms(基準)
LO: 28 ms
MD: 10 ms
HI: 5 ms
SH: 5 ms

という設定です。

単純に、「無響室」の様な環境を想定するなら、LO: 28 ms で最適であれば、 MD、HI、SH も 28 ms以上で「最適つながり」 になりそうに思いますが、そのように設定すると、このスペクトルのような、全域にわたる、綺麗で、「ほぼ理想的なディレイつながり」 にはならず、いくつかのディレイジャンプが発生したりしますので、部屋環境を含めたトータルの音響ディレイを「実測」しながら、チャンデバのディレイを設定することの重要性も認識させられております。

また、EKIO のグループディレイ設定を一つの帯域で 2 ms 上下させるだけでも、REW - Wavelet 測定解析スペクトル画像上で音場特性の変化がきちんと表現されるので、この測定系は、なかなかの優れものである、と実感できました。

DAC8PRO と新アンプ群を入手後、最終的に構築する当面の目標 = ステレオ 5ウェイ、10チャンネルのマルチアンプシステム においても、このテスト環境=シミュレーション環境(SP群はこのテスト環境のまま)と同等以上の総合ディレイ特性(補正)が実現できるであろう、との確信を持つことができました。

tohoho3さん、REWをご紹介いただき、ありがとうございました。

書込番号:23290432

ナイスクチコミ!2


スレ主 dualazmakさん
クチコミ投稿数:1207件 my Picasa JPEG Archive 

2020/03/17 22:52(8ヶ月以上前)

EKIO 10-channel チャンデバ設定

REW Wavelet解析:ライン入力、EKIOディレイなし

REW Wavelet解析:ライン入力、EKIOでLO帯域を 50 ms 強制ディレイ

二つ上の【書込番号:23290184】 の強制ディレイ検証画像のキャプションが、10 ms になっていましたが、 50 ms が正しいので、訂正しておきます。

書込番号:23290493

ナイスクチコミ!2


スレ主 dualazmakさん
クチコミ投稿数:1207件 my Picasa JPEG Archive 

2020/03/17 23:07(8ヶ月以上前)

もう一つ、訂正です。

【書込番号:23290432】
>その過程では、多くの Wavelet測定解析スペクトルを得ておりますが、このテスト環境=シミュレーション環境で、ほぼ最適と思われる>デイレイ設定による Wavelet測定解析画像を、2番目の添付画像(15 Hz 〜 20,000 Hz全域)でお見せします。

>また、3番目の添付画像は、この最適化状態の15 Hz 〜 200 Hz 付近を拡大表示させたものです。

正しくは;

<その過程では、多くの Wavelet測定解析スペクトルを得ておりますが、このテスト環境=シミュレーション環境で、ほぼ最適と思われ<るデイレイ設定による Wavelet測定解析画像を、2番目の添付画像(15 Hz 〜 200Hz 領域)でお見せします。

<また、3番目の添付画像は、この最適化状態の15 Hz 〜 200 Hz 付近の縦軸方向を拡大表示させたものです。

失礼しました。





書込番号:23290518

ナイスクチコミ!2


スレ主 dualazmakさん
クチコミ投稿数:1207件 my Picasa JPEG Archive 

2020/03/17 23:23(8ヶ月以上前)

>ちなみに、今日の、この最適ディレイ条件は;

>SL: 0 ms(基準)
>LO: 28 ms
>MD: 10 ms
>HI: 5 ms
>SH: 5 ms

>という設定です。

と書きましたが、これは誤認でした。

やはり最適設定は、

SL: 0 ms(基準)
LO: 28 ms
MD: 28 ms
HI: 25 ms
SH: 25 ms

あたりでした。

さらに REW - Wavelet を習熟いたします。

書込番号:23290557

ナイスクチコミ!2


tohoho3さん
クチコミ投稿数:1211件Goodアンサー獲得:30件

2020/03/18 06:35(8ヶ月以上前)

リスニングポイントでの測定をしたんですね。REWのWavelet解析は結構面白いでしょう。

同じ測定データから、Controls->Freq. Resolutionで、周波数分解能を低くれば、時間軸分解能の高い画像が得られ、
周波数分解能を高くすれば、時間軸分解能の低い画像が得られ(量子力学の不確定性関係みたいに)、面白いですよ。
思っている以上に部屋環境の影響が大きいことがわかると思うよ。

書込番号:23290837

ナイスクチコミ!2


tohoho3さん
クチコミ投稿数:1211件Goodアンサー獲得:30件

2020/03/18 09:11(8ヶ月以上前)

時間軸分解能が高い場合のスペクトログラム

周波数軸分解能が高い場合のスペクトログラム

参考に、Controls->Freq. Resolutionで、周波数分解能を低くして、時間軸分解能の高めた場合の画像と、
周波数分解能を高くして、時間軸分解能の低くした場合の画像を貼っておく。

書込番号:23290991

ナイスクチコミ!2


スレ主 dualazmakさん
クチコミ投稿数:1207件 my Picasa JPEG Archive 

2020/03/18 09:46(8ヶ月以上前)

tohoho3さん

全く同感です。REWの Wavelet 解析は、感度と精度も高く、とても面白いと実感しています。これほどの性能を持った測定系であることに、大いに驚いております。

実は、私が勤務する研究所で(も)、もろもろの事情(お察しの通り)が発生し、昨日から14日間、在宅で「巣ごもり」状態になってしいましました。(幸いにして、私は、今のところ全く健康ですが。。。) オーディオで試行錯誤するには、「巣ごもり状態」は好都合ですので、ご指摘の点を含めて、いろいろ検討してみます。

リスニングルームの状態やその改善を測定&視覚化できるという意味でも、REW - Wavelet 解析は素晴らしいソフト、しかもフリーソフト、ですね。

引き続き、ご指導、情報交換をお願いします。

書込番号:23291034

ナイスクチコミ!2


スレ主 dualazmakさん
クチコミ投稿数:1207件 my Picasa JPEG Archive 

2020/03/18 11:24(8ヶ月以上前)

tohoho3さん

ほぼ最適と思われるEKIO帯域ディレイ設定;

SL: 0 ms(基準)
LO: 28 ms
MD: 28 ms
HI: 28 ms
SH: 28 ms

にて、REW-Wavelet 測定し、ご示唆いただいた3条件で、全帯域 15 Hz 〜 20,000 Hzを表示させてみました。もちろん、マイクはリスニングポジションです。

なかなか、面白いですね。

書込番号:23291157

ナイスクチコミ!2


tohoho3さん
クチコミ投稿数:1211件Goodアンサー獲得:30件

2020/03/18 11:39(8ヶ月以上前)

dualazmakさんの部屋は和室ですかね。俺のに比べると、定在波も反射波も少ないみたいですね。

書込番号:23291179

ナイスクチコミ!2


スレ主 dualazmakさん
クチコミ投稿数:1207件 my Picasa JPEG Archive 

2020/03/18 11:46(8ヶ月以上前)

今日は、快晴、無風、低湿度ですので、開放できる窓を全て開放した状態で、同様に測定しました。

聴覚的にも、ほぼ最高のセッティングであるように感じております。
特に、超低音域〜低音域〜中音域 のスピード感、晴明感、解像度、音像定位が、これまで経験したことがないような最高状態です。

今から、各帯域毎に、位相の再確認、さらに厳密に5点定位を調整し、各種の音楽音源を聴いてみます。
(各帯域の位相は、EKIOで設定済みです。)

書込番号:23291190

ナイスクチコミ!2


スレ主 dualazmakさん
クチコミ投稿数:1207件 my Picasa JPEG Archive 

2020/03/18 12:00(8ヶ月以上前)

リスニングルーム(リビングルーム)は、5m X 4m のフローリング洋室(絨毯敷)、SP群の背後のスライドドアを開放すると、4m X 4mのダイニングルームと開放連結、またリスニングポジション(3人掛けソファー)の1m後方スライドドアを開放すると、5m X 4mの畳和室(襖や障子、押入、床の間、もあり)に開放連結です。

リスニングルーム(リビングルーム)の天井は、吸音性能が高い多孔質石膏製の厚手の天井タイル材を多数貼っております。

定在波の発生は、かなり押さえられる環境になっていると思います。

書込番号:23291217

ナイスクチコミ!2


tohoho3さん
クチコミ投稿数:1211件Goodアンサー獲得:30件

2020/03/18 13:19(8ヶ月以上前)

dualazmakさんの真ん中の画像(周波数分解能が1/24オクターブのもの)と同じ縦横スケールになるようにしたものを貼ってみた。

それでも、広い帯域に渡っていっぱい定在波が立ってるな。特に48Hzのは強烈。まあ、八畳間の縦横寸法に一致しているので如何ともし難いな。

書込番号:23291357

ナイスクチコミ!2


スレ主 dualazmakさん
クチコミ投稿数:1207件 my Picasa JPEG Archive 

2020/03/18 13:40(8ヶ月以上前)

tohoho3さん

お互いに、とても参考になりますね。ありがとうございます。

差し支えなければ、もしお使いであれば、チャンデバの機種やプロスオーバー設定、ディレイ設定、などを、簡単で結構ですので、教えて下さい。

書込番号:23291385

ナイスクチコミ!2


tohoho3さん
クチコミ投稿数:1211件Goodアンサー獲得:30件

2020/03/18 14:08(8ヶ月以上前)

市販のスピーカー(B&W 683s2)をTEAC AX-505というアンプで鳴らした場合の測定なので、チャンデバとかクロスオーバー、ディレイ設定はありません。測定はECM8000というマイクとKOMPLETE AUDIO2というオーディオ・インタフェースを使用したときのものです。

書込番号:23291422

ナイスクチコミ!2


スレ主 dualazmakさん
クチコミ投稿数:1207件 my Picasa JPEG Archive 

2020/03/18 22:36(8ヶ月以上前)

tohoho3さん

ECM8000 は、私も同じものを CEntrance MicPort Pro(USB給電で48 Vファンタム電源も供給)利用で USBケーブル1本でPCに繋いでいます。これは、本当に優れた音響測定用マイクですね。いつも、重宝しております。


皆さん

聴覚による慎重な調整に加えて、「音響測定用マイクロフォン+フリーソフト REW (Room Equalization Wizard)+そのWavelet測定解析機能」 で実測することにより、帯域ディレイや定在波の状態を含め、リスニングルームの実環境における総合的で客観的な音響測定も可能となり、各種の条件設定に活用できるようにもなりました。

これにより、EKIOによるPC内部でのフルデジタル ステレオ 5-way 10-channel チャンデバ(クロスオーバー)にて、帯域ディレイを含めて、ほぼ最適なチャンデバ設定の候補条件を見つけることができました。


これで、DAC8PRO と新アンプ群を用いて、当面の目標である;

「デジタル音源 → フルデジタル10-チャンネル ソフトウェアチャンデバ(クロスオーバー) → マルチDAC群 → マルチアンプ群」

で、サブウーファー(SW)、ウーファー(WO)、スコーカー(SQ)、ツイーター(TW)、スーパーツイーター(ST) を、それぞれ独立アンプでステレオ駆動する準備が、ようやく整いました。


DAC8PRO は、2月15日に OKTO RESEARCH社(チェコ国、プラハ)に発注し、現在は製品検査の段階にあるそうです。

発注時のOKTO社からの連絡では、「通常では」受注から1〜2ヵ月で納品できる、とされてはおりますが、欧州の物流配送にも混乱が予想されますので、入手までには、まだ、しばらく時間がかりそうです。

書込番号:23292184

ナイスクチコミ!2


スレ主 dualazmakさん
クチコミ投稿数:1207件 my Picasa JPEG Archive 

2020/03/21 22:37(8ヶ月以上前)

皆さん、

EKIOによるステレオ 5-way 10-channel 設定後の、F特性(周波数応答特性)の「測定」については、まだ紹介していなかったので、EKIOチャンデバ設定のさらなる最適化も含めて、本日、実測などを行いました。

まず、EKIO で私のSP群に合わせたステレオ 5-way 10-channel 最適(?)設定と、10チャンネル全てを OPPO SONICA DAC へ出力して、RCAアンバランスのラインレベル信号のF特性を計測した結果です。

アンプやスピーカーを経由しない、ラインレベル出力が EKIO の設定の通りになっているか、の確認ですが、EKIO設定を微妙に触っても、正確にラインレベルに反映されます。

添付画像は、以下の測定に使用した、本日固定の EKIO設定です。

書込番号:23297976

ナイスクチコミ!2


スレ主 dualazmakさん
クチコミ投稿数:1207件 my Picasa JPEG Archive 

2020/03/21 22:43(8ヶ月以上前)

このライン信号レベルにおける REW Wavelet 解析です。

3枚目と4枚目の画像では、先日と同様に、EKIO のディレイ設定と REW-Wavelet解析を確認するために、EKIOで LO帯域 50Hz 〜 600Hz を強制的に 50 ms ディレイさせて、きちんと反映されるかどうかを検証しています。

綺麗にディレイが反映/測定されています。

書込番号:23297990

ナイスクチコミ!2


スレ主 dualazmakさん
クチコミ投稿数:1207件 my Picasa JPEG Archive 

2020/03/21 22:58(8ヶ月以上前)

つぎに、SL帯域を ONKYO DAC-1000S に出力してRACアンバランスでサブウーファーへ繋ぎ、その他の LO、MD、HI、SH 領域を OPPO SONICA DAC へ出力して E460 とんうぇっとワークボックス経由で WO、SQ、TW、STを駆動し、全域の実音響をリスニングポジションで 音響測定用マイク ECM8000 で拾って、実音響の F特性を計測しました。

この段階では、まだ EKIOにおけるディレイは、一切設定していません。

ピンクノイズ、ホワイトノイズ、サインスイープ の3種で測定しておりますが、40Hz 〜 100Hz の低音域は、3つの方法で少しずつ異なるF特性を示しています。 このあたりは、リスニングルームの残響にも影響されるので、この差が生じることは理解できます。

一方、160Hz 付近と 400Hz 付近のディップは、3つの測定方法に共通しておりますので、これは定在波、共鳴波、または反射波の影響であると考えられ、今後、家具の配置変更や厚手カーテンの開閉で解消できると考えておりますが、本日はそのままにしております。

書込番号:23298012

ナイスクチコミ!2


スレ主 dualazmakさん
クチコミ投稿数:1207件 my Picasa JPEG Archive 

2020/03/21 23:01(8ヶ月以上前)

この状態で、ディレイ設定は一切なしで、REW - Wavelet 解析すると、このようになりました。

書込番号:23298019

ナイスクチコミ!2


スレ主 dualazmakさん
クチコミ投稿数:1207件 my Picasa JPEG Archive 

2020/03/21 23:09(8ヶ月以上前)

これに、EKIO で LO、MD、HI、SH 領域を、いずれも 29 ms ディレイさせて、 SL領域とLO領域の「ディレイ繋がり」を平坦化、および「全域におけるディレイのジャンプ」を最小化すると、このようになりました。

書込番号:23298040

ナイスクチコミ!2


スレ主 dualazmakさん
クチコミ投稿数:1207件 my Picasa JPEG Archive 

2020/03/21 23:13(8ヶ月以上前)

定在波、共鳴波、反射波、などを確認するために、REW- Wavelet解析表示のパラメーターを変更して、Wavelet スペクトラムを観察しております。

書込番号:23298046

ナイスクチコミ!2


スレ主 dualazmakさん
クチコミ投稿数:1207件 my Picasa JPEG Archive 

2020/03/21 23:25(8ヶ月以上前)

また、このようにディレイを最適化設定しても、F特性には、ほとんど影響がないことも、もちろん確認しております。


本日の、測定と設定は以上の通りですが、ディレイを含めた、この EKIO設定において、聴覚的にも非常に優れた;

スピード感(特に超低音〜低音域)、
晴明感、
解像度、
音像定位、
いわゆる「ベールが何枚も剥がれた」ソノリティ、

が得られております。

DAC8PRO の到着と、完全マルチアンプ駆動によるステレオ 5-way 10 channel システムの構築を楽しみにしておりますが、シングルアンプ+アクティブサブウーファー の環境であっても、フルデジタルのチャンデバ(チャンネルデバイダー、クロスオーバー) EKIO を活用するメリットは非常に大きいと実感しております。

書込番号:23298072

ナイスクチコミ!2


スレ主 dualazmakさん
クチコミ投稿数:1207件 my Picasa JPEG Archive 

2020/03/22 10:14(8ヶ月以上前)

参考までに、現時点における EKIOの設定詳細を紹介します。

書込番号:23298729

ナイスクチコミ!3


スレ主 dualazmakさん
クチコミ投稿数:1207件 my Picasa JPEG Archive 

2020/03/25 14:58(8ヶ月以上前)

最も標準的な、

◆すべて -12 dB/Oct 傾斜、

◆NS-1000 標準のクロスポイントである 600 Hz, 6000 Hz

◆SW と WO は 50 Hz でクロス、

◆STは 9,000 Hz 以上を担当、

という設定は、位相反転と正逆設定もシンプル、総合出力も全域でほぼフラット、理論出力のディレイも最少、総合的な音響品も良好、ですので、DAC8PRO到着後の5-Way 10-Channel マルチアンプ環境では、やはり、この「標準設定」からEKIOチャンデバ設定の試行錯誤を始めるべきである、と肝に銘じております。

書込番号:23304530

ナイスクチコミ!2


クチコミ投稿数:253件Goodアンサー獲得:5件

2020/03/25 19:53(8ヶ月以上前)

>dualazmakさん
>Consequently, I need 3 new fully XLR capable pre-main amplifiers with high quality attenuator/volume to drive squawkers (SQ), tweeters (TW) and super-tweeters (ST).

My current candidates, also in consideration of my budget, are;

ACCUPHASE E-270 (for SQ?)
SONY TA-A1ES (for SQ and/or TW?)
TEAC AX-505 (8Ohm 70Wx2)
NMODE X-PM7 MKII (one bit digital 8Ohm 20Wx2, XLR for mono, so maybe for TW and/or ST)
SOULNOTE A-0 (8Ohm 10Wx2, so for TW and/or ST)

Your comments and/or suggestions for the selection of XLR capable amplifiers will be highly appreciated.


こんにちは。

例の YAMAHA XM4080 Poweramp は Class G とのことですが、Class G ではないのですが以下の PA も国内で入手は出来るようです。これは Class AB とのことです。
https://procable.jp/crown/s_75.html
https://www.thomann.de/gb/tamp_s75.htm
但し、安価ですので家庭用としてはどうなのかについて私は何とも言えません。

なお、全くの余談ですが 英国の Arcam がClass G amp を発売していますね。

それでは。

書込番号:23304984

ナイスクチコミ!0


スレ主 dualazmakさん
クチコミ投稿数:1207件 my Picasa JPEG Archive 

2020/03/25 22:05(8ヶ月以上前)

Naim ND555 enthusiastsさん

https://www.audiosciencereview.com/forum/index.php?threads/review-and-measurements-of-okto-dac8-8ch-dac-amp.7064/page-65
や、その前後における私の英語での情報交換もご覧いただけているようで、ありがとうございます。

今日、そちらでもYAMAHA XM4080 についての情報交換を英語でお願いしていますが、特に海外では、評価記事は、ほとんど見られませんね。

そこでも書きましたが、私が見つけた唯一の情報は、ドイツ発信で、
https://www.thomann.de/gb/yamaha_xm_4080.htm#bewertung
だけで、これによれば、性能的にはよさそうですが、冷却ファンが少し耳障りなようですので、使う場合には、ファンを静音タイプに交換するか、ファン回転速度コントローラーをつけるか、した方がよさそうと思っています。このあたりは、PC自作で経験が多々ありますので、容易に可能です。

一方、YAMAHAに問い合わせたところ、「ファンは可変スピードファンなので、常時回転はするが、家庭用の負荷範囲なら、おそらく十分に静音ですよ。」 との回答も得ています。

https://jp.yamaha.com/products/proaudio/power_amps/xm_series/specs.html#product-tabs
によれば、XM4080 は;

8Ω 80W X4、 SN比 103dB (20Hz - 20kHz)、全高調波歪率≦0.1%、ダンピングファクター≧100 (RL=8Ω, 100Hz)

ですので、そこそこ使えるのではないかと考えています。 負荷保護回路、電源投入時の一時ミュート、などもあり、業務用ですので、YAMAHAの修理やメンテナンス体制もしっかりしているのでは、とも期待しています。

>例の YAMAHA XM4080 Poweramp は Class G とのことですが、Class G ではないのですが以下の PA も国内で入手は出来るようです。これは Class AB とのことです。
https://procable.jp/crown/s_75.html
https://www.thomann.de/gb/tamp_s75.htm
>但し、安価ですので家庭用としてはどうなのかについて私は何とも言えません。

ありがとうございます。 これらは、私も検討しておりますが、スペック的にも、信頼性やメンテナンス対応の点からも、対象外になっています。

また、XM4080 のような、 XLR入力対応(必須)、8Ω80W 程度(これ重要!)の4チャンネル独立アンプ、Yラグ対応スピーカー端子、というような機種は、ほぼ見当たりませんね。

XM4080 は、レンタルで試してみることもできそうなので、DAC8PROが手に入ったら、 XM4080 2台をレンタルしてみようか、とも思案中です。 1台にL側の4チャンネルを、もう1台にR側の4チャンネルを、それぞれ駆動させる方針です。

そのXM4080(2台レンタル?)によるテストも経た上で、最終的にアンプ群を選定しますが、現在の大本命は、「SONY TA-A1ES を4台導入(!)」です。。。。

書込番号:23305284

ナイスクチコミ!2


スレ主 dualazmakさん
クチコミ投稿数:1207件 my Picasa JPEG Archive 

2020/04/01 13:07(8ヶ月以上前)

YAMAHA A-S2100 を4台、の選択肢も考慮中です。

(DAC内蔵の?)新機種が出る予定だそうで、YAMAHAのページでは、最近、A-S2100の生産終了がアナウンスされましたが、まだ各所に新品在庫はありますね。

もちろん、ST以外のSP群が全て YAMAHA製であることも事実ですが、現在は ACCUPHASE E-460 を使っているように、SP群とアンプ群のメーカーを揃える、という嗜好や意図は、全くありません。  一方では、A-S2100 は、XLR入力対応、高品位なボリュームおよび左右バランス調整機能もあり、いまだに「プリメインでマルチアンプ」に拘っている私のプランには、最適なようにも思えます。

定格消費電力は 350 W ですが、信号無入力時の消費電力は、如何ほどでしょうかね?

ちなみに、ACCUPHASE の E-380 は、8Ω定格消費電力が 423W で、無入力時は 46W ですので、A-S2100 の無入力時は 35〜40W ほどですかね。

書込番号:23316258

ナイスクチコミ!2


クチコミ投稿数:253件Goodアンサー獲得:5件

2020/04/01 15:16(8ヶ月以上前)

>dualazmakさん

全てはスレ主さんの御決断・御選択でしょうけれども、そんなにお金を掛けなくとも何とかなるだろうと私は思っております。

ASR における Digital front-end の問題は時間の問題として解決することでしょう。

私でしたら DAC 以後のプランを次のように考えております:

Trafo-based passive preamplifier (10ch) --> Appolon Audio NCMP 8200 (8ch) stereo power amplifier for TW, SQ, WO and SW units.
Trafo-based passive preamplifier (10ch) -->an appropriate stereo power amplifier for ST units.

*当該の YAMAHA SW (YST-SW1000) の内蔵アンプは使用しません。
*私でしたら DAC 以後にいかなる integrated amplifiers も絶対に使いたくありません(まあ、好みの問題でしょうか)。

Appolon Audio NCMP 8200:
https://www.apollonaudio.com/apollon-ncmp8200-hypex-based-multichannel-class-d-amplifier/

なお、添付画像はスレ主さんから無断でお借り致しましたのでどうかお許し下さい。

それでは。

追伸:OKTO DAC8 Stereo をあるYouTube再生で数回試聴しましたが、その結果として私はこの DAC を wishlist から外しました。


書込番号:23316420

ナイスクチコミ!0


スレ主 dualazmakさん
クチコミ投稿数:1207件 my Picasa JPEG Archive 

2020/04/01 23:23(8ヶ月以上前)

Naim ND555 enthusiastsさん

ASR での英語のやりとりもご覧いただき、ありがとうございます。 そちらでの画像の一部を貼っていただきましたので、ここでも、現在の3案を、添付の通り、共有させていただきます。

DAC8PROに加えて、もう一つの DAC(ここでは SONICA DAC) をSW専用に用いる第1案は、ご紹介したように実証もしているのですが、再生時間が経過するに従って、2つのDAC間の同期のドリフトが避けられないでしょう、との指摘もあり、それはそれで納得です。

そこで、SWとWOの相対的ディレイ調整はできませんが、第2案と第3案想定しています。いずれも、E-460 のプリアウトを使って、シミュレーション検証を完了しています。 実は、SW YST-SW1000 は、前後に動かせるようにしてあるので、物理的に動かしてディレイを微調整できますので、第2案または第3案を優先的に検討する予定です。

やはり、どうしても、人柱的にも、プリメインアンプの利用に拘っている私としては、「それなり」のプリメインを導入して、ひとまず第3案を実現したく思っています。

Appolon Audio NCMP 8200 のご紹介、ありがとうございます。よく勉強してみます。

いずれにしましても、DAC8PROが到着したら、Windows 10 での認識や内部撮影画像(接写も!)を含めて、ここでも紹介、共有させていただきます。

今後とも、よろしくお願い申し上げます。

書込番号:23317242

ナイスクチコミ!3


クチコミ投稿数:253件Goodアンサー獲得:5件

2020/04/02 00:07(8ヶ月以上前)

>dualazmakさん
>やはり、どうしても、人柱的にも、プリメインアンプの利用に拘っている私としては、「それなり」のプリメインを導入して、ひとまず第3案を実現したく思っています。


OKTO DAC8 PRO Outputs が 8ch であるという観点からやはり第3案が最も無難のように思います。
YAMAHA SW 内蔵アンプを使用しないと OKTO DAC8 PRO を用いての 5way 設計は厳しそうですね。

プリメインアンプの選択肢 は極めて少ない (XLR 入力モデルは更に少ない)と思いますが、是非最適解を見出されることをお祈りしております。

ところで、ポーランド製の Mytek DACs にも確か ES9028PRO が用いられていると思いますが東欧では ES9028PRO が高く評価されているのでしょうか?

それでは、ASR への投稿再開を心待ちにしております!

書込番号:23317297

ナイスクチコミ!2


スレ主 dualazmakさん
クチコミ投稿数:1207件 my Picasa JPEG Archive 

2020/04/02 10:15(8ヶ月以上前)

>Naim ND555 enthusiastsさん

>OKTO DAC8 PRO Outputs が 8ch であるという観点からやはり第3案が最も無難のように思います。
>YAMAHA SW 内蔵アンプを使用しないと OKTO DAC8 PRO を用いての 5way 設計は厳しそうですね。

ありがとうございます。 かなり心強く感じております。 当面の計画としては、第3案を優先いたします。

>ところで、ポーランド製の Mytek DACs にも確か ES9028PRO が用いられていると思いますが東欧では
> ES9028PRO が高く評価されているのでしょうか?

実は、OKTO社のPavelさん、EKIOを開発&提供している LUPISOFT社の Guillaumeさんとも、何度もやりとりしており、ES9028PROの利点も見えてきました。

DACチップの最適利用には、それを利用&コントロールする XMOSと組込コントロールソフト(いわゆるファームウェア)の設計と実装が極めて重要だそうですが、ES9028PROについては、ESS社から提供される情報や日常的なESS社との連携が豊富で、ES9028PROの機能と性能を最大限に引き出せる環境が整っているようです。

また ES9028PROは、安定して、常に100%品質のチップが、適正価格で、潤沢に、調達できることも大きな要因だそうです。

Pavel さんは、ES9028PROは本当に凄いDACチップで、利用開発側でも大いに「やる気」が鼓舞されます、というような感触を述べておられました。

また、多くのスタジオを含む「業務用」音響機器の世界でも、その性能と供給安定性が高く評価されて、ES9028PROが多用されていることも欧州の民生用オーディオ業界で利用が進んでいる背景になっているようです。

また、ASR や DiyAudio における情報交換を眺めていますと、最近の欧州における民生用オーディオ機器への真摯で本格的な取り組みに較べて、日本と米国では、スマホやスマートスピーカーへの対応に見られるような迎合的な製品開発が中心で、適正価格で、「まともな」(DAC8PROのような)製品の開発は、もはや行われていないのでは? とも指摘されており、私も同感です。これも、本格的な(?)ピュアオーディオに取り組む人々の減少と、それに伴って開発投資を回収できる市場がほぼ壊滅、という現況を見ると、私には寂しい限りですが、致し方ない状況ですね。

従って、この方面では、ご指摘の Mytes社も含めて、欧州勢の台頭と「元気さ」を、大いに歓迎し、期待し、応援したいと思っております。 これは、ソフトウェア、ハードウェアの両方に共通した認識です。EKIOのLUPISOFT はフランスです。。。

また、「なぜ東欧か?」ですが、恐らく、東欧では平均的な賃金水準が日本、アメリカや西欧よりもまだまだ低いので、技術力のある少数精鋭の中小企業が、得意分野、得意製品に集中して開発&製品化し、小規模なニッチ企業(個人事業)の人々が、平均的な生活を送れる賃金水準で、またプライドと楽しさを維持しながら仕事と生活ができれば、それが一番の幸福である、という社会的、文化的な背景が大きく寄与しているように思います。

私は、アメリカ、カナダと西ヨーロッパ諸国を中心に、非常に多くの滞在や訪問経験があるのですが、東欧圏は観光やコンサート目的でしか訪問したことがなく、今回の OKTO社との情報交換で、はじめて、このような印象を強くしました。

本当に小さな企業達ですが、インターネットのお陰でビジネス展開は完全にグローバルであり、ある意味で新しいビジネスモデルになりそうな予感と期待を感じています。

日本でも、何人かの優れた技術者と小規模集団が、この分野に取り組んではおられます(おられました)が、残念ながらグローバルに展開ができる製品、発信(これが下手!)、サービスの提供に到達している事例は非常に希であり、とても残念に思います。ピュアオーディオ市場の急激な縮小を考慮すると、国内市場だけをターゲットにしているようでは、生き残りは、ほぼ不可能でしょうね。

書込番号:23317605

ナイスクチコミ!3


スレ主 dualazmakさん
クチコミ投稿数:1207件 my Picasa JPEG Archive 

2020/04/07 22:25(7ヶ月以上前)

Naim ND555 enthusiastsさん、皆さん、

先日、Naim ND555 enthusiastsさんからお知らせいただいた;
Appolon Audio NCMP 8200:
https://www.apollonaudio.com/apollon-ncmp8200-hypex-based-multichannel-class-d-amplifier/
も見ているのですが、

こちらの、自由に組めるアンプもあるのですね。
https://www.kjfaudio.com/product/ma-01-flexible-amplifier/#slot-1

8Ω 75W の NC122MP (ステレオ)を4つ選択して、8チャンネルで組んでみると、USドルで $1,844.25 (税別) だそうです。先ほど、このページのチャットから問い合わせたら、

1.受注から3週間で日本へ向けて発送できる。

2.ファンは、12cmの PMW超静音ファンで、かなり熱くならないと回らないし、回っても、ほとんど無音です。家庭オーディオなら、ほとんど回りません。

3.100V 50Hz 電源でも、もちろん大丈夫。

だそうです。

Hypex NCore アンプモジュールの選択などは、まだ知識が不足しているのですが、この KJFAudio MA-01 およびそのアンプモジュールの選択など、ご意見をお聞かせいただければ幸いです。

書込番号:23326762

ナイスクチコミ!2


スレ主 dualazmakさん
クチコミ投稿数:1207件 my Picasa JPEG Archive 

2020/04/07 23:57(7ヶ月以上前)

これも、同じコンセプトで、同じアンプモジュールの選択可能、ですね。
https://www.nordacoustics.co.uk/product-page/nord-one-mp-ncxxx-4-8-122-500w-custom-configurable-channel-amplifier-black

こちらは、100-240V 50/60Hz 仕様で、ファンレスのようです。
スピーカー端子の配列は、こちらの方がYラグ結線に適しているように見えます。

Channels 1-2 を NC252MP (2X250W 4Ω、2X200W 8Ω for Woofers, and branch into Sub-Woofers)
Channels 3-4 を NC122MP (2X125W 4Ω、2X75W 8Ω for Squawkers)
Channels 5-6 を NC122MP (2X125W 4Ω、2X75W 8Ω for Tweeters)
Channels 7-8 を NC122MP (2X125W 4Ω、2X75W 8Ω for Super-Tweeters)

としてみると、日本への送料込みで 1,619ポンドだそうで、約21〜22万円ほどです。

このあたりも、欧州勢が頑張っているような気がします。

もちろん、皆様のご意見を伺いつつ、熟慮いたします。 軽々に発注は、、、いたしません(笑)。

書込番号:23326895

ナイスクチコミ!2


tohoho3さん
クチコミ投稿数:1211件Goodアンサー獲得:30件

2020/04/08 09:25(7ヶ月以上前)

俺の持っているTEAC AX-505は、NC122MPを使用しているみたい。

https://bbs.kakaku.com/bbs/K0001124207/SortID=22642862/

にレビューを書いてます。すでに見てると思うけど。

書込番号:23327254

ナイスクチコミ!1


スレ主 dualazmakさん
クチコミ投稿数:1207件 my Picasa JPEG Archive 

2020/04/08 09:55(7ヶ月以上前)

tohoho3さん

ありがとうございます。拝見しております。
「AX-505 または AP-505 を4台揃える!」、という選択肢も、もちろん考慮しておりました。

一方では、これらのマルチアンプや、DAC8PROなどのマルチDAC を含めて、「アンチ超高級、アンチ超高価格」を標榜している真摯で真面目そうな欧州勢の小規模〜中規模オーディオメーカーの台頭は、大いに歓迎すると共に、目が離せなくなってきました。

https://www.kjfaudio.com/product/ma-01-flexible-amplifier/#slot-1

https://www.nordacoustics.co.uk/product-page/nord-one-mp-ncxxx-4-8-122-500w-custom-configurable-channel-amplifier-black
について、皆様からのご意見、ご感触を楽しみにしております。

書込番号:23327305

ナイスクチコミ!2


スレ主 dualazmakさん
クチコミ投稿数:1207件 my Picasa JPEG Archive 

2020/04/08 10:31(7ヶ月以上前)

https://www.nordacoustics.co.uk/product-page/nord-one-mp-ncxxx-4-8-122-500w-custom-configurable-channel-amplifier-black
のNord One MP NCXXX 4-8 122-500W を;

Channels 1-2 を NC252MP (2X250W 4Ω、2X200W 8Ω)
Channels 3-4 を NC122MP (2X125W 4Ω、2X75W 8Ω)
Channels 5-6 を NC122MP (2X125W 4Ω、2X75W 8Ω)
Channels 7-8 を NC122MP (2X125W 4Ω、2X75W 8Ω)

の構成で調達して、さらに現有の Accuhase E-460 もウーファー駆動と Pre-Outによるサブウーファーへの入力に利用し、2チャンネルは余りますが、Nord One MP NCXXX 4-8 122-500W を、スコーカー、ツイーター、スーパーツイーター用に臨機応変に使ってみる、という選択肢もありそうに思っています。 

つまり、添付計画図の Amprefier-2, 3, 4 としてマルチアンプ Nord One MP NCXXX 4-8 122-500W を使う、という想定です。

これがあると、いろいろ駆動アンプ群も接続を変えて、遊べそう、楽しめそうですし、ウーファーとスコーカーの音質的、音響品位的な繋がりも、試行錯誤して最適な設定を探れるのでは、とも考え始めています。

書込番号:23327359

ナイスクチコミ!2


クチコミ投稿数:253件Goodアンサー獲得:5件

2020/04/08 16:05(7ヶ月以上前)

Apollon Audio

Nord Acoustics

>dualazmakさん


取り敢えずですが、
Hypex Ncore (Hypex Electronics B.V. オランダ)がどのような音響的性格を所有しているかを検証しているところです。
https://www.youtube.com/results?search_query=Hypex+Ncore+
特に、
https://www.youtube.com/watch?v=3Homf90FfBw

次に、Marantz EU からは PM10 (Hypex Ncore NC500 OEM 仕様)が YouTube にて試聴出来ます。
https://www.youtube.com/results?search_query=Marantz+PM10
故 Ken Ishiwata 氏の登場を願いますと
https://www.youtube.com/watch?v=E_rVelm6l-E&t=5s


Hypex Ncore の音響的可能性が見いだせたならば問題の 8-ch amplifiers に話は移ります。

高価過ぎるものでは、米国 ATI Amplifier Technologies 社の製品 AT 528NC があります。
https://www.ati-amp.com/AT52XNC.php
その User Manual は 
https://www.ati-amp.com/manuals/AT500NC%20Manual%20May%202018.pdf
ですが Rear Panel Layout を眺めるだけでも有益かと思います。YouTube であれば
https://www.youtube.com/results?search_query=ATI+amplifier

欧州製に話は変わります。

まず、英国製の KJF Audio MA-01 についての YouTube は
https://www.youtube.com/results?search_query=MA-01+amplifier
この製品ですが、Real Panel Layout が素人ぽい感じがしますしどうしてファンまで必要なのかは良く理解出来ませんでした。
また、KJF Audio はアンプ製造を得意としている会社とは私にはどうしても思えませんでした。

次に オーストリア製の Apollon Audio NCMP 8200 と英国製の Nord Acoustics Nord One との比較ですが
スレ主さんにとりましては後者の方が好ましいように思えます。Real Panel Layout も ATI 同様使い勝手が良い良い様ですし。
それらの YouTube は
https://www.youtube.com/results?search_query=Apollon+amplifier
https://www.youtube.com/results?search_query=Nord+amplifier

最後に Apollon Audio 製品と Nord Acoustics 製品の内部画像を添付しておきます。
私のおすすめは Nord Acoustics Nord One といったところでしょうか。

それでは、また。



書込番号:23327802

ナイスクチコミ!1


スレ主 dualazmakさん
クチコミ投稿数:1207件 my Picasa JPEG Archive 

2020/04/08 21:35(7ヶ月以上前)

>Naim ND555 enthusiastsさん

ありがとうございます。 私も、一昨日から Hynex Ncore およびそれを使った8チャンネル連装マルチアンプの情報を、YouTubeや他の各所で眺め始めておりました。

また、tohoho3さんからもリマインドがあった Hynex NC122MPおよびそのOEM特別バージョン(?)を搭載している TEAC MX-505, MP-505 は、何度も試聴する機会がありましたので、音響の傾向は理解しており、好ましく感じています。

KJF Audio と Nord Acoustics の比較ですが、KJF Audio MA-01 のサイトを見てから、Nord Acoustic社のサイトと Nord One MP NCXXX 4-8 122-500W のページを見て、その後、もう一度 KJF Audio社のサイトを一覧して、Naim ND555 enthusiastsさんと全く同様の印象を持ちました。 KJF Audio は、DIYスピーカー関係が本業で、アンプは、恐らく、どこか他社に下請け生産させているのかも知れません。バックパネルのデザインや機能性、特にSP端子の配置と間隔には、一見して疑問を感じました。

その点、Nord 社は、アンプやDACが専門のようで、8チャンネル連装の Nord One のバックパネルは、一見してアンプユーザーの使い勝手をよく理解しているな、と見受けましたが、これも Naim ND555 enthusiastsさんも御同感ですね。このデザインが、初めて見た高価なATI Amplifier Technologies 社 528NC のバックパネルと酷似していることは、大きな驚きでした。

そんなこんなで、書込番号:23327359に書いたように、Accuphase E-460 も活かしつつ Nord One MP NCXXX 4-8 122-500W を利用することを少し本格的に考え始めております。

Apollon製品とNord製品の内部比較、面白いですね。Apollonでは、SP端子へ行く配線が、+も、−も、同じ赤い配線で少し驚きです。組み付ける際に逆に配線するリスクはないのでしょうかね? その点でも、Nord の配線には、経験とプロ意識を感じます。これなら、将来的に必要になれば、自分でHynex Ncore基板を調達して換装することも、かなり容易にできそうに思います。

「プリメインアンプをマルチアンプ環境でも利用する!」という昨年来の拘りから脱却しなければなりませんが、性能的にも、価格的にも、Nord One MP NCXXX 4-8 122-500W は魅力的に感じます。

アンプモジュールの選択;

Channels 1-2 を NC252MP (2X250W 4Ω、2X200W 8Ω)
Channels 3-4 を NC122MP (2X125W 4Ω、2X75W 8Ω)
Channels 5-6 を NC122MP (2X125W 4Ω、2X75W 8Ω)
Channels 7-8 を NC122MP (2X125W 4Ω、2X75W 8Ω)

は、どう思われますか? KJF Audio も、 Nord Acoustics も、メールやチャットでの問い合わせに対して、NX252MP と NC122MP の間で音色や音響品位には差はないし、差を聴き分けることは恐らく不可能です、と応えてきました。

最終的にどう使うかは未定ですが、Channels 3-4 も NC252MP にして、

Channels 1-2 を NC252MP (2X250W 4Ω、2X200W 8Ω)
Channels 3-4 を NC252MP (2X250W 4Ω、2X200W 8Ω)
Channels 5-6 を NC122MP (2X125W 4Ω、2X75W 8Ω)
Channels 7-8 を NC122MP (2X125W 4Ω、2X75W 8Ω)

という構成にしておく方が、もしSPユニットを交換する場合でも、柔軟で余裕のある利用が可能かな? とも考えております。

書込番号:23328401

ナイスクチコミ!2


クチコミ投稿数:253件Goodアンサー獲得:5件

2020/04/08 23:10(7ヶ月以上前)

>dualazmakさん
>KJF Audio も、 Nord Acoustics も、メールやチャットでの問い合わせに対して、NX252MP と NC122MP の間で音色や音響品位には差はないし、差を聴き分けることは恐らく不可能です、と応えてきました。


NC252MP と NC122MP との相違に関してではないのですが、Amir 氏が NC500 と NC400 の比較に関して ASR において何か言及していたような気がするのですが、それをこれから探してみようかと思います。

甚だ簡単ですがご報告まで。

書込番号:23328606

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:253件Goodアンサー獲得:5件

2020/04/08 23:22(7ヶ月以上前)

>dualazmakさん


それが見つかりました。
https://www.audiosciencereview.com/forum/index.php?threads/review-and-measurements-of-nord-one-nc500-amp.7704/
における #1 Conclusions の中で Amir 氏は次のように述べておりました。その一部をそのまま引用します。

"Conclusions
I went into this review expecting better results than I achieved. Despite higher designation, the NC500 seems to be a lower performing module than NC400. How much the input buffer board adds to this, is unknown until we test other variations." (引用おわり)

それでは、また。

書込番号:23328627

ナイスクチコミ!2


クチコミ投稿数:253件Goodアンサー獲得:5件

2020/04/09 11:57(7ヶ月以上前)

>dualazmakさん


NC122MP および NC252MP に対する Datasheet における諸特性の比較をしたところ S/N 比では後者の方が数値が良いようですが、聴感上では感知出来ぬ差異なのでしょう、多分。

既にご存知のように ASR でも NC252MP などの Hypex Ncore 採用のアンプの測定・評論記事が散見出来ますが、NC122MP と NC252MP との間の御選択はdualazmakさん次第かなと思います。

それから以下の Calculator は実用的であると良いのですが。
https://www.doctorproaudio.com/content.php?2273-calculators-proaudio-sound-dmx&langid=1#calc_spl

それでは、また。

書込番号:23329189

ナイスクチコミ!2


スレ主 dualazmakさん
クチコミ投稿数:1207件 my Picasa JPEG Archive 

2020/04/09 19:30(7ヶ月以上前)

Naim ND555 enthusiastsさん

貴重な情報、まことにありがとうございます。 

私のみならず、Hynex Ncoreモジュールによる多連装アンプ、マルチアンプ、に興味を待たれる方々にとっても、大いに参考になることでしょう。

>それから以下の Calculator は実用的であると良いのですが。
https://www.doctorproaudio.com/content.php?2273-calculators-proaudio-sound-dmx&langid=1#calc_spl

最終的には、リスニングルーム環境において聴覚に頼ったチューニングを行うことは必須ですが、このようなシミュレーション計算サイトの利用も、これまた大いに参考になりそうです。 暇を見つけて、勉強してみます。

さて、
https://www.audiosciencereview.com/forum/index.php?threads/review-and-measurements-of-okto-dac8-8ch-dac-amp.7064/page-68
でも大いに盛り上がっていますが、OKTO社のホームページがリニューアル公開されました。
https://www.oktoresearch.com/

DAC8PROのページも、I/Oルーティングの多様性や仕様が理解しやすいように改訂されています。
https://www.oktoresearch.com/dac8pro.htm

昨日、Pavel さんから連絡があり、私のDAC8PRO は、もうすぐ、1週間以内に、発送されるそうです。嬉しいことに、欧州域内でのこの種の物流配送は、ほぼ正常だそうですが、このご時世ですので、日本に到着してからも、通関を含めて遅延があるかもしれません。 気長に待つことといたします。

このスレッドも、非常に長くなりましたので、DAC8PROが到着したら、新スレッドへ移動したいと考えております。
その際には、もちろん、ここでもアナウンスさせていただきます。

書込番号:23329857

ナイスクチコミ!2


スレ主 dualazmakさん
クチコミ投稿数:1207件 my Picasa JPEG Archive 

2020/04/10 21:30(7ヶ月以上前)

Naim ND555 enthusiastsさん、皆さん、

ASR (Audio Science Review) フォーラムの何人かの方々に煽て(おだて)られて、そこの Member Area で、ここと同じような内容の新スレッド;

"Multi-Channel, Multi-Amplifier Audio System Using Software Crossover and Multichannel-DAC"
https://www.audiosciencereview.com/forum/index.php?threads/multi-channel-multi-amplifier-audio-system-using-software-crossover-and-multichannel-dac.12489/

を立ち上げておりますので、ご興味がございましたら、覗いてみて下さい。またご遠慮なくご参加下さい。 英語ですが。。。

ASRといっても、参加の皆さん全部が、ここでお付き合いいただいている皆様ほど、この方面に精通しているわけではなさそうですが、欧米、特に西欧〜東欧圏のオーディオ製品やソフトウェアについて、有益な情報が得られることを期待しつつ、立ち上げてみました。 

どんなレスが投稿されるか、興味津々ではございます。

書込番号:23331735

ナイスクチコミ!2


tohoho3さん
クチコミ投稿数:1211件Goodアンサー獲得:30件

2020/04/13 11:00(7ヶ月以上前)

位相の問題で、rephaseを使えと言ってるやつがいるな。

前に持っていたsonyのAVアンプで、位相補正すると低音がタイトになったので、rephaseを使ったり、Frieve Audio M-Classを使ったりしたみたけど、うまくいかなかったな。スレ主さんが使う気があり、うまく使えた場合は教えて下さい。

これに関連して、検索すると、Room Shaperというソフトがあり、

https://audiophilestyle.com/ca/reviews/home-audio-fidelity-room-shaper-review-r855/

にレビューがあるが、スピーカでは制御できない300Hz以下での領域での定在波特性(200msを超える長い時間減衰特性)を左右のチャンネルで個別に制御できるみたいなので、俺は時間があれば試してみようと思う。

書込番号:23336609

ナイスクチコミ!2


スレ主 dualazmakさん
クチコミ投稿数:1207件 my Picasa JPEG Archive 

2020/04/14 09:52(7ヶ月以上前)

>tohoho3さん

そうなんですね。

"Multi-Channel, Multi-Amplifier Audio System Using Software Crossover and Multichannel-DAC"
https://www.audiosciencereview.com/forum/index.php?threads/multi-channel-multi-amplifier-audio-system-using-software-crossover-and-multichannel-dac.12489/
において、「RePhase を使え!」と、再三再四ポストを入れてくるこの人は、ちょっと???ですので、忌避するつもりです。

ASRにおいても、私が強調しているように、私の目的は、現在の「今でも素晴らしいと確信している音響」を、マルチアンプ駆動で、さらに少しでも改善することですので、位相問題を含めて、現在の音響を大きく変化させる方向性は、断固拒否です。

それで、まずは、EKIOを使うとしても、紹介しているように現在の音響を殆ど変化させない設定を慎重に探し、DAC8PRO当直後は、その設定を優先的に試みる、という step-by-step の戦略です。

それから、REW-Wavelet なども使ってみて実感しているのですが、私の究極の目的は、快適に音楽を楽しむ、音響ではなく音楽!、ですので、自分の耳と脳の感性を、最も大切にしたいと思っています。

というわけで、ASRでは、世界各国の人たちが、いろいろコメントしてくれますが、軽々に受け入れるつもりは、毛頭ございません。

引き続き、ここも、ASRも、ご覧いただき、ご意見などお聞かせいただければ幸いです。

書込番号:23338325

ナイスクチコミ!3


tohoho3さん
クチコミ投稿数:1211件Goodアンサー獲得:30件

2020/04/14 16:19(7ヶ月以上前)

youtubeを検索していたら、Room shaperの空気録音があった。

https://www.youtube.com/watch?v=qy0mpzXtjGs&t=11s

補正なしと1:20あたりからのRoom shaperを比較すると、Room shaper使用時は定在波の影響が抑えられて
結構低音がタイトになっている。

書込番号:23338903

ナイスクチコミ!1


スレ主 dualazmakさん
クチコミ投稿数:1207件 my Picasa JPEG Archive 

2020/04/14 21:19(7ヶ月以上前)

>tohoho3さん

ありがとうございます。聴いて見ます。

まずは、現計画のステレオ 5-way 10-channel のマルチアンプシステムを;

The simpler, the better
The simplest, the best

の方針に沿って構築し、その後、必要に応じて RePhase や Room Shaper などの利用も検討したいと考えております。

書込番号:23339462

ナイスクチコミ!1


スレ主 dualazmakさん
クチコミ投稿数:1207件 my Picasa JPEG Archive 

2020/04/14 21:46(7ヶ月以上前)

皆さん、

つい先ほど、ASRの私のスレッド;
https://www.audiosciencereview.com/forum/index.php?threads/multi-channel-multi-amplifier-audio-system-using-software-crossover-and-multichannel-dac.12489/

https://www.audiosciencereview.com/forum/index.php?threads/multi-channel-multi-amplifier-audio-system-using-software-crossover-and-multichannel-dac.12489/page-3
で頂戴した情報によれば、まだOKTO社のホームペジでは一切触れられておりませんが、DAC8PRO (および DAC8 STEREO?)で使える 8-channel I/O対応の ASIOドライバー(評価版?)があるそうで、入手できそうです。

DAC8PROの到着後、このASIOドライバーによる JRiver や Roon から EKIO への I/O なども試してみて、情報共有が許容されるようであれば、ここでも紹介させていただきます。

まあ、こんな情報やドライバーをもらえるのも、ASRでスレッドを建てたメリットかも知れません。

書込番号:23339523

ナイスクチコミ!1


スレ主 dualazmakさん
クチコミ投稿数:1207件 my Picasa JPEG Archive 

2020/04/19 10:11(7ヶ月以上前)

皆さん、

以前のここでの議論の繰り返しにもなっていますが、
https://www.audiosciencereview.com/forum/index.php?threads/are-pre-amps-necessary.9327/page-6#post-376511
にて、マスターボリュームおよび帯域分割後のゲインや左右バランスコントロールをどこでやるべきか、の議論をやっております。
ご興味がございましたらご覧下さい。

書込番号:23347385

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:253件Goodアンサー獲得:5件

2020/04/20 16:16(7ヶ月以上前)

>dualazmakさん


こんにちは。

今日は月曜日であいにくの雨です。

DAC-->Poweramps の間に (Line) Preamp を介在させることについてですが、私の知る限りにおいてハイエンドの世界では Preamp はやはり必要かと思います。

私は、Name Audio 製品のパルチザンの一人ですので Naim Audio Community に属しております。
最近では、次のような試みをされた方がいるようです。
https://community.naimaudio.com/t/dcs-bartok-as-a-one-box-solution/6432/254
(Post 252 by Dunc)

ASR, Stereophile Magazine, TAS Magazine のようなアメリカ物の大部分は音響的表現にとどまっていますが英国物は音響的表現は当たり前で音楽的表現にも踏み込んでいます。
英国物では PRaT という省略語を音楽的表現の一つとして多用します。Micro detail, Macro detail という単語も同様に多用されています。

私は英国派ですので ASR, Stereophile Magazine, TAS Magazine のようなアメリカ物はどうしても斜め読みに近いです。

閑話休題:
COVID-19 の影響により自宅謹慎の身ですので、海外ビールを取り寄せては毎日試飲を続けております。
チェコ産のビールは昔はとても美味でしたが、それも懐かしく感じられる今日この頃です。
https://www.beeradvocate.com/beer/top-rated/cz/

さて、dualazmakさんの DAC8PRO の発送も近いかと思いますが、door to door と言えども COVID-19 の影響のため受け取り時にサインは不要ということで配達員の方から直接手渡しは全く必要なくなりました。プラハからですと貨物は約4日間でご自宅に到着するのではないかと予測しております。

それでは、また。

書込番号:23349860

ナイスクチコミ!1


スレ主 dualazmakさん
クチコミ投稿数:1207件 my Picasa JPEG Archive 

2020/04/20 21:06(7ヶ月以上前)

>Naim ND555 enthusiastsさん

こんばんは。 ありがとうございます。
なんとなく感じてはおりましたが、Naim ND555 enthusiastsさんの Audio Scene でのお姿が、少し明瞭になりました。

今日、ASRの私のスレッド3ページ;
https://www.audiosciencereview.com/forum/index.php?threads/multi-channel-multi-amplifier-audio-system-using-software-crossover-and-multichannel-dac.12489/page-3
で引用した MattHooperさんのコメント;
"I've tried passive pre-amps before, and also some DACs that offered volume control (e.g. an old Meitner DAC and my current Benchmark DAC).
Whenever I ran a DAC directly in to my amps (monoblock tube amps) instead of whatever pre-amp I had on hand, I was always struck with the sense of clarity and smoothness...the impression of very "direct, uncolored" sound going straight in to the amps to my speakers. Problem is I always gravitated back to an active pre-amp because for whatever reason the direct signal to my amp from a DAC seemed to lack the same body/density of sound and I found it unsatisfying after a while.
Problem is that just remains subjective anecdote and there was no easy way to blind test between the DAC using volume control directly in to the amps vs using my pre-amp."
は、とても共感できる内容でした。 
私も、やはり、何らかの、好みの、プリアンプまたはプリメインアンプ(インテグレーテイッッドアンプ)を介在させる方向に回帰し始めています。それで、Nord One MP NCXXX 4-8 122-500W 発注は、まだ躊躇しております。プリアンプ4台と Nord One という思い切った選択もあり得るかも知れませんが、そこまで予算拡大するか? というジレンマもあります。 

それもあって、ハード的なシステム構成の動作確認は、YAMAHA XM4080 2台で、8チャンネル独立でやろうかと思っています。 サブウーファーも含めると、ステレオ5-way 10-channel の動作確認ですね。これまでの、かなり周到な準備の結果からは、まともに動くのは当たり前なのですが、やはり独立8チャンネルアンプで、EKIOクロスオーバーも含めて、早く動作確認して、LCネットワークを介さない音を確認したい、というわけです。

各チャンネル毎に E-460 を介在させて、総合的な音響(音楽!)を確認してみることもできますし、E-270 や E-360 を3台(?)ちょっと借用して試してみる、また YAMAHA A-S3000 や A-S2100 を4台調達(時限調達?)して試してみる、なんてことも気長にやってみたいと思います。

とにかく、DAC8PROが来れば、アンプ構成を、気長に試すことができるので、楽しみではあります。

OPPO SONICA DAC と E-460、外部LCネットワークボックス経由のSP駆動系は、私の基準リファレンス音響ですので、いつでもそこへ回帰できるように温存します。


チェコビール!嬉しいお知らせです。

実は、10年ほど前だったか、家内と二人でプラハに6日間滞在し、昼間は観光やボヘミアングラスの店を物色、夜は音楽会三昧したことがあり、スメタナホールでコンサートを堪能したあと、プラハの素敵な路地の店でチェコビールを注文して、大いに感激したことがあるのです。

東欧は、各地でローカルな地ビールがあって、いいですよね。特にあのチェコビールは、銘柄は忘れましたが、最高でした。現地で、音楽会のあとでしたので、そのプラセボ効果もあったのでしょうが、地ピールは、やはり現地で飲むのが最高なのでしょうね。 また行きたいな〜、と話してはいるのですが、、、、

欧州へは、少なくとも今後数年間は、足を踏み入れるべきではないかも知れませんし、われわれ東洋人は、当面、「招かれざる客」と見なされるかも知れません。。

あの美しいイタリア北部にも研究仲間の友人も多く、ベネチア近郊のパドバ大学医学部の友人からは、3週間前に、「医療関係者として最善を尽くすが、これが最後の連絡になるかも知れない。祈ってくれ!」との悲痛なメールが来てから音信不通になっています。とても心配していますが、、、祈るしかありません。

世界は、昨年秋までの、グローバリズム礼賛の平和ボケな状況には、もう戻れないのではないかと、暗澹たる気分ですね。
昨日20時からのNHK BS の特集番組、ご覧になられましたか? ポストコロナで、世界の体制、経済、思想がどのように変容するかという重厚な特集でしたが、私の思うところとほぼ一致していました。 残念ではありますが。。。


さて、もうすぐ Pavelさんから DAC8PRO発送の連絡があるのでは、と心待ちにはしておりますが、確かに COVID-19 の影響もあるので、少しは遅れるかも知れませんね。それもあるので、XM-4080 2台の発注は、DAC8PRO実物の顔を見てからにするつもりです。 ただ、COVID-19 にも関連して、私の本業(医薬品研究分野です)でも、自宅謹慎の部分的解除以降=5月6日以降、また超多忙になりそうで、ここやASRスレッドの書込対応も、頻繁にはできなくなる可能性が高くなっています。

余談ですが、「なんで今頃??」の感が強いのですが、ASRで OPPO SONICA DAC の、実測評価レポートが、3月に出ていました。
例によって、amirmさんのレポートです。
https://www.audiosciencereview.com/forum/index.php?threads/oppo-sonica-usb-dac-and-streamer-review.11845/

DAC8PROには遙かにおよびませんが、この評価を見る限りでは、SONICA DAC は最近のDAC新製品群と比較しても、実測的には、いまでも健闘している部類なようで、愛用者の一人としては、嬉しく思っています。 SONICA DAC + E-460 も、いつでも聴けるように温存します。

今後とも、よろしくお付き合いいただければ、幸いに存じます。

書込番号:23350405

ナイスクチコミ!1


スレ主 dualazmakさん
クチコミ投稿数:1207件 my Picasa JPEG Archive 

2020/04/20 21:30(7ヶ月以上前)

Naim ND555 enthusiastsさん

もしクラシック音楽に抵抗がなければ、ですが、
https://www.kusc.org/

はご存知ですか? ここのインターネットストリーム放送を、自宅巣ごもりで仕事中にも、BGMとしてよく聴いています。EKIOチャンデバのテストも兼ねながら。。。 基本的に、商業コマーシャルとは無縁のサイトですので、安心して聴けます。お喋りもごく最小限で、クラシック音楽を24時間、流しています。

昨年まで、San Diego の北のLa Jolla (ラ ホヤ)地区研究学園都市に数年間滞在してたので、そこでも、通勤ドライブ中も含めて、よく聴いていました。

書込番号:23350462

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:253件Goodアンサー獲得:5件

2020/04/23 15:14(7ヶ月以上前)

dualazmakさん

こんにちは。

KUSC のご紹介を誠にありがとうございました。
今もそれを聴きながらこのレスを書いています。

ところで、私の記憶にはないのですが、dualazmakさんの現有装置において
OPPO SONICA DAC --> Accuphase E-460 Integrated Amp
の volume controls 介在有無の聴き比べの結果はいかがでしたでしょうか?

これら2機種に対するマニュアルを拝見しました限りですが、
(a) OPPO SONICA DAC を Bypass Mode (Bypass All Inputs) として E-460 の volume control を使用する。
(b) E-460 を EXE PRE mode にしてその power amp section を用いて OPPO SONICA DAC の volume control を使用する。
(c) OPPO SONICA DAC および E-460 両方の volume controls を同時に使用する。
の3通りの選択が考えられますがいかがでしょうか。

Computer Audio に Pure Audio のおける所作をそのまま適用させることが難しい部分も有りそうですので、
DAC --> Poweramp に Preamp を介在させた方が良い結果が得られるのか否かは使用する DAC にも依存するかも知れませんね。となれば Preamp 介在はこの場合にはもしかしましたら絶対条件とは言いきれないかも知れませんね。実験あるのみですか。

最後に、私も OPPO SONICA DAC に良い印象を持っています。
https://www.gramophone.co.uk/features/article/product-of-the-month-oppo-sonica-dac
OPPO Digital 社製の PM-1 Planar Magnetic Headphones を過去に一時期使用していたことがありますが良い印象を私に残してくれましたし。

それでは、また、

追伸:YAMAHA XM-4080 にも volume control が付いていますので Okto DAC8 PRO-->Poweramps に Preamp 介在が果たして必要なのかを実験によって結論が導き出せるような感じがします。御幸運を!

書込番号:23355673

ナイスクチコミ!1


スレ主 dualazmakさん
クチコミ投稿数:1207件 my Picasa JPEG Archive 

2020/04/23 22:20(7ヶ月以上前)

Naim ND555 enthusiastsさん

こんばんは。

KUSC 気に入っていただけたようで、何よりです。
下手なお喋りやコマーシャルがない! これが最高ですね。
選曲も、なかなかセンスがあると思いますし、ストリーミングの音質も、それなりに優秀ですね。

仕事中のBGMや、毎日の自転車型エルゴメーター運動時のBGMに、よく聴いています。
先月来、リスニングルームのソファーの後方に自転車型エルゴメーターを持ち込んで、毎日、夕刻に30〜45分、230〜400 kcal の汗だく運動をやってますが、KUSCを聴きながらの運動ですと、つらさを忘れて続けられます。

BGM的に聞いていても、おや? これはいいな! と思う曲や演奏も多々あり、ついつい音源を見て購入してしまうことも、、、月に1、2回に厳しく(!)制限していますが、ありますね。

KUSCで知った最近の大きな収穫を一つだけ、ご紹介します。

44.1 kHz の標準的なCDですが、イスラエルのピアニスト Iddo Bar-Shai がフランソワ クープラン(Francsois Couperin)のクラヴサン曲集を素晴らしい録音でピアノ(!)で演奏したアルバムです。
https://www.amazon.co.jp/F-%E3%82%AF%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%B3-Francois-Couperin-Errantes-Bar-Shai/dp/B00AWVSECI/ref=tmm_acd_swatch_0?_encoding=UTF8&qid=&sr=

ここでサンプルも聴けます。
https://www.prestomusic.com/classical/products/8029227--francois-couperin-les-ombres-errantes

CDを入手してリッピングしたのですが、あまりにも素晴らしい演奏と録音なので、フランスの Mirare Production へ 「DSD音源はリーススしていないの?」 と問い合わせたら、「弱小レーベルですので我が社は標準CDフォーマットしか発売してません。」との回答でした。 それでも、現在最高レベルの録音(と演奏)だと確信しております。
Mr. Christian Meyrignac
Mirare Productions
16 rue Marie-Anne du Boccage
44 000 Nantes - FRANCE
Tel. : +33 (0)2 40 84 11 49
Fax : +33 (0)2 40 73 64 70
Mail : cmeyrignac@mirare.fr

書込番号:23356429

ナイスクチコミ!1


スレ主 dualazmakさん
クチコミ投稿数:1207件 my Picasa JPEG Archive 

2020/04/23 22:24(7ヶ月以上前)

さて、

>(a) OPPO SONICA DAC を Bypass Mode (Bypass All Inputs) として E-460 の volume control を使用する。
>(b) E-460 を EXE PRE mode にしてその power amp section を用いて OPPO SONICA DAC の volume control を使用する。
>(c) OPPO SONICA DAC および E-460 両方の volume controls を同時に使用する。
>の3通りの選択が考えられますがいかがでしょうか。

さすがですね。鋭いご観察とご明察、感服しております。

はい、何度も試みております!

まず、(b) ですが、E-460 のプリとパワーを分離して、EXT PRE mode でパワーアンプとして使う際は、残念ながらRCAアンバランス入力となります。もちろん、かなり高価なRCAアンバランスケーブルでOPPO SONICA DAC と繋いで、SINOCA DAC のボリュームをマスターボリュームとして使い、何度か試聴しています。確かに、高品位のサウンドですが、(a), (c)と比較すると、やはり SONICA DAC では、XLRバランス接続に、微妙ではありますが、軍配が上がりますね。XLRの方が、僅かにベールが離れた晴明感が感じられます。

そのためもあって、XLRバランス接続で、(a) または (b) の使用としております。この両者にほとんど差はないのですが、私の耳では、やはり(a)の方が、僅かに優るように思います。SONICA DAC の Volume をBypass All Input にすると、ES9038PROのデジタルボリューム回路を一切経由しないで出力される設計ですので、これを使わない方が、僅かに優れた音響かな、と感じます。

その僅かな差が、判別できるほど、E-460 と NS-1000の総合性能が、つまり、プリ部も、アンプ部も、非常に優れている、とも言えますね。自作の外付けLC-ネットワークも含めて。。。

このあたりが、DAC8PROのボリュームとゲインでどうなるか、楽しみでもあり、一抹の不安もなきにしもあらず。。。。。 ASRでの、あの圧倒的な高評価に信頼を寄せつつも、、、最後は自分の耳と脳で判断すべし! ですね。 

一方、DAC8PROでも各ゲインをゼロに設定すれば、ESS9028PROのデジタルゲイン回路は完全にバイパスする設計です、とマニュアルにも書かれていますので、そうするならアンプレベルでのゲインコントロールの出番となります。 OPPO SONICA DAC の経験では、それが一番よさそうかも、とも思っています。マスターボリュームは、やはりDAC8PROを使うことになりますが。。。。

>Computer Audio に Pure Audio のおける所作をそのまま適用させることが難しい部分も有りそうですので、
>DAC --> Poweramp に Preamp を介在させた方が良い結果が得られるのか否かは使用する DAC にも
>依存するかも知れませんね。となれば Preamp 介在はこの場合にはもしかしましたら絶対条件とは
>言いきれないかも知れませんね。実験あるのみですか。

まったく同感でございます。私の環境で、私の耳と脳で、実験あるのみ、ですね。

XM-4080 は、各チャンネルに Volume が付いているとはいえ、所詮PAタイプのアンプですので、音質的には多くを期待しないつもりですが、EKIO出力を「20 Hz 〜 25 kHz でフラット」に設定したら、マスターボリュームコントロールに加えて、DAC8PRO and/or 各アンプでの SQ, TW, ST に対するアッテネーション(および必要に応じてL-Rバランス調整)は必須ですので、それらをアンプレベルで試してみる(特に TW, STをどの程度絞るか?)には、XM-4080 のボリュームも意味がありそうに思っています。もちろん、SPユニット保護にも使えますし(保護コンデンサも噛ませるとしても)。

E-460 を使い込んでいる経験に照らして、いまでも、高品位なプリメイン4台を使う選択肢は大いにあり得る、と考えておりますので、XM-4080 は、それをシミュレーションするにも好都合かな、と思っています。

1年くらいかかってもOK、OK のペースで、最終的なアンプ構成(プリアンプの是非も含めて)を、じっくり楽しみながら試行錯誤したいと考えております。

それでも、NORD ONE は、魅力的ですね。その、はやる心を抑えつつ、step-by-step! を自分に言い聞かせる毎日です。

書込番号:23356437

ナイスクチコミ!1


スレ主 dualazmakさん
クチコミ投稿数:1207件 my Picasa JPEG Archive 

2020/04/23 22:48(7ヶ月以上前)

1点追加です。

OPPO SONICA DAC の、XLRバランス出力とRCAアンバランス出力の比較ですが、E-460 を標準プリメインアンプとして利用して、XLR入力とRCA入力の比較も、もちろんやっております。

当然ながら、XLRの方が入力レベルが高いのですが、同じ音量にして聴き比べた場合、やはりXLRバランスに、ほんの僅かの差ですが、軍配が上がります。かなり耳が肥えてきた家内に、ブラインドで聴き比べさせても、「XLRの方が、ほんの少しだけどクリアーね。」、と答えます。

このあたり、DAC8PRO はボリュームやゲインを経由しても、SONICA DAC よりも音響品位的に優れている! と期待しております。Pavel さんも、ES9028PROの利用とXMOS設計には、絶対の自信があります、とのことですので。。。

書込番号:23356481

ナイスクチコミ!1


スレ主 dualazmakさん
クチコミ投稿数:1207件 my Picasa JPEG Archive 

2020/04/24 09:13(7ヶ月以上前)

Naim ND555 enthusiastsさん、皆さん、

OKTO DAC8PRO に関するこのレビュー(4月4日投稿);
https://theartofsound.net/forum/showthread.php?68601-Okto-Research-DAC8-Pro-multi-channel-DAC

参考になります。

ほんの一部ですが、翻訳して引用すると;

>「オクトは私が今まで所有した中で最も静かなDACであると確信できます。」

>「しかし、測定がどれほど優れていても、結局のところ、私たちの耳が、私たちがサウンドを気に入っているかどうかの最終的な判断者です。ジークフリートリンクウィッツが『目に重要なことは必ずしも耳にとって重要ではない...』」と言っていたので。。。」

COVID-19 の影響でしょうか? 私の DAC8PRO は、まだ最終的な品質検査中だそうです。

書込番号:23356961

ナイスクチコミ!1


スレ主 dualazmakさん
クチコミ投稿数:1207件 my Picasa JPEG Archive 

2020/04/24 12:08(7ヶ月以上前)

自明ですが、書込番号:23356437 の一部訂正です。

誤): そのためもあって、XLRバランス接続で、(a) または (b) の使用としております。

正): そのためもあって、XLRバランス接続で、(a) または (c) の使用としております。

書込番号:23357238

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:253件Goodアンサー獲得:5件

2020/04/24 16:50(7ヶ月以上前)

dualazmakさん

こんにちは。早速のご返信に感謝致します。

最初に、

>44.1 kHz の標準的なCDですが、イスラエルのピアニスト Iddo Bar-Shai がフランソワ クープラン(Francsois Couperin)のクラヴサン曲集を素晴らしい録音でピアノ(!)で演奏したアルバムです。
https://www.amazon.co.jp/F-%E3%82%AF%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%B3-Francois-Couperin-Errantes-Bar-Shai/dp/B00AWVSECI/ref=tmm_acd_swatch_0?_encoding=UTF8&qid=&sr=
ここでサンプルも聴けます。
https://www.prestomusic.com/classical/products/8029227--francois-couperin-les-ombres-errantes

に関しましては後日にご返信させていただきたいと思います。


次に、

>OKTO DAC8PRO に関するこのレビュー(4月4日投稿);
https://theartofsound.net/forum/showthread.php?68601-Okto-Research-DAC8-Pro-multi-channel-DAC
参考になります。

に関しましてはご紹介下さりましたURLにて原文をチェック致しました。

その中でその著者である Gordon 氏(Halfway Tree) が以下のように述べております:
"Anyway, onto the Okto Research DAC8 Pro (about £1k) which I’m now using in my main digital system: Fan-less i7 PC running JRiver>>Okto Research DAC8 Pro>>Apollon Audio NCMP8350>>Linkwitz LX521.4."

Linkwitz LX521.4 は 4-way-multi-amp-loudspeakeer system ですが、私が興味深いと感じましたのはそれを 8ch multi-amp である Apollon Audio NCMP8350 によって 「preamp 介在せずに」直接ドライブされていることです。Okto Research DAC8 Pro はその意味(「preamp 介在せずに」)でも有望かも知れませんね。

また、同氏は以下のようにも述べております:
"For me a multi-tone IMD test is one of the most revealing. This is a test most similar to music and here the Okto produces outstanding results, pretty much on a par with the Mola Mola Tambaqui, a 2 channel DAC which costs 10 times more. So with its low noise floor, and excellent low level linearity, jitter and IMD measurements there is the potential for the Okto to excel at retrieving low level detail. For my needs it fits the bill perfectly."

この中で高額な Mola Mola Tambaqui DAC に言及されていますが、この DAC も私は以前から関心を以って追跡している DAC の一つなのです。Okto DAC8 Pro 恐るべし。

また、再び同氏からの引用ですが、
"Okto are about to release a 2 channel DAC (with built-in Raspberry Pi option) which should perform even better than the 8 channel unit as they will sum the 8 DAC channels for an even lower noise floor."

幸い、私の手元には Matrix Audio X-Sabre Pro DAC が有りますのでそのうちに Okto DAC8 Stereo との比較試聴も興味深いかも知れないと思っております。

最後に、dualazmakさんの DAC8 Pro の無事なるご到着をお祈りしております。

それでは、また。



書込番号:23357645

ナイスクチコミ!1


スレ主 dualazmakさん
クチコミ投稿数:1207件 my Picasa JPEG Archive 

2020/04/24 20:19(7ヶ月以上前)

Naim ND555 enthusiastsさん

こんばんは

そうなんですよね。
私も全文を興味深く読んでいましたが、逐一ここで引用することは少々憚られました。

私も、「DAC8PRO恐るべし!?」の感を強くしております。

また、ご指摘の通り、pre-ampを介在させずに、8-channel Nord ONE に XLR入力して SP群を駆動するのが、最もシンプルで高音質かも知れない、やはり最終的な到達点はそこかな、と思い始めております。

私の希望構成の Nord ONE でも、価格的には、ちょっとしたHi-Fiプリメインアンプ1台相当程度かより安価ですので、CPもよさそうです。

さて、ASRの方にも書きましたが、恐らく COVID-19 の影響で、OKTO社の生産体制が、back up running に入っているようで、スローダウンしている様子です。私の DAC8PRO order #106 は、出荷寸前なのですが、状況は十分に理解できますので、気長に待つことにいたします。

COVID-19は、非常に危険な状況です。くれぐれも、ご安全にお過ごし下さい。

書込番号:23358014

ナイスクチコミ!1


スレ主 dualazmakさん
クチコミ投稿数:1207件 my Picasa JPEG Archive 

2020/04/24 20:40(7ヶ月以上前)

Naim ND555 enthusiastsさん、皆さん、

私のASRスレッドで、今日、John1959さんからもらった情報です;
https://www.audiosciencereview.com/forum/index.php?threads/multi-channel-multi-amplifier-audio-system-using-software-crossover-and-multichannel-dac.12489/page-4#post-380126

I have a DAC8PRO on order too (#116), which I expect to arrive within a few weeks, and I just ordered a nice Nord Acoustic configurable multichannel amp. I heard from Colin North of Nord Acoustics that those Hypex NCxxxMP modules are made in Malaysia and that the factory is in lockdown for quite some time because of COVID-19. Unsure is when they open again. Even the Hypex company, based here in the Netherlands, doesn't have all the OEM modules on stock anymore . On the Nord website it's announced that they run out of the NC500MP (1x500W) and NC252MP (2x250W). There are still several other options available though. Other small manufactures who build their Hypex amps on order (e.g. Apollon, Audiophonics to mention a few) probably will have the same problem now or in the near future. I think nobody can tell when the lockdown will be over or production will start again. So it's probably wise, if you think about buying a multichannel amp build with these modules in the near future, not to wait too long with ordering.

要するに、Hypex NCxxxMP モジュールを実製造しているマレーシアの生産ラインが COVID-19 の影響で止まっているので、オランダの Hypex本社でもモジュールの在庫がなくなりつつある、従って Nord ONEを含めて、Hypex NCxxxMPアンプモジュールを搭載している多くの製品の供給に、今後、影響が出るでしょう、とのことです。

どうやら、John1959さんは、私のプロジェクトとよく似たシステム構築を考えておられるようです。

まあ、私は、DAC8PRO到着後、YAMAHA XM4080 2台で検証してから、プリメインアンプの利用も含めて気長に検討し、最終的には Nord ONE へ進む可能性が高い、という step-by-step で登りますので、Nord ONEを発注するとしても、焦らずに、気長に楽しみます。

その間にASRの私のスレッドで、John1959さんから DAC8PRO + Nord ONE の検証レポートがもらえれば、嬉しいですね。

DAC8PROが到着したら、「続 続 。。。。。」 の新スレッドへ移行する予定です。
もちろん、ここでもその旨、アナウンスいたします。

書込番号:23358051

ナイスクチコミ!1


スレ主 dualazmakさん
クチコミ投稿数:1207件 my Picasa JPEG Archive 

2020/04/24 21:07(7ヶ月以上前)

Naim ND555 enthusiastsさん

>44.1 kHz の標準的なCDですが、イスラエルのピアニスト Iddo Bar-Shai がフランソワ クープラン(Francsois Couperin)のクラヴサン曲集を素晴らしい録音でピアノ(!)で演奏したアルバムです。
https://www.amazon.co.jp/F-%E3%82%AF%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%B3-Francois-Couperin-Errantes-Bar-Shai/dp/B00AWVSECI/ref=tmm_acd_swatch_0?_encoding=UTF8&qid=&sr=
ここでサンプルも聴けます。
https://www.prestomusic.com/classical/products/8029227--francois-couperin-les-ombres-errantes

ですが、2,3ヶ所に、面白い、かすかな雑音(?)が入っています。どうやら、ピアノを置いている舞台フロアは固いが響きのよい木製のようで、ピアニストの左足の革靴がそのフロアに触れるような(?)音です。 
いずれにしても、素晴らしい録音です。この手の音楽がお嫌いでなければ、是非、CDを入手されて、印象をお聞かせ下さい。

全てのトラックが感動的ですが、敢えて一つ、と言われれば、昔ピアノを弾いていた私の好みですが、

トラック−10 La Misteriese ですかね。。。。
 
最近のオーディチェック音源の一つとしても聴き込んでいます。

書込番号:23358104

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:253件Goodアンサー獲得:5件

2020/04/24 22:19(7ヶ月以上前)

dualazmakさん、こんばんは。

>2,3ヶ所に、面白い、かすかな雑音(?)が入っています。どうやら、ピアノを置いている舞台フロアは固いが響きのよい木製のようで、ピアニストの左足の革靴がそのフロアに触れるような(?)音です。 
いずれにしても、素晴らしい録音です。この手の音楽がお嫌いでなければ、是非、CDを入手されて、印象をお聞かせ下さい。



雑音(靴音のようにも聞こえますが)に関しましては私もそのような感じを受けました。

さて、今しがた、アマゾン日本にそのCDを発注致しました。
多分、英国からの発送ということで到着までしばらく時間が掛かりそうですが、楽しみに待つことに致します。
その演奏の印象につきましてはそののちにお知らせ出来るかと思います。

全曲は1時間強ですが、とりあえずはCMにもめげずに次の YouTube で楽しもうと思います。
https://www.youtube.com/watch?v=DCwkMSTFV_E

それでは、また。

書込番号:23358245

ナイスクチコミ!1


スレ主 dualazmakさん
クチコミ投稿数:1207件 my Picasa JPEG Archive 

2020/04/25 06:54(7ヶ月以上前)

Naim ND555 enthusiastsさん

なんか、無理強いしてしまったようで、申し訳ございませんでした。
音楽の好みは、人それぞれですので、この種の「お勧め」は、いつでもスルーしていただいて、全く問題ございません。

あの数ヶ所の雑音は、ピアノのペダルアクション音のようにも聞こえますが、邪魔にはなりませんね。

私は、、、、
Iddo Bar-Shai のショパン マズルカ集も、非常に好評なようなので、手配してしまいました。。。。
https://www.amazon.co.uk/Chopin-Mazurkas-Iddo-Bar-Sha%C3%AF/dp/B00BDOWCO4/ref=sr_1_11?dchild=1&keywords=iddo+bar-shai&qid=1587764780&sr=8-11
これも Mirare レーベルですので、録音にも期待しつつ。。。

御安全にお過ごし下さい。

書込番号:23358670

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:253件Goodアンサー獲得:5件

2020/04/25 08:14(7ヶ月以上前)

dualazmakさん

おはようございます。

実は、私は Iddo Bar-Shai の演奏にはかねがね関心がございましたのでクープラン作品集のご紹介を大変嬉しく思います。

言い忘れておりましたが、私は慨しましてクラシカルミュージック専門で聴いております。

さて、Iddo Bar-Shai によるハイドン・ショパン・クープラン作品集を3CDにまとめた収録版(輸入盤)も発売されているということを後で知りましたので、昨日発注のクープラン作品集をキャンセルリクエスト致しまして、上記の収録版を HMV JAPAN 宛に発注し直すことに致しました。
https://www.hmv.co.jp/en/artist_%E3%83%94%E3%82%A2%E3%83%8E%E4%BD%9C%E5%93%81%E9%9B%86_000000000017977/item_%E3%82%A4%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%90%E3%83%AB%EF%BC%9D%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%82%A4%E3%83%BB%E3%82%BB%E3%83%83%E3%83%88%E3%80%9C%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%83%89%E3%83%B3%EF%BC%9A%E3%83%94%E3%82%A2%E3%83%8E%E3%83%BB%E3%82%BD%E3%83%8A%E3%82%BF%E9%9B%86%E3%80%81%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%91%E3%83%B3%EF%BC%9A%E3%83%9E%E3%82%BA%E3%83%AB%E3%82%AB%E9%9B%86%E3%80%81%EF%BC%A6%EF%BC%8E%E3%82%AF%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%B3%EF%BC%9A%E3%83%94%E3%82%A2%E3%83%8E%E3%81%AB%E3%82%88%E3%82%8B%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%B4%E3%82%B5%E3%83%B3%E6%9B%B2%E9%9B%86%EF%BC%88%EF%BC%93%EF%BC%A3%EF%BC%A4%EF%BC%89_6722955

それでは、どうぞお体をご自愛ください。

書込番号:23358750

ナイスクチコミ!1


スレ主 dualazmakさん
クチコミ投稿数:1207件 my Picasa JPEG Archive 

2020/04/25 08:59(7ヶ月以上前)

Naim ND555 enthusiastsさん

3枚組は、知りませんでした! 3枚でこの価格なら、CPもよろしいですね。

今後とも、よろしくお願い申し上げます。

書込番号:23358805

ナイスクチコミ!1


スレ主 dualazmakさん
クチコミ投稿数:1207件 my Picasa JPEG Archive 

2020/04/27 21:10(7ヶ月以上前)

Naim ND555 enthusiastsさん、皆さん、

閑話休題です。

私のASR Forum の例のスレッド;
https://www.audiosciencereview.com/forum/index.php?threads/multi-channel-multi-amplifier-audio-system-using-software-crossover-and-multichannel-dac.12489/

ですが、先ほど初めて、ここ;
https://www.audiosciencereview.com/forum/index.php?forums/member-area.36/&order=view_count&direction=desc

で閲覧回数を見たら、何と4月9日のスレ建てから今日までの短期間で、4,203回も閲覧されていました。

世界中が COVID-19 で自宅巣ごもり状態で、オーディオに興味がある皆さんも、暇を持て余しつつ見てくれているのだと思いますが、DAC8PRO の登場も相まって、みなさん興味津々なのかも知れません。 

ここで皆さんから頂戴した貴重な情報やご示唆も、大いに参考にして、また取り入れて、 ASR のスレッドが維持できているので、あらためて皆さんへ心から感謝申し上げます。

それにしても、まだ DAC8PRO の到着を待ちながらのプロジェクト準備段階なのに、これほど多くの閲覧や投稿があることには、非常に驚いています。やはり、EKIOなどのソフトウェア デジタル チャンデバ(クロスオーバー)と DAC8PROなどの多連装DACによる Hi-Fi マルチアンプ環境の構築には、結構、世界中のオーディオファンが注目しているようです。

私の "step-by-step" 構築方針と、"The simpler, the better"、"The simplest, the best" のポリシーが、どこまで理解されているのか、まだよく分かりませんが、しばらく、のんびりと、真摯に続けてみます。

投稿者の中には、 Burning Sounds さん(やはり英国の方)のように、非常に丁寧に投稿/指導してくれる人もおられるので、その点は嬉しく思っています。 一方では、かなりいい加減な投稿者も、もちろん見受けられますが、うまく丁寧に、丁重に、スルーしていると納得される様子です。 ひとつ面白いのは、欧州の人か、アメリカ人か、ほぼ投稿内容から推測できることで、十中八九当たってますね。

それから、ASR Forum の Forum web デザインは、とても良くできていて、その点はスレ主としても非常に快適です。表示画面も長年の工夫を経て、綺麗で洗練されていますし、投稿における自由度、リンクの張り方、画像の挿入、などなど、よく考えられています。

さらに、一度書き込んだ投稿を、かなり柔軟に改訂できるのは、この種の情報交換 Forumサイトでは、嬉しい機能です。

今後とも、こちらでも、よろしくお願い申し上げます。

書込番号:23364537

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:253件Goodアンサー獲得:5件

2020/04/28 16:07(7ヶ月以上前)

dualazmakさん


こんにちは。

ASR のおける dualazmakさんのスレッドを興味深く拝見させていただいております。
更なる御進展をお祈りしております。

最近まで私は Mola-Mola Audio Tambaqui DAC/HPA について調べておりました。もしそれが可能ならば貸出試聴を申し出たいと思います。

さて、ここからが本論ですが、その中でこのDACの設計者は Ncore などの発明で知られる Bruno Putzeys 氏なのですが、彼のこれまでの業績などについても調べてみました。

彼はドイツにある Kii Audio の共同創業者であって Kii Three Active Loudspeakers も手掛けていることが判りました。
その Kii Three Active Loudspeakers で Bruno Putzeys 氏がその enclosure 内部で行っていることと同様なことを dualazmakさんは外部で行おうとなさっているのではないかと私は判断致しました。

すなわち、Kii Three Active Loudspeakers に対して、dualazmakさんは同様な御計画を YAMAHA NS1000 + にて実行されるということで dualazmakさんのこの御計画は成功間違いなしと私には思われます。

それでは、また。

References:
https://www.kiiaudio.com/for_home.php
https://www.kiiaudio.com/files.php
http://www.enjoythemusic.com/magazine/equipment/1218/Kii_Three_Active_DSP_Loudspeaker_Review.htm
https://www.hifinews.com/content/kii-audio-three-loudspeaker
https://www.youtube.com/results?search_query=kii+three
https://spectrum.ieee.org/computing/hardware/bruno-putzeys-the-sound-of-music-extended-play

書込番号:23366082

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:253件Goodアンサー獲得:5件

2020/04/28 17:11(7ヶ月以上前)

追記事項です:

Mr Bruno Putzey (1973 -) Brussels, Belgium

Inventor of UcD (Hypex) Netherlands
Inventor of Ncore (Hypex) Netherlands

Co-Founder for Purifi Audio in Denmark
Inventor of Purifi 1ET400A Class D Amp Module (425W/4ohm)
--> NAD Masters M33 DAC/AMP

Co-Founder for Kii Audio in Germany
CTO
Inventor of Kii Three Active Loudspeakers

Mola-Mola Audio in Netherlands
-> Kaluga Monoblocks
-> Tambaqui DAC/HPA
-> Makua Preamp

Grimm Audio in Netherlands
-> AD1 A/D Converter
-> LS1 Loudspeakers

ともかく、Bruno Putzey 氏は多岐にわたり御活躍です。もう驚嘆しかないです。

書込番号:23366195

ナイスクチコミ!1


スレ主 dualazmakさん
クチコミ投稿数:1207件 my Picasa JPEG Archive 

2020/04/28 20:58(7ヶ月以上前)

Naim ND555 enthusiastsさん

これまた貴重な情報、まことにありがとうございます。

確かに、Mr. Bruno Putzeyは、凄い人ですね。
私も、早晩、Hypexアンプモジュール採用製品で、彼のお世話になりそうです。

ご紹介しているように、私は、昨年夏に NS-1000 の LC-ネットワーク+アッテネーターを「外付け」ボックスに移動し、その際に全てのコンデンサー(キャパシター、全てフィルムコンに変更)とコイル(全て空芯コイルに変更)も更新して、その音響改善効果に大きな感銘を受け、それがきっかけで今回のマルチチャンネル−マルチアンプ環境構築プロジェクトを開始しました。

また、NS-1000 の筐体デザインとSPユニットの「凄さ、驚異の性能」を、あらためて非常に強く再認識させられたことも事実です。
これは、海外の方からも賛同が多々ありますが、本当に驚くべきことですね。NS-1000、NS-1000M 恐るべし!です。YST-SW1000 も凄いですが。。。

そこに、PCソフトウェアチャンデバ(クロスオーバー)と多連装DAC = DAC8PRO が、ちょうどいいタイミングで、絶妙に連携できることを認識したわけです。

Kii Three Active Loudspeakers の方向性は、私と同じですが、なんとなんと物理配置的には逆で、 PC+多連装DAC+多連装アンプ を全部SP筐体内に取り込んで(押し込んで)一体化し、それなりの超高価な製品として販売する、という戦略ですね。PCとソフトウェアの運用やオーディオDIYとは疎遠、それでも Hi-Fi オーディオ指向、の富裕層へは、このようなコンセプトの製品でも市場があると見込んでいるのでしょう。それは、それとして理解できます。

日本の SK Audio の、あのご高名な方とも年初から何度かやりとりさせていただきましたが、該社の製品も、コンセプト的には似ていますね。色々お話ししていたら、「貴殿のような知識とスキルがある方なら、PCと多連装DACを使って、我が社の製品に相当するようなことは、いまでは何でもできる時代になっていますよ。」 とのコメントも頂戴しました。

PCハードとソフトウェアチャンデバの柔軟性を知り、それをある程度使いこなせる私のような人間から見ると、PCも、連装DACも、連装アンプも、全部をSP筐体内に収納するのは、電磁ノイズと振動の観点からも、「あり得ない!」 としか思えないのも事実です。

なにしろ、どうあがいてもCPUを含むPCは電磁ノイズの大発生源ですし、SP筐体内は、強烈な空気振動のルツボですので、そこへ全部押し込んで、いくらノイズ対策や振動対策を施しても、私が現在達成している総合的な音響品質を超えるとは、到底信じられません。 
そのあたりは、Kii Three Active Loudspeakers の評価と実試聴で確認するしかないのでしょうが。。。購入初期には許容でも、何年も鳴らしていたら、内蔵のPCや連装DACには、連装アンプにも、必ず悪意影響が出るはず、と想像します。

この想像と較べると、NS-1000 の、40年(!)を経ても全く色あせない、現在でも最高位に君臨する、総合性能は、本当に驚嘆すべきものだと思います。

一方、私は(ここの皆さんも?)、PCとソフトウエアチャンデバEKIO+DAC8PRO で、あの超高価な TRINNOV ALTITUDE32 と同等かそれ以上の処理と音響品位が達成できることを、すでに、ほぼ確実に確認できています。

ということは、、、今後のオーディオシーンは、TRINNOV ALTITUDE32、 Kii Three Active Loudspeakers、LINN EXACT に代表されるような、非常に高価な一体型製品市場と、私が指向しているような、「PC+ソフト、多連装DAC(DAC8PROのような高性能でリースバブル価格)、NORD ONE のようなリーズナブル価格の多連装アンプ」、を自由に組み合わせて、柔軟に構築する Hi-Fi DIY的市場、の2極へ分かれていくのかも知れませんね。

今や、総合的な音響品位の観点で両者の間に大きな差があるとは、、、私としては思えませんが。。。。

その意味では、ASRの私のスレッドは、LINN, TRINNOV や Kii Audio からは、疎まれる、嫌われる存在かもしれませんね。

また、多連装アンプ群についても、XM4080や Nord One MP NCXXX 4-8 122-500W で、十分に高品位な音響のシステムが完成できるなら(できると確信しています!)、高級 Hi-Fi アンプメーカーからも疎まれるスレッドになるのかも、、、、とも考えてしまいます。OKTO社の Pavel さんも同様なことを仰せでした。 

まあ、ターゲットになる「客層」が基本的に異なるので、DIY的オーディオ趣味人の世界として無視されるだけかもしれませんが。。。(そう願っています!)

とにかく、私は、EKIOのLUPISOFT社や、OKTO社、Nord Acoustics社、などの方向性を歓迎し、大いに応援したいと思います。


https://theartofsound.net/forum/showthread.php?68601-Okto-Research-DAC8-Pro-multi-channel-DAC
におけるGordon(Halfway Tree) 氏のコメントを見て、私もMola Mola Audio Tambaqui DAC の情報を眺めていますが、これはこれで凄い製品ですね。価格も凄いですが。。。。
是非、評価機を入手して下さい。Naim ND555 enthusiastsさんの実機評価を楽しみにさせていただきます。

今後とも、様々な情報交換とご指導、よろしくお願い申し上げます。

書込番号:23366710

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:253件Goodアンサー獲得:5件

2020/04/28 23:59(7ヶ月以上前)

dualazmakさん
>PCハードとソフトウェアチャンデバの柔軟性を知り、それをある程度使いこなせる私のような人間から見ると、PCも、連装DACも、連装アンプも、全部をSP筐体内に収納するのは、電磁ノイズと振動の観点からも、「あり得ない!」 としか思えないのも事実です。


問題のSP筐体内に収納されているのは、DSP, DAC, AMP ですが、PC は収納されていません。

この Kii THREE の存在意義ですが、私のつたない考察では、ソースに繋げば音楽試聴準備が直ちに整うことが出来るスピーカーであるということです。

外付けの DAC, AMP に要する費用を考慮すれば、Kii THREE はそれほど高価には感じないという私の金銭感覚に疑問符が付くのでしょうか。

日本国内で Kii THREE を使用ている方のブログです:
https://www.for-artist.com/blog/nikki/%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%82%B8%E3%82%AA%E3%83%A2%E3%83%8B%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%80%80kii-three%E6%8A%95%E5%85%A5/
https://www.for-artist.com/blog/nikki/kii-audio-kii-tree%e5%b0%8e%e5%85%a5%e3%81%8b%e3%82%89%e5%b0%91%e3%81%97%e7%b5%8c%e3%81%a3%e3%81%a6/

それでは、また。

書込番号:23367225

ナイスクチコミ!1


スレ主 dualazmakさん
クチコミ投稿数:1207件 my Picasa JPEG Archive 

2020/04/29 13:20(7ヶ月以上前)

Naim ND555 enthusiastsさん

>問題のSP筐体内に収納されているのは、DSP, DAC, AMP ですが、PC は収納されていません。

了解です。そうなると、Kii THREEは、SK AUDIOさんのPCS-3000;
http://www.skaudio.jp/pcs-3000.html
および VT-EtPDAC
http://www.skaudio.jp/audioif.html#etpdac
と、非常によく似たコンセプトのように見受けました。VT-EtPDAC も、専用PCボードとの接続はLANケーブル1本で、専用プロトコル、といっても業務業界では一般的な DANTEプロトコール、だそうです。

https://bbs.kakaku.com/bbs/-/SortID=23181110/#tab
の 2020/01/22 22:07 書込番号:23185041 をご参照下さい。SK Audio の小森様とのやりとりです。
ちなみに、SK AUDIO の VT-EtPDAC も、アンプはHypex NX252MP を4基採用、ですね。ここでも、Hypex 恐るべし!ですね。

Kii THREE も、VT-EtPDAC も、やはり全段 192 kHz 24 bit 処理ですね。

SK AUDIO小森様との、突っ込んだ情報交換では、「DANTEプロトコール準拠と言うことで、やはり弊社の製品群は、どちらかというと録音業界の業務用途を意識して設計&提供しています。」と仰せでした。 ご紹介いただいた Kii THREEブログの方も、マスタリングスタジオでのご利用、とお見受けいたしました。 家庭の Hi-Fiオーディオ環境で使われている方は、おられますかね?

今後、Kii THREEやSK AUDIO社製品を家庭での Hi-Fiオーディオ環境で利用した報告や、そこでの従来型オーディオ装置との総合的な音響品位の比較報告が楽しみです。

Naim ND555 enthusiastsさん、是非、その方向で検討されて、色々お聞かせ下さい!

書込番号:23368213

ナイスクチコミ!1


スレ主 dualazmakさん
クチコミ投稿数:1207件 my Picasa JPEG Archive 

2020/04/29 14:10(7ヶ月以上前)

Naim ND555 enthusiastsさん

私の現マルチアンプ化プロジェクトのコスト面ですが。。。。

https://bbs.kakaku.com/bbs/K0000924414/#23140284
でお話ししていたように、1月初旬時点には、本当に、本気で;

ACCUPHASE DF-65 1台
ACCUPHASE P-4500 4台、または E-270 4台

の導入を想定していました。

それが、現在では;

EKIO 1ライセンス USD149
DAC8PRO 1台 EURO1,163 (リモコン、送料込み)
Nord ONE ステレオ4連アンプ 1台£1,619(送料込み)、未定ですが。。。

の構成=約37万円で、アキュDF-65 チャンデバ構成+アンプ群を遙かに凌駕する、フルデジタルのマルチアンプ環境が構築できることが明らかになりつつありますので、当初の構想と比較すると、性能的にはずっと優れているのに、コスト的には1/10〜1/20で実現できてしまいそうです。これに保護コンデンサーやSPケーブルの微々たる出費は、オンされますが。。。。

ここでの Naim ND555 enthusiastsさん、BOWSさん、あいによしさん、を含む皆さんとの情報交換と貴重なご示唆を経て、この状況にたどり着けたことは、ある意味、驚異的なことだと、あらためて実感し、感謝しております。

やはり、ソフトウエアチャンデバと DAC8PROの登場によって、この方面ではパラダイム変化が起こっていることを実感しております。

書込番号:23368311

ナイスクチコミ!1


スレ主 dualazmakさん
クチコミ投稿数:1207件 my Picasa JPEG Archive 

2020/04/29 14:24(7ヶ月以上前)

Naim ND555 enthusiastsさん

閑話休題、again です。

このグループ Voices of Music の活動は、陰ながら少々支援し、応援しています。
https://www.youtube.com/watch?v=pdsyNwUoON0
https://www.youtube.com/watch?v=LSmqY1RIxPY&feature=em-lsp
他にも、たくさん、優れた画質と音質の演奏がアップされています。

これも、、、いつも癒やされます。涙が。。。。
https://www.youtube.com/watch?v=uczsnta4Hcg

書込番号:23368347

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:253件Goodアンサー獲得:5件

2020/04/29 14:54(7ヶ月以上前)

dualazmakさん

>および VT-EtPDAC
http://www.skaudio.jp/audioif.html#etpdac
と、非常によく似たコンセプトのように見受けました。VT-EtPDAC も、専用PCボードとの接続はLANケーブル1本で、専用プロトコル、といっても業務業界では一般的な DANTEプロトコール、だそうです。
https://bbs.kakaku.com/bbs/-/SortID=23181110/#tab
の 2020/01/22 22:07 書込番号:23185041 をご参照下さい。SK Audio の小森様とのやりとりです。
ちなみに、SK AUDIO の VT-EtPDAC も、アンプはHypex NX252MP を4基採用、ですね。ここでも、Hypex 恐るべし!ですね。


こんにちは。

早速、御指定の S&K Audio VT-EtPDAC の紹介ページを見ました。そこでの VT-EtPDAC における Power Amp Module が ICE Power 製のものですが、それらがアップグレードされて Hypex NC252MP に変更予定ということですね。その価格では Kii THREE の方に惹きつけられますが。


>今後、Kii THREEやSK AUDIO社製品を家庭での Hi-Fiオーディオ環境で利用した報告や、そこでの従来型オーディオ装置との総合的な音響品位の比較報告が楽しみです。


Kii THREE は海外(特に欧米諸国)在住の audiophiles の間ではとても話題性のあるスピーカーのように私には思えます。
余談ですが、HIFICRITIC 誌の Editor-in-Chief である Martin Colloms 氏によれば「 Kii Three は QUAD ESL 63 を感じさせると」 Kii THREE に対する印象を述べていますが、私は実は QUAD ESL 63 を所有しています。

また、S&K Audio 製品につきましては日本国内のオーディオマニアのごく一部で話題になっているかとは予想されますが、いかんせん高価過ぎという感じ(ゴトーユニットも同様な感じ)を受けます。
それならば、彼らはLINN 製品を買おうと思うかも知れませんね。
S&K Audio 製品に関するフェイスブックも拝見しましたが、率直に申しますと、「ニッポンのオーディオここにあり」という感じが致しまして少々めまいを覚えました次第です。

それでは、また。

書込番号:23368410

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:253件Goodアンサー獲得:5件

2020/04/29 15:01(7ヶ月以上前)

dualazmakさん

YouTube のご紹介誠にありがとうございます。
今夜、それらを堪能致したいと存じます。

取り急ぎ御礼まで。

書込番号:23368430

ナイスクチコミ!0


スレ主 dualazmakさん
クチコミ投稿数:1207件 my Picasa JPEG Archive 

2020/04/29 15:36(7ヶ月以上前)

Naim ND555 enthusiastsさん

S&K AUDIO は、技術的には最先端で優れている(?)のでしょうが、それに頼りすぎて、デザインやマーケティングのセンスが、、、、、
こんな所でも、技術的に優れた日本の製品でも、やはり世界的には認知されず、通用しない、という一端を見る思いがします。

最近の欧州勢は、マーケティングのセンス面でも、日本やアメリカ勢の先を走っていますね。

書込番号:23368498

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:253件Goodアンサー獲得:5件

2020/04/29 17:12(7ヶ月以上前)

dualazmakさん
>S&K AUDIO は、技術的には最先端で優れている(?)のでしょうが、それに頼りすぎて、デザインやマーケティングのセンスが、、、、、
こんな所でも、技術的に優れた日本の製品でも、やはり世界的には認知されず、通用しない、という一端を見る思いがします。
最近の欧州勢は、マーケティングのセンス面でも、日本やアメリカ勢の先を走っていますね。


全く同感です。やはり国民性と言いましょうか音楽に対する姿勢の違いでしょうか。
アメリカ勢では、私の知る限りでは、Dan D'Agositino, Audio Research, Magico などが非常に元気のように思います。

音楽に対する国民性に関しましては、Kii THREE を導入されたチーフプロデューサー・エンジニア(Hiro)氏のコラム・ブログでも興味深いことに言及されていますね。
https://www.for-artist.com/manager-top/

英国におけるCOVID-19 が終息に向かう時期になってからでも Martin Collom 氏(彼も Naim Audio のパルチザンの一人です)にemailを送って Mola-Mola DAC のことや Hypex Class D Amp Module などに関しての彼の持ち得ている印象などを尋ねてみます。

それでは、また。

書込番号:23368717

ナイスクチコミ!1


スレ主 dualazmakさん
クチコミ投稿数:1207件 my Picasa JPEG Archive 

2020/05/01 20:45(7ヶ月以上前)

Naim ND555 enthusiastsさん、皆さん

本日 OKTO Research の Pavelさんから連絡があり、私の DAC8PRO は、5月4日月曜日に FedEx Express国際梱包便でプラハを出発する、とのことです。 恐らく、来週末頃には、手元に到着することでしょう。 例の、フルコンパチブルな ASIO ドライバー (Windows環境用)も、先行して頂戴しました。

書込番号:23373568

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:253件Goodアンサー獲得:5件

2020/05/01 21:44(7ヶ月以上前)

dualazmakさん

こんばんは。

遂に DAC8 発送とのこと来週週末が楽しみですね。それに対する試聴結果を楽しみにしております。


>このグループ Voices of Music の活動は、陰ながら少々支援し、応援しています。
https://www.youtube.com/watch?v=pdsyNwUoON0
https://www.youtube.com/watch?v=LSmqY1RIxPY&feature=em-lsp
他にも、たくさん、優れた画質と音質の演奏がアップされています。
これも、、、いつも癒やされます。涙が。。。。
https://www.youtube.com/watch?v=uczsnta4Hcg


最初の演奏はとても普段着の合う演奏かと感じました。
残り2つの演奏はかなり自制心の効いた演奏で正座して聴くべき演奏かと感じました。
特に、最後の演奏(BWV 904) については YouTube で他の演奏者の演奏も聴いて見ましたが、その中では
https://www.youtube.com/watch?v=Y5I6wl_HToA
が私にとりましては印象に残りました。

ついでながら、Kii THREE には片CH6個ドライバー(そのうち1つがmidrange, 1つがtweer)を各1つにつき 250W/4ohm の Hypex amp module で駆動しているようですが、どうして 250W/4ohm のmodule が選ばれたのか少し興味が湧きました。

それでは、また。

書込番号:23373735

ナイスクチコミ!1


スレ主 dualazmakさん
クチコミ投稿数:1207件 my Picasa JPEG Archive 

2020/05/01 23:05(7ヶ月以上前)

Naim ND555 enthusiastsさん

https://www.youtube.com/watch?v=Y5I6wl_HToA
>が私にとりましては印象に残りました。
聴きました。これも、いいですね。 YouTube でも、そこそこの音質で優れた演奏が聴けることは、本当に嬉しいことです。

>遂に DAC8 発送とのこと来週週末が楽しみですね。それに対する試聴結果を楽しみにしております。
発注したのが2月15日でしたので、このご時世下では、まあ許容な納期かと。。。
ASRでの情報では、昨年、6ヵ月待たされたという方もおられましたので。。。

XM4080 の手配は、DAC8PRO の顔を見てからにします。 

DAC8PROが到着したら、今日Pavelさんから送られてきた例の ASIO Driver による I/O も含めて、Windows 10 および EKIO による DAC8PRO の認識と I/O を、まずじっくり検討、検証します。

音質面では、エージング(Burn-In)も兼ねて、まずは2チャンネルずつのステレオDACとして利用し、OPPO SONICA DAC の音と、厳密に試聴比較する予定です。

柔軟なEKIOから、DAC8PRO と SONICA DAC へ、同時に、同じステレオチャンネルを送れますし、ACCUPHASE E-460 には XLRバランス入力が隣り合わせで2系統(BAL, CD-BAL) があるので、曲を流しながら瞬時に切り替えて比較試聴ができます。 DAC8PROは 8チャンネルですので、4回繰り返せば、DAC8PROのチャンネル間の音質差(あるはずがないですが)も確認できますね。

Nord ONE ですが、先日(4月8日)、書込番号:23328401で見ていただいたように、次のように考えております;
************************************************************************************
性能的にも、価格的にも、Nord One MP NCXXX 4-8 122-500W は魅力的に感じます。
アンプモジュールの選択;
(案−1)
Channels 1-2 を NC252MP (2X250W 4Ω、2X200W 8Ω)
Channels 3-4 を NC122MP (2X125W 4Ω、2X75W 8Ω)
Channels 5-6 を NC122MP (2X125W 4Ω、2X75W 8Ω)
Channels 7-8 を NC122MP (2X125W 4Ω、2X75W 8Ω)

は、どう思われますか? KJF Audio も、 Nord Acoustics も、メールやチャットでの問い合わせに対して、NX252MP と NC122MP の間で音色や音響品位には差はないし、差を聴き分けることは恐らく不可能です、と応えてきました。
最終的にどう使うかは未定ですが、Channels 3-4 も NC252MP にして、
(案−2)
Channels 1-2 を NC252MP (2X250W 4Ω、2X200W 8Ω)
Channels 3-4 を NC252MP (2X250W 4Ω、2X200W 8Ω)
Channels 5-6 を NC122MP (2X125W 4Ω、2X75W 8Ω)
Channels 7-8 を NC122MP (2X125W 4Ω、2X75W 8Ω)

という構成にしておく方が、もしSPユニットを交換する場合でも、柔軟で余裕のある利用が可能かな? とも考えております。
************************************************************************************

Kii THREE も、S&K AUDIO の VT-EtPDAC も、どうやら NC252MP (2X250W 4Ω、2X200W 8Ω)相当品を使っているようですね。Kii THREEにおける、この選択の理由などについて、情報を入手されましたらご教示のほど、よろしくお願い申し上げます。

やはり、能率の低い大型のSPユニットの余裕駆動も想定している、と単純には考えますが、TW駆動用にもこれを使っているなら、他にも理由があるのでしょうね。

私のシステムの場合、Be-SQ, Be-TW, Horn ST は、いずれも非常に高能率ですので、上の(案ー1)でも十分に余裕かな、と見ておりますが、価格的には大差ないので、案ー2 としておくことも検討中です。

書込番号:23373925

ナイスクチコミ!2


クチコミ投稿数:253件Goodアンサー獲得:5件

2020/05/02 00:00(7ヶ月以上前)

dualazmakさん
>Kii THREE も、S&K AUDIO の VT-EtPDAC も、どうやら NC252MP (2X250W 4Ω、2X200W 8Ω)相当品を使っているようですね。Kii THREEにおける、この選択の理由などについて、情報を入手されましたらご教示のほど、よろしくお願い申し上げます。
やはり、能率の低い大型のSPユニットの余裕駆動も想定している、と単純には考えますが、TW駆動用にもこれを使っているなら、他にも理由があるのでしょうね。


Kii THREE の場合にはステレオ仕様ではなくモノラル仕様のアンプモジュールを使用したかったので NC250 MP を採用したのではないかと推測されます、多分。NC122 MP 相当ののモノラル仕様は製品リストにはなさそうですし。
NC122 MP と NC252 MP の写真を比較して見ましたが、当然ながら後者のパワーサプライ(SMPU)の方が重厚感があります。価格差がほとんどなければ、また細かなスペックを気になさるのであれば後者の使用を優先されるという考えもあるかとは思いますが。といったところでしょうか。

それでは、また。

書込番号:23374031

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:253件Goodアンサー獲得:5件

2020/05/02 00:07(7ヶ月以上前)

訂正です:
(正)パワーサプライ(SMPS)
(誤)パワーサプライ(SMPU)

書込番号:23374048

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:253件Goodアンサー獲得:5件

2020/05/03 20:04(6ヶ月以上前)

dualazmakさん

こんばんは。

ARSへの最新の投稿を拝見させていただきました。

YAMAHA NS1000(M) に関する websites ですがもう既にご存知と思いますが、以下のようなものも存在しています。
http://www.troelsgravesen.dk/Yamaha-NS1000.htm
http://www.thevintageknob.org/yamaha-NS-1000.html

甚だ、簡単ですが。

書込番号:23378154

ナイスクチコミ!1


スレ主 dualazmakさん
クチコミ投稿数:1207件 my Picasa JPEG Archive 

2020/05/04 23:25(6ヶ月以上前)

Naim ND555 enthusiastsさん

おお、ありがとうございます。これらも、なかなか参考になりますね。
「日本の仲間からお知らせがあったので、、、」として、ASR のポストに追加しておきます!

書込番号:23381276

ナイスクチコミ!1


スレ主 dualazmakさん
クチコミ投稿数:1207件 my Picasa JPEG Archive 

2020/05/09 11:40(6ヶ月以上前)

皆さん、

本日、先ほど、DAC8PRO (order #106 2月15日に発注) がリモコンと共に到着しました。 
おそらく、日本初でしょうか?

もうすぐ、「続々 。。。。」 の新スレッドを建てて、情報共有させていただきます。 

また、ASR の;
https://www.audiosciencereview.com/forum/index.php?threads/multi-channel-multi-amplifier-audio-system-using-software-crossover-and-multichannel-dac.12489/
でも前進しますが、のんびりしていられるのが明日10日の日曜日までですので、情報共有の速度は、かなり低下しそうです。

書込番号:23391780

ナイスクチコミ!1


スレ主 dualazmakさん
クチコミ投稿数:1207件 my Picasa JPEG Archive 

2020/05/09 11:55(6ヶ月以上前)

皆さん、

追加の関税などは、一切発生せず、普通に FedEx で配送されてきました!  まだ、開梱してませんが。。。。

書込番号:23391831

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:253件Goodアンサー獲得:5件

2020/05/09 12:19(6ヶ月以上前)

dualazmakさん

こんにちは。

dualazmakさんの DAC8 Pro が本日無事にご到着ということで嬉しく思います。やっと今その時が来ましたね。

さて、このスレッドの新規移転前に Hypex Ncore based class D 8CH amp に関しまして私なりに整理しておくことに致しました。
これはあくまでの私の見解ですので、dualazmakさんにとりましては全く強制力などございません。

それらに対する私の推薦順に以下列挙致します:

(i) Appolon Audio NCMP8200 (Austria) EUR1,890 + s/h EUR130
https://www.apollonaudio.com/apollon-ncmp8200-hypex-based-multichannel-class-d-amplifier/

Appolon Audio の選択理由につきましては、
https://www.audiosciencereview.com/forum/index.php?threads/multichannel-amps-for-active-systems.2417/
における Burning Sounds による posts が大変参考になるかと思います。Burning Sounds が英国内ではなく海外(Austria) からわざわざ購入したということは何かしら大きな意味があるかと思います。

(ii) Nord Acoustics Nord One MP NC252 (Speaker Output Wire: Silver Plated Pure Cu 14AWG)
GBP1,639 + s/h GBP120

ここで option として Speaker Output Wire: Silver Plated Pure Cu 14AWG を選択しました。

(iii) Nord Acoustics Nord One MP NCXXX 122-500W

上記のいずれの機種も良心的価格で提供されているかと思います。

これで、私の本日のテーマは終わりです。


それから、Kii THREE に追記しておきますと Stand Subwoofers (BXT) を使用する意味が私には全く理解できません。BXT 無しの Kii THREE (専用スタンド付き)で十分に完成されていると思いますのでその完成度に水を差すような BXT はいけませんね。
https://www.audiosciencereview.com/forum/index.php?threads/stand-subwoofers-like-the-genelec-w371-kii-bxt-etc-ideally-with-dsp-multi-drivers.11300/

そういえば、QUAD ESL63 に subwoofers を組み合わせている ASRメンバーもいるようですが、人の好みは人それぞれですね。

ということで、dualazmakさんの DAC8 Pro をテーマにした新規スレッドを楽しみにしております。

それでは、また。

追伸: ASR における DAC8 Pro スレッドは本日も盛り上がっているようですね。

書込番号:23391893

ナイスクチコミ!1


スレ主 dualazmakさん
クチコミ投稿数:1207件 my Picasa JPEG Archive 

2020/05/09 14:34(6ヶ月以上前)

Naim ND555 enthusiastsさん

いろいろ、まことにありがとうございます。

一押しの;
>(i) Appolon Audio NCMP8200 (Austria) EUR1,890 + s/h EUR130
https://www.apollonaudio.com/apollon-ncmp8200-hypex-based-multichannel-class-d-amplifier/

ですが、あらためて添付画像のようにチョイスしても、1,890ユーロ+送料130ですので、総額約23〜25万円、となるので、Nord ONE の同様の構成と価格的には大差ないですね。 前にもお知らせしましたが、私のASRスレッド
https://www.audiosciencereview.com/forum/index.php?threads/multi-channel-multi-amplifier-audio-system-using-software-crossover-and-multichannel-dac.12489/
や DAC8PRO スレッド
https://www.audiosciencereview.com/forum/index.php?threads/review-and-measurements-of-okto-dac8-8ch-dac-amp.7064/
でも、Burning Sounds さんのコメントや真摯な応答は、非常に信頼ができると思っておりますので、仰せの背景は、とても納得できます。

Nord ONE と並行して、Appolon Audio NCMP8200 も候補とさせていただきます。

ASR における DAC8 Pro スレッド、
https://www.audiosciencereview.com/forum/index.php?threads/review-and-measurements-of-okto-dac8-8ch-dac-amp.7064/page-73
の前後は、ごく一部の人達の AV I/O で盛り上がってますが、ちょっとついて行けないので、沈静化へのコメントを投げましたが、収まらないでしょうね。

では、今後とも、何卒よろしくお願い申し上げます。

書込番号:23392213

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:253件Goodアンサー獲得:5件

2020/05/09 17:37(6ヶ月以上前)

dualazmakさん

https://www.apollonaudio.com/client-reviews-experiences-apollon-audio-amplifiers/

御参考まで。

大変失礼致しました。Appolon ではなく Apollon でした。

それでは、また。

書込番号:23392639

ナイスクチコミ!1


スレ主 dualazmakさん
クチコミ投稿数:1207件 my Picasa JPEG Archive 

2020/05/09 22:13(6ヶ月以上前)

Naim ND555 enthusiastsさん

タイポミス、私も結構頻繁にやってます。気になさらないで下さい(笑)。

ASRの常連の方々などは、我々よりも遙かにひどい英語やタイポミスが多々あっても、意味が通じればお構いなし、ですよね。

Burning Sounds さんには、また私のASRスレッドにもお越しいただきたいので、本日午後に、
https://www.audiosciencereview.com/forum/index.php?threads/multichannel-amps-for-active-systems.2417/post-394591
をポストさせていただきました。

届いた DAC8PROは、取説も電源ケーブルも同梱されていない質素な梱包ですが、緩衝材はしっかりしてました。USB 2.0 ケーブル1本と、もちろんですが、追加発注した Apple Remoteリモコンはきちんと同梱されています。取説は、最新版をダウンロードさせるという、至極合理的な主義ですね。

明日、写真(外観も、内部も)を撮って、まずは先行でもらった専用ASIOをインストール、Windows 10、ASIO4ALL による認識、それらを含めて EKIO による I/O認識、あたりから検証/検討を始めたいと考えております。 私の場合は、当面使わないと思いますが、AES/EBU 4系統とそれに連携する USB in/out が、Windows などによってどのように認識されるのかも、興味津々です。

期待が大きいボリュームですが、取説にも添付画像のように書かれていて、予想通りのマスターボリュームおよび8チャンネル個別ゲイン設定が可能ですので、各チャンネルのマスターに対する相対ゲイン(左右バランス設定も兼ねる)を一旦決定すれば、その相対値を維持したままマスターボリュームを上下できるという、私の目的にとっては理想的なボリューム、ゲイン機能ですね。マスターボリュームを絞ることさえ忘れなければ、パワーアンプ群への直結でも、SPユニットを損傷する可能性は極めて低い、と感じています。ASRの各所でも、マスターボリュームおよびゲインでかなり絞っても、音質劣化がほとんどない驚異的な性能(!)が実証されているので、大いに楽しみです。 XMOSを含めた、それなりのエージングは必要だと思いますが。。。。

このマスターボリュームおよびゲインが、本当に優れものであれば、緻密に準備およびシミュレーションしてきたように、EKIOからは全域でほぼフラットでゲインおよびディレイ設定なし、LR 12dB/OCT傾斜の最も単純に位相補正/調整可能な simple is best な5帯域チャンデバ(クロスオーバー)設定にてASIO経由でDAC8PROへ送り、各チャンネルDAC変換後に、ES8028PRO内蔵(と XMOS連携)のデジタル精密ゲイン調整によって現行のアッテネーター設定を模倣させれば、、、もう完璧、ですね!

というはやる心を抑えつつ、step-by-step で、OPPO SONICA DAC との総合音質比較から始めて、ゆっくりと前進します。

と言いつつも、少なくともマルチアンプトライアル中は、例のちょっとハイグレードな SQ, TW, ST 系統の保護コンデンサー(キャパシター)は、エージングも終了しているので、噛ませておくつもりです。

このあたりも含めて、ここでも新スレッド立ち上げ、でした!  立ち上げましたら、もちろん、ここでも、その旨をアナウンスいたします。

そうそう、国内の、とあるアンプ工房様が、Hypex NC400 を2台使ったステレオ 2-way 4-channel の高価なデジタルアンプ2台を XLRバランス入力仕様で、完全無償で試聴用に貸し出します、と仰せですので、相談中です。これが実現する際には、お知らせしますね。

書込番号:23393394

ナイスクチコミ!2


スレ主 dualazmakさん
クチコミ投稿数:1207件 my Picasa JPEG Archive 

2020/05/09 22:25(6ヶ月以上前)

私も、訂正です!

誤) ES8028PRO内蔵(と XMOS連携)
正) ES9028PRO内蔵(と XMOS連携)

失礼しました。

書込番号:23393431

ナイスクチコミ!1


殿堂入り金メダル クチコミ投稿数:2440件Goodアンサー獲得:233件

2020/05/10 14:51(6ヶ月以上前)

dualazmakさん、こんにちは

きましたね、おめでとうございます。
NS1000がどう化けるか、パッシブに比べ自由度が高いので、dualazmakさんの感性次第ですね。いきなり鮮度の高い音でとまどうかもしれません。


書込番号:23394935 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!1


スレ主 dualazmakさん
クチコミ投稿数:1207件 my Picasa JPEG Archive 

2020/05/11 12:44(6ヶ月以上前)

あいによしさん

お久しぶりです。 はい、ようやく到着しました。

DAC8PRO 使ってみて実感しておりますが、本当に、予想以上に、高性能で、「まさに恐るべし!」 です。

https://www.audiosciencereview.com/forum/index.php?threads/multi-channel-multi-amplifier-audio-system-using-software-crossover-and-multichannel-dac.12489/
の私のスレッドで、先に紹介を始めていますが、ここでも、近日中に新スレッドを建てて移行します。

それにしても、ここでの、これまでの、皆様からの多大なご支援もあって、上記のASR Forum スレッドは、なんと、ほぼ1ヵ月で7,000回を超える閲覧訪問があり、とても驚いております。COVID-19 の「巣ごもり=暇」の効果も大きいのでしょうが。。。
https://www.audiosciencereview.com/forum/index.php?forums/member-area.36/&order=view_count&direction=desc
中には、啓発的にも教育的にも素晴らしいスレッドだ、と煽ててくれる方々もあり(お世辞?)、それはそれで励みになります。

ASR Forum 重鎮の2,3名の方々からも PM(個人間交信)を頂戴しており、「最近のベストスレッドだ!教育価値も高いので、頑張って続けて下さい。。。」、とのコメントを頂戴しております。

書込番号:23396853

ナイスクチコミ!3


スレ主 dualazmakさん
クチコミ投稿数:1207件 my Picasa JPEG Archive 

2020/05/12 11:06(6ヶ月以上前)

皆さん、

このスレッドも大変長くなりました。貴重なご支援、ありがとうございました。

ようやく DAC8PRO が入手できましたので、新スレッドへ移行いたします。

『続々 ソフトチャンデバEKIO と DAC8PRO でマルチアンプシステム』
https://bbs.kakaku.com/bbs/-/SortID=23398907/
にて継続しますので、引き続き、よろしくお使い下さい。

なお、ここでも、英語ですが、情報交換を行っておりますので、ご覧いただき、ご参加下さい。
https://www.audiosciencereview.com/forum/index.php?threads/multi-channel-multi-amplifier-audio-system-using-software-crossover-and-multichannel-dac.12489/

書込番号:23398934

ナイスクチコミ!0


クチコミ一覧を見る


クチコミ掲示板検索



検索対象カテゴリ
を対象として
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[スピーカー]

スピーカーの選び方ガイド

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

新製品ニュース Headline

更新日:11月27日

クチコミ掲示板ランキング

(家電)

ユーザー満足度ランキング