『Radeon Adrenalin 2020 Edition 20.5.1 Optional』 の クチコミ掲示板

『Radeon Adrenalin 2020 Edition 20.5.1 Optional』 のクチコミ掲示板

RSS


「グラフィックボード・ビデオカード」のクチコミ掲示板に
グラフィックボード・ビデオカードを新規書き込みグラフィックボード・ビデオカードをヘルプ付 新規書き込み



ナイスクチコミ0

返信1

お気に入りに追加

標準

Radeon Adrenalin 2020 Edition 20.5.1 Optional

2020/05/28 20:15(2ヶ月以上前)


グラフィックボード・ビデオカード

スレ主 沼さんさん
クチコミ投稿数:17793件

Radeon Software Adrenalin 2020 Edition 20.5.1 Release Notes
https://www.amd.com/en/support/kb/release-notes/rn-rad-win-20-5-1

書込番号:23432530

ナイスクチコミ!0


返信する
スレ主 沼さんさん
クチコミ投稿数:17793件

2020/05/28 20:18(2ヶ月以上前)

Radeon Software Adrenalin 2020 Edition 20.5.1 Release Notes

以下グーグル翻訳
Radeon Software Adrenalin 2020 Edition 20.5.1ハイライト
○サポート
・Windows 2020年5月アップデート
・AMDLink・最新のAMD Link Xinputエミュレーションドライバー(AMDXE)。現在および将来のゲームとの互換性が向上します。
これは、AMD Linkで初めてゲームストリーミングを開始するときにインストールされ、デバイスマネージャーに新しいXbox 360コントローラーとして表示されます。


○修正された問題
・Radeonソフトウェアは、ハイブリッドグラフィックスシステム構成でクラッシュまたはハングする場合があります。
・限られた数のディスプレイでゲームを起動すると、解決するためにシステムの再起動を必要とする断続的な黒い画面が表示される場合があります。
・AMD Linkがランダムまたは断続的に切断される場合がある問題を修正しました。
・タスクスイッチを実行すると、Destiny 2でアプリケーションがハングしたり、画面が黒くなることがあります。
・Overwatch は、試合に参加するときに断続的なクラッシュまたは黒い画面が発生することがあります。
・RX 5700シリーズグラフィックス製品のパフォーマンスメトリックオーバーレイで、誤ったメモリクロックが報告される場合があります。
・Radeon RX 5500シリーズグラフィック製品を使用する一部のハイブリッドグラフィックシステム構成では、ドライバーのインストール時にブルースクリーンが発生する場合があります。
・システムでInstant Replay and Desktop Recordingが有効になっていて、システムのディスプレイがタイムアウトまたはスリープ状態になると、メモリ使用量が高くなる可能性があります。
・Geekbench 5からVulkanテストを実行すると、TDRまたは黒い画面が表示される場合があります。
・League of Legends の一部のシステム構成では、タスクの切り替え後にヒッチングが見られる場合があります。
・RadeonSoftwareのオーバーレイを呼び出すと、Sniper Elite 4が最小化されることがあります。
・Radeon Softwareの標準プロファイルは、ゲームプロファイルが連続して何度もクリックされると適用される場合があります。
・Radeon Boostが有効になっているGrand Theft Auto 5でマウスを動かすと、照明の破損が見られる場合があります。
・Boostが有効になっているShadow of the Tomb Raider でマウスを動かすと、画面の右下隅にテクスチャの破損が見られる場合があります。
・RedDead Redemption 2は、一部のハイブリッドグラフィックスシステム構成で起動できない場合があります。
・メモリチューニングは、AMD Radeon VIIグラフィック製品に適用できない場合があります。
・「要件を取得できません」というエラーメッセージが、[アップグレードアドバイザー]タブに表示されることがあります。
・GPUメトリックは、Radeon Softwareのパフォーマンスタブでロードに失敗することがあります。
・スターウォーズジェダイ:Radeon Anti−Lagを有効にして起動すると、Fallen Order およびControl でアプリケーションがハングすることがあります。

○既知の問題点
・RadeonRX VegaシリーズおよびRadeon VIIグラフィック製品では、ゲームの実行中にパフォーマンスメトリックスオーバーレイが開いていると、パフォーマンスが低下する場合があります。
・RX 5000シリーズシステム構成でインスタントリプレイが有効になっていると、一部のゲームタイトルでヒッチが発生する場合があります。
・一部のゲームやシステム構成で有効にすると、拡張同期により黒い画面が表示されることがあります。
拡張同期を有効にして問題が発生している可能性があるユーザーは、一時的な回避策としてそれを無効にする必要があります。
・Edge Webブラウザーを使用してマルチディスプレイシステム構成でビデオコンテンツを再生すると、長時間使用した後にシステムがハングまたはクラッシュする場合があります。
・パフォーマンスメトリックオーバーレイとRadeon WattManが、Radeon RX 5700シリーズグラフィックス製品で予想よりも高いアイドルクロック速度を誤って報告する。
パフォーマンスと電力消費は、この誤ったレポートの影響を受けません。
・一部のゲームは、Radeon RX 5000シリーズグラフィック製品のゲームプレイ中に断続的に途切れることがあります。
・Alt+ Tabを使用して複数のタスク切り替えを実行すると、Radeon RX Vegaシリーズグラフィックス製品でシステムクラッシュまたはTDRが発生する可能性があります。
・HDRを有効にすると、デスクトップまたはゲーム内の破損が断続的に発生することがあります。
・一部のユーザーは、長時間のゲームプレイ中に依然として黒い画面やシステムハングの問題が発生する可能性があります。
AMDはこれらの問題の報告を注意深く監視および調査し続けます。

書込番号:23432537

ナイスクチコミ!0


クチコミ一覧を見る


クチコミ掲示板検索



検索対象カテゴリ
を対象として
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[グラフィックボード・ビデオカード]

グラフィックボード・ビデオカードの選び方ガイド

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

新製品ニュース Headline

更新日:8月14日

クチコミ掲示板ランキング

(パソコン)

ユーザー満足度ランキング