『Windows 10 Insider Preview 19044.1200 (Release Preview)』 の クチコミ掲示板

 >  >  >  > クチコミ掲示板

『Windows 10 Insider Preview 19044.1200 (Release Preview)』 のクチコミ掲示板

RSS


「マイクロソフト」のクチコミ掲示板に
マイクロソフトを新規書き込みマイクロソフトをヘルプ付 新規書き込み



ナイスクチコミ0

返信3

お気に入りに追加

標準

Windows 10 Insider Preview 19044.1200 (Release Preview)

2021/08/19 02:51(1ヶ月以上前)


OSソフト > マイクロソフト

スレ主 沼さんさん
クチコミ投稿数:20172件

Windows 10 19044.1200 が,Insider Preview の Release Preview Channel に・・・・ !

書込番号:24297048

ナイスクチコミ!0


返信する
スレ主 沼さんさん
クチコミ投稿数:20172件

2021/08/19 03:00(1ヶ月以上前)

Windows 10 Version 21H2 (OS Build 19044.1200)となった。

書込番号:24297054

ナイスクチコミ!0


スレ主 沼さんさん
クチコミ投稿数:20172件

2021/08/19 08:50(1ヶ月以上前)

[Announcing Windows 10 Insider Preview Build 19044.1200 (21H2) ]
https://blogs.windows.com/windows-insider/2021/08/18/announcing-windows-10-insider-preview-build-19044-1198-21h2/

(Microsoft Edge 訳(抄))
○この更新プログラムには、先月の Windows 10 バージョン 21H2 の John Cable のブログ記事で述べたように、次の新機能が含まれています。

・強化された Wi-Fi セキュリティのための WPA3 H2E 標準サポートの追加
・ビジネス向け Windows Hello では、簡単なパスワードなしの展開をサポートし、数分で展開から実行の状態を実現するために、クラウド信頼と呼ばれる新しい展開方法が導入されています。
・Windows サブシステムでの GPU コンピューティング サポート (WSL) と Windows 上の Linux 用 Azure IoT エッジ (EFLOW) の機械学習やその他のコンピューティング集中型ワークフローの展開

○また、次の機能強化も含まれています。

・ユーザーが分散コンポーネント オブジェクト モデル (DCOM) のアクティブ化の失敗を追跡できない問題を修正しました。
・スレッド化の問題により、Windows リモート管理 (WinRM) サービスが高負荷の場合に動作を停止する可能性がある問題が修正されました。
・Windows 管理インストルメンテーション (WMI) プロバイダーのホスト プロセスが動作を停止する問題を修正しました。
これは、要求状態構成 (DSC) を使用するときに発生する未処理のアクセス違反が原因で発生します。
・異なるボリュームに格納されている分散ファイル システム (DFS) パス間でファイルの移行が失敗する問題を修正しました。
この問題は、PowerShell スクリプトを使用して移行を実装するときに発生します、アイテムの移動コマンドです。
・メモリ不足の状態が発生した後に WMI リポジトリに書き込みを行えなくなる問題を修正しました。
・ハイダイナミックレンジ(HDR)モニタで標準ダイナミックレンジ(SDR)コンテンツの明るさをリセットする問題を修正しました。
これは、システムを再起動するか、システムにリモートで再接続した後に発生します。
・休止状態の後に、外部モニタに黒い画面が表示される問題を修正しました。
この問題は、外部モニタが特定のハードウェア インターフェイスを使用してドッキング ステーションに接続されている場合に発生することがあります。
・VBScript内で入れ子になったクラスを使用するときに発生するメモリ リークを修正しました。
・OUTBE (アウトボックス エクスペリエンス) プロセス中にユーザー名ボックスに単語を入力できない問題を修正しました。
この問題は、中国語入力システム (IME) を使用する場合に発生します。
・shim を使用するアプリケーションが動作しなくなる問題を修正しました。
この問題は、edgegdi.dllがインストールされていないデバイスで発生します。エラー メッセージは、"edgegdi.dll が見つからなかったため、コードの実行を続行できません。
・テーマのないウィンドウを使用するアプリケーションを最小限に抑えきれない問題を修正しました。
・タッチ入力ジェスチャ中にデバイスが動作しなくなる問題を修正しました。
この問題は、ジェスチャの途中でタッチパッドまたは画面に接触させる指を増やす場合に発生します。
・ちらつきや残留線のアーティファクトが発生する可能性のある画像のサイズ変更に関する問題を修正しました。
・Office 365 アプリにテキスト ボックスをコピーして貼り付けする際の問題を修正しました。
IME では、テキスト ボックスにテキストを挿入できなくなります。
・USB オーディオ オフロードをサポートするラップトップで USB オーディオ ヘッドセットが動作しない問題を修正しました。
この問題は、ラップトップにサードパーティ製のオーディオ ドライバをインストールした場合に発生します。
・コード整合性ポリシーでパッケージ ファミリ名の規則を指定する際に、コード整合性ルールが正しく機能しない問題を修正しました。
この問題は、大文字と小文字を区別する名前の処理が正しくないために発生します。
・ShellHWDetection サービスが特権アクセス ワークステーション (PAW) デバイスで開始し、BitLocker ドライブの暗号化を管理できなくなる問題を修正しました。
・Windows Defender エクスプロイト保護の問題を修正し、一部の Microsoft Office アプリケーションが特定のプロセッサを搭載したコンピューターで動作することを防止します。
・リモート アプリが閉じられた場合でも IME ツールバーが表示される問題を修正しました。
・「システムの再起動時に指定した日数を経過したユーザー プロファイルを削除する」ポリシーを構成すると発生する可能性がある問題を修正しました。ユーザーがポリシーで指定された時間よりも長くサインインしている場合、デバイスは起動時に予期せずプロファイルを削除する可能性があります。
(続く)

書込番号:24297242

ナイスクチコミ!0


スレ主 沼さんさん
クチコミ投稿数:20172件

2021/08/19 08:51(1ヶ月以上前)

(続き)
・Microsoft OneDrive の同期設定 "常にこのデバイスを維持する" の問題を修正しました。
Windows の更新プログラムをインストールした後、設定が予期せず "既知のフォルダーのみ" にリセットされます。
・ユーザーが日本語の再変換をキャンセルしたときに誤ったふりがなを提供する問題を修正しました。
・音楽再生に対してBluetoothのヘッドセットが高度なオーディオ配信プロファイル(A2DP)を使用して接続するのを防ぎ、ヘッドセットが音声通話でのみ動作するまれな状態を修正しました。
・「対象製品バージョン」ポリシーを追加しました。
これにより、管理者はデバイスの移行先またはオンの維持を目的とする Windows 製品を指定できます (たとえば、Windows 10 や Windows 11)。
・ローカル セキュリティ機関 (LSA) ルックアップ キャッシュの既定のエントリ数を増やし、ルックアップ のパフォーマンスを向上させるため、大量の検索シナリオでの検索パフォーマンスが向上しました。
・一括アップグレード中に、管理者アカウントやゲスト アカウントなど、ビルトイン ローカル アカウントが重複する問題が修正されました。
この問題は、以前にこれらのアカウントの名前を変更した場合に発生します。
その結果、ローカル ユーザーとグループ MMC スナップイン (msc) は、アップグレード後にアカウントが存在しない空白になります。
この更新プログラムは、影響を受けるコンピューター上のローカル セキュリティ アカウント マネージャー (SAM) データベースから重複アカウントを削除します。
重複したアカウントが検出され削除された場合、システム イベント ログに、ID 16986 のディレクトリ サービス-SAM イベントが記録されます。
・srv2 で0x1E停止エラーを修正しました!Smb2 チェックアンドインビクツイムシクCFファイル。
・"COM コンポーネントへの呼び出しから返された HRESULT E_FAIL" というエラーで転送の検証が失敗する可能性がある問題を修正しました。
この問題は、ソースとして Windows Server 2008、Windows Server 2008 R2、または Windows Server 2012 を使用する場合に発生します。
・重複除去フィルタが再解析ポイントの損傷を検出した後にシステムが動作しなくなる問題を修正しました。
この問題は、以前の更新プログラムで導入された重複除去ドライバの変更が原因で発生します。
・データ損失を修正するために、バックアップオプション (/B) を指定してrobocopyコマンドを使用する問題を修正しました。
この問題は、ソースの場所に階層化された Azure ファイル同期ファイルまたは階層化されたクラウド ファイルが含まれている場合に発生します。
・廃止されたストレージヘルス機能から OneSettings API に対するクエリの実行を停止しました。
・1400 以上の新しいモバイル デバイス管理 (MDM) ポリシーを有効にしました。グループ ポリシーを使用すると、グループ ポリシーもサポートするポリシーを構成できます。
これらの新しい MDM ポリシーには、アプリの互換性、イベントの転送、サービス、タスク スケジューラなどの管理用テンプレート (ADMX) ポリシーが含まれます。
2021 年 9 月以降、Microsoft エンドポイント マネージャー (MEM) 設定カタログを使用して、これらの新しい MDM ポリシーを構成できます。

○既知の問題:
・オプションの更新プログラムをダウンロードすると、Windows Update の設定ページがハングすることがあります。
この問題が発生した場合は、Windows Update の設定ページを閉じて再度開きます。
Windows 10 バージョン 21H2 を実行しているかどうかを確認するには、タスク バーの Windows 検索ボックスに「winver」と入力します。
「バージョン 21H2」として表示されます。

21H2リリースに関する詳細については、 John Cable のブログ記事を参照してください。

書込番号:24297245

ナイスクチコミ!0


クチコミ一覧を見る


クチコミ掲示板検索



検索対象カテゴリ
を対象として
選び方ガイド

製品選びに必要な知識を
みんなで共有!

[OSソフト]

OSソフトの選び方ガイド

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

新製品ニュース Headline

更新日:10月15日

新製品ニュースを見る

クチコミ掲示板ランキング

(パソコン)

ユーザー満足度ランキング