『バランス接続でも音の違いは分からないものなのでしょうか』 の クチコミ掲示板

 >  >  > クチコミ掲示板

『バランス接続でも音の違いは分からないものなのでしょうか』 のクチコミ掲示板

RSS


「イヤホン・ヘッドホン」のクチコミ掲示板に
イヤホン・ヘッドホンを新規書き込みイヤホン・ヘッドホンをヘルプ付 新規書き込み



ナイスクチコミ136

返信53

お気に入りに追加

解決済
標準

イヤホン・ヘッドホン

クチコミ投稿数:83件

いつも大変お世話になっております。

先日、『ケーブルの材質によって音が違うというのは嘘か真か』(2022/06/05 21:55)という掲示板を拝見しまして、それをきっかけに少しずつオーディオの勉強を始めております。出しゃばって私も投稿させていただいたのですが、その節はご指摘ありがとうございました。

さて、ケーブルの材質それ自体によって音に変化は生じない(僅かな差であり人間の耳では聞き分けられない)というのは理解できたのですが、3.5mmアンバランス接続と4.4mmや2.5mmのバランス接続でも同じように音に違いは生じないものなのでしょうか。
先日投稿されていた方々の過去のレビューも拝見したのですが、お恥ずかしながらまだまだ勉強不足でして、いまいち理解ができておりません。私自身は、水月雨のKATOをバランス接続にしてからDACの感度・インピーダンスの関係でホワイトノイズが減ったので、その点は満足しているのですが、音質もよくなったと感じているのは心理的効果の面が大きいのでしょうか。

オーディオに興味を持ったきっかけが「バランス接続で聴いてみたい!」だったので、アンバランス接続とバランス接続についても知りたいと思い投稿しました。電気信号の通り道の差異で音にも違いが生じるものなのでしょうか。
オーディオ初心者で恐縮なのですが、ご指導ご鞭撻いただければ幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。

書込番号:24803512

ナイスクチコミ!3


返信する
kockysさん
クチコミ投稿数:13641件Goodアンサー獲得:1764件 縁側-LINN製品とその他オーディオ機器全般についての掲示板

2022/06/21 09:17(5ヶ月以上前)

変わります。
しかし、機器により違います。
なんちゃってバランス接続機器ならば意味ないです、

書込番号:24803532 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!3


クチコミ投稿数:5297件Goodアンサー獲得:799件

2022/06/21 09:43(5ヶ月以上前)

>フェリアスさん
こんにちは

音源には 正の音 負の音がありますが、

正の音だけを増幅してスピーカーに伝達するのが、アンバランス

正の音と負の音をそれぞれ増幅してスピーカーに伝達するのが バランス

バランスの場合 アンバランスに比べて増幅器が2倍必要になるので、高額になります。

さて問題の音質なのですが、私の場合はフルアンバランスよりフルバランスの方が

歯切れがいいです。逆にアンバランスは、温かみがあります。

違いはあるにしてもいいかどうかは、個人によるものなので、長時間かけて聴き込む必要もありかなと思います。

書込番号:24803580

ナイスクチコミ!4


クチコミ投稿数:1774件Goodアンサー獲得:106件 縁側-オーディオの真実を考えるの掲示板

2022/06/21 09:46(5ヶ月以上前)

フェリアスさん、その節はどうも。

スレッドのタイトルが「変わるのか?」ではなく「分からないものなのでしょうか?」であるところが賢明ですね。また、心理効果で「変わって聴こえる」もよくある話・・・というより、オーディオではそっちのほうが大半のような。

「出てくる音がヒトに聴き分けられる程度に変わるのか」ということだと、こんなスレがありました。
「イヤホンのバランス接続に利点など無いのでは?」
https://bbs.kakaku.com/bbs/-/SortID=24529958/#tab
このスレ主さんのご意見にはやや不正確な点があると思いますが、基本的に同意です。

ただ、バランス接続の場合に特にホワイトノイズが目立つ、ということはご経験があるはず。「バランスってノイズが少ないはずでは?」と疑問になったり。また、音量も取れるでしょう。それらはある程度理解できる話ですが、まともな機器で音量をそろえてふつうに聴く限り、音質の違いはわからないと思います。

書込番号:24803585

ナイスクチコミ!9


クチコミ投稿数:1318件Goodアンサー獲得:51件

2022/06/21 09:55(5ヶ月以上前)

初心者用の読み物です:
https://www.boxcast.com/blog/balanced-vs.-unbalanced-audio-whats-the-difference
上級者用の読み物です:
https://www.stereophile.com/features/335/index.html
何事も基本は「ご自分で学習して身に付けなさい」ということです。

書込番号:24803594

ナイスクチコミ!5


MA★RSさん
銀メダル クチコミ投稿数:17237件Goodアンサー獲得:1883件

2022/06/21 10:16(5ヶ月以上前)

>3.5mmアンバランス接続と4.4mmや2.5mmのバランス接続でも同じように音に違いは生じないものなのでしょうか。

ボリュームは大きくなるかと思います。
ボリュームが大きい方が好ましく感じることが多いようです。

逆にボリュームをそろえると、違いはどうなんでしょうかね。

https://www.youtube.com/watch?v=P9hfwwrwgYw
このあたりとか参考になるかも。

書込番号:24803623

ナイスクチコミ!3


クチコミ投稿数:10968件Goodアンサー獲得:2197件

2022/06/21 11:58(5ヶ月以上前)

>フェリアスさん

ノイズが減ってSN比が良くなれば、音質が良くなったと感じるのは普通だと思います。
ノイズを抜きにして音だけを評価できるほど、人間の耳は都合よくできていません。
少なくとも、スレ主様にとってはバランス接続は意味があるので、それ以上考える必要は無いでしょう。

書込番号:24803742

ナイスクチコミ!6


cantakeさん
クチコミ投稿数:1529件Goodアンサー獲得:228件

2022/06/21 14:13(5ヶ月以上前)

>フェリアスさん
こんにちは
オーディオではSN比を良くすることが昔から一つの目標だったと思います。
その意味からも、ノイズを少なくするためにはバランス接続が良いということだと思います。

現在はデジタル機器の時代で機器からの発生ノイズも、音質を劣化させていると言われています。
最近のオーディオ高額製品でもノイズフィルター類は多用されているようです。
(コモンモードとノーマルモードというノイズを減らすと音質アップになるということです。)

雑誌で紹介の高額なクリーン電源はメーカー視聴室でも使われていますが、一般家庭では廉価ノイズ対策になります。
ノイズフィルター、アイソレーショントランス、コア類など多種多様です。いわゆるアクセサリー類などです。
ある程度のノイズ対策をすれば汎用品機種でも良い音質になります。
(1例ですが、DCアダプター出力にコア類挿入、ノイズフィルター内臓の電源タップ購入など数千円でできます)

書込番号:24803924

ナイスクチコミ!3


cantakeさん
クチコミ投稿数:1529件Goodアンサー獲得:228件

2022/06/21 14:40(5ヶ月以上前)

>フェリアスさん
追記します
理屈ではバランスのほうが良いのですが、2つの回路を1つに合体させるのですから、部品の品質バラツキなどもあって高額になります。やはり高い機種は部品の特性をそろえているのでしょう。
カタログ値は吟味した部品の場合の特性で、販売しているのはある程度の許容範囲内のものでしょう。

SN比ですが、騒音の中で聞く音楽は微細な音が聞けませんが、静かな環境では微細な音のニュアンスも聞けます。
音にまつわりついた付帯音の雑味がないのが、SN感の良い音だと思います。(ここが人それぞれの感覚なんでしょうけど。)

書込番号:24803954

ナイスクチコミ!3


MA★RSさん
銀メダル クチコミ投稿数:17237件Goodアンサー獲得:1883件

2022/06/21 16:07(5ヶ月以上前)

アンバラをバランスにすると、S/N比はいくつがいくつに変わるんでしたっけ?

書込番号:24804059

ナイスクチコミ!3


クチコミ投稿数:4345件Goodアンサー獲得:341件

2022/06/21 16:49(5ヶ月以上前)

>3.5mmアンバランス接続と4.4mmや2.5mmのバランス接続でも同じように音に違いは生じないものなのでしょうか。

アナログ信号は伝送や外来から影響受けやすい。って事。

アンプ側もバランス型の増幅回路でなければ意味がない。中にはコネクタだけって事もある。
HOT、NEUTRAL、COLDって事。

放送局やプロダクションは音信号のアナログ信号はバランス型。

ヘッドフォンではわかりにくのでは。

書込番号:24804112

ナイスクチコミ!3


BOWSさん
クチコミ投稿数:3520件Goodアンサー獲得:238件 縁側-音狂井戸端会議の掲示板Youtube 

2022/06/21 17:19(5ヶ月以上前)

 バランス伝送とアンバランス伝送で音が違うのかって 時々話題になるので 一度比較しておこうと 以前 比較視聴動画を作成しました。

Unbalance vs Balance cables
https://www.youtube.com/watch?v=alhdmXx8_bo&t=101s

 スレ主さんの趣旨である 3.5mmアンバランス/4.4mmバランスではなく RCAとXLRですが、参考になると思います。
 Youtubeの解説の方に細かいことは書きましたが、できるだけ条件を合わせるため、同じケーブル、同じ長さ(2.5m)、送り出しはDACのXLRとRCAと異なりますが、受け側はライントランスで同じにしています。

 僕の判断としては 集中して聴き比べると少し違うが、ほとんど変わらん という結論になりました。
 プロが使うような 数十m引き回すような場合は変わってくると思いますが、一般家庭で使うような2.5m程度では変わらないと思われます。
 知人に聞いてもらいましたが 似たような結果でした。

 ただし、Youtubeの視聴環境や個人の評価能力によって差の有無は変わってくるので人それぞれの評価になりますで自分で判断してください。

 ヘッドホンの場合、単なる伝送ではなく、ヘッドホンという周波数によってインピーダンスが変動するトランスデューサーを駆動するので 駆動という要素が追加されるので いわゆるアンプとヘッドホン相性問題が顕在化するんで もっと複雑になると思います。
 

書込番号:24804146

ナイスクチコミ!4


殿堂入り金メダル クチコミ投稿数:14798件Goodアンサー獲得:6934件

2022/06/21 18:14(5ヶ月以上前)

良い方向に行くか悪い方向に行くかは別として変化は有ると思いますね。イヤホン・ヘッドホンは強力な永久磁石に挟まれたボイスコイルを駆動するものですが、この暴れん坊な磁気回路を如何に手なずけるかで音色にも影響は及ぶでしょう。後はケーブルの編み方による静電容量も影響を及ぼすと思います。

アンバランス駆動は片方がGNDでもう片方が信号ですがバランスは両方とも信号です。つまり、GNDから電位が浮いたアンプが2つと言う事ですね。そしてアンバランス出力とバランス出力ではダンピングファクタが異なると思います。イヤホンの開発元はある一定のアンプで音決めをしていると思われますのでダンピングファクタがその音決めの状態に近いか離れているかで印象も異なってくるのではないでしょうか。

周波数特性は時報で聞くようなサイン波で測定されますが、周波数特性だけで低音が締まる・ボワつく、歯擦音が気にならない・刺さる、音場が広がる・中央に寄るなどは表現出来ないでしょう。実際に聞く音は時報では無く音楽であり、自然音であり、人の声でありと多種です。そのような状況の中で変化が無いと言う事は無いでしょう。

書込番号:24804230

ナイスクチコミ!3


クチコミ投稿数:241件Goodアンサー獲得:47件

2022/06/21 19:00(5ヶ月以上前)

ぶっちゃけ、バランス接続って、チャンネルセパレーションが良くなるのと、大抵はBTL出力にするので音量が取れる。
それだけ。
音が良かったら、それはちゃんと評価しながら部品選定とかチューニングを行ったから。

何を言いたいかと言うと、バランス接続は音質向上は期待できるが、バランス接続だから音が良いことを担保するものでは無い。

ちゃんと評価しながら部品選定とかチューニングを行ったらアンバランスでも良い音はします。

最後はユーザーの好み。

書込番号:24804293

ナイスクチコミ!4


クチコミ投稿数:1774件Goodアンサー獲得:106件 縁側-オーディオの真実を考えるの掲示板

2022/06/21 19:44(5ヶ月以上前)

フェリアスさん、こんばんは。本スレ2度目ですが、

>水月雨のKATOをバランス接続にしてからDACの感度・インピーダンスの関係でホワイトノイズが減った

にコメントします。過去のご投稿:
https://bbs.kakaku.com/bbs/K0000910437/SortID=24781662/#24781795
によると、ホワイトノイズの大きさはZEN DACの端子によって変わり、

前面4.4mmバランス >> 前面6.3mmアンバランス > 背面4.4mmバランス

ですよね。ということは、「バランスかアンバランスか」ではないわけです。冒頭の「ホワイトノイズが減った」というのは「背面4.4mmバランス」の場合だと理解しますが、同スレで書かれているように背面端子はヘッドフォン駆動用ではなく小出力・高インピーダンスのため、ホワイトノイズが小さいわけです。ヘッドフォンが鳴るんだからまあいいですが、KATOのような低インピーダンスイヤフォンだと、周波数特性がかなり暴れているはずです(それが「いい音」に感じさせている可能性はあります)。

ホワイトノイズを減らすための抵抗入りケーブルという物も売られていて、そういうのを使えば前面4.4mmバランス端子でもホワイトノイズが減るでしょうが、やはり周波数特性が暴れることになります。

バランスケーブルはそもそもコンデンサーマイクのような高インピーダンスの系を長く引き回すのに有用なのであって、イヤフォンのように低インピーダンスでせいぜい2〜3mの系では意味がありません。チャンネルセパレーションが良くなると言われますが、アンバランスでもGND分離ケーブルを使えば無問題であることが確認できるはず。

アンプの内部バランス化すると同等のアンバランス回路に比べて熱ノイズは増加しますし、素子のマッチングが要求されるので、高性能化にはかえって障害になるでしょう。

書込番号:24804380

ナイスクチコミ!6


クチコミ投稿数:83件

2022/06/21 22:36(5ヶ月以上前)

>kockys様
ご回答ありがとうございます。機器によって違うとのことですが、手持ちのZEN DACとBTR5 2021を比べて、アンバランス接続とバランス接続で2つの機器による差がどれだけあるかは多分私には分からないと思います。さすがになんちゃってバランス接続機器ではないとは思いますが、せいぜい2万円前後の機器だとそこまでの違いを体感できるほどの恩恵はなさそうですかね(心理的効果のほうが強いのかも)。ありがとうございました。

>オルフェーブルターボ様
ご回答ありがとうございます。アンバランスとバランスの説明がシンプルでとても分かりやすかったです。オルフェーブルターボ様が仰っている、フルバランスのほうが歯切れがよくてフルアンバランスのほうが温かみがあるというのは何となく分かります。私もKATOでバランス接続した最初の印象はそんな感じでした。ただ、返信をいくつか拝見して、私の場合は、バランス接続にするとより音量が取れるから、それで歯切れよく聴こえていただけなのかもと感じ始めています。正確に同じ音量に合わせて聴いたら、分からないのかもしれません。長時間かけて聴きこむというのもそれはそれで楽しめそうです!

>忘れようにも憶えられない様
先日に引き続きご返信ありがとうございます。忘れようにも憶えられない様のご回答・ご指摘はとても勉強になりますので、嬉しい限りです。ちなみに、スレッドのタイトルは先日の自分の投稿の勘違いを改めたのと、あと、余計な紛糾を避けるために「分かる・分からない」という主観的なものにしてみました。

さて、「イヤホンのバランス接続に利点など無いのでは?」拝見しました。皆さんバランス接続のメリットはセールストークだと仰っていましたが、確かに私も某eイヤホンでバランス接続の素晴らしさを力説され、ブログやPHILE WEBなどの記事を読んでそのまま真に受けていますね......。実際にクローストークが変わったとしても、私は先入観なしに違いを認識はできそうにないです。音質については心理的効果というのはとても納得しております。

2つ目の返信につきまして、わざわざ私の過去の投稿をご覧くださりありがとうございます。もう少しこちらできちんと書けば良かったですね。お手数をかけして申し訳ございません。
ZEN DACについてはご指摘の通りだと思います。バランス接続だからホワイトノイズが減ったというよりは、ZEN DACでは背面のLINEOUT端子が用途的にインピーダンスが高く、感度の高いイヤホンでもホワイトノイズが発生しにくくなっており、それが4.4mmバランス接続端子になっていただけ......なのでしょう。当然音量も取れないので、LINEOUT端子という特殊な問題ですよね。
ただ、小型USB-DACアンプのBTR5 2021だと、2.5mmのバランス接続でホワイトノイズが出なくなりました。BTR5をハイゲインで使っていたのですが、KATOの付属3.5mmケーブルでアンバランス接続した際に、再生停止時や音量調整時に「ジリ」というノイズが起きていました。同社の純正2.5mmケーブルにリケーブルしてバランス接続に変えたところ、ハイゲインでのノイズがなくなった経緯があります。
もともと感度が高めで低インピーダンスのイヤホンなので、ハイゲインでホワイトノイズが起きることは理解できます。バランス接続にすると、むしろ音量は取れるはずなのに、それでハイゲインでホワイトノイズがなくなったというのは......私の中だとよく分からない変化ですかね。単に付属ケーブルに問題があっただけなのか、プラグや2pinの接触の問題なのか、sumi_hobby様の返信のような状態なのか....。定量的説明にならず申し訳ないです。バランス接続というよりは、副次的効果としてホワイトノイズがなくなっているようです。

長文失礼しました。重ねてお礼申し上げます。

>ListenFirstMeasureAfterwards様
いつもご回答ありがとうございます。初心者用の読み物、画像付きでとても分かりやすかったです。ついついこちらで甘えてしまうのですが、ListenFirstMeasureAfterwards様が貼ってくださる、こうした海外の検証・解説ページは自分ひとりでは見つけることが難しいのでありがたいです。前に教えてもらったHeadphones REVIEWSでもとても参考になりました。メーカーや小売店の解説だとすぐ見つかるのですが、どうしても最初から結果ありきな解説になっていますからね。毎回ちゃんとURLを提示してくださって本当にありがとうございます。勉強になります!

>MA★RS様
いつもご回答ありがとうございます。確かにバランス接続でも、ダンピングファクターと先入観で変わったように感じるというのは納得できそうです。特に、ボリュームが大きい方が好ましく感じるというのは、私にも当てはまっていると思います。おそらく、最初にBTR5で3.5mmアンバランスと2.5mmバランスを比べた際に、何らかの原因で2.5mmでホワイトノイズが低減したことと、同じボリュームで2.5mmのほうが音が大きく聴こえたことが、私が音質が良くなったと感じた原因かもしれません。ありがとうございました。


皆さんの返信でいろいろと勉強させていただいております。まとめてざっとお礼の返信というのも嫌なので、分割しての返信をご容赦ください。よく読んで頭の中で整理してから返信させていただきます。まずは、kockys様、オルフェーブルターボ様、忘れようにも憶えられない様、ListenFirstMeasureAfterwards様、MA★RS様ありがとうございました。


書込番号:24804670

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:8632件Goodアンサー獲得:563件

2022/06/22 16:37(5ヶ月以上前)

微信号を扱うマイクだとバランス接続とアンバランス接続とでは雲泥の差です。

バックグラウンドのサーというノイズが一聴してちがいます。アース線一本多くなるだけでです。

イヤホン ヘッドホンだとマイクの微信号でもないから分かりにくいかもしれませんね。なので、バランス伝送っていうのがなくてもいいのかも。

書込番号:24805623

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:83件

2022/06/22 22:20(5ヶ月以上前)

返信が遅れてしまい申し訳ございません。

>あさとちん様
ご回答ありがとうございます。あさとちん様がおっしゃる通り、私にとってはバランス接続はちゃんと意味がありました。KATOをバランス接続に変えてから、BTR5 2021ではずっと気になっていたホワイトノイズがなくなりましたし、ZEN DACでは結果的にではありますが、一番ホワイトノイズが少ない背面4.4mmバランス接続が使えています。どんなにいい音でもノイズが入ってしまえば台無しですので、その点はとても満足しています。付属ケーブルは固めだったのですが、秋月は柔らかいのでタッチノイズもだいぶ減りましたしね。今のところはこれ以上考えてもしょうがないことですが、今後あえてバランス接続のためにお金をかけなくてもいいかなと感じています。

>cantake様
ご回答ありがとうございます。そういえば、私がZEN DACを購入する際にも、cantake様の電源ケーブルでのノイズ対策についての投稿をたびたび拝見しています(2021/07/25 16:47)。ヘッドホン用のDACアンプということもあり、結局前面4.4mmバランス接続はKATOでは使い物にならなかったのですが、ノイズ低減の重要性については身に染みて感じています。特にZEC DACはガリノイズやギャングエラーが発生するので、部品の特性については価格相応の機種といったところでしょうか。今後はアンバランス接続かバランス接続かということよりも、まず音質をよくするためにノイズをどう減らしていくか(発生させないか)を考えて機器を買ってみたいと思います。ありがとうございました。

>次世代スーパーハイビジョン様
ご回答ありがとうございます。勉強不足のため間違って理解してしまっているかもしれませんが、伝送や外来から影響で音が変わりうるものであり、またバランス型の増幅回路でないアンプ、いわゆるなんちゃってアンプだと意味がないということでしょうか。コンセントの向きと極性でごまかしているものもあるということなのかも....。ありがとうございます。

>BOWS様
ご回答ありがとうございます。早速、『Unbalance vs Balance cables』の動画を拝見しました。そうですね......手持ちのモニターヘッドホンATH-R70xを使ってみたのですが、私には音質の違いがよく分かりませんでした。SONY曰く、バランス接続だと音場が広くなるようなのですが、Youtubeで聴いた限りだと違いはないように感じました。KATOだとイヤホンケーブルの長さはもっと短くなるので、影響はさらに小さくなりそうです。あと、Youtubeの動画概要欄のほうで言及されていましたが、バランス接続対応のケーブルって高いです......。最初KATOのために買ったAcoustuneのARS122 2pin-2.5mm4極ケーブルは2万5千円ほど(結局2pin部分が合わずに返品対応)、水月雨の純正バランス接続ケーブル秋月も1万3千円します。KATOが2万円ちょいのイヤホンなので明らかにコスパは悪いです。私の中で高いケーブルでバランス接続だからいい音!(なはず)という気持ちが強く働いていることは、やっぱり否めなそうですね。

>sumi_hobby様
いつもご回答ありがとうございます。なるほど.....周波数特性の問題によって音自体に変化はあるのですね(BOWS様の動画では私には分からなかったです......ちょっと情けないです苦笑..)。ただ変化はあったとしても、周波数特性だけでは音場が広がるなどは表現できないものなのですね。ダンピングファクターやケーブルの編み方(静電容量)、作り手の音決めによっても音自体は変わりうるけど、それを聞き手(私みたいなオーディオ初心者は特に)が認識できるかは別問題だし、一概に変化も表現できないということになるのでしょうか。...とっても.難しいです!(奥が深いとも言えます)。時報ではない多種多様な音だからこそ、時に変化を感じながら(あるいは感じないのかもしれませんが)楽しめるというのは素敵です。ありがとうございました。

追伸:本件とは関係ないことで恐縮なのですが、先日sumi_hobby様がワイヤレスイヤホンのスレッドでオススメされていた、FiiO UTWS5 + 水月雨 KATOという組み合わせがとても気になっています。KATOに0.78mm2PINがちゃんとぴったりはまるのか不安なのですが(Acoustuneの2pinで緩すぎて失敗したことがあります)、KATOのワイヤレス化はワクワクします。今後水月雨のBlessing2がリニューアルされたら(新しいDuskが出そう?)、自宅有線はBlessing、外出ワイヤレスはKATOなんて使い方もできそう...。楽しみです。


あさとちん様、cantake様、次世代スーパーハイビジョン様、BOWS様、sumi_hobby様、ありがとうございました。

書込番号:24806174

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:1774件Goodアンサー獲得:106件 縁側-オーディオの真実を考えるの掲示板

2022/06/23 17:19(5ヶ月以上前)

フェリアスさん、こんにちは。

自身の投稿の根拠を書いておきます。初心者マークが付いたスレ向きではないので、ご返信は不要です。

「違いが分かるのか?」を判断するには、「出音の違いがヒトの検知限に対して大きいのか?」を理解する必要があります。つまり定量的(数学的)評価がどうしても必要で、さもないと憶測の語り合いに終始することになります。なお「検知限」についてここでは触れません。ボリュームやイコライザーで試して、ご自身で感覚をつかむのがよいと思います。

バランス伝送は、高インピーダンスの系で外部からケーブルに乗るノイズを抑えるのには有用ですが、昨今の多くのヘッドフォンアンプ(HPA)では、出力インピーダンスが1Ωをかなり下回ります。かかる状況で外来ノイズがどの程度乗るかは、下記スピーカーケーブルの話から推測できます。

「スピーカーケーブルは電源ハムを拾うのかそれとも拾わないのか」
https://bbs.kakaku.com/bbs/-/SortID=24088895/#24092179

その(有用性が怪しい)バランス伝送のために、駆動側にもバランス回路が必要になります。アンプ2台が直列で駆動する形なので、最大出力は増えますが、ノイズも加算され、出力インピーダンスは2倍(ダンピングファクターは半減)、というのが基本です(ZEN DAC の「ライン・セクション」の仕様がわかりやい)。

最大出力基準のS/Nは改善しますが、ノイズの「量」は増えることに注意して下さい。これがZEN DAC の状況だと思います。私はシングルエンドで質の高いアンプこそカッコイイと思うのですが。BTR5 2021の件は謎ですが、仕様上のノイズフロアは、バランスのほうが大きいです(仕様通りなら、ホワイトノイズが問題になるのはちょっと不思議)。

「ダンピングファクターは半減」と書きましたが、上述の通り昨今のHPAは高DFなので、半減したところで(ケーブルの静電容量を含め)負荷の影響をほぼ受けません(=皆さんの懸念は無用)。最近驚いた、税込み1,100円のHPAの例を紹介しておきます。マルチBA負荷でもびくともしません。

「税込み1,100円の USB DAC の性能」(下記投稿の図3)
https://bbs.kakaku.com/bbs/-/SortID=24759484/#24759484

上記1,100円HPAは最大1Vrms程度と限定的ですが、ホワイトノイズの話は聞きません。
高感度イヤフォンは小出力アンプで、という素朴な話でしょう。

最後に・・・お分かりと思いますが、ケーブルに投資する際、出音への影響は期待しないのが賢明です。
GND非分離のケーブルのクロストークですら、両耳で聴く限りふつう問題にならないと思います。

書込番号:24807210

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:10968件Goodアンサー獲得:2197件

2022/06/24 09:40(5ヶ月以上前)

ヘッドホン・イヤホンのバランス接続は、L-とR-を分離することだけです。
チャンネル当たり正相、逆相、GNDの3端子を使うものではありませんね。
https://www.phileweb.com/interview/article/201604/25/364.html

だから、原理的にノイズ低減効果はありません。
今回の話は、あくまで特定の機器で、出力端子によってノイズレベルと音が違う、ということだけです。

書込番号:24808150

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:1774件Goodアンサー獲得:106件 縁側-オーディオの真実を考えるの掲示板

2022/06/24 11:45(5ヶ月以上前)

バランス伝送がノイズに強いとされるのは、正相信号と逆相信号に同じようなノイズが乗った際、受信側で差動回路を通せばノイズがキャンセルされる、ということなので、イヤフォンの場合でも、原理的には効果はあるしょう。

アンバランスとどこが違うのか?というと微妙ですし、前述の通り実際上の効果はないので、通常そこが宣伝されることはないような気がしますが、一部マニアにはバランス信仰があるようです。

書込番号:24808292

ナイスクチコミ!3


クチコミ投稿数:10968件Goodアンサー獲得:2197件

2022/06/24 12:46(5ヶ月以上前)

ヘッドホン・イヤホンの場合、ノイズをキャンセルするような回路は通常ありません。
先のリンク先の、JEITAの図を見てください。

書込番号:24808360

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:1774件Goodアンサー獲得:106件 縁側-オーディオの真実を考えるの掲示板

2022/06/24 12:52(5ヶ月以上前)

イヤフォン等のドライバーは +/- 2端子の差電圧で動きます。
同相ノイズは自動的にキャンセルされると思いますが、いかがでしょうか。

書込番号:24808367

ナイスクチコミ!2


クチコミ投稿数:4345件Goodアンサー獲得:341件

2022/06/24 16:27(5ヶ月以上前)

勘違いしているのでは
バランス接続が成立した時点で打ち消し効果が発生するのでは。
差動回路の接続は関係ないでしょう。

>イヤフォン等のドライバーは +/- 2端子の差電圧で動きます。
これならアンバランスではないでしょうか。

書込番号:24808591

ナイスクチコミ!2


クチコミ投稿数:4345件Goodアンサー獲得:341件

2022/06/24 16:41(5ヶ月以上前)

バランス接続やバランス回路は対になっていることですよ。

アンバランス回路はマイナス側とシャーシアース側が共通になっている。
プラス側信号のみで増幅処理などしている。
バランス回路はプラス側と同様マイナス側も同様の増幅処理することですよ。
シャーシアース側とマイナス側は独立していますよ。

書込番号:24808609

ナイスクチコミ!2


クチコミ投稿数:10968件Goodアンサー獲得:2197件

2022/06/24 18:17(5ヶ月以上前)

アンプ間の接続では、入力されたCold側の信号を反転し、Hot側と合成することでノイズをキャンセルするのですが。

書込番号:24808695

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:1774件Goodアンサー獲得:106件 縁側-オーディオの真実を考えるの掲示板

2022/06/24 18:55(5ヶ月以上前)

やれやれ、まったく実の無い議論でアレですが・・・

次世代スーパーハイビジョンさんは書きました:
>これならアンバランスではないでしょうか。

スピーカーだと BTL と言い、アンバランスとは言わないですね。

あさとちんさんは書きました:
>アンプ間の接続では、入力されたCold側の信号を反転し、Hot側と合成することでノイズをキャンセルするのですが。

それは知っていて、今はアンプがイヤフォン等を駆動する話をしています。
そしてイヤフォン等は、自動的に差動合成機能を備えています。

---

ただし、既に書いたように実際上はノイズキャンセルの意味はありません。
となると、USB入力しかない HPA 内部をバランス化すると、
出力・チャンネルセパレーション増と引き替えに、回路規模・ノイズ増、となるわけですね。

書込番号:24808731

ナイスクチコミ!3


クチコミ投稿数:4345件Goodアンサー獲得:341件

2022/06/24 19:18(5ヶ月以上前)

>スピーカーだと BTL と言い、アンバランスとは言わないですね。

やはりわかっていないですね。

書込番号:24808753

ナイスクチコミ!4


クチコミ投稿数:4345件Goodアンサー獲得:341件

2022/06/24 19:27(5ヶ月以上前)

>スピーカーだと BTL と言い、アンバランスとは言わないですね。

あなた様の持論で言えばソニー最高級Walkmanのバランス接続ヘッドフォンジャックはBTL接続って事になります。

書込番号:24808765

ナイスクチコミ!3


クチコミ投稿数:5297件Goodアンサー獲得:799件

2022/06/24 21:23(5ヶ月以上前)

>次世代スーパーハイビジョンさん
>フェリアスさん

いつものように、あの方は、逃げましたね。


BTLは回路構成のことだけなんだけど、もう結論は出てるころだと思いますけど。。。

それとも まだ 観戦してます?

書込番号:24808927

ナイスクチコミ!3


クチコミ投稿数:241件Goodアンサー獲得:47件

2022/06/25 00:32(5ヶ月以上前)

バランス接続って新しい技術のように言ってるけど、単に出力のマイナス側に逆相を入れてるだけだから回路的にはBTL。
逆相を入れてなければ単に独立GND。

音が良かったら、それはちゃんとチューニングしたから。
バランス接続なら何でも音が良いわけじゃない。


書込番号:24809140

ナイスクチコミ!2


MA★RSさん
銀メダル クチコミ投稿数:17237件Goodアンサー獲得:1883件

2022/06/25 01:30(5ヶ月以上前)

メーカーによってはBTL駆動としているところもありますね。
https://umbrella-company.jp/umbrella-company-btl-adapter.html

一般庶民にはバランスの方が語感が良いというのもあるのかもですね。

書込番号:24809159

ナイスクチコミ!2


MA★RSさん
銀メダル クチコミ投稿数:17237件Goodアンサー獲得:1883件

2022/06/25 01:56(5ヶ月以上前)

ONKYOの解釈だと
バランス接続(BTL駆動・ACG駆動)ということのようです。
https://www.jp.onkyo.com/audiovisual/portable/dpx1/index.htm

書込番号:24809170

ナイスクチコミ!2


クチコミ投稿数:83件

2022/06/25 03:10(5ヶ月以上前)

たびたび返信が遅くなり申し訳ありません。たくさんのご回答本当にありがとうございます。
この後の返信も含めて、梨が好き様以降のBTL(出力)云々の話がよく分かっていません。梨が好き様へのお礼の返信があとになってしまいますことお詫び申し上げます。

>やっぱり傑作RS-1506U 38-2Tも可様
ご回答ありがとうございます。マイクだと全然違うものなのですか......。私は自分では音楽を演奏したり(歌ったり)しませんし、ゲームでもボイスチャット機能は使わないので、今のところマイク周りはまったくありません。コンシューマー向けのイヤホンで、しかもケーブルの長さも2mもないということであれば、バランス接続での恩恵はほとんどないのかもしれません。貴重な情報ありがとうございました。


あさとちん様、忘れようにも憶えられない様、次世代スーパーハイビジョン様、MA★RS様、ありがとうございます。バランス接続の音の良し悪しについては、議論が紛糾しないようにスレッドのタイトルに気を使ったところなのですが、スレ主である私の返信の遅れのせいで皆様にご迷惑をおかけしてしまい大変申し訳ございません。

さて、私の勉強不足のためか、バランス接続のノイズ低減についての話がよく分かっておりません。
ListenFirstMeasureAfterwards様が教えてくださった記事の部分で、

”What’s the difference between the hot and cold signals?
The two signals are reversed in polarity, so as they travel down the cable, they cancel each other out. (Think of how adding positive and negative numbers of equal value amounts to zero.)
Once the hot and cold signal get to the other end of the cable, however, the polarity of the cold signal is flipped, so both signals are in phase, and perfectly in sync.
Here’s the cool part: If the cable picks up noise along the way, the noise added to both of those cables is not reversed in polarity. So when the cold signal flips in polarity to match the polarity of the hot signal, the noise carried along the cold signal cancels out with noise in the hot signal. This canceling out process is called common-mode rejection, with the noise being the common signal between the two.”

という部分があり、ここの話なんだろうなというのは何となく分かったつもりでいます。
このことを、あさとちん様が『アンプ間の接続では、入力されたCold側の信号を反転し、Hot側と合成することでノイズをキャンセルするのですが。』と仰っているんだろうなとは考えたのですが、でもあさとちん様曰く、a『原理的にノイズ低減効果はありません。』とのことで、いまいち理解ができていない状態です。

バランス接続の回路(BTL回路?)自体にノイズを除去する原理はないけれども、ケーブルが途中でノイズを拾ってもバランス接続が成立すると入力されたCold側の信号を反転し、Hot側と合成することでノイズがキャンセル....ということなのですか。そうすると、ケーブルが長いプロ用のイヤホン・ヘッドホンだとノイズが低減することが期待できるけれど、私の手持ちのイヤホンだと2m弱しかないから、途中でノイズをそんなに拾わず(聞き取れないレベル)、意味がないということになるのでしょうか(合ってない気もしますが...)。


勉強不足で本当に申し訳ございません。差し支えなければ、どなたか間違いをご指摘お願いしたく存じます。

書込番号:24809182

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:83件

2022/06/25 03:21(5ヶ月以上前)

>オルフェーブルターボ様

”あの方”というのが誰を指しているのか分かっておりませんが、もし私の返信の遅れ(議論の紛糾の放置?)を指摘されているのでしたら、心よりお詫び申し上げます。週末にかけて忙しかったのでようやく拝見・返信が出来たのと、オーディオ初心者の私としては議論にまったくついていけず、下手に口をはさめない状態でした。個人的には、静観のつもりだったのですが、私自身は決して議論の紛糾を望んでいるわけではございません(スレッドのタイトルにも気を使ったつもりでいます)。

ただ、このスレッドでご不快に思われた方がいましたら、ひとえにスレ主である私のせいですので、その点は申し訳ございません。重ねてお詫び申し上げます。

書込番号:24809184

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:75件Goodアンサー獲得:6件

2022/06/25 08:07(5ヶ月以上前)

フェリアスさん
>もし私の返信の遅れ(議論の紛糾の放置?)を指摘されているのでしたら、心よりお詫び申し上げます。

フェリアスさんの事を言ってるのではないですよ^^

>さて、ケーブルの材質それ自体によって音に変化は生じない
  (僅かな差であり人間の耳では聞き分けられない)というのは理解できたのですが

人の感性は本当に人それぞれです。
ピアノ奏者の僅かな弾き具合による音の違いを判る人がいれば全くわからない人もいます。
シンクロの技術の違いを判る人がいれば判らない人もいます。
音の違いを感じる人がいれば感じない人もいます。

人間の感性に関しては科学等で簡単に証明できるものではないと思います。
だからこそ 色んな文化が有り人それぞれ、それらの良さを感じ各々発展しています。
オーディオの各種の楽しみ方も千差万別で各々の感性で楽しめば良いと思ってます。
判るのなら追求すれば良いし判らなければヤラなければ良い!


書込番号:24809321

ナイスクチコミ!2


クチコミ投稿数:5297件Goodアンサー獲得:799件

2022/06/25 08:14(5ヶ月以上前)

>フェリアスさん
こんにちは

誤解をまねいたようで、お詫び申し上げます。

フェリアスさんのことではございません。

書込番号:24809329

ナイスクチコミ!3


クチコミ投稿数:4345件Goodアンサー獲得:341件

2022/06/25 08:22(5ヶ月以上前)

あの方にはBTL接続もバランス構成回路も同じ何ですね。

例えが乱暴ですけど
FM放送や地デジの八木アンテナのアンテナ素子側が平衡(バランス)、バランを接続して同軸ケーブル不平衡(アンバランス)。

単相3線式100ボルトも理解できないんでしょう。100ボルトや200ボルトも振幅幅が違うだけで
綺麗な50/60hzの正弦波になることも。
これは中性点がアースされていますが1次側6600ボルトや雷が2次側に漏電した場合の対策。
オーディオ好きなら自宅で200ボルトから100ボルトへ降圧トランスを使用しているなら尚更。

書込番号:24809343

ナイスクチコミ!3


クチコミ投稿数:75件Goodアンサー獲得:6件

2022/06/25 08:59(5ヶ月以上前)

フェリアスさん
 誤解をあたえてしまいそうなので 追加させてくださいね!

前レスの最終
>オーディオの各種の楽しみ方も千差万別で各々の感性で楽しめば良いと思ってます。
 判るのなら追求すれば良いし判らなければヤラなければ良い!

この後に
 毎度ナンチャラ理論を持ち出し音が変わらない・音が変わらない!
 連呼している某忘れ・・・・さんがいます。恐らく感性の差で違いが判らない方だと思いますが
 人の趣味に毎度否定をしてきます。
 最終の段でお二方が理論的に指摘されてます。

フェリアスさん宛では無い事を書かさせていただきました。

書込番号:24809388

ナイスクチコミ!3


MA★RSさん
銀メダル クチコミ投稿数:17237件Goodアンサー獲得:1883件

2022/06/25 10:29(5ヶ月以上前)

.>ピアノ奏者の僅かな弾き具合による音の違いを判る人がいれば全くわからない人もいます。

ピアノは作音楽器ではないので、プロが弾いても素人が弾いても機械が弾いても
猫が鍵盤にのっかっても出てくる音は同じです。

入力できるパラメタは鍵盤をたたく強さ(速さ)のみです。

弾き具合で音が変わる、というのはオーディオに通じるものがあるかと。

ピアノの個体が変われば音は変わりますし、調律違えば音は変わりますけど。

書込番号:24809479

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:1892件Goodアンサー獲得:506件 ヘッドホン一斉比較レビュー 

2022/06/25 11:04(5ヶ月以上前)

>フェリアスさん

こんにちは。
頭でっかちになる前に、自分で色々試したほうがいいですよ。この手の質問しても荒れるだけなので。eイヤホンとかならその場で全部無料で試せます。
あとまあついでに私の名前の横の家のマークの先に貼ってあるURLとかもご参照ください。100本以上のヘッドホンの寸評まとめとかあります。

返信不要です。

書込番号:24809523

ナイスクチコミ!2


クチコミ投稿数:1774件Goodアンサー獲得:106件 縁側-オーディオの真実を考えるの掲示板

2022/06/25 13:00(5ヶ月以上前)

疑問を質問するのはごく自然なことです。回答者側がなんだか思想信条の開陳、かくあるべし、それが高じて個人攻撃になりますね。これは回答者側の問題なので、質問者が恐縮することはないです。

さて、フェリアスさん、こんにちは。

>でもあさとちん様曰く、a『原理的にノイズ低減効果はありません。』とのことで、いまいち理解ができていない状態です。

それについてはあさとちんさんの誤りであるという指摘を私がして、同氏から合理的な反論がありません。理論上はノイズ低減効果があります。であればすっきりするのでは。

ここで、バランス接続には大きく2種類あるのが混乱の原因のようです。まず、スピーカーオーディオでバランス接続と言った場合、例えばプレーヤー(DAC)からアンプへの接続を想起するのが普通だと思います。この場合「Cold側の信号を反転し云々」という話になります。この件は、参照された英文ページより、下記日本語ページ下のほうの図で一目瞭然です。
『ノイズの軽減に効果あり!「バランス接続」と「アンバランス接続」の違いとは?』
https://soundrope.com/blog/effector-vol2/#:~:text=%E3%83%90%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B9%E6%8E%A5%E7%B6%9A%E3%81%AF%E3%80%81%E9%80%9A%E5%B8%B8%E3%81%AE,%E3%81%AB%E6%8A%91%E3%81%88%E3%81%A6%E3%81%8F%E3%82%8C%E3%81%BE%E3%81%99%E3%80%82

他方、ヘッドフォンオーディオでバランス接続と言った場合、アンプがヘッドフォンを駆動する経路を指すのが普通のようです。ヘッドフォンには「Cold側の信号を反転し」のような機能は無いからノイズ低減効果はない、というのがあさとちんさんのご主張ですが、「反転して合成する」というのは「差を取る」のと同じで、それはヘッドフォンに元々備わった機能ですよ、というのが私の主張です。

次に、スピーカーオーディオで、バランスアンプがスピーカーを駆動する場合、BTL接続されることがあります(詳細はご自分で)。そしてこれは、梨が好きさんご指摘のように、構成としてヘッドフォンオーディオでのバランス接続と同じです。私はヘッドフォンオーディオでBTL接続と呼ぶ例を知らなかったのですが、MA★RSさんが例示して下さいました(ありがとうございます)。

>私の手持ちのイヤホンだと2m弱しかないから、途中でノイズをそんなに拾わず(聞き取れないレベル)、意味がないということになるのでしょうか(合ってない気もしますが...)。

上記、合ってはいますが、イヤフォン駆動系は低インピーダンスであることのほうが本質的です(24807210)。もっとも、機器間の接続もさほど高インピーダンス・長尺ではないので、お好みでどうぞ、の世界です。

書込番号:24809661

Goodアンサーナイスクチコミ!5


クチコミ投稿数:10968件Goodアンサー獲得:2197件

2022/06/25 13:33(5ヶ月以上前)

>フェリアスさん

私は、なるべくレス同士の論争はしないようにしているのですが、今回は余計なレスを付けてしまって申し訳ありません。
最後になりますが、私の理解するところを簡単に書いておきます。

ポイント アンプやプレーヤー間の接続(ライン接続)のバランス接続と、イヤホン出力のバランス接続は別のものです。

・ラインの接続は、Hot(正相)、Cold(逆相)、GND(ゼロ点)の3線で接続される。
・GNDを基準とする電位で、音楽信号ではColdはHotの逆相、ノイズはColdとHotが同相となる。(ここがポイント)
・Cold信号を反転し、Hotと合成することで、ノイズがキャンセルされる。
 https://www.cable-tsukasa.jp/new/2021-06-16-211802.html
・Hot信号とCold信号を作るため、2つの出力アンプが必要。

・イヤホン出力は、左ならL+、L-の2線接続。GND端子はあっても接続されない。
・GNDが無く、反転や合成はできないので、ノイズキャンセルはできない。
 https://www.phileweb.com/interview/article/201604/25/364.html
・出力アンプは1つで良い。(ただしライン接続のバランス出力兼用の場合は2つ必要)

書込番号:24809697

Goodアンサーナイスクチコミ!2


クチコミ投稿数:1774件Goodアンサー獲得:106件 縁側-オーディオの真実を考えるの掲示板

2022/06/25 15:32(5ヶ月以上前)

あさとちんさんに反論を書いておきます。

>・GNDが無く、反転や合成はできないので、ノイズキャンセルはできない。

これの根拠として phileweb をリンクされていますが、本文を検索するに「ノイズ」という語すら一度も出てきません。当然ですが当該記事には「GNDが無いとノイズキャンセルはできない」とする根拠は書かれていません。

通常のバランス(XLR)接続ではGNDがあってノイズをキャンセルしていますよね。それはいいですが、だからといって「GNDが無いとノイズキャンセルはできない」とする根拠はないのです。

逆に GND が無くてもイヤフォンの動作によってノイズキャンセルする根拠は既に書きましたので、それでわからない人を説得する意思は(現時点では)ありません。

書込番号:24809853

ナイスクチコミ!2


クチコミ投稿数:436件Goodアンサー獲得:21件

2022/06/26 05:05(5ヶ月以上前)

放送局とか何十メートルもケーブルの取り回しが長く伸びる時にはノイズの混入を防ぐのに効果がありますが、
一般家庭で使う分には変電所、線路、高圧線、携帯アンテナ基地局に近いとかあれば効果があるかも、、
あなたに耳次第。

書込番号:24810699

ナイスクチコミ!1


CBA01さん
クチコミ投稿数:661件Goodアンサー獲得:80件

2022/06/26 10:42(5ヶ月以上前)

バランス接続で音が変わるか?という疑問は答えを出す必要も無いと思いますよ。

結論として言えるのは気のせいという人が出る程に 差があるとしてもその差は少ないという事です。
それなら音源やヘッドホンに気を使った方が余程簡単に良い音が手に入ります。

音への影響
音源(元データ) >> ヘッドホン >>> アプリ・アンプ >>>>> ケーブル・電源


結局、その機体が出す音が良いか?悪いか?コストが見合っているか?
という事しかコチラでは理解出来ません。
その際に、バランス接続だから音が良いハズ といった様な理論先行の思い込みは邪魔でしか無いですよ。

兎に角、理論より色々試聴で聞いてみる事をお勧めします。
バランス接続じゃなくても良い音を出してくれる機種は普通にありますよ。
ただ、バランス接続出来るやつのアンバランス接続は音が良くない事が多いとは思います。


因みに、私の出した結論は回路が2つになるからコスパは明らかにバランス接続が不利だし、それだけのお金を出す事も無いと思います。
予算があって、どうしてもこの機種とこのヘッドホンの組み合わせの音が良いと思った時に それがたまたまバランス接続だったなら それを買えば良いと思いますよ。
接続方法にしても何を繋げるか?でしか音を出せないのですから、接続方法という単体で考えても仕方ないし、そんなに有利・不利は無いと思います。
ハッキリ言えることは 少なくともバランス接続しようと思ったらコスパ悪くなる。

書込番号:24810963

ナイスクチコミ!1


cantakeさん
クチコミ投稿数:1529件Goodアンサー獲得:228件

2022/06/26 10:43(5ヶ月以上前)

>フェリアスさん
岐路亡羊オヤジさんもおっしゃっていますが、オーディオ趣味はお金もかかりますし、楽しんでいるジャンルも人それぞです。
趣味として本人が投資効果があったと良ければ趣味として完結するものと思っています。

一方では屁理屈をつけて(特に初心者の方へのスレに多いらしい)惑わせるのが喜びの(悪意の)人もいます。
10年間以上も同じ行為を続けているということで、迷惑を受けた人のコメントも多く見ました。
コメントでは、この方の投稿を拒否したのに、さらに陰湿に書き込んできたとの証言でした。(これは悪意です。)

多くの人は理屈を争うとは思っていないです。狭い範囲ですが経験を語って質問者に何かのお役にたてればと思っています。
音質の違いも判らない人に妨害を受けて、再度の質問もできなくなる恐れがありますので、その点が心配で投稿しました。

書込番号:24810964

ナイスクチコミ!6


クチコミ投稿数:4345件Goodアンサー獲得:341件

2022/06/26 14:19(5ヶ月以上前)

>フェリアスさん


参考までに検索したらわかり易い記事があったので
http://briseaudio.jp/portable/dc/caution01.html



思い込みで対地電位に対して考えるべき
バランス回路(接続)、アンバランス回路(接続)が理解できない方がおられるので。

書込番号:24811241

ナイスクチコミ!2


クチコミ投稿数:1774件Goodアンサー獲得:106件 縁側-オーディオの真実を考えるの掲示板

2022/06/26 14:31(5ヶ月以上前)

フェリアスさん、こんにちは。

あさとちんさんのご主張に突っ込むのは本意ではないのですが、先の例のようにフェリアスさんが混乱するといけないので、追記しておきます。

あさとちんさんは書きました(24809697):
>・出力アンプは1つで良い。(ただしライン接続のバランス出力兼用の場合は2つ必要)

これ(の前半)も誤りです。イヤフォン駆動のバランス接続(BTL接続)では、LR各々に正相用・逆相用、都合2個のアンプが必要です。参考に Brise Audio をリンクしようとしたら、一つ前のレスで紹介されました。

ついでに。そもそもフェリアスさんの環境では、機器間のバランス接続(XLR接続)は縁の無いものだと思います。したがって、参照された英語サイトが紹介されたのが混乱の元かも知れませんね(私も少し乗っかってしまいましたが)。

さて、スレの主題は「バランス接続で音の違いが分かるか」ですね。回答を拝見するに、「明確に分かる」というご意見はなく、せいぜい「バランス接続だとノイズが少なくて良いのでは?」といった推測のみです。

しかし、仕組みを冷静に考えるとヘッドフォンオーディオでのバランス接続では(元々問題のない)クロストークが減少するものの、ノイズはむしろ増える方向です(BTR5 2021のように個別の話はあるのでしょうが)。つまり「バランス接続はノイズが少ない」は、マニアの先入観による誤解です。

このように指摘すると怒られるのですが、私は、事実に基づいて帰結を書いているのであって、マニアの期待にそぐわないのは私の責任ではありません。個人攻撃に走るのは正当に反論できないことを露呈しており、いい大人の所業ではないことを、メカニズムと共にご理解いただきたいものです。

それから、「ともかく試聴すべき」という思想がよく語られるので、私も少し述べたいと思います。明らかなホワイトノイズを別にすれば、バランスとアンバランスの音質の違いを耳で聴き分けようとするのは、ウイルスと細菌の寸法を物差しで比べるようなものだと思います(線材の違いを聴き分けようとするのも同じ)。

「聴いた結果がすべてである」という思想は自由ですが、心理効果や体調、記憶の誤差にいくらでも影響され、安定もしないでしょう。私は、「それはそもそも聴き分けられるものだろうか?」を考えます。フェリアスさんが本スレの質問をされたのは、そのような思いがあったのではないですか?それに対して、私はまじめに応えています。

書込番号:24811250

ナイスクチコミ!5


殿堂入り金メダル クチコミ投稿数:14798件Goodアンサー獲得:6934件

2022/06/26 16:59(5ヶ月以上前)

バランスでホワイトノイズは低減しない原理

バランスで電源ノイズは低減する原理

「What’s the difference between the hot and cold signals ? 」の下りですが、僕なりに理解した事を書き出しますね。バランス伝送は+と-がお互いに逆相の信号を送っているので、その磁界的な成分は+方向と-方向で打ち消されてノイズとして外に放射される事は無いと言う事をまず言っているのでしょう。そして伝送路に乗ったノイズは+側と-側で同相なので到達点で見た引き算は電圧変化が無いのと同じなのでそれはキャンセルされると言う意味です。

ホワイトノイズのような成分は非常にランダムなものでしょう。添付したExcelのグラフはホワイトノイズがRANDBETWEEN(-1,1)で発生しているとしてその+と-の個別成分とバランス、即ち+から-を引いたものの3つを示したものですが、ちょうど打ち消して0になる事も有るし逆相で足されて-2や2になる事もあるので局部的に見れば悪化する事もあると言う事です。

電源ノイズのようなものは最初に書いた伝送路に乗ったノイズと一緒で+と-は同相なので到達点で見ると電圧変化が無いのと同じになりキャンセルする方向です。マイクのような微小信号は100倍とかに増幅するので伝送路のノイズや電源ノイズが乗るとブーンと言う音が耳障りに聞こえるような事になるでしょうが、バランス伝送すればそれらはキャンセルされる方向です。ヘッドホンはインピーダンスが低いですしアンプ非内蔵ならヘッドホン側で増幅する事はありませんからそこまで耳に付く事は無いでしょうが0でも無いと言う事です。

書込番号:24811386

Goodアンサーナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:1318件Goodアンサー獲得:51件

2022/06/27 11:42(5ヶ月以上前)

>フェリアスさん

主さんによる 2022/4/7 Moondrop KATO IEMs Review からの引用です。
「使用環境は、Windows 10 or iPhone XR + FiiO BTR5 2021 + KATOです。
水月雨の『AutumnMoon-秋月 2.5mm Balanced Version』にリケーブルして、バランス接続で聴いています。イヤーピースは付属の『清泉 - Spring Tips』Sサイズを使用し、デフォルトのステンレスノズルにしています。」

現時点での装置は、「Windows 10 or iPhone XR + iFi Audio ZEN DAC + KATO
Cable: AutumnMoon-秋月 4.4mm Balanced Version」であろうと推察致します。

私事で恐縮ですが約2年前に iFi Audio ZEN DAC を拙宅にて試聴した機会がありますが、はっきり申しましてこの製品の HPA Section は殆ど期待外れで即お払い箱となりました。
それから MOONDROP CHACONNE も購入しましたが、これは一言でいえば「元の音楽に忠実ではない再生音」でした、いわゆる Musical Truth の欠如が認識出来ました。

このように iFi Audio ZEN DAC + KATO の組み合わせでは ZEN DAC の Balanced Output 使用でも、また Unbalanced Output 使用でもその差異を考える以前にこの組み合わせを何とか改善出来ないかと考えたほうが賢明かと私は思います。

最後に、MOONDROP KATO の詳細な評論記事の一つに
https://www.rtings.com/headphones/reviews/moondrop/kato
があります。

書込番号:24812353

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:83件

2022/07/04 18:13(5ヶ月以上前)

仕事の都合により、1週間以上も返信が遅れてしまい本当に申し訳ございません。皆様、ご回答ありがとうございました。

>梨が好き様
返信が遅れてしまい申し訳ございません。ご回答ありがとうございます。皆様の回答でライン接続でのバランス接続がちょっとだけわかりました。特に、バランス接続だから音が良いことを担保するものでは無いというのは、とても勉強になりました。ありがとうございました。

>岐路亡羊オヤジ様
ご回答ありがとうございます。そうですね....結局、私にはバランス接続での音質の違いはよく分からないという結論でした。なので、私としてはバランス接続に拘る必要はないのかなと思います。今まではとにかく、バランス接続=音がいい=なるべくリケーブルしたほうがいい、という考え方だったのですが、そこは改まりました。アンバランス接続でもいい音が出るものはあるので、バランス接続を追求するよりもアンバランス接続でちょっとグレードの高い機器を買ってみたいです。

>オルフェーブルターボ様
むしろこちらが勝手な勘違いをしてしまい、却って失礼いたしました。いつもオルフェーブルターボ様の回答には助けられていますので、今後ともよろしくお願いいたします。ありがとうございました。

>シシノイ様
ご回答ありがとうございます。早速、100機種レビュー拝見しました。自分もこの中の何機種か試聴したことがあるのですが、的確に短い文章で表現されていてびっくりしました。1万円〜3万円のヘッドホンにランクインしていたRP-HD10(パナソニック)はずっと愛用していたので、素直に嬉しいです。パッドが耳を完全に覆いきるので遮音性に優れる反面、夏場とかめちゃくちゃ蒸れますよね苦笑。話が逸れてしまいましたが、自分に合った機種を探すためにはやっぱり色々な機器を聴くのが一番ですね。ありがとうございました。

>忘れようにも憶えられない様
ご丁寧な回答本当にありがとうございます。なるほど......教えていただいた、URL先の『バランス接続は、通常の音声信号をホットと呼び、逆相の音声信号をコールドと呼びます。位相を反転させた逆相の音声信号を導線で送り、受ける側で再度位相を反転させて基の音声信号と混ぜ、途中でケーブルに入り込んだノイズを最小限に抑えてくれます。』という言うのは一番分かりやすかったです。これはプレーヤー(DAC)からアンプへの接続の話なのですね。勘違いの原因を丁寧に紐解いてくださるので、ありがたい限りです。
さて、ご指摘の通り、私がこのスレッドを書いた趣旨としては、「それはそもそも聴き分けられるものだろうか?」という疑念が湧いてきたからです。リケーブルのスレッドで忘れようにも憶えられない様の話を伺って、今までバランス接続で音質が良くなったと感じていたけれど、実際には心理的効果の面が大きいのではないだろうかと考え始めたのがきっかけです。アンバランス接続、バランス接続に拘らずに様々な機器を聴いてみるべきというのはその通りだと思いますが、同じ機器であればバランス接続とアンバランス接続で聞き分けるのは私には無理かなと思っています。それでも、今回のスレッドは勉強になることばかりだったので、とても有意義な質問になりました。先日は、答えが出ないから議論自体に意味はないという趣旨の投稿をしてしまいましたが、全然そんなことはなかったですね。ありがとうございました。

>あさとちん様
とんでもございません。私にとっては余計なスレッドでは決してなく、とても勉強になっています。議論の争点については、電気工学を知らないオーディオ初心者の私としては、「GNDが無く、反転や合成はできないので、ノイズキャンセルはできない。」という部分についてどちらの主張が正しいかをジャッジするのは難しいです。もちろん、根拠となっている記事を読んでなるほどなとは思うのですが、ここについては意見が分かれるんだなぐらいの形成どまりです。争点以外のところでは、あさとちん様の要点はとても分かりやすかったので、色々な記事を読むうえで自分の理解に大いに助けられました。ご回答ありがとうございました。


梨が好き様、岐路亡羊オヤジ様、オルフェーブルターボ様、シシノイ様、忘れようにも憶えられない様、あさとちん様、ありがとうございました。

書込番号:24821714

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:83件

2022/07/04 20:51(5ヶ月以上前)

>オルフェウス様
ご回答ありがとうございます。私の所有しているヘッドホン・イヤホンですと、せいぜいケーブルの長さは長くて3m、あとは1.2mとかですから、やはり効果は薄そうです。マイクを使った収録とかだと変わってくるそうなのですが、今のところまったく縁もないですしね....。ただ、私の耳(というか特殊な使用環境?)だと一応ノイズ面での効果はありました。

>CBA01様
ご回答ありがとうございます。「予算があって、どうしてもこの機種とこのヘッドホンの組み合わせの音が良いと思った時に それがたまたまバランス接続だったなら それを買えば良いと思いますよ。」とのことですが、私もそういった感じでいいのかなと考えています。購入当初はまさに、バランス接続だから音が良いハズと思い込んでいたのですが、最近になってアンバランス接続でもいい音が出るものはたくさんあるということに気づかされました。バランス接続を試してみたいという当初の目的は達成できましたし、十分に満足はできたので、DACやアンプにお金をかけてみたいと思います。ありがとうございました。

>cantake様
お気遣いいただきありがとうございます。最近になってリケーブルやバランス接続による音の体感・変化に疑問を感じ始めましたが、私自身は、cantake様の「趣味として本人が投資効果があったと良ければ趣味として完結するもの」という考え方に賛成です。いろいろとご指摘を受けて勉強させていただいていますが、持論としてはそこの部分はブレていないです。バランス接続に対応したUSB-DACを初めて買って、KATOを秋月にリケーブルしたときにはやっぱりワクワクしました。今でこそ、音質自体に変化は生じないのではないかと考え始めましたが、ほかの方の価値観を否定したいとは思いません。それと、私は自分の意見はしっかりと主張して、そのうえで色々な方に批判していただく(勉強させていただく)のが好きなので、今のところは大丈夫そうです(むしろ感謝ですね!)。ありがとうございます。

>次世代スーパーハイビジョン様
教えてくださったURL先の図解、大変分かりやすいものでした。なんちゃってバランス接続というものがあると他の回答者様に教えていただいたのですが、4極グランド分離接続と4極バランス接続ではLチャンネル、Rチャンネルのcold側に違いがあるのですね。文章だけだとちんぷんかんぷんでしたが、図で見ると仕組みがよく分かりました。ありがとうございました。

>sumi_hobby様
大変分かりやすい解説ありがとうございます。実のところ、極性が逆だとどうしてノイズが打ち消されるの??と思っていましたが(あまり深く考えないようにしていました苦笑)、sumi_hobby様の「+方向と-方向で打ち消されてノイズとして外に放射される事は無い」、また、「伝送路に乗ったノイズは+側と-側で同相なので到達点で見た引き算は電圧変化が無い」という部分で腑に落ちました。ホワイトノイズはランダム要素が強いのですね。前に、「良い方向に行くか悪い方向に行くかは別として変化は有る」とおっしゃっていましたが、ホワイトノイズについても部分的に悪化することがあるならば変化といえそうです。私のリケーブルのように、機器との相性によっても変わってきそうですね。Excelのグラフも添付してくださりありがとうございます。もし、このためにわざわざ作ってくださったのでしたら、深く感謝申し上げます。

>ListenFirstMeasureAfterwards様
私の機器類の組み合わせはご推察の通りです。昨年、流行りのハイレゾでのサブスク音楽をiPhoneで聴いてみたくなり、新製品だったBTR5 2021を買って、次にKATOを新調しました。バランス接続が気になりだして2.5mm対応の秋月を購入し、モニターヘッドホン(開放型)が突然欲しくなり、ATH-R70Xを買い、それに合わせてDACアンプのZEN DACを買ったという経緯です。KATOのケーブルも4.4mmに買い換えました。完全に突発的に買い足していったため、ご指摘の通り機器の組み合わせが良くないのだと思います。もちろん、安価でお手ごろな製品というのもあるのですが、今後は機器との組み合わせも考えて買い換えていけたらなとは思っています。オーディオ初心者の私ですが、マランツのUSB-DACはやっぱり憧れです!バランス接続にお金をかけるよりも、まずはイヤホン・ヘッドホンやDAC自体をグレードアップしたほうが良さそうですね。ありがとうございました。


オルフェウス様、CBA01様、cantake様、次世代スーパーハイビジョン様、sumi_hobby様、ListenFirstMeasureAfterwards様、ありがとうございました。

書込番号:24821904

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:83件

2022/07/04 21:12(5ヶ月以上前)

改めまして、皆様たくさんのご回答本当にありがとうございました。

今現在の結論としましては、
・”私自身は”バランス接続とアンバランス接続の音の違いはよく分からなかった。バランス接続にして音質が良くなったと感じたのは音量による影響が大きそう
・1.2m程度のケーブルでは、バランス接続でのホワイトノイズ低減の恩恵もほとんどなさそう。ただし、手持ちのDACの特殊性と機器との相性、ケーブルの取り回しによって、私の場合はバランス接続にしたところ結果的にホワイトノイズがなくなった。なので、1万3千円でリケーブルしたことには十分満足できている
・アンバランス接続でもいい音が出るイヤホン・ヘッドホンはあるので、バランスだからとかアンバランスだからとか拘る必要はない
......とこんな感じです。このほか、そもそものバランス接続の仕組みやオーディオとの向き合い方(楽しみ方)などたくさん教えていただきました。

なお、Goodアンサーはシステム上3つまでしか押せませんが、もちろん、大変勉強になる回答ばかりでした。心苦しいのですが、その点につきましては何卒ご容赦頂ければ幸いです。

重ねてお礼申し上げます。皆様、ありがとうございました。

書込番号:24821934

ナイスクチコミ!0


クチコミ一覧を見る


価格.com Q&Aを見る

クチコミ掲示板検索



検索対象カテゴリ
を対象として
選び方ガイド

新着ピックアップリスト

新製品ニュース Headline

更新日:12月9日

クチコミ掲示板ランキング

(家電)

ユーザー満足度ランキング