『Digital ICE、粒状低減、退色復元設定について』のクチコミ掲示板

GT-X700 製品画像

拡大

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • GT-X700の価格比較
  • GT-X700の店頭購入
  • GT-X700のスペック・仕様
  • GT-X700のレビュー
  • GT-X700のクチコミ
  • GT-X700の画像・動画
  • GT-X700のピックアップリスト
  • GT-X700のオークション

GT-X700EPSON

最安価格(税込):価格情報の登録がありません 発売日:2003年10月31日

  • GT-X700の価格比較
  • GT-X700の店頭購入
  • GT-X700のスペック・仕様
  • GT-X700のレビュー
  • GT-X700のクチコミ
  • GT-X700の画像・動画
  • GT-X700のピックアップリスト
  • GT-X700のオークション

『Digital ICE、粒状低減、退色復元設定について』 のクチコミ掲示板

RSS


「GT-X700」のクチコミ掲示板に
GT-X700を新規書き込みGT-X700をヘルプ付 新規書き込み



ナイスクチコミ0

返信0

お気に入りに追加

標準

スキャナ > EPSON > GT-X700

スレ主 Kame-oyajiさん

私なりにタイトル項目を(自分勝手に)解釈しております。間違っていたらごめんなさい。でも、この記載には攻撃をしないでくださいね!
尚、この解釈はFスキャナの操作に関し中々判らない事が多く、フィルム画像取込に慣れるまで大変苦労してしまいました。解決策は、書籍の読みまくりと、Fスキャナのショールーム設置機を有償利用しながら、メーカーの方に説明を聞きながら自分流の解釈を積み上げていきました。そのノウハウを述べます。皆さんの参考になればと思います。
1.Digital-ICE
@ニコンやミノルタのFスキャナと同じく、某メーカーの技術によるもので、ハードウェアでゴミやキズを除いている。それは、2回スキャンを意味しており当然スキャン時間は余計に掛かる。
Aハードウェアで処理しているので、画質低下は殆ど無い→私は納得
B赤外線などで処理しているようなので、白黒画像では使えない。
 →最初は、私も知らずにメーカーへ問い合わせてしまいました。
<粒状低減、退色復元について>
 皆さん、Fスキャナのカタログを入手してください。それを見れば理解が進むと思います。尚、この2機能はソフトウェアで処理しているので、時間が余分に掛かってしまいます。Fスキャナの動作をみる限り、画像一枚を取り込んだ直後に処理しているようです。GT−X700では判りませんが、やはり一枚毎の処理だとは思いますが・・・・
 機能の意味と私の解釈・利用状況は次の通りです。
2.粒状低減
 FスキャナカタログのDigital-GEMと同じだと思います。
私は、Fスキャナでは余程のことが無い限り使いません。余程の場合とはネガでISO1600とISO800に用いています。但し表現上この機能を使わない場合もあります。ネガ400では全く使いませんし、ポジ400の一段増感でも使いません。
☆この機能設定なしで取り込んだ後、荒れが目立つ部分があると、その範囲を指定して、Photoshopでダスト&スクラッチ機能でレタッチすることはあります。
3.退色復元
 FスキャナカタログのDigital-ROCと同じだと思います。
私は、時々この機能を使います。(20〜30年前のフィルムはやはり色あせていますので)しかし、やはり時間は余計に掛かってしまいます。
☆この機能を使わなくても、Photoshopの色補正で同じ結果が得られることを知っておいてください。→取込時間を気にする人は、取込後のレタッチが良いのではないでしょうか。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
3.アンシャープマスク・フィルタ
 この機能は、次のように割り切って使い分けています。
@取込後にレッタチをしない場合は、設定オン(中)
A取込後にレタッチをする(いわゆる作品作り)場合は、設定オフ。
<理由(私の解釈と経験)>
 Fスキャナのメーカーの方と親しくお話しをさせていただいた際のノウハウです。(肝心な事は、決してクレーム申し立て調子で会話してしまうと本音が聞けませんから、常にフレンドリーな雰囲気で話をさせていただいています)
☆ディジタル画像処理のプロは、取込時にはアンシャープマスクを掛けていない。
@理由:ディジタル画像処理では、いかに階調を大切活かすかであり、階調優先で取込むこと(極端な表現をすると、コントトラスト及びシャープさが低くてもかなわない)
A対策:レタッチ(Photoshopなどで)にて、トリミング、階調を活かしつつコントラスト調整、色調調整を行った後、シャープネスが問題であれば、アンシャープマスク・フィルタを掛ける。→私も実践中。
<私が実践中の原則>
☆電子アルバムのみに(レタッチせずに)そのまま使う場合は、アンシャープマスクフィルタをON(中が妥当かな)
★レタッチする画像の場合は、アンシャープマスクフィルタをOFF。
 レッタチの最終段階で掛けるのが、画像処理プロの原則のようです。
******************************************************************
<その他>
 暗い日曜日さんからの書込みで、粒状低減設定とDigital-ICE両設定での測定要望がありますが、上記の理由で私自身に粒状低減の必要性がない為、暇な時にやってみようとは思いますが、気長に待っていてください。
ご希望に沿えなくて申し訳ありません。
以上

書込番号:2103138

ナイスクチコミ!0


クチコミ一覧を見る


この製品の最安価格を見る

GT-X700
EPSON

GT-X700

最安価格(税込): 価格情報の登録がありません   発売日:2003年10月31日

GT-X700をお気に入り製品に追加する <24

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

クチコミ掲示板検索



検索対象カテゴリ
を対象として
選び方ガイド

製品選びに必要な知識を
みんなで共有!

[スキャナ]

スキャナの選び方ガイド

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

新製品ニュース Headline

更新日:8月12日

クチコミ掲示板ランキング

(パソコン)

ユーザー満足度ランキング