『G10・作例/雑談スレ(10月:Fight It Out.)』のクチコミ掲示板

2008年10月下旬 発売

PowerShot G10

1470万画素CCD/光学5倍ズームレンズ/3.0型「クリアライブ液晶 II」を搭載したコンパクトデジタルカメラ。価格はオープン

PowerShot G10 製品画像

拡大

価格情報の登録がありません 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします

中古
最安価格(税込):
¥12,100 (1製品)


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:オープン

画素数:1500万画素(総画素)/1470万画素(有効画素) 光学ズーム:5倍 撮影枚数:400枚 撮像素子サイズ:1/1.7型 PowerShot G10のスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

  • PowerShot G10の価格比較
  • PowerShot G10の中古価格比較
  • PowerShot G10の買取価格
  • PowerShot G10の店頭購入
  • PowerShot G10のスペック・仕様
  • PowerShot G10のレビュー
  • PowerShot G10のクチコミ
  • PowerShot G10の画像・動画
  • PowerShot G10のピックアップリスト
  • PowerShot G10のオークション

PowerShot G10CANON

最安価格(税込):価格情報の登録がありません 発売日:2008年10月下旬

  • PowerShot G10の価格比較
  • PowerShot G10の中古価格比較
  • PowerShot G10の買取価格
  • PowerShot G10の店頭購入
  • PowerShot G10のスペック・仕様
  • PowerShot G10のレビュー
  • PowerShot G10のクチコミ
  • PowerShot G10の画像・動画
  • PowerShot G10のピックアップリスト
  • PowerShot G10のオークション

『G10・作例/雑談スレ(10月:Fight It Out.)』 のクチコミ掲示板

RSS


「PowerShot G10」のクチコミ掲示板に
PowerShot G10を新規書き込みPowerShot G10をヘルプ付 新規書き込み



ナイスクチコミ364

返信100

お気に入りに追加

標準

G10・作例/雑談スレ(10月:Fight It Out.)

2014/09/28 22:26(1年以上前)


デジタルカメラ > CANON > PowerShot G10

クチコミ投稿数:6677件
当機種

怖いねぇ。怖いから、俺、寝る。

らりほー、らりほー、らりるれろん らりほー、らりほー、らりるれろん

前スレも100レスに到達したので新(ry

↓ココカラ

こびとのギャングは7人衆。

↑ココマデ

すーぱーすりーはー、ちょうほうぶいんー せかいのためなら、えんやっとっと、どっこいしょ

書込番号:17993194

ナイスクチコミ!5


返信する
クチコミ投稿数:6677件

2014/09/29 00:56(1年以上前)

別機種
別機種
別機種
別機種

で、GM1ですけど、まださほど掴めてません^^;

判ったのはキットズームの12-32mmがF5.6辺りが押し並べて画質が良く、F11まで絞っちゃダメって事でしょうか。
いつものように駒沢公園の塔を1/3絞るごとに撮影しましたが、画角ごとにアレ並べられても困ると思うので(笑)
まぁ、もし使ってる人がココ見てたら、F5-F6.3で撮ると良いですよ^^

あとRAWだと書き込みが遅いので、Class8のSDカードをClass10に換えたら改善したので、
書き込み用のバッファメモリが少なめなのかも知れません(笑)
RAWでサクサク使いたいなら高速SDメモリを奢ったほうがいいようです。

で、当然キャップ外さなくちゃだし、マクロは寄れないし、コンデジのように使えるわけではないですよ^^
キットズームで比べるなら、レンズの描写はG1X/G1X2に敵わないんじゃないかと。


じゃぁなんでGM1を買ったかと言えば、ガジェットとしての質感と、道具としてのバランスが良いからです。

FX150の時、絵は悪くないのに、ボディの質感や動作感やUIでガッカリしたというのがありまして、
ソレのリベンジ(にしては大がかりですが)での購入という意味もあります(笑)

ですから、個人的なカメラとしての重要度では、G10の方が上なんです^^;

書込番号:17993724

ナイスクチコミ!5


クチコミ投稿数:6677件

2014/09/29 01:00(1年以上前)

当機種

敢えて言うなら、GM1の絵は「仕上げてる」感覚ですが、G10の絵は「呼ばれている」感じなんです。
まぁ、違わなければ新たに追加する意味も無いですから^^

書込番号:17993732

ナイスクチコミ!5


クチコミ投稿数:6677件

2014/09/29 01:09(1年以上前)

当機種
当機種

あと、前スレの最後2枚が、若干仕上げが雑だったので再アップです^^;

書込番号:17993752

ナイスクチコミ!5


クチコミ投稿数:597件Goodアンサー獲得:36件

2014/09/29 12:18(1年以上前)

アキラ兄さん
空気読めなくて、すみません。

書込番号:17994649 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!3


クチコミ投稿数:122件Goodアンサー獲得:1件

2014/09/29 19:29(1年以上前)

アキラ兄さん、新スレありがとうございます。

現在、プリンターのICM設定で難航してます…^^;LRにてRAWデータから印刷を行おうとしてます。プリントの画面よりプリンターの印刷設定を呼び出し、マッチング方法を手動で設定を選択し、ICMの選択になるのですが、標準(SRGB)以外選択出来ません。デバイスのプリンター設定内にはSRGBもPROPHOTOもあるのですが…。時間見つけてあちらの板に投稿してみようかと…^^;

また、PCモニタのLRの色合いと印刷後の色合いのアンマッチが激しく、ICMの問題かとは思いますが、adobeRGBで保存したJPEGをiPadairとiPhone5sで見ると、印刷結果に近くなります。PCのモニターはWindows固有のモニター設定にてガンマやら階調やらコントラストを設定しました。このアンマッチを埋めるには、この間教えて頂いたPSとの連動したフローによる確認になりますでしょうか?

取り急ぎ、暗部の細かい表現はMG7530は当たりでした(^^)

書込番号:17995687

ナイスクチコミ!5


クチコミ投稿数:6677件

2014/09/29 21:47(1年以上前)

機種不明
機種不明

体育系おやじさん

あまりお気になさらずに^^
G10なら、思いついてから撮りに行っても何とかなるので(笑)


元わたキートンさん

えっと、この部分ですね。
http://helpx.adobe.com/jp/lightroom/help/print-job-options-settings.html

”プリント時に Lightroom かプリンタードライバーのどちらかによってカラーマネジメントの処理を指定することができます。”

通常、プリンタードライバー側ではなくLightroom側から制御するので、

”プロファイルポップアップメニューに表示するプリンタープロファイルを選択するには、「その他」を選択し、プロファイルを選択ダイアログボックスでカラープロファイルを選択します。”

で現れる「プリンター(機種)のプロファイル」を選びます。


あと仰ってるアン・マッチは、単純にsRGB同士だと「合ってるように見えている」だけの場合もあるので、
ひとまず上記の方法で、プリンタ出力側は、プリンタ機種のプロファイルを選んでみてください。

もし、このダイアログでプリンタの機種のプロファイルが選べないようであれば、再度レスください^^

書込番号:17996197

ナイスクチコミ!4


クチコミ投稿数:6677件

2014/09/29 23:39(1年以上前)

iOS8ネタです。

iOS8からOSの内蔵カメラ制御部分の基本ソフトウェアが変更になっていまして、
その変更を生かした「ISO感度とシャッター速度を変更できる」カメラアプリがリリースされました。

Manual – Custom exposure camera
https://itunes.apple.com/us/app/manual-custom-exposure-camera/id917146276

国内のiTunesStoreでは(現時点では)200円です。

僕はTIFF保存ができる645 PRO MkIIを使用していますが、こちらもiOS8対応版では機能追加してきそうで、
そうなれば、ひとまずiPhoneのカメラ性能を生かし切ることができそうです^^

書込番号:17996757

ナイスクチコミ!3


クチコミ投稿数:6677件

2014/09/30 12:19(1年以上前)

キヤノンのUSサイトでDPP/EOS Utility/Picture Style Editer/Solution Diskの最新版がリリースされました。
#Solution DiskのDLにはシリアルが要りますが、全ユーティリティの最新版が入手できます。

MacOSX版は全言語版なので、日本語環境にインストール可です。

で、問題はDPPのバージョンが3.14.41なんですけれども、DL用日本語版最新は3.14.15・・・^^;

途中の15のビルドには何があったんでしょうねぇ(笑)

書込番号:17997962

ナイスクチコミ!4


クチコミ投稿数:6677件

2014/09/30 12:32(1年以上前)

上のソフトウェア群ですが、Windows7以上、MacOSX10.8以上サポートでOSの足切りが行われています^^;

Win7以降版も全言語対応のようなので、URL貼っておきますね。
http://www.usa.canon.com/cusa/support/consumer

機種名入れて検索した先でDL可能です。

書込番号:17998006

ナイスクチコミ!4


クチコミ投稿数:6677件

2014/09/30 15:19(1年以上前)

DC Watchに7D2の開発者インタビューが掲載されています。
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/interview/20140930_667620.html

色々興味深い話や、興味深い工夫が満載で、僕も少し欲しくなっちゃいました(笑)

基本的には、スペックを見れば判るように、僕が2年前に言った方向での機種です。
http://bbs.kakaku.com/bbs/00500211327/SortID=14691208/#14693229

また、解像のために粒状ノイズを若干残している話とかは、ここではお馴染みですね(笑)

僕は特にミラー制御のあたりに興味があって、これでインテリジェンスに制震ができているなら、
低感度&手持ち撮影が多い僕には6Dあたりより現実的かなぁとか。

流石に今年は無理ですけども、また5年モデルチェンジしないなら、来年再来年購入でもいいのかもです^^

書込番号:17998404

ナイスクチコミ!5


JTB48さん
クチコミ投稿数:13515件Goodアンサー獲得:1353件 PowerShot G10の満足度5

2014/09/30 15:50(1年以上前)

掲載されている記事を拝見しましたが昔のRX-7みたいな進化ですね。1DXとの比較が興味を引きましたがプロ機はやはり価格なりの耐久力があるのは仕方ないですね。レンズを買いまくってしまったので今は買えませんけど、値段がこなれてきたら私も欲しいです。

書込番号:17998470

ナイスクチコミ!3


クチコミ投稿数:6677件

2014/09/30 16:26(1年以上前)

JTB48さん

既存一眼レフとミラーレスとの最大の違いは、当たり前ながらミラー昇降(とOVF)ですよね。

もちろんサイズの問題もありますが、レンズ込みだと撮像素子サイズによる影響の方が大きいのは周知ですので、
最終的にはミラーボックスの最適化が一眼レフの鍵になると思っていたのですが、
最近出た中で、そういう方向の機構改善が採用された唯一の機種だなと^^

当然細かい部分は各社日々煮詰めているので、この部分が放置されていたわけではないのですが、
例えばGM1のステッピングモーター駆動シャッターと似た変革に思います。
#これまでモーターはチャージに活用されても、リリース動力源は「バネ」でしたから。

もしミラーの駆動をインテリジェンスに制御できるならば、初速と中速と終速を最適化させることもできますし、
シャッターショックを緩和させるタイミングと速度で動かすことも(理論上は)できますよね^^

シャッタースピードが遅いときは、レリーズラグが少し増えても問題のない場合が多いのですから、
あえてゆっくりミラーを駆動して、ボディ全体の振動が起きにくいように制御することも可能で、
そのような機能があれば、無理にミラーアップしなくても(流れを変えずに)撮影できたりするのかなと(笑)

今回は7D2用ということで性能向上に振られた工夫ですが、
上手くやれば廉価機のミラーボックス小型化(部品点数削減)も可能かもとか妄想して楽しんでいました^^

もう一つ興味深かったのは、最大撮影枚数の上限が便宜的に8GBのSDカードフルとしたという所で、
もちろんコストがあるので浸透は先でしょうが、既に技術的な転送のボトルネックは存在しないというところですね。

「ただただ、できる範囲で頑張った」というよりも「把握制御できるようにしっかり準備用意した」のが伺える内容で、
やはり「あとはもう見た目なので・・・」的なDfのような流れではなかったところを評価したいです^^

書込番号:17998551

ナイスクチコミ!5


クチコミ投稿数:6677件

2014/10/02 10:55(1年以上前)

元わたキートンさん

一応念のため、MG7530用のICMプロファイルについての説明URLを貼っておきます。
http://cweb.canon.jp/e-support/faq/answer/inkjetmfp/35841-1.html#MG7530

ICM/ICCというのは、適応範囲が広すぎて若干理解が難しい概念ですが、
基本的には、ネイティブデータと対応機器特性とのカラーマッチング用データです。

これは大きく「機器特性補正用データ」と「色空間補正用データ」の2種類の使われ方をします。



機器補正データというのは、ネイティブデータと対応機器特性とのカラーマッチング用データで、本来の使われ方です。

例えば、モニターのキャリブレーションや、プリンターのキャリブレーションなどに使われます。
#元々は入力機器のプロファイルも有りましたが、一般的な意味で「色空間」の時に説明します。

仮に元データがsRGB色空間のデータであったときに、
機器(モニタ/プリンタなど)の出力をsRGBの色調/階調に合わせる「機器専用プロファイル」という意味合いです。

モニタであれば、工場出荷時に基本特性補正データが添付されます。
安い機種では、OS側汎用カラーモニタ特性(sRGB)で済ますこと前提で設計されていて、添付(用意)はされません。


この状態(メーカー側で計測されたデータが添付された状態)からさらにモニターキャリブレーションを行うのは、
1)環境光の影響に対するさらなる追加補正
2)パネル及び部品の経年変化に対する再補正
3)オペレーター(人間)の裸眼特性に合わせた追加補正
の、3つの補正が不可欠だからです。

(1)と(2)は高価な機種や、別途キャリブレーションパッケージを用意すれば、ある程度正確に合わせられます。
けれど良く見過ごされるのは、モニターというのは本来眼鏡などと同じパーソナル入力機器ですから、
(3)の調整を行っていないと、機器としては正しくても、見た人間ごとに違うイメージを持つことになります。

これは、通常視力の人間と、目の悪い人間が、同一の物を見て色調や階調などを論じても、当然「食い違う」という。
まだ通常視力の人間とならいいですが、傾向の異なる目の悪い人間同士だと目も当てられません。
#実際は、許容誤差範囲の通常視力の人間同士でも、誤差傾向が真逆ならば範囲を逸脱するので噛み合いません。

ここまでが、多くの場合で言われる「カラーキャリブレーション」「モニターキャリブレーション」ですね。


プリンターの場合は、機器(機種)ごとに特性が違うから機器用補正が必要なのは判りやすいですが、
特性の異なる「紙」にインクを「吸わせる」以上、紙の特性にも合わせた補正が必要です。

そこで大抵のプリンタは、機種+紙特性のICM/ICCプロファイルを添付して、1つのプロファイル適用で対応させます。
そのような意味でプリンターに適用させるICM/ICCは、「本来は」色空間ではなく、機種+紙特性のプロファイルです。

(続きます)

書込番号:18004926

ナイスクチコミ!4


クチコミ投稿数:6677件

2014/10/02 11:20(1年以上前)

続きです。


色空間(のプロファイル)に関して。

「データ内」という意味では、色調・階調は、8bitなり16bitの階調情報と、色のチャンネル数で範囲が限定されます。
例えば最初から16bit・RGBであれば、許容量の膨大さから「色空間」という概念は一般的にならなかったでしょう。
つまり8bit階調というデータ取り扱い限界を有効に使うということで、「色空間」がポピュラーになったわけです。

sRGBというのはstandard RGBのことで、当時の入力/出力機器の「おおよその性能」から規定された共通色空間で、
古めのOSやアプリケーションで画像データを弄った場合、色空間指定は無視されsRGB扱いされることが多いです。


その後、汎用(入力)機器でもsRGBよりも広い範囲の色域を扱えるようになり、
オリジナルを劣化保存させることの是非から、色空間指定をする運用が「ポピュラーに」なりました。

例えば一眼レフでは、RAWデータ上では撮像素子限界に近いデータを記録していますから、
一般的なJPEG(8bit・RGB)に変換することは、データの一部を切り捨てていくことです。
そこで、AdobeRGBのような、ある意味での圧縮アルゴリズムを用いて、8bit・RGBに詰め込んでいます。

このアルゴリズムというのは「一応sRGBと同じように保存するけど、観る時は色変換してね」という内容なので、
かつてはAdobeRGBに対応していないアプリで開くと「彩度が落ちくすんで見える」事態が起きていました。
#現在は多様な「色空間」プロファイルが有るので、sRGBで開くと、既にまともではないケースもあります。

この色空間プロファイルというのは数式的な物なので、8bit画像はもちろん、16bit画像でも使用しています。
#現在は可視光線ではない画像を変換記録させる「色空間」も存在します。


イメージとしては、ピクニックに行くのにバスケットに食べ物を詰め込みますが、
食べるときは広げ、食べ終わったらまた残した物含めバスケットに仕舞う感覚です。
#バスケットから「直接食べようとすれば食べられなくもない」という意味で、圧縮と色空間プロファイルは別です。


ですから「OSが色空間(ICM/ICC)をきちんとサポートしていれば」出力時に「色空間」を指定する必要は無いです。

Windowsは8から正式(フル)サポートのはずなので、そこで混乱されたんでしょうね・・・^^;



現行のLightroom/Photoshopにおいては、そのようなOSによるサポートのバラツキを嫌って、
アプリケーション側にプリント制御機能を持たせることで、色空間制御をLightroom/Photoshopが行っています。

ですからLightroom/Photoshopでの印刷に関しては、前レスに書いたように、
「プリンタードライバー側のプリントダイアログを介さずに」直接指定して印刷するのがベターです。

プリンタードライバー側のプリントダイアログ経由で印刷することのメリットは、
Adobe系以外のアプリケーションでのプリントと「基本的に同一条件で」印刷できることです。

これは、年賀状ソフトなどで印刷する画像をAdobe系のアプリで調整→仮印刷してみるケースなどに便利です。


ということで、ひとまず直接印刷にトライしてみてください^^

書込番号:18004992

ナイスクチコミ!4


クチコミ投稿数:122件Goodアンサー獲得:1件

2014/10/02 13:49(1年以上前)

アキラ兄さん、レスありがとうございます。アキラ兄さんに教えて頂いた内容、プリンターの説明書、たまたま載っていた今月号のフォトコンのアプリケーションからの印刷の記事を見て、Lightroomからのプロファイル、プリンター設定のICMマッチング無し、プリンター側の印刷用紙プロファイル(今回はCanonのプラチナグレードなのでPT1)を指定して印刷、またイージーフォトプリントEX、Photoshopからの印刷をやって見ました。

しかし、全体的に赤みがかった仕上がりになってしまっています。画像の保存もProPhoto、AdobeRGB等試しましたが、同様の結果でした。

もう一度やってみようとは思いますが、簡易的な処置としては、プリンター側の色調整でマゼンダやイエローのマイナス調整でアンマッチを埋めてあげる形で良いのでしょうか?

書込番号:18005403

ナイスクチコミ!3


クチコミ投稿数:122件Goodアンサー獲得:1件

2014/10/02 14:05(1年以上前)

追記です。

Photoshopからの印刷で、今回用紙を2Lで行っていたので2Lを指定し、印刷設定でフィット、もしくはフチなし全面を選びました。出力側、用紙共に2Lのはずなんですが、プレビューそして印刷結果は等倍の2L切り出しの様な結果になってしまいました…^^;基本的なことかもしれませんが、原因が分かりません。何か方法、理由があるのでしょうか?

書込番号:18005427

ナイスクチコミ!3


クチコミ投稿数:6677件

2014/10/02 15:19(1年以上前)

元わたキートンさん

まず確認ですが、プリンターの設定で、ICMの設定を「ホストシステムによるICM処理」にしてみてください。
ICMの目的は「完全一致」で。
MG7530のプロパティで、全般>基本設定>詳細設定で出てくるところです。

で用紙サイズですが、Lightroomの画面左下の「用紙設定...」ボタンを押して用紙サイズを設定します。
同じようにプリント設定も、Lightroomの画面左下の「プリント設定...」ボタンを押して設定します。


あと2個目のレスですが、

>今回用紙を2Lで行っていたので2Lを指定し、印刷設定でフィット、もしくはフチなし全面を選びました。

設定は全てLightroom画面「左下」(右下ではなく)のボタンから行っていますか?

また「印刷設定でフィット」はプリンターダイアログでの設定でしょうか?

Lightroomでは「左下」の「用紙設定...」ボタンを押して用紙を設定すると、
画像自体の編集画面がそのサイズのアスペクト&トリミングになりますよね?

その状態で「印刷用紙にフィット」させる場合は、
Lightroom側の「現在の画像用の設定>ズームして合わせる」 にチェックを入れます。


>出力側、用紙共に2Lのはずなんですが、プレビューそして印刷結果は等倍の2L切り出しの様な結果になってしまいました

前述のように、Lightroomでは「左下」の「用紙設定...」ボタンを押して用紙を設定すると、
画像自体の編集画面がそのサイズのアスペクト&トリミングになります。
2Lにしていれば127*178mmになっているはずです。

その状態で前述のようにLightroom側の「現在の画像用の設定>ズームして合わせる」にチェックを入れた場合、
プレビュー(Lightroomの画面ですよね?)上で、用紙サイズにフィッティングしませんか?

また「印刷結果は等倍の2L切り出しの様な結果」というのは、
A4用紙に2Lが等倍切り出しで印刷されたと言うことでしょうか?
それとも2L用紙に、プレビュー通りの比率で余白が大きく(切り出したように)印刷されたと言うことでしょうか?

前者であれば、用紙設定が上手く行ってないということで、
後者であれば、プリントダイアログで「印刷設定でフィット」した結果だと思われます^^;


まず確認ポイントは、以下の2つです。
・用紙サイズを設定後、Lightroomのプレビュー画面サイズは、設定した用紙サイズに切り替わっているか?
・フィッティング関係の設定は、プリンタドライバダイアログではなく、Lightroomの画面上で選んでいるか?

そして、実際に印刷してしまうと、用紙もインクも勿体ないので、
Lightroomの「プリントジョブ>出力先:」をプリンターではなくJPEGにして出力してみてください。

この時に保存されたJPEGファイルをPhotoshopで開き、解像度やサイズ、実際の出力を見れば、
自分の意図通りに出力されてるかが判ります。

こういう部分は圧倒的にMacOSXの方が楽なのですが、Windowsの流儀にも理由はあって、なかなか難しいです。

書込番号:18005579

ナイスクチコミ!4


クチコミ投稿数:597件Goodアンサー獲得:36件

2014/10/02 22:57(1年以上前)

アキラ兄さんへ

例のImaging ResourceにG7Xの画像が少しUPされましたが、
いかがでしょうか?
マクロはなんかひどいことになってますが、あとは、意外とまあまあかと。

書込番号:18007150

ナイスクチコミ!3


クチコミ投稿数:6677件

2014/10/03 10:54(1年以上前)

別機種
別機種
別機種
別機種

体育系おやじさん

おはようございます^^

IMAGING RESOUCEは恒例のチャートサンプルが出まして、一応DPPでチェックはしました。
感触は悪くないのですが、ACRの対応を待たないと並列比較しにくいので、ソレ待ち中です(笑)

各所からサンプルが出てきていますが「IMADING RESOURCEのサンプルほど酷くはない」印象です。

ただ(こういうのは実際に「そういうもの」を撮ってれば判りますが)よく見える被写体の写真が多くて(笑)
比較的アットランダムに撮ってくれるのはDPREVIEWの実写サンプルなので、ソレを見て最終判断かなぁ・・・

ともかく、サンプルのズーム画角が広角端か望遠端が多くて、通常常用域は堂なの?と。
#僕もIMAGING RESOUCEの35mm相当が悪くなければあそこまで言わなかったというのもあるので^^;

マクロは酷い・・・です。撮れると言うだけですね。
通常の風景でも良い感じに見える画像でF5.0以降で、F4だとまだ緩めだったりとか(笑)
開放とはいいませんが、1絞り分、F2.8でF4の時ぐらいの画質が欲しいかなぁ・・・

あと、ピクセル等倍で見ると色々・・・なんですが、これは2000万画素のスケールメリットありきですからね^^

個人的には、現時点でもRX100M1<RX100M2<<G7X<RX100M3というイメージです。
#RX100M3との優劣は、ACRの対応後にシビアに見てみます^^


GM1のほうは、いつもG10/15/EF-S15-85なので、キットズームなりの高性能に若干苛ついてます(笑)
もうひと息を望むのは無茶とは判っていますが、トーンのまとめ方は良いだけにアレです。

書込番号:18008463

ナイスクチコミ!5


クチコミ投稿数:330件Goodアンサー獲得:2件

2014/10/04 00:39(1年以上前)

別機種
当機種
別機種
当機種

G7X 28ミリ付近

G10 28ミリ付近

G7X 90ミリ付近

G10 90ミリ付近

今日、ヨドバシに行ってG7Xを触ってきました。
持った感じは予想通りの感覚でした。Sシリーズを高級にしたような質感です。
写りのほうは、期待通りとはいきませんでした。
画面の四隅が崩れていきますね。
でも、悪いカメラじゃないです。でも、今までのGシリーズより高い割にそれほど感動するようなカメラではありませんでした。バッテリーの持ちも悪く、設定とかいじっていたらすぐ電池マークが赤になってしまいました。
店内の写真ですが、ご参考になれば幸いです。
安くなったら買おうかなぁ〜(^^)

書込番号:18011079

ナイスクチコミ!5


クチコミ投稿数:597件Goodアンサー獲得:36件

2014/10/04 07:43(1年以上前)

アキラ兄さん
ドリームシードさん

おはようございます。
やはり、G7Xは、F5.6ぐらいまでしぼらないと、解像感がでてこないようですね。
M3だと、1〜2段解放側でも十分解像しているみたいです。

それにしても、G10は、レンズ性能が良いですね。

アキラ兄さんから、「YOU、買っちゃいなよ」の一言でもあれば、その気にもなるのですが、
ACR対応を待たなくても、G7Xはパスしたほうが、良いみたいですね。

書込番号:18011559

ナイスクチコミ!4


クチコミ投稿数:6677件

2014/10/04 09:22(1年以上前)

別機種
別機種
別機種
別機種

ドリームシードさん

その傾向はS100以降の機種ではあったので、G7Xは順当にS120後継機ということだと思うんです。
全てのポイントはそこなので、実売価格が本来に落ち着けば悪い機種ではないともいえますね。


体育系おやじさん

DCWatchにも記事が出てますね。前のレスはこれ見る前に書いたので(笑)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/review/special/20141003_668921.html

Flickerにアップされた画像を見ると、F4だと緩くて、F5の画像は悪くないんです。

で、大体この手の記事の人は1段刻みでしかチェックしないので・・・^^;
僕は実用のためのチェックですから1/3段刻みで調べますが、ズームだと膨大な画像量ですから(笑)

で、なぜG7XでF5.6まで絞らないとダメなのかを推測するとですね、
本来のフォーマットサイズ的にはF4辺りで解像のピークになっておかしくないんですが、
たぶん各種収差が暴れていて、解像と言うよりも、全体が安定するのがF5.6くらいなんだと思います。

24mm相当でF1.8のレンズは設計段階から無理があって、
このレンズをF2.8まで絞ったからといって、最初からF2.8開放で設計したレンズの性能には及びません。

どうもここら辺を勘違いしているユーザーが多いですよね^^;


GM1を使ってて思うのは、FX150の頃よりは大幅に改善されてて困ることは少ないですが、
それでもユーザーインターフェースでは、キヤノンに敵わないと言うことです。

残念ながら現時点では、RX100M3ではなくG7Xを選ぶ理由としては、
UI、ボディのハンドリング、DPPの出来が良いこと・・・くらいかなぁ^^;

G7Xは欲しがる人を止めるほど悪くは無いけれども、積極的には奨めないという感じです。

書込番号:18011821

ナイスクチコミ!6


クチコミ投稿数:6677件

2014/10/05 13:01(1年以上前)

で、SDカードネタですが、
こちらに来られてる方は連写派ではないですし、僕も違うわけですが、
前述のようにGM1はバッファメモリ量の関係からか、JPEGでは問題ないのですがRAWだと書き込みにもたつきます。

コンデジ常用していたTranscendのClass8/8GBのSDだとツラかったので、
手持ちのSanDisk Extreme Class10 UHS-1-Class1(R:80MB/s W:60MB/s)に換えたら速くなった、

というのが前回まででして、GM1はUHS-1対応なのでもう少し速くなりそうだということで、
SanDisk ExtremePro Class10 UHS-1-Class1(R:95MB/s W:90MB/s)を(安くなってたので)奢ってみました。
http://kakaku.com/item/K0000307391/

ちゃんと数値通り、体感2/3くらいに書き込みが短縮されまして、
UHS-1規格対応の凄さと、GM1のバッファの少なさを(さらに)実感しました(笑)

でもこれを元に考えれば、バッファの少なめな中級以下の一眼レフでも、
UHS-1対応の機種なら、対応の高速SDカードを奢れば、一般用途でストレスはなくなるということですね^^

僕は動画を撮らないので8GB程度の容量がちょうどいいので、仕事セットの60Dのみ16GB体制ですが、
16GBでも、安価で高速なUHS-1対応のSDカードはあるようですね。
http://www.amazon.co.jp/HanyeTech-UHS-Iスピードクラス1-超大容量90MB-ハイビジョン録画対応-並行輸入バルク品/dp/B008DEQ32O/

さすがにバルクで64GBは怖いので手を出しませんでしたが、別段不具合報告はないようです。


ちなみにG10/15に挿しても、UHS-1非対応&バッファメモリで制御というのもあり、
連写をすればまた変わるのかも知れませんが、特に書き込みは速くなりませんでした。

またキヤノンコンデジは書き込み時に液晶が暗転するので「間を諦めさせる」工夫がされてます^^;
GM1だと、背面液晶は見えているのに、書き込みマークが点滅してレリーズができないというのが(笑)

こういうユーザーエクスペリエンスの維持(悪く言えば誤魔化し方)というのは、キヤノンは大変優秀ですね^^

書込番号:18016615

ナイスクチコミ!4


クチコミ投稿数:330件Goodアンサー獲得:2件

2014/10/05 15:26(1年以上前)

こんにちは。

体育系おやじさん
コメントありがとうございます。
G10はレンズが素晴らしいと改めて思いました。高感度域がよければ買い替えは考えなくていいのですが。
G7Xは新しいだけあってきびきびしてます。
G16のほうがレンズの性能は上のような気がします。
でも1インチのカメラが欲しいので・・。
しばらく見守りたいと思います。

アキラ兄さん
そうですね。おっしゃる通りです。
G16の後継機ではないですね。
絞って使うという方法もありますが、レンズの明るさを最初から無理の無い設計にしてほしかったです。
半年前のアンケートにはっきりとそう書いたのですが・・。
RX100シリーズも触ってみましたが、G7Xのほうが持った感じはよかったですし、やはりキヤノンからは離れられないと思いました。
ニコンから1インチセンサー出してくれればそれも検討したいですが。

書込番号:18017103

ナイスクチコミ!3


クチコミ投稿数:6677件

2014/10/05 16:33(1年以上前)

ドリームシードさん

僕が昔(2008年)、1インチが落とし所になるといったのは、ボディサイズ的な要件とレンズ性能からでした。
http://bbs.kakaku.com/bbs/00500211327/SortID=8421414/#8427364

それでもF2.0を切ってしまうと、(レンズ)サイズメリットを手放してしまうだろうと思っていたんです。

それが、実際は、画質について妥協する方向でダウンサイジングに進んでしまったのは、
下手に1/1.7型小型撮像素子+明るいレンズ=高級高性能機という売り方をしてしまったからですね^^;

なぜ、オーソドックスで真っ当なカメラをメーカーは作らないのか?

理由は色々あるのでしょうけれども、そしてその理由の中にG10の含まれるのでしょうけれども、
コレでは結局、写真文化自体が、PCのスペック競争のようになってしまいます。

1型撮像素子でF2.8のレンズなら、かなり通好みな描写に持って行けるはずです。
販売を考えてF2.0まで無理をするなら、潔く広角端28mm相当までで納めるべきです。

考えて貰うと判りますが、iPhone5Sのカメラは単焦点で5枚で30mm相当ですから下手なズームでは勝てませんよ。

実はiPhoneの方が、カメラとしては真っ当に画質を稼いできていて、
カメラメーカーの造るカメラの方が、スペックと販売価格を気にして無理に無理を重ねたコンデジを出しています。

言い換えれば、リーバイス501が欲しいユーザーに対して、ユニクロのジーンズは真っ当なデザインで追い上げてきて、
それに対抗して、501とはかけ離れた高品質なジーンズを作ったとして、生き残れるでしょうか?

だって、付加価値付けるのであれば、ユニクロとかの方が得意なわけですよね?
501じゃないなら、別にリーバイスじゃなくたって・・・というのはあるじゃないですか(笑)

カメラ屋が、真っ当に設計した、「いいからこれで撮って見ろ」っていうコンデジがGシリーズだった気がするんです。

色々やるならEOS Mでいいじゃない?とか。

昔冗談で、「ニコンF/F2がプロ機なのは、いざとなったら相手を撲殺できるからだ」ってのがありましたが、
G10を持つと、「G10ならどうにかなるかも」って思えちゃうような、全方位へのソリッド感が欲しいですね。

書込番号:18017366

ナイスクチコミ!7


クチコミ投稿数:6677件

2014/10/05 17:16(1年以上前)

余談タイムスってことで。

iPhoneカメラアプリの645ProIIが予想通りの機能アップで645ProIIIとなりました。
https://itunes.apple.com/jp/app/645-pro-mk-ii/id518235205

内部(通し)バージョンは4.0で、旧バージョンユーザーは無償アップグレード、新規は400円です。
iPhoneのレンズは絞り固定なので、ISO感度とSS可変のAEが可能になってます^^

ちなみにこのアプリは、フィルム(現像)シミュレーションモード(JPEG)の他に、
僕が知ってる中では唯一、ネイティブな画質劣化無しでTIFF保存ができます。

書込番号:18017545

ナイスクチコミ!4


クチコミ投稿数:6677件

2014/10/07 17:26(1年以上前)

別機種
別機種
別機種
別機種

自転車で用事ついでに池上本門寺に寄ってきました。

GM1は良いのですけれど、評価測光とAWBの的確さはキヤノンコンデジには及ばない感じです。
僕はRAW撮りだからいいですけれど(笑)

オマケ12-32mmズームは、若干逆光時にフレアやゴーストが出やすいようです。
やっぱり本気で使うには、それなりのレンズを買わないとダメですね^^;

G10も一緒に持ち歩いて画質比較したりなどすると、投資に対して精神衛生上良くないのは目に見えてるので、
まずは「慣れ」優先ですなぁ・・・^^;

書込番号:18025000

ナイスクチコミ!5


クチコミ投稿数:122件Goodアンサー獲得:1件

2014/10/07 17:33(1年以上前)

みなさん、こんにちは。半期決算なうで忙しくしててレスがアレ…^^;

遅くなりましたが、あまりPC触る時間無かったので、プリンターの検証を出来る範囲でやりました。

PSの印刷サイズは、アプリ側のフィットさせるのチェック箇所があるのを知らず、見落としでした。スミマセン^^;

それとカラーマネジメントですが、教えて頂いたホスト…が探せず、プリンター色調整にて、取り敢えず仮でモニターとニアな印刷結果に合わせました。結果として、アプリ側のプロファイル設定+プリンター側用紙プロファイル+プリンター側色調整という感じです。

取り急ぎですが…報告まで^^;

書込番号:18025016

ナイスクチコミ!2


クチコミ投稿数:6677件

2014/10/08 14:13(1年以上前)

機種不明
機種不明

色空間はDL後「sRGB」に指定してください

元わたキートンさん

最初にごめんなさいですが、僕のWin7上でのiP7500プリンター設定が、
MaxcOSX経由でPostScriptプリンター(サーバ)扱いになっていまして、幾つか指示が頓珍漢でした^^;

基本的には添付した画像のような設定になっていれば大丈夫な「はず」で、でもこれは試した結果ですよね?

ちなみに、この方法はPhotoshop/Lightroom共通のルーチンでOSに任せずプリンターを制御するやりかたで、
年賀状作成ソフト等からの出力時は、プリンタドライバー側での調整となる(制御が変わる)短所がありますが、
Photoshop/Lightroomからの出力に限っては、高精度でOSバージョンによるバラツキのない出力が可能です。

この方法で出力して、純正インク・純正ペーパーで、大きく色味が傾くであるようであれば、
カラーチャートを印刷し、本当にプリンター側の色がずれてるのか(モニター側がズレてるのではないか)を調べます。

↓CAPAが配布しているカラーチャート
http://capacamera.net/special/chart/

このカラーチャートは、個人的にはあまり良いとは思わないので(笑)、
僕が普通に使うsRGBグレースケールチャートをアップしておきます。
#これはこれでチェックに注意が必要な部分もありますが、インク消費量も少ないので^^;

両者ともDL後Photoshopで開いて、sRGBのプロファイル指定を行い、
別名保存でPSDかTIFFを選び、プロファイル埋め込みで保存します。

この画像をプリントして貰って「グレー部分の色被り」のみをチェックし、
色被りが在るようで有れば、プリンター側のカラーマッチング不良です。
#グレーを黒インク指定ではなくRGB混色で指定していますので、超微妙な色転びは誤差範囲だと思いますが。

別段気になるほどの色被りはないが、モニター上のグレースケールの色味と異なるのであれば、
モニター側のカラーキャリブレーション不良である可能性が出てきます。

そうなると別の調整となりますので、ひとまずここまで試してみてください^^

書込番号:18028214

ナイスクチコミ!3


クチコミ投稿数:6677件

2014/10/08 14:53(1年以上前)

で、DPREVIEWにG7Xの一般サンプルがアップされました^^
http://www.dpreview.com/galleries/reviewsamples/albums/canon-powershot-g7-x-photo-gallery

やはり基本的には1型2000万画素撮像素子依存のパッケージですね・・・

広角側画角域全般での周辺画質の悪さや、マクロ時の描写の悪さはレンズ性能由来で間違いないと思います。

あと、基本的にデジタルエンジンでのディテール(輪郭)エンハンスが強めなので、一見シャープに見えます。

この「一見シャープ」という状態の見破り方ですが、
被写体の遠近にかかわらず一定のシャープさが維持されている場合、画像処理によるエンハンスの可能性が高いです。
昨今のエンハンス処理は賢いため、単純なシャープフィルターのように露骨ではありませんが、
このタイプの処理が行われると、綺麗でシャープだけど、立体感や抜けにどことなく不自然さが出ます。

具体的にいえば、木々のある風景では、ナチュラルにパンフォーカスで全域にピンがある場合、
手前の枝や葉の輪郭と、背景側の枝や葉の輪郭は、遠近法に基づく意味で「輪郭の量」が異なります。
しかし一度画像となった物に輪郭補正を適用すれば、被写体までの距離は画像から算出できないため、
元の画像にあるディテール(輪郭)に応じて、一定量の輪郭補正を適用することになります。


結果、遠近を無視した輪郭補正がかかり、程良くシャープなのに立体感に乏しい(矛盾した)画像になります。


また、1型ゆえに発生するアウトオブフォーカス部の像の弛み(ボケ)がモヤモヤするのは、
若干のボケ部分のエッジにも輪郭補正が適用されてしまって、相対的に目に付いてしまうからですね。
#もちろん大きくボケていれば輪郭補正はパスされるので不自然にはなりませんが・・・

G7XのJPEG画像は、残念ながらそういう画像でして、これはRAWデータをACR辺りで現像すれば判ります。

少なくともIMAGING RESOUCEでのスタジオ(チャート)サンプルのRAWをDPPで現像した場合には、
レンズの今一歩感は多少ありますが、比較的ナチュラルな描写と解像になっています。


つまり、今のJPEGの味付けだというのは、1型で得られる自然なボケは生しにくい画像処理です(笑)
理由は色々あるんでしょうけれども、個人的には「コレジャナイ」感が・・・^^;


単純にチルト液晶無しでS120のスープアップでGの末弟に昇格&コンパクト&軽量・・・じゃまずかったんですかね?
気軽に持ち歩くには、小型といえどもちと重い感じがしましたし、
従来のGは無くす代わりのボトムアップは、メーカ都合ではあっても、ユーザーにはメリットが薄いように思います。

だってこれが1インチSコンセプト機だったとしたら、
多少レンズに無理があるといっても、ユーザーには格段デメリットは生じないですから^^;

書込番号:18028306

ナイスクチコミ!6


クチコミ投稿数:6677件

2014/10/08 17:25(1年以上前)

機種不明
機種不明
別機種
別機種

DPREVIEWサンプル:オリジナル

DPREVIEWサンプル:1.2pxガウスぼかし適用

輪郭補正について、例えば一例を。

素材はDPREVIEWのこのサンプル画像です。
http://www.dpreview.com/galleries/reviewsamples/photos/3038676/g7x-iso125-img_0303?inalbum=canon-powershot-g7-x-photo-gallery

この手のエンハンスは、リサイズしてしまえば検出しにくくなるので、
高画素機のスケールメリットとしてはアリな手法だとは思いますが、個人的には好きではありません。


もう一例は、このエンハンスがもたらす不自然さの実例です。

サンプルの画像はDPREVIEWのこちら。
http://www.dpreview.com/galleries/reviewsamples/photos/3038662/g7x-iso125-img_0205?inalbum=canon-powershot-g7-x-photo-gallery

3枚目はオリジナル画像のままアップしますので、リサイズされた状態で見てみてください。
4枚目はオリジナルにPhotoshopで半径1.2pxのガウスぼかしフィルターを適用させた物です。

4枚目は不自然なエンハンスが消えて、ピクセル等倍もリサイズ画像も、画像としてスムーズに見えることが判ります。

この手の処理は、かなり高度になってきているので、有用ではありますが、
レンズ自体の性能のエンハンスとして処理するのは堂なんだろう・・・というのが僕の意見です。

やはり隠し味は隠し味程度に抑えるのが、品の良い使い方に思えます。

書込番号:18028685

ナイスクチコミ!6


クチコミ投稿数:6677件

2014/10/08 17:37(1年以上前)

別機種
別機種

DPREVIEWサンプル:オリジナル

DPREVIEWサンプル:0.8pxガウスぼかし適用

上の投稿でボカしているのは、(結果的に解像は落ちてしまいますが)解像を落としているのではなく、
輪郭補正でついた不自然なハイライトを消していると考えてください。

ですから当然輪郭補正がかかってない元画像があれば、結局はそれがベストの画像だと思います。
#これはDPPにしろACRにしろ、RAWで撮って普通に現像すれば得られるはずです。

上の投稿の半径1.2pxでのガウスぼかしは、差を出すために強めにボカしているので、
程良くエンハンス部分のみボカした半径0.8pxの画像もアップしますので参考にしてみてください。

書込番号:18028719

ナイスクチコミ!5


クチコミ投稿数:6677件

2014/10/11 00:31(1年以上前)

別機種
別機種
別機種
別機種

IMAGING RESOUCE サンプル:JPEG撮って出し

IMAGING RESOUCE サンプル:RAW-DPP(NR:0/シャープ:0)

MAGING RESOUCE サンプル:JPEG撮って出し

IMAGING RESOUCE サンプル:RAW-DPP(NR:0/シャープ:0)

G7Xの実機を色々触って来ましたが、うーん・・・でしたね^^;

一番ガッカリだったのは、専用露出補正ダイヤルが回しにくいこと(笑)

半埋込で、ダイヤルのローレット露出が右側と背面側の90°で、普通につまんで回せないのはGシリーズ伝統ですが、
位置が右端になった関係からか、親指でずらして回すのに力がかかりにくいのか「カタい」んです^^;
G15/16だと右側ながら中央寄りなので、親指で素直に回せるんですけども・・・
クリックの固さを急に上げるわけがないので、位置による操作性の違いで間違いないと思います。

クリックの固さと言えば、前面のコントロールリングも「カタい」^^;

だって、右手でホールドして、左手でコントロールリング回すと、
クリックで動き出すときと止まるときの「ガクン」ってので、ボディが揺れちゃうんですよ?(笑)
確かに気がつかずに回してしまうと面倒なんでしょうけれども、これはもうちょっと考えた方が・・・
S120だとボディが軽いので右手グリップが効いて、似たクリック感でも揺れにくいんですけれども。

それ以外はキヤノンらしいソツのない(これは凄く重要ですが)まとまり具合でした。

1型撮像素子からくる余裕分を、レンズ性能にも同等に求めない限りは、悪くは無いのかな?
でも横にあるRX100M2/M3のほうが一回りコンパクトに見えてしまう時点で、「ダメ」な気がしましたが^^;


で、アップした画像はIMAGING RESOUCEのG7X/ISO125のサンプル画像です。
1枚目がJPEG撮って出しで、2枚目がRAWを僕の方でDPP(全NR:0/全アンシャープ:0)で現像した物です。
#DPPのパラメーター0は必ずしも処理適用ゼロではないことに留意してください。

見比べると判りますが、RAWでゼロで現像した物の方が素直な画像ですし、リサイズしてもナチュラルにシャープです。

3枚目と4枚目も以前ピクセル等倍で見た35mm相当の画像を、同じ比較でアップしました。

たしかにRAWでゼロで現像した物は「ゆるめ」なのですが、
そのかわりエンハンスで生じていた嫌なモヤモヤがないので、スムーズな画像に見えます。

DPPでの傾向を見るに、ACRならばもう少し細部が出ると思うので、もう少し自然にシャープネスを稼げるかな?とか。

ということで、G7Xはレンズはイマイチでボディの操作性の煮詰めに疑問点はあるけど、
RAW撮影を前提として、実売価格を考えなければダメダメって程悪くは無い・・・という結論に至ってます^^;

まぁJPEGでもマイカラー設定である程度フォローできるのかも知れないのでアレかな?

キヤノンはもう少し
「普通の人が普通の生活で普通に扱って普通に撮って普通に高画質」
なコンデジ出さないとダメだと思いました。

その上限がS120だとしたら、G7Xは「普通の人の背伸びの範囲」を逸脱していますね。

書込番号:18037251

ナイスクチコミ!4


クチコミ投稿数:6677件

2014/10/15 12:01(1年以上前)

DPREVIEWのスタジオサンプル比較にG7XとLX100が追加されましたので、RX100M2/3の4機種で比較しました。

JPEG-ISO200

http://www.dpreview.com/reviews/image-comparison?attr18=daylight&attr13_0=canon_g7x&attr13_1=sony_dscrx100m3&attr13_2=sony_dscrx100m2&attr13_3=panasonic_dmclx100&attr15_0=jpeg&attr15_1=jpeg&attr15_2=jpeg&attr15_3=jpeg&attr16_0=200&attr16_1=200&attr16_2=200&attr16_3=200&normalization=full&widget=1&x=0&y=0

RAW-ISO200

http://www.dpreview.com/reviews/image-comparison?attr18=daylight&attr13_0=canon_g7x&attr13_1=sony_dscrx100m3&attr13_2=sony_dscrx100m2&attr13_3=panasonic_dmclx100&attr15_0=raw&attr15_1=raw&attr15_2=raw&attr15_3=raw&attr16_0=200&attr16_1=200&attr16_2=200&attr16_3=200&normalization=full&widget=1&x=0&y=0

LX100のレンズが中央部・周辺部含めて像流れや色収差補正なども効いていて頭1-2つ抜きんでていますね。
G7Xは中央部を外れるとすぐに色収差が気になりだしますが、周辺部まで何とか持たせるイメージ。
RX100M3はG7Xより僅かに解像が劣りますが全体のレンズの程度はG7X並。
RX100M2とM3とではやはりM3の法田全域でレンズ性能は上回っていて、M2とG7XならばG7Xですね。

ノイズ感でいうと1インチ機種は大差なく、LX100がフォーマットサイズ分良いイメージ。
LX100のアドバンテージはJPEG時の方が大きいですが、それ以前のレンズの質の良さのほうが顕著です。
高感度でも1インチ機種は大差ないですが、LX100はISO800以上で1段分強ほどノイズに強いようです。


結果は凄くベタです^^;

RX100M2/3は若干鏡胴の偏芯があるのか、M2では右側が、M3では上側(左方向)が良くありません。
G7Xも比較的下側が良くないですがRX100M2/3程ではありませんが、LX100は問題ないです。

鏡胴の偏芯はフォーマットサイズによるスケールメリット(相対精度)が大きい部分ですので、
LX100はあらゆる意味でフォーマットのメリットを生かせてるカメラですね。

DPREVIEWのサンプルを見ると、レンズはGM1の12-32キットレンズより(周辺部以外は)良いです。
http://www.dpreview.com/galleries/reviewsamples/albums/panasonic-lumix-dmc-lx100-samples-gallery

http://www.dpreview.com/reviews/image-comparison?attr18=daylight&attr13_0=panasonic_dmclx100&attr13_1=panasonic_dmcgm1&attr13_2=canon_g1x&attr13_3=canon_g1xii&attr15_0=raw&attr15_1=raw&attr15_2=raw&attr15_3=raw&attr16_0=200&attr16_1=200&attr16_2=200&attr16_3=200&normalization=full&widget=1&x=0.0017410714285714904&y=-0.008341747814540295


僕の雑感でいうならば、パナが良いというよりは、パナは選択と集中に成功したのかな。

ソニーはRX100シリーズを当ててしまった分、そのクラスから抜け出せないジレンマがあるように感じていて、
RX10程ではなくRX100シリーズより若干上あたりのレンズとの組み合わせが高画質機としてはバランス良く、
RX100シリーズほど金をかけていないパッケージの廉価1インチ機がだせれば利益効率が上がるだろうに、と。

キヤノンは1インチ機を出すならソニー自体のジレンマを見越した機種を出すべきでしたが、
やはり頭上にG1Xシリーズがあるのが枷だったのかなぁ・・・

でもそのG1Xシリーズも、LX100のレンズの方が微妙に良く感じられる状況だと・・・^^;

キヤノンの高倍率ズームG機はCP+には出てきそう(=もう変えようがない)なので、いまさら遅いのでしょうけど、
どのようなラインナップ(フォーメーション)で顧客を囲い込むのか考え直した方が良いというのがアレ^^;


ということで今季コンデジなら(予算が許すなら)LX100がイチオシで、
G7Xも(予算が許して多くを求めないなら)それほど悪くは無い選択かな。

1インチ機は、メーカーが背景をぼかす(表現)よりも「安定した描写」に重きを置いた時に、
ある意味で「写ルンです」的にフォーマットメリットをしゃぶり尽くせるのだろうと思います。

書込番号:18054289

ナイスクチコミ!5


クチコミ投稿数:6677件

2014/10/16 16:05(1年以上前)

別機種
別機種
別機種
別機種

GM1も慣れてくるとそこそこ面白いですね^^

ACR現像時のパラメーターのツボもおよそ見えてきましたが、応用範囲は狭い感じです。
ノイズを消す方向で行くと、レンズ自体の解像の程々さ故なまくら風になりがちなので、
粒状ノイズは残す方向(=若干の小型撮像素子風)がバランスが良いのかな・・・

ライカの15mmは確定として色々レンズを調べてみていますが、思いの外無難な描写のレンズが多いなぁと(笑)
さらに価格.comだと、M4/3のレンズのレビューコメントは
「そりゃキットズームに比べりゃそうでしょうよ」というレベルが多くて^^;

作例もあまり参考にならないのが多かったりと、色々難しいクラスですな・・・

書込番号:18058138

ナイスクチコミ!3


クチコミ投稿数:122件Goodアンサー獲得:1件

2014/10/17 00:36(1年以上前)

機種不明
機種不明
機種不明

皆さん、こんばんは!最近東北はめっきり寒くなりました。(ですよね?ドリームシードさん!)
幾分紅葉も進み始め、今年は何をどのレンズで撮ろうか模索してますが、たぶん、EF24oF2.8ISUSMとG15と645PROmk3でしょうかね…

画像はMKUではありますが、依然アキラ兄さんが書いていたように、本当に使えるアプリです。AdobeCCの恩恵でIphone5SでもLRが使えるのでちょっとした画像はiphone5sとMG7530のみでスナップ撮影⇒印刷まで行けます。

印刷は中々試せていないのが現状です。

今、仙台では篠山紀信の写真力展を今週いっぱいやってますので、見に行きたいのですが、家族の予定優先でいけるかどうか微妙です・・・ポートレートの参考にと、北野武の1枚を生で見てみたいですね。

書込番号:18059902

ナイスクチコミ!4


クチコミ投稿数:122件Goodアンサー獲得:1件

2014/10/17 01:07(1年以上前)

別機種
別機種
別機種
別機種

ベタですが松島です

それと…今秋の新商品は未だ触れていないのが現状です。G7X早く触ってみたいですね。諸々のご紹介サイトも踏まえ、来月発売のLX100を早く触ってみたいですね。本体・レンズ・コンデジへの投資は当面無いんですけどね…^^;

と言いながらもアキラ兄さんがGM1逝ってしまわれたので…予てより考えていたことなんですがEOSM2+EF24mmF2.8isUSMでISの恩恵も受けながらスナップ機として(お供にEF-S60mmマクロを添えて)普段使いできそうな感じで考えています。これだと収納スペース余りとらずに、パンケーキとはまた違った撮影ができそうかな?と一応価格だけは見ている状況です。GM1なかなか弄り幅が少ないんですね。それでもアップして頂いた画像、ACRが入っているとしても良い印象です。

小さな散財ではEye-Fiカード・東芝FlashAir32GBを購入しG15でテスト中です。ここからIphone5S、Ipadairへ飛ばしてLR-mobile⇒SNSのフローもしくはMG7530を試しています。SNS間での画像やり取りであればiphoneで十分ですが、その後でプリントも考えるとPCを通すまでも無いもしくはすぐプリントする時などはIpadで確認⇒印刷は友人が来た時などの撮影ではかなりの作業量圧縮できます。用途で使い分けるため現在テスト段階ではありますが、60Dも含め色々試してみようかと思っています。

書込番号:18059975

ナイスクチコミ!4


クチコミ投稿数:330件Goodアンサー獲得:2件

2014/10/17 19:14(1年以上前)

当機種

MASTERキートンさん

お久しぶりです。本当に仙台は朝晩冷え込むようになりましたね。日中は暖かですけどね。

昨日、VOGUEなどの表紙を撮影している、世界的写真家のマリオ・テスティーノさんがニュースZEROに出てきましたが、日本でのパーティーイベントでキヤノンのG16らしきカメラを使っていました。キヤノンのロゴは塗りつぶされていたので、はっきりとは分からないのですが、キヤノンの一眼レフも使用しているようでしたので、多分そうではないかと思います。
嬉しかったです(^^)
もっともスタジオでは中判カメラのようでしたが。

G16の真の後継機出て欲しいなぁ(ため息)。

書込番号:18062160

ナイスクチコミ!4


クチコミ投稿数:330件Goodアンサー獲得:2件

2014/10/17 21:23(1年以上前)

追伸

篠山紀信先生の写真力展はちょうど昨日見に行ってきたところでした。地元のテレビ局のOHバンデスで見ていましたが、実物は圧倒的でした。テレビでは紹介されてない写真も沢山あり、見に行って本当によかったです。どういうプリンターでプリントすればああいう綺麗なプリントになるのだろうと思いました。
見に行けるとよいですね。

書込番号:18062660

ナイスクチコミ!3


クチコミ投稿数:122件Goodアンサー獲得:1件

2014/10/18 11:56(1年以上前)

ドリームシードさん
おはようございます。篠山紀信展 写真力、開館と同時に行ってきました!

テレビ等の媒体で何度か目にはしていたり、情熱大陸で写真力の概要を見ていたのもありますが、生でそれを見ることで、その力強さや面白さを感じることができた気がします。撮影時のライディングなどが分からないのでポートレートの参考とまでは行きませんが、見に来て良かったですね。

ただ残念だったのは会場のライディング…STARのテーマのところですが、写真の紙質、トーンが暗いこともあり、天上ライトがモロに反射してしまい、ちゃんと見れなかった。しかも見たかった北野武が特に…^^;

そうそう、写真家の土屋勝義さんが来場されツアーを組まれ解説されてました。自分が立ち会ったものや、技術的なことなど、勝手に後ろに並んで聴いてました(笑)

書込番号:18064751

ナイスクチコミ!3


クチコミ投稿数:122件Goodアンサー獲得:1件

2014/10/18 12:10(1年以上前)

機種不明

645PROmk3

追伸です。ふと思い出しましたが、土屋勝義さんは多分EOS学園の講義で来られたみたいですね!

書込番号:18064791

ナイスクチコミ!3


クチコミ投稿数:122件Goodアンサー獲得:1件

2014/10/18 15:06(1年以上前)

3タテでスミマセン…^^;

G7X触ってきました。かなり萎えてしまいました…触る前は描写の部分の理解?と皆さんが触った感想からの想像で捉えてましたが…とにかく構え辛い、設定変更し辛い、撮りづらい…^^;アキラ兄さん曰くの帯に短し襷に長しな存在ですね。僕等が狙っているサイズではないですね。そして操作系の硬さは僕には論外ですね。ベースの外寸が小さい分、余裕が無く、アナログ操作を阻害してます。

大なりのスペックニーズと小なりの使い易さ、マーケットの難しさでしょうかね?開発コンセプト的には&#9898;&#65038;、写真を撮る為の進化としては×な気がします。

書込番号:18065309

ナイスクチコミ!4


クチコミ投稿数:330件Goodアンサー獲得:2件

2014/10/19 00:56(1年以上前)

MASTERキートンさん

こんばんは。
写真展にいけてよかったですね。土屋先生に遭遇するとは!
仙台に来ていたことは知っていましたが、高校生との交流があったのですね。解説聞きたかったです!どんなこと言っていましたか?
反射は確かに気になりました。光沢のあるプリントですし、見上げるように見るので照明がちょうど目に入るのですよね。会場のセッティングをしっかりして欲しかったですね。
でも、自分はそんなことが気になる気持ち以上に写真に見入ってしまいました。
G7Xダイヤルは使いづらいですね。硬くて指が痛いです。配置が悪いせいですね。

iphoneの写真綺麗ですね。スマホだと感じさせないですね。

書込番号:18067299

ナイスクチコミ!2


クチコミ投稿数:6677件

2014/10/19 02:55(1年以上前)

別機種
別機種
別機種
別機種

元わたキートンさん
ドリームシードさん

ちょいと伊豆・伊東への墓参ついでに江ノ島と修禅寺に回ってましてアレです^^;
家に戻ってから(明日にすれば良いのに)OSのアップデートかましてたらこの時間だというのは秘密(笑)

645 PRO Mk3に関しては、ISO50固定で撮影できる&露出補正がかけられるのがいいですね^^
まぁ本来はiOS8側の機能なんですけども(笑)

LX100は、GM1購入前に一度候補には挙げたんですが、
G1X2と同じように収納時から鏡胴径が太く、そして使う段になるとテレスコがニョキニョキと^^;

沈同時にフルフラットとまではいいませんがもう少しコンパクトなら許せますが、
沈同時でもパンケーキレンズ付けたくらいの出っ張りですからね(笑)

ここらへんは「画質が良ければなんでも良いとでも思ってるのか!」と^^;

そういや東松照明はG10使ってたけど、亡くなられる前にG15は手にされてたのかな・・・
G10はモノクロ写真が成り立つ初めてのコンデジと感じましたが、
東松照明が手にしてる朝日新聞の写真を見て、さもありなんと

篠山紀信といえば赤塚不二夫・・・じゃなくて、僕は荒木経惟の方が好きなのですけども、
カメラマン=写真家としての才能で比較すれば、やはり篠山紀信の構築が上ですよね。
荒木経惟の写真を見て、写真が上手くなる・写真を始めようと思う・・・という気はしませんです^^;

というか、ビートニクの延長で写真を撮ってる僕としては、
成り行きで現場仕事をこなすことが大前提として歳を喰った僕としては、
写真家の話題では時々困るという(笑)

ジョンとヨーコの写真は好きですけどね^^


で、GM1です。

GM1は「弄り幅が少ない」というよりは、落とし所が(比較的)明確だという感じでしょうか。
ACRで弄るにしても「それ」前提で弄るので「バリエーション」という感覚があります。
#よくいえば「受け幅がある」ということなので「弄り幅が少ない」とは違うかな・・・

ここら辺は言葉で表現するのが難しいです(笑)

で、GM1ですが、JPEGの発色(否階調)が魅力的なのですが、
RAWだと素直に同じ色が出ない(特にACRだと?)ので、
ACRのカメラキャリブレーションで色相を「順繰りにずらして」再現できるようにしてみました。

そんな暇があったら写真の腕を磨けよといわれそうですが・・・^^;

書込番号:18067458

ナイスクチコミ!3


クチコミ投稿数:6677件

2014/10/19 16:51(1年以上前)

機種不明
機種不明
機種不明
機種不明

645 PRO Mk3についてです。
http://jag.gr/645pro/

iOSアプリなので、Androidだと使えない部分はご容赦を^^;

まず大元の645 PROというアプリは、iOSカメラアプリで唯一無劣化TIFFで出力できるところがウリです。

スマホや携帯のカメラというのは完全なモジュールですので、
スマホ側から既定の制御コードを渡して、その代わりにデコードされた画像データを受け取る仕組みです。

つまりデジカメのように撮像素子(的)データ(=RAW)を受け取って処理するのではなく、
モジュール側でRGB画像に変換現像されてスマホ側に手渡され、その時のフォーマットが8bitRGBだということです。

ちなみにRAWデータはプリプロセス比重の高い汎用撮像素子メーカーと、
プリプロセス比重は低く、デジタル処理エンジンでの処理比重が高いメーカー(キヤノンとか)があるので、
RAWデーター=撮像素子のダイレクトデータ=撮像素子部品の絶対性能ではないです。

で、645 PROは、その出力をダイレクトに8bitTIFFで保存できるわけですが、1つ注意点があって、
JPEGの圧縮プロセスは一種のNR処理と同一なので、場合によってはJPEGの方が綺麗に見えるということです^^;

特に645 PROも含めて、JPEG変換時にトーンバランス調整などの絵作りが行われるケースも多いので、
パッと見た目にはJPEG出力の方が綺麗=TIFF出力はアフタープロセス比重が強いというところは留意してください。

ですが、元わたキートンさんが仰られるように、ことLightroomのような画像管理アプリで画像を管理してると、
メタデータで機種別ソート表示が可能なので、スマホの画像だろうがデジカメだろうが区別無いんですよね。

その時点でLightroomによる高度な画像レタッチが可能になってしまいますから、
スマホの画像をいちいち弄るのは面倒くさい・・・というような感覚事態が発生しないフローになっちゃうという^^;

逆にスマホ画像にはGPSタグが付いてるので、iPhotoやLightroomなどマップ対応ソフトだと、凄く楽だという(笑)
ここら辺は、この645PRO+Lightroomのワークフローを体験してみないと判りにくいかもです。


で、Mk3は、iOS8からのOS制御コードの拡張で、従来の固定絞り+ISO/SS可変プログラム制御AEから、
固定絞り+ISO/SS優先制御AEモード+露出補正というコントロールが可能となりました。
iPhone6plusではレンズシフト式手振れ補正も付いたので、画質を稼げる低ISOを指定できるメリットは大きいですね。

ともかく、僕は645 PRO出会ってからは、デジカメを持ってきてない時の「ガッカリ」は大幅に減りました(笑)

僕の正式なデジカメ移行は長距離バイクツーリング用に買ったPowerShot A200でしたから、
その用途であれば、既にiPhone5+645 PRO Mk3で(デジカメ単体としても)超越してしまってるわけで、
フローという観念というか、関連づけが薄いコンデジは売れないのも仕方ないですよね。

フローというのをネット・ネイティブのようなトコだけ観てなら、解決しない問題で、
例えば、少しデカいけれどもスマホを再充電できる容量のバッテリー装備の高画質コンデジなら、
モバイルバッテリーとか用意するようなスマホユーザーでも持ち歩くでしょ、とか。
スマホ充電で有線接続するなら、データ転送も有線で良いでしょ、とかですね。

書込番号:18069394

ナイスクチコミ!3


クチコミ投稿数:6677件

2014/10/19 17:48(1年以上前)

別機種
別機種
別機種
別機種

で、各所でG7Xの「ガッカリ」話を聞きますが、
S95-120の延長でのあのパッケージには「スペックとは別の」無理があったと思ってます。

よく、ネット上での自称「通」が望むパッケージって、道具としての「道理(実運用)」が通ってないです。
確かに「夢のある」パッケージでも、実際に運用しにくければ売れない=多くの人が楽しめないです。

S110くらいまでなら、敷居も(実売も)高くなく、程良い「ステップ」に位置していたパッケージでも、
S120あたりで既に多少バランスを崩しているんですが、それがG7Xまでだと凄く中途半端なんですよね・・・


まずはRX100シリーズに勝つには、あれよりもコンパクトな機種というのが1つの方向性です。
そうであれば、1型撮像素子+安定したレンズ+固定液晶=1インチを余裕として使うコンパクト製品、です。
これなら対スマホでありながら、敷居と価格をS110クラスに抑えた展開も(問題点はありますが)可能ですよね。

もう一つは、RX100シリーズと同等か、多少大きくても良いので、圧倒的なパフォーマンスの差がある機種です。
RX100自体が汎用高級コンパクトですから、拘ってないと売れない・・・というのと、
だからと言ってG1Xシリーズのような仰々しさでは売れない・・・という所のバランス取りがだったと思うんです。


もしG7Xが、RX100と同等性能で、より(キヤノン優位な)操作性に拘ったというのなら、
あのコントロールリングのクリックショックと、専用露出補正ダイヤルの配置は、「舐めすぎ」です。
コントロールリングの誤作動防止であれば、クリックの強さ+トルク感で対応すべきですし、
露出補正ダイヤルは、人差し指と親指でつまめるよう埋め込みにしないか、親指に力が入る位置に配置すべきです、

ボディをガクガクさせないと操作できないなら、全部タッチ液晶操作の方が使いやすいじゃないですか。
ファインダー付いてないなら、ブラインドで操作できる必要は(必ずしも)無いんですから^^;

結局「カメラをガチャガチャさせながら」撮ることを「何も気にしないなユーザー」の意見ばかり聞くから・・・(笑)
Dfのように「これ見よがしにダイヤルが付いてるとカッコイイ」っていうベクトルですよね。


個人的には、現時点で僕にとっての道具=運用としての最適解がGM1だからGM1を買ったと言うことです^^;
645 PRO Mk3+iPhoneというのも、運用=フローとしての最適解だから使うわけですよね。

GM1は、レンズが抜群ならレンズ固定式でもOKでしたが、LX100はレンズマッチョすぎたので選ばなかった、と。

GM5は、背面ホイールがサムダイヤルに変わった部分は魅力的でしたが、
EVFとタッチ液晶操作は、撮影時のブラインドフローとして両立し得ないので、中途半端だと感じたので見送った、と。

この「ファインダー+物理操作系」と「背面液晶+タッチ液晶操作系」の組み合わせが、それぞれ合理的なのに、
至極当然のフローの整理がされないのは、部品コストの最適化という意味でもメーカー開発の手抜きだと思っています。


タッチ液晶の右端に右親指用スライドコントロール、左端に左親指用スライドコントロールを持たせてくれれば、
両手でカメラを持って、背面液晶観ながら両手の親指滑らせるだけで、絞りとSSが独立制御できるのに!(笑)

僕はテレビゲームはやりませんが、プレイステーションのコントローラーとか、凄く合理的でしょ?
アレの裏側にレンズ取り付けて、センターに液晶点けるのだと何故駄目なのか?とか。

スペックというのは、その時その時で多少似たり寄ったりになってしまうのは仕方のないことですが、
差別化のためにゴテゴテ無駄な物を付けたり多機能化させたりとかプアな発想をせずに、
カメラは手で持って画像を確認して設定を可変して画像を撮る道具だという根本を掘り下げた製品を出して欲しいです。

レンズ交換式であればシステム的に難しくても、レンズ一体式ならできることがあるはずなので。

書込番号:18069626

ナイスクチコミ!4


クチコミ投稿数:597件Goodアンサー獲得:36件

2014/10/19 22:15(1年以上前)

アキラ兄さん

G7Xについてですが、
もっと見栄え良い画像がほしかったです。(素人うけするような)
質感、立体感、精細感、メリハリなど誰にでも分かりやすいところです。

どう贔屓目に見ても、全体的に眠いし緩いです。

コンパクトボディに無理な焦点距離レンズを押し込んでしまったことと、裏面照射型をうまく料理できていないこと。
これは・・・まあ・・・アレです・・・ダメです。
(良い食材いろいろ入れたけど、分量を間違え、調理法を間違え、逆にまずくなってしまった? そして飾り付けも?)

出てきたサンプルを見れば見るほど、どんどん買う気がしなくなってきました。

キヤノンは、あんなに操作性が悪いRX100・M2・M3がなぜ売れているかの理由がわかってないのでしょう。

やけになって、RAW現像まともにできないのに、オークションでG10をポチってやってしまいそうです。

書込番号:18070696

ナイスクチコミ!4


クチコミ投稿数:6677件

2014/10/19 23:04(1年以上前)

別機種
当機種

体育系おやじさん

画像の見栄えは・・・RX100M3と比べると・・・確かに良くないですねぇ・・・^^;

公平に技術的側面から言うと、

レンズ自体は、まぁこんなもんでしょう^^;
総合的に見ればRX100M3には劣っていないですし、M1/M2よりはいいです。

眠いというのは、ちょっと前までネット世論の最右翼だった「ダイナミックレンジ」が広いからです。
DRが広くなれば、相対的に詰め込まれる情報量が増すので、画像は眠くなるのは当たり前です。

質感というのは、まぁレンズ特性起因もあると思いますが、コントラスト=DR要素が大きいのかな?

立体感や精細感は、輪郭補正(アンシャープ系)補正が強めなのが理由でしょう。
全てが「ハリ」になれば、「メリハリ」が落ちるのは当然のことです。

1インチで2000万画素ですから、ごく普通に作ってしまえば、レンズ側の解像が負けてしまいます。
言ってしまえば、レンズ解像自体がローパスフィルターになってしまう状況です。

だから、若干ぼやけ気味なレンズ画像で、画素数なりの解像感を稼ぐには輪郭補正が必要になりますし、
ある意味でこれは間違った処理ではないんですね。


でも結局、魅力的でなければ、商品としてはダメじゃないですか^^;


これがRX100より小型なら、同等の画質でも相対的に評価されたでしょうね。
レンズ側で無理をしない分だけ、開放が暗くても(チャートではなく)実写評価は上がったかもです。

でも悲しいかな、G7Xが「こう」だと、廉価1インチ機を出しても、G7Xより良い描写の機種には「できません」ね?
広角端28mm相当で、開放F値2.8-3.5始まりで、望遠端だと開放F値5.6でPモードAE飲みの機種だったとしても、
G7Xより写りが良い1インチ機はG7Xがカタログ落ちしない限り、もう出せないんですよ^^;
これはRX100シリーズのちょい上、ちょい下のモデルが出しにくいソニーの事情と同じです。

ソニー製1インチ撮像素子は、まだそれ程部品価格がこなれてないでしょうから、
複数ラインアップに搭載しないと廉価機種に載せられる単価にまで落ちないでしょう。

だとしたら、廉価機種と上位機種の間には、レンズ含めた大きな差を付けて、廉価機種は薄利多売を狙い、
上位機種の方はその逆で稼いで、二人三脚で展開するのが常道(王道)だと思うんです。

もちろん100も承知で、このような結果にはなったのでしょうけども・・・^^;

僕としてはGM1(M4/3機)を買った時点で、GM1よりデカイコンデジを買う気は、もう無いです。
2-3年後くらいにGM1の後継ボディで買い換えても良さそうなのが出れば、それに買い換える予定です。

アップした画像を見て貰うと判ると思いますが、GM1だってG10と比べればこの程度ですよ。
GM1はEAW+ACR現像で1600万画素、G10はJPEG撮って出しで1400万画素ですからね^^;

GM1以下のサイズで、これを超えるコンデジが(今のキヤノンから)出るとは考えにくいでしょ?(笑)

書込番号:18070928

ナイスクチコミ!5


クチコミ投稿数:597件Goodアンサー獲得:36件

2014/10/20 12:54(1年以上前)

アキラ兄さん

お返事、ありがとうございます。
ほとんど、総括になってしまいましたね。もう何も言えないですね。

あとは、どれを選ぶか、現像・補正は、ユーザーの意思でしょうから。

猫ちゃん写真、白い毛部分が多いのに良く描写されています。あらためて、G10のすごさが分かります。(ウデも)
同じ状況を何も考えずG1XでJPEG撮ってだしすれば、輪郭強調が強いのでふさふさがゴワゴワになるか、明暗差で明るい部分がトビ気味になるでしょうね。

書込番号:18072251

ナイスクチコミ!2


クチコミ投稿数:6677件

2014/10/20 14:43(1年以上前)

別機種
別機種
別機種
別機種

体育系おやじさん

G7Xへのガッカリは僕も同じなのですけれど「自分の期待と違う」というベクトルで言い続けても埒が開きませんから^^;

キヤノンのコンデジ開発が少しぶれているという気はしますが、細かい制限の中で落とし所を探っているのでしょう。

とはいえ、売れなければ話にならないし、売れなければ写真文化の裾野は広がらないわけです。

もちろん写真文化の裾野を広げるのがキヤノンのようなカメラメーカではなく「Apple」でいいのであれば別ですけど。


ゲージツとかではない写真の意義について考えることがあります。

そのうちの1つには「思い出の共有」がありますから、スマホでの撮影やネットでの共有というのは正しいフローです。

ただ、「Take a picture.」というように、その情景や空間や思い出を、自分の中に大切に仕舞うのも、写真の意義で、
プライベートな欲求から撮影し、プライベートな部分で納まっていく要素ですね。

そういう目的の場合、その「思い出変換器」はスマホのようなマルチデバイスであるよりは、
カメラというひとつのアイコンを使用した方がスムーズかつ、自然ですね。腑に落ちるという意味で。

欲しいのは「メカっぽい」という意味ではなく、そういう意味でのカメラデバイスだという意識が、
高い金額を支払ってくれる製品(スペック)こそが正義という意味で、薄れているのかもなと感じています。


で、猫の写真は、基本何も考えずに「あー猫だー」って撮ってますよ(笑)

「大の大人がしゃがみ込んで猫を何枚も撮っているのはみっともないんじゃないのか?」とも考えてないです。

「天才ですから」とは言いませんが、事前に「フンフンフン」してこなれていれば、たやすいことです^^

書込番号:18072465

ナイスクチコミ!4


クチコミ投稿数:122件Goodアンサー獲得:1件

2014/10/21 00:41(1年以上前)

別機種
別機種
別機種
別機種

皆さんこんばんは。最近あまりフンフンしてませんが・・・^^;

ドリームシードさん、土屋さんの講義で解説が聞けた作品を1点・・・【夢少女 後藤久美子】という1枚を覚えていますでしょうか?たぶんアリスの世界かとは思いますが、パノラマチックな作品になっています。俗に言う【シノラマ】ってやつですね!
http://artscape.jp/artword/index.php/%E3%82%B7%E3%83%8E%E3%83%A9%E3%83%9E

このリンク先でも土屋さんが解説してます。ほぼこの内容を話していたんですが、この夢少女 後藤久美子は4枚の写真をつなぎ合わせた作品となり、4か所に後藤久美子が写っています。全て衣装を変えたカットになっていて、その不思議な世界を醸し出しています。モデルの数名に芸能人が隠れているのですが、真ん中下部辺りに土屋さんご自身も写ってらっしゃるとか(笑)

後はBODYのところでのモノクロ被写体へのライティングについて話されていたようでした。

アップした4枚目もその日のスナップからなんですが、このピエロのこの角度を取りたい。でも口元に被ってしまう光源を写すのか写さないのか、本当は左側から撮ったほうが不要な光が写りこまずに良い写真が撮れたのでは?モノクロは?トーンの落としどころは?ここ2日ほど考えてました。

撮る段階でその作業が出来ていなかったのは、最初の話ではないですが、フンフン出来ていなかったことが大きく、自分の意識の欠落としか言い様がありません^^;アップしたトーンについては、最初にイメージしていた結果に近かったんですが…(印刷まで行けていないのでもう少しアレコレが続くかもですね)

それでも写真力を見に行ったおかげ?か、久々に写真に向き合った数日だったのかもしれませんね。

書込番号:18074406

ナイスクチコミ!5


クチコミ投稿数:330件Goodアンサー獲得:2件

2014/10/21 00:59(1年以上前)

アキラ兄さん

>荒木経惟の写真を見て、写真が上手くなる・写真を始めようと思う・・・という気はしませんです^^;

そうですね(^^)私もそう思います。GM1の写真が段々馴染んできた感じしますね。

G7Xは片ボケ(偏心)が見られるようですが、G10では聞いたことないですが、センサーが1インチになると、レンズの構成が複雑で、製造が大変なのでしょうかね?


MASTERキートンさん

土屋先生の解説を教えて頂いてありがとうございます。
後藤久美子さんの横長の超特大の写真ですね!思い出しました。確かに何人もいましたね。
土屋先生が写ってたというのは、全然気づきませんでした。
私も写真力つけたいですね。
G15の写真といい、iPhoneの写真といい、使い慣れたカメラはいい写真を出すものですね。
G16の後継機出ないなら、G16買いたいくらいです。

書込番号:18074447

ナイスクチコミ!3


クチコミ投稿数:6677件

2014/10/21 01:59(1年以上前)

機種不明

元わたキートンさん

ピエロの写り込みの件ですね。

最終的にどういう画像が欲しいのかについて、どの程度厳密に考えるかで答えが変わってしまいますが・・・

一番楽な対処は、やはり左から撮ることでしょう。
ただ、ピエロの像は左右対称ではありませんから、逆から撮った画像がキートンさんのイメージと合うかは微妙です。

次に、右側からの撮影のまま微妙に角度をずらしていって、写り込みと構図の妥協点を探る方法があります。
これは妥協点が見いだせるかどうかが全てですね。

写り込みは反射であって、仮想延長線上の被写体であると考えれば、
広角であれば小さく被写界深度は深く、望遠なら大きくなる代わりにボケかたが大きくなりますから、
自分と被写体との距離を含めて、ズームでのが拡張性で写り込み方を変える手もあります。

ベタな手法で言えば、黒カーテンで覆って写り込み自体を消す手法もありますし、
PLで写り込み自体を排除する手もあります。


じゃぁ僕がG15のみ手に持ってその場に居たらどうするか?といえば、
やはり微妙に角度と画角をずらして、写り込みの大きさと位置を気になりにくい場所に追いやろうとするかな?


1つ考えないといけないのは、垂直なガラス面中央にに路面が写り込むのは、レンズ光軸が比較的下向きだからです。

ですから、カメラを水平方向に移動させて角度調節をするのではなく、
垂直方向に移動させて、レンズ光軸に仰角を与える方向で構図を調整すれば、
写り込む内容は反対側の建物壁面から空側の要素が増え、目立つ路面の写り込みはさらに下側に移動します。

たぶん路面の写り込みがピエロの顎より下になれば邪魔くさくないと思うので、そこら辺が落とし所かなと。

スナップショットをごく普通に始めた人の殆どが陥るのが、カメラの高さ位置の目線での固定です。
膝を曲げたりしゃがんだりなどせずに、目線の所から仰角・俯角を付けてアングルを考えちゃうんですね。

まぁこれを本気でやってると、ズボンは膝が痛むのでジーンズしかはけないですし、
足を前後に開く関係で、後側に引く方の脚の靴が傷むんですよね(笑)^^;


そこまで本気でやらないで、一応似た効果を得る(確認する)方法に「の」の字シフトがあります。

立ってカメラを構えた状態から、カメラを「の」の字を書くようにグルリとずらして、
微妙なカメラ位置の変化から得られるアングルの変化を大雑把ながら短時間で把握します。

で、「おっ、この角度アリかな?」と思ったら、その角度側をせめてみればいいわけです。


このピエロの写真では、鉄線ガラスのマス目の中にピエロの眼を入れたかったのだと思うので、
1つ下のマス目越しに目が見える位置(角度)までカメラをさげれば、
路面の写り込みはピエロの顎の下まで下がった気がします。

でも「この位置までずらせばこう変化するはずだ」など「その場で色々考える」のなんて面倒ですから、
「の」の字にカメラを動かしながら背面液晶見てれば、写り込みの移動傾向が一瞬で判るでしょ、と(笑)


それでどうにもならなさそうだったら、僕ならサクッと諦めます。

@とやまんさんではないですが、風景撮りは太陽位置との戦いなので、
その天候や時間帯を呪うしかないことなど沢山ありますし、本気で撮りたければ出直せば良いんです。

例えば僕が同じ被写体を同じようなアングルで日や時間違いで複数枚撮ったりするのは、
その日の天気や季節、雲の形、その他諸々で写り込みや光線具合は変わるので、
前より良く撮れる可能性があるからです。

さすがに粘って粘って綬玉の1枚を撮ることなどは希ですが、
心に留め置いておいて、何度もフンフン繰り返すわけですね(笑)


アップした画像はLightroomのサムネールですが、
これはIXY-D 900 ISで恵比寿のガーデンプレイスに落ちていたカラスの羽を撮ったものです。
10分間くらいで104カットレリーズしています。

IXY-D 900 ISは、マニュアル露出もマニュアルフォーカスもできませんので、
色んな位置でAE/AFロックしては構図を変えて、思ったような絵を押さえようとしてますね(笑)

これは極端な例ですが、上記のような理由で、IXY-D 900 ISやFX150では同じ被写体が延々続くケースが多いです。
それに比べたらG10の歩留まり率はエラく高くて、もう夢のような機材なんですよ(笑)^^

人間というのは下手に考えてしまうと集中力が途切れてしまうことがありますので、
「あっ」と思ったらその後はオートマチックに作業できるようにしといたほうがいいかなぁとか思っています。

書込番号:18074542

ナイスクチコミ!2


クチコミ投稿数:6677件

2014/10/21 02:40(1年以上前)

別機種

ドリームシードさん

例えば僕は、基本的には、他人の写真の構図についてどうこう言わないようにしています。
他人の写真を勝手にレタッチしたりはしますが、トリミングして構図を語るとかはしません。

構図というのは、一眼レフであったり、一般的なコンデジであれば確認ができるわけですから、
その「絵」を見て、それ以外の絵が思い浮かばないのならば、それがその人のセンスと言うことですよね?

これはある意味で突き放したダメ出しであるわけですが、その他人との違いこそがその人の個なわけで、
これをお手本通りの模範構図に矯正して個を取り去り、規格品のような写真にすることに意義を感じないからです。

ダメならダメで良いし、そこから何かが芽生えるなら芽生えるのだろうし、気がつくなら気がつくわけで。

露出というのは、機械の進歩で幾らでも臨機応変な最適化が可能になっていく・・・と考えれば、
撮影者の個というのは、結局は構図そのものだろうと。

それが最後は、シャッターを押すという行為にまで削られて、
静止画を動画から切り出すことが当たり前になれば、そこに「居た」という部分に集約されるはずです。

それに叛旗を翻そうとした場合に、行き着くのはやはり、レンズを向ける先の自由・・・構図かな、と。


荒木経惟の写真の本質は、「レンズを向けた」というところに集約される気がして、好きなんですよね(笑)


まぁそれ以外はベタな意味で殆ど土門拳の影響で、ひとまず撮る、と(笑)


GM1・・・というかこのセンサーとこのキットズームの絶対性能はそれ程の物では無いと思っているのですが、
カメラというのは呼吸の阿吽が大半を占めてるので、どちらが歩み寄るのかはさておき、個を生かし遇えるかですね。

絶対的な合致と言うよりも、最大公約数的な融通が心地よければ良いのだと思っています。

書込番号:18074577

ナイスクチコミ!4


クチコミ投稿数:122件Goodアンサー獲得:1件

2014/10/21 03:14(1年以上前)

別機種
別機種
別機種

前回アップ

抑え候補1

抑え候補2

5時おきなのにまだ起きているという(苦笑)
アキラ兄さんの指摘、痛いぐらい浸みます・・・移動の最中だったので角度をずらして撮る程度はやってみて家帰ってからモニターで金網のマスに抑え1,2の目が入っていなかった為、結果的に前回アップ分を押している結果です・・・

ちょっと時間ずらしてリベンジ結構しようと思います。

書込番号:18074595

ナイスクチコミ!4


クチコミ投稿数:6677件

2014/10/21 11:45(1年以上前)

当機種

元わたキートンさん

3枚目の押さえ2の写真の方が、前回アップの写真より、僕は好みですけど^^

鉄線硝子の格子を意識した場合、
マス目に眼が入るか、格子の交点が瞳に来るか、格子の直線が瞳のセンターを貫くか、しかないですよね?
たぶん中途半端な位置を通るのは嫌でしょうから。

ピエロを度外視して、鉄線硝子の格子にのみ意識を置いた場合、
パースの付いた方眼がカッコ良く撮れるアングルは、ある程度決まっています。

鉄線ガラスをを度外視して、ピエロのみに意識を置いた場合にも、ピエロが生きるアングルはおよそ決まります。

ならばひとまず、それぞれがカッコ良く撮れるアングルで、写真を撮ってしまうことです。

偶然「ハマった」アングルに出くわす可能性もあるじゃ無いですか^^



アップした画像は、例のG10ノラ猫を撮った日の1枚で、当時アップした時にはモノクロに仕上げた記憶が在ります。
今回のこれはJPEG撮って出しの状態ですが、別に意識して写り込みの方にピンを合わせたわけでは無いです。

この被写体は近似アングルで6枚程撮っていて、きちんとイエス像にピンが来ている画像もあって、
何となくイメージが重くて、ほぼ同じ構図で右往左往したんだろうなぁと思うのですが、
その中で、ピンが抜けて、写り込み側に来てしまった絵が、一番この世とあの世の隔たりが柔らかく出てたと(笑)

こういうのを「計算して撮影したわけではないからダメだ」と教義的に捉える人も居ますね。

じゃぁ、この写真が全くの偶然なのかというと、そうではないわけです。
他の5枚もほぼ同一アングルですから、このアングル以外は考えていないんですよね。
闇雲の連写した中の1枚ではなく、背面液晶上で確認して「よし」と思ってレリーズしてるわけですし。



沢山の矛盾を抱えながらの話になりますが、やはり「沢山のアングルで撮る」というのが答えかなと思うんです。

「沢山のアングルで撮る」というのは、物理検証に他ならないわけですが、
それをしていくうちに、自分自身の無意識の意識というか、被写体に求めてる本質(のようなモノ)が、
というよりは、自分が「必要としていない部分」が削ぎ落とされていく・・・と感じるんですね。

その結果が「あー猫だー」なんですよ(笑)^^;

猫の可愛い写真を撮ろうという意識(第三者から褒められたいというような)が皆無の写真ですよね。
僕自身の、その猫に対する興味や意識を「変換箱」にコトリと納めた、ということなんです。

もちろんG10のレンズ解像は凄いという物理検証のために再三引っ張り出されて手垢まみれですが(笑)^^

つまり、自分のプライベートな意識(精神的感覚)を納めるために、
単調な物理検証をオートマチックで処理できるように素振りをしてサルベージする効率を高めろ、と。



ピエロの写真が、自分が「あ」と思った意識を納められていない場合、
それは単純にサルベージ能力が必要レベルに届いてないか、そこには最初から何も埋まって無いかです。

で、そこに何も埋まって無いことを確証するためには、漏れが起きない程度のサルベージ能力が必要ですよね?
#地図にない町を探すためには、まず地図がないと検証できないように。



「ぼくは、うまくいかなくとも撮るし、うまくいっても撮る。
一度シャッターを切りはじめたら、トコトンまで撮らずにはいられなくなる。
(中略)
確実に写ったと思っても、まだ撮る。
いい写真ができたと思っても、まだ撮る。
撮れた上にも撮ろうとする」

『写真は沢山撮らなければいけない』土門拳

どこかでこれをやっておかないと、自分の限界が見えてこない=自分の生かしようが見えてこない、と思ってます。

書込番号:18075412

ナイスクチコミ!4


クチコミ投稿数:6677件

2014/10/24 01:50(1年以上前)

別機種
別機種
別機種
別機種

で、GM1の12-32mmnのキットレンズですが、
M4/3のレンズは、基本的にデジタル歪曲収差補正が前提というのもあり、
コンパクトでソコソコの描写ではある物の、歪み方が僕の感覚に合わないときがあって困ります(笑)

EF-S 15-85mmの24mm相当では普通に撮れてしまう程度のパースでも、
12-32mmnキットズームだとちょっとパース歪みが変というかなんというか・・・

気軽お手軽なコンパクトキットズームで多少シビアに撮らないといけないというのは癪ですが、
自分の癖を直す良い機会でもあるということにして、パースの付け方を見直さないとです^^;

書込番号:18085245

ナイスクチコミ!4


クチコミ投稿数:6677件

2014/10/24 02:07(1年以上前)

別機種
別機種
別機種
別機種

GM1の撮像素子側の傾向というか、ACRでの現像としては、
あまり輝度NRをかけずカラーNRも15くらいと比較的抑えめにするのが良いようです。
これはノイズが少ないと言うよりも、積極的に輝度ノイズを残して解像感を出した方が良さそうに感じるからで、
こういう現像嗜好は比較的オールドタイプなのかも知れません。

ノイズを消した後にアンシャープマスクで輪郭エンハンスするというのが1つの流れですが、
そういう画像にリアリティを感じないんですよね・・・^^;

あとは、やはりパターン測光のアルゴリズム精度がキヤノンに及んでいないです。
キヤノンに及んでいないと言うことは、当然ニコンとは雲泥ということで、
撮像素子フォーマット的に必ずしも余裕があるわけでもないので頑張って欲しいです。

それでもまぁ良くできたパッケージだと思いますけども^^

書込番号:18085276

ナイスクチコミ!3


クチコミ投稿数:6677件

2014/10/24 02:17(1年以上前)

別機種

最初のトコ、1枚目と4枚目に同じ画像貼ってますね・・・済みません、この画像でした^^;

書込番号:18085292

ナイスクチコミ!4


クチコミ投稿数:6677件

2014/10/24 22:36(1年以上前)

当機種
当機種
別機種
別機種

G10(A)ACR:シャープ/輝度NR/カラーNRゼロ

G10(B)ACR:シャープ60/輝度NR40/カラーNR70

GM1(A)ACR:シャープ/輝度NR/カラーNRゼロ

GM1(B)ACR:シャープ65/輝度NR35/カラーNR40

RAW現像の手法についてです。

現在の汎用ベイヤー配列撮像素子カメラの構成には、2種類の流れがあります。

1つは撮像素子からのアナログデータを「A/D変換時にNRを含めたプレ作業を行ってから」RAWデータとし、
記録もしくはデジタルエンジンに渡す、現在主流のタイプと、

もう1つは撮像素子からのアナログデータを「A/D変換時に極力プレ作業を行わない状態で」RAWデータとし、
記録もしくはデジタルエンジンに渡す、キヤノン機のような手法です。

前者はデジタルエンジンの負担が減りますし、撮像素子メーカーの変更にも対応しやすい手法で、
言ってみれば、魚を三枚におろしたり、柵の状態で供給するイメージでしょうか。

後者はデジタルエンジンへの負荷は増えますが、撮像素子周りのコストは抑えやすい手法で、
しめた状態もしくは内蔵を処理した状態で魚を供給するのに似ています。

JPEG撮って出しで考えれば、どちらでも結果は同じなので、最終的に出てきた絵で考えれば良いですが、
RAWで撮って現像を行うのだと、それぞれにプロセス的な特徴があります。


前者のプレ作業済みのRAWは、下ごしらえ的なノイズ除去や信号足切りがされているので、現像作業がしやすいです。
現像処理自体の負担という意味では、ボディ内チップとは桁違いの性能で処理するので大差はありません。

後者のRAWは、下ごしらえ的なパラメーター設定も現像時に行う必要があるので、作業スキルが求められます。
またよりRAWデータが「素」に近いので、RAW現像アプリの性能向上で享受できる画質向上幅も大きいのも特徴です。



ということで「前提」がそうだということを押さえて貰ってから本題ですが、

(A)の方がACRでNR/シャープ共に0の(ACR的には)ディフォルトよりも素に近い現像画像です。
空などのベタな部分のノイズ感や、詳細ディテール部分の分離感がイマイチなのが見て取れると思います。

(B)の方はACRのディフォルトよりも深くNRをかけノイズを潰しシャープエンハンスをかけた画像です。
RAW現像時のシャープとはアンシャープマスクのことなので、分離感を上げる方向の処理です。

両方ともフェアになるように、今回はトーン関係の調整は一切行っていません。

作例はG10とGM1ですが、どう感じられますか?

(A)には、5年の年月差と、撮像素子サイズの差を感じますが、(B)だとその差がまずは判らないと思います。
#空のヌケが違うのはGM1の方は横須賀と江ノ島の立地の違いや台風通過後等の好条件が重なっているのでご理解を。

実際に僕が通常アップしているのは、(A)と(B)とだと、(A)寄りで、最低限のNRを適用した設定で、
それは「空」の部分が塗り絵のようにまではスムーズになっていないことで判ると思います。
これは、粒状(ノイズ)感はナチュラルな解像感(否分離感)と、写真のリアリティを産むと考えているからです。


そして、ここが今回のポイントなのですが、RAWデータといえどもプレ作業で似たことをやっているのですから、
(A)のような処理も(B)のような処理も(僕の通常の処理も)ズルではなく、ただの調理法だと言うことです。

メーカーがピックアップ&設定したレシピであるかどうかという違いで、
魚を上手く味わうのに「調理人が腕をふるうのは邪道だ」という料理評論家はいませんよね?
画像合成したりするなら別ですが、HDR合成だってカメラの機能なら許してしまうなら、その拘りすら無意味です。



僕がIMAGING RESOUCEなどのスタジオチャートサンプルを現像するのは、
カメラの性能を単純に見る意味というよりも、RAWの素性とJPEGでの味付けの方向性を見ています。

そして、購入したカメラのスタジオチャートサンプルを現像するのは、
その機種では、どの程度のACR(のNR/シャープ)設定が自分の好みの画調になるのか、
またISO感度ごとの画調統一性はどのくらいまで維持できるのか、
どのくらいの感度から割り切りが必要=ISO AUTO上限はどのくらいに見積もるべきか、

そこら辺を探るためであって、レンズ性能自体は、ザックリ見ている感じです。

だって、そのレンズでの最良の絞り値は、撮像素子サイズに大きく影響されますが、
スタジオでサンプル撮影する場合は、フォーマットにかかわらずF値やSSは固定なのでフェアではないんです。


現在の進化したコンデジ&現像アルゴリズムの中で、
JPEG撮って出し画像をフィルム時代のような根拠として、レンズ性能や撮像素子性能と直結させるのは危険です。
RAWデータですら、その素性を推し量ってから見ないと、実際に引き出せる画質を見誤ります。

完全にJPEG撮って出しだけのワークフローを構築するなら別ですが、
それですらカメラ自体の真価は測れないことは理解した上で評価すべきですね。

書込番号:18088218

ナイスクチコミ!5


クチコミ投稿数:6677件

2014/10/25 12:38(1年以上前)

当機種
当機種
当機種
当機種

G10 ACR:シャープ/輝度NR/カラーNRゼロ

G10 ACR:シャープ25-半径1.0/輝度NR0/カラーNR25(Allディフォルト)

G10 ACR:シャープ20-半径0.5/輝度NR5/カラーNR15(個人常用値)

G10 ACR:シャープ60-半径0.5/輝度NR40/カラーNR70

で、具体的な補足説明です。

ACR(も他の現像ソフトも)、トーン調節を除いた重要パラメーターは4つ(本当は5つ)に絞られます。

1)シャープ-適用量(強さ)
2)シャープ-半径(細かさ)
3)シャープ-マスク(しきい値)
4)輝度-NR
5)カラー-NR

シャープはアンシャープマスクと同等で、(3)のマスク(しきい値)は今回「0(フル適用)」にして除外してます。

先にRAW現像時以外も含めた「アンシャープマスク(フィルター)」の理屈を説明すると、
(1)の適用量(強さ)は、シャープ効果の適用率=強さです。


(2)の半径(細かさ)は、適用のポイントですので詳しく説明します。

シャープフィルターというのは、手法が色々ありますが、極論すれば輪郭補正です。
大まかな輪郭部分を抽出して適用すれば「輪郭補正」で、ディテール全てに適用すれば「シャープフィルター」ですね。
輪郭補正=強調の基本的な考え方は「隈取り=縁取り」ですので、その太さ=強調度合いとなります。

簡単にいえば、繊細に強調したければ「細く」、力強くクッキリさせたければ「太く」すればいいわけですが、
太くすれば強調度合いが上がりますが、その部分の細かいディテールも潰れるという、相反する要素があります。

具体的に言えば、手振れやピンぼけや低いレンズ解像などのボケ要素の少ない画像は、細く繊細な強調が可能です。
その逆でボケ気味であれば、ボケた幅分のディテールを潰しても、太く強調すればメリハリが付くということですね。

僕がよく「輪郭強調が強すぎ」というのは、適用量以上に、この半径が大きめでわざとらしいという意味です。


(3)のマスク値(しきい値)は今回除外しますが、これも使いこなしには重要なポイントですので説明しておきます。

というか「適用のしきい値そのもの」でして、どの程度のディテールからフィルターをかけるかの値です。

例えば基礎ノイズが全体に乗ってる場合、シャープフィルターを全体に適用するとノイズまで強調されてしまいます。
特に高感度時にはノイズレベルが上がりますからNRを適用しますが、ノイズを潰しすぎるとディテールも潰れますね?

そこで、NRの適用を押さえながらも、ノイズ以上のディテール部分をシャープフィルターで強調することで、
相対的な見栄えを確保する・・・という使い方が一般的です。

この設定があるが故に、JPEG出力を持ってカメラの高感度特性を推し量ると「結構見誤る」わけです。

他には、レベル起伏のなだらかなグラデーション部分にはシャープフィルターを適用せずに、
起伏がはっきりした輪郭部分を中心にシャープネスをかける、俗にいう「超解像」などにも利用されています。
#実際は枯れた処理ですが、デジタルエンジンの処理が上がったので、ボディ単体で可能になってブレイクしました。


ちなみに、アンシャープマスクを絞り値と撮影距離から動的に制御することでレンズの回折劣化を補正するのがDLOで、
回折劣化の出方は上記2要素+レンズの設計ごとに異なるため、各社とも純正レンズにしか対応させてません。


で今度はNR値ですが、

(4)は輝度(明るさ)ムラのノイズ(粒状ノイズとも)に対するリダクションです。

例えば滑らかな平面でも、実際には微妙な起伏があり、また空気内の塵や水蒸気なども含め、
微妙な光の乱反射(=ムラ)を含めて「質感」が存在しているため、取り除きすぎると解像感や現実感が落ちます。


(5)は特に高感度で如実に出る、不自然な虹色状の色ムラで、これを上手に取り除くことがNRの最重要ポイントです。

しかし現像アルゴリズムによっては、カラーNRを深くすると露骨に彩度を落とす(=目立たなくさせる)ものもあり、
またNRの常で、正常な色彩の違いによるディテール部分も平準化されディテールが失われていきます。


NRの設定加減(下限)はアンシャープマスクの使いこなしと同じで、被写体によっても変わります。

ディテールやテクスチャー重視の場合や、遠景で相対的に画像要素が多い場合は、可能な範囲で浅くかけますが、
人物のポートレートやグラデーション重視の被写体、またはクローズアップで画像要素が少ない場合、
(マクロなどで花粉や昆虫の体毛重視でもなければ)、深めにかけることで、小じわや毛穴をキャンセルさせ、
前述のシャープネス処理で、髪の毛やまつげ、瞳や唇のハイライト程度からのディテールを補正して対応します。



アップした画像は、既出のオールゼロ設定とNRを深くして潰してからシャープで補正の設定に加え、
ACRで(ISOに対しての最適化すらされてない)ディフォルト設定ママの現像画像と、
僕の常用設定(風景寄り)による現像画像を並べました。

僕の場合は、余程でなければ、(2)のシャープ-半径は0.5(最小値)から0.7(直径1.414)で済ませていて、
(3)のしきい値ゼロ固定は、基本的にISO値に連動させて適用させてるためで、常用感度ではゼロに設定しています。

(1)の最終的なシャープネス適用量は、被写体のディテールによりけりですが、
ピクセル等倍でもリサイズでも、双方で不自然にならない範囲に収めるようにしていますので、見比べてみて下さい。



実際には、この他に「色調補正」「階調補正」などの基本的な補正に加え、
色温度の最適化・ダイナミックレンジの適正化(シャドウ・ハイライトの範囲設定)がRAW現像のキモになりますが、
今回は、感性では理解しにくい領域についてということで、説明してみました。

書込番号:18090066

ナイスクチコミ!5


クチコミ投稿数:6677件

2014/10/25 14:23(1年以上前)

別機種
別機種

JPEG撮って出し

RAW撮影-ACR現像

で、客観的な話に「毒を混ぜると危険」なのでこちらで^^;


よく「RAWで撮って弄り回せば、シャープな画像になんて幾らでもなる」という人や、
よく「ピクセル等倍で見るわけでは無いのだからカリカリにシャープな画像なんて無意味だ」という人や、
よく「(ry

じゃぁ、頼むから、ディフォルトのJPEG撮って出しでいいから、シャープに撮影してくれよって(ry


GM1買って(当然の如く)試し撮りするとですね、JPEGでも必要充分にはシャープな画像は撮れるんですよね。

ところが(GM1に限らず)前述のような事を言っている人のアップ画像を見ると、そうでもないわけです。
#時には、Exif消してある上にリサイズ画像だったりする上に差程でもなかったりするんですよ(笑)


でまた、レンズのレビューの所に貼ってある画像すら、(写真としての善し悪しは度外視するとして)、
なんかぼやけ気味だなぁって画像に対して「シャープなレンズだ」って描いてあって高採点されてたりします。


僕はGM1に関して「撮像素子もキットズームも、差程ではない」とは言っていますが、
JPEG撮って出しでもこの程度の画質で普通に撮れることを前提で言ってます。

これはセンスや才能ではなく、ブレが起こらないようにレリーズできるようなカメラの持ち方と、
その機材で最良の描写が得られる絞り値や画角などをセットしてるという、単純な物理要件なんですけども。


人生というのは、思いの外短い物なので、才能だ機材だなんだと言う暇があったら、フンフンフンするべきで、
体育会系の精神論ではなく、文化系の人にこそ「積み重ねた物が拳に宿る」という言葉の意味をアレですねぇ。

もちろん才能や資金はあればあるだけウエルカムですけどね^^

その殆どが「スラムダンク」と「はじめの一歩」からの引用なのはどうか?といわれるとアレですが、
谷口タカオを持ち出すとリアルなハードルが上がってしまう事への僕の思い遣りだと思ってそこはアレ。

書込番号:18090387

ナイスクチコミ!4


クチコミ投稿数:122件Goodアンサー獲得:1件

2014/10/25 14:50(1年以上前)

アキラ兄さん、ありがとうございます。ACRについては本で理解するより兄さん講座の方がはるかに吸収しやすいです。(と思ってやってます。どの位自分にフィードバックできてるかは、つもりにならないようにしないと…^^;)

このような部分を押さえておくとG7Xであっても体育系おやじさんの言う眠たさも、カメラ→アプリでの受け渡し時点でプリセットしてしまえば、作業フローとしては量の圧縮ができますね。その前の自分好みの把握には葉っぱを何枚も取らなければなりませんが…あっ、これもはじめの一歩デス、一応^^;

CanonのRAWの素性については以前も教えて頂き、ACR的ダイナミックレンジ活用等々大変役立っておりますが、ヴィーナスエンジン自体の処理は例えば逆光の場合の黒潰れに見える画像の場合、Canonの様にしっかりと記録するの方向ではなく、BIONZのようなHDR的処理を埋め込むといった処理と言う理解で良いのでしょうか?つまり黒潰れは起きにくいけど起きたら救い難いんでしょうか?

書込番号:18090469

ナイスクチコミ!2


クチコミ投稿数:6677件

2014/10/25 15:35(1年以上前)

別機種
別機種
別機種
別機種

1)半逆光で暗部が潰れ気味に見える

2)実際には足切りは少なめで暗部ディテールは残っている

3)ハイライトは破綻するまでは保護するのがパナの味付け。

4)ハイライトとシャドウを決めてから白と黒でバランス取り

元わたキートンさん

パナ機に関しては、撮像素子がパナ製なためか、キヤノンなどと似たRAWの傾向ですね。
オリ機はソニーその他の撮像素子部品なので、スマートなRAWに思えます。

1枚目は、NRなどは僕の常用設定ですが、トーンはフルフラットの画像です。
2枚目は、同じ状態で、シャドウだけ単純に+100しましたが、暗部ディテールは必要分残ってるようです。
3枚目は、同じ状況から、ハイライトを-100して黒レベルを+100した、最近のキヤノンコンデジ風のトーン。
4枚目は、同じ状況から、ハイライト-100/シャドウ+100/白+45/黒-35で、CCD風にしました。

特別ノイズに強いとかダイナミックレンジが広いとかは感じませんが、
高性能RAW現像アプリだと楽しめるRAWデータであることは確かです。

ちなみに4枚目は、このあと若干彩度を落とすと、普通の人だとここまで極端に弄った画像とは気がつかないでしょう。
#キートンさんがHDR風に調整したアップ写真も、少し彩度/自然な彩度を落とすと馴染むはずです。


作業フローに関しては仰る通りですが、これはACRというよりも、Lightroomを運用した人にしか判らないかも(笑)

僕は使っていませんが、とりあえずクイック現像を元に追い込んで行くもよし、
自分自身のディフォルトを煮詰めて、読み込みと同時に適用(初期設定登録)するもよし、
後日新しく良い設定手法を見つけたなら、一括適用させるも良し、

ある意味、現像するという意識はゼロで、個別に微調整するイメージですね。

それだけに、少しずつでも設定を煮詰めていけば、過去の画像含めてリフレッシュされてける部分が、
単純がRAW現像ソフトというよりフロー構築ツールとして優れていると感じます。

書込番号:18090621

ナイスクチコミ!3


クチコミ投稿数:6677件

2014/10/27 00:46(1年以上前)

さて、DxOでG7Xの「センサースコア」が出ました。
http://www.dxomark.com/Reviews/Canon-PowerShot-G7-X-review-Has-it-got-that-X-tra-something/Canon-PowerShot-G7-X-vs-Sony-Cyber-shot-DSC-RX100-III-Competitive-performance

これで、以前から何度もささやかれているDxO Markの眉唾具合がはっきりしてきましたね。

一応DxOのセンサースコアは、RAWデータを元に忠実にセンサー性能だけをスコア化しているという「話」でした。
つまりデジタルエンジンの処理差などは除外されたデータだと、いう「全手」だったわけです。

が、RX100M3とのスコア差は、同一(同系列)センサーにしては差が開きすぎです。
というか、レンズ一体式のコンデジで「レンズの影響無しに」どうやってセンサー性能だけ測れるのか疑問です(笑)

ただ、高感度というのは、基本(ISO)出力をゲインしていく訳ですから、
そのゲインのかけ方や処理手法で高感度スコアに差が出て、その差がトータルスコアに影響したとも考えられます、が

個人的には「誤差」程度の差に一喜一憂しているという話ではないでしょうか?
少なくとも僕がチェックした範囲ではトータルスコアで4ポイント差が付くほどの違いは感じないです。

ただ、G7XのRAWはまだACRに対応していませんので、同一アプリで現像比較してみてからでしょうか・・・

それでも僕の力では、レンズ性能を差し引いたセンサー性能のみをチェックすることは難しいです。
逆にいえばセンサースコアが4ポイントも違うなら、同一センサーと見なしてのレンズの差分比較も無理ですけど(笑)

書込番号:18097195

ナイスクチコミ!3


クチコミ投稿数:6677件

2014/11/02 01:42(1年以上前)

さて、某所で毒吐いてますので、こちらでまともな話を(笑)^^;


スマホ台頭によるコンデジ不振での高級コンデジ化なんですが、
最近思うんですけど、これってセンサーの大型化が遠因でスマホが台頭してきたって所が無いですかね?

例えば1/2.3型クラスのコンデジというのは、記録する道具という意味ではあらゆる意味でバランスが良いですよね。

だから、物理的に無理な「背景ぼかし」や「大口径レンズ」や「高感度特性」を欲張らずに、
一般実用範囲で画質を磨いていれば、それ程コストが嵩む事も無いし、スマホのカメラとの差別化もできただろうと。

けれど、センサーの大型化やレンズの大口径化を進めると、何も考えないで綺麗に撮れる領域が狭まりますよね?
それはピンを含む被写界深度であったり、無理な大口径化での像の弛みであつたり、素人さんには判りにくいです。

判らないので訊くと、フォーマットや絞りやなんだかんだの理屈を説明されるけど、そんなの判らないですよね(笑)
で、最終的には、それを理解して使うのが玄人で本格派でー、と言われれば、そんなの面倒くさいじゃ無いですか。

したいのは「写真を撮ること」で、「写真機の理屈を覚えることじゃない」層は、そりゃスマホに流れるでしょう。
ユーザーインターフェースが楽なのもありますが、なんせ難しい事ができないと一人前されないなんて事無いですから。

技術取得を否定する話ではなくて、より直接サービスを享受したいユーザーの「市場」があるって事です。

実際は安くて良く写って扱いやすい「次ステップの橋渡しになる」ようなコンデジ開発を怠っただけなんじゃないかと。
業界丸ごと、そういう「利益率の低い機種」を真面目に作り込んでアピールしなかっただけなんじゃないかと。

どんどん「マニア」を喜ばして高い利益を確保できる方にシフトして「入口の育成」の手を抜いてる気がします。

最初からスマホのカメラで、瞬間を記録することに慣れた世代は、どんなに画質が良くても高級機には手を出しません。
ポップカルチャーとはそういう敷居の下で成り立つ物で、誰でもアイディア次第で何とかなるのが「鍵」ですよね。

結局「売りたくて」スペックだけを無駄にアピールして、自分達で自分達の首を絞めてる気がします。


写真って言うのは「ひとまず撮らなきゃ始まらない」ものです。
「ひとまず撮ってしまう」と、良くも悪くも結果が出るので、悪い結果が出るのが嫌な人は「撮らない」です(笑)
何故悪い結果が出るのが嫌かというと、自分の評価を下げるからです。

だからポップカルチャーは、敷居の低い、失敗を笑い飛ばせる土壌からしか生まれません。

失敗を笑い飛ばせる人の登場は、失敗を恐れてビクビクしている人達の反感を買いますから、
マニア的な人達や、サブカルチャー的な層からは反発を受けやすく、囲い込みが行われてしまい、
結果的に、縛りのない(少ない)分野や、ガジェットに才能や市場が流出します。

「KTCの工具を使わないなら機械弄るな」は、もっともではあるけれども、それだけではいけないと思うんです。
「KTCの工具」に至る道程を失敗を悔やんだり笑い飛ばしていかないと、買う段階にまで来ないんですよね(笑)

キスデジで出来ていることが、何故コンデジで出来ないのか?
観念に囚われすぎて「フロー」に乗せることの重要さから目を背けてるんじゃないのか?
Lightroomが1万で手に入るなら、Lightroomありきのような安くて面白いコンデジもアリで、
DPP4.0の現像能力に自信があるなら、まずはそこから攻めてみるのはどうなのか?

とか、そんなことを思うです^^;

書込番号:18119777

ナイスクチコミ!4


クチコミ投稿数:6677件

2014/11/03 13:27(1年以上前)

さて結果的にタネまで「浄化」がされたスレッドはさておき。

>観念に囚われすぎて「フロー」に乗せることの重要さから目を背けてるんじゃないのか?
>Lightroomが1万で手に入るなら、Lightroomありきのような安くて面白いコンデジもアリで、

ここの部分が説明足らずで抽象的なので具体的に。


判りやすく言えば、1/2.3型素子+Digic4の廉価機で構わないから、RAW記録を可能にして欲しいわけです。


基本的にスマホのカメラは、カメラユニットで現像までされたRGBが出てきますから、RAWというのはありません。
ということは。JPEG等の8bitRGB出力の小型センサーカメラであれば、スマホと差程変わらないことになります。
#スマホ用カメラセンサーユニット(センサー)は、1/2.3型センサーに比べたらそれこそ日進月歩の世界ですし。

じゃぁ(銀塩時代も含めて)カメラの歴史でユーザーを魅了したのは何かと言えば「プロセス」なんですよね。
今どき現像してみないと何が写ってるか判らないような、ライカの新製品みたいな方向は無しですけれど、
JPEGをユビキタスなプレビューと考えて、写真本来のDPEをPC上で楽しんで下さいよ、と。

もちろんそれは高級コンデジ以上で提供しているわけですけども、ここの敷居をもっと低くして貰いたいわけです

今どき一番安いPCを購入したって、基本的なRAW現像に困る処理性能じゃありません。
iPadなどのタブレット上で (簡易)RAW現像を行うニーズは(現場としては)既に出てますしね。

こういう時に、RAW現像アプリを自社で開発していないメーカーは、諸々凄くコストがかかるわけですが、
キヤノンのDPPは(唯一?)自社開発なわけですから、コストの柵が一番低いわけです。
ひとまず(3.0でも)DPPに対応させてあげれば、現在はDL供給ですし最低の追加コストで済みます。
既に家族が写真趣味でLightroomなどを導入していれば、それで現像して貰うも良し。

こういうのは元わたキートンさんのご家族とか見てると思うんです。


例えばお父さんが写真趣味の場合、子供に買ってあげるカメラを、メーカーはどう考えてるのかですよね。

最初からスマホ(的な物)のカメラで始めさせてしまえば、まずはカメラ単体で撮影しなくなります。
スマホが便利だからとか言う以前の感覚として「カメラで写真を撮る」意識が最初から存在しなくなるんです。

コンデジが高級機ばかりになれば、親は子供にコンデジを買い与えられず、お古の携帯やスマホを渡すでしょう?
この流れは子供だと顕著だと言うだけで、ごく普通にも同じ傾向があるから現在のスマホカメラの台頭なわけです。

まずは買いやすい値段で、きちんとした絵が撮れるカメラ(コンデジ)を供給すること、
そして、そのカメラは、スマホカメラでは味わえない写真の奥深さの入口に成り得る機能を持っていること、
だからといって仰々しい製品では無く、ごく普通に手に取る気になるパッケージであること、

スマホでなぜ写真を撮るかの理由の内の一つに、
対被写体的にも対撮影者的にも、心理ハードルが低いというのがあります。

だから、普及させる製品は(媚びすぎない程度に)心理ハードルが低いパッケージでないといけないわけです。

でPCに繋げば(iPhotoやLightroomのように)取り込まれ、ブラウズ管理が出来て、
地図やコメントなどの連携を保ったまま、(そのまま)RAW現像が出来る、と。

写真を撮った状況の諸々や、イベントについての感想から、作品までが、1つのツリー(フロー)になる、と。

当然、画像をレタッチして改変(改竄?)するのでは無く、
RAWデータから「現像」で、写真の色々な可能性を「引き出していく」イメージですよね。


世の中の写真趣味の人達の中に在る、とある一時期の写真サービスの特徴である、
「写真屋が上がったプリントが絶対」=「オリジナル至上主義」指向を、本来の自由なDPE写真表現に戻したいです。

いつからか、写真撮影の敷居が下がったのと同時に、写真趣味に権威付け=格付け指向が蔓延し始めました。
そのうちの一つが技術習得の格付けであり、機材による格付けですが、一向に本来写真表現での格付けは浮上しません。

理由は、実もフタも無くなるし、メーカーとしては、高い機材をもったいつけて売ることが出来なくなりますからね^^;

機材なんて物は、金持ちは金にまかせて高い機材を(買いたければ)買えばいいのです。
別に写真技術が高度で無くても、写真表現が磨かれて無くても、そんなのは自由なんですね。
貧乏人の妬みで高い機材の導入にケチつけてるだけで、それが却って技術などの格付けという免罪符を要求するんです。



写真は好きな物で好きなように撮れて、それと写真表現の価値は別だからこそ、一番自由で辛辣な表現手段です。
カメラメーカーがそこを勘違いし続けると、結果的に、自由な表現手段(の主流)は別のものに取って代わられます。

今の世代が「カメラ=(写真)」には自由は無く「スマホ=(画像)」には自由がある、と見切りを付けられない前に、
メーカーは一部のマニアに媚びるのを止め、写真の担い手の「一翼であること」を真剣に考えたほうがいいと思います。


これに関わる全てのデバイスに絡むキヤノンにそれが無理なら、フジフイルム辺りに期待することになりますかね。

書込番号:18125513

ナイスクチコミ!4


クチコミ投稿数:122件Goodアンサー獲得:1件

2014/11/06 19:46(1年以上前)

機種不明

645PRO MAXクオリティ+LRモバイル

アキラ兄さん、かなり共感です。僕の撮影から印刷のフローが概ねココで学んだこともありますが…^^;

そのカメラが持ってるポテンシャルと撮った素材を把握した上で、カメラの処理に任せるのか?RAW現像するのか?どちらもそのカメラそのものを楽しむという認識に世の風潮が変わって欲しいものです。

廉価版でRAW保存。これ良いですね!保存容量はSDカードありきですが、プログラム的にはコスト増なんでしょうか?それとも廉価版を買う人はRAW現像しないという判断なのでしょうか?メーカーの意図は分かりませんが、RAWの様な生のデータに触れる、現像のフローも用意する、結果としてその上のステップを目指すキッカケになると思うのですけどね…

JPEG撮って出しオンリーの方が一眼レフへとステップアップして、RAWの存在を知ったからといって移行するかと言えばそうでもないでしょうし、写真文化と言えば大袈裟ですが、兄さん曰くの写真になるまでのプロセスも楽しむ、楽しませるのも撮影から印刷までのフローを持ってるCanonのある意味役目かな?と感じます。

うちの娘も、Lightroom現像してると、私もやってみたい!と言いますよ。やはり周りの環境があれば自ずと興味や好奇心をくすぐると思いますよ(^^)

書込番号:18137695

ナイスクチコミ!2


クチコミ投稿数:6677件

2014/11/07 00:57(1年以上前)

元わたキートンさん

RAW現像対応にした場合の、メーカー側の手間は存在すると思います。

まずそのRAWデータ仕様を公開しなくてはなりませんよね?
OSメーカーやRAW現像アプリメーカーは、この仕様書類に基づいてRAWに対応させます。
もちろん自社が供給するRAW現像アプリも対応させる必要があります。

別の意味で、なぜこれまで廉価機種にRAW出力を搭載しなかったのかと考えると、
一番大きいのは、高級上位機種との差別化だっただろうと思います。
コンデジラインアップが多彩だった頃は、色んな形で差を付けてのクラス分けが必要でしたから。

まずはデジタルエンジンの処理能力差での限界がありましたが、
今どきDIGIC4が乗っていれば余裕、DIGICIIIでもどうにかなるはずです。

SDカード容量に対してのファイル容量という意味でも、
前述のように現在入手できるボトムラインの4GB-SDでRAWでも200枚撮れますから問題なく、
転送規格も現在はUSB2.0が使えない環境は考えづらいので問題ないでしょう。

RAW現像アプリが動く環境も、ひとまずDPP3.xであれば32bitOSで低メモリーで動作してくれますし、
CPUもCeleron/pentium/どのDual Coreクラスででも「RAW現像に非力」ということはありません。
Core i3だったら充分だし、Core i5でQuad Coreなら余裕です。

もう、RAW記録をもったいつけて搭載する状況ではないわけですよね。

もちろん「RAW現像なんて判らない」ユーザーも居るでしょうが、その人達は無理に使う必要ないですし、
DPP3.x系なら、ひとまずプリセットデータでボディ内JPEGよりは高画質現像が行えてしまいます。

まぁ「JPEGで書き出す」ボタンを新規の用意した方が良いとは思いますが(笑)
#DPP3.Xの「変換して保存する」まわりのメニュー選択は正直判りにくいですね。

何も本当の最廉価機種にまでRAW出力を付けろとは思わないですが、
搭載デジタルエンジンが低処理であるほどPCでのRAW現像でアドバンテージは稼げるわけですし、
安く作ったレンズ程、各種デジタル収差補正の恩恵を得やすい事も考えれば、アリだと思うんです。


ポイントは「いかにスマホのカメラと違うExperienceをユーザーに与えるか」です。
同じ事をやるなら「スマホの方がスマート」な機能ではダメなんです。


一番話として通りやすいから子供の例を挙げるわけですけど、老若男女、同じ事なんですよ。

何かに挑戦させるには、たくさんの失敗を受け止められる土壌が必要です。
大抵の人は、結果が「失敗」ばかりであれば、最初に持った興味も萎んでいきます。

結果として「失敗の無い機材選び」という事になって、自動機能に長けた高級機や、
敷居が広く「本気じゃないから」と言い訳しやすいスマホのカメラへと流れていくわけです。

LPEG画像では、露出や、カラーバランスなどによる「失敗」のフォロー範囲は狭いです。

それ故に、その時点での問題点が固定されて良いのですけども、
それは開くまで「写真技術を向上させたい」という意識を持ってる人にとっては。ですよね?

RAWで記録すれば、ある程度の露出のリカバリーや、カラーバランスの再設定は容易ですので、
ひとまず撮影した「自分の失敗作」を「なんとか見れる状態」までにはフォローできるわけです。

このフローは、既に(今回)失敗したものをリカバーする意味で「フィードフォワード」的なフローです。
その時に、その補正の意味(相対的な原因)を説明してあげれれば(次回への)「フィードバック」も得られます。

こういう仕組みを「比較的初期段階から」与えて「失敗を(自分自身で)受け止められる」ようにしたいなと。

それがRAW記録なんじゃないかなと思うわけですよ。


そして、写真を決めるのは「構図」というところに辿り着くわけで、「本当の勝負はそこから」なんですよね(笑)

だから、それ以前の所で蹴躓いたり、その程度の技術習得で偉ぶっても意味ないじゃない?っていう^^;
ただの物理現象や、物理技術なんですから。


写ルンですが普及する前、実は大伸ばしの需要って差程無かったんです。

本気で写真やってる人は白黒で自家現像してコスト下げてましたから、
人に(額やパネルで)あげるカラー写真とかを手焼きで大伸ばししてました。

それが写ルンですの普及で、サービス六や四などの機械焼き大伸ばしの需要が起きたんですね。

これは底辺が拡がったからなんですが、実際には、
拡がった底辺の中に含まれていた一部の人達が、サーブス六/四のコストなら次の段階に進みたがったってことです。

だって大伸ばしにすると「アラ」も拡大されますから(笑)

デジカメで「高画素化」についてどうこう言う人達は、拡大されるのを恐れた人達です。
100歩譲ってDレンジの問題だとすれば、Dレンジ幅に対して最適な露出を決められない人達です。
銀塩時代であれば、フィルムのラチュード特性に対して露出を変えるなんて当然でしたから。

こういう「失敗した事実を認めない」人達の意見を聞いていった結果が、デジカメ市場の縮小です。

別にアマチュアが「失敗」を認めて「謝罪する」必要なんて無いわけですから、
エセプロ意識というかハイアマ・アドアマ意識を捨てて、
「失敗上等」で「原因を検証したら」笑い飛ばして「フォロー&次回にチャレンジ」っていうフローを育てないと、
写真表現は死滅するなーって思います。

キヤノンはその全ての位置にコンシューマー製品を持っているから、
フジフイルムはDPEラボを活用してRAWデータ付随ありきの補正サービスを提供可能だから、

そういう意味で、他のメーカーではやや難しい、この手の展開が可能だと思っています。

書込番号:18138983

ナイスクチコミ!3


クチコミ投稿数:6677件

2014/11/07 01:25(1年以上前)

なげーよ(笑)^^;


確認時点で2-3に分けようかと思ったのですが、諸般の事情でそのままアレ^^;

まぁ、スマホでできないこと、できたとしても向かないことを、デジタルカメラは攻めていくべきです。

それは、写真のフローから逸脱した何かである必要は無くて、
PowerShotNの方向などは、スマホやタブレットの方が一覧で見せやすいという意味で向いていますよね。

写真というのは、本来は「その場」だけの物と「対峙する」ことです。

それは「被写体」であり、撮影した「自分自身」であり、記録された「データ」であり、仕上げられた「作品」でです。

「その場」は一瞬〜数分の「過去」ですが、「対峙」は「現在から未来」の範疇で、
自分自身の任意で「時間を決められるはず」です。

急ぐならばJPEGの画質・容量・手軽さは武器ですから、その方向を否定しませんが、
急ぐならば、圧倒的にスマホのカメラの方が手っ取り早くて、勝負にならないんですよね。

「その場」は有効に使って「対峙」はのんびりマイペースで、しかも自分のスキルが上がった後に、
もしくは時間が過ぎた後、再度「対峙」しなおせるというのは、写真の本来的な良さだと思うのです。


要約すれば短いのだから最初から短く書くべきですね。すみません^^;

書込番号:18139062

ナイスクチコミ!3


クチコミ投稿数:6677件

2014/11/10 22:31(1年以上前)

別機種
別機種
別機種
別機種

で、GM1ですが。

GM1自体は、特に問題もなく、少しづつ呼吸も合ってきて良い感じですね^^

ただやはり、キットズームはもうほんの少し・・・という部分があります。
軽量でコンパクトで画角も使い勝手が良く、画質もそこそこ良いので、欲が出る感じ。
逆光はまだしも、画角的にも半逆光に弱いのに、ちょうどいいフードが設定されてなかったりとか(笑)

GM1単体でいうと、僕は凄く良いとは思わない物の、このセンサーは好きかも知れません。
巷ではオリンパス搭載のセンサーの方がよいような話が多いようですけど、
価格.comでアップされる画像を見る分には???なんですよねぇ・・・
もしかしたら僕がコンデジRAW現像でフンフンフンしてたお陰で、対応が身についてるだけなのかもですけど^^;

書込番号:18153910

ナイスクチコミ!4


クチコミ投稿数:6677件

2014/11/11 23:58(1年以上前)

機種不明

某所での反応を見ると、物欲の赴くままに生きるのに抵抗がある人が多いのだなぁと。
モノが写るだけで面白がれる僕は幸せなのだなと思いました。
画像はとろさんホイホイのJPS(笑)

書込番号:18158039

ナイスクチコミ!2


クチコミ投稿数:6677件

2014/11/13 18:46(1年以上前)

キヤノンの中国サイトでEF-S40mm/F2.8 STMのサンプルが見られますね。
http://www.canon.com.cn/products/camera/ef/lineup/wide/efs24f28stm/sample.html

以前勘違いしたのですが、画像下の「点&#20987;此&#22788;&#26597;看大&#22270;」という所をクリックすると元データが見れます。
#リンク部分が判らないようなスタイルシート指定は、商用サイトでは止めて欲しいですね(笑)

ハッキリいってEF40mmよりも画質が良く、逆光含め周辺部まで破綻が少ない(ほぼ無い)ように見受けられ、
(今はお腹いっぱいなので)実売価格がこなれてきたらと言うのはありますが、「欲しいな」と思いました(笑)

書込番号:18163903

ナイスクチコミ!2


クチコミ投稿数:6677件

2014/11/13 19:39(1年以上前)

他のトコで暴れていて思ったコトなんですが「ザックリ優先AE」ってできないですかね?

例えばISO-AUTOは、上限値と、機種によっては上昇の仕方くらいまでが指定できます。
これを第一希望(優先上限)ISO200、第二希望(絶対上限)ISO800、みたいな感じに指定できたらなぁと。

同じ事は絞り値やシャッタースピードにも感じていて、
「指定数値を中心に前後」だとか、「指定値以上(以下)」「指定値優先(限度値指定アリ)」みたいな、
ザックリここら辺の組み合わせで撮りたいカスタムプログラムAEがですね(笑)^^;

こういうのは高級機よりも中級機を使う人ほど要望があると思うので、一考してくれると嬉しいなぁ・・・

書込番号:18164076

ナイスクチコミ!3


クチコミ投稿数:122件Goodアンサー獲得:1件

2014/11/13 22:40(1年以上前)

別機種
別機種
別機種
別機種

アキラ兄さん
それ面白そうですね^^ ちょっと試してみたいですね。指定数値を中心に前後であれば、ブラケット撮影の絞り版やSS版みたいな形でも良いのではとも思います…って既にこういうのあるんでしたっけ?

書込番号:18164846

ナイスクチコミ!2


クチコミ投稿数:6677件

2014/11/13 23:42(1年以上前)

元わたキートンさん

数値の範囲指定と共に、やっぱり、第一希望・第二希望ですよね。

ある程度はメーカー側で考慮した(インテリジェンスな)制御が行われてるので、機械任せでもいいのですが、
やっぱり、意図した「あたり」っていう、ある意味ずるい指定をしたいケースが・・・^^;

だからと言って、ブラケット的に複数枚撮って選ぶ・・・という程じゃ無いから、さらにずるい(笑)

たぶん近い制御は現行のシステム(プログラムAE+ISO-AUTO)でもしているとは思うのですけれど、

メーカーが考えるピーク値と、ユーザーが考えるピーク値は微妙に異なると思いますし、
メーカーが考える安全域と、ユーザーが考える安全域も多少違うわけですよ。

そこのアジャスト機能が付くと、嬉しいなぁという話ですね。

100歩譲れば、G10に搭載されてた「ISOブースト」みたいなボタンを用意して、
「ISO(-AUTO上限値を第二希望へ)ブースト」ボタンみたいにつかえるだけでもいいんですけど(笑)

カスタムファンクションを使うと、その他の設定も一挙に変わっちゃうので、
なんかそういうプリミティブな「オルタナティブ(トグル)制御(しかもアジャスト可)」ができると嬉しいっす^^;



アップされた写真、1枚目と2枚目が、G15のレンズの雰囲気がとても良く出てますね^^
この雰囲気(描写)があるので、「やはりG10の鬼解像」とは言っても、GM1を入手しても、G15は手放せ無いです。

書込番号:18165129

ナイスクチコミ!3


クチコミ投稿数:6677件

2014/11/15 13:48(1年以上前)

何この仏壇仕様(お迎えが近い人向き?)・・・^^;
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20141114_675979.html

>デジタル一眼レフカメラ「Df ブラック Gold Edition」を12月に発売する。全1,600台の日本限定モデル。

突っ込みドコロは日本限定なのに1600台も販売するところでしょうね。

日本限定というのは、Df自体が日本でしか売れていないからでしょう。
海外販売ラインに正規カタログとして載せて展開するとコストに売り上げが見合わないと言うことだと思います。
#どうせ海外のマニアは手を尽くして入手しますからね。

あとは、外装以外の内部コンポーネンツが「1600台分」余って「た」という事実です。

ようするにDfは、販売開始時に「すきもの」が購入して一定数は動いたでしょうが、
その後継続して売れるような機種では無かったってことで、もう少し普通にアナログ操作部を取り入れればいいのに。

元に混ユーザーとしては、もし後継機を出すのであれば、本気でF3レベルのデザインに落とし込んで欲しいです。

書込番号:18170021

ナイスクチコミ!3


クチコミ投稿数:6677件

2014/11/15 13:55(1年以上前)

最近誤変換放置が多くて済みません・・・^^;
単純に視力劣化が始まってるほかに2-3の事情がありまして・・・申し訳ない。

>元に混ユーザー

正しくは「元ニコンユーザー」です。

書込番号:18170042

ナイスクチコミ!2


JTB48さん
クチコミ投稿数:13515件Goodアンサー獲得:1353件 PowerShot G10の満足度5

2014/11/16 09:27(1年以上前)

>仏壇仕様..

仏壇に鎮座していても違和感が少なそうです(笑)。ネーム入れサービスもあるそうですが、そうすると益々売却は出来ませんね。せっかく多くのデジ一(イチ)のジャガイモデザインから脱却させたのだからトコトンあなろぐスタイルを追求して欲しい!

書込番号:18172688

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:6677件

2014/11/17 23:20(1年以上前)

別機種
別機種
別機種

JTB48さん

アナログスタイル・・・には拘らないので、カッコ良いデザインにですね・・・^^;

アナログ=ゴテゴテダイヤルの付いたでは無いはずなので、
使い勝手とテクノロジーを整理して落とし込む=扱いやすい=良いデザインと思っています。

GM1がサムダイヤル仕様なら最高なんですけどねぇ。

書込番号:18178853

ナイスクチコミ!1


JTB48さん
クチコミ投稿数:13515件Goodアンサー獲得:1353件 PowerShot G10の満足度5

2014/11/19 07:36(1年以上前)

あらためてDfを見るとMADE IN JAPANの文字が底面だけじゃなくて上面にもあるんですね。このような限定モデルではFAゴールドもありましたが年配のニコンファンの人たちはこういうのが良いんでしょうか?

書込番号:18182674

ナイスクチコミ!2


クチコミ投稿数:6677件

2014/11/19 08:47(1年以上前)

別機種

Dfは操作性や機能美を追求したアナログ操作じゃ無いのが・・・^^;
Made in Japanというのも、僕はMade in Germanyの方が好きなので(笑)

例えばApple製品の殆どはマレーシアや中国製ですが、満足度が高いです。

日本のカメラが日本組み立てで無ければ魅力が出ないのであれば、それは製品企画自体に魅力が乏しいと言うことで、
製品企画の力というのは「こういう提案のある製品なら世界中のみんなが欲しがるだろう」という価値提示ですよね?

例えばユニクロのヒートテックなどは、日本で製造はしていませんが、製品企画は国内ですし、繊維自体は東レです。
つまり、厳密にはMade in Japanではないですけど、日本人が脳味噌ふり絞って作った製品ですよね?

それに、今の日本の若者が組み立てた物と、マレーシアなどの若者が組み立てた物と、どちらに信頼を置けるのかとか。

in Japanを付加価値にせずに、実価値となるような製品を作って欲しいというのが本音ですね。

書込番号:18182811

ナイスクチコミ!6


クチコミ投稿数:6677件

2014/11/20 00:14(1年以上前)

別機種
別機種
別機種

ImagingResouceサンプル:JPEG撮って出し

ImagingResouceサンプル:RAW-DPPディフォルト現像

ImagingResouceサンプル:RAW-ACR-CameraStandard現像

AdobeからACR8.7系列がリリースされました。
http://blogs.adobe.com/japan-conversations/photoshoplightroom_5_7/

でまぁ、G7Xが対応したので、お待ちかね(?)の並列比較です。

ACRの方はパラメーターを最適化して、色味を合わせるためAdobe Standardではなく
Camera Standard(DPPのカラースタイル・スタンダード準拠)にしています。
標準露光域では対して違わないなぁというのが感想です^^;

ということで、結果的には僕の中でのG7Xの評価は当初と変わらず、ほぼ確定かも。
ただ高感度の実用域は拡がるでしょうから、1型センサーのアドバンテージは活かせてると思っています。

書込番号:18185546

ナイスクチコミ!3


クチコミ投稿数:6677件

2014/11/20 00:30(1年以上前)

別機種
別機種
別機種

ImagingResouceサンプル:JPEG撮って出し

ImagingResouceサンプル:RAW-DPPディフォルト現像

ImagingResouceサンプル:RAW-ACR-CameraStandard現像

流石にISO1600だと差が出てきますが、ソニー製撮像素子だけ合って充分な下ごしらえが済んでいるイメージです。

書込番号:18185598

ナイスクチコミ!3


クチコミ投稿数:597件Goodアンサー獲得:36件

2014/11/20 12:57(1年以上前)

アキラ兄さん

G7XのACR現像比較、参考になります。

85o相当、F5.6なので、そんなに悪く見えないですね。
ただJPEG撮ってだしやDPP現像は線が太く見えます。

G7Xスレの中での夜景をみれば、ああ、やっぱりという感じです。
広角側をあまり使わなければ、十分な写りだと思います。

書込番号:18186881

ナイスクチコミ!2


クチコミ投稿数:6677件

2014/11/20 13:01(1年以上前)

体育系おやじさん

>85o相当、F5.6なので、そんなに悪く見えないですね。

でも周辺良くないですよね。左下のコショウの瓶あたりがチェックポイントです。
あちらのスレはさておき、35mm相当でも像流れが出てるので、流石に僕は欲しくないかなぁ(笑)

書込番号:18186896

ナイスクチコミ!3


クチコミ投稿数:597件Goodアンサー獲得:36件

2014/11/20 19:24(1年以上前)

アキラ兄さん

そうなんですよ。
特に広角側24o〜35o(おそらく50o近くまで)、周辺の画質が良くありません。いや全体的にでしょうか。
収差がひどすぎます。
RX100/M2の周辺画質よりも広範囲で悪いと思います。
私もこれは許容範囲外と感じています。

50o〜100oは、絞ればなんとかみれるかなあという感じです。
それでもRX100M3と比較するとソフトフィルターがかかったように眠いです。
本来はきちんとした画像があってのソレでしょう。

一個人の意見ですが、G1XMarkU→G7Xで、終わったなあと感じております。
分かる人は買わないと思います。

実際M3は結構雑な表現で、これはこれでどうなのかなあとは思いますが、
派手な表現でパッと見た目、解像感があります。

あちらだとあまり露骨に書くと、いろいろと問題がありそうなので、やわらかく書き込んでいます。

書込番号:18187982

ナイスクチコミ!2


クチコミ投稿数:6677件

2014/11/20 19:53(1年以上前)

体育系おやじさん

こちらの板に来る人達は理解してることなので、あまり繰り返してもアレですが、
F値をT値的な単純な明るさと取るならば、フォーマットが小さい方が有利ですよね。
もちろん被写界深度を浅くすることが優先ならば、フォーマットは大きい方がいいですけども。

ハッキリ言えば、透明度の高い硝材の単レンズが一番明るいわけでしょう?
だから、各種収差が滅茶苦茶で良ければ、明るいレンズって簡単です。
虫眼鏡でだって、紙が燃えちゃうくらいの明るさで光は集められるので。

そういう光学性能についての日本の文化レベルの低さは凄いです(笑)

だから逆に1型センサーが一般化して、1型センサー搭載の廉価機種が出て来れば、
暗い廉価機種のレンズの方が(ボケないけど)描写が安定してると気付く人も出てくるかなと。

面白いのは、キヤノンのEOS系列はかなり「判って」物作りをしているのに、
PowerShotはドコか勘違いした路線を突き進んでますよね。

端的に言えば「トゲが増え続ける最近のガンダム」みたいな(笑)
そのガンダムでさえ最新作ではトゲを減らしてきてますが、そこにすら追いついてないイメージです。

マニアに(通に)喜ばれたいという意識が強すぎて、写真を楽しみたい普通の人が見えてませんね。

書込番号:18188099

ナイスクチコミ!4


クチコミ投稿数:597件Goodアンサー獲得:36件

2014/11/20 20:53(1年以上前)

アキラ兄さん

そうですね。こちらの板に来られる方は、わかっていらっしゃると思います。

高画素化やセンサーの大型化、広角化、小さいF値、美しいボケ等といろんなウリを打ち出しているのですが、
本当の基本画質からはむしろ遠退いてきてしまって、でもそういう売り方が定着してしまって。
次は4Kですか。

残る候補として、LXかRX・・・

RXといえば、UCまでなら、なんとかわかりますよ。

話がとんだついでに、全然関係ないですけど、おちょぼ栗、食べたいです。
今度、そちら方面に行ったときに寄っていこうと思います。
蜂の家のおすすめを教えてください。お取り寄せの方が安いですかね。
って、西の端ですが、私実は住所東京都○○市なんです。(体は東北)

書込番号:18188383

ナイスクチコミ!2


クチコミ投稿数:6677件

2014/11/21 19:09(1年以上前)

体育系おやじさん

まぁ、自分では何も考えずに綺麗に撮れるカメラを欲しながら、
自分で考えないといけない高スペックを求めてカメラを選べば、当然ズレが出ますよね。

発生したズレの原因をきちんと考えることなく、それを機材のせいにしてしまって、
さらに勘違いして、さらに自分で考えないといけない高スペックをメーカーに要求すれば、おかしくなります。

どこかで、誰かが、指摘してやらないといけないわけですが、
メーカーも写真文化の担い手と言うよりは、守銭奴と化してますから、高くすれば売れるなら黙って売っちゃいます。

結果、スペックは良いのに、出てくる絵には「おおっ」って引き込まれる物が無いカメラが出来てしまいますな^^;


世の中誤魔化した体裁繕いが多すぎるんですよね。


東洋経済のロイターの記事ですが、ソニーが今期の販売計画を上方修正だそうです。
http://toyokeizai.net/articles/-/54026

当初レンズ交換式/コンデジ併せて800万台だったのが、840万台だそうで、
「キヤノンヤニコンが苦戦する中」「一眼レフ陣営引き離し」と記事には書かれています。

でキヤノンの販売計画台数は、レンズ交換式760万台/コンデジ1050万台で合計1810万台なんですね。

最初っから売るつもりの台数が2倍以上違っている状況で、5%予定より多いと「引き離し」なんですよ(笑)

いい加減日本人は、この数字の誤魔化しに気付かないと、踊らされてどこか変なところに行っちゃいますな・・・

書込番号:18191409

ナイスクチコミ!2


クチコミ投稿数:597件Goodアンサー獲得:36件

2014/11/21 22:21(1年以上前)

アキラ兄さん

カメラに限らず、使って、「やっぱいいわ・・・」って感じたいですよ。(ニコンじゃないですよ。)
車だって、鞄だって、セーラー服だって、機関銃だって、なんだってそうなんです。

つくり手側が、使い手側の立場のモノづくりより、どうやって売ってやろうかの方に力が入ってますから、変な感じです。
現場でもそうです。
もちろん営利目的で仕事はしてますが、顧客に満足してもらうものつくるという気持ちやプライドが希薄になってきています。
これでも一応、日本のProfessional Engineerですから、ときどき悲しくなる時があります。

社会全体、いろんなところに歪みや矛盾を抱えながら、これからどうなってしまうのだろう。
人間はどうしてこんなに学習能力がなく愚かなのか?
崩壊して再構築などできるのだろうか?
なんて、憂いても、しょうがなく、頑張って死ぬまで生きていくだけです。

六連星のターボ君は地球を5.4周、まだまだいけーる?
カメラについては、私の場合、更新するにしてもMarkUですかね。(5DMarkUもありますし。)
結局ちょっとダサいのが好きなんです。

書込番号:18192159

ナイスクチコミ!2


クチコミ投稿数:6677件

2014/11/22 10:37(1年以上前)

別機種

体育系おやじさん

ここに六連星の中島知久平の創業の辞があります。

惟に外敵に対し、皇国安定の途は富力を傾注し得ざる新兵器を基礎とする戦策発見の一つあるのみ。戦艦一隻の費を以ってせば、優に三千の飛行機を製作し得べく、その力遥かに戦艦に優れり。

何故日本は、当時としても時代遅れな巨艦主義に陥ったのか?

何故日本人は
「零式艦上戦闘機は熟練パイロットが引き出す運動性こそが最大の防御と考えて防弾性能を高めなかった」
と、ごく当たり前の特性を言うとムキになって怒り出すのか?


なぜ日本人はデジカメの「実運用性よりもスペックにばかり拘る」のか?


答えは全部一緒のように思っています。



M4/3機の中でもDxOのセンサーマークで上位では無いGM1の吐き出す画像がなかなかいい感じで楽しいです^^

書込番号:18193638

ナイスクチコミ!4


クチコミ投稿数:122件Goodアンサー獲得:1件

2014/11/23 22:39(1年以上前)

機種不明
別機種
別機種
別機種

晴れの日強し! 

体育系おやじさん、アキラ兄さん、
最近思うのは、『何をどう撮りたいのか?』その手段の為に機材があり、フローがあり、被写体へ望む準備というのが本来の撮影かと…逆算した工程・機材選びの判断が出来るようになる為のフンフンな訳ですよね?

いくら良い機材・スペックでも『それでも仙道なら・・・仙道ならきっと何とかしてくれる』的なことも多少あるかも知れませんが…^^;結局は「努力した者が全て報われるとは限らん。しかし! 成功した者は皆すべからく努力しておる!!」
ですかね・・・?

という訳ではありませんが、今年の紅葉です。1枚目は645PROのAモードプラス露出の撮って出し(MAXクオリティ)です。2枚目はLR的Canonダイナミックレンジですが、去年は修正のための手法であり、今年はプロセスとして組み込んだフロー。知っていて撮影する分、その分を計算して撮るのは楽しいですね。通常通りプラス露出で撮り過ぎると白トビし過ぎるので気持ち控えめで撮ろうという意識で行けました。

書込番号:18199422

ナイスクチコミ!4


クチコミ投稿数:6677件

2014/11/24 05:29(1年以上前)

元わたキートンさん


「ふぉっふぉっふぉ、キートンさんもだんだん判られてきたようですのう」

という性格ならば、世の中も人生も楽なんでしょうけどね(笑)


例えば、ヴォルグのホワイトファングを破るための武器として、
ガゼルパンチと衝撃を吸収する足腰のバネとスタミナを鴨川会長は一歩に身に付けさせるのですが、
その「読み」はあくまで突破口にしかならなくて、

結局試合を決めたのは、ヴォルグのホワイトファングの誘いにまんまとはまり、
ガゼルパンチを出すシーケンスを始めてしまった一歩が、
ガゼルパンチの軌道を低空に変えて、そのままボディに叩き込んだ一発です。

これが何を意味するのか?というと、凄く単純なことで、

ガゼルパンチ(のフォーム)を死ぬほど繰り返し練習していたのと、
足腰のバネを鍛える練習に明け暮れていたから、

ガゼルパンチのシーケンスのまま、ステップインして腰を落としてもパンチが打てただけなんですね^^;


つまり、持てる武器が少ない方が、人間は自分が積み重ねた物をフルに活用できるんです。


千堂戦の時には、一歩は持てる武器を全てコンビネーションに入れて、
千堂を後退させ、デンプシーロールを打てるシチュエーションを作り出します。

重要なのは、武器の数や性能では無く、それを(切迫したシチュエーションでも)当たり前に組み立てられるかです。


これを僕は「運用」と言ったり、オートマチックな「フロー」と言ってるんですが、それはもう無意識です。

僕自身深く考えて撮影なんてしていないんですが、撮影後の画像を見れば、自分が何を考えたかが判るという(笑)



この話は(僕的には)面白いので、レスを分けましょうか(笑)

書込番号:18200211

ナイスクチコミ!5


クチコミ投稿数:6677件

2014/11/24 05:49(1年以上前)

続きです。


桜木花道はまず何をさせられたか?

フンフンフンもそうですが、まずはリバウンドを押さえることですね。
これは身長のある花道には向いている役割で、自分の武器を生かすことをまず教え込まれます。

リバウンドを取ることは、即ちカウンター攻撃の起点となることでもありますが、
その過程で相手のファールを誘えるという大きなメリットがあります。

ここで花道は、非凡な「フリースローの入らなさ」を発揮して、大変基礎的な特訓を受けます。
そしてあまり上達しないのですが、試合ではリックバリースタイルのアンダースローのフリースローで得点を決めます。

ここで、ダンクシュートという派手なプレイ(とモテること)目当てでバスケットを始めた花道が、
回り回って、ある意味でカッコ悪いが確実性を重視したフリースローを「自ら」選択していきます。


これが何を意味するかと言えば、格好の良い部分が無ければ誰も物事を始めたりはしないけれど、
その格好良さを生かす流れで、見た目の格好良さよりも大事な部分も習得するということです。

これ、フリースローの練習で「入らない自分」を嫌と言うほど感じたからこそ、確実性を選んだんですね。


つまりフンフンフンというのは、頑張ればどうにかなるという話ではなく、
その中から自分に合った「気付き」を拾い出して、自分なりの軸(突破口)を見出していくと言うことです。


一応言っておきますが、僕は体育系の部活になど入ったことはありません。

自分自身が写真技術を習得する上で、フンフンフンした結果、そういう考え方を習得したと言うだけの話で、
結果的に、スラムダンクとはじめの一歩には、物事を身に付けていく上での基本が全て入っていると感じたと(笑)


でまぁ、もう少し続けます。

書込番号:18200225

ナイスクチコミ!5


クチコミ投稿数:6677件

2014/11/24 06:40(1年以上前)

続きです(笑)


ここで面白いのは、安西先生と鴨川会長の違いです。

安西先生は、別に花道を指導したわけでも無く、リバウンドは赤木が、
リックバリースタイルのアンダーフリースローは、偶然自分で身に付けたことになっています。

鴨川会長は、細かく説明することは少なく、理論的に単純作業を繰り返させて身体に教え込むタイプです。

けれど、一歩はデンプシーロールを偶然自分で編み出しますし、ロボット的な主従関係でもありません。


指導者として別のタイプであり、素材として別のタイプの主人公が「おなじような」発見をするのは何故かと言えば、
それはとある単純作業の臨界点では、自分自身の中で次のステップが「ある日突然」見えると言うことなんです。

それって努力と明確には比例しないんですよ^^;


それを鴨川会長的に言うのならば、
「努力した者が全て報われるとは限らん。しかし、 成功した者は皆すべからく努力しておる。」であり、
「積み重ねたものが拳に宿る」ということであって、

安西先生的に言えば「あきらめたらそこで試合終了だよ」であって、

桜木花道的に言うならば、「天才ですから」となるわけです。


僕は写真をやる人の多くの人は、センスや理屈やステータスを重視する余り、根本をバカにしてるなと感じています。


センスなんて、飛び抜けた物を持っていない限り、必要最小限あればコトが足りてしまいます。
仙道しかり流川しかり鷹村しかりマルチネスしかり・・・だから飛び抜けた天才をストーリーは用意します。

けれど主人公は(オッス!オラ〜とか言う奴を除けば)大抵は普通の人間なのは、
努力は報われる物では無くて、報われるべきは、当人がそこから学び取る物なんですよね。

そしてそれは、結局「そこからしか」学び取りようが無いんです。

「ダメな部分」を自覚した先に見える、武器の選択の仕方、技の磨き方ですから。



だから「仙道がなんとかしてくれる」のは、「仙道自身」か「仙道と共に努力した覚えのあるチームメイト」です。

「7DMk2のAFがなんとかしてくれる」のは、残すとこ「そのレベルのAF」というトコまで詰めた人です。


そこから先を言い続けると際限ないので、この話はココで終わらせますが、
結局、構図と、そこでレリーズしたという部分は、その人のみが持つ権利で、他人がとやかく言うことでは無いです。

逆にいえば、それ以外のことは、全部物理法則や汎用技術論ですから、一切重要じゃないです。

構図とレリーズが1つの「フロー」になり、そのフローの結果が、自分の内面と近似であるための、


いわゆる「フンフンフン」ですね^^

書込番号:18200272

ナイスクチコミ!4


クチコミ投稿数:6677件

2014/11/24 18:04(1年以上前)

さすが寝起きの文章だなんともないぜ

という感じなので補足すると(笑)

1)別に、仙道はなんとかしてくれない < 「自分自身の気付き」の余地を安易に手放すだけ
2)写真の撮影手段に「本来」など無い < 大抵の勝敗はレリーズする以前に決してます
3)努力が報われるなら、性能を買って報われても同じ < 報われる価値とレベルの次元の違いに気付くかどうか

自分の残り時間が有限であるのに、天国への階段を金で買おうと時間を費やすのは馬鹿馬鹿しくて、
ひとまず大量に撮影してれば、自分の構図や、レリーズタイミングの読みとか、機材慣れは、確実に上がるんですよね。

何故大抵の人は大量に撮影しないかというと、それは大量の失敗作と対峙することになるからです。
勝率が低ければ、試合数が増えれば当然負け試合の数が大幅に増えます。

でもこれは、勝率が僅かに上がるだけでも、勝ち試合の数が少しずつ「目に見えて」増えるということです。
試合数が少ないと、小数点以下の数字は現れませんし、偶然という「ノイズ」に惑わされることになります。

フンフンフンというのは、シーケンスの物理習得手段でもあり、可能性の正確な計測手段でもあります。


大抵の人は、自分自身の能力と対峙する(直視する)のが嫌なので、精神論に逃げたり、機械性能に逃げます。

機械性能に逃げると何が起きるかというと、本来の能力は伸びないので、一定の底上げで勝率が止まると言うことです。
結果的に、より性能の高い機材を購入することで、自分の能力が向上したかのような擬似体験を得る必要が出ます。

ということで、どんどん強い麻薬に手を出していくのと似た結果になります。
どんなに良い結果を得ても、自己達成成分は少なめですから、当然のことです。

フンフンフンが重要なのは、母体数を増やすことで、自己達成成分の増加を可視化させることにあります。

とくに自己達成の結果(努力の報われ)は、必ずしも比例して現出しませんから、母数を増やすことが大変重要です。
これは成果が出た段階での爆発的な結果の数として現れることで、自己達成感ハイの状態を生み出します。

一度「自己達成感ハイ」を味わったら、機械性能での擬似達成でなんて、大して満足できなくなります。

「自己達成ハイ」は段階があるので、初段階で在れば有るほど味わう可能性が上がります。
ですから早々に機械性能での擬似達成感を味わってしまうと、「自己達成ハイ」を味わえる段階が遠のきます。
そうして、結果的に前述のような状況に陥ってしまいます。

これは精神論でも善悪論でも何でもなく、物理ルーチンとして当然のことなんです。


ですから、フンフンフンというのは、禁欲トレーニングでは無く、結果的に効率のいいスキル獲得メソッドです。
そこを、良くも悪くも、あまり誤解しないで欲しいというのもあって、長々と書いた次第です。

書込番号:18202326

ナイスクチコミ!3


クチコミ投稿数:122件Goodアンサー獲得:1件

2014/11/25 19:47(1年以上前)

アキラ兄さん、諸々ありがとうございますm(__)m
セルフチェックの意味も含め、とても面白い内容でした!何度か見返してました(笑)

昨日、LRで画像取り込む時、ふと60Dの2014年撮影枚数見たらなんと3,000枚にすら到達していない…G15は見忘れましたが…G11初年度は8,000枚超えてた記憶がありますが、撮影自体をしていないし、一つのものを多角的に撮る頻度も少なくなったことを実感します。ライフスタイルや家族構成の変化はありますが、色々と写真への関わり方を考える良い時期かもしれません。

幸いにも娘もまた3DSからA495で撮るようになりましたし、息子も楽しく写真撮ってますので、ここ最近は家族で撮影に行こう的な風潮になってきました。これはかなり嬉しい限りです。

あまり自分の撮影に没頭し過ぎると怒られますが(苦笑)また色々とやって行こうと思います。

書込番号:18206123

ナイスクチコミ!2


クチコミ投稿数:6677件

2014/11/27 02:44(1年以上前)

元わたキートンさん

普通に生活していれば、時間的余裕も興味的余裕も色々波が生まれてしまうのは当然なので、
「筋トレは絶対にサボるな」みたいな話ではないのですけどね^^

フンフンフンの先に生まれてくる「次のステップ(興味)」というのは、自然な欲求から生じやすいのですけど、
何も伸びてない段階での「局面打開的なステップ(気分転換)」というのは、無駄では無いけど実りにくいという。

まぁ、そういうのは、無駄な投資をして、自分自身でうっすら気付いて身に滲みていくのが一番有効ですけども(笑)

だから「仙道ならなんとかしてくれる」は、
「仙道が突破口をあけてくれれば、後は自分達でその流れを活かせる」という、
「仙道」程の天才では無くても、仙道と一緒に練習(報われるかわからない努力)を重ねた、
陵南のチームメイトこそが口に出来るものなんで、

言ってみれば、仙道が作る流れを熟知してるから、仙道の才能を活かせるんです。

ですから仙道を冬ボで買ってきても、仙道を活用するには仙道ありきでの新たなフンフンフンが必要なわけですよ^^


これ、ふざけて言ってるようですけども、井上雄彦はそれ(この理屈)を判って描いてますね。

流川がずっと桜木にパスを出さなかったのは、認める・認めないよりも、
桜木のプレイ自体が、その後のシーケンスが読めないレベルだったからですし、
桜木が坊主になるのは、海南戦ででの痛恨のミスは、シーケンスが読めず「ひとまずゴリに」と焦った結果ですね。

井上雄彦は、バスケ(の面白さ)は個人技では無く、
「シーケンス」だということを理解しているから(こそ)の展開が多いです。

花道の4か月での急成長というのも、
「普通の素質(決して天才じゃ無い)人間が、伸びる時期に努力を重ねれば、伸びる」
ということです。

桜木のブザービーターでの「左手はそえるだけ」は元はゴリとの練習の時の言葉ですし、
湘北がラストでああなるのは、だからといって、「努力したものが全て報われるとはかぎらん」ということであり、
最後の花道の名セリフ「天才ですから」は「天才では無いから、あきらめずに続けるのみ(バスケが好きだから)」で、
奇しくもヴォルグの「今わかった。母さん、僕はボクシングが好きだ。」と符合します。

つまりは、写真も同じだと思うんですよ。


「僕は写真が好きだ」


そう本当に思うなら、そこから先は、自ずと、するべきこと、考え方の方向性、機材に求めるモノは決まります。

もちろん「僕は写真機が好きだ」「写真を撮って褒められる自分が好きだ」であれば、答えは変わっていくでしょう。


ちなみに僕は、
「目の前の綺麗な風景を残したい」だとか「一瞬を切り取ってなんたら」だとか「陰影が創るなんたら」だとか、
そういうのには、ほとんど興味がありません^^;

仕事の場合は「仕事として求められる物がきちんと納まっていること」が最優先ですし、
プライベートは「自分の内面が惹かれたものの痕跡がそこに見えること(記録と確認)」です。

前者は単純に、物理技術と想定内容とコストの問題(自分より上手な人間に頼む予算があれば頼みます)ですが、
後者は、僕が絵が描けない以上、写真以外に他の手段を知らないだけ、となります。

書込番号:18211452

ナイスクチコミ!3


クチコミ投稿数:6677件

2014/11/27 02:57(1年以上前)

当機種

で、まぁ、なんか後半がグダグダな気もしますけども、100レス到達で新スレにアレです^^

息の吸い方をだれかに習うことは希ですし、だれかに褒めてもらいたくて息を吸う人も希ですよね。
でも、呼吸法というのは存在して、それは目的と密接にリンクしている、と、

まぁ、その程度のことだと思ってます^^

書込番号:18211464

ナイスクチコミ!3


クチコミ一覧を見る


この製品の最安価格を見る

PowerShot G10
CANON

PowerShot G10

最安価格(税込): 価格情報の登録がありません   発売日:2008年10月下旬

PowerShot G10をお気に入り製品に追加する <601

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

クチコミ掲示板検索



検索対象カテゴリ
を対象として
選び方ガイド

新着ピックアップリスト

新製品ニュース Headline

更新日:12月4日

クチコミ掲示板ランキング

(カメラ)

ユーザー満足度ランキング