『2600+が2000+になってしまいました・・・』のクチコミ掲示板

鎌鉾Z SCKBK-2000 製品画像

拡大

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • 鎌鉾Z SCKBK-2000の価格比較
  • 鎌鉾Z SCKBK-2000の店頭購入
  • 鎌鉾Z SCKBK-2000のスペック・仕様
  • 鎌鉾Z SCKBK-2000のレビュー
  • 鎌鉾Z SCKBK-2000のクチコミ
  • 鎌鉾Z SCKBK-2000の画像・動画
  • 鎌鉾Z SCKBK-2000のピックアップリスト
  • 鎌鉾Z SCKBK-2000のオークション

鎌鉾Z SCKBK-2000サイズ

最安価格(税込):価格情報の登録がありません 登録日:2005年 1月19日

  • 鎌鉾Z SCKBK-2000の価格比較
  • 鎌鉾Z SCKBK-2000の店頭購入
  • 鎌鉾Z SCKBK-2000のスペック・仕様
  • 鎌鉾Z SCKBK-2000のレビュー
  • 鎌鉾Z SCKBK-2000のクチコミ
  • 鎌鉾Z SCKBK-2000の画像・動画
  • 鎌鉾Z SCKBK-2000のピックアップリスト
  • 鎌鉾Z SCKBK-2000のオークション
クチコミ掲示板 > パソコン > CPUクーラー > サイズ > 鎌鉾Z SCKBK-2000

『2600+が2000+になってしまいました・・・』 のクチコミ掲示板

RSS


「鎌鉾Z SCKBK-2000」のクチコミ掲示板に
鎌鉾Z SCKBK-2000を新規書き込み鎌鉾Z SCKBK-2000をヘルプ付 新規書き込み



ナイスクチコミ0

返信16

お気に入りに追加

標準

2600+が2000+になってしまいました・・・

2005/11/08 01:21(1年以上前)


CPUクーラー > サイズ > 鎌鉾Z SCKBK-2000

クチコミ投稿数:11件

ソケットAに取り付け可能か質問した者です。
板違いの質問かもしれませんが、お願いします。
結局、刀を購入したのですが
壊れたファンの取り外しができなくて挫折。
ってゆーか取り付ける自信も喪失・・・
簡単にできるものと根拠も無く思っておりました。
姉に相談し、姉の同僚で詳しい方にお願いしました。
その方が帰ってから数時間後に起動したところ
初めにモニターに出てくる文字の中に2000+と言う文字を発見。
あれ?と思ってウインドウズにログインして
システムのプロパティを見てみると、やはりAthlon XP 2000+
となっているではありませんか!
もともと兄のパソコンなのですが、兄は海外に出張していて
留守の間、使わせてもらっています。
国際電話して問い合わせたところ、やはりもともと2600+と言う
CPUだったそうです。
元に戻すにはどうしたら良いですか?
CPUファンの交換以外は何もしてません。
よろしくお願いします。















書込番号:4562409

ナイスクチコミ!0


返信する
クチコミ投稿数:1187件

2005/11/08 02:14(1年以上前)

>姉に相談し、姉の同僚で詳しい方にお願いしました。
この方がこっそりCPUを交換したという可能性はありませんか?

書込番号:4562492

ナイスクチコミ!0


mega cockさん
クチコミ投稿数:276件

2005/11/08 02:15(1年以上前)

もともと2600は、表示されてたの?
CPUファン交換が原因ではないとおもうけど、、

書込番号:4562494

ナイスクチコミ!0


あもさん
クチコミ投稿数:23205件Goodアンサー獲得:670件

2005/11/08 02:16(1年以上前)

まみ777さんこんばんわ

お使いのPCはどの様なマザーボード又は、PCでしょうか?
お姉さまの同僚の方がどの様なCPUクーラーの交換を行ったのかわかりませんけど、その際、マザーボードのジャンパ設定などを触ってしまった可能性が高いと思います。

恐らく設定を133MHzに戻してあげれば、2600+で表示されると思います。

もし、詳しい人がそばに居ないのでしたら、PCショップさんのサポートを利用するなども方法だと思いますけど、無償にはなりませんので、多少出費してしまいますけど。。

書込番号:4562497

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:1204件

2005/11/08 08:47(1年以上前)

ロータスSPIRITさんの意見は謎めいていて面白いけど、現実的にはあもさんの仰るとおりでしょう。

いずれにしてもマザボのメーカーがわからないと対処のしようがありません。自作であれば最初の起動画面が現れたところでDeleteキーを押してBIOS設定画面に入っていくのですが、メーカー製だとF2のことも、F10のこともあったりします。

ASASだと、そこからアドヴァンスの画面でベースクロックを133に設定すれば良いだけですが、マザーにより名称やセットアップのやりかた等、いろいろ違いますので。

いずれにせよ、まみ777さんがBIOSいじれないと自己解決は難しいかなあ…。

PCの自作はチャレンジスピリットから!これでめげずに頑張ってください。

書込番号:4562724

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:11件

2005/11/08 14:14(1年以上前)

もともとの所有者である兄に聞いた所
押入れの中から箱発見、ギガバイトというメーカーで
GA-7VT600(-L)とありました。
ちなみにOSはウインドウズXPです。

書込番号:4563216

ナイスクチコミ!0


あもさん
クチコミ投稿数:23205件Goodアンサー獲得:670件

2005/11/08 14:33(1年以上前)

メーカーサイトからマザーボードのマニュアルをDLしてみました。
次のとおりに行いますと、もとに戻ると思われます。

まず、PCの電源コードをコンセントから抜いてください。
そしてPCケースの左側の側板を外せませんでしょうか?
自作機の場合大抵後ろにプラスねじなどでとめてありますから、そのねじを外して側板を後方などにスライドさせますと、側面が開きます。

マザーボードを正面から見て、丸いボタン電池と一番左側のメモリソケットの延長からちょっと下に、小さいスライドスイッチがありますけど有りませんでしょうか?

そのスライドスイッチのレバーが上にあると100MHzでの動作ですけど、下にスライドさせますとオートで認識するようです。

スイッチをスライドさせ、後は他の部分に触ることなく、側板を元に戻してください。

そして、コンセントにコードを挿しこみ、周波数を確認してみてください。

書込番号:4563252

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:11件

2005/11/08 14:54(1年以上前)

説明書を見ると、あもさんの仰る位置にはスイッチと言うよりも
ピンみたいのが2本出ています。説明書ではこのピンが
Open:Auto  Close:100MHz(Defualt) と書いてあります。
どういう状態がOpenなのかCloseなのか分かりません。

書込番号:4563278

ナイスクチコミ!0


あもさん
クチコミ投稿数:23205件Goodアンサー獲得:670件

2005/11/08 15:15(1年以上前)

マザーボードのリヴィジョンが違うようですね。
ピンを挿した状態で100MHzですから、そのピンを抜くと133MHzを自動的に認識する仕様です。

書込番号:4563301

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:1204件

2005/11/08 16:27(1年以上前)

なんとピンをショートさせて周波数を切り替えるタイプのマザーでしたか。あもさんのダウンロードしたマニュアルではディップスイッチだったようで…。リヴィジョンが変わると仕様変更はあるというものの、不親切だなあ。

しかしながら、さすがはあもさん。今頃は、まみ777さんも問題解決かな?

ただ、、不思議なのは意識しないとCloseには出来ないはずですよね。なぜ、わざわざピンをショートさせたのか。

お姉さんの知り合いでパソコンに詳しい人が、「Defualt」の文字に注目して、勝手に設定し直したというのも考えにくいけど。今後のためにも、パソコンに詳しい人に、ここらあたり確認してみた方がいいですよ。

まさか、ピンはOpenでむき出しのままじゃないでしょうね?そうだとするとファンが逝っちゃうときに、マザーの自動認識機能も同時に逝っちゃった…といいうことに?

書込番号:4563422

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:11件

2005/11/08 19:29(1年以上前)

ピンは私がケースを開けた時からいじっておりませんが
最初からむき出しの状態でした。
元々なにか被せてあったのですか?
という事はエスコフィエ2さんが仰るように
CPUファンが壊れた時にマザーの自動認識機能も
壊れたと言う事ですか?
どうしよう・・(T_T;)。。。

書込番号:4563798

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:2973件Goodアンサー獲得:4件

2005/11/08 19:56(1年以上前)

こんにちは、まみ777さん
またしても助言がおそいのですが・・・

私が思うにBIOSの設定を手動でしないとAthlonXP 2600+と認識しないような気がします。
mega cockさんの言っていることが正しいかもしれません。

あとこの先は、CPUの板で聞いた方がいいと思います。

1、ジャンパーは、だぶん最初から「OPEN」自動的に認識になっているでしょう。

2、実際のコアは、●ですが「Thoroughbredコア」なので▲FSB266と自動認識し■の
AthlonXP 2000+で動作していると思います。

3、BIOSの設定で「Frequency/Voltage Control」の「 CPU Host Frequency(MHz)」を
「133」→「166」に変更するとAthlonXP 2600+と認識すると思います。

AthlonXP 2600+の種類
▲AthlonXP 2600+ Thoroughbred FSB266 133X16=2133MHz L2_256KB
・AthlonXP 2600+ Barton FSB266 133X15=2000MHz L2_512KB
●AthlonXP 2600+ Thoroughbred FSB333 166X12.5=2083MHz L2_256KB
・AthlonXP 2600+ Barton FSB333 166X11.5=1917MHz L2_512KB

自動認識
■AthlonXP 2000+ Thoroughbred FSB266 133X12.5=1667MHz L2_256KB

書込番号:4563845

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:1204件

2005/11/08 20:01(1年以上前)

慌てず、騒がず、まずPCを起動します。

最初のCPUクロックなどが表示された瞬間にDelキーを押します。するとBIOSの設定画面が表示されるので。画面のFrequency/Voltage Controlを選択します。次に画面のCPU Host Clock ControlでEnabledを選択。

その下のCPU Host Frequencyに移り、キーボードで133と入力します(場合によっては+-や↑)。

F10を押してyを選択すると再起動→で、一丁上がり!となるはずですが…。

だめだったら素直にあきらめましょう。

以上の設定は

http://www.gigabyte.co.jp/

でマザーボード→日本語マニュアルと順を追ってダウンロードすれば確認できます。

成功を祈ります。

書込番号:4563860

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:1204件

2005/11/08 20:07(1年以上前)

あ、ニョンちん。さんのレスが先に入ってましたね。

>あとこの先は、CPUの板で聞いた方がいいと思います

というのが正当なんで、私がよけいなお節介を焼いてしまいました。不快に思わないでください。

それならば、133ではなく166と入力するのが正しいようです。

失礼しました。

書込番号:4563878

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:2973件Goodアンサー獲得:4件

2005/11/08 22:57(1年以上前)

>>エスコフィエ2さん
おつかれさまです。お互い書き込んでいる間に まみ777さんのコメントがはいりましたね。

しかしこの板「鎌鉾Z」なんで「刀」も「AthlonXP 2600+」とも違うので管理人さんが移してくれたら一番いいと思うのですが・・・どうでしょうかね。
 

書込番号:4564391

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:11件

2005/11/09 01:46(1年以上前)

エスコフィエ2さんの指示に従ってBIOSをいじってみました。
ダメでした、諦めます。
板違いの質問に、ここまで付き合ってくれて
皆さんありがとうございます。
相変わらず2000+のままですが以前と特に変わりません。
なのでこのまま、しばらく使います。
私はネットとメールとエクセルしか使わないので
まぁいいかぁと思っています。
皆さんとても親切なので驚きました。
また何か分からない事があったら
今度はちゃんと正しい板に書きますので
その時はよろしくお願いします。
ありがとうございました。(^-^)

書込番号:4564907

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:2973件Goodアンサー獲得:4件

2005/11/09 13:01(1年以上前)

>あとこの先は、CPUの板で聞いた方がいいと思います。
自分で書いていてなんですが・・・あとご本人もあきらめておられますが・・・
夜中までBIOSの設定を勉強されていることと、
もう少しでできそうなので再度書込みます。

●BIOSの設定ができるということなので再度確認
・「Frequency/Voltage Control」の項目
 「CPU Host Clock Control 」を「Enable」にし
 「CPU Host Frequency(MHz)」を「133」→「166」

・「F10」を押して「y」か「Save & Exit Setup」を押して「y」
 ↑これをやらないと設定が保存されません。

●Windowsでの確認は、たぶんマザーボードに付属されているCDをインストールしているとおもいますのでGigabyteなら
・FSBと周波数の確認は、
 「Easy Tune4」
 まん中の大きい数字が「周波数」
 右の小さい数字が「FSB」

・BIOSのアップデートは
 Gigabyte Windows Utilities Manager(GWUM)か
 @BIOS
でできます。

●マニュアルのダウンロード_GA-7VT600-L (Rev 2.x)
フロッピーのマークを押すとダウンロード開始
http://www.giga-byte.com/Motherboard/Support/Manual/Manual_GA-7VT600-L%20(Rev%202.x).htm

書込番号:4565534

ナイスクチコミ!0


クチコミ一覧を見る


価格.com Q&Aを見る

この製品の最安価格を見る

鎌鉾Z SCKBK-2000
サイズ

鎌鉾Z SCKBK-2000

最安価格(税込): 価格情報の登録がありません   登録日:2005年 1月19日

鎌鉾Z SCKBK-2000をお気に入り製品に追加する <38

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

クチコミ掲示板検索



検索対象カテゴリ
を対象として
選び方ガイド

製品選びに必要な知識を
みんなで共有!

[CPUクーラー]

CPUクーラーの選び方ガイド

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

coreda

新製品ニュース Headline

更新日:2月14日

クチコミ掲示板ランキング

(パソコン)

ユーザー満足度ランキング