『ストロボ撮影と被写体ブレ、 i-TTL-BL調光とi-TTL-調光の違い』のクチコミ掲示板

2008年 7月25日 発売

スピードライト SB-900

ガイドナンバー34に対応したデジタル一眼レフカメラ用フラッシュ。価格は68,250円(税込)

スピードライト SB-900 製品画像

拡大

価格情報の登録がありません 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします

中古
最安価格(税込):
¥12,800 (20製品)


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格(税別):¥65,000

調光方式:i-TTL 最大ガイドナンバー(ISO100):34 重量:415g 機能:マニュアル設定/オートズーム機構/ワイヤレス発光/バウンス/モデリング発光/赤目軽減/ハイスピードシンクロ スピードライト SB-900のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • スピードライト SB-900の価格比較
  • スピードライト SB-900の中古価格比較
  • スピードライト SB-900の店頭購入
  • スピードライト SB-900のスペック・仕様
  • スピードライト SB-900のレビュー
  • スピードライト SB-900のクチコミ
  • スピードライト SB-900の画像・動画
  • スピードライト SB-900のピックアップリスト
  • スピードライト SB-900のオークション

スピードライト SB-900ニコン

最安価格(税込):価格情報の登録がありません 発売日:2008年 7月25日

  • スピードライト SB-900の価格比較
  • スピードライト SB-900の中古価格比較
  • スピードライト SB-900の店頭購入
  • スピードライト SB-900のスペック・仕様
  • スピードライト SB-900のレビュー
  • スピードライト SB-900のクチコミ
  • スピードライト SB-900の画像・動画
  • スピードライト SB-900のピックアップリスト
  • スピードライト SB-900のオークション
クチコミ掲示板 > カメラ > フラッシュ・ストロボ > ニコン > スピードライト SB-900

『ストロボ撮影と被写体ブレ、 i-TTL-BL調光とi-TTL-調光の違い』 のクチコミ掲示板

RSS


「スピードライト SB-900」のクチコミ掲示板に
スピードライト SB-900を新規書き込みスピードライト SB-900をヘルプ付 新規書き込み



ナイスクチコミ22

返信20

お気に入りに追加

解決済
標準

フラッシュ・ストロボ > ニコン > スピードライト SB-900

スレ主 blue-seaさん
クチコミ投稿数:503件

こんにちは。

D700とSB-900でストロボ撮影を楽しんでいます。
ストロボを使用しての人物の撮影に関して教えて下さい。
すごく的外れな質問でしたらどうかご容赦願います。

【質問1】
「ストロボの発光時間はすごく短いため
シャッタースピードが遅く(1/60、1/30、1/15、1/8等)ても
メインの被写体(人物)は芯がありピシッとした像で写ってくれる」

というような説明をみた記憶があるのですが、
これは、ストロボ発光によって被写体ブレを抑えてくれるという
ようにも考えるとことが出来るのでしょうか?
それとも全く私の誤解で、
被写体ブレはストロボの使用の有無には全く関係がないのでしょうか?

もし、ストロボ撮影で、ある程度、被写体ブレを抑えてくれる場合、
ストロボ直当ての場合、天井バウンスの場合、付属のバウンスアダプター使用の場合等で
被写体ブレの軽減の違いは出るのでしょうか?

【質問2】
i-TTL-BL調光とi-TTL調光の違いについて教えて頂きたいのですが、
SB-900の取扱説明書D2に
「i-TTL-BL調光の場合には、被写体と背景光のバランスを考慮して
発光量を制御する」
と説明書きがありますが、i-TTL調光の場合だと、i-TTL-BL調光に比べて
バランスが悪くなってしまうということでしょうか?

自分は普段はスポット測光で撮影していますが、
測光モードがスポット測光の場合には、
i-TTL-BL調光にならずに、i-TTL調光になります。
被写体と背景光のバランスを重視したい場合には、
測光モードを、中央部重点か、マルチパターンに設定変更すれよいのでしょうが、
逆にi-TTL-BL調光の方がi-TTL調光よりも優れている点、叉は適している状況というのは
ございますでしょうか?
また、
i-TTL-BL調光であっても、中央部重点で撮影した場合と、マルチパターンで撮影した場合とでは、
結果は違ってくるのでしょうか?

大変恐れ入ります、教えて頂きたくお願い致します。

そうぞ宜しくお願い致します。

書込番号:12644107

ナイスクチコミ!1


返信する
スレ主 blue-seaさん
クチコミ投稿数:503件

2011/02/12 16:01(1年以上前)

↑済みません、質問内容の記載に誤りがありました。
訂正してお詫びいたします。

誤)
逆にi-TTL-BL調光の方がi-TTL調光よりも優れている点、叉は適している状況というのは
ございますでしょうか?

正)
逆にi-TTL調光の方がi-TTL-BL調光よりも優れている点、叉は適している状況というのは
ございますでしょうか?

書込番号:12644569

ナイスクチコミ!1


Affogatoさん
クチコミ投稿数:119件Goodアンサー獲得:14件

2011/02/12 16:39(1年以上前)

blue-seaさんこんにちは
【質問1】
ストロボ光の割合によるところが大きいのですが、100%ストロボのみならブレにくいです。
イメージとしてクラブやディスコのストロボで踊っている人が止まってみえる映像といっしょです。
ただしストロボには閃光時間というものがあって閃光時間が長い物は手持ちで撮影できません。
スピードライトは比較的閃光時間が短いのでしぼって使えばミルククラウンのようなものも撮影できます。
blue-seaさんの人物撮影状況がわかりませんが自然光や蛍光灯、電球などの環境光の補助的に使用するなら当然シャッタースピードが遅いとブレます。夜景背景の人物スローシンクロがありますがこれは手前の人物のストロボ割合が多いからブレてないようにみえます。

【質問2】
i-TTL調光とiTTL-BL調光は主要部分のみを適正露出にするか全画面を平均的に極端な白トビ黒つぶれがないように調整しているかの違いです。
i-TTL調光でD700のスナップはBL調光よりもオーバーな露出になります。
中央部重点とマルチパターンの違いはわかりませんがi-TTL調光とi-TTL-BL調光はカメラを三脚にかまえて黒いカバンやカメラを台の上に乗せて同条件で撮影してみれば分かると思いますがスポット測光だとストロボが強めになります。
このあたりは言葉で説明しても分かりにくいので簡単にできるテストなので自分で試されるのがいいですよ。
D700ならコマンダーモードが使用出来るのでSB-900を斜め45度から当てると分かり易いです。

書込番号:12644737

Goodアンサーナイスクチコミ!5


スレ主 blue-seaさん
クチコミ投稿数:503件

2011/02/12 16:58(1年以上前)

Affogatoさん、こんにちは。

早速のお返事有難うございます。
【質問1】の件ですが、
なるほど、ストロボ割合に左右されるんですね。
細かい理屈はまだ良く理解できていないのですが、
確かに夜景背景の人物スローシンクロはブレていない様に見えます。
一方、ストロボ割合が少ない天井バウンス(叉は付属のディフーザーカバー使用で直当て)
は、それほど効果がないということになりますでしょうか。
非常に参考になりした。有難うございます。

【質問2】は教えて頂いた様に実際に試してみようと思います。

アドバイス有難うございます。

書込番号:12644827

ナイスクチコミ!0


Affogatoさん
クチコミ投稿数:119件Goodアンサー獲得:14件

2011/02/12 17:34(1年以上前)

天井バウンスとディフューザーなどの直のブレの違いは私には説明できませんので別の人を待つとして。
(スピードライトだと自動で制御して光量も変わってきますし)
1/60と1/30では私には雲泥の差があり室内の天井バウンスでは1/30のものはぶれて使用出来ない写真が多いです。
天井バウンスといっても別売りのディフューザーで正面に光が回るようにしてますが。
ただ、ブレよりも直でライトを当てれば影ができて硬い写真になりますし質感をどうするかの方が重要なことがおおいのではないでしょうか?
基本は三脚なのですが、手持ちならVRのレンズも結構手ぶれには有効ですよ。

書込番号:12645024

Goodアンサーナイスクチコミ!1


Affogatoさん
クチコミ投稿数:119件Goodアンサー獲得:14件

2011/02/12 18:05(1年以上前)

ちょっと被写体ぶれと手ぶれがごっちゃになってしまいましたが、三脚でストロボ光(スタジオの大型)のみの人物撮影でも激しく回転とかすれば被写体はぶれます。
ストロボ光は一瞬とはいえその中にも光っている時間が長い物から短い物まであります。
基本シャッタースピードではストロボ光の明るさは調整できませんので背景が暗くなったり等の影響がなければX接点ギリギリまでシャッタースピードを上げる方がいいです。
FP発光でもっとシャッタースピードを上げるという方法もありますが。
ストロボと環境光のミックス条件では被写体にゆっくり動いてもらって呼吸を合わすか、環境光のみで感度を上げてできるだけ速いシャッタースピードにするかぐらいでしょうか。

書込番号:12645167

ナイスクチコミ!1


スレ主 blue-seaさん
クチコミ投稿数:503件

2011/02/12 18:42(1年以上前)

Affogatoさん
お返事有難うございます。

>別売りのディフューザーで正面に光が回るようにしてますが。

どのような物か興味があるのですが、
よろしければ教えて頂けますでしょうか?

ちなみにバウンスではなく直当ての場合に
↓こんな物も出ており、興味があります。
ケンコー ケンコー ストロボディフューザー「影とりJUMBO」

>1/60と1/30では私には雲泥の差があり・・・
自分もSS1/60を一つの目安にしており、
1/30だと失敗の数が確かに増えるように感じています。

>・・・背景が暗くなったり等の影響がなければ
>X接点ギリギリまでシャッタースピードを上げる方がいいです・・・
なるほど!極端な例で考えると分かりやすいですね。
背景が邪魔で暗くても良いばあには、1/250まで思い切ってあげてみようと思います。
今まで、思いつきませんでした。有難うございます。
さらに、ハイスピードシンクロにすればさらにSSを稼げますね
今まで、試したことがなかったので、試してみます。

有難うございます。

書込番号:12645364

ナイスクチコミ!0


Affogatoさん
クチコミ投稿数:119件Goodアンサー獲得:14件

2011/02/12 19:08(1年以上前)

ローグフラッシュベンダー
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/review/item/20101222_416155.html
私はこれのLにアートレ(乳白のスタジオ用ディフィーズフィルム)を付けてますがロールでしか売っていないので、耐久性を無視するならトレーシングペーパーで代用するといいです。私はマジックテーブで着脱式に加工してますがテープで簡易に留めるだけでいいとおもいます。
一般的にはお金をかけずに厚紙などで自作する人が多いですけど。
様はバウンスさせてさらにディフューザーで軟らかくしてるのです。

書込番号:12645495

Goodアンサーナイスクチコミ!2


スレ主 blue-seaさん
クチコミ投稿数:503件

2011/02/12 19:21(1年以上前)

Affogatoさん
早速のお返事有難うございます。

このような便利なものがあるんですね♪
直ぐにポチりたくなりました。

使い方で1点教えて頂きたいのですが、
例えば天井がすごく高くて、天井バウンスが出来ない環境で
立っている人物を撮影したい場合には、人物の頭より上に フラッシュベンダーが
位置するようにする必要があるかと思いますが、
そのような理解で正しいでしょうか?

書込番号:12645542

ナイスクチコミ!0


Affogatoさん
クチコミ投稿数:119件Goodアンサー獲得:14件

2011/02/12 20:23(1年以上前)

横位置で撮影する場合は通常の天井バウンスのようにライトを上に向けて内蔵のバウンス板の代わりになります。
面積が大きいので効果絶大です。
問題は縦位置でこのままでは使えないので取り付け位置を短辺側に90度回す必要があります。
私は最初からこの位置で使用してます。
この状態だと曲げなくてもサイドから軟らかく光りを当てることができます。

書込番号:12645849

ナイスクチコミ!2


スレ主 blue-seaさん
クチコミ投稿数:503件

2011/02/12 20:38(1年以上前)

Affogatoさん 

ご親切丁寧に教えて頂き本当に有難うございます。
質問の仕方が下手で申し訳ございません。
ちょと絵にしてみたのですが、
フラッシュベンダーが@の位置であれば
人物の顔に光が当たるかと思うのですが、

Aの場合ですと、人物の顔に十分に光があたらないように思ってしまったのですが、
基本的にはフラッシュベンダーが@のような位置になるように
(Aのようにならないように)工夫するという理解でよろしいでしょうか?

何度も本当に済みません。

書込番号:12645928

ナイスクチコミ!0


Affogatoさん
クチコミ投稿数:119件Goodアンサー獲得:14件

2011/02/12 20:52(1年以上前)

極端な例ですがそういうことです。
2の方はレンズ位置からあまりないとおもいますがフラッシュベンダー自体は骨があり自由に曲がりますので発光部を覆わなくて真っすぐ伸ばした状態なら天井バウンス+正面光ですし2の状態ならヘッドの角度を45度にしたり、光を回したくない場合はそちらの側を曲げればいいのです。

書込番号:12645998

ナイスクチコミ!1


スレ主 blue-seaさん
クチコミ投稿数:503件

2011/02/12 21:01(1年以上前)

本当に有難うございます。

一つ前のご説明いただいた縦位置の場合ですと、
イメージはこんな感じでしょうか?

クリップオンのストロボですと、
縦位置はどうしてもサイドからの光になってしまうかと思いますが、
これは、妥協するしかないかと思っていますが・・・。

また、教えていただいた要領で、
フラッシュベンダーを利用して夜間の屋外(天井がない)での人物撮影にも
使えそうですね♪

「アートレ」早速検索してみました。
結構なお値段するんですね。
でも、アートレを使用した方が良い感じになるのなら・・・
こちらもポチってしまいそうです。

ご親切に教えて頂き本当に有難うございます。

書込番号:12646059

ナイスクチコミ!0


Affogatoさん
クチコミ投稿数:119件Goodアンサー獲得:14件

2011/02/12 21:19(1年以上前)

そういうことです。
縦位置では内蔵の反射板では正面に回せないのでその代わりです。
アートレである必要性はないです。アートレは物撮りの写り込みの時にムラが出にくいからで、人物ならトレーシングペーパーで十分です。見た目さえ気にしなければコンビニの袋でも利用出来ます。
ただし、色味はものによって違うので撮影してみないとわかりませんが。

書込番号:12646179

ナイスクチコミ!1


スレ主 blue-seaさん
クチコミ投稿数:503件

2011/02/12 21:24(1年以上前)

Affogatoさん

本当に有難うございます。
お忙しい中、私のこんな質問にご親切丁寧にお答え頂き
心から感謝しております。
もやもやしたものがとれて、ストロボ撮影が今まで以上に楽しみになりました。
本当に有難うございました。

今しばらく、別の方からのご意見があるか
待ってみて、その後に、Affogatoさんに
GOODアンサーをつけさせてただこうかと思っております。

本当に有難うございました。

書込番号:12646212

ナイスクチコミ!0


スレ主 blue-seaさん
クチコミ投稿数:503件

2011/02/13 23:09(1年以上前)

Affogatoさん

こんばんは。

昨日は、ご親切丁寧に教えて頂き
有難うございました。

お礼と言っては大したことではないのですが、
あれからネットを色々と検索していたところ
こんなものを見つけました。
http://pillow100.blog114.fc2.com/blog-entry-1439.html

ストロボを縦位置⇔横位置に出来るブラケットのようです。
ご興味がなければ読み飛ばして下さいませ。

本当にどうも有難うございました。

書込番号:12652259

ナイスクチコミ!0


Aquilottiさん
クチコミ投稿数:275件Goodアンサー獲得:21件

2011/02/20 14:42(1年以上前)

解決済みとなっているようですが、もしまだスレッドをチェックしてらっしゃったらという事で書きますね。


【質問2】TTL-BL(i-TTL-BL)調光とStandard-TTL(i-TTL)調光の違いについて


TTL-BL に関してはいつのまにか呼び方を縮めて書くことが通例のようになってしまったのでわかりにくくなってしまいましたが、これは本来、

"TTL(through-the-lens) - Balanced Fill Flash"

が縮めない呼び方です。フィルフラッシュというのは多くの方がフラッシュと聞いてまず思い浮かべる「暗くて写真が撮れないからフラッシュを炊く」というのとはそもそも目的自体が異なります。


【Balanced Flash Fill】

フィルフラッシュの最も基本的な考え方は、

「暗すぎる影をフラッシュの光で埋めて“暗すぎない影”にする」

というものです。ですから場明かりが充分にあって、だけど暗すぎる影も出来てしまうのでそれをなんとかしたい、という場合には良い仕事をしますが、あくまで暗すぎる影を暗すぎない影にするというのが本来の目的ですから、場明かりがもともと根本的に足りなくて全てが影に等しい場合には、「暗すぎない影のみで構成された写真」すなわち暗めの写真になるという性格を潜在的に持ちます。

実際にはその基本的な働きからかなり進化をしていて、もっと積極的に全体のコントラストの調整を働きかけるといった部分があると思いますが、基本的な性格をつかむには上の考え方で充分だと思います。


【Flash Key】

対してStandard-TTLですが、こちらはストレートにわかりやすく明かりが無いからフラッシュを明かりにする(Flash Key)というのが基本的な考え方です。本来明るさがない状態での使用が前提にあるので、逆に場明かりがそれなりにあるとそれが増えるにつれ出来あがる写真は露出オーバーになるという性格を持ちます。例えば場明かりが露出計表示で1EVマイナスである場合、フラッシュも1EV分発光量を下げてはじめて適正な露出が得られますが、カメラのTTL調光まかせで何もしなければ1/2〜2/3EV程露出オーバーとなります。


Standard-TTLを用いるのが適した状況か、それともTTL-BLを用いるのが適した状況なのかは基本的には場明かりとフラッシュのどちらをメイン光源とするかで判断すれば良いと思います。上の場明かり-1EV、フラッシュ-1EVの場合が割合的には1:1となりますが、TTL-BLは色々とアルゴリズムが進化していることもありもう少しTTL-BLの有利な守備範囲が広いと感じる方が多いと思います。逆にフィルフラッシュ目的であってもカメラまかせではなく自分自身で厳密に光をコントロールしたい方の場合にはカメラのオートまかせのTTL-BLは基本殆ど使わず自分自身でバランスを取るのでもっぱらStandard-TTLだという人もいるでしょう。


Standard-i-TTLとi-TTL-BL、どちらが優れているとかではなく、そもそも本来の目的が全く異なり、それによる性格の違いがあるという事だと思います。

書込番号:12682664

ナイスクチコミ!4


スレ主 blue-seaさん
クチコミ投稿数:503件

2011/03/19 16:10(1年以上前)

Aquilottiさん、こんにちは。

解決済みにもかかわらず、
ご親切にご教授いただき有難うございます。
また、お礼のお返事が大変遅くなってしまって申し訳御座いませんでした。

TTL-BLの語源まで教えて頂き
大変勉強になりました。

目的そのものが違うのですね。
これまで全く意識していませんでした。

今後ストロボを使う際、ちょっと意識して
両者を使い分け、違いなどを楽しんでみようと思います。

でも、いざ、自在に使い分けをしようと思うと
なかなか難しそうですね。

場数を踏んで、失敗を繰りかえさないと、
自分の中に基準が作れないのかな、なんて思っています。

アドバイス有難うござました。
またお礼のお返事遅くなってしまって申し訳御座いませんでした。

書込番号:12796209

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:2672件Goodアンサー獲得:274件

2011/03/20 15:19(1年以上前)

RRS WPF-1とL-Plate

縦位置

全ての固定『ポイント』にフラッシュを取り付けた状態

『バウンス』と『直射』を併用もできます

blue-seaさん&みなさん、こんにちは♪

 既に解決済みになっていますので、ストロボブラケットについてだけ…

 Really Right Stuffのポートレートプロパッケージが話題に上っていましたが、私は同じRRSのWPF-1を使用しています。 現在はマイナーチェンジが施されて、WPF-QRと呼んでいるようです。
http://reallyrightstuff.com/ProductDesc.aspx?code=WPF-QR&type=4&eq=&desc=WPF-QR%3a-Bracket-with-QR-Flash-Adapter&key=it

 カメラを横位置で構えようと、縦位置にしようと、絶えずフラッシュ位置をレンズの真上に持ってこられる事が良いですね! ブラケットの展開も、ボタンのワンプッシュで可能ですので、素早くできます。

 副次的な効果として…カメラに直接フラッシュを取り付けるよりも、発光部がレンズの光軸から離れますので…影の出方もより自然になり、赤目防止にもなります。

 ストロボブラケットを検討されていましたら、コンパクトに畳めて持ち運びの邪魔にもならない、WPFは非常に便利ですよ(^^♪


書込番号:12800055

ナイスクチコミ!1


スレ主 blue-seaさん
クチコミ投稿数:503件

2011/03/20 23:28(1年以上前)

そらに夢中さん、こんばんは。

解決済みにもかかわらず、
ご親切にご教授いただき有難うございます。

>Really Right Stuffのポートレートプロパッケージが話題に上っていましたが、
>私は同じRRSのWPF-1を使用しています。

そうでしたか・・・実は、つい先日
BENROのフラッシュブラケットを
購入してしまったところだったんです・・・。

RRSのWPF-1も便利そうで興味はあるのですが、
・・・しばらくはBENROのフラッシュブラケット
を使って様子を見てみようと思います。
なじめなければ、RRSのWPF-1を考えようかと。
せっかくご親切に教えて頂いたのに申し訳ございません。

でも、掲載して下さったお写真をみると、
ストロボの位置が高くセットできるので
なかなか良さそうですね♪
欲しくなってきました。

今後ともうどうぞ宜しくお願い致します。
有難う御座いました。

書込番号:12802274

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:32件Goodアンサー獲得:1件

2011/04/10 19:02(1年以上前)

全暗黒ならストロボ自体の閃光時間の短さ(1/500-1/50000秒)で被写体の動きを止めるストップモーション効果はあります。 しかし日常の室内なら定常光があるため、シャッタースピードを落とせば、落とすほどストロボ以外の光を拾うため、ストロボが止めた画像と定常光だけで写った画像がズレて写ります。 これが残像ブレです。 シャッタースピードを速めるか、カメラ側の感度を下げる事で、定常光を拾う割合が減り、残像ブレを防ぐ事ができます。 TTLの種類による写りの違いなど、クリップオンストロボを本当に所持されているのなら、テストすれば済むだけです。

書込番号:12881733

ナイスクチコミ!1


クチコミ一覧を見る


価格.com Q&Aを見る

この製品の最安価格を見る

スピードライト SB-900
ニコン

スピードライト SB-900

最安価格(税込): 価格情報の登録がありません   発売日:2008年 7月25日

スピードライト SB-900をお気に入り製品に追加する <238

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

クチコミ掲示板検索



検索対象カテゴリ
を対象として
選び方ガイド

製品選びに必要な知識を
みんなで共有!

[フラッシュ・ストロボ]

フラッシュ・ストロボの選び方ガイド

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

qoo10

新製品ニュース Headline

更新日:8月7日

クチコミ掲示板ランキング

(カメラ)

ユーザー満足度ランキング