『暗いところでの撮影に向く機種』のクチコミ掲示板

HDR-HC1 製品画像

拡大

価格情報の登録がありません 価格推移グラフ


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:オープン

タイプ:ハンディカメラ 撮影時間:80分 本体重量:680g 撮像素子:CMOS 1/3型 動画有効画素数:198万画素 HDR-HC1のスペック・仕様

価格.comのまるごと安心 設置・修理・サポート。家電・PC・カメラ・ゲーム機が対象。初月無料!
ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • HDR-HC1の価格比較
  • HDR-HC1の店頭購入
  • HDR-HC1のスペック・仕様
  • HDR-HC1のレビュー
  • HDR-HC1のクチコミ
  • HDR-HC1の画像・動画
  • HDR-HC1のピックアップリスト
  • HDR-HC1のオークション

HDR-HC1SONY

最安価格(税込):価格情報の登録がありません 発売日:2005年 7月 7日

  • HDR-HC1の価格比較
  • HDR-HC1の店頭購入
  • HDR-HC1のスペック・仕様
  • HDR-HC1のレビュー
  • HDR-HC1のクチコミ
  • HDR-HC1の画像・動画
  • HDR-HC1のピックアップリスト
  • HDR-HC1のオークション

『暗いところでの撮影に向く機種』 のクチコミ掲示板

RSS


「HDR-HC1」のクチコミ掲示板に
HDR-HC1を新規書き込みHDR-HC1をヘルプ付 新規書き込み



ナイスクチコミ0

返信24

お気に入りに追加

標準

暗いところでの撮影に向く機種

2005/09/08 17:15(1年以上前)


ビデオカメラ > SONY > HDR-HC1

クチコミ投稿数:7件

個人ではなく、会で購入予定です
HC1を購入しようと思ったのですが
暗いところを撮影するのにはよくないという
書き込みを見たので、迷っています

主に撮影するのはホールや会館などの暗い場所での発表会などです
後々のためにキレイな画像で残したいと思ったのですが
暗いところでの撮影が主ならやめた方がいいでしょうか?
あと撮影する人も毎回決まっているわけではないので
使い方が難しくないものがありがたいです
(平均年齢が高いもので・・・)

これらを踏まえてお勧めの機種(HC1含め。メーカー問わず)
がありましたら教えてください
あと三脚、バッテリー(最低2つ?)と他に購入しておいた方が
いい物はありますか?

※あと、ついでの質問で申し訳ないのですが
 過去の書き込みで出てきた「クロッグ」というは何でしょうか?
 調べたのですがよくわかりませんでした
 このように初心者なのでできれば専門的な用語をなるべく使わない
 アドバイスをいただけると助かります
 
みなさんよろしくお願いします

書込番号:4410942

ナイスクチコミ!0


返信する
クチコミ投稿数:747件

2005/09/08 19:32(1年以上前)

しーましまさん、いくつか質問させてください。

主に撮影するのはホールや会館などの暗い場所での発表会など、とのことですが、本当に暗いところなのでしょうか?
近年に建てられたホールや会館なら、意図的に暗くしない限り、まずどんなビデオカメラでも撮影できるくらいの明るさはあるはずです。
舞台での発表会では、会場全体は暗くても、舞台の上は明るい照明に照らされているはずです。
主に撮影されるホールや会館は、何年頃に建築されたものでしょうか?
また、今まで、個人の方でも同じ場所でビデオカメラで撮られたことはありませんか? もしあったとしたら、その結果はいかがでしたか? 暗かったですか?

後々のためにキレイな画像で残したい、とのことですが、撮影したものをタイムカプセルに入れて地中に埋めるわけではありませんよね。(冗談ですよ〜)
撮ったものを、みんなで見て、将来にわたって何度でもみんなで楽しもうということですよね?
まず、今現在は、どんなテレビでみるつもりですか?
大きなハイビジョンテレビでしょうか? ふつうの小さなテレビでしょうか?

撮影する人も毎回決まっているわけではない、とのことですが、今までもビデオ撮影はしたことはないのですか?
誰か個人でビデオ撮影をしたことがある人、ある程度ビデオカメラに詳しい人はいないのですか?


※「クロッグ」については、ソニーのHC1のページの最初に出ている【デジタルハイビジョン ハンディカム使用に関する注意】の中の「まれに再生中の画像と音声が一瞬 (約0.5秒)停止することがあります」という項目をご参照ください。
http://www.sony.jp/products/Consumer/handycam/PRODUCTS/HDR-HC1/index.html
その現象を「クロッグ」といいます。
ビクターのテープを使う、または使ったことがある、と多発するようです。ちなみに私は最初からソニー純正を使っていたせいか、今まで20本分ほど撮影していますが、そのような現象が発生したことがありません。


書込番号:4411175

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:6568件Goodアンサー獲得:1件

2005/09/08 22:58(1年以上前)

譜面を見ながらのマトモな演奏会でしたら、譜面を見るために必要な照度が確保されていて、ステージ上の人物撮影に必要な側面方向の明るさも意外にありますので、人物と関係ない部分が暗くなっていたりして惑わされるかもれませんが、大抵は室内照度よりも明るく撮れます。

※公立学校の体育館などでしたら、もっと暗くなったりします。

ただし、演劇やダンスなどの場合、意図的に照明を暗くする事がありますので、感度の悪いビデオやスチルカメラならば、素性の悪さを露呈してしまいます。

書込番号:4411878

ナイスクチコミ!0


W_melon_Jさん
クチコミ投稿数:4318件Goodアンサー獲得:3件

2005/09/09 07:43(1年以上前)

感度の15ルクスですが 新聞の細かい文字を普通に
見られる程度が15ルクス以上のように思います。
その状態がHC1の限界感度で明るさは確保出来ますが
ノイズでザラザラします。ノイズが無い撮影はそこから
更に数倍の照度が必要です。
ノイズが有っても良いという人もいますのでその
辺りはなんとも・・・・

書込番号:4412636

ナイスクチコミ!0


W_melon_Jさん
クチコミ投稿数:4318件Goodアンサー獲得:3件

2005/09/09 07:57(1年以上前)

↑は感度の話題ですが 舞台や発表会などは
照明がスポット状に使われる場合 同一の画面で
明るい部分と暗い部分を同時に撮影する必要が
あると思われます。そういう用途には家庭用自体
が撮影に向きませんし、まして撮像素子の画素数を
沢山積んだ今時の製品は更に向きません。
ですが それに代る製品と言えば SONYのDCR-VX2100
ぐらいしか思いつきません。価格も高くなりますし
大型化します。(でも本当はこちらを御薦めします)
この辺りの性能は銀塩カメラと違ってアマチュアと
プロの機材の性能差ははっきりしてますが諦めも
必要だと思います。
逆にビデオカメラの性能の為に照明は極所的に使用
しない、満遍なく明るく照らす事に気づかう必要が
あると思います。芳しくありませんが仕方ありません

書込番号:4412648

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:13263件Goodアンサー獲得:445件

2005/09/09 20:05(1年以上前)

HC1以外ではキャノンのIXY DV M5がおすすめになります。
予算がHC1で限界という事でしたらどちらかでいいかと思います。
そして普通のビデオカメラでしたらオートで結構綺麗に撮影できますから電源ONして
スタートボタンを押すという操作をしたらいいだけですから、このスイッチとズームの
操作を教えておけば誰でも操作が出来ますから気にしなくていいと思います。

HC1のクロッグですが個体差があるようですのでアフターサービスのしっかりした店で
クロッグが発生した時の事などを確認してから購入してもいいかと思います。
もし多発するような時にもすぐに見てもらえる所でしたら対応してくれるかもしれません
ので多少は安心出来ると思います。
でも少しくらい発生しても対応してくれないかもしれませんので、これだけは運かも…

あと三脚、バッテリー以外に欲しい物ですが、出来たら外付けマイクが有るといいかも
しれないですね^^
どこから撮影するか何を撮影するかにもよりますが客席の声とかが入らないようにズーム
マイクを使うとかするといいかも。
IXY DV M5だとキャノンが用意をしてませんので社外品を使う事になるんですが、ソニー
でしたらメーカー品を用意してくれてますので、それを使えばいいと思います。
マイクに関してはもっと詳しい人の説明があれば嬉しいのですが…

書込番号:4413800

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:6568件Goodアンサー獲得:1件

2005/09/09 21:23(1年以上前)

照明の状態、キツイ条件の最たるものの1つがスポットライトですが、ダイナミックレンジが十分であるとはいえない機種ばかりなので、そんな照明の状態でフルオートに頼るには、心もとないのが実情です(W_melon_Jさんの[4412648]冒頭が意味する事の例)。

特に、「顔」が真っ白になって目も口の定かではなくなってしまう撮影結果は、フルオートで起こりがちになります。
これは実質的に失敗撮影となります。
目も口の定かではなくなってしまうということは、解像力が良い悪い以前のレベルです。
かといってスポットライトモードでは、全体的に露出不足→心情的な許容範囲よりも暗い画像になりがちです。
仕方がないので、素人であろうが玄人であろうが、状況に合わせて露出補正しながら撮らざるえなくなったりします。

そうすると、VX2100のように(現行の家庭用ビデオカメラの中では)突出して高いダイナミックレンジを持つ機種の方が、安易にフルオートで撮影できる「可能性」が高くなります。

そのような条件への対応力を第一とするのであれば、「ダイナミックレンジの広い機種の方が素人には扱い易い」ということになります。
ダイナミックレンジの重要性は、ずっと前からW_melon_Jさん他の方々が主張されているのですが、残念ながらダイナミックレンジの広い機種は大きくて重くて高価な機種しかなくなってしまって、必ずしも広く一般向けに薦められるわけではなくなってしったのは、多くの消費者にとって不幸としかいいようがありません(^^;

※厳密には、VX2100でも十分なわけではなく、現行の殆どの機種のダイナミックレンジが貧弱なので、相対的に突出したように見えるに過ぎません。

なお、ここでいうダイナミックレンジとは、本質的なものであって、擬似的にダイナミックレンジが拡大しているように「感じられる」だけものとは別格にする扱わねば間違った選択をしてしまいます。

書込番号:4414021

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:9791件Goodアンサー獲得:224件 動画で花火を撮ろう 

2005/09/10 01:53(1年以上前)

旧式の映像エンジンしか積んでいないうちのFV2でも
露出をちゃんとあわせてやればそれなりに見られる映像になります。

よく調べることは大事ですが、理屈だけに踊らされることの無いように!

書込番号:4414865

ナイスクチコミ!0


W_melon_Jさん
クチコミ投稿数:4318件Goodアンサー獲得:3件

2005/09/10 06:02(1年以上前)

はなまがりさんらしからぬ内容ですね。

理屈だけで書いているのではありませんし
だからこそ非家庭用も購入しているわけですが
ダイナミックレンジは明らかにその性能差として画面に出てきて
います。そして 画面の情報量は解像度とダイナミックレンジ
に比例します。
あえて書きますがFV2のようにあまりダイナミックレンジの
広くない製品でスポットライト状の被写体を撮るとその
高輝度部分に露出を合せるとそれ以外の所は肉眼では見えて
いても真っ黒です。つまりそこには情報が無いわけです。
今のHDVはモロにそういう画像です。解像度はSDに比べて
高いのでその分での情報量は大きいが白飛び、黒潰れが
画素面積が狭いので多く、その分は情報量が少ない。
どちらかが立てばもう一方は立たない、結局匡体の大きさで
ビデオカメラの性能が決まります。
SONYもその点は理解しているからこそ、HC1でCCDではなく
CMOSを使ったのでしょう。当初予想したよりはダイナミックレンジ
が広いようですが まだもう一歩・・・・・

狭小画素化反対ですがさんが書かれているようにダイナミック
レンジに広い製品の方が露出合せはいい加減でも絵になりますから
極端なはなし、大きい面倒そうな製品の方が初心者用で小さい
携帯型の製品の方がプロ用かもしれません。実際に業務用で
撮影している方が楽な事は書くまでもありません。

FV2は今時の本当に狭い画素面積の狭い製品よりは良いと
思いますが、SD-1/3インチクラスとは実際に比べて
ますので はっきりと差は判ります

書込番号:4415048

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:1796件Goodアンサー獲得:16件

2005/09/10 07:40(1年以上前)

キレイな映像とは何かね。

書込番号:4415139

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:2620件Goodアンサー獲得:152件

2005/09/10 08:29(1年以上前)


撮影のときに露出補正をする場合。
何を狙って撮るかということが重要だと思います。

舞台でスポットライトが、演者にあたっている場合。演者の顔とか姿を撮りたいのであれば、そこに露出をあわせます。
スポットライトの当たっていない部分も撮りたい場合は、それも含めて露出をあわせます。演者の顔などは露出オーバーで白とびしますが、それは仕方が無いことだと思います。

HC1の逆光補正は、単なる露出補正ではく、明暗の差が大きく、明るいところに露出を合わせると黒つぶれしてしまうようなところを、持ち上げて見えるようにする機能です。若干控えめな動作のようですが、結構使えると思います。

書込番号:4415207

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:6568件Goodアンサー獲得:1件

2005/09/10 10:23(1年以上前)

私は「フルオート」を前提にするなら、ということで先ほど書きました。
・・・まあ、フルオートでダメなら露出補正をすれば良いというのは方法論として正しいのですが・・・各々のユーザーがそれを快諾するかどうかは別問題かと思います(^^;


もうすぐ10年になりますが、私が初めて買ったビデオカメラ(1/3型41万画素のHi8)では、逆光補正は出来ても、露出のマニュアル補正機能が無くスポットライトモードなどのシーン撮影機能のみ(W_melon_Jさんも使っていた機種です)。
逆光補正以外では、殆どフルオートだけで撮影していましたが、白飛びが気になった事はありませんでした(後年に録画テープを見たりしても)。

ところが上記同様スポットライトほど集中した光でもなくても、IXY-DV(初代:1/4型68万画素のDV)では、白とびを認識せざる得ないというか、それ以前に「顔」が真っ白に!
スポットライトほど集中した光でもなく、同等の条件は上記Hi8でフルオートで気にせず撮れていたものが・・・もちろん、露出補正を「しなければならなくなった」わけで・・・。

現在では露出補正を当たり前のようにやっていますが、カメラのダイナミックレンジが落ちた影響を、使用者が補填してやっている、とも言えます。

そのDV機購入以前から、仕事上の実験サンプル撮影での必然性を発端として、デジカメの場合は積極的に露出補正していたり、多段階露出撮影機能があったら有意義に使っていたり、露出補正をしづらいデジカメであれば欠陥品同等と思ったりしていましたから、DV機購入後の露出補正にあまり抵抗はありませんでしたが、世間一般においてデジカメでもチマチマと露出補正している人は少数派というか、特殊扱いされたりします(^^;


何か不満があって、なぜだろう?と気になって調べていたら、意外に多くの「過去よりも劣る性能」があることがわかってきただけで、逆に「過去には無かったハズの不満が発生していなければ」、気になって調べたりする事もなかったわけです(^^;

書込番号:4415399

ナイスクチコミ!0


W_melon_Jさん
クチコミ投稿数:4318件Goodアンサー獲得:3件

2005/09/10 11:03(1年以上前)

安中榛名さん

>HC1の逆光補正は、単なる露出補正ではく、明暗の差が大きく、明るいところに露出を合わせると黒つぶれしてしまうようなところを、持ち上げて見えるようにする機能です。若干控えめな動作のようですが、結構使えると思います。

ちょっとびっくりの発言です
どのようにその機能を確認されたのでしょうか?
私は単なる露出補正だと思い試して見なかったのですが?
A1Jのブラックストレッチの立場は?

書込番号:4415487

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:2620件Goodアンサー獲得:152件

2005/09/10 18:20(1年以上前)

独立したボタンが付いている以上、露出補正と同じでは意味がないですね。

お持ちの方は、明暗差のあるシーンを撮影し、試してみればわかると思います。
明暗差のあるシーンでこの逆光補正をオンにすると、まず暗めのところがが通常の露出補正をやったときのように、やや明るく映ります。明るいところでは多少は露出が変わりますが、暗いところほどではありません。

通常の撮影では、やや暗めになる暗部を持ち上げる機能と解釈しています。不自然にならない程度のとても控えめな動作です。

HC1の逆光補正については、玄光社刊、ビデオSALON誌の8月号が詳しいです。FX1の逆光補正との違いについても記述があります。

たとえば、背景が明るい昼間の窓際の人物などの場合、背景の明るさをなるべく変えないで、暗くなっている人物の顔が見えるように持ち上げています。それに対してFX1の逆光補正は、明るい背景はすっ飛ばして人物に露出を合わせる補正です。

書込番号:4416358

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:2620件Goodアンサー獲得:152件

2005/09/10 19:14(1年以上前)

暗弱狭小画素化反対ですが さん

BSデジタル放送などを見ていると、気が付くと思いますが、放送に使われているような業務用のハイビジョンカメラでも、昼間、晴れた日の屋内での撮影では、窓の外は真っ白けのけですね。でも明暗差をやや強調するぐらいが、メリハリのある映像になりますね。カメラのダイナミックレンジを目いっぱい使って明暗差を強調するのが最近のビデオカメラの特性のように思います。そういうカメラが好まれているのでしょう。だからゆとりが無いため露出補正が無いと簡単に白とびしてしまうわけです。

これで、屋内と窓の外両方映るようにダイナミックレンジを取った調整が可能であるとしてやった場合、テレビの方でガンマ補正をしなくては見れないほど眠い画像にならないかなという懸念もあります。ちょうどテレシネで古いフィルムから起したビデオ画像みたいな感じです。

明暗のダイナミックレンジをどこまで捕らえるかというカメラの特性は、CCDとかの性能の制約もあると思いますが、映すテレビのダイナミックレンジとの兼ね合いでそうなっているのかもしれません。

書込番号:4416464

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:6568件Goodアンサー獲得:1件

2005/09/10 21:56(1年以上前)


本気でそう「考えて」いるのですか?

書込番号:4416860

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:13263件Goodアンサー獲得:445件

2005/09/10 22:06(1年以上前)

完全にスレ主を無視した書き込みになってますな^^;;;

とりあえず現状ではHC1で撮影しても再生環境などの関係もあり変わらないと思います。
それにテープで再生となるとHC1は再生回数にも不安が残ります。(DVもですが…)
出来ればDVDなどに落として再生がいいと思います。
ですので安価なDVカメラと安いDVDレコーダーを購入するのはどうでしょうか?
DVは現状ではM5ですけど^^;;DVDは安いのでは4万程。
合計してもHC1くらい。
こちらの方がみなさんに喜ばれると思います。

書込番号:4416895

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:6568件Goodアンサー獲得:1件

2005/09/10 22:43(1年以上前)

爆発的にDVDレコーダー(プレーヤーを含む)が売れているのは事実ですし、それ以前にプレステ2によるDVD再生環境の急激な広がりがありましたが、30代中盤〜40代あたりを境にして高齢になるほど所持率は急激に鈍化していきます。

売れていても複数台の所有や製品の発展途上においての買い替えがありますから、単純に販売台数と人口と比べても、世帯あたりの普及率にはなりません(意味がありません)。

果たして質問者に関わる方々が、ほぼ全員がDVD再生環境を持っているのか?という疑問があります。少なくとも現時点においては(^^;

書込番号:4417051

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:2620件Goodアンサー獲得:152件

2005/09/11 00:21(1年以上前)

確かに、スレ主さんとあまり関係の無い話をしても意味が無いですね。

HDR-HC1は、ハイビジョンで撮れるという事以外は、特徴の無いビデオカメラだと思います。とりわけ暗いところに強いビデオカメラというわけではないと思いますので、暗さに強いことを重視するなら、他のDVカメラの中にもっと暗さに強い機種があると思います。

ハイビジョン収録しても、SDの従来のテレビでしか見てもらえないのであれば、ちょっともったいないですね。「会」などの一般的な団体さん向きではなくて、まだまだ個人向きなビデオカメラかもしれないですね。

書込番号:4417461

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:13263件Goodアンサー獲得:445件

2005/09/11 01:59(1年以上前)

とりあえず提案だけしておいてもいいかと思いまして。
言っておいて損はないですから。
普及率うんぬんでこっちで決めつけては何も言えなくなります。
ここにしーましまさんが書き込んだのも自分が思いつかない意見が出るかもしれない
という期待もあっての事だとも思いますので。
とりあえずスレ主の為になるかもしれないという意見を出さなければ意味が無いと思って
いますので…
最後はしーましまさんが決めれればいいのですから…
DVDはみんなに意見を聞けばいい事ですし^^

しーましまさん、もしよろしかったら結果報告お願いしますね^^

書込番号:4417731

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:7件

2005/09/12 14:38(1年以上前)

橋本@横浜さん

>同じ場所でビデオカメラで撮られたことはありませんか? 
>もしあったとしたら、その結果はいかがでしたか?
暗くはなかったです。普通に撮れました。という事は
舞台の明かり程度があれば、問題はないということでしょうか

>撮ったものを、みんなで見て、将来にわたって何度でも
>みんなで楽しもうということですよね?
そうです、みんなで観て楽しむつもりです。
そんなにしょっちゅう観るということでもないのですが。

>まず、今現在は、どんなテレビでみるつもりですか?
>大きなハイビジョンテレビでしょうか? ふつうの小さなテレビでしょうか?
今のところは普通のテレビでしょうか・・・
ですが会員さんにハイビジョンテレビをもっている方がいたら
そこで見せていただくということがあるかもしれません
これから持つ方も増えていくかもしれませんし
普通のテレビで観ていたのでは宝の持ちぐされでしょうか?

>撮影する人も毎回決まっているわけではない、とのことですが、
>今までもビデオ撮影はしたことはないのですか?
今までは会の中ではしていなかったです。写真のみで楽しんでいました。
ですがやはりビデオがあったほうがいいということで
購入しようということになりました

>誰か個人でビデオ撮影をしたことがある人、ある程度
>ビデオカメラに詳しい人はいないのですか?
私でしょうか・・・。自分の子供のビデオを撮って観る、程度です
それ以外の機能はあまり使えてないと思います
(ちなみに私が持っているのはHDR−PC9です)
他の方はビデオすら持ってないと思います
持っていたら撮っているはずですので
高齢の方が多いのであまり必要が無いようです
「誰かが撮ってくれる、それを見せてもらえればいい」という意識ですね

書込番号:4421600

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:7件

2005/09/12 16:06(1年以上前)

皆さんアドバイスありがとうございます

予算を書いていませんでした
アクセサリー含め高くても20万弱というところです

橋本@横浜 さん
先ほど書き忘れました。クロッグについての説明ありがとうございます

暗弱狭小画素化反対ですが さん、W_melon_J さん
白飛び、黒潰れは困りますが、HC1に限った事ではないんですね
予算内で購入可能な機種ではどれもフルオートという訳には
いかないのかなーと書き込みを見ていて思いました
露出補正って私のような素人でも、簡単にできますか?
あまりしなくてもいい機種があれば教えていただきたいです

Victory さん
IXY DV M5がおすすめですか、ありがとうございます
外付けマイクとともに検討してみます
あとDVカメラと安いDVDレコーダーを購入するのは?という事ですが
高齢の方が多いのでDVDプレーヤーを持っている方があまりいません
ですので今のところはVHSにダビングして回す、という形でしょうか

さんてん さん
予算内で購入可能な機種のうちで一番キレイに撮れるのはHC1だろう
と思って「キレイな映像で残したい」と書きましたが
キレイさにそこまでこだわっているわけではありません

安中榛名 さん
逆光補正の話、参考になりました。でも個人向けかも、ですか
うーん、皆さんの意見を呼んでますます混乱してきましたが
まだまだアドバイスありましたら、よろしくお願いします

書込番号:4421739

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:747件

2005/09/12 21:25(1年以上前)

しーましまさん、のっけから質問攻めにして、戸惑わせてしまった
ようで申し訳ありませんでした。

使用条件が大体わかりましたので、出来るだけ簡潔に答えさせて
いただきます。

まず結論から言うと、HC1がお薦めです。

まず撮影の主な目的が、グループの発表会ですね。私もよく、
町内会や学校の発表会を撮るのですが、その目的は、そのグループの
自分たち自身が楽しむためです。作品としてコンテストに出すわけ
ではありません。そうすると、撮り方もその目的にあった撮り方に
なります。つまり、グループの1人ひとりにとって、「自分が写って
いること」が大事なのです。具体的には、例え主役が何かをやって
いても、その主役だけを撮るのではなく、舞台上の他の全ての出演者
を含めて撮るようにします。当然一人ひとりは小さくなりますが、
そのときにハイビジョンの鮮明さが威力を発揮するのです。

今までのビデオだと、グループを撮ると、一人ひとりの顔はボヤッと
してしまいました。でもハイビジョンだと、一人ひとりの表情が
はっきりわかるのです。
全体が写っている画面ばかりだと、他人がみると、映像の流れの
メリハリとしては単調で、つまらないものかもしれません。
でも大事なのはみている当人が写っていることなのです。
プロや慣れた人なら、全員を写しながら、時としてズーム
やパンを使って、自然に心地よいリズムある映像を作ることも可能
です。でも撮影する人が毎回変わり、たぶんほとんど撮影の素人
でしょうから、そんな人がズームやパンを使ったら・・・見苦しい
ことこのうえない画面になります。極端な話、鮮明なハイビジョン
での撮影なら、舞台での出演者が一番広い範囲に広がる位置に画面を
合わせ、後は三脚固定で撮りっぱなし、という撮り方でもいいわけ
です。
大きなハイビジョンテレビでみるときに、顔の向きを動かしたり
注視したりすればいいのです。本当の舞台をみるときと同じです。
客席の位置は決まっていても、自分で興味ある出演者を目で追ったり
注目したりするのと同じことです。

出演者が1人の場合も、その人が動く範囲の一番広いあたりが写る
ようにカメラを固定して廻しっぱなしにします。それでも出演者の
衣装の細かな模様や髪の毛の一本一本まで鮮明に描写してくれる
はずです。(皺やシミまで写るのは嫌だとお思いのかたには
「美肌モード」というのもありますけど、効果は・・・元次第と
いうことで。)

とにかく、初心者の方の撮影で一番見にくいのは、三脚を使って
いても何故か無闇に多用するズームやパンです。
顔の白とびや暗所のノイズ以前の見苦しさです。
鮮明なハイビジョンで固定撮影することで、8割がた、みんなが喜んで
みてくれる映像になるはずです。

(簡潔じゃないですねー。以下短めに)

明るさは大丈夫でしょう。
FX1というHC1より暗さに強い機種もありますが、高くて予算オーバー
ですね。

普通のテレビでみても、HC1で撮った映像はなぜか鮮明です。
でも、会としてビデオカメラを買えるということは、会員は裕福な
年配の方が多いと察します。そんなご家庭には大きな居間に大きな
ハイビジョンテレビが置いてある可能性が高いので、たまのビデオ
上映会のときだけ利用させてもらうのも手ですよね。

撮影方法は、全くの素人さんの場合、録画スタートとストップで
さえ間違えます。(私は今でも間違えることが・・)
しーましまさんが三脚に据えて画角も何もかも全て固定で設定し、
発表会の始まりのときに、担当の人にスタートボタンを一回押して
もらうだけ、後はひっくり返ったりしないように見張っててもらう、
というくらいにしたほうが確実です。
それが出来るのも鮮明なハイビジョンならではです。
撮影に慣れてくればその限りではありませんけど。

スポットライトの当たっている舞台の撮影には、文字通り「スポット
ライトモード」という機能があります。顔の白とびを防ぎ、暗所の
ノイズを減らします。

大事な発表会には、プロかセミプロに撮影を依頼したほうが
いいんですが。

VHSテープへのダビングは簡単です。

三脚は背の高いものを。会場によっては、カメラの前を横切った人の
頭が写りこむことがありますから。

大容量メモリースティックがあると、ハイビジョン動画から、
いい瞬間のカットを抜き出して、L版くらいの大きさの写真
プリントが簡単に出来ますよ。

書込番号:4422477

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:6568件Goodアンサー獲得:1件

2005/09/12 23:52(1年以上前)

>露出補正って私のような素人でも、簡単にできますか?
>あまりしなくてもいい機種があれば教えていただきたいです

かなりマトモに読んでいただいたようですね(^^)

おそらく責任感からがんばって読まれたのでしょうけれど、そのような方ならば、基本的な露出補正はシッカリ覚えられると思います。
操作法は難しくありません。極端に言えば、TVを付けていて音がうるさければボリュームを下げますよね? その延長と思えば気が楽になります。
(逆にいえば、耐えれるのであれば頻繁にする必要もない)

液晶モニタやファインダに写る画像(特に人の顔)を見て、白っぽくなってしまうと思ったら、TVの音量が上がり過ぎたのと同じように対処すれば良いわけです。
大きな音が出たら近所迷惑だと思ってボリュームを下げるように、顔が白っぽくなれば視覚迷惑だ(^^;と思って調整するような感覚です(^^;
しーましまさんの書き込みから憶測すると、それほど凝った照明が頻繁に使われるわけでもなさそうな撮影対象かもしれませんから、最初に「少しだけ」暗めになるようにしておいたら、何とかなりそう?


さて、明るい屋外で普通に撮影する場合は気にしなくて良い機種が多いと思いますが、舞台撮影のように撮影画面内に暗い部分が多くなる条件では、選択肢がないようなものですから、利用上の問題を第一に、
SONY、CANON、PANAの三社の中から、三脚を付けた状態でテープ交換できる機種を選択されてはいかがでしょうか?
(たぶん、一時間以上の撮影があるのでは? 三脚から外す場合、「クイックシュー」という便利な脱着アダプターを使っても、慌てていると落っことす危険は否定できません(^^;)

また、三脚を使う場合、SONYの「LANCリモコン」付きの三脚は大変便利です(ただし一番安いやつはグラグラで高さも低いのでダメです)。
そういう意味では、三脚から外さずにテープ交換できるSONY機があれば(現在即答できません(^^;どなたかフォロー願います)、しかも安物ではない機種を買えば(そして中型バッテリーを2個以上追加、クリーニングテープ、DVテープも最初から5〜10本まとめ買い)、利用方法を含めて総額は予算内でいい具合に収まります。

※以前はCANONもLANCリモコンを使えたのですが、現在はXV2など高級機のみしか対応しなくなってしまったので、大変残念です。映像の感じは個人的にはSONYよりもCANONの方が好みなので・・・(TT)

※最初からテープをまとめ買いしておくと、テープがなくて仕方なく残りを使ったつもりが再生途中だったので「上書き」してしまったりするようです。まとめ買いして常に余分に持っていって、撮ったテープは取り出した直後に上書き防止(テープにスイッチのようなものが付いています)しておけば、コーヒー代程度をケチったせいで顰蹙を買う事も防止できます。


あと、余計なお世話になりますが、「見せびらかし屋の気質」の方でなければ、毎度毎度毎度と自宅へ人を招いて「鑑賞会」することには耐えられないかもしれませんので(私たち日本人の多くの気質として不思議でない)、しばらくはVHSへダビングして配布(実際には巡回)することになるのではないでしょうか? そう考えると「普通のTV環境のための撮影」にした方が良い?

もちろん、それでもカメラを動かしまくる撮影は止めるべきとの意見に同意です。自分の感覚の何分の一の速さに抑えると丁度良かったりします(^^;

書込番号:4423030

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:533件

2005/09/13 23:11(1年以上前)

予算20万円で買える「家庭用」ビデオカメラでは、
動画撮影に基本設計の焦点を合わせた機種が、HDR-HC1くらいしか無い訳ですから、
むしろ競合機不在により、HC1しかないのが現状かもしれません。
(サポート体制が異なるので、専門店と付き合いがある方にしか
積極的には勧めませんが、業務用としてはAG-DVC30があります。)

ただし、ハイビジョン規格自体に由来する問題がある事を、ご理解ください。
というのは、ハイビジョン規格対応カメラ故の、
アスペクト比(TV画面の縦横比)の問題があるからです。

ごく簡単に言いますと、HC1でハイビジョン撮影した映像を映す場合、
映すテレビに1台でも「画面比4:3(四角い)で、V圧縮機能もない」テレビがありますと、
設定次第では、写したものが上下縦長に引き延ばされてしまい、
画質以前の問題になりかねません。

掲示板上で、該当するか判断してもらうには、
TVのメーカーサイズ方式のみならず、型番を調べる必要があります。

映すテレビが1台だけなら、合わせてHC1を設定すれば済む事ですが、
テレビが複数台ある、あるいはVHSなりDVDにダビングして、各自、自宅で見たいとなりますと、
撮影後の映像を扱う際、最終的に映すテレビを判断して、
テレビごとにHC1の取説32-36ページにある
http://www.sony.jp/ServiceArea/impdf/HCAM.html
設定切替を繰り返す事になるかもしれません。

その点、映すテレビの型番や、接続操作する方の機械設定能力を調べた上で、
ここの掲示板もあくまで参考に、スレ主さんが判断する必要があります。

上下に黒帯を入れてノーマルVHSにするのでは、収める器が小さすぎて、
たとえHC1で撮るにしましても、画質面で凄く良い印象は受けないかもしれません。
集まって上映会をされるなら、次回予算で
ハイビジョン対応テレビかプロジェクター導入(なりレンタル)を検討する必要があるかもしれません。

書込番号:4425510

ナイスクチコミ!0


クチコミ一覧を見る


価格.com Q&Aを見る

この製品の最安価格を見る

HDR-HC1
SONY

HDR-HC1

最安価格(税込): 価格情報の登録がありません   発売日:2005年 7月 7日

HDR-HC1をお気に入り製品に追加する <289

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

クチコミ掲示板検索



検索対象カテゴリ
を対象として
選び方ガイド

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

新製品ニュース Headline

更新日:7月1日

クチコミ掲示板ランキング

(カメラ)

ユーザー満足度ランキング