『AVC-3808で、より良い音を聴くために』のクチコミ掲示板

> > > > > クチコミ掲示板
AVC-3808 製品画像

拡大

価格情報の登録がありません 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格(税別):¥220,000

サラウンドチャンネル:7.1ch HDMI端子入力:3系統 オーディオ入力:11系統 AVC-3808のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • AVC-3808の価格比較
  • AVC-3808の店頭購入
  • AVC-3808のスペック・仕様
  • AVC-3808のレビュー
  • AVC-3808のクチコミ
  • AVC-3808の画像・動画
  • AVC-3808のピックアップリスト
  • AVC-3808のオークション

AVC-3808DENON

最安価格(税込):価格情報の登録がありません 発売日:2007年 8月下旬

  • AVC-3808の価格比較
  • AVC-3808の店頭購入
  • AVC-3808のスペック・仕様
  • AVC-3808のレビュー
  • AVC-3808のクチコミ
  • AVC-3808の画像・動画
  • AVC-3808のピックアップリスト
  • AVC-3808のオークション

『AVC-3808で、より良い音を聴くために』 のクチコミ掲示板

RSS


「AVC-3808」のクチコミ掲示板に
AVC-3808を新規書き込みAVC-3808をヘルプ付 新規書き込み



ナイスクチコミ49

返信168

お気に入りに追加

標準

AVC-3808で、より良い音を聴くために

2008/07/22 18:25(1年以上前)


AVアンプ > DENON > AVC-3808

クチコミ投稿数:187件

AVアンプ使用歴=AVC-3808使用歴5ヶ月のユーザーです。
より良い音の再生を目指して、楽しい悩みがつきない日々を送っております。

さて、中級AVアンプを導入したからには、リビングのテレビ周りのアンプ類はコレだけで済ませたい、と思うのはユーザーの心情かと思われます。
とは言えども、2Chステレオ再生の音については、同価格帯のプリメインアンプと比べると…、というのが当初の自分なりの評価でした。この辺はある程度割り切って、プリメインアンプを介してフロント2Chを駆動するなど工夫して使っていましたが…。

いろいろと実験しながら使い込んでいくうちに、幾つかポイントを押さえてセッティングすれば、同価格帯のプリメインアンプと比べて遜色のないところまで、少なくとも、プリメインアンプを介してフロントSPを駆動する必要がないところまで音を追求できる可能性が出て来ました。
2Chステレオの音質を向上させる視点から全体を見直すことで、サラウンドの音質も向上しますから、一石二鳥の効果が期待できます。

この辺りをレポートしてみます。

そのポイントとは…。

すでに当たり前のことかも知れませんが、

@スピーカーの選択が重要である。AVC-3808の身の丈にあったスピーカーを選択すること、スピーカーで背伸びをしないことが大切である。
AAVアンプならではの音質をいじる機能(スピーカーの大小に応じたクロスオーバー周波数の調整、スピーカー毎の再生周波数特性をフラットにする機能など)は、出来るだけ全てオフにする。
B入力は、デジタル(HDMI、同軸、光)の方が得意なので、出来るだけデジタル入力する。

という三点になります。

書込番号:8113045

ナイスクチコミ!2


返信する
クチコミ投稿数:187件

2008/07/22 18:35(1年以上前)

@スピーカーの選択について

AVC-3808の駆動力で十分に性能を出し切れるクラスのスピーカーを選ぶのがポイントになります。およその目安としてペア5−10万円クラス(スタンド別売)が良いようです。プリメインアンプで鳴らしても、同価格帯のAVアンプで鳴らしても、良い意味で、差が出にくいスピーカーを選ぶと言うことになります。

もう一つのポイントは、スピーカーの箱の形状、密閉型、フロントバスレフ型、リアバスレフ型、を意識してスピーカーを選ぶことが重要だということです。
5.1(ないしは7.1Ch)で組む場合、部屋を専用に使えれば全てのスピーカーを最も音の良い位置に設置できますが、なかなかそこまでの環境は得られないと思います。

密閉型の場合、設置は比較的楽になりますが、アンプに駆動力を要求する(一説によるとバスレフ型の130%程度)ことが多く、AVC-3808での通常音量における駆動実験では、結果は芳しくありませんでした。

フロントバスレフ型は、低音が緩く膨らんで耳障りにならないもの(コレがなかなか難しい)であれば、最も使いやすいと思います。スピーカーの後ろの壁との距離を近めに取ることが出来るので、設置の自由度が比較的高いからです。

リアバスレフ型は、壁との距離を十分に取れれば、とてもバランスの良い音が得られることが多く、セッティングの幅もあって、音質は追求しやすいと思います。

センターSPは、ラックの中に入れたりテレビの直前に置いたりすることが多く、リアにバスレフがある場合、穴を塞がないと音が籠もってしょうがない、逆に塞いでしまうと本来の音質が得られにくい、等の問題が出てきます。
サラウンドSPも、後ろの壁との距離を取りにくい場合は同様の問題が出てくると思います。

以上を踏まえて、主観的ですが、

フロントSPは、リアバスレフ型(好みでフロントバスレフ型)で、2Chステレオのメインスピーカーとして使えるものを選ぶ。
センターSPは、レイアウトを重視して、フロントバスレフ型で、フロントと同音質のものを選ぶ。
サラウンドSPは、設置のしやすさから、フロントバスレフ型が無難。

というあたりが、一つの目安になるのではないでしょうか。

書込番号:8113079

ナイスクチコミ!2


クチコミ投稿数:187件

2008/07/22 18:50(1年以上前)

A音の補正機能について

AVC-3808に限らず、AVアンプには、様々な音の補正機能がついているようです。
いろいろ試しましたが、AVC-3808の場合、何かの補正を入れるたびに、音の情報を間引いてバランスを取るような処理がなされる印象で、補正をすればするほど、音が薄くなります。

AVC3808だけで、スピーカーを固定して調整しながら音を聴いて比較すると、
音が団子になっている→調整によって団子が分離して解像度が増したようになる、
特定の音域が強調されて聴こえる→調整によってフラットに聴こえるようになる、
ということは、当たり前のように可能です。

しかし、プリメインアンプと比較する、という点からみると、
音の団子が分離する→かぶる音を間引いて、聴きやすくする
フラットに聴こえる→艶を消して、艶消しの音?にする
という処理を行っているらしいことが分かってしまうのです。

同価格帯のプリメインと比べてパワーアンプ部が力不足なのは仕方ないとして、プリアンプ部分も明らかに劣っていると思われたのはこの各種補正のせいだったか?というのが現在の結論になります。

結果、これまた主観的ですが、

サラウンドの設定は、DIRECTないしはPURE DIRECTにする(基本)
スピーカーの大きさは、実際の大きさに関わらず、全て〈大〉にする
 →一カ所でも〈小〉にすると、音が薄くなります。何故かは分かりません。
イコライザー関係も全てオフにする
サブウーファーの設定は、LEFのみにするのは当然として、出来るだけ音がしないよう、なおかつ効果が出るギリギリの周波数に下げて使う。音というより振動や雰囲気だけを感じるくらいがバランスがよい。
→アンプ側の設定では80Hz未満には出来ないが、サブウーファー側にハイカットのつまみがあれば、これで調整できる。

というあたりがポイントになりそうだと考えています。
自動の音場調整測定(オデッセイ)は、おおざっぱなので、仮設定くらいに考えておいた方が無難です。

素の音を素直に出す様にすると、AVC-3808でも、プリメインに負けず劣らず、スピーカーが活き活きと鳴り始めるので、あとは、物理的なセッティングで対応して楽しむというスタンスになります。

書込番号:8113142

ナイスクチコミ!3


クチコミ投稿数:187件

2008/07/24 18:33(1年以上前)

ご参考までに、実験に使った機材、スピーカーを紹介します。

AVC-3808を使いこなす為の実験として、安価に入手できる中古品を中心に比較してみました。
一般的な機種が無く、ほとんど参考にならないかも知れませんが、今後、新しいスピーカーを導入する際の主観的な目安の一つ、方法論の一つのつもりです。

目指す音は、カッチリ&クッキリして曖昧さのない音像重視タイプです。
小音量で地デジ(TVのチューナーから光入力)の普通のテレビ番組のセリフが自然で聞き取りやすいかどうかも重視しました。

AVC-3808の環境
 SPスタンド(フロントのみ):OMNI MOUNT COSMIC 24
 SPケーブル:SUPRA CLASSIC(錫メッキ)
 ユニバーサル・プレイヤー:SONY PS3 60G(SACDマルチチャンネル再生、HDMI)
 CDP:DENON DCD-1650AE(CD再生、同軸デジタル)

フロントバスレフ型
  DIATONE DS-200ZX…小さくてもDIATONE、かつ鳴らしやすい(抜群)
  BOSE 120…A&Vには不向き?→管球アンプで古いジャズ専用に格上げ(感心)
  SONY SS-X30ED…かんばれ、ソニー(悲痛)
  B&W CC6 S2(センターSP)…これは当たり!上仰角で低音クリア(嬉々)
リアバスレフ型
  EPOS ELS 3(CREEK系列)…このクラス随一(天晴れ)
  Victor SX-LC3(センターSP)…音が籠もっていませんか?(意外)
  SONY SA-WM500(サブウーファー、内蔵デジアンで駆動)…マアマア(普通)
密閉型
  Victor SX-500 Spirit(セカンドシステムより参加)
  DIATONE DS-9Z(メインシステムより参加)

以上の実験を経て、現在の構成(フロントとサラウンドは交代制)は、
 フロントSP:DIATONE DS-200ZX
 センターSP:B&W CC6 S2
 サラウンドSP:EPOS ELS 3
 サブウーファー:SONY SA-WM500
となっています。

今後は、スピーカースタンドを奢って、
(KRYNA PRO MGT-60S、hina mini BASE、FAPS Side-Pressあたりを検討中)

中級AVアンプ+(比較的安価な)小型ブックシェルフSP+中級スピーカースタンド

でどこまで行けるか、AVC-3808のさらなる使いこなしにこだわってみる予定です。

書込番号:8121879

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:7411件Goodアンサー獲得:865件

2008/07/26 13:22(1年以上前)

電源ケーブル、タップ、壁コンセント等の電源系チューニングでも大きく音質の改善は可能だと思いますが、いかがでしょうか?

書込番号:8129508

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:187件

2008/07/27 07:55(1年以上前)

Minerva2000さん、はじめまして。

電源系チューニングについては、リーズナブルなところで、ProCableという通販業者より、シールドタップとシールド電源ケーブルを購入し、実験してみました。賃貸アパート住まいで仕様は分かりませんが、リビングの壁コンが3ピンになっており、このまま使っています。

結果、誰にでも分かる効果として、音量が増しました。同じ音量で聴くためにはボリュームを2dbぼど絞る必要があります。音質についても、S/Nが増し、良い意味でAVアンプらしさがとれ、聴きやすく自然な音色になりました。
個人的には、電源系のチューニングは効果抜群だと感心している次第です。

話は変わりますが、近々新築の予定が立ちまして、リビングの一角にAVコーナー設置の許可が下りました(嬉)。そこで、せっかくの機会を捉えて電源系をやれる範囲でやってしまおう、とあれこれ画策中でして、電源関係については、Minerva2000さんのDSP-AX3800のスレ「電源強化関係」で、色々と勉強させて頂いているところでした。

何というタイミングでしょうか!

あまり予算もかけられませんが、現在の構想では、
マイ電柱はとても無理なので、専用分電盤を一つ設置しつつ、軽量鉄骨支柱にアースを落とし、100V3ピンで、

ブレーカー:テンパール B-1EA 20A
Fケーブル:2φ住電日立HS&T.Cable EEF/F2.0エコグリーン
壁コン:オヤイデR1 Seryllium

という、某先生推薦のそのまんま仕様を検討しています。
せっかくなので、壁コンだけは、オヤイデの横に松下の非メッキ(型番は調査中)を並べて設置し、比較しながらいろいろ試せる実験仕様にしてしまおうかと夢想中です。

電柱から壁コンまでの電源系について、お勧めの構想などありましたら、教えて頂けると幸いであります。電源系にお詳しい、Minerva2000さんのお知恵を拝借させて頂けないでしょうか。

書込番号:8132745

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:187件

2008/07/27 08:01(1年以上前)

↑訂正です。
× 壁コン:オヤイデR1 Seryllium
○ 壁コン:オヤイデR1 Beryllium
です。

書込番号:8132750

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:7411件Goodアンサー獲得:865件

2008/07/27 09:58(1年以上前)

二羽の兎さん 

新築されるのですね。これは、電源関係強化の絶好のチャンスですね。

私の場合、1系統(アナログ系)は
ブレーカー:テンパール B-1EA 20A
Fケーブル:2φ住電日立HS&T.Cable EEF/F2.0エコグリーン
壁コン:オヤイデR1 Beryllium、コンセントベース:アコリバCD1-DB,カバー:古河102-D
もう1系統(デジタル系)は
ブレーカー:テンパール B-1EA 20A
Fケーブル:2φ住電日立HS&T.Cable EEF/F2.0エコグリーン
壁コン:オヤイデSWO-DX ultimo, カバー:古河102-D

にして、アナログ系には自作電源タップ(オヤイデ Tsunami Nigo 3m, R-1 2個、P-037、電磁波吸収シート、テクニカ製インシュレータ、おもり少々)、
デジタル系にはオヤイデOCB-1Hを接続しています。

現時点での私のお勧めは、
1)少なくとも2系統引き込む。(各系統は同相にする。重要!)
2)分電盤(ブレーカ)とコンセントの距離を最短にする。
3)屋内配線ケーブルはオヤイデの2mmの高級品にする。(最短ならそれほど高額にならない。)
4)屋内配線ケーブルに必要数のコンセントを繋ぎ、電源タップは使わない。

ということになります。アースは、アースループによるノイズを避けるため、どこかで遮断する必要があるでしょう。
上記のような電源強化を行っても、私の場合(工事費込みで約20万)よりかなり安くできるのではないでしょうか?

書込番号:8133035

ナイスクチコミ!2


ばうさん
クチコミ投稿数:5084件Goodアンサー獲得:242件 縁側-ばう(bauhoo)のメモの掲示板

2008/07/27 14:44(1年以上前)

> 結果、誰にでも分かる効果として、音量が増しました。同じ音量で聴くためにはボリュームを2dbぼど絞る必要があります。音質についても、S/Nが増し、良い意味でAVアンプらしさがとれ、聴きやすく自然な音色になりました。
> 個人的には、電源系のチューニングは効果抜群だと感心している次第です。

私は「電源系」には概して否定的な意見を持っていて、掲示板でも機会があればそう書いている者ですが、おっしゃるような「2db」は比ゆ的な表現で書かれているのでしょうか?それとも物理的に本当に2dBの音量差があったと認識されているのでしょうか?
(なおここでの「電源系」とは、私は電源ケーブルやコンセント等であると解釈しています。アンプに内蔵されているような、交流100Vを直流十数ボルトへ変換する電源ユニット等は指していないものとして話を進めます。)

もしも本当に2dBの音量差があると認識されているのであれば、それは測定方法が正しくないためという可能性が強く考えられます。
2dBはおよそ1.6倍です。「電源系」をいじってそれだけの差が出るとはとても考えられません。
もしも比ゆ的な意味で書かれているのだとしたら、私のこの書き込みは無視してくださって構いません。

書込番号:8133997

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:187件

2008/07/27 21:35(1年以上前)

Minerva2000さん、詳しい情報を有り難うございます。

電源系については、聞きかじりの知識ばかりで、自分自身の中で消化された知識になっていないレベルですので、訳の分からない質問になってしまうかも知れませんが、幾つか教えて頂きたいことがあります。

@ デジタル系とアナログ系の分離について
AVアンプ(デジタル系に入れても良いでしょうか?)とデジタルハイビジョンTVを中心に組む場合、殆どの機材がデジタル系に含まれるかと思われますが、いかがでしょうか?
 デジタル系ないしは、アナログ系に機器を分ける際の、識別のポイントについて、教えて頂ければと思います。

A 室内配線ケーブルについて
Fケーブルは、分電盤からコンセントまで、と認識しています。Fケーブル=室内配線ケーブル、と考えていましたが、これはどうやら、間違っているようですね。
>分電盤(ブレーカ)とコンセントの距離を最短にする。
>屋内配線ケーブルはオヤイデの2mmの高級品にする。(最短ならそれほど高額にならない。)
ということですが、住電のエコグリーンとオヤイデの高級品の使い所が分かりません。

分電盤をオーディオ専用に一つ(二つは許可されそうにありません…)設置した場合、この専用分電盤からコンセントまでのFケーブルを住電で引けばよくて、他の分電盤(普通の室内配線用)からの普通の室内配線は、特に指定をしないつもりでいましたが、家中の室内配線まで気を配らなければならないのでしょうか?

B アースループについて
方々でよく見かける、「アースループ」なる言葉ですが、実際のところ、小生の頭の中でスッキリ理解できておりません。
専用の分電盤が一つで、ここから、例えば3部屋(3箇所)にオーディオ用のコンセントへ給電するとして、3ピンコンセント(メス)のアースを家の鉄骨を介して地面に落として配線するかと思っていました。
その状態で、機器のアース端子が電源ケーブルに接続されたものはそのまま3ピンで接続、機器側でアース端子が接続されていないもの(AVC-3808など)は、3ピンのメスに2ピンのオスを接続すれば良い、かと単純に考えていました。
アースループの遮断の具体的な方法について、教えて頂けないでしょうか。

質問ばかりで、申し訳ありません。

書込番号:8135528

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:187件

2008/07/27 22:35(1年以上前)

ばうさん、はじめまして、こんばんは。

>私は「電源系」には概して否定的な意見を持っていて、掲示板でも機会があればそう書いている者ですが、おっしゃるような「2db」は比ゆ的な表現で書かれているのでしょうか?それとも物理的に本当に2dBの音量差があったと認識されているのでしょうか?

物理的な測定値としての2dBでは、もちろんありません。感覚的な、ばうさんの仰るところの比ゆ的な表現です。
コレでは議論になりませんので、もう少し補足します。

AVC-3808の場合、ボリュームの位置については、液晶にMain Vol. -36.0dBなどと表示され、0.5dBずつ増減ができるようになっています。時間帯やCDなどによりますが、小生の場合、大きめの音量は-30dB〜-35dBあたり、普通の音量-35dB〜-45dBあたり、小さな音で聴く場合-50dB前後、という感じです。
音量に差があると書いたのは、ホームセンターで売っているパソコン用の電源タップに付属ケーブルで-40dBで聴いている状態で、ProCableの電源タップに電源ケーブルに変えて同じCDを聴き始めると、-42dB位で同じ音量に“感じる”→ボリュームを下げる、という意味です。
測定はしていません。

それぞれ、その場でつなぎ変えて比較してみたり、1週間くらいは同じセットで聞き続けて比較してみたりしましたが、小生以外の耳(家族)も動員した実験の結果として、「音量の変化は有り。音質についても、聞きやすくなる。」というのが現在の結論です。

ばうさんに、逆に質問させて頂いてもよろしいでしょうか?
>2dBはおよそ1.6倍です。
というのは、物理的な定義としてのdBの話だと思いますが、感覚的に「2倍うるさい!」というのは、どんな感じなのでしょうか。

小生の主観では、感覚的な世界だと、数dB違っても「少し」の変化だと思われます。「もう“少し”音を大きく」→「2〜3dBボリュームを上げる」という感じです。
変な例えで恐縮ですが、聴力が衰えてきた高齢の方と同じ番組を見ようとしても、5〜10dBくらいのボリュームの差は無いも同然、という経験もしばしばですので…。

書込番号:8135859

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:7411件Goodアンサー獲得:865件

2008/07/27 23:33(1年以上前)

二羽の兎さん 

理解している範囲でお答えします。
@ デジタル系とアナログ系の分離について
私の場合、AVアンプとユニバーサルプレーヤで系統を分けた方が、明らかに音が良かったため、プレーヤ系とアンプ系で分けています。
デジタル系:PS3、ユニバーサルプレーヤ、ハイビジョンDVDレコーダ、プロジェクタ
アナログ系:AVアンプ、ミキシングアンプ、サブウーファ
私の場合、AVアンプには映像系は通しておりません。
消費電力のバランスも加味して、あまり厳密に考えなくて良いと思います。

A屋内配線ケーブルについて
住電のエコケーブル(2芯)もオヤイデの高級品も用途や使用場所は同じです。オヤイデは3芯ですので1本がアース線になっています。
分電盤はひとつで良く、中にブレーカを複数個設置します。
他の機器用の屋内配線ケーブルは何でも良いですが、エコケーブルは比較的安価ですので、それですべての屋内配線をしてもらう手もあります。

B アースループについて
オーディオ評論家F氏が、Stereo誌で電源ケーブルの自作を説明されていました。使用部材は、アコリバのパワーマックス(3芯ケーブル), P-037, C-037でしたが、パワーマックスのアース線は切断してC-037には接続せず、ここでアースループを切っておられました。

書込番号:8136250

ナイスクチコミ!1


ばうさん
クチコミ投稿数:5084件Goodアンサー獲得:242件 縁側-ばう(bauhoo)のメモの掲示板

2008/07/27 23:53(1年以上前)

> ばうさんに、逆に質問させて頂いてもよろしいでしょうか?
> >2dBはおよそ1.6倍です。
> というのは、物理的な定義としてのdBの話だと思いますが、感覚的に「2倍うるさい!」というのは、どんな感じなのでしょうか。

長くなるので、まず、これについてだけ先に書きます。

昔から、デシベル(昔のホン)がそのようなヒトの感覚に近い、とは良く聞きます。私は生物学的なことは詳しくはありませんが、デシベルの対数表記の値を、そのまま倍率に置き換えるようなことをするような感じなのでしょうか。数学的・物理的には、なんだか変な計算方法のような気もしますが、あくまでもヒトが普通に聞く音の大きさの範囲ではだいたいそれが当てはまる、というような意味合いのようです。
http://www.onosokki.co.jp/HP-WK/c_support/newreport/noise/souon_13.htm
あたりを見てもそのようなことが書いてあります。
ここを見ると、(典型的な帯域で典型的な音の大きさにおいての)ヒトの感覚での 2倍は、音圧レベルでの 10dBのようです。
ということは逆算すると音圧レベルでの 2dB は、ヒトの感覚で 1.2倍位?でしょうか。

書込番号:8136377

ナイスクチコミ!0


ばうさん
クチコミ投稿数:5084件Goodアンサー獲得:242件 縁側-ばう(bauhoo)のメモの掲示板

2008/07/28 00:17(1年以上前)

> 音量に差があると書いたのは、ホームセンターで売っているパソコン用の電源タップに付属ケーブルで-40dBで聴いている状態で、ProCableの電源タップに電源ケーブルに変えて同じCDを聴き始めると、-42dB位で同じ音量に“感じる”→ボリュームを下げる、という意味です。
> 測定はしていません。

ご説明ありがとうございます。
聴いた感じでの音の大きさが同じになるように、ボリュームを合わせると、結果として 2dB の差になるということですね。

以下、懐疑的な見方をして申し訳ありませんが、たとえばつぎのような考えができます。

一般に、同じ音同士の比較であっても、どちらか片方をただたんに音量を少し上げて聴いただけでも、そちらのほうが良い音に聴こえる、と言われます。
(最近だと http://www8.atwiki.jp/acousticrevive/pages/22.html の話題などです。私は今回はこの話題自体に触れるわけではありません。この話題の中で音量差で聴こえ方が変わることについて書かれてあるので、紹介したまでです。)

今回の場合は、良い評価を持たれている電源タップ・電源ケーブルを使って聴かれた場合は、良いという先入観があって、小音量であっても満足した音が聞こえる。一方、パソコン用のものを使って聴かれた場合は、悪いという先入観があるため、良く聞こえないが、音量を上げることで上述のような効果が生まれ、悪さが打ち消される。
結果としては、良い評価を持たれている電源タップ・電源ケーブルを使うと、ボリュームを 2dB 下げても、以前と同じような音量感覚で聴こえる。

以上、あくまでも、うかがったかぎり立てることができる仮説を述べたにすぎませんが。

> それぞれ、その場でつなぎ変えて比較してみたり、1週間くらいは同じセットで聞き続けて比較してみたりしましたが、小生以外の耳(家族)も動員した実験の結果として、「音量の変化は有り。音質についても、聞きやすくなる。」というのが現在の結論です。

これも懐疑的な見方をして申し訳ありませんが、こう考えることもできるのでは、という私の考えを以下に述べたにすぎません。

ご家族のご動員というのは、掲示板でも良く聞くやりかたですが、私は、これはご家族が無意識のうちに、あるいは、善意で意図的に、同意しているだけだという可能性があると考えます。一緒に暮らしているかたがたですから、こういうクリティカルなテストをした場合は、そういった同意は強く影響すると思います。

書込番号:8136525

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:187件

2008/07/28 19:10(1年以上前)

Minerva2000さん、分かり易い説明をありがとうございます。

>私の場合、AVアンプには映像系は通していません。

やっぱり、ここはポイントですよね…。
私だけで使う場合には、その都度切り替えるのも可能ですが、他の家族にも日常的にAVアンプを使って欲しい私としては、切り替え行程が一つでも増えることは避けたいところです。
AVC-3808やPS3の画像のアップスケーリング機能を使おうとすると、どうしてもテレビにHDMI入力する必要が出てくるので、通常はHDMIに音と映像を流しています。
一段落したところで、HDMIの映像入りと抜きの音の違いについて実験してみたいと思います。

>エコケーブルは比較的安価ですので、それですべての屋内配線をしてもらう手もあります。

実は、これを考えていました。電気屋さんと相談してみます。「屋内配線にも、さりげなく気を配っている(実は専用の分電盤が…)。」くらいが、小生の身の丈に合っているかもしれないと思っています。

アースループについては、気にしながらシステムを構築してみたいと思います。
ところで、アースループが存在すれば明らかに分かるノイズがするのでしょうか?
それとも、「何となくS/Nが良くない。音の分離が良くない。耳障りな歪みが取れない。音場が小さい。」というレベルの微妙な違いに現れるものなのでしょうか?
いろいろ実験してみたいと思います。

AVアンプは、テレビ(プロジェクター)周りで大活躍させてあげたいという親心みたいなものがあります。電源系を押さえることで、本来の性能が発揮されるよう、拘ってみたいと思います。

Minerva2000さん、今後とも、よろしくお願いします。

書込番号:8139087

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:187件

2008/07/28 19:45(1年以上前)

ばうさん、興味深いお話をありがとうございます。

ばうさんのように「電源系のようなオカルト」に否定的で、かつ理性的で冷静な議論を好む人物がとても身近にいますので、仰ることはとてもよく分かるつもりです。
その人物とは、小生であります。まるで、自分の中の理性と話をしているようで、どこまで行っても話が尽きないような親近感を覚えてしまいます(笑)。

音量の大小が、音質の評価に多大なる影響を与えることについては、経験上、認識しています。システムによって得意な音量、というものが確実に存在していると思います。

ハイエンドのシステムは、ショップに行けば嫌という程聴けますが、音量はいつでも爆音です。小音量ではコストの違いが音質に反映されにくいのでしょう。

小生の場合は、カカクコムの数々のやり取りを見る限り、オーディオについては、どちらかというと小音量派だと思っています。さらに、聴いているうちに少しずつ音量を下げていくことがしばしばです。
したがって、そこそこのシステムで充分満足できるはずの感覚を持っているに違いないのです。

変な話ではありますが、オーディオを聴き始める行為は、楽しみのきっかけに過ぎず、自分の中に音楽が入ってきて、自分の中で音楽が鳴り始めると、もう、外からの刺激はそんなに必要ないような心地よい気分になる〜単に酔いが回るだけかも知れませんが〜という感覚です。


話を戻しますが、昨日、Audio Accessory誌の別冊{ケーブル大全2009」というカタログを¥2000で購入してしまいました。
オーディオ関係の電線について、例えば「電源ケーブルでも音が良くなる」という大前提で、めくるめく商品説明(宣伝)が展開されています。
厳密に読むと、まるで情報がないスカスカの文章ばかりで、ちょっとあきれる(なら買うな!)雑誌ですが、今の小生にとっては、ほどよいBGMのような心地よさがあるのも事実です。

『アンプの電源ケーブルを変えても、音量(音圧=空気を動かすエネルギー)が変わることはない。音質も変わらない。仮に、そう”感じた”としても、錯覚に過ぎない。』
のかも知れませんが、

『自分の感覚に錯覚を与えること』こそ、オーディオ遊びの目的ではないのでしょうか?

こんな時間ですが、一寸飲み過ぎかも知れません(礼)

書込番号:8139205

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:7411件Goodアンサー獲得:865件

2008/07/28 21:46(1年以上前)

二羽の兎さん 

大人の対応をされていますね。私など結構な年ですが、それほど大人にはなれませんので、尊敬してしまいます。
電源ケーブルを変えても、音は変わるはずがないと言っている人は、自分では電源ケーブル交換を一度もやったことが無い人です。
そういう人が自分の「すばらしい理論」(実は机上の空論)の帰結として、「変わるわけがない、錯覚だ、気のせいだ、家族にだまされているんだ。」と好き放題言っているだけですので、無視するのが一番です。?高槻にもそんな元理系の方がおられます?

話は変わりまして、アースループの影響ですが、いろいろなレベルがあるようです。ブーンというハム雑音が載るという単純なものから、デジタル伝送におけるクロックジッターの発生によるかなり微妙な音の差(透明感、解像度、音場感、音の芯の強さ等の差)まであるようです。私の場合すべての機器やケーブル、コンセントでアースは無効にしてあります。かないまるさんによると、2系統から電源を取っていると、アースをすべて無効にしてあってもアースループの影響が出るそうで、1系統から電源を取り直すと驚くほど音が良くなることがあるとのことです。それで1系統から電源を取り直してみましたが、音は良くなるどころか、透明感、解像度ともがっくり落ちてしまいました。かないまるさんの言われることは、大変参考になることも多いですが、100%の信用はしていません。

書込番号:8139755

ナイスクチコミ!0


ばうさん
クチコミ投稿数:5084件Goodアンサー獲得:242件 縁側-ばう(bauhoo)のメモの掲示板

2008/07/29 02:14(1年以上前)

> 『アンプの電源ケーブルを変えても、音量(音圧=空気を動かすエネルギー)が変わることはない。音質も変わらない。仮に、そう”感じた”としても、錯覚に過ぎない。』
> のかも知れませんが、

とりあえず、なにごとも錯覚に過ぎないのかもしれない、という前提で、以下、書きます。
おっしゃるような錯覚を自身に与えるためには、電源ケーブルなりなにかを変えるという行為が必要なのですよね。(なにもせずに、「よし、変われ!」と念じただけでは錯覚は起きないのですよね?)

そして、電源ケーブルを変えるという行為で音が変わったという錯覚が起きるということは、電源ケーブルを変えることでなにがしかの作用が及ぼされることを期待されているのですよね?その作用は心霊などのオカルトではないのですよね?現代の科学で解明されているかどうかは別としても、なんらかの科学的な作用を期待されているのですよね?

> 『自分の感覚に錯覚を与えること』こそ、オーディオ遊びの目的ではないのでしょうか?

私も科学的な作用を期待して、効果を感じることができるかどうかは分かりませんが、いろいろな要素をとっかえひっかえはして試しています。私のオーディオ遊びの中に、たまたま電源ケーブル等を変える、という遊び方が入っていないだけです。

逆に、私が疑問に思っていることとしては、二羽の兎さんは、なぜオーディオ遊びのターゲットとして電源ケーブル等を選ばれたのか?ということがあります。遊び道具はほかにもたくさんあると思います。

書込番号:8141037

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:187件

2008/07/29 17:56(1年以上前)

Minerva2000さん、こんばんは。

アースループのお話、有り難うございます。

>ブーンというハム雑音が載るという単純なものから、デジタル伝送におけるクロックジッターの発生によるかなり微妙な音の差(透明感、解像度、音場感、音の芯の強さ等の差)まであるようです。
>私の場合すべての機器やケーブル、コンセントでアースは無効にしてあります。

アースについては、手持ちの教科書によると、どうも、日本の接地方式は、TT接地方式といって、海外で主流のTN接地方式に比べてノイズがのりやすいタイプのようですね。
さらに、「一点アースの原則」を知らない施工業者がいて、(オーディオにとっての)アース施工ミスが多いことや、鉄骨にアースを落とすのも性能に差がある、などと書いてあります。
「試して良くない時は、アース(の使用)をあきらめます。」と締めくくってあり、なるほど、結局は「試してみましょう。」という、オーディオの王道(?)へと導かれるのでした。

手元にあるAVC-3808とPMA-2000Uは、既にアース端子が機材側で無効にしてあります。日本国内での使用を前提に、余計なノイズ対策を行っているということなのでしょう。

日本でも戸別にTN接地方式ができるのか?
音楽スタジオなどのプロ用の施設ではアース工事をどうしているのか?(プロ機材は3ピン前提ですから、手続きをすればTN接地方式でアースが取れるのかも知れません。)
など、電気屋さんと施工の打合せをする時に、オーディオ用のアースについて色々訊いてみたいと思います。

Minerva2000さんのお陰で、コンセント〜電柱のトランス部分にも、オーディオの楽しみの鉱脈があることを知りました。ありがとうございます。

ところで、今回、屋根に太陽光発電を設置する予定(主に日中の売電用)なのですが、音的にはどうなのでしょうか。綺麗な正弦波を出してくれるものなのか、はたまたノイズの塊なのか、こちらも電気屋さんに訊いてみたいと思います。少なくとも、近所の家々からのアイソレーション効果は期待できそうですが…。
こちら方面も、いろいろ勉強せねばなりません(嬉)。

書込番号:8142970

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:187件

2008/07/29 18:01(1年以上前)

ばうさん、こんばんは。

>なぜオーディオ遊びのターゲットとして電源ケーブル等を選ばれたのか?ということがあります。

えっと…、「男の子」だからです(笑)。
好奇心の赴くままに、反応しているだけだと思います。

小生のウチには1歳の男の子が生息しております。
スピーカーのセッティング他に多大なる制限をもたらすこの生物は、まさに「好奇心のカタマリ」です。次々といじったり、手にしたり、口にしたりして調べていますが、“選り好み”もしっかりあります。親から見て触って欲しくないものほど、積極的に調べています。

オーディオは、スピーカーのコーンや箱を電磁石のエネルギーで振動させて、部屋の空気や床を動かし、音を楽しもうという遊びだと思います。現実的な範囲として、電柱のトランス直後からスピーカーまでの電気の伝達経路中にある、各種電線や機材に目を向けるのは自然なことではないでしょうか。電源ケーブルもその経路の中の一部です。

>現代の科学で解明されているかどうかは別としても、なんらかの科学的な作用を期待されているのですよね?
>私も科学的な作用を期待して、効果を感じることができるかどうかは分かりませんが、いろいろな要素をとっかえひっかえはして試しています。

科学というのは、自然の仕組みを解明するために人類が開発した方法論の一つだと思いますが、まず、再現性のある現象を発見することから科学的思考が始まるのだと理解しています。
発見された現象が科学的に解明された場合、人類の知的財産として皆が利用可能な状態になります。積み重ねていけば、月まで行けるし、ケータイで地デジが見られる訳です。

「オーディオにおいて、アンプの電源ケーブルを変えるとスピーカーから出る音が変わるか否か?」については、そもそも、「そういう現象があるかどうか?」という段階の話だと思います(少なくとも、はうさんとのやり取りの中では)。
小生の理解では、現象の存在そのものが確認されていない(共通認識が得られていない)段階では、科学的解析の対象外だと思います。現代の科学で解明されていないのではなく、現時点で科学的に解明する素材ではない、という認識になります。

(○)現象の存在は知られている→科学的に解明された→知的財産として使える
(○)現象の存在は知られている→科学的に解明されていない→知的財産としては使えない
(×)現象が存在するかどうか分からない→現象が存在するものとして科学的に説明できた→現象の存在が確認された
(×)現象が存在するかどうか分からない→現象が存在するものとしても科学的に説明できない→現象の存在は否定された

素直に考えると、電源ケーブルには少なくとも接点が12カ所(3ピンの場合)ありますし、電線の金属の種類やメッキの方法、線の太さや構造、被膜の違い、プラグの違い等々、電気の通り道としても十二分に複雑な“機材”だと思いますので、交換しても電気の伝達(電気エネルギーの伝達および変換)に変化が無い=音に変化がない、と観念的に断じることの方が不思議です。

書込番号:8142989

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:7411件Goodアンサー獲得:865件

2008/07/29 22:29(1年以上前)

二羽の兎さん 

TN接地ですか。町の電気工事屋さんでこの接地を知っているのは、20人にひとりもいないと思いますよ。またどこかに申請すれば許可されるものでもありません。この接地でいかなるトラブルも発生しないと確信できる工事屋さんだけが、工事をしてくれます。
日本は業務用が3相3線、家庭用が単相3線
米国は業務用が3相4線、家庭用が単相3線
欧州は業務用が3相4線、家庭用が単相2線
と、おおまかに言えばなっており、TN接地は業務用の3相3線では使われていません。
日本の家庭用の壁コンセントでもアース付きのコンセントは普通に売られています。このアース端子に中性線は繋がず、D種接地工事等からの線を繋ぎます。

太陽光発電ですか。メーカにより、系統連系インバータが発生する正弦波の綺麗さに差はあるとは思いますが、どれを選んでもあまり綺麗な正弦波は期待できないかもしれません。
系統連系インバータにもし、アイソレーショントランスかブロッキングフィルタが内蔵されていれば、隣家からのアイソレーションは期待できそうですね。

書込番号:8144118

ナイスクチコミ!1


ばうさん
クチコミ投稿数:5084件Goodアンサー獲得:242件 縁側-ばう(bauhoo)のメモの掲示板

2008/07/30 00:00(1年以上前)

> 小生の理解では、現象の存在そのものが確認されていない(共通認識が得られていない)段階では、科学的解析の対象外だと思います。現代の科学で解明されていないのではなく、現時点で科学的に解明する素材ではない、という認識になります。

実は、私が最初に 2dB についてうかがったのも、もし 2dB が比ゆ表現ではなく物理量の測定結果だったとしたら、それが共通認識にできると考えたからです。
もし共通認識にできるのならば、それを拠り所として、私も試してみようかなと。

> 素直に考えると、電源ケーブルには少なくとも接点が12カ所(3ピンの場合)ありますし、電線の金属の種類やメッキの方法、線の太さや構造、被膜の違い、プラグの違い等々、電気の通り道としても十二分に複雑な“機材”だと思いますので、交換しても電気の伝達(電気エネルギーの伝達および変換)に変化が無い=音に変化がない、と観念的に断じることの方が不思議です。

これはうなずけます。電源ケーブルなどの部品と、アンプから出てくる音との因果関係を考えれば、なんらかの影響はあると思います。
信号の伝達順に書きますと、アナログレコードの針やカートリッジ、レコードプレーヤーとアンプをつなぐRCAケーブル、や、スピーカーケーブル等は、無限の細かさ(情報量)を持つアナログ信号という情報を扱っていますので、そういう影響は大小はあるにしてもいくぶんかは存在すると思います。

しかし、電源ケーブルに流れる電気は情報ではありません。パワーのみです。(なお余談ですが、ついでに書きますと、たとえばCDプレーヤーのピックアップもたかだか約1.5Mbpsという有限の情報量しか扱いません。これは無限の情報量ではありませんし、エラー訂正もあります。)
もちろんそれらは理想的な系での話であり、実際はノイズの混入などはあるかもしれません。

ただ、私としては、情報を扱わない(あるいは有限の情報しか扱わない)箇所の優先度を、それほど上げてオーディオシステムを構築する必然性が見出せません。まったくゼロというわけではありませんが、ほかにもっと手をかけたほうが良い箇所はたくさんあると思うのです。

書込番号:8144667

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:187件

2008/07/30 05:20(1年以上前)

Minerva2000さん、簡潔にポイントを示して頂きまして有り難うございます。

下記の説明によると、具体的なアース工事は、「等電位ボンディングによる統合接地」と指定すればよいようです。
引き込み線、メーター、引き込み口配線辺りも、さりげない範囲で拘ってみようと思います。

http://homepage3.nifty.com/maekawa-e/index.htm

書込番号:8145322

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:7411件Goodアンサー獲得:865件

2008/07/30 07:52(1年以上前)

>しかし、電源ケーブルに流れる電気は情報ではありません。パワーのみです。

これが「すばらしい理論」なのです。実は間違いです。

アンプの増幅回路に供給している直流電源の電流は、入力信号に比例して増幅出力電流そのものに変化しています。コンデンサ等で平滑化されるとは言え、電源ケーブルにもその変化電流(情報)が流れます。電源系からの瞬時電流供給能力が、音質に大きな影響を与えるのです。

二羽の兎さん おはようございます。 

「等電位ボンディングによる統合接地」ですか。 これを言われて「はい、了解です。」という町の電気工事屋さんは、少ないでしょうね。「なんですか? それ?」とか「それって、C種またはD種接地工事を1箇所でやって、そこから全アース端子に配線するという普通のやり方のことですよね。」とか「接地工事の種類と箇所数はどうしましょう?」との返事が返ってくることが多いでしょう。回答の準備をしておいたほうが良いかもしれません。

>引き込み線、メーター、引き込み口配線辺りも、さりげない範囲で拘ってみようと思います。

柱上変圧器からの引き込み線とメータは電力会社の管轄ですので、そちらに頼まれると良いでしょう。また電力会社によっては、分電盤内にアンペアブレーカを設置しますが、これも電力会社の管轄です。


書込番号:8145496

ナイスクチコミ!3


クチコミ投稿数:3390件Goodアンサー獲得:29件 縁側-ライブ・エンターテインメントの掲示板オーディオ・マルチチャンネル 

2008/07/30 09:29(1年以上前)

二羽の兎さん、Minerva2000さん、こんにちは。

話は電源からAVアンプの使いこなしに戻り恐縮ですが、いままでCDプレーヤからオーディオアンプにラインケーブルで接続して聴いていた人が、このCDプレーヤのアナログの音が気に入っている。ひとつAVアンプで聴いてみようか、と思って取説どおりAVアンプのCD端子に入れると、がっかりするのです。

この人とは「私」のことですが、AVアンプのCD端子に入れると内部でディジタル信号に変換されて、またアナログ信号に再変換され、当然音質の劣化が起こります。

なので、そのときはAVアンプのEXT.INのフロント端子に入れるのが良いと思います。これだとアナログ信号のままスピーカまで行きます。ただ、擬似サラウンド音場を作ることはできませんが。CDプレーヤのアナログの音にこだわるような人は、擬似サラウンドは聴かないと思いますので、これでよいと思います。

ちなみにデノンの数万円のCDPと、デノンの20数万円のAVアンプ間で、同軸ケーブルとアナログケーブルの音を比較したことがありますが、同じ音でした。メーカーが同じなので、基本的にA/D変換器も同じグレードだったようです。

書込番号:8145703

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:187件

2008/07/30 18:25(1年以上前)

Minerva2000さん、さらに新しいヒントを頂きまして、有り難うございます。

知識と経験のある電気工事屋さんを探すところから始めたいと思います。また、電力会社にも拘りを少々伝えつつ、最後はお任せしてみたいと考えています。

太陽光発電は、SHARPのサンビスタ(3.1kW程度)というものになります。パワーコンディショナー(高周波絶縁トランス付き)で直流→交流202V出力(単層2線を単層3線に接続)するようです。
「アースは、太陽電池モジュールとパワーコンディショナーで別々に取る必要があります。」とありました。
うーん、まだまだ、分からないことだらけですね。

この際、綺麗な100Vにこだわらずに、いっそ、単相3線200V→ダウン&アイソレーショントランス使用まで、考えてみようかと思い始めています。暑そうなのが、難点ですが…。
200Vについて、何かご意見がありますでしょうか?

書込番号:8147157

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:187件

2008/07/30 18:40(1年以上前)

そして何も聞こえなくなったさん、こんばんは。
いつも温かく見守って頂き、有り難うございます。

>AVアンプのEXT.INのフロント端子に入れるのが良い

落ち着いたところで、実験してみます。
アナログマルチ出力のあるプレーヤーを所有していないので、EXT.INは、「使わない端子」と化していました。盲点でした。
AVC-3808のアナログ入力→A/D→D/A変換を回避した、素の音が楽しめるのですね。

ただ、プレーヤーについては、DCD-1650AEは管球アンプで2Ch専用にして、マルチチャンネルについては、PS3が少々うるさくて暑いので、PIONEERのHDMIからDSD出力できるユニバーサルPの導入を検討していました…。

書込番号:8147208

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:187件

2008/07/30 18:55(1年以上前)

ばうさん、こんばんは。

>電源ケーブルに流れる電気は情報ではありません。パワーのみです。

私は、電源ケーブルに流れる電気は、音楽信号に応じて変動するパワー=一種の情報、だと考えておりまして、電気回路のことは正直よく分かりませんが、Minerva2000さんの仰るとおりだと理解しています。

もの凄く単純化して考えてしまい恐縮ですが、アンプの出力(消費電力)は、音量(音圧)によって刻々と変動しているはずです。
音量(音圧)は、音楽情報によって刻々と変わりますから、電力の供給源である電源ケーブルを流れる電気エネルギーが、音楽情報によって刻々と変わる=音楽情報によって変わる一種の情報、でよろしいかと。

アンプの強力な電源部は、アンプの中だけで見れば、音楽情報をスピーカーの振動に変えるための精密で力強い電力の供給元ですが、電柱から見れば、音楽再生に必要な電力を引き込む→引きずり込む為の装置、と見ることができると思います。
まもなく音楽情報に変換される直前の、粗の情報を持った電力の引き込み線として、電源ケーブルに性能を求めるのは、オーディオの楽しみの一つのツボではないでしょうか?

>もし共通認識にできるのならば、それを拠り所として、私も試してみようかなと。
>ただ、私としては、情報を扱わない(あるいは有限の情報しか扱わない)箇所の優先度を、それほど上げてオーディオシステムを構築する必然性が見出せません。

優先度は最下部でも良いので、ぜひ、お試し下さることをお願いします。
ばうさんが、どう”感じられる”かに、とても興味があります。

書込番号:8147259

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:3390件Goodアンサー獲得:29件 縁側-ライブ・エンターテインメントの掲示板オーディオ・マルチチャンネル 

2008/07/30 19:50(1年以上前)

太陽光発電は、環境に良いし、売電もできるので良いことですね。

直流をインバータで交流100V,200Vまで上げるので、スイッチングノイズは出るでしょうが、オーディオと太陽光発電とは次元が違うので、太陽光発電を使用した結果をまた教えてください。

ステップダウントランスは、使ったことないですが、WE、トロイダルなど瞬時電流に強いトランスを使わないと、普通の角形トランスでは電流供給が遅れるようなイメージがあります。WEトランスで3000VA容量なら30万円します。なので私自身、200V導入には躊躇しています。
ここはひとつ、人柱になってください(笑)。

書込番号:8147467

ナイスクチコミ!1


ばうさん
クチコミ投稿数:5084件Goodアンサー獲得:242件 縁側-ばう(bauhoo)のメモの掲示板

2008/07/30 20:40(1年以上前)

> >電源ケーブルに流れる電気は情報ではありません。パワーのみです。

> 私は、電源ケーブルに流れる電気は、音楽信号に応じて変動するパワー=一種の情報、だと考えておりまして、電気回路のことは正直よく分かりませんが、Minerva2000さんの仰るとおりだと理解しています。

> もの凄く単純化して考えてしまい恐縮ですが、アンプの出力(消費電力)は、音量(音圧)によって刻々と変動しているはずです。
> 音量(音圧)は、音楽情報によって刻々と変わりますから、電力の供給源である電源ケーブルを流れる電気エネルギーが、音楽情報によって刻々と変わる=音楽情報によって変わる一種の情報、でよろしいかと。

たとえばある音楽で、5秒間はとても大きな音、5秒間はとても小さな音、を交互に繰り返すようなものを再生した場合を考えます。この場合、アンプの消費電力も10秒周期で変動しますし、電源ケーブルに流れる電流の大きさもその周期で変化するでしょう。そういう意味では電源ケーブルに流れる電気も多少の情報は持つでしょう。電源ケーブルに電流計のようなものを挟み込めば、そういう10秒周期(0.1Hz)の情報を検出できるでしょう。

しかし、それは周期が極端に大きな場合の話です。周期を1秒(1Hz)、0.1秒(10Hz)、0.01秒(100Hz)、…と、短くするにつれて、そういう変動の情報は電源ケーブル上に流れなくなります。大小の切り替えではなく、音楽の周波数成分そのもの(20Hz〜20kHz)であっても同様に、電源ケーブル上に流れることはないでしょう。
もしたとえ電源ケーブルからおおもとの電力成分である50/60Hzをカットして、それ以外の微弱な信号を増幅しても、再生中の音楽に関係する情報な取り出すことはできないだろうと思います。

一方、アンプに内蔵される電源ユニット(安定化電源)の話であれば、電源ユニットの出力側(トランジスターアンプなら直流数十ボルト程度)に流れる電流は、音楽情報(20Hz〜20kHz)によって刻々変動します。したがって、アンプ内部の直流電源ラインである"電源系"は、情報を扱いますので大事です。アンプの外のAC100ボルト側の"電源系"とは世界が異なります。

アンプの内側もアンプの外側も、どっちも一言で書けば"電源系"であることには違いないのですが、安定化される前と後ですから、まったく異なるものです。

書込番号:8147658

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:7411件Goodアンサー獲得:865件

2008/07/30 22:22(1年以上前)

二羽の兎さん 

単相3線からの200Vをダウントランスで100Vにして使うと音が良くなるという話はよく聞くのですが、かないまるさんのHP(みられたことあります?超有名なHPです。)によれば、安価なダウントランスでは音が悪くなることのほうが多く、お勧めできないと書いてありました。安価なダウントランス(4,5万クラス?)でも音が良くなる方法を研究中とのことで、分かったら連絡していただけることになっていますが、まだありません。

話は変わりますが、太陽電池の導入を検討されているのですね。ぜひ導入して、環境貢献なさってください。 私も10年近く前検討していたのですが、既築住宅で3KWを設置すると280万ほどかかり、補助金を80万もらっても、投下資金は永久に回収不能との結論でした。この点は最近は改善されているのでしょうか?

書込番号:8148170

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:7411件Goodアンサー獲得:865件

2008/07/30 22:51(1年以上前)

>アンプ内部の直流電源ラインである"電源系"は、情報を扱いますので大事です。アンプの外のAC100ボルト側の"電源系"とは世界が異なります。アンプの内側もアンプの外側も、どっちも一言で書けば"電源系"であることには違いないのですが、安定化される前と後ですから、まったく異なるものです。

これまた「すばらしい理論」ですね。でも間違いです。
直流安定化電源は、電流を出力すると、まさに安定化させるため躊躇なく外部(ここでは電源ケーブル)から電流を奪います。安定化電源は外部電源がなくとも、必要なだけの電流が勝手に出てくる玉手箱でもなければ、エネルギー保存則を無視した永久機関でもなく、足らなくなった電流を自動製造する自家発電装置でもありません。

書込番号:8148316

ナイスクチコミ!2


クチコミ投稿数:187件

2008/07/31 05:21(1年以上前)

Minerva2000さん、おはようございます

かないまるさんのHPは、PS3がらみで時々覗いています。参考にはしていますが、プロの方のお話ですから、環境も違うし、そのまま当てはめることもできないかと、少し距離をおいて見ていました。
200Vについては、安価なダウントランス5〜10万円/3000VAあたりなら…と考えていましたが、まともに検討するなら30万円クラスになるとのこと、かないまるさんの結論を待ってからでも遅くはないですね。“さりげなく”なくなってしまいますし。

太陽光発電の費用は、新築にオプションで付けると、140万〜180万/3kWで、補助金はほとんど無し、ローン金利0.1%優遇くらいです。今回は、140万のところでお願いしています。
環境に貢献するという意味もありますが、“電気をよく使う”ので、現状でも10〜15年くらいで元が取れるかな?という計算があります。老後に家族が減れば、光熱費がかからなくなるハズという皮算用もあります。なにより、好奇心が抑えられなくて…。

書込番号:8149386

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:187件

2008/07/31 05:22(1年以上前)

そして何も聞こえなくなったさん、おはようございます。

頭の中ばかりでこねくり回している段階ですが、最近、なんとなく、トランスの働きがイメージできるようになってきました。磁束の漏れがロスを産む、トランスの形状によって瞬時電流の得手不得手がある、などなどのお話も、少しずつ理解され始めているところです。
時間ができたら、PS3や液晶TV用のアイソレーショントランス自作(かないまるさんのHPをみて)あたりに挑戦してみたいと思っています。

書込番号:8149387

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:187件

2008/07/31 05:26(1年以上前)

ばうさん、おはようございます。

>アンプの内側もアンプの外側も、どっちも一言で書けば"電源系"であることには違いないのですが、安定化される前と後ですから、まったく異なるものです。

だんだん、話が核心に近づいてきたように思います。
アンプが消費するエネルギーは、全て電源コードを介して供給されています。
電源ユニットに多少の電力のバッファー作用(帯電や蓄電)があったとしても、スピーカー出力が変動する以上、出力の変動に応じて電源ケーブルを流れる電力(入力)は変動するハズです。

>もしたとえ電源ケーブルからおおもとの電力成分である50/60Hzをカットして、それ以外の微弱な信号を増幅しても、再生中の音楽に関係する情報は取り出すことはできないだろうと思います。

今回のテーマは、
「再生中の音楽に関係した情報をアンプの電源ケーブルから取り出すことはできるか?」
という問題に還元されると思います。
余計難しくなった気がしますが、「アンプの電源ケーブルで音が変わるか?」よりは、扱いやすくなった気もします。

ばうさんは、できないだろう派
小生は、できるはずだ派

ですね。
誰かに実験して頂きたいところです。これなら、実験できそうですし。

書込番号:8149391

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:3390件Goodアンサー獲得:29件 縁側-ライブ・エンターテインメントの掲示板オーディオ・マルチチャンネル 

2008/07/31 09:29(1年以上前)

トランスの働きは、こんなイメージです。(あくまで主観です)

理想トランス=磁束ロスレス=一次側の電流を瞬時に二次側に変換できる=発熱なし

磁束ロスの多いトランス=発熱多い=二次側が電流を要求しても一次側から瞬時に電流を供給できない=突入電流は少ない=アンプに使うと柔らかい音

磁束ロスの少ないトランス=発熱少ない=二次側が電流を要求したら一次側から割と速く供給できる=突入電流は多い=アンプに使うと立ち上がりの速い音になる。

書込番号:8149772

ナイスクチコミ!1


ばうさん
クチコミ投稿数:5084件Goodアンサー獲得:242件 縁側-ばう(bauhoo)のメモの掲示板

2008/07/31 12:21(1年以上前)

> アンプが消費するエネルギーは、全て電源コードを介して供給されています。
> 電源ユニットに多少の電力のバッファー作用(帯電や蓄電)があったとしても、スピーカー出力が変動する以上、出力の変動に応じて電源ケーブルを流れる電力(入力)は変動するハズです。

もしそうだとしたら、私が前回書いた例で言うと、とても小さな音の5秒間の時に、ダミーで電力を消費するようにアンプを設計しさえすれば、アンプの消費電力は常に一定にできるはずです。
音声信号(20Hz〜20kHz)も、入力信号を反転させてスピーカーの代わりにダミー抵抗に電力を消費させるような回路を作って動作させるだけで実現できます。スピーカーに電流が流れないときにダミー抵抗が代わりに電流を食ってくれるわけです。それほど困難なことではありません。
こうすれば、たとえ入力信号の変動の周期が極端に長くても、たとえアンプの電源ユニットの平滑コンデンサーの容量が小さくても、アンプの消費電力は常に一定のマックスになります。エコロジーではありませんが、電源ケーブルを流れる電流は限りなく一定にできます。

しかし、こんな回路設計をしたアンプを私は見たことがありません。もちろん広い世間をくまなく探せば誰かが作ったことはあるかもしれませんが、実用性は小さいはずです。そんなエコ(エコロジー・エコノミー)でないアンプを作るよりは、平滑コンデンサーの容量を増やしたりしたほうがずっと良いからです。
もちろん、平滑コンデンサーの容量を増やす代わりに、そのコストを電源ケーブルにかけるというソリューションを考える人も世間にはいらっしゃるでしょう。

でも、私は、ダミー抵抗の回路を使ったり、電源ケーブルにコストをかけるよりは、平滑コンデンサーの容量を増やすというソリューションを選択します。(平滑コンデンサーはあくまでもたくさんある要素の内のわかりやすい一例です。ほかにも要素はたくさんあります。要は金があるのなら、その金をより良いアンプを使うことにかける、ということです。)

書込番号:8150201

ナイスクチコミ!0


ばうさん
クチコミ投稿数:5084件Goodアンサー獲得:242件 縁側-ばう(bauhoo)のメモの掲示板

2008/07/31 12:48(1年以上前)

なお、ちょっと追記しますが、たとえばAC100Vの電源ケーブル(や屋内配線等)がとても長かったりとても細かったりして抵抗値が大きく、大きな電力を使うと大幅な電圧降下を起こすような場合だったら、私でも(AC100Vの)「電源系」を改善しろと言います。
でも、それはオーディオに限ったことではありません。掃除機のスイッチを入れたら部屋の蛍光灯が暗くなることと同様です。家電製品ならば、それら家電の消費電力によって定格電圧を満たせなくなる(あるいは余裕がなくなる)のならば、それは適正な使用環境ではないでしょう。

書込番号:8150287

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:187件

2008/07/31 18:41(1年以上前)

そして何も聞こえなくなったさん、こんばんは。

トランスの働きについてイメージを分かりやすくまとめて頂きまして有り難うございます。
EIトランスを使いこなそうとするメーカーと、初めからトロイダルトランスにこだわるメーカー、価格帯によって使い分けるメーカーなど、搭載しているトランスを見れば、ある程度、目指している音を予想できるかも知れませんね。
お話を聞いていると、トロイダルトランス搭載アンプが欲しくなってくるのは、気のせいでしょうか?

書込番号:8151308

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:187件

2008/07/31 18:53(1年以上前)

ばうさん、こんばんは。

ダミー抵抗は、私も頭の中でシミュレーションしました。
でも、音を良くするのに役に立ちそうもないし、なにより、ダミー抵抗の性能≒スピーカー駆動能力、という訳の分からんことになりそうだったので、途中で考えるのをやめてしまいました。

電源ケーブルに流れる電力を一定にするには、途中に蓄電池を入れて、当面必要な電力を電池から供給するようにしても良いと思います。瞬間的に必要な電力も、電柱からではなく蓄電池から供給すればよい、という考え方になります。
(もちろん、蓄電池からのコード(電源コード?)には、性能が求められるハズです。さらに、蓄電池そのものにも性能が求められます。)

こういったアンプであれば、コンセントからアンプまでの電源コードの性能に依存することなく、一定かつ最大の電力供給能力がいつでも保証されるので、電源コードを標準添付の安物にしようが数百万円の純銀製にしようが、スピーカーの出力には影響がない=音が変わらない、という結論になります。(一定の時間なら、電源コードを外しても良い訳です。)

平滑コンデンサーの用量を増やすというのは、比喩的な意味で、この辺りのことを仰っているのだと解釈しました。間違っていたらご指摘下さい。

>要は金があるのなら、その金をより良いアンプを使うことにかける、ということです。

電源コードを変えたくらいで音が変わるような“軟弱な電源ユニット”を搭載したアンプを購入して、あれこれ電源コード試して細かな音の違いに一喜一憂するくらいなら、初めから、電源コードの性能に全く依存しないような“気合いの入った電源ユニット”を搭載したアンプに投資した方が、結果として、良い音を追求できるハズだ!」というテーゼ、と受け取ります。(アンチテーゼ?)

ここで、ばうさんに質問があります。
ズバリ、オススメのアンプとは、どんなアンプでしょうか?
やっぱり自作でしょうか?
改造でしょうか?
「“電源系”に投資をする位なら、その分をアンプに投資すべき。」と仰る、ばうさんオススメのアンプにとても興味があります。

書込番号:8151360

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:187件

2008/07/31 19:09(1年以上前)

↑訂正があります。
×:コード、電源コード
○:ケーブル、電源ケーブル
です。

書込番号:8151415

ナイスクチコミ!0


エイヤさん
クチコミ投稿数:354件Goodアンサー獲得:3件

2008/07/31 19:36(1年以上前)

日本での実績が乏しいメーカーですので、おすすめできませんが、
この位のトランス仕様のアンプなら十分な電源部と
言えるのではないでしょうか。
http://www.audiorefer.com/dussun/d9.html
なお、マルチch.アンプですのでサラウンド、HDMI等はありません。

書込番号:8151521

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:7411件Goodアンサー獲得:865件

2008/07/31 21:02(1年以上前)

二羽の兎さん こんばんは。

>「電源コードを変えたくらいで音が変わるような“軟弱な電源ユニット”を搭載したアンプを購入して、あれこれ電源コード試して細かな音の違いに一喜一憂するくらいなら、初めから、電源コードの性能に全く依存しないような“気合いの入った電源ユニット”を搭載したアンプに投資した方が、結果として、良い音を追求できるハズだ!」というテーゼ、と受け取ります。

残念ながらこのテーゼは、またしても間違いです。この種の出鱈目を流布されるのは困ったものです。

例えばハルクロdm38という180W出力のステレオパワーアンプは、超強力な電源部、大容量コンデンサを持っている高級機種ですが、その使用説明書には、
「本機は最大の能力を発揮させるためには、電源から大量の電流を必要とします。電源は他の機器との共用を避け、独立したコンセントを使用してください。電源延長ケーブルはご使用にならないようお願い致します。」と明記されています。
写真の下段の茶色の円筒がコンデンサです。
http://www.harman-japan.co.jp/product/halcro/dm38.html

またラックスマンのパワーアンプは高級機種ほど、太い電源ケーブルが付属していますが、設計責任者によれば、これは見栄えがするとかの営業政策から選んでいるのではなく、それぞれのパワーアンプが、最高のパフォーマンスが発揮できるよう検討した結果、選択したそうです。つまり電源がしっかりした高級機種ほど、太くて高価な電源ケーブルが必要になるということです。
逆にラジカセに何十万もする電源ケーブルを繋いでも、音はちっともよくなりません。

書込番号:8151852

ナイスクチコミ!1


ばうさん
クチコミ投稿数:5084件Goodアンサー獲得:242件 縁側-ばう(bauhoo)のメモの掲示板

2008/07/31 23:17(1年以上前)

Minerva2000さんが書かれた [8148316] の、

> 直流安定化電源は、電流を出力すると、まさに安定化させるため躊躇なく外部(ここでは電源ケーブル)から電流を奪います。安定化電源は外部電源がなくとも、必要なだけの電流が勝手に出てくる玉手箱でもなければ、エネルギー保存則を無視した永久機関でもなく、足らなくなった電流を自動製造する自家発電装置でもありません。

についてコメントします。たとえば、アンプを鳴らしているときにアンプの電源プラグをコンセントから抜いたとします。でも、しばらくは鳴り続けます。別に永久機関でも自家発電装置でもありませんが、普通のアンプはいくらかの電気を蓄える構造にはなっています。

(なお、これはあくまでも概念的な説明です。「しばらく」と言っても、何秒なか何ミリ秒なのかは、アンプの設計や出力の大きさによってマチマチです。また、最近のアンプはリレーのミューティングがあったりコンピューター制御されていることも多いので、電源断と同時に音が消えることがほとんどですが。)



以下は [8151852] についてです。

> 例えばハルクロdm38という180W出力のステレオパワーアンプは、超強力な電源部、大容量コンデンサを持っている高級機種ですが、その使用説明書には、
> 「本機は最大の能力を発揮させるためには、電源から大量の電流を必要とします。電源は他の機器との共用を避け、独立したコンセントを使用してください。電源延長ケーブルはご使用にならないようお願い致します。」と明記されています。

電気コタツや電子レンジの取扱説明書にも同じようなことはおそらく書いてあるでしょう。大きな電力を消費する家電なら、書いてあってあたりまえのことではないのでしょうか。



> またラックスマンのパワーアンプは高級機種ほど、太い電源ケーブルが付属していますが、設計責任者によれば、これは見栄えがするとかの営業政策から選んでいるのではなく、それぞれのパワーアンプが、最高のパフォーマンスが発揮できるよう検討した結果、選択したそうです。つまり電源がしっかりした高級機種ほど、太くて高価な電源ケーブルが必要になるということです。

「電源がしっかりした高級機種」は最大消費電力が大きいから、電源ケーブルも太いのが必要なだけという考えもできると思います。ハイパワー掃除機の電源ケーブルが太いことと、違いがあるのでしょうか?



> 逆にラジカセに何十万もする電源ケーブルを繋いでも、音はちっともよくなりません。

こうおっしゃるということは、ラジカセの場合は、電源ケーブルに投資しても無駄だと主張されていると捉えて良いのですか?
では1万円のアンプの場合もそうなのですか?
さらに10万円のアンプの場合もそうなのですか?
いくらぐらいのアンプだと電源ケーブルに投資して効果が出てくるのでしょうか?

書込番号:8152607

ナイスクチコミ!0


ばうさん
クチコミ投稿数:5084件Goodアンサー獲得:242件 縁側-ばう(bauhoo)のメモの掲示板

2008/08/01 00:05(1年以上前)

> ズバリ、オススメのアンプとは、どんなアンプでしょうか?
> やっぱり自作でしょうか?
> 改造でしょうか?
> 「“電源系”に投資をする位なら、その分をアンプに投資すべき。」と仰る、ばうさんオススメのアンプにとても興味があります。

過去の私の投稿などを見ると分かりますが、私は普段からあまりコンシェルジュやエバンジェリストのように「○○の機種がいい」とは言わない人なので、残念ながら今回も、何がいいとは言うことは特にないです。
高くて、それ相応の部品を使って設計されていればいいんじゃないでしょうか。あるオーディオ機器を百万円以上出して買ってフタを開けてみたら、数万円の機種と大差ない設計・部品だった、などとならないように注意していれば良いと思います。あとは好みの問題です。

書込番号:8152912

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:187件

2008/08/01 06:18(1年以上前)

Minerva2000さん、おはようございます。

>残念ながらこのテーゼは、またしても間違いです。この種の出鱈目を流布されるのは困ったものです。

誤解を与えたのであれば、申し訳ありません…汗)
「電源ケーブルの性能に依存しない電源ユニット」なるものが存在するのかどうかを、確認したかっただけです。話を分かりやすくしようとして、少々書きすぎたかも知れません。

小生の考え方は、
“気合いが入った電源ユニット”ほど、電源ケーブルに性能を要求する。
→電源ケーブルの違いに敏感に反応するアンプの方が、音質をより追求できるはず。
です。

書込番号:8153589

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:187件

2008/08/01 06:32(1年以上前)

ばうさん、おはようございます。

>私は普段からあまりコンシェルジュやエバンジェリストのように「○○の機種がいい」とは言わない人なので、残念ながら今回も、何がいいとは言うことは特にないです。

とても残念です。

オススメの機種の購入を検討するという意味ではなく、ばうさんの、これまでの観念的なお話を、現実の世界と結びつけるための橋渡し的な意味で、具体的な機種ないしはアンプの回路的なお話、具体的なパーツのお話などを頂きたかったのですが…。
具体的な機種が出てこないとなると、イメージがわかず、観念的な世界だけの話で終わってしまうように思います。

せめて、お使いのアンプをご紹介頂けないでしょうか?

書込番号:8153606

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:187件

2008/08/01 06:44(1年以上前)

エイヤさん、初めまして、おはようございます。

面白そうなアンプのご紹介を有り難うございます。
巨大なトロイダルトランスをケースに入れてあるのでしょうか。
YAMAHAのフラッグシップAVアンプのようなたたずまいですね。

>日本での実績が乏しいメーカーですので、おすすめできませんが、

DUSSUNは、試聴できていませんので、音については未知です。いずれにしても、輸入代理店の安定感や機材の信頼性がある程度確立するまでは、しばらく様子見になりそうです。

書込番号:8153622

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:2718件Goodアンサー獲得:13件

2008/08/01 07:27(1年以上前)

二羽の兎さん はじめまして!
スレ板当初より具体的な詳細レポート等興味深く拝見させていただいてます。

又 Minerva2000さんの理論等、私には難しい面もありますが、成程と言う何か一つ掴まさせていただいた様でありがとうございます。

二羽の兎さんが [8153606]で

>オススメの機種の購入を検討するという意味ではなく、ばうさんの、これまでの観念的な話を、現実の世界と結びつけるための橋渡し的な意味で、具体的な機種ないしはアンプの回路的なお話、具体的なパーツのお話などを頂きたかったのですが…。
具体的な機種が出てこないとなると、イメージがわかず、観念的な世界だけの話で終わってしまうように思います。

今迄に於いても ばうさんの他のスレ板でケーブル論議も拝見させていただいておりました。
私も ばうさん から何らかのお話が出てくるのを期待してましたので、残念です。

ですので、できましたら極力、具体的な情報があれば嬉しいのですが!

書込番号:8153697

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:7411件Goodアンサー獲得:865件

2008/08/01 07:34(1年以上前)

二羽の兎さん おはようございます。

私の発言は、例の方に対してのもので、極めて簡潔に分かり易くあの方の主張をまとめて頂いた二羽の兎さんには、感謝しております。

ハルクロdm38のユーザで、購入2年半後に初めて取り扱い説明書を読んだら、上記の記述があったので、延長ケーブル(電源タップ)の使用を止め、電源系の強化を実施したら、見違える(聞き違える?)ほど音質が改善され、アンプの買い替えをやめたそうです。もし買い替えていたら、現品を下取りに出しても百万円以上の出費が必要だったでしょうが、電源系の強化だけで済んだわけで、電源系強化は極めてコストパフォーマンスの良い手法です。
ハルクロでも最大消費電力を考えれば15Aの普通のケーブルで十分、電源供給自体はできます。ただし最大のパフォーマンスを発揮させるには、電源系のケアが必要で、取り扱い説明書には、その点が記述されていたわけです。ラックスマンも同じで、高級機種で普通の15Aケーブルでは、電流容量不足なため、安全性に問題が有るので太いケーブルを付けているわけではありません。あくまで最大のパフォーマンス(音質)を発揮させるためです。

例の方は、ご提案の実験は、どう考えているのですかね。その後の発言を読むと、アンプの消費電流を一定化するには、アンプにからくりが必要であると言ってますね。つまりからくりがないと、電流変動(情報の伝達)があるとして、自説を撤回しているが、そうは言わず別の、整理して頂いた出鱈目テーゼで反論してきていますね。 実験では不利と見ているのでしょうね。このテーゼでは実験での反論はまずできないので、安全ですからね。

また、アンプの電源コードを抜いても音が持続すると主張されていますが、直流安定化電源を積んだアンプで実験されているんですかね。昔の真空管ラジオでの経験じゃないんでしょうね。

書込番号:8153706

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:7411件Goodアンサー獲得:865件

2008/08/01 07:50(1年以上前)

satoakichanさん 

お久しぶりです。
あの方は、アンプの機種は推薦できないと思いますよ。この機種なら電源ケーブルがショボくても良い音がすると書けば、そのユーザの方から、「電源ケーブルを変えたらすっかり音が良くなった。」と言われて、ギャフンですから。
だれも使っていない、また使う訳もない機種を一生懸命さがしているんじゃないですか。

書込番号:8153735

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:2718件Goodアンサー獲得:13件

2008/08/01 08:29(1年以上前)

Minerva2000さん こちらこそ、どうもです!

>あの方は、アンプの機種は推薦できないと思いますよ。

そうですか!残念ですね。確かにコンシェルジュやエバンジェリストはこの口コミにあまり存在しないとは、思いますがせめて、スレ主さんが質問していますのでお答えいただけないかな?と思ったのですが・・・。

書込番号:8153793

ナイスクチコミ!0


ばうさん
クチコミ投稿数:5084件Goodアンサー獲得:242件 縁側-ばう(bauhoo)のメモの掲示板

2008/08/01 11:48(1年以上前)

> あの方は、アンプの機種は推薦できないと思いますよ。この機種なら電源ケーブルがショボくても良い音がすると書けば、そのユーザの方から、「電源ケーブルを変えたらすっかり音が良くなった。」と言われて、ギャフンですから。

この方(たぶん私のことですよね?)は、べつに、
「アンプの機種を選ぶことで、電源ケーブルの影響をなくすことができます。だから積極的にアンプを選んで電源ケーブルの影響を受けないようにしましょう。」
と主張しているわけではありませんよ。

私が主張するのは、
「家電として適切な電源環境(AC100V側の環境)で、普通のアンプを使うのなら、電源ケーブルの影響はほとんどありません。それでも電源ケーブルの影響を気にする人は、せっかくオーディオシステムに投資するのであれば、それだったら電源ケーブルを選ぶよりもアンプの機種を選んだほうがいいんじゃないでしょうか。」
ということです。
ダミー抵抗や平滑コンデンサーは、その一例を挙げたにすぎません。なぜ私がこれらの例を挙げたかというと、二羽の兎さんが電源ケーブルに流れる音楽情報の変動について疑問をお持ちだったので、私はそれに対してこういう反例が考えられるという例を述べたにすぎません。

書込番号:8154333

ナイスクチコミ!0


ばうさん
クチコミ投稿数:5084件Goodアンサー獲得:242件 縁側-ばう(bauhoo)のメモの掲示板

2008/08/01 12:00(1年以上前)

> オススメの機種の購入を検討するという意味ではなく、ばうさんの、これまでの観念的なお話を、現実の世界と結びつけるための橋渡し的な意味で、具体的な機種ないしはアンプの回路的なお話、具体的なパーツのお話などを頂きたかったのですが…。
> 具体的な機種が出てこないとなると、イメージがわかず、観念的な世界だけの話で終わってしまうように思います。

先ほど書いた理由のとおり、やはりとくにないです。

> せめて、お使いのアンプをご紹介頂けないでしょうか?

普段はほとんどヤマハの DSP-AZ1 を使っています。別にとりたてて良いことはないです。何年も前のものなのでさすがに買い換えたいです。素の音のそっけないこと。私は大きな音を出して聞く人なので、値段のわりには大きな音でも歪感が増えないところだけはいいかなと思っています。

書込番号:8154369

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:187件

2008/08/01 21:53(1年以上前)

satoakichanさん、はじめまして、こんばんは。

ご参加頂きまして、有り難うございます。

>できましたら極力、具体的な情報があれば嬉しいのですが!

“具体的な情報”が出て来ないと、いかなる理論も観念の世界から出せないので、現実の世界では使えない理論になってしまうと思うのです。
今回のような話の場合、特に、具体的な情報の開示は大事だと思います。

書込番号:8156290

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:187件

2008/08/01 21:55(1年以上前)

Minerva2000さん、こんばんは。

スレッドの流れを的確にサポート頂きまして、有り難うございます。
ご経験に裏打ちされた揺るぎないお話の数々、豊富な知識、とてもためになります。
仰るとおり、今回のテーマ“電源系”を巡るやり取りは、現時点で一定の結論が出ていると思います。

書込番号:8156303

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:187件

2008/08/01 22:07(1年以上前)

ばうさん、こんばんは。

>普段はほとんどヤマハの DSP-AZ1 を使っています。別にとりたてて良いことはないです。何年も前のものなのでさすがに買い換えたいです。素の音のそっけないこと。

愛機をご紹介頂きまして、有り難うございます。

DSP-AZ1クラスなら、電源系をグレードアップすることで、買い換える必要が無くなるほどの効果を得られるかも知れません。
買い換えるよりは遙かに安価に試せると思いますので、“食わず嫌い王”をしばし返上して、だまされたと思って電源ケーブル交換実験を、是非ともご検討くださるようお願いします。
お願いばかりで申し訳ありませんが、他ならぬ“ばうさんの実験結果”にとても興味があります。

感覚の世界における共通認識は、思考実験だけでは永久に得られないと思います。
聴覚に関することは耳に訊かなければ分かりません!

書込番号:8156359

ナイスクチコミ!2


ばうさん
クチコミ投稿数:5084件Goodアンサー獲得:242件 縁側-ばう(bauhoo)のメモの掲示板

2008/08/02 00:55(1年以上前)

> 買い換えるよりは遙かに安価に試せると思いますので、“食わず嫌い王”をしばし返上して、だまされたと思って電源ケーブル交換実験を、是非ともご検討くださるようお願いします。
> お願いばかりで申し訳ありませんが、他ならぬ“ばうさんの実験結果”にとても興味があります。

> 感覚の世界における共通認識は、思考実験だけでは永久に得られないと思います。
> 聴覚に関することは耳に訊かなければ分かりません!

言葉を返すようですが、私からも、一度、だまされたと思って、本当に音が変わっているのかを確かめられることをお勧めします。
具体的には、[8135859]で書かれた、

> それぞれ、その場でつなぎ変えて比較してみたり、1週間くらいは同じセットで聞き続けて比較してみたりしましたが、小生以外の耳(家族)も動員した実験の結果として、「音量の変化は有り。音質についても、聞きやすくなる。」というのが現在の結論です。

にある、ご家族のご動員による実験をブラインドテストで検証するのが良いと思います。テストの形態は、私はそれほど堅苦しいことは言いませんが、少なくとも、

・切り替えは被験者に分からないようにすること。抜き差しの音が聞こえたりしないこと。当然ランダムに、偶然を十分に排除できるだけの回数はおこなうこと。
・実験をする人の意思が被験者に伝わらないようにすること。たとえば「こっちのケーブルだとどう?良くなった?」などと聞かないこと。
・電源ケーブルを取り替えること以外の影響を排除すること。たとえば電源ケーブルを取り替えるためにアンプをずり動かしてそれで音の反射が変わって、その反射の変化を感じているなどということがないようにすること。

ぐらいのことは実験環境を整えておかないと、検証にならないと思います。また、こういう掲示板では人によって「ブラインドテスト」の意味するものはちがいますので、たんに「ブラインドテストで検証した」ではほとんど意味がありません。「回数○回、等、これこれこういう実験状況で検証して、こういったスコアが得られた。」という結果でやっと検証の意義が出てきます。

私からは二羽の兎さんに申し上げることは、以上です。



ちなみに、以前、
http://bbs.kakaku.com/bbs/20435010180/SortID=7590976/
のスレの最後のあたりで、Minerva2000さんにも、ご家族に被験者になっていただく検証実験をご提案しましたが、お忙しいのか、結局、検証はされなかったみたいです。
(なおその際の対象は「電源ケーブル」ではなく「制振グッズ」についてのことでした。)

書込番号:8157075

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:7411件Goodアンサー獲得:865件

2008/08/02 06:59(1年以上前)

ばうさん

相変わらずですね。  馬鹿馬鹿しくて、単なる時間の無駄なので、やっていないだけです。

>ダミー抵抗や平滑コンデンサーは、その一例を挙げたにすぎません。なぜ私がこれらの例を挙げたかというと、二羽の兎さんが電源ケーブルに流れる音楽情報の変動について疑問をお持ちだったので、私はそれに対してこういう反例が考えられるという例を述べたにすぎません。

ということは、「電源ケーブルには、音楽信号に連動した電流変化は起きていない。したがって電源ケーブルは音質にはほとんど影響しない。」という自説を撤回して、白旗を掲げたのではないということですね。二羽の兎さんが提案された実験はまだやる価値があるということですね。
ところが、
>「家電として適切な電源環境(AC100V側の環境)で、普通のアンプを使うのなら、電源ケーブルの影響はほとんどありません。

というのが本当に主張したいこと、とのことなので、上記の電流変化が起きないのには、ふたつの条件を満たす必要があるということですね。
1.家電として適切な電源環境で使う。
2.普通のアンプを使う。

これで、誰かが実験して、電流変化が確認できたと言っても、1.または2.の条件が満たされてないからだとして、無視できるというメデタイことになっているわけですね。
こういう実験ができる方は、高級アンプを使っていたりする訳で、まさに万全ですね。

ところで、家電として適切な電源環境で使わないと、電源ケーブルに電流変化が起こるようになるとした根拠はなんですか? いつもの単なる空想ですか?
また、普通のアンプでない高級アンプや、安物アンプでは、電源ケーブルに電流変化が起こるようになるとした根拠はなんですか? 普通のアンプだけ、どのような設計仕様になっているのでしょう? いつもの単なる空想ですか?

書込番号:8157523

ナイスクチコミ!1


ばうさん
クチコミ投稿数:5084件Goodアンサー獲得:242件 縁側-ばう(bauhoo)のメモの掲示板

2008/08/02 11:47(1年以上前)

> 相変わらずですね。  馬鹿馬鹿しくて、単なる時間の無駄なので、やっていないだけです。

私が提案した実験をMinerva2000さんが実施されなかった理由は、
・馬鹿馬鹿しい
・時間の無駄
の2つということですね。分かりました。



> というのが本当に主張したいこと、とのことなので、上記の電流変化が起きないのには、ふたつの条件を満たす必要があるということですね。
> 1.家電として適切な電源環境で使う。
> 2.普通のアンプを使う。

> これで、誰かが実験して、電流変化が確認できたと言っても、1.または2.の条件が満たされてないからだとして、無視できるというメデタイことになっているわけですね。
> こういう実験ができる方は、高級アンプを使っていたりする訳で、まさに万全ですね。

「1.」は、たとえばですが築年数が古い豪邸で引き回しの長い屋内配線がどうなっているのかも分からないような状態で、少なからず電圧降下を起こしていそうな特殊なケースを除外しただけです。これについては、「アンプを鳴らした状態で電源プラグの両端の電圧をテスターで測ったら○○ボルトだった。なおテスターのメーカー・機種名は□□だ。」のように測定結果を示していただければ、私はそれならば、条件が満たされていないとは言いません。

「2.」についてですが、私が書いた「普通のアンプ」とは、設計や部品が奇抜ではないアンプという意味です。グレード(高級・普通・低級)による分類という意味ではありません。電源トランス+シリーズレギュレーターやスイッチング電源程度なら「普通」ですが、もしかしたらたまにある電源トランスレスの倍電圧整流などの特殊な電源ユニットなどまで持ち出されると、さすがにちょっと勘弁してください、と思ったので「普通の」と限定しました。



> ところで、家電として適切な電源環境で使わないと、電源ケーブルに電流変化が起こるようになるとした根拠はなんですか? いつもの単なる空想ですか?

このスレの中で、私は今までにそう発言した覚えはないのですが、私の発言のどの箇所を指されていますか?



> また、普通のアンプでない高級アンプや、安物アンプでは、電源ケーブルに電流変化が起こるようになるとした根拠はなんですか? 普通のアンプだけ、どのような設計仕様になっているのでしょう? いつもの単なる空想ですか?

これについては上述の「普通のアンプ」についての記述をご参照ください。もしそれでもまだ疑問が残るならば、再度ご質問ください。

書込番号:8158249

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:187件

2008/08/02 18:39(1年以上前)

ばうさん、こんばんは。

>言葉を返すようですが、私からも、一度、だまされたと思って、本当に音が変わっているのかを確かめられることをお勧めします。

早速、みのもんたさんの朝の番組で、子供(9歳)と一緒に電源ケーブル交換実験をやってみました。所要時間30分足らずで、スピーカーも目覚める前に終了(出勤のため)してしまいましたが…。
重鉄タップ(マリンコ〜Belden)を介して、差し替えてみました。ブラインドテストではなく、一緒に作業をしながらの比較です(意味無いかも?)。

@ AVC-3008の付属の結構太い電源ケーブル(〈PS〉 E HD 300V 2007 NM と書いてあります)
A PMA2000UとDCD-1650AEの付属の細いケーブル(〒12-57 KDK KAWASAKI 300V 1996 125mm2 -F-と書いてあります。古いアンプと現行のSACD/CDPで、同じものがついていました。)
B ProCableのシールド電源ケーブル(マリンコ〜Belden〜K+B)

みのもんたさんと女性アナウンサーの声を聞きながら、比較しました。注意する点は、みのもんたさんの腹から出す声の具合、女性アナウンサーの鼻に抜ける声の籠もり具合、コメントの聞き取りやすさなどです。地デジAACモノラル2Ch(たぶん)、液晶テレビからAVC-3808へ光デジタル入力です。

以下、わかりやすさを優先して、結果をやや誇張して書きます。
あれこれ実験方法を吟味するまでもなく、一度違いに気が付くと、“間違い探しパズル”のように、もう、違いが分からなかった頃には戻れなくなるような、違いの分かる状態になるから不思議です。

@ バランス良好。テレビの音声で聞くより、明らかに聞き取り易く、常時使用したくなる。
A 2人の声とバックの効果音のコントラストが曖昧になる。聞き取りやすさは変わらないが、効果音がややうるさく出しゃばってくる。平面的になる。
B @に近いが、明らかな違いが一つ。スタジオの床などに反響したコメンテーターの声が、エコーのように聞こえるようになる。結果、ただのニュース番組であるが、スタジオに見学にいっているような臨場感が漂う。気を付けて聞くと細かな環境音も聞こえてくる。
@ もう一度、@に差し替えてBとの違いを確認すると、環境音はどちらでも聞こえるが、臨場感に差(B>@>>A)がある。

ちなみに、子供の感想は、「テレビの音よりはずっと良い。でも、どれも同じに聞こえる。」でした…。
ここでめげずに、AとBの違いを解説しながらしつこく聞かせると、「分かる分かる。」と違いに気づいて面白がっていました。ホントかいな?
忘れた頃に、子供を使って「ケーブル当てクイズ」を慣行したいと思います。

>私からは二羽の兎さんに申し上げることは、以上です。

小生の場合、オーディオの趣味に目覚めたのがつい半年ほど前という新参者ですので、話題のグッズをあれこれ試して、その効果に一喜一憂している幸せ者の状態です。これからも、好奇心の赴くままに、あれこれ試してみるつもりです。
効果があってもなくても楽しいサカリですので、行き過ぎた発言もあるかと思いますが、今後とも、“ツッコミ”をお願いします。

ばうさんに参加して頂いたおかげで、“電源系の大切さ”を改めて認識することが出来ました。色々お付き合いくださいまして、有り難うございました。

書込番号:8159457

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:7411件Goodアンサー獲得:865件

2008/08/02 19:40(1年以上前)

ばうさん

ということは、「アンプ動作時に100Vを下回る電圧降下がなく、かつ特殊な電源回路を搭載したアンプでないという条件では、電源ケーブルは音質にはほとんど影響しない。その理由は、この条件の下では、電源ケーブルには、音楽信号に連動した電流変化は起きていないから。」というのが、ばうさんの見解であると考えて良いですね?

書込番号:8159662

ナイスクチコミ!1


ばうさん
クチコミ投稿数:5084件Goodアンサー獲得:242件 縁側-ばう(bauhoo)のメモの掲示板

2008/08/03 12:00(1年以上前)

> ということは、「アンプ動作時に100Vを下回る電圧降下がなく、かつ特殊な電源回路を搭載したアンプでないという条件では、電源ケーブルは音質にはほとんど影響しない。その理由は、この条件の下では、電源ケーブルには、音楽信号に連動した電流変化は起きていないから。」というのが、ばうさんの見解であると考えて良いですね?

いいえ。

前半の、

> アンプ動作時に100Vを下回る電圧降下がなく、かつ特殊な電源回路を搭載したアンプでないという条件では、電源ケーブルは音質にはほとんど影響しない。

はそれで良いです。
後半の

> その理由は、この条件の下では、電源ケーブルには、音楽信号に連動した電流変化は起きていないから。

は違います。(前半と後半を「その理由は」で結びつけるような論旨を立ててはいないという意味です。)

私が主張することは、私が書いた [8154333] と [8144667] のとおりですが、言葉を大幅に足して書くと、つぎのとおりです。



アンプ動作時に100Vを下回る電圧降下がなく、かつ特殊な電源回路を搭載したアンプでないという条件では、電源ケーブルは音質にはほとんど影響しない。
その理由は、電源ケーブルが音質に影響することに関する客観的な検証結果をいまだかつて聞いたことがないからである。なお、検証結果とはだれもが納得できるような厳密さを持ったブラインドテストなどである。

(ここまでが本筋であり、以下は、それの補足にすぎません。)

電源ケーブルが音質に影響するという理論はいろいろと聞くが、それらの理論には客観的な検証結果がない。「電源ケーブルには、音楽信号に連動した電流変化は起きるから、電源ケーブルが音質に影響する」という理論もそのひとつである。この理論を聞いた私は「そもそもその理論の前提となるような、音楽信号に連動した電流変化はほとんど起きていないのではないか?」とその理論の提唱者に反論する。(もっとも本来は、私はそのような具体例を出して反論をしなくても、ぶっきらぼうに「じゃあ理論の提唱者であるあなたが、その理論を検証して証明しなさい」と言い放てば済むだけです。)

これに対し、その理論の提唱者が、もしも音楽信号に連動した電流変化を客観的に検証することに成功すれば、私のその反論は正しくなかったことは認める。しかし、だとしても、その理論の提唱者は、「音楽信号に連動した電流変化」によって「電源ケーブルが音質に影響する」ということに因果関係があるかどうかを、まだ証明すべきこととして残している。

書込番号:8162474

ナイスクチコミ!0


bztakaさん
クチコミ投稿数:43件

2008/08/03 16:46(1年以上前)

中級AVアンプの使いこなしで、的を射た(得た)良いスレだったが、
超電源マニアの登場であらぬ方向へシフトだね。

電源ケーブルで音は変わるが、
幸か不幸か、AZ1は電源ケーブルの交換には、いたって鈍感なアンプ。
普及品クラスのCDPでも違いがわかるが、DVDレコーダしか使ってないだろうし・・

無理もないか・・

書込番号:8163364

ナイスクチコミ!2


クチコミ投稿数:2718件Goodアンサー獲得:13件

2008/08/03 17:25(1年以上前)

二羽の兎さん こんにちは!

貴方のスタートのスレで
>2Chステレオの音質を向上させる視点から全体を見直すことで、・・・

とありますね、その時に使ったソースは何を使いましたか?
私が2chステレオの音質向上の為使ったのは主にCDでSACDも使って実験を繰り返しました。
何故CD?それは今あるソースの中で一番音質の変化が判ると思ったからです。

今私達が手に入れられる、聴けるソースはこの他色々ありますが、正直言って圧縮音声等これらの物を元に各種アクセサリー等交換実験しても、中々わかりづらい面があるのも否定できないと思います。
想像の話で申し訳ありませんが、殆どの方のケーブル等による音質変化を認めている方はCD又はSACDが基本であると考えています。

図らずも bztakaさん が
>普及品クラスのCDPでも違いがわかるが、DVDレコーダしか使ってないだろうし・・
無理もないか・・

定かではありませんし、又そう決め付ける訳にも中々いきませんが現実はどうなんだろう?
と思わず頭の中で一瞬、よぎってしまいました。



書込番号:8163523

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:187件

2008/08/03 19:54(1年以上前)

satoakichanさん、こんばんは。

>その時に使ったソースは何を使いましたか?

みのもんたさんの登場で、混乱させてしまったかも知れません。
4つ目のスレ[8121879]で、簡単に紹介していますが、
>AVC-3808の環境
 >SPスタンド(フロントのみ):OMNI MOUNT COSMIC 24
 >SPケーブル:SUPRA CLASSIC(錫メッキ)
 >ユニバーサル・プレイヤー:SONY PS3 60G(SACDマルチチャンネル再生、HDMI)
 >CDP:DENON DCD-1650AE(CD再生、同軸デジタル)
の中から、特にDCD-1650AEを使って、CD再生を同軸デジタル入力で、色々試しています。

もう少し詳しく書きますと、現在、メインシステム(下記)とAVC-3808をつかったマルチチャンネルシステムは共存状態で、スピーカーが隣り合わせで置かれている環境です。(新築では、部屋も分けて別システムにする予定です。)
メインシステムでCD/SACDをじっくり聴いて、AVアンプでその音を目指すようなイメージで、あれこれ試しています。もちろん、メインシステムでも、電源ケーブルの交換実験は行っています。

参考)メインシステム
 SACD/CDP:DENON DCD-1650AE(SACD/CD再生、アナログRCA接続)
 プリメインアンプ:Triode TRV-88ST
 スピーカー:DIATONE DS-9Z(純正スタンド)
 SPケーブル:WE 16GA (4m×2本)

書込番号:8164082

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:2718件Goodアンサー獲得:13件

2008/08/03 20:30(1年以上前)

二羽の兎さん こんばんは!

早速の返信ありがとうございます! 誤解を与えたような書き方ですいませんでした、ごめんなさい!  [8121879] 承知しておりますよ!
私も、そして恐らく bztakaさん もそしてケーブル等アクセサリー交換の音質効果について理解されている方々も気が付いているのではないかと思いレスさせていただきました。

電源部ウンヌンその他etcより、その根本の音質について何を使って突き詰めたか?
二羽の兎さん はじめMinerva2000さん 又このスレ板には登場してませんが 元・副会長さん(勝手に引用しました、元・副会長さん ごめんなさい) の方々はそうだと思います。

先日来 ばうさんは何を聴いていらっしゃるのか非常に興味がありました。
もっと単刀直入に ばうさんに質問すればよかったですね、二羽の兎さん にお手数をかけてしまいました、すいませんでした。

そこでお手数ですが ばうさんは何をメインに聴いているのか?教えていただけますか?

書込番号:8164220

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:187件

2008/08/03 20:54(1年以上前)

bztakaさん、はじめまして、こんばんは。

>中級AVアンプの使いこなしで、的を射た(得た)良いスレだったが、
>超電源マニアの登場であらぬ方向へシフトだね。

ご参加頂きまして、有り難うございます。
中級AVアンプのような、ある意味中途半端にオールマイティーな機材の使いこなしこそ、各方面のエキスパートな方々の知識と経験が必要だと言うことを、あらためて教えて頂いております。
あらぬ方向というより、願ってもいない方向?という流れになっております。

書込番号:8164318

ナイスクチコミ!0


ばうさん
クチコミ投稿数:5084件Goodアンサー獲得:242件 縁側-ばう(bauhoo)のメモの掲示板

2008/08/03 21:50(1年以上前)

> そこでお手数ですが ばうさんは何をメインに聴いているのか?教えていただけますか?

話の流れがちょっと私にはつかめなくて、ご質問中の「何」とは何のことか良く分からないのですが、[8163523] では二羽の兎さんに

> 二羽の兎さん こんにちは!

> 貴方のスタートのスレで
> >2Chステレオの音質を向上させる視点から全体を見直すことで、・・・

> とありますね、その時に使ったソースは何を使いましたか?
> 私が2chステレオの音質向上の為使ったのは主にCDでSACDも使って実験を繰り返しました。
> 何故CD?それは今あるソースの中で一番音質の変化が判ると思ったからです。

とご質問されていることから、同じようなことを私に問われているのだと推測しました。

DVDビデオのリニアPCMが7割、地上/BSデジタル放送のAACが3割位です。どちらもシャープ BD-HD100 (や同程度の他機種)の光デジタル端子出力で聴くことが多いです。

DVD ビデオの DOLBY DIGITAL は聴けたものではないと思っている一方で、デジタル放送の AAC はBモードステレオなら音質にはほとんど不満はありません。(放送規格にリニアPCMを備えなかったことは大いに不満ですが。)
AAC の 5.1ch や、Bモードじゃないステレオの音質にはやや不満ですが、まあ DOLBY DIGITAL よりはずっとマシだし、地上アナログ放送をTVバンド対応のFMチューナーを使って聴いていたことに比べればぜんぜんマシだし、まあいいかなとあきらめ半分ながら思っています。

CD はここ最近は聴かなくなりました。BD はまだ始めていません。SACD はたぶんもう聴くことはないでしょう。

書込番号:8164601

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:7411件Goodアンサー獲得:865件

2008/08/04 00:56(1年以上前)

不思議な論理展開をされる方が居ますね。

例えば、私がこう言ったとしたら、皆さんどう思いますか?
「電源ケーブルによって音質は確かに変化する。理由は、音質が変化しなかったという客観的検証を私は聞いたことがないからである。私の発言が不満なら、音質は電源ケーブルで変化しないことを厳密なブラインドテストで証明するように。」

これと同じことを、逆の立場で主張し始めていますね。

[8144667] での書き込みは、ここまでひどくはなかったのですが。
引用しますと、
>信号の伝達順に書きますと、アナログレコードの針やカートリッジ、レコードプレーヤーとアンプをつなぐRCAケーブル、や、スピーカーケーブル等は、無限の細かさ(情報量)を持つアナログ信号という情報を扱っていますので、そういう影響は大小はあるにしてもいくぶんかは存在すると思います。
しかし、電源ケーブルに流れる電気は情報ではありません。パワーのみです。
私としては、情報を扱わない(あるいは有限の情報しか扱わない)箇所の優先度を、それほど上げてオーディオシステムを構築する必然性が見出せません。まったくゼロというわけではありませんが、ほかにもっと手をかけたほうが良い箇所はたくさんあると思うのです。

ここでは、電源ケーブルで音がほとんど変わらない理由を、アナログ信号が通っていないから、と一応は説明しています。説明しているだけ、まだましでした。
もちろん、この方は、
1.電源ケーブルにアナログ信号が通っていない。
2.アナログ信号が通っていなければ、音質に影響しない。
の2点については、自分には大甘で、なんの実験もブラインドテストもせず、完全な真理として、無条件に提示しています。

ところが今回、電源ケーブルで音が変化しない理由を「その理由は、電源ケーブルが音質に影響することに関する客観的な検証結果をいまだかつて聞いたことがないからである。」とした時点で論理破綻もこれに極まれりです。
「地球は丸いということについて、誰からもその検証結果を聞いていない。だから地面は平らで絶対に間違いない!」と言っているのと、論理としては同じです。

自分には、何の検証もブラインドテストも無しで、好き放題を言う権利があるが、他人が何かを主張するなら、厳密なブラインドテストをやってからにする義務があるし、また自分には他人が行ったブラインドテストがいい加減であると、突っ込みを入れる権利があると、本気で考えていますね。

書込番号:8165552

ナイスクチコミ!0


ばうさん
クチコミ投稿数:5084件Goodアンサー獲得:242件 縁側-ばう(bauhoo)のメモの掲示板

2008/08/04 03:54(1年以上前)

> 例えば、私がこう言ったとしたら、皆さんどう思いますか?
> 「電源ケーブルによって音質は確かに変化する。理由は、音質が変化しなかったという客観的検証を私は聞いたことがないからである。私の発言が不満なら、音質は電源ケーブルで変化しないことを厳密なブラインドテストで証明するように。」

もし本当にそれだけだとしたら「Minerva2000さんの主張と、ばうさんの主張は、まったく対称であり、勝敗がつかない。」と思われるかたもいらっしゃるでしょう。

しかしおそらくは「でもMinerva2000さんがそう強気におっしゃるからには、Minerva2000さんはなにかほかに理由(根拠)をお持ちなのだろう。それはどんな理由(根拠)なのだろう?」とも思われるでしょう。



> 「地球は丸いということについて、誰からもその検証結果を聞いていない。だから地面は平らで絶対に間違いない!」と言っているのと、論理としては同じです。

例を書かれるのは構いませんが、ケーキを2等分したのならば、ナイフで切った人が自分で選ばないでください。切らなかった人に選ばせてください。私は「地球は丸い」というすでに判明している事実の方を選びたいです。

したがって、私は、
「地面は平らということについて、誰からもその検証結果を聞いていない。だから地球は丸いで絶対に間違いない!」
と主張するほうを選びます。

書込番号:8165837

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:7411件Goodアンサー獲得:865件

2008/08/04 07:22(1年以上前)

不思議な論理展開と私が言っている意味を理解していませんね。

>したがって、私は、
「地面は平らということについて、誰からもその検証結果を聞いていない。だから地球は丸いで絶対に間違いない!」
と主張するほうを選びます。

この論理がおかしいと言っているのです。「ある命題に対して、その検証を聞いたことがない。したがってその反対命題が絶対真理である。」とする論理がおかしいと言っているのです。検証については、本人が知らないだけで、すでに誰かが行っているかもしれません。また仮に検証されていないとしても、それはまだ検証されていないだけかもしれません。
その時点で、反対命題が真理であると断言するのが、おかしいと言っているのです。

書込番号:8166015

ナイスクチコミ!0


ばうさん
クチコミ投稿数:5084件Goodアンサー獲得:242件 縁側-ばう(bauhoo)のメモの掲示板

2008/08/04 13:23(1年以上前)

> >したがって、私は、
> 「地面は平らということについて、誰からもその検証結果を聞いていない。だから地球は丸いで絶対に間違いない!」
> と主張するほうを選びます。

> この論理がおかしいと言っているのです。「ある命題に対して、その検証を聞いたことがない。したがってその反対命題が絶対真理である。」とする論理がおかしいと言っているのです。検証については、本人が知らないだけで、すでに誰かが行っているかもしれません。また仮に検証されていないとしても、それはまだ検証されていないだけかもしれません。
その時点で、反対命題が真理であると断言するのが、おかしいと言っているのです。



Minerva2000さんは、いつのまにか命題の話にすりかえられていますが、別に私は命題を述べたわけではないです。理由として書いた「検証結果を聞いていない」は、十分条件として書いたわけではありません。
[8159662]で見解について問われたので、[8162474]で見解を述べただけです。すなわち、自身の主張を述べ、それを補佐する理由をいくつか付け足しただけです。

もしもですが「いや命題を出せというつもりで言ったのだ」とおっしゃるのでしたら、Minerva2000さんは、論理がおかしくない命題を出すことができるのですか?私は「かならず出してください。出せなければあなたの負けです。」とは言いません。しかし、もしもMinerva2000さんが出せないのならば、ただの見解を出した私だけを、命題ではないといって非難するのは不公平です。

以下に、過去にMinerva2000さんが書かれたものの中からいくつかを引用します。これらは命題として述べられたのですか?


[8145496]
> アンプの増幅回路に供給している直流電源の電流は、入力信号に比例して増幅出力電流そのものに変化しています。コンデンサ等で平滑化されるとは言え、電源ケーブルにもその変化電流(情報)が流れます。電源系からの瞬時電流供給能力が、音質に大きな影響を与えるのです。



[8148316]
> 直流安定化電源は、電流を出力すると、まさに安定化させるため躊躇なく外部(ここでは電源ケーブル)から電流を奪います。安定化電源は外部電源がなくとも、必要なだけの電流が勝手に出てくる玉手箱でもなければ、エネルギー保存則を無視した永久機関でもなく、足らなくなった電流を自動製造する自家発電装置でもありません。


[8151852]
> またラックスマンのパワーアンプは高級機種ほど、太い電源ケーブルが付属していますが、設計責任者によれば、これは見栄えがするとかの営業政策から選んでいるのではなく、それぞれのパワーアンプが、最高のパフォーマンスが発揮できるよう検討した結果、選択したそうです。つまり電源がしっかりした高級機種ほど、太くて高価な電源ケーブルが必要になるということです。
> 逆にラジカセに何十万もする電源ケーブルを繋いでも、音はちっともよくなりません。

書込番号:8166942

ナイスクチコミ!0


ばうさん
クチコミ投稿数:5084件Goodアンサー獲得:242件 縁側-ばう(bauhoo)のメモの掲示板

2008/08/04 14:55(1年以上前)

さきほど、私はちょっと勘違いして、「地面は平らということについて、誰からもその検証結果を聞いていない。だから地球は丸いで絶対に間違いない!」の文章全体が命題かと思って書いたのですが、読み返してみたところ、おそらくMinerva2000さんは「地面は平らである」を命題として話されていたのだと思います。

したがって私が「命題」と書いた箇所は、「命題が真であるという説明」と読み替えてください。

書込番号:8167216

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:187件

2008/08/04 19:02(1年以上前)

Minerva2000さん、こんばんは。

やっていますね。

ばうさん、曰く、

>アンプ動作時に100Vを下回る電圧降下がなく、かつ特殊な電源回路を搭載したアンプでないという条件では、電源ケーブルは音質にはほとんど影響しない。
>その理由は、電源ケーブルが音質に影響することに関する客観的な検証結果をいまだかつて聞いたことがないからである。なお、検証結果とはだれもが納得できるような厳密さを持ったブラインドテストなどである。

対して、Minerva2000さんが、

>「ある命題に対して、その検証を聞いたことがない。したがってその反対命題が絶対真理である。」とする論理がおかしいと言っているのです。

と“ツッコミ”を入れていますね。

ある命題=アンプの電源ケーブルの品質は音質に影響する
その検証=客観的な検証結果=厳密なブラインドテストの結果
反対命題=アンプの電源ケーブルの品質は音質には[ほとんど]影響しない

ばうさんのコメントは、「私は、アンプの電源ケーブルの品質は音質には影響しないと思っている。その理由は、私の知る限り、『アンプの電源ケーブルの品質が音質に影響する』という客観的な検証結果を耳にしたことがないからである。」というものだと思います。

Minerva2000さんが、この“感想文”の論理矛盾を突いても、「ただの感想文だからつっこまれても困る(=別に私は命題を述べたわけではないです)。」とかわされてしまう構図になっているように、見受けられました。

ばうさんは、既に、「電源ケーブルは音質にはほとんど影響しない」≒「少しは影響する」、と書かれていますから、「私は、少しの違いを気にしない。」と宣言しているに過ぎない、とも読めると思います。

書込番号:8167904

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:7411件Goodアンサー獲得:865件

2008/08/04 21:51(1年以上前)

>したがって私が「命題」と書いた箇所は、「命題が真であるという説明」と読み替えてください。

読み替えてもますます、日本語として何が言いたいのか意味不明です。
基本的な日本語が理解できていない方と議論しても、すれ違うだけで前に進まないことが、またもやはっきりしましたので、従来どおりのスタンス(無視)を取るしかないですね。いつもどおりまったくの時間の無駄で、もう暇人のお相手は止めます。

二羽の兎さん フォローありがとうございます。
「より良い音を聞くために」というこの立てて下さったスレの趣旨に戻って、議論していきたいと思います。


(長文、失礼します。)
より良い音を聞くために、お金をたくさんかけるのは、予算さえあれば比較的簡単ですが、この不景気な時代そうもいきません。そこで、お金をあまりかけずに、音を良くするヒントについて述べます。そのヒントは「末端効果」です。例の方が食いついてくるのが見え見えのテーマですが、スルーでいきましょう。

この効果について聞かれたことがありますか?
この効果は、電源ケーブルの効果に疑問を呈する方に対して答えるための効果です。
その疑問の代表的なものは、「発電所から家まで、PCOCC-Aのような高純度銅が使われていなくて、アルミなどが使われたりしているのに、最後の1mだけそれにして、効果があるというのはおかしい。」「家のなかだけに限定しても、屋内配線ケーブルとして、m数十円のVVF1.6が10mも使われているのに、最後の1mだけ十万円のケーブルを使って音が良くなるのはおかしい。」というものがあります。

これに対する回答が「末端効果」というご隠居の印籠です。このありがたい効果が目に入らぬかと言うわけです。 機器に繋がったもっとも近いケーブル部分が大きな影響を与えるというものです。
これには、いささか私も疑問が無いわけではないのですが、ごく最近この効果を確認する機会に恵まれました。

電源ケーブルを引き抜いてもアンプの音は持続するか、の実験を行うにあたり、もし電源ケーブルのプラグと自作電源タップのコンセントの間にアークが飛び、ダメージが加えられるのは避けたいので、1.25スケのビニル絶縁ケーブルを使った安物テーブルタップと2P/3P変換アダプタを壁コンセントと自作電源タップの間に挿入して実験しました。CDプレーヤ(別の壁コンセントから給電)のアナログ出力をAVアンプ(DSP-AX4600)のアナログマルチチャンネルに入力しました。こうするとDSPの音場効果は働きません。この状態で、2P/3P変換アダプタをテーブルタップから引き抜くと、予想どおり、たちどころに音は出なくなりました。もちろんアークも飛ばず、変な音もしませんでした。リレーが効いているように思います。
(ここで誰かさんのツッコミが想定されますが、無視します)

そこで、その安物タップ(数百円のもの。2mケーブル付き)を挿入した状態の音ですが、これが意外に音が良く、電源ケアなしの状態を0、フルケアの状態を100とすると、90くらいのレベルでした。10くらいしか悪化していません。上質な電源ケーブルがまず機器に直接つながり、さらに上質な電源ケーブルを使用した自作電源タップに繋がっていますので、さらに遠方にある安物タップの影響が軽減されているようでした。まさに「末端効果」を実感した瞬間でした。

ここから本論です。
1.オヤイデの高級屋内配線ケーブルは、m数千円もするため、これで配線するとなると、電気工事屋さんに、こちらで調達して、必要な長さを渡すことになりますが、余裕を見た長さを要求されて、後で何mも余ると悲惨です。このケーブルは単線のため、電気用品取締法の関係で、自作電源ケーブルには転用できません。この時、例えば壁コンセントから1〜2mのみ、そのケーブルにし、あとはエコケーブルで配線すると、末端効果で、すべて高級屋内配線ケーブルで配線したのに近い状態が達成されます(るはずです)。2種類のケーブルはリングスリーブで圧着します。(ただし私は、確認していませんが。)

2.スピーカケーブルの場合、スピーカに近い部分だけ高級スピーカケーブルを使います。こうすることで、すべて高級スピーカケーブルを使ったのに近い状態が達成されます。(ただしこれも私は、効果を確認していませんが。)

3.「末端効果」とは違いますが、バイワイヤリング接続をする時、アンプから4本のケーブルを引く必要がありますが、これを2本で済ませ、20cmくらいの4本のケーブルと、この2本をリングスリーブで圧着します。これを用いて、バイワイヤリング接続をするとケーブル代がほぼ半分に節約できます。リングスリーブで圧着しなくとも、この用途のための接続金具も売られているようです。(すみません。私はバイワイヤリング対応のスピーカを使っていないため、効果を確認できていません。)

上記は全て私が初めて言い出したものではなく、実は出典があります。ほとんど忘れましたが。
薦めておいて無責任、と言われそうで辛いところですが、すべて自己責任でお願いします。

書込番号:8168669

ナイスクチコミ!1


ばうさん
クチコミ投稿数:5084件Goodアンサー獲得:242件 縁側-ばう(bauhoo)のメモの掲示板

2008/08/04 23:22(1年以上前)

> 読み替えてもますます、日本語として何が言いたいのか意味不明です。
> 基本的な日本語が理解できていない方と議論しても、すれ違うだけで前に進まないことが、またもやはっきりしましたので、従来どおりのスタンス(無視)を取るしかないですね。いつもどおりまったくの時間の無駄で、もう暇人のお相手は止めます。


あなたが意味不明という理由で議論を打ち切るのだと主張するのならば、その理由を示すべきでしょう(どの箇所のどの文が意味不明なのかを指摘するなど)。
もし示さないのならば、あなたが議論を打ち切ったのはあなたの勝手な都合であるとみなされてもしかたないでしょう。




> 以下に、過去にMinerva2000さんが書かれたものの中からいくつかを引用します。これらは命題として述べられたのですか?


この質問に対する回答がおそらく今後もなさそうなので、私が勝手に論理展開が正しいのかを調べます。


[8145496]
> アンプの増幅回路に供給している直流電源の電流は、入力信号に比例して増幅出力電流そのものに変化しています。コンデンサ等で平滑化されるとは言え、電源ケーブルにもその変化電流(情報)が流れます。電源系からの瞬時電流供給能力が、音質に大きな影響を与えるのです。

「電源ケーブルにもその変化電流(情報)が流れます」と「電源系からの瞬時電流供給能力が、音質に大きな影響を与えるのです」の間に飛躍があります。変化電流と瞬時電流供給能力と音質を結び付ける論法が不足しています。


[8148316]
> 直流安定化電源は、電流を出力すると、まさに安定化させるため躊躇なく外部(ここでは電源ケーブル)から電流を奪います。安定化電源は外部電源がなくとも、必要なだけの電流が勝手に出てくる玉手箱でもなければ、エネルギー保存則を無視した永久機関でもなく、足らなくなった電流を自動製造する自家発電装置でもありません。

「安定化電源は躊躇なく外部から電流を奪う」ことの理由が、「安定化電源は永久機関でも自家発電装置でもない」だけでは、電流を奪う十分な説明にはなりません。たんに2つのもの(永久機関と自家発電装置)ではないと言っているだけであり、3番目のものが存在する可能性を否定していません。


[8151852]
> またラックスマンのパワーアンプは高級機種ほど、太い電源ケーブルが付属していますが、設計責任者によれば、これは見栄えがするとかの営業政策から選んでいるのではなく、それぞれのパワーアンプが、最高のパフォーマンスが発揮できるよう検討した結果、選択したそうです。つまり電源がしっかりした高級機種ほど、太くて高価な電源ケーブルが必要になるということです。
> 逆にラジカセに何十万もする電源ケーブルを繋いでも、音はちっともよくなりません。

それは、その一人の設計責任者の発言だけを拠り所にしています。「電源がしっかりした高級機種ほど、太くて高価な電源ケーブルが必要になる」という一般的な命題の証明にはなりません。もしこれで証明になるとしたら、だれでも「俺が言うから間違いない」と言えることになってしまいます。

書込番号:8169244

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:7411件Goodアンサー獲得:865件

2008/08/05 05:37(1年以上前)

二羽の兎さん おはようございます。

「末端効果」なるものが生ずる理由としては、下記のものが代表的です。
・機器が、電流を要求して、電源から電流が流れ込む時、利用する自由電子は、はるかかなたの高圧送電線内のものでなく、機器に直結された電源ケーブル内の自由電子である。
・高級な電源ケーブルは、移動しやすい良質の自由電子を多量に含んでいるため、機器が電流を要求した時、一挙に電流供給ができる。

上記は理由というより、状況に関する説明または仮説といったほうが適切かもしれません。
この説明が正しいとすると、良質の電源ケーブルは短いほど有利ということにはなりません。短く切って使うのは、良くないということになります。
同軸ケーブルや光ケーブルは、短いほど良いと一般に言われていますが、電源ケーブルはあてはまらないことになります。

書込番号:8170074

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:7411件Goodアンサー獲得:865件

2008/08/05 05:54(1年以上前)

上記の「末端効果」の説明ですが、パワーアンプの場合は、まだ理解できますが、プリアンプやCDプレーヤの場合は、困難です。電源ケーブルを交換することで、実際に、プリアンプやCDプレーヤの音質向上を経験されている方は多いです。CDプレーヤの場合が、一番電源ケーブルの違いが良く分かると言われている方もいます。
この理由としては、高級電源ケーブルはシールド性能が良いためだという人もいますが、この点だけで音質の明瞭な違いが説明できるのか、謎です。

書込番号:8170087

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:7411件Goodアンサー獲得:865件

2008/08/05 06:32(1年以上前)

お金をあまりかけずに、音を良くするヒントについての第二段です。

振動抑制が音質向上に寄与するということは、良く言われています。AVアンプやCDプレーヤをしっかりしたオーディオラックやオーディオボードにセットすると、明らかに音質が向上します。
オーディオ技術者も機器設計の際には、この振動抑制に極めて時間をかけているケースがあります。ヤマハの技術者によると、CDプレーヤCD-S2000内のフラットケーブルにはダンパが貼ってあるそうです。またシャシ中央のフレームの右よりにダンプ材を貼ってありますが、この位置と大きさの調整には大変な時間をかけたそうです。左右両方に貼ると響きが死んでつまらない音になったそうで、振動抑制はやればやるほど良くなるものではないところが、むつかしいところです。

アコースティック・リヴァイブのクォーツレゾネータは重さ0.6gの水晶製制振グッズですが、これをアヴァンギャルドのスフェリカルホーンに1個貼り付けて、音質の劇的改善を果たしている方もいます。制振は微妙な部分があり、設置の調整に時間がかかりますが、奥が深くいろいろトライしてみる価値はあると思います。

書込番号:8170127

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:187件

2008/08/05 19:21(1年以上前)

Minerva2000さん、こんばんは。

「末端効果」は、聞いたことがあり、期待の効果の一つです。
ProCableのタップと電源ケーブルを購入する際、
@必要に応じて、あとで2分割して自作で電源ケーブルの数を増やせる
A末端効果が本当であれば、長い方が効果がわかりやすいはず
という2つの点を念頭に、それぞれ2mずつ、長めに購入した経緯があります。
実際に、「末端効果そのもの」を自分の耳で確認はしていませんが、あり得ない話ではないと考えています。
自由電子云々は正直よく分かりませんが、電子の流れだけではなく、磁界や発熱、ノイズなどの影響が微妙に絡み合った明快な理論により説明がなされる日を待っているところです。

振動制御については、まだ、その世界に足を踏み入れてはいません。
ただ、機材の振動もエネルギーの一種で、そのエネルギーの供給が電源からであることに代わりはありませんから、チューニングの対象になることに、何の違和感も持ってはいません。
現状は、仮設置のような状態ですので、まずは、定評のあるラックを導入して、各機材をしっかり設置するところから始めたいと考えています。

書込番号:8172062

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:7411件Goodアンサー獲得:865件

2008/08/06 03:25(1年以上前)

二羽の兎さん、こんばんは。

定評のあるラックと言えば、まずクアドラスパイアが挙げられますね。私はこれに比較すると安価ですが、タオックのMS-5を使っています。 非常にしっかりした良いラックだと思います。すでにメーカーでは生産完了になっていますが。 

書込番号:8174231

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:187件

2008/08/07 05:51(1年以上前)

Minerva2000さん、おはようございます。

ラックは難しいですね。テレビ周辺だと、スッキリ並べるにはワイドな3−4段が欲しくなる(現状はハヤミというメーカのAVラックを使用中で、とくに音質を追求したものではありません)し、音質を追求すると、ナロウな5段くらいが良さそうだし。

クアドラスパイアはちょっと手が出ませんが、TAOCは金属系の筆頭として検討してみます。ただ、メインシステムが先になりそうですが…。
TAOCは、生産終了モデルばかりなのが気になります。在庫処分をねらうなら、急がなければなりません。

書込番号:8178213

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:7411件Goodアンサー獲得:865件

2008/08/07 07:24(1年以上前)

二羽の兎さん、おはようございます。

TAOCのラックは、すべて生産完了になっていますね。特に市場でクレームが発生したとも聞いていませんし。
原材料コストの上昇で、採算が合わなくなったのでしょうかね。

書込番号:8178337

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:7411件Goodアンサー獲得:865件

2008/08/07 07:39(1年以上前)

オールージュの電源タップ、ER-PBZはいつのまにか、30万円値上がりして250万円になっていますね。 金属の塊なので、これも原材料費高騰のあおりでしょうか?

書込番号:8178357

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:187件

2008/08/08 05:58(1年以上前)

Minerva2000さん、おはようございます。

>原材料コストの上昇で、採算が合わなくなったのでしょうかね。

原材料費高騰のあおりといえば、今回、家を建てるに当たって、毎月のように価格が上昇しており、大変なことになっています。ローンの金利も5〜7月で0.1〜0.2%上がりました。メーカーごとに価格上昇の設定はそれぞれですが、1割上昇で数百万の世界ですので、このままではどんどん家が小さくなってしまいます(悲)。
小生の場合は、7月契約で何とか滑り込み、というところです。

話を戻しますと、今回、とあるホームメーカにお願いしていますが、電気の配線も全て系列の電気工事屋に発注することになっているようで、あまり我が侭できないかもしれません。
標準で松下の「コスモパネルコンパクト」という分電盤を使用し、家中のコンセント毎にブレーカーを独立させて付ける(ブレーカーが28基など)様です。ブレーカーのサイズが通常の半分で専用のもの、汎用品を色々試すことはできません。
音の傾向は未知ですが、分電盤の機能としては最新式のものだと言うことです。
オーディオ用に分電盤を一つ独立させることは可能とのことなので、それだけは依頼しました。Fケーブルと接地についても検討中で、明日、諸々詳細が判明します。引き込み線は75A対応で、50A契約になります。
結果が分かり次第、報告します。

書込番号:8182173

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:7411件Goodアンサー獲得:865件

2008/08/08 07:02(1年以上前)

二羽の兎さん、おはようございます。

28基のブレーカはすごいですね。独立ブレーカからの独立配線だと音的には良いでしょうね。別のオーディオ用の分電盤は不要かもしれませんね。でもオーディオの設置してある場所の近くに設置できたり、ブレーカの交換ができるというメリットはありそうですね。

また28基もあれば、バスバーが長かったり、延長されたりしている可能性がありますので、オーディオ用のブレーカは、根元のものを使うと良いでしょう。2配線引き込む場合は同相のブレーカから取ってください。

音が良いとされている住電&日立の2mmのエコケーブルは、普通の電気工事屋さんでも扱っているものですので、言えば対応してもらえるのではと思います。

書込番号:8182249

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:187件

2008/08/08 07:11(1年以上前)

リンク貼りわすれました。

コスモパネルコンパクト21
http://biz.national.jp/Ebox/compact21/conts/2_1_c.html

書込番号:8182266

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:7411件Goodアンサー獲得:865件

2008/08/08 07:54(1年以上前)

この分電盤は電材店で見たことがありますね。

大変スマートで綺麗ですね。

ブレーカの短絡遮断容量2.5kAが解せませんね。 2.5kVAの間違いでしょうか? 

このコンパクトでスマートな、ブレーカの音質への影響がどうかですね。

書込番号:8182329

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:187件

2008/08/10 04:09(1年以上前)

Minerva2000さん、おはようございます。

電気の配線ですが、やはり、膨大な打合せの中で個別に対応するには限界があるようで、こちらの知識不足もあって、思うようなこだわりは、今回はお預けになりました。

メインの分電盤が、太陽光発電とエコキュート専用回路付の32回路(コスモパネルコンパクト21)というものになりました。

一応、オーディオ用に分電盤を根元から分離して1つ確保(同じくコスモパネルコンパクト21)し、4回路を専用に使えるようにはしました。リビングに2回路、寝室と和室に1回路づつ、3ピン2口コンセントを設置できそうです。コンセントは、今回は松下の普通のタイプ(型番不明)になります。

Fケーブルは太さの指定のみ可能で、通常の配線がφ1.6のところを、φ2.0にはできましたが、具体的な線の型番は不明です。

アースについては、D種接地工事を1箇所でやって、そこから全アース端子に配線するという普通のやり方になりました。

時間切れ&知識不足で、以上のような結果になりました。
まずは音を聴いてみて、不足があれば、落ち着いたところであらためて拘ってみたいと思います。

ところで、どさくさに紛れて、サラウンドスピーカーをリビング天井に吊せるよう、スピーカーケーブル用の配管とスポットで天井補強を紛れ込ませることに成功しました。
音に拘って手持ちのスピーカーを改造(天吊り金具のねじ止め加工)して吊すか、見た目でエクリプスTD508 IIあたりを検討しています。

Minerva2000さんは、サラウンドSPの設置はどうされていますか。
差し支えなければスピーカーの種類やSPケーブルの配線等につきまして、ご教唆下さいませ。


↓こんなものを見つけました。

http://www.mew.co.jp/product/search/detail?c=search&item_no=WTN4101W&item_cd=WTN4101W_32877&bh_cd=3&b_cd=301&style=

http://www.mew.co.jp/product/search/detail?c=search&item_no=WTN4102W&item_cd=WTN4102W_32878&bh_cd=3&b_cd=301&style=

書込番号:8189427

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:7411件Goodアンサー獲得:865件

2008/08/10 07:51(1年以上前)

二羽の兎さん、おはようございます。

せっかくの機会ですのに、少し残念な結果になりましたね。私なら、ケーブルとコンセントはこちらから支給するからと言って、強引にやらせますが。
コンセントは松下のWN1318、ケーブルはメーカーはいろいろですが、VVF2.0-3Cになるでしょうね。
私が使っているサラウンドスピーカはKEFのHTS3001で、リアとフロントサラウンド用に計4本を壁かけ設置しています。この場合は、追加オプションなど無しで設置できます。スピーカケーブルは、AETの6N14Gで隠蔽配線を自分でやりました。と言っても、ケーブルが見えないようにするだけで、たいそうなものではないですが。

書込番号:8189656

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:7411件Goodアンサー獲得:865件

2008/08/10 08:02(1年以上前)

あと、防音工事は考えられていますか? 窓を2重にするだけで大分違います。ペアガラスの1重より効果は高いです。断熱効果も高くなります。また可能なら防音タイプのドアを使うと良いでしょう。

それとスピーカや機器を置く床の補強工事は、考えられてますか? 低音の響きに影響があります。

書込番号:8189677

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:187件

2008/08/10 11:10(1年以上前)

Minerva2000さん、早速のご返答有り難うございます。

>せっかくの機会ですのに、少し残念な結果になりましたね。

そうなんです。色々教えて頂いたのに、今回は直接反映させることができませんでした。
これも不徳の致すところです。

>私が使っているサラウンドスピーカはKEFのHTS3001で、リアとフロン>トサラウンド用に計4本を壁かけ設置しています。

なるほど、これなら設置は楽そうですね。近所のショップにあったので、早速見に行ってきます。
でも、たぶん、エクリプスにしてみる可能性が大ですが…(好奇心から)。

>あと、防音工事は考えられていますか? 窓を2重にするだけで大分違います。ペアガラスの1重より効果は高いです。断熱効果も高くなります。また可能なら防音タイプのドアを使うと良いでしょう。

ホームメーカーの話だと、自宅で日常的に楽器を演奏するプロ/セミプロの場合、オプションで防音仕様にすることはあるが、標準でも遮音性能はかなりの自信があるので、今回は必要ないでしょうとのことで、コストの関係もあって標準のままにしてしまいました。
窓は、高気密高断熱かつ防犯性能を追求した3枚ガラス(2枚あわせガラスと空気層を挟んで1枚)が標準で、これも遮音性能は現状(賃貸アパート)の1枚ガラス(単板)よりは、効果が期待できそうです。

>それとスピーカや機器を置く床の補強工事は、考えられてますか? 低音の響きに影響があります。

これも、ホームメーカの話、「標準でグランドピアノ位は余裕でおける。」との言葉を信じ、標準のままです。強度的には問題ないと思います。
音は未知です。機材を置く壁際1mをフローリング、部屋自体は、コタツで音楽/映画鑑賞がコンセプトで、床部分はタタミになります。音がどうなるのか?楽しみです。

書込番号:8190236

ナイスクチコミ!0


エイヤさん
クチコミ投稿数:354件Goodアンサー獲得:3件

2008/08/10 11:25(1年以上前)

こんにちは、
小型SP情報です。
http://joshinweb.jp/audio/5050/2097146712001.html
http://joshinweb.jp/audio/5043/4939325037070.html
現在3808はSP(B&W CM1クラス)の駆動力不足を感じるため
休眠状態ですが、マルチch.出力付きSACD機購入後は
復活したいと考えております。

書込番号:8190288

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:187件

2008/08/10 12:26(1年以上前)

エイヤさん、個性的なスピーカー情報有り難うございます。

>現在3808はSP(B&W CM1クラス)の駆動力不足を感じるた>め休眠状態です

CM1は、鳴らしきれませんか。確かにパワーアンプを入れたくなるレベルのスピーカだと思います。

ところで、SPの能率が低いとAVアンプでは鳴らしきれない、と一般的には言われているようですが、数字だけでどこまで分かるのでしょうか。CM1は、能率84dBですね。
何か見分ける方法をご存じでしょうか。

というのは、エクリプスTD508 IIの能率が、81dBなので、少し気になっているのです。小さなフルレンジなら、単純に音量を上げれば解決できるのではないか?と期待しているのですが…。

書込番号:8190497

ナイスクチコミ!0


エイヤさん
クチコミ投稿数:354件Goodアンサー獲得:3件

2008/08/10 12:53(1年以上前)

音圧レベルとの関係はわかりませんが、
2ch分の電源供給力の差からと思われる
L−505uとの比較でスケールが足りないと感じました。
KEF iQでは駆動力が大きく足りないとは感じませんでした。

書込番号:8190563

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:7411件Goodアンサー獲得:865件

2008/08/11 00:19(1年以上前)

二羽の兎さん、こんばんは。

鳴らしやすいスピーカの私の判断基準は、インピーダンス8Ω以上かつ能率90db以上です。逆に鳴らしにくいスピーカの判断基準は、インピーダンス4Ω以下または能率84db以下です。

いづれメインスピーカを交換することになりますが、インピーダンス8Ω以上かつ能率90db以上のスピーカを選ぶことになると思います。これが良いと思うものが、なかなか無いので問題なのですが。

アヴァンギャルドのスピーカは、この条件に余裕で該当しますが、欲しいと思うものは350万以上するのが問題です。

書込番号:8192879

ナイスクチコミ!1


ShowJhiさん
クチコミ投稿数:2575件Goodアンサー獲得:6件

2008/08/11 15:05(1年以上前)

二羽の兎さん こんにちは

自分が言うのは変な気もするのですが
別スレで昨日、ご投稿(ご登場)頂きまして有難うございます
一言お礼が言いたく

しかし、このスレ見ていると頭が痛くなりそうでした
途中から読み流してしまいました。すみません。

新居にて良い音を楽しんでください
馬鹿長いスレなんで、読みずらいと思いますが
スレ主さんも電源関係で実験されているので、ご参考にしてみて下さい

書込番号:8194753

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:187件

2008/08/11 19:08(1年以上前)

Minerva2000さん、こんばんは。

>いづれメインスピーカを交換することになりますが、インピーダンス8Ω以上かつ能率90db以上のスピーカを選ぶことになると思います。これが良いと思うものが、なかなか無いので問題なのですが。

管球アンプ全盛時代のスピーカーか、ハイエンドの一部になりそうですね。

ショップで、DSP-AX3800+KEF home theatre 3000SE series
にて、ブルーレイのLegend of JAZZを視聴してきました。
良いですね。
私の追い求めているゴリゴリの生音系とは少し毛色が異なるようですが、とても自然な音に、しっとり聴き入ってしまいました。

>アヴァンギャルドのスピーカは、この条件に余裕で該当しますが、欲しいと思うものは350万以上するのが問題です。

ショップには、アバンギャルドNANO(だったと思います。ホーンが、で、でかい!TEACが輸入代理店なんですね!)が置いてありましたが、近寄りがたいハイエンドコーナーだったので、音は聴いていません。いずれにしても、部屋が大きくないと無用の長物?かも知れませんが…。というか、高価すぎて無縁の世界です。

書込番号:8195472

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:187件

2008/08/12 05:58(1年以上前)

Show Jhiさん、おはようございます。

ご挨拶を頂きまして、有り難うございます。
なんだか、周りの制止を振り切ってモーレツに働くオヤジさんの姿が目に浮かぶようで、少し心配になったので、出過ぎたことをしてしまいました。

これからも、よろしくお願いします。

書込番号:8197482

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:187件

2008/08/12 06:05(1年以上前)

エイヤさん、おはようございます。

他のスレで、エイヤさんのAV風景を拝見させて頂きました。
ブルールームのミニポッド+AVC3808他
レポート楽しみにしています。

小生は、盆明けに、天井吊り用と称して、エクリプスTD508 IIを導入してみます。
AVアンプでどこまで鳴るか?楽しみです。

書込番号:8197489

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:7411件Goodアンサー獲得:865件

2008/08/12 07:18(1年以上前)

二羽の兎さん、おはようございます。

>いづれメインスピーカを交換することになりますが、インピーダンス8Ω以上かつ能率90db以上のスピーカを選ぶことになると思います。これが良いと思うものが、なかなか無いので問題なのですが。
>管球アンプ全盛時代のスピーカーか、ハイエンドの一部になりそうですね。

最近のスピーカで、それほど高価でもなく条件に合うものとしては、
JBL:4428,4338,S4600,S4800
KEF:iQ9,XQ40,Model205/2
B&W:804S,803S
等がありますが、試聴の結果、この中では4428が最有力候補です。

>ショップで、DSP-AX3800+KEF home theatre 3000SE series
にて、ブルーレイのLegend of JAZZを視聴してきました。
良いですね。
私の追い求めているゴリゴリの生音系とは少し毛色が異なるようですが、とても自然な音に、しっとり聴き入ってしまいました。

実は私が追い求めているのも、ゴリゴリの生音系で、試聴によく使うのは、ドイツグラモフォン録音のゴリゴリのオーケストラの音です。特に1960年代初頭のカラヤン/ベルリンフィルの録音はすさまじいですね。「まったり」とか「しっとり」とかは全く無縁のむき出しの音です。これらの録音から、本物のゴリゴリの音を出すのは、高度のオーディオシステムのみ可能で、ほとんどの人は、聞いたことがないと思います。
ある店で試聴した、一式250万のシステムでも出せていませんでした。ここの店員さんだけでなく、ほとんどの人はこのような音がドイツグラモフォンの音だと思っているのでしょうね。オーディオは値段だけではないです。セッティングやケーブル等の使用ノウハウが極めて重要ですね。

>小生は、盆明けに、天井吊り用と称して、エクリプスTD508 IIを導入してみます。
AVアンプでどこまで鳴るか?楽しみです。

これは楽しみですね。 ぜひレポートをお願いします。

書込番号:8197582

ナイスクチコミ!1


エイヤさん
クチコミ投稿数:354件Goodアンサー獲得:3件

2008/08/12 08:50(1年以上前)

こんにちは、菜園の草刈から戻りましたが
機械の回転ベアリングがロックし、故障しましたので
修理に出費が・・・

本題ですが、ミニポッドでも3808で鳴らした場合、あまり良くありません。
ケブラーコーンが苦手かB&W系との相性が悪いのでしょうか。

将来、マルチch.出力付きのプレーヤー購入時には、
マルチアンプも購入したいと思います。

マルチアンプでDUSSUN D-9は聴いた事がありますが、
駆動力でDENONの 2000AE以上の実力はあると感じました。
日本市場での動向をしばらく見守りたいと思います。

書込番号:8197752

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:187件

2008/08/13 18:14(1年以上前)

Minerva2000さん、こんばんは。

仕事で二日間軟禁され、返事が遅れてしまいました。

>実は私が追い求めているのも、ゴリゴリの生音系で、試聴によく使うのは、ドイツグラモフォン録音のゴリゴリのオーケストラの音です。特に1960年代初頭のカラヤン/ベルリンフィルの録音はすさまじいですね。
>「まったり」とか「しっとり」とかは全く無縁のむき出しの音です。これらの録音から、本物のゴリゴリの音を出すのは、高度のオーディオシステムのみ可能で、ほとんどの人は、聞いたことがないと思います。

これは、大変貴重なご意見を頂きました。

クラシックでは、ピアノソロ、ヴァイオリンソロをゴリゴリと楽しみ、JAZZでは50-60年代のブルーノートRVGを聴いてばかりいました。最近はマニア度が進行して、寺島JAZZで楽器の生音を楽しむ方向に向かっていたところです。
そのうち、大砲や花火、ノコギリの音なんかに進んで行きそうな自分がいまして、夏の花火大会では、音ばかり聴いて、「まだまだウチのメインシステムは負けているなぁ。火薬の量が違うからなぁ。」などとアブナイことばかり考えていました(笑)。

60年代初頭のカラヤン/ベルリンフィル〜グラモフォン、早速、手に入れて聴いてみます。
オーケストラでむき出しの音が聴けるなら、花火や大砲に行く必要はないですね。
ゴリゴリの音が出てこなかったら…と考えると怖い気もしますが。

というわけで、手持ちのCDをあさってみたら、カラヤン出てきました。

ドヴォルザーク《新世界より》 & シューベルト《未完成》
ベルリン・フィル&ヘルベルト・フォン・カラヤン
1964年3月&10月 ベルリン

ゴリゴリのオーケストラ、メインシステムでは、結構、良いセンいってます。
Minerva2000さんの仰る音とはきっとレベルが違うのでしょうが、なるほど、むき出しの楽器の音が聞こえてきます。地を這うコントラバスの重低音、ヴァイオリンの耳をつんざく中高音、音のシャワーが心地よいですね。
早速、マイリファレンスCDの一枚に加えつつ、他のカラヤンも物色せねばなりません。

このCDを聴いたのは三年ぶりくらい、現在のシステムで聴くのは初めてです。まったりとBGM風に聴くことしかしていませんでした。
今まで気づかずにいたカラヤンのCDの魅力が、Minerva2000さんのご教唆により再発見できました。

本当に、有り難うございました。

AVC-3808+DIATONE DS-200ZXで聴くカラヤンも悪くはないですが、ゴリゴリの生音系というには無理のある、普通のオーケストラの音になります。コントラバスは地を這わないし、ヴァイオリンも耳に突き刺さらないです。解像度や空間表現、全体のバランスは問題なしですが。

書込番号:8203140

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:187件

2008/08/13 18:25(1年以上前)

エイヤさん、こんばんは。

家庭菜園でしょうか?
それとも、プロフェッショナルな農業でしょうか?
いずれにしても、美味しそうで、うらやましいです。

AVC-3808+DUSSUN D-9+ミニポッドによるマルチチャンネル再生

という、とても個性的なサラウンド環境になりそうですか?
いろいろ楽しい情報を、いつも有り難うございます。
あとは、SACDPマルチの選択ですね。

書込番号:8203174

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:3390件Goodアンサー獲得:29件 縁側-ライブ・エンターテインメントの掲示板オーディオ・マルチチャンネル 

2008/08/13 20:04(1年以上前)

こんばんは☆

カラヤンの話題が出ているのが目にとまったのですが、何を隠そう、私は・・・

と書けばカラヤン・ファンかアンチ・カラヤンかどちらか期待されるのですが、実はどちらでもないのです(がっかり)。でもカラヤンのオペラは好きだったりします。

デッカ録音の「カルメン」がSACDで復刻されたので買うことを検討中、それにしても1万円は高い。

60年代のイエス・キリスト教会で録音された交響曲も一枚買ってみようか、と思います。若い頃のカラヤンは集中力があって、悪くなさそうです。

書込番号:8203449

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:7411件Goodアンサー獲得:865件

2008/08/14 00:49(1年以上前)

私がカラヤン/ベルリンフィルの音のすごさに目覚めたのは、
パワーアンプ:Sony TA-3200F プリアンプ:ヤマハ CA-1000
スピーカ:コーラル BL-25D(能率、101dB)
カートリッジ:FR-1MK2(改造版:大きなソリが無ければ、針圧0.5gでどんなレコードもトレース可能にしたもの。柔らかい塩化ビニルのLPレコードの溝を針圧で窪ませることなく再生可能。)
でドイツグラモフォンの直輸入盤のLPレコードを聴いていた時でした。(当時の日本プレスのLPは1分も聞いていられない、ひどい音でした。)
ベートーヴェンの第5番、第9番、ストラビンスキーの「春の祭典」がすばらしく、特に第5番は、A面に1,2楽章、B面に3,4楽章しか収録されていませんでしたが、驚愕ものの音質でした。「春の祭典」はバーバリズムがむき出しのすさまじい演奏で、ストラビンスキーはこのLPを聞いて、「私はこんな曲は作っていない!!」と激怒したのは有名な話です。

CDではデジタルリマスター版の第5番は、かなりDG直輸入盤に近いです。同じくデジタルリマスター版「春の祭典」は日本プレスのLPよりははるかにましですが、DG直輸入盤のすさまじさが弱いです。最近購入したSHM-CD版の第9番は、昔のリマスター版よりは、良いですが、整い過ぎている感じもします。つまりエキセントリックな所がDG直輸入盤に比べ減っています。

書込番号:8204781

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:187件

2008/08/14 06:00(1年以上前)

Minerva2000さん、おはようございます。

>「春の祭典」はバーバリズムがむき出しのすさまじい演奏で、ストラビンスキーはこのLPを聞いて、「私はこんな曲は作っていない!!」と激怒したのは有名な話です。

Minerva2000さんの仰る”ゴリゴリの生音系”のレベルが遙か遠くに見えてきた気がします。
アナログレコード再生は、機材やカートリッジはともかく、ソースを手に入れるのが大変そうで、保管の問題もあるし、現状では敷居が高いです。好奇心はありますので、いずれ手を出すかも知れませんが。

SHM-CDは、カルロス・クライバーのベートーベン第5番を時々聴いています。比較になるCDもLPも無いのですが、
>良いですが、整い過ぎている感じもします。
と全く同じ感想を持っています。

>デジタルリマスター版「春の祭典」は日本プレスのLPよりははるかにましですが、DG直輸入盤のすさまじさが弱いです

まずは、こちらから手に入れて聴いてみたいと思います。他にも、いろいろ探してみます。ソフトなら、家の中で場所を取らないので「大人買い」できますし(笑)

書込番号:8205140

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:187件

2008/08/14 06:17(1年以上前)

そして何も聞こえなくなったさん、おはようございます。

>カラヤンの話題が出ているのが目にとまったのですが、何を隠そう、私は・・・
>と書けばカラヤン・ファンかアンチ・カラヤンかどちらか期待されるのですが、実はどちらでもないのです(がっかり)。

…これでは、コメントのしようがないではないですか!
せめて、(がっかり)だけでも書かせて欲しかったです。(笑)

オペラといえば、BD(ブルーレイ)で、ハイビジョン映像+非圧縮マルチ音声というソースは、いかがなものでしょうか?

書込番号:8205155

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:3390件Goodアンサー獲得:29件 縁側-ライブ・エンターテインメントの掲示板オーディオ・マルチチャンネル 

2008/08/14 08:06(1年以上前)

>オペラといえば、BD(ブルーレイ)で、
>ハイビジョン映像+非圧縮マルチ音声というソースは、いかがなものでしょうか?

想像するだけで素晴らしいですね。

映像で歌手が舞台を移動したら、音像もそれにつれて移動する。舞台の奥からトランペットが演奏されたら、距離感をもってトランペット聞こえる。たまには、後ろ(リアスピーカ)から隠れた効果音が聞こえる・・・音響面でこんな演出をしたBDが出たら買います(もう出てるかな?)。しかし、その前にBDプレーヤを買わないといけない。

いま手に入るものではSACDの「トスカ」(ペンタトーンRQR4chシリーズ)が、それに近いことをやってます。第2幕のトスカの隠れた歌声は背後から聞こえるし、死刑台を予想させる不気味な小太鼓の音が左後ろから近づいてくる・・・

高音質マルチチャンネルでオペラを観たい聴きたいです。


書込番号:8205321

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:187件

2008/08/14 20:37(1年以上前)

みなさん、こんばんは。

さっそく、近所のCDショップに行って、カラヤンをいくつか手に入れてきました。生誕100周年とかで、昔の音源を新しくパッケージしたものが盛んにアッピールされていました。…今頃気づきました(汗)。
キーワードはカラヤン/ベルリンフィル/60年代初等のDG録音盤です。

@ベートーベン交響曲第3番&4番
 1962年ベルリン、イエス・キリスト教会
Aブラームス交響曲第2番&3番
 1963年,1964年ベルリン
Bブラームス、ヴァイオリン協奏曲作品77、ソナタ作品78《雨の歌》
 1964年、1968年ベルリン、クリスチャン・フェラス(ヴァイオリン)
Cベートーベン、ヴァイオリン協奏曲作品61
 1979年ベルリン、アンネ=ゾフィー・ムター(ヴァイオリン)

Cは年代が違いますが、お気に入りのヴァイオリニストの16歳の時の演奏ということで、番外編です。

先程、さわりだけ聴いてみましたが、いずれも、素の音をそのままパッケージしたような独特のコンセプトが伺えて、自分としては、「こういうCDの楽しみ方もあるのか。」という目から鱗状態です。

なかでも、@は、衝撃を受けました。
3番を全て聞き込んでしまいましたが、ウチのメインシステムで聴く限り、主旋律を奏でるヴァイオリンが、まるでヴァイオリン協奏曲のように浮き上がり、別格の扱いを受けている様に聞こえることと、背景のフルオーケストラの楽器の数が数えられない程重厚なことが、最近の3番(パーヴォ・ヤルビ)ばかり聴いている小生の耳には新鮮でした。

ゆったりしたテンポーと緻密な和音構成、各楽器のむき出しの音が無造作に空間に放たれたものを、マイクで拾ったまま音源にしているようなイメージで、言うこと無しの、お気に入りの音でした。

JAZZでもそうですが、どうやら、60年代のゴリゴリの生音系、が今の自分の好みなのかも知れません。

今日は、Cを聴きながら、早めに寝ます。お休みなさい。

書込番号:8207424

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:7411件Goodアンサー獲得:865件

2008/08/15 00:53(1年以上前)

二羽の兎さん、こんばんは。

いろいろのCDを入手されたのですね。私はAとBは持っていません。
@はSACDとCDのハイブリッド版とCD単独版を持っています。 この頃のカラヤン/ベルリンフィル演奏による、ベートーベンの交響曲の全曲がハイブリッド版で出ています。以前調べた時は、5番と6番だけが在庫無しでした。9番は5.1chですが年代が違います。
個人的には、1962年前半のベルリンフィル録音がピークで、そこからじょじょに普通の録音に近づいて行っているように感じます。

Cは、1984年頃に購入しました。従いまして二羽の兎さんがお持ちのCDとはマスタリングが違う可能性が有ります。このCDは低音の量感がありますが、この出方が、システムにより大きく異なりますので、試聴時には良く使います。どこまで力強くて分解のいい低音が聞けるかがポイントになります。また独奏バイオリンの立ち上がり方もポイントです。
アンネ・ゾフィー・ムターは、マズーア指揮、ニューヨークフィルでベートーベンのバイオリン協奏曲がSACDで出ています。

書込番号:8208501

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:187件

2008/08/15 07:11(1年以上前)

Minerva2000さん、おはようございます。

とてもお詳しくて、本当に助かります。

>個人的には、1962年前半のベルリンフィル録音がピークで、そこからじょじょに普通の録音に近づいて行っているように感じます。

ベルリンフィルでも、ドイツ・グラモフォンでもありませんが、若かりし頃のカラヤンにこんなのを見つけました。どんなものでしょうか?
http://www.universal-music.co.jp/classics/release/karajan2008/karajan_deccalegendary.html

>このCDは低音の量感がありますが、この出方が、システムにより大きく異なりますので、試聴時には良く使います。どこまで力強くて分解のいい低音が聞けるかがポイントになります。また独奏バイオリンの立ち上がり方もポイントです。

じっくり聴いてみます。
メインシステムとAVC-3808のAVシステムで、どのくらい違いがあるのか?
AVC-3808で、どこまで行けるのか?
エクリプスでは?

主にJAZZや楽器の少ないクラシックで楽器の生音系の再生音を追求してきましたが、フルオーケストラでも楽器の生音系を追求しやすいソフトがあることを教えて頂きまして、新しいオーディオの楽しみ方を見つけた気がします。
有り難うございます。

書込番号:8208962

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:3390件Goodアンサー獲得:29件 縁側-ライブ・エンターテインメントの掲示板オーディオ・マルチチャンネル 

2008/08/15 08:48(1年以上前)

カラヤンはオペラに見所ある指揮者と思っているのですが、手元に「アイーダVPO」EMI盤しか持っていません。これはアイーダ・トランペットを使い、音量を上げるほど良く聞こえる録音で、悪くないです。

だいたい60年代は、オペラと言えばデッカとEMIの2大レーベル時代で、DGはまだ新興勢力でした。60年代後半、カラヤンBPOで「指輪」が出てきました。私はアナログディスクでワルキューレ、黄昏を買って今も持ってます。黄昏を5枚組8千円で買ったのを今も覚えています。でも、指輪の生々しい録音ならデッカ・ショルティ盤のほうに分がある思います。

カラヤンはVPO。デッカと組んで数々の名盤を残しています。カルメンだけはL・プライスがRCA専属だったのを借りたので、販売権はRCAに移りました。その流れで最近、カルメンだけRCAからSACDハイブリッド盤の発売になったのです。デッカはまだ継続的にハイブリッド盤を発売していないのでCDしか入手できません(将来販売すると思いますが)。

書込番号:8209117

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:7411件Goodアンサー獲得:865件

2008/08/15 10:45(1年以上前)

二羽の兎さん、おはようございます。

>ベルリンフィルでも、ドイツ・グラモフォンでもありませんが、若かりし頃のカラヤンにこんなのを見つけました。どんなものでしょうか?
http://www.universal-music.co.jp/classic
s/release/karajan2008/karajan_deccalegen
dary.html
ウィーンフィルと英DECCAですね。 この組み合わせは、大昔にLPでハイドンの「太鼓連打」と「ロンドン」の組み合わせしか購入したことがありません。
この時の音の印象は、DECCAにしては、それほどすごい録音ではないというものでした。
EMI的な音でした。
英DECCAの録音のすごいところは、どんなシステムで聞いても良い音だと感じさせるところだと思います。この録音で試聴するとどのシステムでもそれなりに良い音で聞こえてしまいます。ところがDGは違います。システムによっては聞くに堪えない音になります。

そして何も聞こえなくなったさん、おはようございます。

>だいたい60年代は、オペラと言えばデッカとEMIの2大レーベル時代で、DGはまだ新興勢力でした。

私はオペラには詳しくないので、またよろしくお願いします。

カラヤンは当初はEMIと専属契約していましたが、途中で専属契約更改を拒否し、DECCAとまだ発展途上のDGとも契約しました。DGと契約したのは、その製盤技術と録音技術の高さが、世界市場への道を開くと判断したためとも言われています。59年3月から61年の秋までは、ウィーンでのDECCA録音にウエートが置かれていましたが、61年12月末から約1年かけてベートーベン交響曲全集がDGで収録され、63年2月に8枚組みボックスセットとして発売されました。この大成功に気を良くしたのかカラヤンは、64年にはDG単独の専属契約に踏み切りました。
69年秋にはEMIでの録音を再開しています。

録音技術に関しては、James Lockが録音エンジニアとして仕切っていた頃の英DECCAが最高だと今でも思います。そして何も聞こえなくなったさんがご指摘の「指輪」も最高レベルだと思います。アンセルメ指揮スイスロマンド管弦楽団のファリャ「三角帽子」もすばらしいです。でもあのハイドンは、James Lockが録音エンジニアだったのでしょうか?

書込番号:8209471

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:187件

2008/08/16 06:09(1年以上前)

そして何も聞こえなくなったさん、おはようございます。

>だいたい60年代は、オペラと言えばデッカとEMIの2大レーベル時代で、DGはまだ新興勢力でした。

懐かしいお話しを…
って、小生の生まれる前の話ではないデスカ。

古い音源のリマスター盤の中から、お気に入りの一枚を見つけるのは、‘発掘’するみたいで楽しいことですが、‘考古学’の知識が加わると、楽しみが倍増します。
有り難うございます。

書込番号:8212622

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:187件

2008/08/16 06:45(1年以上前)

Minerva2000さん、おはようございます。

「ゴリゴリの生音系を追求する」というコンセプトを、あっさり“楽器志向”という言葉で表現している方を見つけました。
なるほど、“楽器志向”と言われると分かりやすい気がしました。全体のバランスよりも、個々の楽器の音≒音色を際だたせて、楽器の生の音像を描いてくれるようなシステムを求める方向です。

>英DECCAの録音のすごいところは、どんなシステムで聞いても良い音だと感じさせるところだと思います。
>この録音で試聴するとどのシステムでもそれなりに良い音で聞こえてしまいます。
>ところがDGは違います。システムによっては聞くに堪えない音になります。

60年代のDGを、一昨日は、気持ちよく聴けました。
が、昨日は気持ちよく聴けませんでした。
日によって、機器の機嫌や自分の耳の状態が違うのは当たり前ですが、それにしても一昨日の気持ちよさと昨日の気持ちよくなさ加減のギャップは、かなり大きいものでした。

原因は、どうやら、エアコンでした。
一昨日はエアコンを点けずに、昨日は2台を全開で点けていました。
楽器志向の聴き方に、電源系がシビアに影響する可能性を体験しました。

英DECCAの録音の中から、聴いてみたい一枚を手に入れて、DGと比べてみたいと思います。

書込番号:8212657

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:3390件Goodアンサー獲得:29件 縁側-ライブ・エンターテインメントの掲示板オーディオ・マルチチャンネル 

2008/08/16 22:18(1年以上前)

デッカの話に移っていますが、あのころのデッカは、位相情報が欠落することを承知で、マルチマイクで録って、それが、あのころの再生装置の欠点を見事にカバーしていたのです。低音の出ない再生装置でも低音が出ているように聞こえさせる、管楽器がここという時には浮かび上がってくれる、というデッカ・サウンドです。

MINERVAさんご指摘のアンセルメ「三角帽子」(1961録音)のデッカLEGENDシリーズCDを持っています。いま聴いてみましたが、サブウーファを揺さぶるほどの豊かな低音が入ってます。ただしダンピングの甘いボンついた低音です。空間情報は弱いですが、明るい元気良い音が聞こえます。こういうのをデッカ・サウンドとして、当時のオーディオマニアは崇拝していたのですね。

デッカの良さを聴くにはもう少し時代を下った方がよいです。明るさはそのままに、迫力と緻密さがアップします。

私がデッカで録音・演奏とも一番好きなディスクは「トゥーランドット」メータ・LPO(1972)です。

http://www.hmv.co.jp/product/detail/157695

「SACDも足下にも及ばない」と書かれていますが、そう思いたくなるほどの超優秀録音です。


書込番号:8215543

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:7411件Goodアンサー獲得:865件

2008/08/17 07:20(1年以上前)

そして何も聞こえなくなったさん、おはようございます。

アンセルメ「三角帽子」はダンピングの甘いボンついた低音でしたか。私の現在のシステム(DSP-AX4600 + DS-1000)ではもともと低音の量感が足りませんでしたので、サブウーファ(SX-DW75)も鳴らしていましたが、電源系を強化したところ、それまでサブウーファでしか出せないと思っていた低音が、易々とDS-1000から出るようになり、またサブウーファを鳴らすより、強力かつダンピングの効いた低音になりました。今では音楽を聴く時はサブウーファを使っていませんが、一度このCDでサブウーファも鳴らしてみようと思います。サブウーファもその後、電源系は大幅に強化してあり、映画ではその絶大な効果(サブウーファの存在が消える)を確認していますが、音楽ではまだなので楽しみです。

ご指摘の「トゥーランドット」メータ・LPO(1972)はエンジニアがケネス・ウィルキンソンですね。 CD棚を調べたところ、アシュケナージ、ショルティ/CSOのベートーヴェン、ピアノ協奏曲第3番、第4番が、1972年録音のケネス・ウィルキンソンのものでしたので、後ほどじっくり聴いてみようと思います。

私が英DECCA録音で一番好きなのは、1980年代初頭のジェームズ・ロックのもので、
@マーラー交響曲第2番 ショルティ/CSO(1980)
Aマーラー交響曲第3番 ショルティ/CSO(1982)
Bドヴォルザーク交響曲第9番 ショルティ/CSO(1983)
Cストラヴィンスキー「春の祭典」ドラティ/デトロイト響(1981)
といったところです。いづれもマルチマイク録音の典型です。この録音方式のほうが楽器の「ごりごり感」が感じられます。ただしCについては、DG録音のカラヤン版のほうが「ごりごり感」がすごいですが。
AとBについては、演奏者が違うSACDを持っていますが、SACDの方が音が悪く感じます。


書込番号:8216735

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:187件

2008/08/17 08:06(1年以上前)

そして何も聞こえなくなったさん、おはようございます。

>デッカの話に移っていますが、あのころのデッカは、位相情報が欠落することを承知で、マルチマイクで録って、それが、あのころの再生装置の欠点を見事にカバーしていたのです。

現代に置き換えると、中級AVアンプを中心に組んだシステムで聴く場合、再生装置の欠点を見事にカバーしてくれる可能性があるかも知れません。
また、マルチチャンネルで録ってあれば、比較的違和感なく、マルチチャンネルのソースへ落とし込むことも出来そうなので、そういったソースがあれば、これまた、中級AVアンプを中心に組んだマルチチャンネルシステムとの相性が良さそうです。

>私がデッカで録音・演奏とも一番好きなディスクは「トゥーランドット」メータ・LPO(1972)です。

オペラは、父がかつて声楽にのめり込んでいて、小学生の頃は、毎日のように「オーソーレーミオー」と爆音を聴かされていました。そのあと本人の「オーソーレー…」と続いていたものです。
そんなこともあって、オペラは一枚も持っていませんでしたが、最初のオペラのCDとして、早速オンラインで注文しました。(ついでに、セリーヌディオンのBDとジャズのBDもクリックしてしまいました…)

>ただしダンピングの甘いボンついた低音です。空間情報は弱いですが、明るい元気良い音が聞こえます。

空間表現は弱くても、明るい元気な音、さらにダンピングの効いた引き締まった低音が、小生の好みのようです。
関係ないかも知れませんが、スピーカーを試聴に行くと、どうしても密閉型に注目してしまう傾向があります。密閉型は、低音を空間に解き放つというより、スタンドを介して床に伝わるようにセッティングしてあげて、重低音が床からズンズン身体に伝わってくるようにすると、とても気持ちが良く、もともと、ボンついた甘い低音とは無縁なところもあって、好みなのでしょう。

ここまで来て、ようやく、そして何も聞こえなくなったさんが日頃から仰っている、「トロイダルトランスが有利」というお話しとのつながりが見えてきた気がします。引き締まった重厚な重低音や空間表現をきっちり描こうとする場合、最後のところでトランスの特性が効いて来るに違いないのです。

残念ながら、AVC-3808はEIトランス×3(大1+小2)です。
低域はどうやってもゆるめになるので、中高域をSPの選択とセッティングで仕上げつつ、低域は邪魔にならないところで妥協する様なイメージでバランスを取っていました。他にも色々理由はあるのだと思いますが、“EIトランスの目指すべき音”というのを見極める必要があるのではないか?という心境に達しています。

機材を見直すと、CD/SACDPのDCD-1650AEはEIトランス仕様、プリメインアンプPMA-2000Uも巨大なEIトランス仕様です。PS3にいたってはトランスレス。
我が家では、唯一、管球アンプがトロイダルトランスを積んでいます。

今後、機器を購入する際は、最終的にトロイダルトランス搭載モデルで揃うよう気を遣う必要があるのではないか?というのが今日の結論になりました。

これからも、暖かいご指導をお願い致します。

書込番号:8216819

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:3390件Goodアンサー獲得:29件 縁側-ライブ・エンターテインメントの掲示板オーディオ・マルチチャンネル 

2008/08/17 09:50(1年以上前)

MINERVAさん、私のデッカのCDを見ると、
@グローフェ「大峡谷」(1981)がジェームズ・ロックです。いま聴くと、ド迫力ですね。昨日サブウーファのセッティングを調整しました(スパイクを木に直刺し)。この調整が効いたのか、太鼓の音がドスンと来ると、飛び上がる位の迫力です。また、これを「ごりごり感」というのか、各楽器がここぞという時、浮かび上がってくれるのも頼もしいです。ただ、こういう傾向の録音は最近なくなりましたね。

>現代に置き換えると、中級AVアンプを中心に組んだシステムで聴く場合、再生装置の欠点を見事にカバーしてくれる可能性があるかも知れません。

たしかに、デッカ録音の迫力満点の音は、「中級」AVアンプにマッチします。

>また、マルチチャンネルで録ってあれば、比較的違和感なく、マルチチャンネルのソースへ落とし込むことも出来そうなので、そういったソースがあれば、これまた、中級AVアンプを中心に組んだマルチチャンネルシステムとの相性が良さそうです。

RCAリビングステレオは3本のマイクで録ったので、フロント、センターにそのまま振り分けができて、SACDマルチ(3ch)で再発売されました。デッカはもっと沢山のマイク数なので、マルチチャンネルのソースへどのようにして落とし込むのか分かりませんが、強引に5つのchに振り割けしたら面白そうですね。私はクラシック音楽の全方位サラウンド、という考えに好意的です(否定的な人もいると思います)。

>空間表現は弱くても、明るい元気な音、さらにダンピングの効いた引き締まった低音が、小生の好みのようです。

空間表現となると、ワンポイント・マイクの録音が絶対有利で、最近の録音は皆、ワンポイントか+補助マイクでしょう。しかし明るい元気な音なら、70〜80年代のデッカサウンドを楽しんでください。

>関係ないかも知れませんが、スピーカーを試聴に行くと、どうしても密閉型に注目してしまう傾向があります。
>密閉型は、低音を空間に解き放つというより、スタンドを介して床に伝わるようにセッティングしてあげて、重低音が床からズンズン身体に伝わってくるようにすると、とても気持ちが良く、もともと、ボンついた甘い低音とは無縁なところもあって、好みなのでしょう。

私も小型ですがクラシック1を持っていて密閉型の音を楽しんでいます。スタンドを介して床に伝わるようにセッティング、ということはスパイクを活用されていると思いますが、密閉型の引き締まった低音は魅力ですね、開放的な音でなく、落ち着いた渋い音になり、その辺が好みですが。


>引き締まった重厚な重低音や空間表現をきっちり描こうとする場合、最後のところでトランスの特性が効いて来るに違いないのです。

デノンは、あのどっしりした音を演出するのに、EIトランスを上手に使っていると思います。“EIトランスの目指すべき音”とはデノンやラックス系統の音になるように思います。

>今後、機器を購入する際は、最終的にトロイダルトランス搭載モデルで揃うよう気を遣う必要があるのではないか?というのが今日の結論になりました。

なるほど、全部トロイダルトランス搭載となると、かなり高級なアンプ群にシフトしそうですね。


書込番号:8217045

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:7411件Goodアンサー獲得:865件

2008/08/17 23:13(1年以上前)

そして何も聞こえなくなったさん、こんばんは。

1980年代初頭のジェームズ・ロックのCDをお持ちでしたか。そのころの音が好きなのですが、おっしゃるとおり、最近のCD、特にSACDはそうした音傾向のものは無いですね。

「三角帽子」でサブウーファを鳴らしても変化はほとんどありませんでした。サブウーファの受け持ち範囲を、40Hz以下にしているせいかもしれません。

録音技師がウィルキンソンのDECCAのCDが、家のCD棚を探したらさらに3枚出てきました。どれも購入時期が、90年頃で聴いた記憶のないものばかりでした。私の耳には、いづれもマルチマイク収録ではないように聞こえました。位相情報、距離情報は豊富に含まれていますが、楽器の「ゴリゴリ感」があまり感じられません。低音の力感は十分あります。少し私の指向している音とは違うようです。

書込番号:8220185

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:187件

2008/08/18 06:16(1年以上前)

そして何も聞こえなくなったさん、おはようございます。

>デノンは、あのどっしりした音を演出するのに、EIトランスを上手に使っていると思います。
>“EIトランスの目指すべき音”とはデノンやラックス系統の音になるように思います。

いろいろお話ししているうちに、もう少し“のんびり”と、あれこれ実体験をしながら、オーディオの趣味を進めていくのが良いような気がしてきました。自分の求めている音を追求する一方で、機材のもつ性能を素直に発揮させてあげる方向も重視したいと思います。

というわけで、AVC3808で鳴らし切れそうなSPとしてかねてより目を付けていた、昔ながらの大型ブックシェルフを試しに導入してみました。結果次第では、このままAVシステムのフロントSPになる予定です。
http://www.audio-heritage.jp/DIATONE/diatoneds/ds-600z.html

DS9-Z用のスタンドにそのまま置いて(底面のサイズが同じ)、音を出してみました。推定で半年〜1年くらいはハードオフにパックされて展示されていたので、SPからすると久しぶりの駆動になります。

小型ブックシェルフの精密に作り込まれた音とは異なり、おおらかな鳴り方をしています。音の輪郭を強調するようなこともありません。しかし、緩いと言えば緩いし、音の一体感が今ひとつと言えば、今ひとつな印象です。低域は、無理せず普通に、盛大に鳴っています。
小生にとっては、初めての音なので、しばらく遊んでみたいとおもいます。

この試みがうまくいけば、サラウンドSPとして、DS-200ZXを加工して、BOSEかJBLの天井吊り金具をつかって、天井吊りして使用することになると思います。
http://www.audio-heritage.jp/DIATONE/diatoneds/ds-200zx.html

書込番号:8221107

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:3390件Goodアンサー獲得:29件 縁側-ライブ・エンターテインメントの掲示板オーディオ・マルチチャンネル 

2008/08/18 09:55(1年以上前)

MINERVAさん、

>1980年代初頭のジェームズ・ロックのCDをお持ちでしたか。そのころの音が好きなのですが、

ならばショルティ・CSOのサウンドがぴったりだと思います。
ショルティは、わりと力強い鮮明な音つくりをした指揮者だし、CSOの力量もあり、デッカのサウンドと三拍子そろいます。ショルティと組んでいたエンジニアがロックでしたか?


>「三角帽子」でサブウーファを鳴らしても変化はほとんどありませんでした。サブウーファの受け持ち範囲を、40Hz以下にしているせいかもしれません。

うちのサブウーファは80Hzでした。

書込番号:8221433

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:187件

2008/08/18 19:34(1年以上前)

Minerva2000さん、こんばんは。

お盆の間、他のスレッドで、電源系の議論をされていたのですね。
お疲れ様です。AVアンプの電源系交換実験の結果、とても参考になりました。
僭越ながら、先程気づいて、レスしてみました。
どういう展開になるのやら?

書込番号:8222995

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:3390件Goodアンサー獲得:29件 縁側-ライブ・エンターテインメントの掲示板オーディオ・マルチチャンネル 

2008/08/18 20:30(1年以上前)

二羽の兎さん 

ダイヤトーンとは、また古風な・・・
私はこのSPの音は一度も聴いたことがないのです。

>おおらかな鳴り方をしています。音の輪郭を強調するようなこともありません。しかし、緩いと言えば緩いし、音の一体感が今ひとつと言えば、今ひとつな印象です。低域は、無理せず普通に、盛大に鳴っています。

上手に言わますね。これでどんな音か分かります。しかし、いまはジョセフやペナウディオという超高級ブックシェルフも出ているのに、なぜクラシックな三菱を・・という感じです。

−−−−−
今日は日本橋で、ナタリー・デセイの美声に惹かれて
ベッリーニ「夢遊病の女」
http://www.hmv.co.jp/product/detail/2602758
というオペラのCDを買ってきました。これは2006年録音(EMI)で、あらゆる項目で高得点をはじき出せる、現代のCD録音です。

ついでにスピーカを聴いてきましたが、ジョセフやペナウディオは無かったのですが、タンノイ「オートグラフ・ミニ」が相変わらず素晴らしかった。今まで聴いた中で、6〜8畳で聴ける最高のブックシェルフ・スピーカと思いました。値段も半端ではありませんが。


書込番号:8223247

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:7411件Goodアンサー獲得:865件

2008/08/18 22:39(1年以上前)

そして何も聞こえなくなったさん、こんばんわ。

そうなんです。ショルティ・CSOが大好きなんです。ベートーヴェンの第九番も鮮麗な音ですばらしいと思います。1980年以降はロックがレコーディングエンジニアなのですが、1970年代は、ウィルキンソンだったようで、私が以前聞いた記憶がないと言っていた3枚のCDもショルティ・CSOなので買ったのですが、少し聴いてイメージがあまりに違うので、それっきり聴かなくなったものでした。

書込番号:8223967

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:7411件Goodアンサー獲得:865件

2008/08/18 23:46(1年以上前)

二羽の兎さん、こんばんは。

電源ケーブルに関するスレでの、援護射撃をどうもありがとうございました。
おそらくYPAO等の自動音場補正システムを使われたことの無い方から「DS-1000が小になるのは測定ミスのように思いますね。」とえらく軽いレスが付き、困ったものだと思っておりました。

でも例の方と議論に巻き込まれないように、ご注意ください。私はあそこに書き込むことはしません。
普通の反論の仕方ではないですよ。参考までに下記のスレを参照ください。
2008/03/27 20:55 [7595374]

また下記の最近の書き込みによれば、
2008/08/16 00:31 [8212098]
あなたの常識は、あなた以外の人の常識とは限りません。
そうです。あなたの常識を私が持っているはずがありません。

と切りかえされました。この方によれば、常識とは個人、個人がバラバラに持っているものだそうです。そうであれば常識のない人はこの世にいません。
つまり「common sense」のcommonを「てんでバラバラ」の意味と取られています。
こういう方と議論することになることを、御覚悟ください。

書込番号:8224367

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:2718件Goodアンサー獲得:13件

2008/08/19 08:08(1年以上前)

  二羽の兎さん おはようございます!

ダイアトーンにされましたか。このDSと言うアルハベット懐かしいです、私も以前DS-35BマークUと言うのを使ってたことがあります、バスレフではなく密閉型でしたが!

 Minerva2000さん 大変ご苦労様です。皆さんも既にご承知かもしれませんが
http://bbs.kakaku.com/bbs/-/SortID=7748266/
の[7820193] からでも同様の論争があります。
二羽の兎さん もし宜しかったら御覧ください。このスレ板主の 元・副会長さんと言う方は辛口ですがオーディオに関して大変精通されている方です「ご承知かとは思いますが」
  

書込番号:8225261

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:187件

2008/08/19 18:56(1年以上前)

そして何も聞こえなくなったさん、こんばんは。

>ダイヤトーンとは、また古風な・・・
>私はこのSPの音は一度も聴いたことがないのです。

ダイヤトーンは、中古市場にあふれていて安価に手にはいることと、10〜20年前に一世を風靡した伝説があるので、一度は所有してあれこれ試してみたいという好奇心から、しばらく拘って遊んでみようかな、というスタンスです。

3ヶ月ほど前に中古展示品の中にDS-9Zの極上美品をみつけ、造りの確かさに感心して、その場で購入したのがきっかけです。
http://www.audio-heritage.jp/DIATONE/diatoneds/ds-9z.html
詳しい蘊蓄は、こちらの真ん中くらい↓
http://www.niji.or.jp/home/k-nisi/diatone2.htm
管球アンプで鳴らしたところ、極上のサウンドが得られたので、気をよくして、AVアンプでDS-200ZX、今回DS-600Zと、中古のDIATONEコレクターのような状況になっています。

>しかし、いまはジョセフやペナウディオという超高級ブックシェルフも出ているのに、なぜクラシックな三菱を・・という感じです。

現状では、向かうべき方向性が定まらず、自分がどんなシステムで何を聴きたいのかも決まっていない状況ですので、高額機種に手を出す前にやるべきことがたくさんあるような気がしています。現状では、ダイヤトーン2種4本で約5.5万円(DS-9Z以外)で、これだけ鳴れば十分な気がしないでもありません。

いろいろ言い訳しても、単なる貧乏性ですね。

いずれは、そして何も聞こえなくなったさんの、マランツでアンプを統一したピュアマルチチャンネルシステムのように、ピシッと新品を計画的に購入して、システムを揃えていきたいと憧れています。

実は、ATCというメーカーの密閉型スピーカーが好みなのですが、駆動するアンプも考えると、金額的な問題でなかなか踏み切れないと言うのが本音のところなのです。
http://www.electori.co.jp/atc.html

書込番号:8226942

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:187件

2008/08/19 19:12(1年以上前)

satoakichanさん、こんばんは。

>ダイアトーンにされましたか。このDSと言うアルハベット懐かしいです、私も以前DS-35BマークUと言うのを使ってたことがあります、バスレフではなく密閉型でしたが!

密閉型はAVC-3808では慣らしきれないのではないか?という、自分勝手な結論から、あえて、バスレフ型にしてみました。
まだ3日間ですが、音楽を聴く時は緩い低音が邪魔なので、使わなくなった綿の靴下をバスレフポートに詰めて、‘なんちゃって密閉型’にしてDS-600Zを鳴らしています。
これは、効果抜群です!
自然でタイトなDIATONEサウンドで、仲道郁代のベートーベンが聴こえています。
映画を見る時は、靴下を外して迫力を楽しめれば、と目論見んでいます。

書込番号:8226999

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:187件

2008/08/19 19:22(1年以上前)

Minerva2000さん、こんばんは。

ここに来て、今更ながらMinerva2000さんのコメントを読み直してみました。DIATONE DS-1000クラスのSPが、電源系のチューニングによって、中級AVアンプで慣らしきれるようになるのは、素晴らしいことですね!

新居に移ってからになりますが、壁コンから電源ケーブルで、いろいろ試してみたいという勇気が湧いてきました。
まずは、Minerva2000さんのコピーから、となるかも知れませんが、ご容赦下さいませ。

書込番号:8227032

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:3390件Goodアンサー獲得:29件 縁側-ライブ・エンターテインメントの掲示板オーディオ・マルチチャンネル 

2008/08/19 20:10(1年以上前)

二羽の兎さんこんばんは、盆もすぎて秋を感じるようになりました。

ATCが好みですか?
昨夜、日本橋の店に寄ったのですが、ATCは聴かなかったです。しかし昔聴いた記憶では、やはりアンプも高価なものをそろえないと、なかなか機嫌良く鳴ってくれないようです。アンプを考えると高価なスピーカです。

私は密閉型のAR/Jの「クラシック1」を持っていますが、B&WのCM1に似て、少し後ろに引いた音場を作るスピーカで、高音の質もCM1に似ています。渋〜い音です。能率の低いところも似ています。CM1の弟機と言えます。

まあしばらくダイヤトーンで遊んで、面白いことを発見したら、教えてください。

書込番号:8227245

ナイスクチコミ!0


ShowJhiさん
クチコミ投稿数:2575件Goodアンサー獲得:6件

2008/08/19 23:52(1年以上前)

二羽の兎さん こんばんは

レスが落ち着いて来た感じだったので、お邪魔します

ダイアトーン購入おめでとうございます

購入された機器のポテンシャルを引き出そうとされているのが共感できました
MOTTAINAIですものね
まだまだ、航海の途中で楽しそうな印象を受けました。

ATCにご関心があるとの事
自分も今年の初めに、気に留めたSPです
ショップのお兄さんのお話だと、エージングが長いそうです
その時、アンプの話をしましたが、あちらプロですので感覚
が違うと言うか、『普通に鳴らしちゃいますけどね』って言ってました
実はその時、展示品をお得意さんに、泣き落されて、異例の売却をした
直後で、ブックシェルフでは試聴できませんでした
Power Of Tower(逆かな)を試聴しましたが、高音、キンキンしてました
全然、参考になりませんでした

展示品もまだ、お兄さん的にはエージング中だったそうですが
きっとお得意さんも、良く解ってらしたんだろうなと解釈してます

ご参考まで

書込番号:8228505

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:7411件Goodアンサー獲得:865件

2008/08/20 07:19(1年以上前)

二羽の兎さん、おはようございます。

>DIATONE DS-1000クラスのSPが、電源系のチューニングによって、中級AVアンプで慣らしきれるようになるのは、素晴らしいことですね!

私も電源系のチューニングでここまで出来るとは、予想もしていませんでした。サラウンドスピーカとしてKEFのHTS3001(11.5cm同軸)を導入当時はヤマハのYPAOでは、フロントスピーカサイズは小、サラウンドは大と判定され笑ってしまいました。KEFのエージングが済んでおらず中高域が出きっていないため、低音過多でそう判定されたものです。1週間後には小判定に変わりました。
電源ケーブル交換でフロントも大判定に変わったため、その後は常識的な判定になっています。

AVアンプでスピーカを鳴らしきれていないと感じた場合の対策は、パワーアンプの追加が一般的ですが、「場所を取る」「操作が面倒になる」「費用が高い」「消費電力が増大する」というデメリットがあります。その点、電源系のチューニングは、異常に高価な電源ケーブルや電源タップを選択しなければ、こうしたデメリットがありません。
また将来、パワーアンプを追加する場合でも効果が期待でき、投資は無駄になりません。

>新居に移ってからになりますが、壁コンから電源ケーブルで、いろいろ試してみたいという勇気が湧いてきました。
まずは、Minerva2000さんのコピーから、となるかも知れませんが、ご容赦下さいませ。

私が選択した電源系チューニングパーツは、stereo誌で福田先生が推奨されていたものばかりです。何の気兼ねもなくコピーしてください。ちなみに福田先生はダイヤトーンのDS-5000を今でもメインシステムとしてお使いで、二羽の兎さんとも相性が良いかもしれません。先生によれば、80年代のダイヤトーンを今、製品化するとすれば、当時の4倍以上の値段になるそうで、それだけの価値のあるスピーカとのことです。
最近ショップでB&Wの803S,804SをCD持参で試聴しましたが、DS-1000から交換するほどの価値はないと感じました。

書込番号:8229254

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:187件

2008/08/20 19:10(1年以上前)

そして何も聞こえなくなったさん、こんばんは。

>私は密閉型のAR/Jの「クラシック1」を持っていますが、B&WのCM1に似て、少し後ろに引いた音場を作るスピーカで、高音の質もCM1に似ています。渋〜い音です。

小生は、無駄に長かったオーディオ歴の大半(約15年)を、Victor SX-500 Spiritという密閉型SPで過ごしていた影響かも知れませんが、密閉型SPで耳がフォーマットされているようで、バスレフ型、特にフロントにポートがあるタイプの音は苦手なのです。
どこか、低域を再利用して演出しているような鳴り方が、ピュア用<AV用、‘バスレフ’≒‘迫力演出システム’という偏見を生み出しているようなところがあります。

そして何も聞こえなくなったさんの中では、密閉型とバスレフ型について、どのような棲み分けをされているのか、よろしかったら、ご教授頂けないでしょうか?

書込番号:8231094

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:187件

2008/08/20 19:39(1年以上前)

Show Jhiさん、こんばんは。

>購入された機器のポテンシャルを引き出そうとされているのが共感できました
>MOTTAINAIですものね
>まだまだ、航海の途中で楽しそうな印象を受けました。

管球アンプの国から、再び航海に出て、大海原で漂流中であります。
“MOTTAINAI”は、サイドプレス王国(?)の言葉だと思いますが、万国共通の大切な姿勢だと思います。趣味の楽しみ方は十人十色、過程をこそ楽しむべき、というのが小生のスタンスになります。先を急ぐと、直ぐに卒業式を迎えてしまいますので…。

>『普通に鳴らしちゃいますけどね』って言ってました

ATCは、行きつけのショップでSCM-19をDENON PMA-2000AEで鳴らしているのしか聴いたことがありませんが、ミッドレンジが異様に大きなドーム型だったことと造りが重厚で重かったこと、なにより密閉型であったことで気に入ってしまいました。
音については、スピーカーのところで一瞬情報をため込んで“間”をおいてから理性的な音を空間に出すような感覚が、魅力的と感じました。
PMA-2000AEでは、ポテンシャルの50%位かな?というイメージで、ショップの方に、「どのくらいのアンプなら、気持ちよく鳴らせますか?」と問うと、「うーん。」と解答無しでした。

話は変わりますが、Show Jhiさんには、僭越ながら、是非とも、管球アンプの国にお出かけになられることを心より望みます。秋になって涼しくなったら、暖房代わりに一基、ご検討下さいませ。

書込番号:8231181

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:187件

2008/08/20 19:46(1年以上前)

Minerva2000さん、こんばんは。

>(福田)先生によれば、80年代のダイヤトーンを今、製品化するとすれば、当時の4倍以上の値段になるそうで、それだけの価値のあるスピーカとのことです。
>最近ショップでB&Wの803S,804SをCD持参で試聴しましたが、DS-1000から交換するほどの価値はないと感じました。

とすると、DS-9Zが当時30万円(ペア)→120万円(ペア)という概算になりますから、経年劣化しているとはいえ、道理で極上の音がするわけです。オーディオに限らず、趣味は値段が全てではありませんが、安物といわれるよりは気分が良いです(嬉)。

B&W 805S/804Sは、格好も音もとても良いスピーカーだと思いますが、DS-9Zの方が自分としては好みです。C/Pでは比較になりません。

ゴリゴリの生音系という視点でみると、ショップで試聴した限りでは、B&Wの音は、DIATONEに比べると、やや曖昧というか、マイルドな雰囲気が演出されているような気がしました。音場も引っ込んでいて、こちら側に音が飛んでこない控えめの優等生とでも申しましょうか。
バーバリズムと言う点で、DIATONEに比肩するスピーカーって、なかなか無いように思いますが、いかがでしょうか。
自宅で比較したわけではないので、あくまで予測になりますが。

書込番号:8231202

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:7411件Goodアンサー獲得:865件

2008/08/20 21:45(1年以上前)

satoakichanさん、こんばんは。

ご指摘のスレッドを読ませていただきました。この「元・副会長さん」の議論の仕方は、あいまいさが無く、畳み掛けるように進められており、すばらしいですね。私はその足元にもおよびません。つい感情的になって、向こうに揚げ足を取られてしまっています。

私はこういう議論には向いていないのが分かりましたし、時間の無駄(テストに5時間! 疲れました。)であることも分かりましたので、もっといろいろなソフトを視聴して、時間を有効利用したいと思います。

書込番号:8231696

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:7411件Goodアンサー獲得:865件

2008/08/20 22:12(1年以上前)


>ゴリゴリの生音系という視点でみると、ショップで試聴した限りでは、B&Wの音は、DIATONEに比べると、やや曖昧というか、マイルドな雰囲気が演出されているような気がしました。音場も引っ込んでいて、こちら側に音が飛んでこない控えめの優等生とでも申しましょうか。

私も同じ印象を持ちました。 高域もシャープなのですが、金管がこちらに突き刺さってきませんね。ベルリンフィルがまるでリハーサルみたいに、たんたんとクールに演奏している感じです。その点ダイヤトーンは、もっとホットで、音の塊がこちらにバンバン飛んできます。

>バーバリズムと言う点で、DIATONEに比肩するスピーカーって、なかなか無いように思いますが、いかがでしょうか。

もちろん私も自宅に持ち込んで比較したわけではないのですが、ショップでの相対比較では、JBLの4428がフロントバスレフではありますが、オーケストラのごりごりの低音が力強く出てきます。また金管楽器群の炸裂感もすばらしく、この点はDS-1000を上回っているのではと思えるほどです。全域で極めてホットな音で、音楽が心底から楽しめるのではと思います。
同じJBLのスピーカでも、S143MK2、LS80、S4600、1000ARRAY BGは、4428の特徴は薄いと感じました。4338は4428よりさらに良い点があると思いましたが、横幅が広くてスクリーンに少しひっかかり、置けないのが残念です。

書込番号:8231859

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:3390件Goodアンサー獲得:29件 縁側-ライブ・エンターテインメントの掲示板オーディオ・マルチチャンネル 

2008/08/21 12:25(1年以上前)

>そして何も聞こえなくなったさんの中では、密閉型とバスレフ型について、
>どのような棲み分けをされているのか、よろしかったら、ご教授頂けないでしょうか?

密閉型としてクラシック1と、IMAGE11/KAI(ともに小型スピーカ)を持っていますが、両者の印象はというと

両者ともに質の高い緻密な、つながりの良い中高音を持っています。

IMAGE11/KAIは明るく元気な感じで、能率も良いのです。
クラシック1は渋い音で能率は悪いのですが、低音が下まで伸びてます。

たぶんクラシック1のほうが低音を出すため振動系を重くしているようです。

このように密閉型でも設計でいろいろな音が作れるので、密閉型だからこう、バスレフ型だからこう、というのはないようです。

バスレフ型でも、引き締まった低音の出るスピーカがあるので、それなら密閉型にこだわる必要もないかなと思います。

書込番号:8233888

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:1705件

2008/08/21 22:34(1年以上前)

二羽の兎さん、こんばんは。初めまして。

 新築、おめでとうございます。Minerva2000さんのアドバイスで電源から計画が出来て良かったですね。Minerva2000さんとは同じクラシックファンで大音響派です。電源は重要ですね。こだわる人は電力会社に頼み自費で電線から電柱まで替えた人を知っています。その効果は抜群で目前10cmの鈴の音も再現されるそうです。

 価格コムの書き込みでオーディオファンは大勢いますが、意外とクラシックファンは少なくMinerva2000さんを追ってきましたら、この板に辿り着きました。今後も宜しくお願いいたします。お気に入りに登録させていただきました。
使う機材も違いますし、ソフトの情報交換も希薄になりがちです。カラヤンのグラムフォン盤なども感激した一人です。ゴリゴリ生音は最近のCDやCACDには殆ど無く、それに近いのはBShiのN響です。最近、NHKから小澤征爾の音楽BDが発売されました。音質クオリティは究極とされる非圧縮5.1CHリニアPCMですが、音質は放送録画と殆ど変わりませんでした。(放送録画の音質が、それだけ良いと言う事です)

Minerva2000さん、お久し振りです。その節はお世話しなりました。

 AX4600は元気ですか。私はHDMI接続が出来ませんので小澤征爾の音楽BDを2CHに設定して再生しました。音はリアから出ていますが擬似サラウンドです。[悲愴]はテラークの低域ノーカット盤がありましたので聴き比べてみましたが大太鼓の音が全く違いますね。ストラビンスキーが[春の祭典]の録音を聴き激怒したそうですが、その様な音と思います。家が持ち上がるほどの大音響です。しかし、この音は幼少のとき[東京文化会館]で体験した[第九]の最終楽章の音なのですが。

書込番号:8235819

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:7411件Goodアンサー獲得:865件

2008/08/21 23:50(1年以上前)

画質にこだわりさん、

ご無沙汰しています。こちらこそ、その節は色々教えていただきありがとうございました。
確かにクラシック音楽を話題にされる方は、二羽の兎さんを始め若干おられますが、確かに少ないですね。
AX4600も今のところ絶好調です。NHKの放送音質も意外とすばらしいですね。ブラームスのバイオリンとチェロのための2重協奏曲(ラトル指揮、ベルリンフィル)も廃工場での演奏でしたが、すばらしい音でHDDに保存してあります。(BDレコーダはまだ所有していません。)

私は実は、クラシック音楽以外にポップスや歌謡曲も聴きます。NHKの歌謡曲の音も、下手なCDより良いくらいです。最近では北原ミレイの「ざんげの値打ちもない」がよかったです。レコード化されなかった幻の4番の歌詞付きで、初めて題名の意味が理解できました。
この番組の冒頭で、都はるみが「北の宿から」を歌っており、そのあまりの熱唱ぶりに思わず涙しました。こんな経験は、歌謡曲では初めてでした。

テラークのCDも、ごりごりのオーケストラの低音が聴けますね。ロック版DECCAの次に好きなレーベルでしたので、LP以来、多数のCDを所有しています。

ご幼少の頃、東京文化会館で第九を聴かれていたのですか。私の最初のオーケストラ体験は、小学校の講堂で聞いた関西交響楽団(朝比奈隆さん指揮)でした。その小学校には、年に1度、全校一斉の音楽鑑賞の時間があり、全生徒(といっても600名程度)が講堂に集まり、関西交響楽団の演奏を聴きました。ハチャトーリアンの「剣の舞」の迫力ある演奏は、今でも覚えています。

書込番号:8236282

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:1705件

2008/08/22 00:34(1年以上前)

Minerva2000さん

>下手なCDより良いくらいです。

全くその通りですね。放送音声は圧縮だから音質が良くないと言う人がいますが、解凍の仕組みや電源に無頓着な方と思います。私の場合は[壁コン]をオーディオ専用にしましたら[空気感]まで再現されるようになりました。それを自分の体験だけで否定される方がいる事は一種の罪悪と感じました。

書込番号:8236496

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:187件

2008/08/22 06:10(1年以上前)

Minerva2000さん、おはようございます。

>ショップでの相対比較では、JBLの4428がフロントバスレフではありますが、オーケストラのごりごりの低音が力強く出てきます。
>また金管楽器群の炸裂感もすばらしく、この点はDS-1000を上回っているのではと思えるほどです。

4428は、良さそうですね。JBLもこの辺りからが‘JBL’なのでしょうか。クラス的には上限越えになりますが…。
DS-1000も負けず劣らずとのことで、中古ダイヤトーンコレクターとしては、こちらの方に興味が湧いてしまいます(笑)。DS-2000なら、近所のリサイクルショップに眠っているのですが、ちと状態が良くないので静観しています。DS-8000やDS-A1も近所のショップにありますが、こちらはお安くないです。

4338になると、大きさはともかく、小生にとっては卒業式クラスです。先の楽しみに、また、目標の一つとして、大切にしたいと思います。

>ブラームスのバイオリンとチェロのための2重協奏曲(ラトル指揮、ベルリンフィル)も廃工場での演奏でしたが、すばらしい音でHDDに保存してあります。

引っ越してからの楽しみの一つが、いよいよBSデビューすることなのです。これまで、受信料を払い続けていても、NHKと言えばニュース番組&幼児番組中心で、とても元を取っているとは言えない日々でした。BSなら良質な音楽番組を堪能できるに違いありません。
現在使用中のDVD/HDDレコーダーも行き先のない番組でいっぱいになって重くなっていますので、BDレコーダーを新規導入してBS hiを堪能したいと目論んでいます。機種選びが、楽しみです。

書込番号:8236924

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:187件

2008/08/22 06:26(1年以上前)

画質にこだわりさん、こちらこそ、初めまして、おはようございます。

>新築、おめでとうございます。
>Minerva2000さんのアドバイスで電源から計画が出来て良かったですね。

有り難うございます。
拘りきれなかったところもあるのですが、追々、コツコツ、楽しんでいきたいと思っています。

>ゴリゴリ生音は最近のCDやCACDには殆ど無く、それに近いのはBShiのN響です。最近、NHKから小澤征爾の音楽BDが発売されました。
>音質クオリティは究極とされる非圧縮5.1CHリニアPCMですが、音質は放送録画と殆ど変わりませんでした。

BS hiは、さすがはNHKという期待がふくらんできます。
ところで、大変恐縮なのですが、設置に当たって、
 BSアンテナのメーカーや種類
 同軸ケーブルのメーカーや種類
 その他
につきまして、お薦めや注意点など有りましたら、ご教唆頂けないでしょうか。

書込番号:8236946

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:1705件

2008/08/22 08:19(1年以上前)

二羽の兎さん、おはようございます。

>BSアンテナのメーカーや種類、同軸ケーブルのメーカーや種類 その他につきまして、お薦めや注意点など有りましたら・・・・

BSのパラボナアンテナはPana製とSONY製を使っていますが、メーカーには余りこだわらなくても宜しいのではないでしょうか。Pana製はアナログハイビジョンのもので、9年前にTVを購入時に電気屋さんが設置したものです。降雨や降雪の時に少しでも感度を良くするために口径45cmをお願いしましたが、40cmで充分です。後にPDPを購入したときに、近くの家電量販店でSONY製アンテナキットを購入しました。これは取り付け金具や同軸ケーブルが同梱されていまして、長さも15mあり、フルに使っていますが全く問題がありません。

注意点は午後の2時に太陽が見えるところであれば受信が可能です。方位角は東京で東経224.1度、仰角38.1度です。仰角はラフでも大丈夫ですが、方向はものすごくシビアです。1度、方向が外れると受信感度はゼロになります。チューナーやレコを持ち込み、パラボナを動かしながら受信レベルを見る必要があります。少しでも反応があれば、しめたものです。そこから受信レベルが最高になるように仰角も追い込んでいきます。ナットを締めただけでもレベルが変わりますので、その分を計算しておく必要があります。

書込番号:8237117

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:187件

2008/08/22 18:42(1年以上前)

そして何も聞こえなくなったさん、こんばんは。

>このように密閉型でも設計でいろいろな音が作れるので、密閉型だからこう、バスレフ型だからこう、というのはないようです。
>バスレフ型でも、引き締まった低音の出るスピーカがあるので、それなら密閉型にこだわる必要もないかなと思います。

なんだか、当たり前のことを質問してしまい、申し訳ありませんでした。

DIATONE DS-600Zは、導入して6日目ですが、毎日少しずつ鳴らしていたら、音のつながり(中高域)が良くなって、まろやかになってきました。バスレフの音は、ソースによって気になることもありますが、おおむね解放したままでも、気にならなくなってきました。

今日は、村治佳織の「カヴァティーナ」(ビクター)を鳴らしています。
まろやかです。
2003年にデッカと専属契約を結んで、年に1つずつ位の割合でSACD/CDをリリースしているようなので、どれかを聴いてみたいと思います。

書込番号:8238572

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:187件

2008/08/22 18:48(1年以上前)

画質にこだわりさん、こんばんは。

早速のお返事有り難うございます。

>メーカーには余りこだわらなくても宜しいのではないでしょうか。
>40cmで充分です。

とても参考になります。
少し、ホッとしました(笑)。

設置は、電気屋さんにお願いすることになると思います。
屋根からの転落の問題がありますし、今回は、地デジアンテナも一緒にお願いしようと思っています。

書込番号:8238591

ナイスクチコミ!0


エイヤさん
クチコミ投稿数:354件Goodアンサー獲得:3件

2008/08/22 19:19(1年以上前)

こんばんは、
パラボラアンテナのメーカーはパナやSONYでも
マスプロなど、3大アンテナメーカーのOEMと思われます。
http://www.rakuten.ne.jp/gold/seiko-t/bs110cs-2008.html
同軸ケーブルはS-5C-FBが3Cよりよろしいかと思います。

アンプとの接続はRCA,HDMIどちらにされます?。

書込番号:8238693

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:3390件Goodアンサー獲得:29件 縁側-ライブ・エンターテインメントの掲示板オーディオ・マルチチャンネル 

2008/08/22 19:26(1年以上前)

皆さんこんばんは。

二羽の兎さん、補足ですが、私も自分が密閉型SPのファンであることを思い出しました;;

いま使ってるSPは、ヘリコン300以外全部密閉型です。サブウーファも密閉型です。密閉型の良さは、低音がだぶつかないことですが、バスレフ型で低音がしまったスピーカを探すと、カリスマ級になると思います。

ただバスレフ型と言ってもスポンジを詰めて密閉型に近い動作をさせることもできるので、僕ならバスレフ型を買うならスポンジ付属のものを買います。エラックとかCM1はスポンジ付属です。

村治佳織の弟もギタリストでコンサートで聴いたことがあります。ロドリーゴの「貴紳」でしたが、この曲もアランフェスよりも地味だけれど良いですよ。

テラークの話題も有りますが、テラークの録音は最小限のマイクで録った、奥行きの深い柔らかい音が特徴ではないですか?低音もゆったりして下まで延びています。

そしてテラークと言えば、看板アーティストは、カンゼル&シンシナティ・ポップスですね。最近P・ヤルヴィも居ますが。
私はテラークの最新盤:カンゼル「ボレロ、カルメン組曲」(SACD)を今日注文しました。

書込番号:8238710

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:187件

2008/08/23 02:25(1年以上前)

エイヤさん、こんばんは。

有力な情報を有り難うございます。

>同軸ケーブルはS-5C-FBが3Cよりよろしいかと思います。

自分でも少し調べてみました。
現在は、「S-5C-FBL」という3重シールドタイプが推奨されている様です。コネクターが太目の専用のタイプになるようです。設置の時に、拘ってみます。
https://www.satellite.co.jp/cable-connector.html

>アンプとの接続はRCA,HDMIどちらにされます?。

AVC3808は、HDMI入力が3箇所有りますので、まずはこちらから埋めていきたいと考えています。アナログマルチ出力端子のあるSACDPやBDP等を導入した場合は、RCA(EXT.IN)を使ってみます。

書込番号:8240444

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:187件

2008/08/23 03:13(1年以上前)

そして何も聞こえなくなったさん、こんばんは。

>補足ですが、私も自分が密閉型SPのファンであることを思い出しました;;
>密閉型の良さは、低音がだぶつかないことですが、バスレフ型で低音がしまったスピーカを探すと、カリスマ級になると思います。

密閉型SPのファンでしたか。
これは、心強い味方を得た気分です(嬉)。
強力な情報を有り難うございます。

バスレフポートからの音については、いったん気になり出すと、とても気になってしまうので、皆さんがあまり話題にしないのは何故かな?と常々疑問に思っていました。

特に、ピアノソロで、乾いた音色を聴かせようと弾いている様な時に、低域が一瞬遅れて響くのが気になっていました。ピアニストが、ペダルを駆使したり、弾き方で音色をコントロールしていても、スピーカーのところで靄がかかるというと大げさですが、微妙なタッチの違いが分かりにくくなるようなイメージです。
個人的には、SPケーブルを変えて感じられる音の変化より、バスレフポートのあるなしの方が低域再生に与える影響が大きいように感じています。

>ただバスレフ型と言ってもスポンジを詰めて密閉型に近い動作をさせることもできるので、僕ならバスレフ型を買うならスポンジ付属のものを買います。

ピアノソロを聴く時は、DS-600Zのバスレフポートを綿の靴下で塞いでいました。靴下なら、サイズも色々選べますし(笑)
スポンジか靴下か、また、全部塞ぐのか半分が良いのか?
この辺りは、“バスレフ型スピーカーのセッティング術”という大きなテーマになりそうですね。
そのうち、バスレフポートチューニンググッズ、なんかが出てきても、小生は驚きません(笑)

書込番号:8240514

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:2718件Goodアンサー獲得:13件

2008/08/23 07:23(1年以上前)

二羽の兎さん おはようございます、1点面白そうだったので!

>そのうち、バスレフポートチューニンググッズ、なんかが出てきても、小生は驚きません(笑)

私が使っているKEFのIQ9ですがバスレフポートが中央部分と下部部分に2つあり各々スポンジが付いています。チューニンググッズ程の物ではないですが、好みにより使い分けが出来る様になっています。
それ程真剣に実験をしてなかったのですが、これは一度前向きにやってみようと言う気にさせられました(^^)  

書込番号:8240724

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:3390件Goodアンサー獲得:29件 縁側-ライブ・エンターテインメントの掲示板オーディオ・マルチチャンネル 

2008/08/23 08:46(1年以上前)

おはようございます。

バスレフポートといえば、FAPSさんのサイトを思い出しました。
http://www.ne.jp/asahi/home/family.arts/faps_labo/brilon_port.htm
ここでは風切り音をなくす工夫をされています。どうやらラッパみたいに広げるほうが有利みたいです。KEFのスピーカのポートも先が広がってます。うちのヘリコンのポートも先が広がってます。

「風切り音」はよく言われるけれど、確認したことがありません。誰か確認した方いますか?

まあ、密閉型は、その構造上「風切り音」はないのですが、キャビネットの肉厚も厚くし、吸音材をたっぷり入れる、駆動力のあるアンプで駆動しないといけないという、不利な条件がいっぱいあります。

AVアンプで軽やかに鳴らすには、バスレフ型しか選択はないという気がします。





書込番号:8240860

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:187件

2008/08/23 11:42(1年以上前)

皆様、おはようございます。

今朝は、2時間程、久しぶりにまとまった自由時間が出来たので、かねてからの懸案事項を一つ片づけてみました。

このスレのはじめの方[8145703]で、そして何も聞こえなくなったさんから教えて頂いたことがありました。

>この人とは「私」のことですが、AVアンプのCD端子に入れると内部でディジタル信号に変換されて、またアナログ信号に再変換され、当然音質の劣化が起こります。
>なので、そのときはAVアンプのEXT.INのフロント端子に入れるのが良いと思います。
>これだとアナログ信号のままスピーカまで行きます。

これを試してみました。

結果は、驚き!でした。
今まで、CD端子にRCA入力<同軸デジタル入力、と判断して、あれこれセッティングしていたのがむなしくなる程の差がありました。
これなら、普通のプリメインアンプと変わりません。

新しく、ミドル(ロウ)クラスのプリメインアンプを購入したような気分になりました。それも、S/Nのよいスッキリとした再生で、変な修飾もなく、入力のまま増幅して素直にスピーカーを駆動するデノンらしからぬ音は、掘り出し物です。DCD-1650AEからのSACDステレオも、極上のきめ細かさで言うこと無しでした。

気分を良くして、SONY CDP-338ESDという20年モノで、我が家ではいまだ現役のCDプレーヤーをAVC3808専用にあつらえてみました。結果は上々で、DS-600Zとの相性も良好です。
しばらくこのまま固定してみたいと思います。
http://cdp101.hp.infoseek.co.jp/cdp338esd/cdp338esd.html

AVC-3808をお使いの皆さまで、EXI.INのフロント端子が空いている方がおられましたら、直ぐにでも、CD/SACDPからのRCA出力をつないで使用することを強くお薦めします。

書込番号:8241408

ナイスクチコミ!0


ShowJhiさん
クチコミ投稿数:2575件Goodアンサー獲得:6件

2008/08/23 20:18(1年以上前)

こんばんは

気になるのが、あったのでレスしました

>この人とは「私」のことですが、AVアンプのCD端子に入れると内部でディジタル信号に
>変換されて、またアナログ信号に再変換され、当然音質の劣化が起こります。
>なので、そのときはAVアンプのEXT.INのフロント端子に入れるのが良いと思いま
>す。
>これだとアナログ信号のままスピーカまで行きます。

AVC3808のHPの図
http://denon.jp/products2/avc3808.html
見ていると、ADC変換されていますが、取説上のデジタルとアナログのペアーで
入力の説明のあるもの(CD)が対象なんでしょうかね

普通に考えると、アナログマルチ入力のフロントに入れると
AD変換されないと思うのですが、どうなんでしょう

どちらにせよ、DENONのAVアンプのユーザーには、重要な情報ですね
エイヤさんが、USBのMP3の方がマシに感じると言われるのが解る気がしました

ところで、二羽の兎さん
『今朝は、2時間程、久しぶりにまとまった自由時間が出来たので』
お忙しそうですね。
お身体気を付けて下さいませ

書込番号:8243047

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:3390件Goodアンサー獲得:29件 縁側-ライブ・エンターテインメントの掲示板オーディオ・マルチチャンネル 

2008/08/23 21:11(1年以上前)

ShowJhiさん、これはデノンだけでなくすべてのAVアンプに言えます。

CD端子から入力して、ワイドスクリーン、スーパースタジアム、ロックアリーナなど疑似サラウンドモードを設定できるならば、その信号はアンプ内でディジタル変換されています。

AVアンプのメーカーは、アナログ入力でそのような疑似サラウンドの需要があると見込んだのでしょう。普通、疑似サラウンドをしたければ同軸入力を使えばよいので、よけいなことだと思うのですが・・・

書込番号:8243281

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:187件

2008/08/23 21:28(1年以上前)

Show Jhiさん、こんばんは。

>AVC3808のHPの図(略)見ていると、ADC変換されていますが、取説上のデジタルとアナログのペアーで入力の説明のあるもの(CD)が対象なんでしょうかね

実は、小生も同じ様に解釈していて、EXI.IN端子をCD端子のマルチチャンネル仕様と同様だと考えていて、眼中になかったのです。
しかし、そして何も聞こえなくなったさんの教えがありましたので、とても気になっていて、今朝試しにつないでみると、これまでAVC3808では聴かれなかったヌケのよい再生音が聴かれたものですから、少々はしゃいでコメントしてしまいました。
Show Jhiさんのご指摘を受けて、早速、デノンに仕様確認のメールを送りました。1週間以内には、何らかの解答があるかと思われます。
返答が得られ次第、報告させて頂きます。

>お忙しそうですね。
>お身体気を付けて下さいませ

ご心配頂きまして、有り難うございます。
‘常にケータイ電話につながれている生活’と言う意味で自由がないのですが、肉体的に休めない訳では有りませんので、大丈夫であります。
健康管理は、メインの趣味とも言える‘自転車通勤片道18km’で、メタボ対策しておりますので、自称健康体であります。…現実はメタボ体型?

今日は、Emi Fujita, camomile Best AudioのCD層を聴きながら、そろそろ休みます。

書込番号:8243374

ナイスクチコミ!0


ShowJhiさん
クチコミ投稿数:2575件Goodアンサー獲得:6件

2008/08/23 21:35(1年以上前)

そして何も聞こえなくなったさん こんばんは

DENONだけじゃないんですか?

ちなみに、自分は、ONKYOのSA-907FXという世代前のAVアンプを使ってますが
CD専用の2CH端子・入力選択は無く、DVD/CD共用でアナログマルチ入力と兼ねてます

CDの場合、アナログとデジタルの入力を両方接続していると、
デジタル優先となってCDの音が悪いと結構長く悩んだことを思い出しました
そこで、デジタル(光)の接続を外して、アナログ入力のみし、
DIRECTモードにすると、AD変換はされずに、音が良くなりました

この場合、SA-907FXのDACがあまり宜しくないと言う事なんでしょうけど

今のONKYOのAVアンプの仕様は解ってないですが、少なからず、『すべて』では
ないと思います

※ちょうど今、以前、お勧め頂いたtacet盤 ベートーベンSynNo7聴いてたところでした
なんちゃって指揮ダイエットはしてませんがね(笑

書込番号:8243419

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:187件

2008/08/23 21:58(1年以上前)

そして何も聞こえなくなったさん、こんばんは。

>AVアンプのメーカーは、アナログ入力でそのような疑似サラウンドの需要があると見込んだのでしょう。
>普通、疑似サラウンドをしたければ同軸入力を使えばよいので、よけいなことだと思うのですが・・・

今日の実験が錯覚でなければ、AVC3808のCD端子入力の存在理由が全く分からない程の差がありました。

・アナログ入力なら、プリメインアンプ(マルチチャンネル含む)として機能する。
(ないしは、ボリューム付きのマルチチャンネルパワーアンプとして)
・デジタル入力の場合、AVアンプとしていろいろ遊べる。

という仕様こそ、ヘビーユーザーの望むところではないでしょうか?
ヘビーではないユーザーはエントリークラスまで、中級以上は、ピュアオーディオを意識して作り込んで欲しいものだと、ちょっと思いました。
→DENONの解答を待ちたいと思います。

バスレフポートの件は、もう少し、実験を積み重ねつつ、情報が集まるのを待ちたいと思います。

>バスレフポートといえば、FAPSさんのサイトを思い出しました。

これは、強烈なレポートです。
小生のような貧乏性ではとても出来ないような、大胆な実験ですね。
バスレフポートからの音、風切り音等については、実は、小生の父親世代で、自作スピーカーを堪能されていた方の話によると、プラスティックの水道管を使う場合、口径や長さに気を遣い、完成後のチューニングは、靴下や雑巾、スポンジや丸めた新聞紙で行っていたという、素人情報もありましたので、意外と重要な問題ではないかと感じています。

今日一日、DS-600Zのフロントバスレフポートは、比較的小さな靴下で塞いでいて、低音のしまり具合は上々でした。

書込番号:8243570

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:3390件Goodアンサー獲得:29件 縁側-ライブ・エンターテインメントの掲示板オーディオ・マルチチャンネル 

2008/08/24 17:55(1年以上前)

MINERVA2000さん、こんにちは。
教えてください、このデッカの「仮面舞踏会」を買おうか考えていますが、エンジニアはどうすれば調べられますか?
http://www.hmv.co.jp/product/detail/1797595

前に言ったデッカの「トゥーランドット」(メータ,LPO)は、音に張りがあって気に入っているのですが、カバーを読むとエンジニアはWilkinsonとJames Lockでした。

書込番号:8247383

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:187件

2008/08/24 18:27(1年以上前)

みなさま、こんばんは。

みなさまのおかげで、システムの方は、普通にクラシックを楽しめる様になってきましたので、しばらくは、ソフトの蒐集に励みたいと思います。

今日の獲物は、

@GOULD&KARAJANのベートーベン・ピアノ協奏曲3他 (SONY)
http://www.hmv.co.jp/product/detail/2713118

A村治佳織 lumieres (DECCA)
http://www.hmv.co.jp/product/detail/1403192

@は、グールドのライブだったので、無条件で購入しました。
演奏は最高に面白いと思います。
カラヤンが大人で、グールドが無邪気な子どものようですが、グールドフリークの小生にとっては、文句のつけようがありません。カラヤンを従えて我が道を行くグールドになってみたいような、気持ちの良い演奏です。

ディヌ・リパッティ&カラヤンのグリーグ&シューマン ピアノ協奏曲1947-48(EMI)とともに、我が家の家宝にしたいと思います。

Aは、ギターの多彩な音色が丁寧に録音されていて、とても楽しめました。サティは、まるでピアノの様です。‘ギターは小さなオーケストラ’というのが堪能できる作品です。

書込番号:8247538

ナイスクチコミ!0


エイヤさん
クチコミ投稿数:354件Goodアンサー獲得:3件

2008/08/24 19:41(1年以上前)

こんばんは、
サラウンド環境復帰した所、機器購入熱が冷めましたのでサイフに優しい状態です。

しばらくは、こちらのスレッドなどを参考に優秀音盤を買い足したいと思います。

機器買い増しは、冬の賞与支給後から年末が危険な時期かと思います。
トライのCDPの様に、機器が威張らない低姿勢な物が好感度高いです。

書込番号:8247864

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:7411件Goodアンサー獲得:865件

2008/08/24 23:22(1年以上前)

そして何も聞こえなくなったさん、こんばんは。

どこで調べれば、レコーディング・エンジニアが分るかなんですが、ネットでその情報を公開しているところは残念ながら知りません。海外にはあるのかも知れませんが、調べていません。店舗でCDを買う前に裏を見るか、そこに書いていないとなると、買ってから中の説明書を読むかです。ただし、中の説明にも書かれていない場合があります。

テラークの録音については、1980年代ものについては、20枚以上所有していますが、小沢征二指揮のベートーヴェン交響曲第5番のような例外を除いて、メリハリ調の高音とバリバリの低音が録音の特徴だと思います。その典型としては、
Time Warp, Hollywood's Greatest Hits, Round-up が上げられます。2004年録音のカンゼル指揮、シンシナティポップスの「ベンハー ミクロス・ローザによる3つの合唱組曲」の中に、戦車のパレードがありますが、Hollywood's Greatest Hitsに収録されている同じ曲の録音に比較すると、高域は、よく言えば自然で強調感は減っています。またドイツ・グラモフォン顔負けの低音楽器群のゴリゴリ感も減少しています。とは言うものの、低音の量感は十分であり、強力なダンピングが効いています。
こういう録音が今風なのでしょう。
またこの録音では、マイクロフォンは6種類使用されていました。1種類で1本とは考えにくいので、かなりのマルチマイク録音ではないでしょうか? レコーディング・エンジニアはJack Rennerで昔から変わっていませんが。

書込番号:8249123

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:3390件Goodアンサー獲得:29件 縁側-ライブ・エンターテインメントの掲示板オーディオ・マルチチャンネル 

2008/08/24 23:58(1年以上前)

MINERVAさん、有り難うございました。

デッカの73年の「トゥーランドット」はDレンジの広い、張りのある音ですが、67年の「ノルマ」がもやもやっとした音だったので、エンジニアを調べられないのなら、デッカの70年の「仮面舞踏会」を買うのは冒険ですね。安全を優先して85年のカラヤン盤(G)にします。80年代の晩年のカラヤンは美しい音になっていると思いますが、まあ許容範囲です。

テラークは、その「ベンハー」が今風の録音だと思います。6本もマイクを使っていますか? 私は「ロシアの夜」(2005年)ハイブリッド盤を持っていますが、水準の高いオーソドックスな録音という感想です。シンシナティo.だからか重厚よりも軽快な印象があります。こんど買う「ボレロ・カルメン組曲」も楽しみです。

書込番号:8249380

ナイスクチコミ!0


ばうさん
クチコミ投稿数:5084件Goodアンサー獲得:242件 縁側-ばう(bauhoo)のメモの掲示板

2008/08/25 16:23(1年以上前)

二羽の兎さんこんにちは。

> Show Jhiさんのご指摘を受けて、早速、デノンに仕様確認のメールを送りました。1週間以内には、何らかの解答があるかと思われます。
> 返答が得られ次第、報告させて頂きます。

実は私もこのスレを見て、昔からデノンの仕様が分からなかったので、これを機会にと思ってホームページ上から問い合わせていました。
今日、デノンお客様相談センターからメールで返事が来まして、要旨としては「STEREO DIRECT 再生ならデジタル処理されない」とのことでした。ご報告まで。

書込番号:8251558

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:187件

2008/08/25 18:45(1年以上前)

Show Jhiさん、ばうさん、みなさま、こんばんは。

DENONに問い合わせていた件につきまして、DENONより回答を頂きましたので、ご報告します。

(質問)
@EXI.IN端子に入力した場合は、A/D→D/A変換を回避出来るか?
Aその場合、AL 24 Proseccing Plus回路も回避されるか?
B@&Aが、イエスの場合、カタログや取説のどこにも明記されていないのは何故か?
C@&Aが、ノーの場合、EXI、IN入力から擬似サラウンドが使えないのは何故か?

<回答>
1. A/D,D/A変換は、行われません。(DSP回路をしません)
2. AL24回路も通りません。AL24は、DSP回路通過後、D/A時にAL24が働きます。
4. DSP回路を通らないため、サラウンド変換する事ができません。

(追加)
PURE DIRECT時は、DSP回路をパスし、オリジナルの音を生かした
再生ができるモードです。DSP回路を通らないため、プリメンアンプと同様の再生が可能となります。

というわけで、一部噛み合っていないのですが、
EXI.INからの入力は、A/D→D/A(AL24)を回避して、オリジナルのアナログ情報をそのまま増幅される。
ということは、確認されました。

質問していないことについての回答は、(追加)に記載しました。
PURE DIRECTモードは、実は“謎めいた”のモードで、私は理解できていないところもあるのですが、DENONの回答によると、DSP回路は回避できているようです。
どこが“謎めいて”いるかは、もう少し検証してから、コメントしたいと思います。

取り急ぎ、ご報告まで。

書込番号:8252058

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:187件

2008/08/28 19:12(1年以上前)

みなさま、こんばんは。

貴重な情報を数々お寄せ下さって、有り難うございました。
特に、電源系と優秀録音盤について、他では得がたい情報を下さった、Minerva2000さんと、そして何も聞こえなくなったさん、有り難うございました。

ご提供できるネタがそろそろ尽きてきましたので、本日をもちまして、このスレは終了とさせて頂きたいと思います。

しばらく充電して、実験ネタが貯まったところで、また、こりもせずスレ立てを行うかも知れませんが、そのときはよろしくお願い致します。

それでは皆さま、より良い音を目指して、お休みなさい。

書込番号:8266899

ナイスクチコミ!1


クチコミ一覧を見る


この製品の最安価格を見る

AVC-3808
DENON

AVC-3808

最安価格(税込): 価格情報の登録がありません   発売日:2007年 8月下旬

AVC-3808をお気に入り製品に追加する <113

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

クチコミ掲示板検索



検索対象カテゴリ
を対象として
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[AVアンプ]

AVアンプの選び方ガイド

新製品ニュース Headline

更新日:6月18日

クチコミ掲示板ランキング

(家電)

ユーザー満足度ランキング