『付属の「DigiOnSound5 Express for Sony」の能力について』のクチコミ掲示板

> > > > > クチコミ掲示板
PCM-D1 製品画像

拡大

価格情報の登録がありません 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:オープン

内蔵メモリー容量:4GB 最大録音時間:13.1時間 PCM-D1のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • PCM-D1の価格比較
  • PCM-D1の店頭購入
  • PCM-D1のスペック・仕様
  • PCM-D1のレビュー
  • PCM-D1のクチコミ
  • PCM-D1の画像・動画
  • PCM-D1のピックアップリスト
  • PCM-D1のオークション

PCM-D1SONY

最安価格(税込):価格情報の登録がありません 発売日:2005年11月21日

  • PCM-D1の価格比較
  • PCM-D1の店頭購入
  • PCM-D1のスペック・仕様
  • PCM-D1のレビュー
  • PCM-D1のクチコミ
  • PCM-D1の画像・動画
  • PCM-D1のピックアップリスト
  • PCM-D1のオークション

『付属の「DigiOnSound5 Express for Sony」の能力について』 のクチコミ掲示板

RSS


「PCM-D1」のクチコミ掲示板に
PCM-D1を新規書き込みPCM-D1をヘルプ付 新規書き込み



ナイスクチコミ5

返信12

お気に入りに追加

標準

ICレコーダー > SONY > PCM-D1

スレ主 0213さん
クチコミ投稿数:11件

クラシックをやっている者で、
DATを発売当時から何台か愛用してきました。
DATでは、たまにディジタル・ノイズが気になることもあり、
また機器の故障を何度か経験し、
随分と高額な修理費をつぎ込んで使ってきました。
世間はHDD型、そしてフラッシュ・メモリ型と進んできて、
故障の可能性が低くなったことは、
非常にありがたく思っています。

この度、パイプ・オルガンを録音する機会があり、
発売後もう少し待ってから買うべきだとは思いつつも、
奮発して注文することにしました。
録音を早速聴いてもましたが、それはそれは素晴らしい臨場感で、
パイプ・オルガン特有の、空気そのものが震える超低音から、
耳鳴りがするような超高音、そして残響の減衰の微妙な勾配まで、
何度聴き返しても溜息が止まらない素晴らしさです!

ただ、今回96KHz/24bitで録音したのですが、
本体からヘッドフォンで聴く分には問題なかったものの、
付属の「DigiOnSound5 Express for Sony」にてPC上で、
44.1KHz/16bitに変換してCDにひとまず編集なしで焼いてみたところ、
リサンプリング処理に生じたディジタル・ノイズが大量に発生し、
開いた口が塞がらないほどの悲惨な結果になってしまいました。
本体から直接聴いた音と、リサンプリング後の音が、
ここま程遠いものになることがあるとは思いもしませんでした。
これから、「DigiOnSound5 Express for Sony」でどれだけの
音の調整が効くものか挑戦してはみますが、
皆さん、このソフトをまだまだ過信しない方がよろしいかもしれません。
ちなみに、大手メーカーの信頼できるCD-Rを使用し、
録音時のRECレヴェルでは歪の生じない最適に調整していました。

CDに落として聴く目的がメインの録音の場合には、
もしかしたら現状の「DigiOnSound5 Express for Sony」の能力を考えると、
最初から44.1KHz/16bitで録音するのもひとつの無難な選択肢かもしれません。
若しくは、他の優秀なソフトをお使いになることも前提にお考えになられることを、
私からはお勧め致します。
それらの自信がない方は、折角の96KHz/24bitのディジタル録音を、
最悪の場合、アナログ接続にしてCDに落とさなくてはないない覚悟も、
もしかしたら必要になることもあるでしょう。

少なくとも、この付属ソフトでちょこっと変換しただけで、
96KHz/24bit→44.1KHz/16bitを原音に忠実にこなせるかというと、
編集なしには難しいこともあることをご報告しておきます。
勿論、どの音でも同じようになるとは限らないかと思いますが、
同じような問題をお感じの方、ご意見・アドヴァイスなどおありでしたら、
機器そのものの評価ではないものの、こちらで意見交換できたらと思い、
書かせていただきました。
ちなみに、WIN98時代のSOTEC製「PC STATION M380AV」に、
「DigiOnSound Light」http://www.digion.com/pro/dsl_main.htmが付属しており、
当時何度か使用したことがありましたが、沢山の問題を感じていました。
ここで再会して、進化はしていたものの、ガックリときています……

書込番号:5035724

ナイスクチコミ!0


返信する
若空潮さん
クチコミ投稿数:199件

2006/05/01 00:11(1年以上前)

0213さん、こんばんは。
私もクラシックをやっている人間でして、大変興味深いレポートでした。
結論として、96KHz/24bitで録音したものは、PCへ転送した後、ダウンコンバート
しないとCD等へ落とせないと言うことでしょうか?
私のPCはMacなので「Sound5 Express for Sony」が添付されていないため、
もっと厳しい環境ということになるでしょうか?
96KHz/24bitで録音したものの保存方法はどうしたらよいのでしょうか?
というか、4.1KHz/16bitとはやはり違う次元ですか?
質問ばかりで済みません。
気が向いたらご教授下さいませ。
それにしても、格好良く、惹かれる製品ではありますね。

書込番号:5039425

ナイスクチコミ!0


靖乃さん
クチコミ投稿数:1件 PCM-D1のオーナーPCM-D1の満足度5

2006/05/02 06:30(1年以上前)

若空潮さま

CDの規格事態が44.1kHz/16Bitなので勿論その形式に変換する必要があります。

0213さま

その録音のディジタルノイズが特に顕著に現れる箇所を数秒でいいので、96kHz/24Bitのwaveファイルと、「DigiOnSound5 Express for Sony」で変換した44.1kHz/16Bitのwaveファイルをサンプルでアップするということは出来ないでしょうか?

自分もロックバンドをやっていてライブやスタジオの録音に使っています。
特にライブの場合デジタルビデオカメラと一緒にPCM-D1で録音し、
48KHz/24BitのwaveファイルをSONYのSBMで48KHz/16Bitに落とし、
デジタルビデオカメラの音声と差し替えてDVDにしています。

同時にCD-Rにもするために44.1KHz/16Bitにもするのですが、
それでも違和感は全く感じません。

使っているソフトはVAIO付属のSonic Stage Mastering Studioです。

リサンプングの方法でもかなり変わってくると思うので、
一度このソフトでリサンプリングしてみてサンプルを上げてみたいです。

それで改善された場合は、SONYも最初からもっと良いソフトを付属させればいいのに、という事になりますよねぇ・・・

書込番号:5042507

ナイスクチコミ!0


スレ主 0213さん
クチコミ投稿数:11件

2006/05/16 09:56(1年以上前)

ご返信遅くなりました。

リサンプリングの件ですが、
ダメですねぇ〜
製品の性能自体は素晴らしいのですが、
付属ソフトのリサンプリング(ダウンコンバート)の方式が、
好ましくないようですね。
このままでは、折角の96KHz/24bitのディジタル録音も、
その価値が半減してしまいますね。

あまりに残念なので、Ulead社でなくあえて、
SONYに以下のような内容の要望を出しました。
「本体の録音性能はあまりにも素晴らしいのに、
 リサンプリングによって起きる障害を、
 SONY側からUlead社にぜひとも強く働きかけてください。
 そうしないと製品の性能が充分に発揮されず勿体ないです。
 必要があれば、録音データを提供もします。」
それに対して、以下のような返事が届きました。
そのまま全文を貼り付けます。

----------------------------------------
日頃はソニー製品をご愛用くださいまして、誠にありがとうございます。
 
この度は、大変貴重なご意見を頂戴致しまして、誠に恐縮でございます。
 
弊社でもPCM-D1は特に自身を持って提供できる製品でございますので、
ご満足いただければ幸いでございます。
 
付属ソフト「DigiOnSound5 Express for SONY」につきまして頂戴
致しましたご意見は、早期に実現させることは、難しい面もございますが、
今後の製品開発に役立てるよう関連部署に申し伝えさせていただきたいと
存じます。
 
また何か、製品に対するご意見等ございましたら、お問い合わせ
いただければ幸いでございます。
 
 
品質向上と更に使い易い製品の開発に努めて参りますので、
今後も引き続きソニー製品をご愛顧くださいますよう、
よろしくお願い申し上げます。
 
 
ソニーテクニカルインフォメーションセンター

----------------------------------------
         (※ 自身→自信ですね)

これらの表現から推測しますと、
リサンプリング時の件については、
SONY側もよく認識しているようにもとれますね。
あえて深く触れることは避けているようにも感じられ、
録音データの提出も必要とはしていないようですから、
そういうものを提供してもらうまでもなく解っているのでしょう。
どうにかして欲しいものです。

お金に余裕ができたら、他のソフトを購入して、
96KHz/24bit→44.1KHz/16bitの処理の違いを比較してみたいです。


========================================
若空潮さん


>私のPCはMacなので「Sound5 Express for Sony」が添付されていないため、もっと厳しい環境ということになるでしょうか?

「厳しい」というのは、別途ソフトを買う出費が必要
というくらいではないでしょうか?
もしくは、そのソフトのダウンコンバートの質が、
好ましい結果を招くかどうか不明だということになるでしょうか。

それほど詳しいわけではありませんが、
知っている範囲で、有名どころを調べてみました。
少なくとも96KHz/24bitが扱えることが確認できたMAC対応ソフトです。
44.1KHz/16bitへのダウンコンバート(リサンプリング)ができるか
までは確認していませんが、普通に考えて可能かと思われます。

Digital Performer
Cubase VST/32
Logic Express
Sound it! 4.5 for Macintosh(これが最安)
 http://www.ssw.co.jp/products/sit/mac/sit45m/index.html

こういう一覧表を、SONYはQ&Aに盛り込むべきですよね。

ちなみに、Mac OS Ver.10.2.8以降でないと駄目なようです。
http://www.faq.sonydrive.jp/faq/1040/app/servlet/qadoc?015762

>96KHz/24bitで録音したものは、PCへ転送した後、ダウンコンバートしないとCD等へ落とせないと言うことでしょうか?

そうです。
付属ソフトによる96KHz/24bit→44.1KHz/16bitの処理は、
ごく簡単に、すぐCDにしてくれます。
もしくは、アナログで接続する方法も、なくはないわけですね。
問題の録音に関しては、結局私はアナログでCDにしちゃいました。
これで、ノイズはなくなりましたが残念です。


>96KHz/24bitで録音したものの保存方法はどうしたらよいのでしょうか?

本体か、PC内、もしくは以下をご覧下さい。
http://www.faq.sonydrive.jp/faq/1040/app/servlet/qadoc?015752
http://ja.wikipedia.org/wiki/DVD-Audio#DVD-Audio


>というか、44.1KHz/16bitとはやはり違う次元ですか?

本体の録音の性能のせいもあるのでしょうが、
明らかに違います!溜息が何度漏れても、それでもまだ溜息が出ます。
RECレヴェルが最適でなく小さめでも、
素晴らしい臨場感と鮮明さを確認できます。
買って、きっと後悔はないと思います。
DATに満足しなかった方は、特にお勧めです!


========================================
靖乃 さん


そうなんですね。
やはり、録音の素材によって、
そして、ソフトの処理方法によって結果は違うのでしょうね。

録音データをどこかにアップしたいのですが、
残念ながらHPなども持っていません。
何か良い方法があれば教えてください。

サンプルを聴いていただけたら嬉しいです。
リサンプリング後のは、ほんとヒドいんですよ!
ビリビリ、ジージーと唸りっ放しで、
周波数の合っていないラジオを録音したみたいな感じです。
早く、こういう障害をUlead社はどうにかして欲しいものです。

書込番号:5083148

ナイスクチコミ!1


若空潮さん
クチコミ投稿数:199件

2006/05/16 23:13(1年以上前)

0213さん
ご丁寧にありがとうございました。
私も色々と調べたところ、様々な方のご意見や、感想をまとめると
それは素晴らしい製品であることが浮き彫りになり、我慢できず
ちょうど昨日最安値をつけているお店に在庫確認し、購入したところでした。
現物は明後日木曜には届きます。

自分でも調べてみますが、
「96KHz/24bitで録音したものの保存方法」について、
DVDに記録出来るようですが、それはデータとして焼けるのか、
もしかしてそのままDVDオーディオとして対応プレーヤーで
再生できるのか?がとっても知りたいですね、ご存知ですか?
それが出来たら、チョー凄いことではないでしょうか。
とりあえず、明後日梱包を解くのが楽しみでなりません。

書込番号:5084937

ナイスクチコミ!1


milanoさん
クチコミ投稿数:2453件Goodアンサー獲得:26件

2006/05/17 10:11(1年以上前)

 横から勝手にレスですが(すいません)、DVD-AUDIOとしては焼けないような気がします・・・これ、勝手な想像ですケド。
 そもそもDVD-AUDIOが読み込めるドライブが少ないのではないか(PCの)、また、そのフォーマット方式で焼けるドライブは存在するのか・・・
 聞いたことがないのです。聞いたことが無いから無いとは限らないのですケドネ。

 「DVDはコピーガードが破られたので、DVD書き込みが許されてもいいのだ」とはなりませんが、特にコピーガードにやっきになっている、SACDやDVD−AUDIOは、読み込みさえも許したくない、トカ、新たに自分で書き込める・作れるなんてトンデモナイ。
 と思っているのではないでしょうか。。

 この前、SACDを買おうとしたら、このCD(部分)は、CCCDです。となっていて、よく見たら、abexでした。最悪の会社です。

 なんのためのCD階層だよ、と思いましたね。
 

書込番号:5085958

ナイスクチコミ!1


若空潮さん
クチコミ投稿数:199件

2006/05/17 10:30(1年以上前)

milanoさん
こんにちは。私もそう思って質問したのですが、
0213さんに参照にと教えて頂いたソニーのサポートQ&Aに
DVDオーディォとして再生できる、とありました。
ただしDVD作成ソフトが必要になる、とも。
このソフトTOASTとかでいいのでしょうかね。
もし焼けたら家に対応プレーヤーあるので、凄いコレクションに
なります。
早く試したいなあ。

書込番号:5085987

ナイスクチコミ!1


milanoさん
クチコミ投稿数:2453件Goodアンサー獲得:26件

2006/05/17 15:13(1年以上前)

 おぉ!すごいですね。
DVD-AUDIO。

 しかしこれ、ソニーの敵対規格なのでは・・・
ただ、そもそも(DVDを基にしたと思われる、4.7GBだし)SACDにはメディアは売っていませんからね。
 DVDの方が汎用性がある分、ユーザーフレンドリーですね。

 しかし、↓
http://www.calvadoshof.com/NewAudio/audiohistory19.html
 を見ると、どっちが優れているといえないようですね。

書込番号:5086443

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:7件

2006/06/05 20:02(1年以上前)

フォーマット変更に最適なソフトにsound itがあります。
価格も手ごろで波形編集も優れていますのでお勧めです。
win,mac両方あります。
ノイズ等殆どありませんし、クオリティーも落ちません。
インターネット社はRolandも提携するくらい優れたソフトを作っております。
midiのファイルもウェーブ変換してくれますのでオケのカラオケを作ってパート練習も出来ます。
一度試されては如何でしょうか。

http://www.ssw.co.jp/products/sit/index.html

書込番号:5142688

ナイスクチコミ!0


スレ主 0213さん
クチコミ投稿数:11件

2006/06/23 06:57(1年以上前)

Win用でDVD-Audioが焼けるソフトはないかと、
ロキシオに問い合わせてみました。
そしたら、Mac用ソフトも含めて、
DVD-Audioに対応したソフトがロキシオではないとのことです。
前述のToastでも、実はできないということのようです。
他社製品で探すしかないですね……

以下、ロキシオからのメールの引用です。

-------------------------------------------------------

弊社では、残念ながら DVD-Audio ディスク作成機能を搭載したソフトウェアはありませんので、ご了承下さい。

なお、Toast での音楽DVD 作成においても、DVD-Video 規格の音楽専用ディスクとなり、DVD-Audio 規格ではありません。

以上、ご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

================
ロキシオ・カスタマーサポートセンター
担当:××

-------------------------------------------------------

書込番号:5193111

ナイスクチコミ!0


tomoken_さん
クチコミ投稿数:15件

2006/07/14 17:49(1年以上前)

DVD-Audioオーサリングソフトについては、別に書き込みもしましたが、Windows用なら、DigiOnAudio2というのがあります。
http://www.digion.com/pro/dau2_main.htm

DigiOnAudio2を使うと、PCM-D1で録音した96kHz24bit2chのWAVファイルを元に、市販のDVDドライブを使って、ごく簡単にDVD-Audioのディスクが焼けます。勿論、作成したディスクは市販のDVD-Audioプレーヤで再生することができます。ちなみに、私はPioneer DVR-A10Jを使用しています。

MAC用のオーサリングソフトについては、検索してみたところ、Minnetonkaという会社から発売されています。いくつかグレードがあるようですが、一番安いもので$99のようです。
http://www.minnetonkaaudio.com/
https://secure.minnetonkasoftware.com/store/

なお、私はこのソフトは使ったことはありません。(DigiOnAudio2 で間に合っているので)

うまく録音された音源をDVD-Audioディスクにすると、CDとは別次元のリアルな音質が楽しめますよ(^^)

書込番号:5253857

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:12件

2012/09/30 22:14(1年以上前)

0213さん、6年も経過してからのコメントでお役に立たないかもしれませんが、本日このスレッドを初めて読みました。私もPCM-D1を発売直後に購入し、愛用しています。素人の録音好きですが、クラシックのピアノ、室内楽、オーケストラ、声楽ソロ、合唱、などを50回ほどCD-Rにしましたが、関係者に配布して聴いてていただくのが趣味です。これまでご指摘のような問題を感じたことはなかったので、私の行っている方法を書かせていただきます。録音現場では、録音レベルの設定は-12 dBを基準として、低すぎず、また決してオーバーしないことに気を付けています。
96KHz/24bitで録音し、DigionSound Express for SONYで編集していますが、96KHz/24bitで編集中には綺麗に聞えていますか?編集後に最大音の点を拡大し、レベルが大きすぎてクリップしていないことを確認した後に、-0.1dBの余裕を作って音量のノーマライズを施行し、保存し、その編集ウインドウを閉じずにそこからCDを焼いています。この作業で音はハイサンプリングの音から並みのCDの音にはなりますが、市販のCDに匹敵するものを制作できています。編集データを他のアプリケーションで44.1KHzに変換してCDにすることは行っていません。
さて音質です。録音現場でSONYのMDR-CD900STヘッドフォンかMDR-EX800STカナル型イヤフォンで再生すると鮮度の高い臨場感あふれる音なのに、帰宅してから編集してみると、現場での感激は何処へやらの残念な低音不足のヒーヒーした音調の印象になります。一般にカーディオイドの指向性microphoneは低音域が低下するのがその性質で、PCM-D1では1KHzに対し30Hzで-13dBにもなります。DigionSound Express for SONYでこの周波数特性を補正し、お好みでマイクの特性グラフを見ながら高音域を2-3 dB下げると音の印象は一変します。ただしこの大きな補正で低音域のS/N比は悪くなります。オルガンをきちんと録音する場合にはDPA 4006あるいはS/N比を重視する場合にはNeumann U87を用いて録音し、PCM-D1をサブシステムに用いて安心して録音しています。個人的にはPCM-M10の無指向性micの音が好きです。

書込番号:15144250

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:12件

2012/10/21 03:36(1年以上前)

0213さん 繰り返しコメントを読ませていただき、気がついた点があります。
もしや、データを取り込み後に編集し、保存した後、手動で44.1kHzにリサンプリングをおこなっていて、その時にbit数も24bitから16bitにしてリサンプリングしたでしょうか?ご指摘の音の症状が、bit数の整合性がとれていないときの状況に似ていると思いました。またリサンプリング後にそのデータを編集ウインドウで開いて試聴した時に綺麗に聞えていたでしょうか。いなければ、リサンプリングは上手くできていないと思います。またこの時上手くできていたとして、そのデータをこれまた手動でCD-Rに焼いているのではないかともおもいました。
そのような変換手続きなしに、「ファイル」から「ウインドウのデータから作成(W)」を選んで自動的にCD-Rに焼く方法が簡単です。96KHz/24bitデータをDigionsound5 express for SONYの編集ウインドウで見て、ウインドウを閉じずにデータの波形を表示したままにしておきます。アプリケーションの上左欄の「ファイル」のプルダウンメニューの上から5番目程にある「音楽CDの作成(B)」を選択すると「ウインドウのデータから作成(W)」の項目がありますのでこれを選択しますと、自動的にCDを焼くことになります。この時、ドライブに未使用のCD-Rを入れる様に要求がでますので入れますと、少々イライラするくらいの時間を経てから自動的に44.1KHzへのリサンプリングが始まり、そのあと引き続いて自動的にCD-Rへの書き込みが始まり通常は無事終了します。これまで50回を超える演奏会のCD-R作成で上手くできています。

書込番号:15231923

ナイスクチコミ!0


クチコミ一覧を見る


この製品の最安価格を見る

PCM-D1
SONY

PCM-D1

最安価格(税込): 価格情報の登録がありません   発売日:2005年11月21日

PCM-D1をお気に入り製品に追加する <32

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

クチコミ掲示板検索



検索対象カテゴリ
を対象として
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[ICレコーダー]

ICレコーダーの選び方ガイド

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

qoo10

新製品ニュース Headline

更新日:8月7日

クチコミ掲示板ランキング

(家電)

ユーザー満足度ランキング