『要注意!鉄筋住宅への取付け』のクチコミ掲示板

EXシリーズ CS-EX227A 製品画像

拡大

価格情報の登録がありません 価格推移グラフ


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:オープン

畳数目安:おもに6畳用 電源:100V 空気清浄:○ 省エネ評価:★ EXシリーズ CS-EX227Aのスペック・仕様

価格.comのまるごと安心 設置・修理・サポート。家電・PC・カメラ・ゲーム機が対象。初月無料!
ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • EXシリーズ CS-EX227Aの価格比較
  • EXシリーズ CS-EX227Aの店頭購入
  • EXシリーズ CS-EX227Aのスペック・仕様
  • EXシリーズ CS-EX227Aのレビュー
  • EXシリーズ CS-EX227Aのクチコミ
  • EXシリーズ CS-EX227Aの画像・動画
  • EXシリーズ CS-EX227Aのピックアップリスト
  • EXシリーズ CS-EX227Aのオークション

EXシリーズ CS-EX227Aナショナル

最安価格(税込):価格情報の登録がありません 登録日:2007年 1月31日

  • EXシリーズ CS-EX227Aの価格比較
  • EXシリーズ CS-EX227Aの店頭購入
  • EXシリーズ CS-EX227Aのスペック・仕様
  • EXシリーズ CS-EX227Aのレビュー
  • EXシリーズ CS-EX227Aのクチコミ
  • EXシリーズ CS-EX227Aの画像・動画
  • EXシリーズ CS-EX227Aのピックアップリスト
  • EXシリーズ CS-EX227Aのオークション


「EXシリーズ CS-EX227A」のクチコミ掲示板に
EXシリーズ CS-EX227Aを新規書き込みEXシリーズ CS-EX227Aをヘルプ付 新規書き込み



ナイスクチコミ17

返信10

お気に入りに追加

標準

要注意!鉄筋住宅への取付け

2007/09/19 08:52(1年以上前)


エアコン・クーラー > ナショナル > EXシリーズ CS-EX227A

クチコミ投稿数:534件

この製品自体ではなく取付け工事に関することです。

鉄筋コンクリートの住宅に新規取付けを行う際に、壁に配管用の穴を開けたのですが、その際に住宅の強度上非常に重要な鉄筋(シース筋)を切断されてしまいました。
住宅の建設会社に確認したところ、元の強度に戻すことは不可能との回答がありがっくりです。

経緯は以下の通りです。
・大型量販店にてこの機種を購入、取付け工事を依頼
・工事の前日に業者が下見に来る
・このとき、壁の中にシース筋があることを説明し、切断しないように依頼する
・穴あけ作業の途中で業者より”鉄筋にあたった、切断してもよいか?”との質問あり
・当方はお任せしますと回答する
・結果的に、シース筋を見事に切断

状況を販売店に説明したところ、販売店の店員と工事業者の責任者が自宅にやってきました。

当然、謝罪がありその後の対応について話し合いがあるものとばかり思っていたのですが、施工業者としては、切断時に客先(当方に)了解を取ったので責任は無いと主張します。

当方としては、
・事前にシース筋切断回避の依頼をしたこと(探知機の使用も依頼)
・上記依頼をしているため、まさか業者がシース筋を切断しようとは思いもしないこと
・穴あけ作業の最中に切断しようとしている鉄筋が何かは切断しないと確認不可能なこと
であり、普通に考えれば業者の過失だと思います。

そもそも工事のプロが、鉄筋切断の可否を素人に判断させること自体がナンセンスだとも思います。

その後調べてわかったことですが、穴を開けた壁にはメッシュ筋なる1cm強の細い鉄筋が10cm間隔で格子状に埋め込んであり、6cmの配管用穴を開ける場合は、かなりの確率で鉄筋を切断することになります。

メッシュ筋自体は、切断しても強度的にそれほど問題はないのですが、シース筋はそれ一本で屋上から基礎までを連結しており、8トン以上の引っ張り強度があるそうです。

建築関係の知人に問い合わせたところ、レントゲン撮影をすれば鉄筋の位置は簡単にわかるとのことで、鉄筋住宅に穴を開ける場合は撮影すべきとの意見でした。

このことを業者に言うと、
・レントゲン機材が高いので使用できない
・個々の住宅の構造に関しての詳細な調査はしない(ネットで5分程度で調査可能でした)
・客先に確認して了解がもらえれば問題ない
・弁護士に相談してみる
・最後には少ない予算と短い時間でやっているのだから仕方ないと開き直る
という状況です。

あまりのことに怒りを通り越して呆れてしまいました。

幸い、販売店の担当者の方は誠意のある方で、間に入って一生懸命調整をされているのですが、結局工事業者からは謝罪を得られていません。

この一連の問題のために、会社も休み土日も数日潰しています。
今後は住宅の補修工事のために、また別の業者がやってきてその対応もしなければなりません。
物理的にも精神的にも時間的にもかなりの被害を受けています。

新規取付け、特に鉄筋住宅の場合は信頼のおける本当の意味でのプロの業者に依頼する必要を痛感した次第でした。

同じような経験をされた方、また何かご意見等ございましたらお聞かせ下さい。

書込番号:6772974

ナイスクチコミ!5


返信する
クチコミ投稿数:71件Goodアンサー獲得:3件

2007/09/19 21:54(1年以上前)

>そもそも工事のプロが、鉄筋切断の可否を素人に判断させること自体がナンセンスだとも思います。

この業者もこの鉄筋の重要性がわかっていなかったド素人なんじゃないですかね?
お気の毒としか言いようがありません。

レントゲンのような道具は本格的なもので約10万です(ボッシュ製)。
真空ポンプも常備できないような量販下請けさんには荷が重いんじゃないでしょうか?

書込番号:6775014

ナイスクチコミ!2


ども丼さん
クチコミ投稿数:628件Goodアンサー獲得:48件

2007/09/20 00:35(1年以上前)

鉄筋の重要性を理解していたなら建設業者に依頼すればよかったのになぁ。
新規穴開けを量販に頼むのは無謀すぎるよ。

手に負えない工事を請けた業者に責任があるのは間違いないが、
スレ主さんももう少し慎重に店選びをすべきだったとも思う。

書込番号:6775940

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:236件Goodアンサー獲得:2件

2007/09/20 01:23(1年以上前)

ども丼さん と同意見です。


そのエアコン業者も今回のコア抜きに関しては、ぱちもんきー さんに建築業者への依頼を促すべきだったと思います。

書込番号:6776110

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:534件

2007/09/20 09:46(1年以上前)

皆さん回答有難うございます。
今まで量販店にて数台エアコンを購入しています。
その際、量販店に取り付けを依頼しても特に問題も無かったので安心していました。
量販店の下請け業者とはいえ、工事料金を貰って作業を行うプロだと考えておりました。
皆様の意見を聞くとどうもこの認識が甘かったようですね。

今回は、新規穴あけであり、事前に鉄筋切断回避のため探査機(レントゲン撮影機)の使用をお願いしているわけなので、何らかの対策は当然行われるものと思い込んでいました。
もし手に余ると思うのであれば断って欲しかったです。

工事の際には、鉄筋位置のチェックをしなかったことの説明は一切なく、気付いたときには既に穴が開けられていました。

切断されてしまった鉄筋は元に戻せないので補修工事を行うのですが、一番納得できないのが、工事業者から過失を認める謝罪が無いことです。
とにかく、”切断の了解を取った”の一点張りです。

販売店としても、工事内容が鉄筋住宅への新規穴あけということは、エアコン購入時に分かっているわけなので、必要なスキルを持った業者への工事発注をして欲しいものです。

今回は、当方がシース筋に関する知識を持ち合わせていたために、たまたま問題に気付いたわけですが、一般的には知らない人がほとんどだと思います。
その場合は、鉄筋を切断されたことの重要性すら気付かずにそのまま放置されているケースも結構多いのではないでしょうか?

とにかく、非常に高い授業料となりましたが、次回のエアコン取り付けの際の教訓にしたいと思います。

書込番号:6776773

ナイスクチコミ!3


殿堂入り クチコミ投稿数:22633件Goodアンサー獲得:975件 過去ログです 

2007/09/20 13:17(1年以上前)

謝罪の言葉は販売業者からはあったんでしょうか?
それがあれば少しは救われるのですが・・・

私たちは販売業者から購入しているので
最終責任というか、賠償請求は販売業者にすればいいわけで・・・
あとは取付業者と販売業者との問題だと割り切っちゃうというのはいかがでしょう?

ただ、これも販売業者からの謝罪があってこその話なんですが。
誠意のない取り付け業者に対する恨みもあるでしょうが。
補修は受けられるようなので(工事費は販売店持ちと考えていいんでしょうか?)。
後は間違いなく、強度が戻ることを願うばかりです。

補修工事でどの程度強度が戻るのか計り知れませんが・・・。


以前どこかの住宅公団で
新築マンションというか建物を建てたときに
エアコンの穴の貫通で
鉄筋を切っちゃったために
公団住宅そのものを立て直さないといけなくなったという話を聞いた覚えがあります。

見事に鉄筋を切っちゃってましたねぇ・・・

書込番号:6777257

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:1405件Goodアンサー獲得:180件 縁側-エアコン工事充電工具あれこれの掲示板

2007/09/20 20:22(1年以上前)

おそらく施工業者は一般的な鉄筋コンクリート構造だと思い
気にせず貫通してしまったのではないかと
スレ主さんのコメントから 壁構造の鉄筋コンクリートだったのでしょう

だとして シース筋は一般的なRC構造の柱に入れられる主筋に相当する鉄筋です
以前関西で公団住宅の鉄筋を切断してしまい話題になったのがこれに当ります
その時の改修方法はコンクリートから切断した鉄筋部分をハツリ出し圧接したと言う
説と柱部分を鋼板で覆い強度を出したと言う説がありました

スレ主さんのお宅が現場打ちではなく工場での製作品PCなら改修はかなり難しいかと

残念ながら一般的な空調工事ではレントゲン撮影してまで施工する業者は殆ど無いのが
現状です 

高い授業料レベルの話では無い気がしますが・・・・
おそらく業者は今でも壁構造であった事に気づいていないのでは?

書込番号:6778301

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:534件

2007/09/20 21:31(1年以上前)

>みなみだよさん
>私たちは販売業者から購入しているので
>最終責任というか、賠償請求は販売業者にすればいいわけで・・・
>あとは取付業者と販売業者との問題だと割り切っちゃうというのはいかがでしょう?
私も当初そのように考えて販売店と交渉しようと考えたのですが、どうも違うようです。

販売店の担当者の方は、対応もよく迷惑をかけたこと自体は謝罪してあるのですが、工事そのものに過失があったかどうかは、工事業者と販売店の関係上、個人で勝手に判断ができないようなのです。
現時点では、あくまでも工事業者と当方との話し合いの橋渡し役というポジションです。
工事業者が施工のミスを認めない限り販売店としても工事のミスは認められないようです。

>補修は受けられるようなので(工事費は販売店持ちと考えていいんでしょうか?)。
>後は間違いなく、強度が戻ることを願うばかりです。
補修工事は昨日終わりました。
詳しくは聞いていないのですが、工事費はどうも販売店ではなく、工事業者の親会社が持つようです。
実際の施工までの流れとしては
販売店→配送業者A→配送業者B→施工業者
みたいです。(配送の文字が正しいのか不明ですが、仕事を割り振る会社のようです)

>真空ポンプさん
>スレ主さんのコメントから 壁構造の鉄筋コンクリートだったのでしょう
建築関係にお詳しいようですね。
ご指摘のとおり、大成建設のパルコンでまさに壁構造の鉄筋コンクリート住宅です。

>その時の改修方法はコンクリートから切断した鉄筋部分をハツリ出し圧接したと言う
>説と柱部分を鋼板で覆い強度を出したと言う説がありました
今回の補修もまさにこの2つの案が出たのですが、切断部分をハツリ出してのシース筋接続はコンクリート部分の強度が落ちるために良くないと判断されました。

結局結局切断されたシース筋のすぐ近くに1階と2階のコンクリート板を繋ぐステンレスのプレートを外壁に取り付け補強するという補修方法となりました。
これで本来の強度に対してどの程度まで元に戻ったのかは不明ですが、何もしないよりはましかと思い承諾した次第です。

>スレ主さんのお宅が現場打ちではなく工場での製作品PCなら改修はかなり難しいかと
工場でパルコン板(コンクリート壁)を作成して、現場でつなぎ合わせる工法なので、完全な補修は不可能とのことでした。

>残念ながら一般的な空調工事ではレントゲン撮影してまで施工する業者は殆ど無いのが現状です。
これが、まさに今回の問題点というか、当方の認識の甘さでした。

事前にシース筋の説明をしているので大丈夫と思いこんでいました。
また、当方としてもシース筋なるものがどのような形状で壁のどのあたりに埋め込まれているかは把握しておらず、適切な取付け位置を指定することは不可能な状況でした。
結局、シース筋切断を確実に回避するためには詳細な建築資料を入手するかレントゲン撮影しか無かったと思います。

その後の交渉で、迷惑料として配送業者よりエアコン本体の代金を返すという提案がありました。
私としては、エアコン自体は何の問題もなく稼動しているので、金額的には少なくなりますが、工事代金を返却してほしいと要望したのですがどうしても、工事の過失は認められないらしく、この要望は却下されてしまいました。

前にも書きましたが、この過失を認めず謝罪できないという点が今回の一件で一番憤りを感じているところです。

今回のようなことが無ければ、エアコン取付けに関して業者選定の重要性に気がつくことは無かったと思います。 

いろいろとコメントして頂いた皆様、どうもありがとうございました。

書込番号:6778576

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:2787件Goodアンサー獲得:25件

2007/09/21 00:08(1年以上前)

穴開けに来てるヤツに
「鉄筋にあたった、切断してもよいか?」
「お任せします」
じゃ、そのまま開けるぞ。
位置をずらして開け直した時の壁の補修費なんて話し合ってないんだろ。

書込番号:6779527

ナイスクチコミ!2


クチコミ投稿数:534件

2007/09/21 09:29(1年以上前)

>クイ夕ソの夜影さん
前述していますが、メッシュ筋は10cm間隔で格子状に入っており、かなりの高い確率で穴あけ時には切断することになります。
メッシュ筋の切断は強度的にそれほど問題は無いので了解するしかありません。
了解しなければ、壁が穴だらけとなってしまいます。

今回の工事でもまずメッシュ筋を切断した後でシース筋を切断しています。
切断された破片と、穴の断面を見て確認できました。
業者の「鉄筋切断の質問」はメッシュ筋切断に関してのものであった可能性が高いと思われます。

前日にシース筋切断の回避をお願いしたいる状況なので、まかさシース筋を切断するようなことはしないと思い込んでいたことと、切断しようとしている鉄筋の種類が何なのかは、実際に切断してみないと分からないことから、当方としても穴あけ作業の中止を要求することは困難な状況でした。

書込番号:6780432

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:174件Goodアンサー獲得:3件

2007/11/04 12:30(1年以上前)

かなり遅レスなので、なんらかの解決済みかも知れませんが・・・

ぱちもんきーさんは、「お任せします」と言っただけで「ぜひ切断して下さい」とは言っていません。判断を受注者(プロ)に任せたのですから、当然『受注者の責任において』実施されるべきです。受注者に判断する能力や責任を負う能力が無いなら受注者は断るべきです。

どう考えてもぱちもんきーさんに責任はなく、受注者に責任があります。

受注者が「お任せします」を「了承を得た」と考えている事、ぱちもんきーさんがその意見に同調しつつあることが問題だと思います。ぱちもんきーさんは「プロに判断を任せた」ことを主張すべきです。

書込番号:6941890

ナイスクチコミ!1


クチコミ一覧を見る


この製品の最安価格を見る

EXシリーズ CS-EX227A
ナショナル

EXシリーズ CS-EX227A

最安価格(税込): 価格情報の登録がありません   登録日:2007年 1月31日

EXシリーズ CS-EX227Aをお気に入り製品に追加する <10

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

クチコミ掲示板検索



検索対象カテゴリ
を対象として
選び方ガイド

最適な製品選びを
サポート!

[エアコン・クーラー]

エアコン・クーラーの選び方ガイド

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

新製品ニュース Headline

更新日:4月16日

クチコミ掲示板ランキング

(家電)

ユーザー満足度ランキング