『組んで見ましたので色々と』のクチコミ掲示板

価格情報の登録がありません 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:¥―

対応マザーボード:ATX/MicroATX 3.5インチシャドウベイ:6個 5.25インチベイ:3個 IW-MG136のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • IW-MG136の価格比較
  • IW-MG136の店頭購入
  • IW-MG136のスペック・仕様
  • IW-MG136のレビュー
  • IW-MG136のクチコミ
  • IW-MG136の画像・動画
  • IW-MG136のピックアップリスト
  • IW-MG136のオークション

IW-MG136IN WIN

最安価格(税込):価格情報の登録がありません [White] 登録日:2011年12月 2日

  • IW-MG136の価格比較
  • IW-MG136の店頭購入
  • IW-MG136のスペック・仕様
  • IW-MG136のレビュー
  • IW-MG136のクチコミ
  • IW-MG136の画像・動画
  • IW-MG136のピックアップリスト
  • IW-MG136のオークション

『組んで見ましたので色々と』 のクチコミ掲示板

RSS


「IW-MG136」のクチコミ掲示板に
IW-MG136を新規書き込みIW-MG136をヘルプ付 新規書き込み



ナイスクチコミ0

返信3

お気に入りに追加

標準

組んで見ましたので色々と

2012/12/24 10:42(1年以上前)


PCケース > IN WIN > IW-MG136

クチコミ投稿数:151件

組み立て後表側

グロメット

良く言えば値段の割りに良く出来ている、悪く言えば値段なりといった感じのケースです。

ファイルサーバが壊れたので良い機会なのでケースから一新するかということで次のような基準で選びました。

1.HDDが5inc.ベイ以外で6台以上入ること
2.ファンが多めに付く事
3.ミドルタワーサイズ
4.値段程々

では、まずは入れた物の一覧です。

M/B:ASUS P8Z77-V
CPU:Corei5 3570(4Core 3.4GHz)
CPUヒートシンク:Scythe SCNJ-3100 NINJA3 Rev.B
CPUヒートシンク追加ファン:Owltech F12-PWM 120×25 99CFM 2850rpm
MEM:ADATA AD3U1600W8G11-2DDR3 PC3-12800 (8GB 2枚組)
VGA:Leadtek Winfast PX9600GT S-Fanpipe Edition
電源:SCYTHE Stronger500W(SPSN-050P)
SSD:crucial CT128M4SSD2
HDD:
   Seagate ST31500341AS(SATAU 1.5TByte)×2台
   HGST HDS721075KLA330(SATAU 750GByte)×2台
   HGST HDS5C3020ALA632(SATAV 2TByte)×1台
ファンコン:Zalman ZM-MFC3
リアファン:Owltech SF12-S7 120×25 80CFM 2500rpm(吸出し)
トップファン:リアファンに同じ×2台(吸出し)
フロントファン:リアファンに同じ×2台(吸い込み)

なお、ケースには元々次の諸元のファンが付いていましたが今一なものだったので全てはずしてしまいました。

リア、トップファン:ARX FD1212-S3133E 2000rpm 73.70CFM 1台ずつ
フロントファン:Scythe DFS122512L 1600rpm 60.09CFM(特注品?)パルスなし 1台

リア、トップファンに使用されていた製品を型番から調べたところ上記のようなスペックのようでしたが、実測すると1200rpmまでしか回転せず風量も少なかったため交換することにしました(どうやら静音品のようです)。

フロントファンについてもLED付きファンには多いようですが、回転数検知機能がないためこれも交換することにしました。

ヒートシンクは元々製品に付属しているファンを下側に設置してあり、別途追加で横側に設置してあります。下側が下から上へ、横側が前から後ろ側へ空気が動くようにしてあります。

冬なのであまりあてにはならないですが、完全にケースを閉めた状態でケース内温度は室温+2〜3度くらいで稼動しています。

このケースは水冷ケーブルを通す穴が開けられるようになっていますが、そのまま使用するとケーブルが傷つきそうなので径25mmのグロメットというゴムブッシュをつけています。写真に写っているのは水冷ケーブルではなくファンコンのCVSという電力計測ユニットの電源ケーブルです。

ケーブルを通す穴は手前と奥2つ開いていますが、奥の側の穴は空間が非常に狭いのでケーブルを配置するのが難しいかもしれません。

【デザイン】
シンプルで悪くは無いと思います。フロントグリルのメッシュは意外と細かいので、フロントファンを吸い込みで設置すると結構ほこりが付着します。また、付属のLED付ファンをそのまま使用すると暗い部屋などでは結構目立ちます。

電源用LEDとアクセス表示LEDは、正面から見る分には普通に光って見えるのですが、LEDを内側方向(電源用LEDであれば左側から)から眺めると、クリアパーツがレンズのような役目をしてしまい非常にまぶしくなるため、目の高さにLEDがくるように設置してしまうとかなり鬱陶しいかもしれません。

フロントパネルにUSB2.0端子(一番左側)が付いていますが、空間が狭いため超小型USBメモリのような小さい機器を接続すると外すのに苦労します。

【拡張性】
5Inc.ベイ3段、3.5Inc.HDDベイ6段+底面にHDDベイの下に1つ、M/Bの下電源の手前に1つ2.5Inc.シャドウベイが付いており、フルサイズATX M/Bが入るので拡張性は十分だと思います。

また、M/B部分の前後方向長さも十分取られているのでケーブルを整理しておけば、かなり大きなVGAボードでも十分設置可能です。

私の導入したヒートシンクは高さ160mmとなっており、ほぼ最大サイズのヒートシンクだと思いますが、特に問題なく導入することが可能です。ただし、ヒートシンク最上部と側面版との距離が10mmくらいしかないため、上側のサイドファンを内側に取り付けることが出来なくなります(構造上無理やり外側に付ける事は出来なくもないですが)。

【作りのよさ】
値段なりに薄い板なので正直強度は高くありません。特に天井の板は結構やわいので重い荷物は載せないほうが良いと思います。

加工精度はかなり高く、何かが入らないということはないのですが、まったく余裕もないので5Inc.ベイやフロントファンは完全にまっすぐ差し込むようにしないと中に入っていきません。

【静音性】
サイド、トップ、リア、フロントと穴だらけなので、静音性は皆無と思った方が良いです。

ちと書ききれないので次のページに続けます。

書込番号:15522513

ナイスクチコミ!0


返信する
沼さんさん
クチコミ投稿数:20250件Goodアンサー獲得:2252件

2012/12/24 12:20(1年以上前)

>ヒートシンクは元々製品に付属しているファンを下側に設置してあり、別途追加で横側に設置...
一風変わった取付方法かと思いますが,ヒ−トシンク内の空気の流れが,
スムーズでないように思われますが,いかがでしょうか?

書込番号:15522857

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:151件

2012/12/24 12:44(1年以上前)

裏配線済み

2.5Inc.シャドウベイ

HDD固定器具

EZ-SATA固定部分

続きです。

【メンテナンス性】
わざわざミドルタワーを選んだので文句を言うのは筋違いなのですが、フルサイズのATX M/Bを入れると非常に狭くあまりメンテナンスビリティが高いとはいえません。

HDDを横に入れるタイプのケースではどれでも同じだとは思いますが、HDDベイに入れたHDDの接続ケーブルは上あるいは下L字型ケーブルでないと裏蓋が閉まらなくなります。

また、電源からHDDに接続するケーブルがL字型でない場合には延長ケーブルで変換することになりますが、M/B裏が使用できないため電源ケーブルを逃がす場所が存在しません。私は5Inc.ベイを1段しか使用しなかったので残りの空間に押し込みましたが、事前に電源ケーブルを逃がす場所を検討しておいた方がよいです。

逆に2.5Inc.シャドーベイにつけたHDD(SSD)は底板にぴったりくっついてしまうため、左右L字型ケーブルか直線接続のケーブルでないと接続できません。

トップファンを設置すると必ずM/Bの上部が隠れてしまいます。一応M/Bの表面からファンの側面まで35mmほどの隙間がありますが、M/B上部に大きなヒートシンクなどが付いているとファンが設置できないかもしれません。

またM/B上部が隠れてしまうため、この部分に配線する必要がある場合には、トップファンを設置する前に行っておく必要があります。

このケースにはEZ-SATAというHDDドックのようなギミックが付いていますが、EZ-SATAはHDDを接続する場合には押し込むだけでよいので便利ですが、外す時は電源コネクタとSATAコネクタががっちりかんでしまいかなりの力を加えないと外す事が出来ません。

結局ケースを引っ張り出して作業しなければならない割りに手間がかかるということではずしてしまいました。

EZ-SATAをはずす場合には、HDDベイの横側にあるプラスチックのストッパーのねじを外してから手前に引くようにして外し、EZ-SATAについているねじを外すとフロント側にずらしてはずすことができます。

EZ-SATAはHDDベイのどの場所にも設置できるようになっていますが、電源ケーブルを共有しているので離れた場所に設置する場合には注意が必要です。

全体的には良く出来たケースなのですが、裏配線でM/B裏がほぼ使えない点と、EZ-SATAからHDDを簡単に外すギミックが付くともっと良いケースになるんですけどねw

書込番号:15522972

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:151件

2012/12/24 12:56(1年以上前)

> 沼さんさん
> 一風変わった取付方法かと思いますが,ヒ−トシンク内の空気の流れが,
スムーズでないように思われますが,いかがでしょうか?

きちんと検証したことはないですが、廃熱はちゃんと行われているようです。

縦とか横2連で吸い込み->吸出しはあまり意味がないようですが、両方吸い込みで合成方向に熱が流れるようになるので、それなりに効くのではないかと思います。

書込番号:15523018

ナイスクチコミ!0


クチコミ一覧を見る


この製品の最安価格を見る

IW-MG136
IN WIN

IW-MG136

最安価格(税込): 価格情報の登録がありません   登録日:2011年12月 2日

IW-MG136をお気に入り製品に追加する <21

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

クチコミ掲示板検索



検索対象カテゴリ
を対象として
選び方ガイド

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

クチコミ掲示板ランキング

(パソコン)

ユーザー満足度ランキング