『周波数特性とは?』のクチコミ掲示板

2012年10月27日 発売

Astell&Kern AK100-32GB [32GB]

192kHz/24bitのハイレゾ音源ネイティブ再生に対応したポータブルHi-Fiオーディオプレーヤー

Astell&Kern AK100-32GB [32GB] 製品画像

拡大

Astell&Kern AK100-32GB-BLK [32GB ソリッドブラック] Astell&Kern AK100-32GB-GLD [32GB ゴールド] Astell&Kern AK100-32GB-SLV [32GB シルバー] Astell&Kern AK100-32GB-RED [32GB ワインレッド]

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:¥―

記憶媒体:フラッシュメモリ 記憶容量:32GB 再生時間:20時間 インターフェイス:USB2.0/Bluetooth Astell&Kern AK100-32GB [32GB]のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

Astell&Kern AK100-32GB [32GB] の後に発売された製品Astell&Kern AK100-32GB [32GB]とAstell&Kern AK100II-64GB-BLU [64GB]を比較する

Astell&Kern AK100II-64GB-BLU [64GB]

Astell&Kern AK100II-64GB-BLU [64GB]

最安価格(税込): ¥- 発売日:2014年 7月30日

記憶媒体:内蔵メモリ/microSDカード 記憶容量:64GB 再生時間:11時間 インターフェイス:microUSB
  • Astell&Kern AK100-32GB [32GB]の価格比較
  • Astell&Kern AK100-32GB [32GB]の店頭購入
  • Astell&Kern AK100-32GB [32GB]のスペック・仕様
  • Astell&Kern AK100-32GB [32GB]の純正オプション
  • Astell&Kern AK100-32GB [32GB]のレビュー
  • Astell&Kern AK100-32GB [32GB]のクチコミ
  • Astell&Kern AK100-32GB [32GB]の画像・動画
  • Astell&Kern AK100-32GB [32GB]のピックアップリスト
  • Astell&Kern AK100-32GB [32GB]のオークション

Astell&Kern AK100-32GB [32GB]Astell&Kern

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください [ソリッドブラック] 発売日:2012年10月27日

  • Astell&Kern AK100-32GB [32GB]の価格比較
  • Astell&Kern AK100-32GB [32GB]の店頭購入
  • Astell&Kern AK100-32GB [32GB]のスペック・仕様
  • Astell&Kern AK100-32GB [32GB]の純正オプション
  • Astell&Kern AK100-32GB [32GB]のレビュー
  • Astell&Kern AK100-32GB [32GB]のクチコミ
  • Astell&Kern AK100-32GB [32GB]の画像・動画
  • Astell&Kern AK100-32GB [32GB]のピックアップリスト
  • Astell&Kern AK100-32GB [32GB]のオークション

『周波数特性とは?』 のクチコミ掲示板

RSS


「Astell&Kern AK100-32GB [32GB]」のクチコミ掲示板に
Astell&Kern AK100-32GB [32GB]を新規書き込みAstell&Kern AK100-32GB [32GB]をヘルプ付 新規書き込み



ナイスクチコミ3

返信13

お気に入りに追加

標準

周波数特性とは?

2013/01/03 12:22(1年以上前)


デジタルオーディオプレーヤー(DAP) > Astell&Kern > Astell&Kern AK100-32GB [32GB]

クチコミ投稿数:43件

AK100のメーカー公表スペックからすると、
周波数特性が10Hz〜20kHzとなっています。
当機の他、様々なポータブルアンプ等でも上限が20kHzとなっているものが多く見受けられます。一方、BA機を除く多くのダイナミック型イヤホンの周波数特性は上限が35000〜50000Hzのものが多いです。このような20kHzを越えるイヤホンをAK100に繋いでもイヤホンの性能を発揮できないということなのでしょうか?

書込番号:15563680 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!2


返信する
里いもさん
クチコミ投稿数:36414件Goodアンサー獲得:3275件

2013/01/03 12:36(1年以上前)

こんにちは

>イヤホンの性能を発揮できないということなのでしょうか?
理論上からすれば、お書きの通りでしょうけど、人間の聞こえる範囲は20Khzが限界のようなので、実際はまったく問題ないかと思います。
CDが開発される時に必要な周波数帯域が検討されまして、20Hz-20Khz(だったと思う)を達成するようサンプリング周波数など決められたと記憶します。
スピーカーやアンプなども50Khzとか、100Khzなどのカタログデータを見かけますが、上まで延びてますよ との意味に捉えています。
余談ですが、イルカやコウモリなどは人より高い周波数で会話してるとも言われます。

書込番号:15563727

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:43件

2013/01/03 15:49(1年以上前)

なるほど、人間の可聴領域が20kHzまでだからそれに合わせたスペックにしている
ということですね。ハイエンド機に限らず多くのダイナミック型のヘッドホン
は再生周波数特性に35000〜60000Hzを謳っていますが実際に聞こえているのは
20000Hz位までということなんですね。
イヤホン・ヘッドホンが高スペックに見える記載(35000〜60000Hz)をしている
のにDAP・アンプ等は可聴領域での記載しかしないというのははなはだ疑問ですね。

ここで車(普通車とフェラーリ)を例えに出すと、フェラーリは時速300キロを出す
性能はもっているけども日本ではその性能を活かす機会がない、しかし制限速度80キロ
内で走る場合においても、普通車と比べて馬力・加速性などのパフォーマンスに圧倒的差異がある、
こんな感じでしょうか?(笑)

35000〜60000Hzを謳うハイエンド機はその能力はあるがヒトの可聴領域という制限のために
その真価を発揮することはない。しかし、可聴領域の上限である20000Hz以内においても普及機と比べると音を出す能力(減衰感など音の出し方、生々しさ、原音再現性etc)は高いという理解で宜しいのでしょうか?

書込番号:15564434

ナイスクチコミ!0


里いもさん
クチコミ投稿数:36414件Goodアンサー獲得:3275件

2013/01/03 16:03(1年以上前)

車の例は能力があっても活かせる方法がない場合ですから、少し違うと思います。

>その真価を発揮することはない。
元になる音源に35,000とか50,000とか存在しない訳ですから、、、
単にイアホンだけ能力があったとしても、、、
SACDなら少しは延びてるとしても、、、

音源〜DAC〜アンプ〜イアホン のすべてがそこまで延びれば再生は可能でしょう。
ただし、聞こえるか聞こえないかは別として。

書込番号:15564491

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:43件

2013/01/03 16:46(1年以上前)

非圧縮CD音源だと44.1kHzサンプリングということは44100Hzまでは出るという意味で合ってますでしょうか?

書込番号:15564634 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!0


里いもさん
クチコミ投稿数:36414件Goodアンサー獲得:3275件

2013/01/03 17:01(1年以上前)

詳しくは
http://ja.wikipedia.org/wiki/CD-DA
そのほか、サンプリング周波数などぐぐってみてください。

書込番号:15564691

ナイスクチコミ!0


里いもさん
クチコミ投稿数:36414件Goodアンサー獲得:3275件

2013/01/03 17:04(1年以上前)

こちらへありました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0%E5%91%A8%E6%B3%A2%E6%95%B0
サンプリングの半分ですね(理論上)。

書込番号:15564706

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:43件

2013/01/03 17:28(1年以上前)

とても勉強になりました。
結局のところ、AK100等の周波数特性が20kHzまでのDAP・アンプに35000〜50000Hz以上の周波数特性をもつヘッドホンを使うのはオーバースペックなんでしょうか?
それともその性能を100%出すことはできないが、普及機に比べれば十分にいい音を堪能できる、つまりはAK100にハイエンド機を使う意味はある、使用できる、どちらにお考えでしょうか?

書込番号:15564792 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:43件

2013/01/03 17:34(1年以上前)

すいません、以下修正します。
35000〜50000Hz以上の→35000〜50000Hz等の

書込番号:15564810 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!0


里いもさん
クチコミ投稿数:36414件Goodアンサー獲得:3275件

2013/01/03 17:40(1年以上前)

>オーバースペックなんでしょうか?

オーバースペックなどではありません。どこ(どの機器)へも余計な負担などかからないし。

書込番号:15564830

ナイスクチコミ!0


里いもさん
クチコミ投稿数:36414件Goodアンサー獲得:3275件

2013/01/03 17:45(1年以上前)

逆の見方からすると、イアホンは構造的に高いところまで伸ばしやすいです。
振動板の面積が小さく、使用する素材からしても。

書込番号:15564851

ナイスクチコミ!1


NF-kBさん
クチコミ投稿数:415件Goodアンサー獲得:7件 Astell&Kern AK100-32GB [32GB]の満足度5

2013/01/03 17:53(1年以上前)

イヤフォンの周波数特性が広いからといってそれを謳い文句にしていることはないと思います。
単に素材が再生可能というだけでしょう。大事なのはレスポンスであり、歪が少ないことや感度、耳へのフィット感、装着方式などの方ではないでしょうか。たしか安い価格のイヤフォンでも可聴周波数は維持していると思います。

書込番号:15564884

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:43件

2013/01/03 17:56(1年以上前)

そうなんですね。
それにしても、メーカーによってどうしてこんなにバラツキがあるのでしょう。
AK100なんかポータブル機ではハイエンドの部類に入るかと思うのですが、周波数特性は20kHzまでの対応、一方リーズナブルなのに100kHzまで対応してる機種もあったり(一例としてアンプになりますがfiio E7)と。
素人考えの、数値が高ければ音がいい、という考えこそが間違っているとは思うのですが。

書込番号:15564897 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!0


里いもさん
クチコミ投稿数:36414件Goodアンサー獲得:3275件

2013/01/03 21:06(1年以上前)

>数値が高ければ音がいい

それは音質とは無関係だね、音は感情で聞くもの、物理特製など何の役にも立ちません。
音の良し悪しは聞いてみないと分かりません、周波数特性など50-20,000で十分。
50,000まで出るとしても、甲高くて耳が痛くなるんじゃね。

書込番号:15565734

ナイスクチコミ!0


クチコミ一覧を見る


価格.com Q&Aを見る

この製品の最安価格を見る

Astell&Kern AK100-32GB [32GB]
Astell&Kern

Astell&Kern AK100-32GB [32GB]

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2012年10月27日

Astell&Kern AK100-32GB [32GB]をお気に入り製品に追加する <244

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

クチコミ掲示板検索



検索対象カテゴリ
を対象として
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[デジタルオーディオプレーヤー(DAP)]

デジタルオーディオプレーヤー(DAP)の選び方ガイド

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

新製品ニュース Headline

更新日:11月27日

クチコミ掲示板ランキング

(パソコン)

ユーザー満足度ランキング