『LEDライトガイド LG-1について疑問点があります。』のクチコミ掲示板

2014年 6月12日 発売

OLYMPUS STYLUS TG-3 Tough

高機能なマクロ撮影に対応したタフデジカメ

OLYMPUS STYLUS TG-3 Tough 製品画像

拡大

OLYMPUS STYLUS TG-3 Tough [ブラック] OLYMPUS STYLUS TG-3 Tough [レッド]

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:オープン

画素数:1676万画素(総画素)/1600万画素(有効画素) 光学ズーム:4倍 撮影枚数:380枚 防水カメラ:○ OLYMPUS STYLUS TG-3 Toughのスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

OLYMPUS STYLUS TG-3 Tough の後に発売された製品OLYMPUS STYLUS TG-3 ToughとOLYMPUS STYLUS TG-4 Toughを比較する

OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough
OLYMPUS STYLUS TG-4 ToughOLYMPUS STYLUS TG-4 Tough

OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough

最安価格(税込): ¥- 発売日:2015年 5月22日

画素数:1676万画素(総画素)/1600万画素(有効画素) 光学ズーム:4倍 撮影枚数:380枚 防水カメラ:○
  • OLYMPUS STYLUS TG-3 Toughの価格比較
  • OLYMPUS STYLUS TG-3 Toughの中古価格比較
  • OLYMPUS STYLUS TG-3 Toughの買取価格
  • OLYMPUS STYLUS TG-3 Toughの店頭購入
  • OLYMPUS STYLUS TG-3 Toughのスペック・仕様
  • OLYMPUS STYLUS TG-3 Toughの純正オプション
  • OLYMPUS STYLUS TG-3 Toughのレビュー
  • OLYMPUS STYLUS TG-3 Toughのクチコミ
  • OLYMPUS STYLUS TG-3 Toughの画像・動画
  • OLYMPUS STYLUS TG-3 Toughのピックアップリスト
  • OLYMPUS STYLUS TG-3 Toughのオークション

OLYMPUS STYLUS TG-3 Toughオリンパス

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください [ブラック] 発売日:2014年 6月12日

  • OLYMPUS STYLUS TG-3 Toughの価格比較
  • OLYMPUS STYLUS TG-3 Toughの中古価格比較
  • OLYMPUS STYLUS TG-3 Toughの買取価格
  • OLYMPUS STYLUS TG-3 Toughの店頭購入
  • OLYMPUS STYLUS TG-3 Toughのスペック・仕様
  • OLYMPUS STYLUS TG-3 Toughの純正オプション
  • OLYMPUS STYLUS TG-3 Toughのレビュー
  • OLYMPUS STYLUS TG-3 Toughのクチコミ
  • OLYMPUS STYLUS TG-3 Toughの画像・動画
  • OLYMPUS STYLUS TG-3 Toughのピックアップリスト
  • OLYMPUS STYLUS TG-3 Toughのオークション
クチコミ掲示板 > カメラ > デジタルカメラ > オリンパス > OLYMPUS STYLUS TG-3 Tough

『LEDライトガイド LG-1について疑問点があります。』 のクチコミ掲示板

RSS


「OLYMPUS STYLUS TG-3 Tough」のクチコミ掲示板に
OLYMPUS STYLUS TG-3 Toughを新規書き込みOLYMPUS STYLUS TG-3 Toughをヘルプ付 新規書き込み



ナイスクチコミ25

返信21

お気に入りに追加

解決済
標準

デジタルカメラ > オリンパス > OLYMPUS STYLUS TG-3 Tough

クチコミ投稿数:651件  ダイブセンターサザンクロス 

以前に参考出品されていたころから面白いアクセサリーだなって思っていました。

LEDライトの光を直近の被写体に概ね均等に当てる為のツールということはわかるのですが、内蔵ストロボも使えてリングストロボっぽい使い方も出来るのかな?って期待していました。

でも、内蔵ストロボでは使えないということで、若干落胆しています。

完全に均等に光を当てることが出来なくても、ライトとストロボ、両方に使えた方がいいのに、って思っています。

何か、両方に使えるようには作れない理由が有るんでしょうか?

まぁ、個人的にはLEDライトガイドよりもプロテクタに取り付けるディフューザーを作って欲しいんですけどネ。

現行の小さいのではなく、E-PL6用のプロテクタに付いてるくらいの、ポート周りを取り巻く感じのを・・・・。

書込番号:17566219

ナイスクチコミ!1


返信する
isoworldさん
クチコミ投稿数:6874件Goodアンサー獲得:339件

2014/05/28 15:30(1年以上前)

 
潜る仕事人さん:

> 何か、両方に使えるようには作れない理由が有るんでしょうか?

 あります。

 ストロボは強烈な明るさの光を発することができる代わりに極めて一瞬(数千分の1秒かそれ以下)しか閃光できません。連続して照らすことができないわけです(もしできれば強烈に明るい照明になるでしょうね)。

 一方のLEDはまったくの逆で、連続して照明できる代わりにストロボのように一瞬だけ光らすと(技術的には可能です)まったく明るくありません。LEDを瞬間的に光らせれば満足な照明光量には到底ならないんです。

 エレクトロニクス関連の自作マニア(とくに撮影機材として)である私の場合は、強烈な光を発するハイパワーLED(まだまだ高価です)を入手し、それを32個円周上に並べたリング照明セット(約100W)を作ってふつうの照明にも、ストロボ的照明にも使えるようにしてあります。
 その知識と経験から言っても、LEDをストロボとして満足に使えるようになるためには、もっとLEDの性能改善とコスト低廉を待たないと市販品は出てこないと思いますよ。それが何年先になるかは分かりません。


書込番号:17566347

ナイスクチコミ!4


里いもさん
クチコミ投稿数:36420件Goodアンサー獲得:3276件

2014/05/28 15:59(1年以上前)

こんにちは

両方出来ると、暗い海水などでは便利でしょうけど、isoworldさんがお書きのように難しいでしょう。
ヨコレス失礼します、
isoworldさん こんにちは
LEDの瞬時点灯ストロボ化が出来ない理由は、通電から発光までのタイムラグでしょうか?
また、自作リング照明は、シンクロではなく、事前点灯でしょうか?

書込番号:17566410

ナイスクチコミ!0


isoworldさん
クチコミ投稿数:6874件Goodアンサー獲得:339件

2014/05/28 16:45(1年以上前)

別機種

LEDの光量は思いっきり落して撮影しています

 
里いもさん:

 こんにちは。こんなところ(と言ってはいけないのでしょうが)里いもさんとお会いするとは^^…

> LEDの瞬時点灯ストロボ化が出来ない理由は、通電から発光までのタイムラグでしょうか?

 いいえ。LEDも半導体ですから、通電と同時に発光します。おそらく電流を通じてから百万分の1秒よりも速いでしょうね。タイムラグはないのと同然です。

 LEDをほんの一瞬だけ(たとえば1千分の1秒とか1万分の1秒だけ)発光させれば、それだけトータルの光量が少なくなり、写真の照明には照明不足でほとんど役に立ちません。それがLEDをストロボ的用途に使うのを躊躇させています(もし市販にあったとしても、おそらく光量不足で満足できないでしょうね)。

 最近は天井の照明にもLEDが使われていますが、あれは連続して点灯させているから明るく見えるわけです。もしストロボのように一瞬だけ点灯させれば、とても写真撮影に必要な光量にはなりません。

 ストロボというのは、ほんの一瞬だけですが強烈に明るいんです。それには対抗できません。一瞬ではなくて点灯時間で稼がないと、対抗できないんです。
 その代わり、LEDを点灯させたまま、たとえば10秒ほど露出すると、ストロボでは対抗できないほどの明るさで写せます。

> 自作リング照明は、シンクロではなく、事前点灯でしょうか?

 シンクロではありません。写真の自作リング照明は(ふつうに使うときは)照明・フォーカス・シャッターボタンを押すと、LEDの点灯、フォーカス、シャッターを同時に作動させますが、LEDの点灯にはタイムラグがないため先に点灯し、タイクラグのあるフォーカスとシャッターがそのあとに働きます。ですから、そういう意味では事実上は事前点灯です。

 なお、照明・フォーカス・シャッターボタンを押し続けている限り、LEDも連続点灯しっぱなしになり、照明したまま連写も可能になります。

 これをストロボ的に一瞬だけ閃光させる場合には、コントロールユニットをそれ用に取り替えます。スイッチの切り替えで両方で使えるように作ることは可能ですが、回路がちょっと複雑になるのと、ストロボ的に使うケースは(私の場合は)少ないため、このままにしています。
 ストロボ的に使いたい場合は、シャッター速度を1/1,000秒とか1/2,000にすればいいわけですし。

書込番号:17566492

ナイスクチコミ!3


里いもさん
クチコミ投稿数:36420件Goodアンサー獲得:3276件

2014/05/28 16:59(1年以上前)

isoworldさん
詳しく説明いただき、良く分かりました。
タイムラグは、AC100V照明器具がそうなので、LEDもシャッター速度に間に合わないのかと思ってましたが、逆なのですね。

書込番号:17566523

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:651件  ダイブセンターサザンクロス 

2014/05/28 17:48(1年以上前)

皆様、早速、真摯なコメントを下さり、ありがとうございます。

ただ、私の表現が不十分若しくは不適切だったようで、皆様に誤解させてしまったようです。

私はLEDライトをストロボのように瞬間的に光らせて撮りたいってわけじゃないんです。

内蔵ストロボの瞬間光をLEDライトガイドで導いてリングストロボ風に使えればいいのに、って趣旨でした。

以前の機種の場合、スーパーマクロモードに設定すると内蔵ストロボが自動的に発光禁止になってしまい、その理由をオリンパスさんに尋ねると「スーパーマクロモードでは被写体までの距離が近過ぎて内蔵ストロボの光が当たらないので、発光禁止になっています。」という一見マトモな回答が返って来るのが常でした。

しかし、「多くのダイバーが外部ストロボをスレーブ発光させていて、それには内蔵ストロボの発光が不可欠なことくらいシロートでもわかるでしょ?」と反論しているうちに、多くの同様の意見が有ったのか、スーパーマクロモードでも強制発光が選択可能になることが3年ほど前の機種からめでたく実現しました。(笑)

LEDライトガイドが出て、見た目から想像する限り、LEDライトだけでなく、内蔵ストロボの光も導くことが出来るんじゃないのかな?って期待していたのですが、現状ではそれが不可と知り、何でかな?って疑問に感じた次第です。

書込番号:17566642

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:536件Goodアンサー獲得:18件 とうとう五十路になりました 

2014/05/29 15:59(1年以上前)

潜る仕事人さん、こんにちは。

↓こんなイメージでしょうか?
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00F5S16LY/ref=s9_simh_gw_p421_d0_i1?pf_rd_m=AN1VRQENFRJN5&pf_rd_s=center-3&pf_rd_r=158HBQJH8VQH8T6VQPQZ&pf_rd_t=101&pf_rd_p=155416469&pf_rd_i=489986

だとしたら、内臓フラッシュでは光量不足じゃないかと思います。


LG-1は使い所ががちょっと微妙でしょうか。
明るい場所では効果がないでしょうし、かと言って暗い場所では、フラッシュに比べて光量が少ないせいで、どれだけ効果があるのか・・・
水中撮影については経験がないのでよくわかりませんが、日中の日影などの薄暗い場所での近接マクロや動画撮影では、絞らなくても被写界深度が稼げるコンデジ故、小型LEDも「アリ」かもしれませんね。

書込番号:17570024

Goodアンサーナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:536件Goodアンサー獲得:18件 とうとう五十路になりました 

2014/05/29 16:05(1年以上前)

追記です。

TG-3は顕微鏡モードなどの超近接撮影に特徴があるようですが、そのような撮影では、自分の体やカメラで自然光が遮られることが多いので、そのために被写体を照らすのが、LG-1の主な用途なんじゃないかと思います。
超近接撮影なので、それほど絞らなくても被写界深度が稼げるコンデジなら、少ない光量でも効果はありそうです。

残念ながら、LG-1は水中撮影は意識していないような気がしたのですが・・・

書込番号:17570042

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:651件  ダイブセンターサザンクロス 

2014/05/29 16:24(1年以上前)

機種不明

画像は清水淳さんの「水中デジカメインプレッション」から借用しました。

いなぽんきちさん、こんにちは。

そうそう、そのイメージです。
それもリングストロボでは無く、内蔵ストロボの光をレンズ周りに概ね均一に導こうって目的のツールですよね?

光量的には、近接撮影に於いては十分だと思いますよ。

フィルムカメラと違ってISO感度が(固定していなければ)上がりますから弱い光でも十分です。

この画像はPT-EP10(E-PL6用プロテクタ)に標準装備の拡散板ですが、内蔵ストロボだけで驚くほど色鮮やかな水中写真が撮れます。

ホントのこと言えば、TG-2やTG-3用のプロテクタにこんな大型拡散板のオプションが欲しいだけなんですけどネ。

今、付いてる小さな拡散板を外して付け換えられるような・・・。

書込番号:17570084

ナイスクチコミ!2


クチコミ投稿数:651件  ダイブセンターサザンクロス 

2014/05/29 16:30(1年以上前)

>残念ながら、LG-1は水中撮影は意識していないような気がしたのですが・・・

はい、本体だけでも水中に持ち込めるとは言え、LG-1は水中使用不可だそうです。

尤も、内蔵LEDライトの光を導くだけでは、いくら近接撮影と言っても無理だと思います。

でも、内蔵ストロボの光も導ける構造だったなら、浅い海でプロテクタ無しでのスーパーマクロ撮影に使えると思います。

書込番号:17570098

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:536件Goodアンサー獲得:18件 とうとう五十路になりました 

2014/05/29 18:03(1年以上前)

潜る仕事人さん、

なるほど!納得しました。
「もともとLG-1についているLEDにプラスする形で内臓フラッシュ光を導く」と言うことを考えられていたのですね。
それならある程度の近接撮影なら、光量的にも使えそうですね!

LG-1が水中使用不可とは、不勉強で失礼しました。

私は昆虫撮影でフラッシュを多用しています。
昆虫マクロの場合は、内臓フラッシュでも一般的には光量は十分ですが、被写体の下などにできる影を消そうとして大型ディフューザをかますと、やや光量不足を感じることもまれにあります。
もっとも最近のカメラなら、仰る通りISO感度を上げれば問題ないです。

ご紹介いただいたディフューザのお写真、ハウジングがあるのでその方面に疎い私にはよくわかりませんが、内臓フラッシュ用でしょうか?
レンズの先に付いている上、厚みがあるので、拡散効果が強そうに思います。

ところで、水中では水による光の拡散効果って、多少はあるのでしょうか?

書込番号:17570325

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:651件  ダイブセンターサザンクロス 

2014/05/29 22:39(1年以上前)

いなぽんきちさん、ご丁寧にありがとうございます。

>ご紹介いただいたディフューザのお写真、ハウジングがあるのでその方面に疎い私にはよくわかりませんが、内臓フラッシュ用でしょうか?

はい、そうです。

外部ストロボを使う場合にはディフューザーを外して光ケーブルで繋ぐのが普通です。
>レンズの先に付いている上、厚みがあるので、拡散効果が強そうに思います。

レンズポートを周囲から柔らかいストロボ光が照射されるので、リングストロボに近い効果が得られます。

>ところで、水中では水による光の拡散効果って、多少はあるのでしょうか?

透明度に拠りますが、顕著に出ることが多いです。

書込番号:17571419

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:536件Goodアンサー獲得:18件 とうとう五十路になりました 

2014/05/29 23:12(1年以上前)

潜る仕事人さん、こんばんは。

ご丁寧に教えて頂き、ありがとうございます。
大変勉強になりました。

TG-3は、深度合成やフォーカスブラケットなど、大変興味深い仕様ですので、購入を前向きに考えております。
本格的な水中写真は敷居が高いですが、手に入れたら川などで手軽に撮ってみたいと思います。

どうもありがとうございました。

書込番号:17571614

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:651件  ダイブセンターサザンクロス 

2014/06/04 22:54(1年以上前)

今日、カタログを貰って来たのですが、「LG-1装着時にはフラッシュを発光させないでください。」と明記されていますね。

LG-1の裏側がどんな作りになっているのか、わかりませんが、内蔵ストロボの光を回すように作ること自体は容易だと思います。

でも、もしかしたら、被写体までの距離が近過ぎる為に調光が上手く行かないのかも知れませんね。

しかし、深度合成モードで撮影された甲虫の作例を見ると、水中の小さなウミウシや甲殻類等、今までに無かった作品が撮れること間違い無いと感じました。

書込番号:17593026

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:536件Goodアンサー獲得:18件 とうとう五十路になりました 

2014/06/04 23:38(1年以上前)

潜る仕事人さん、こんばんは。
情報ありがとうございます。

>被写体までの距離が近過ぎる為に調光が上手く行かない

そうかもしれませんね。
デジイチでも、近接域では1枚ごとの調光が違うことが多々ありますし。

それと、深度合成やフォーカスブラケットの時は高速連写をするでしょうから、コマ間でチャージが間に合わない場合を考えての仕様かも知れません。
深度合成では1枚あたりの発光量は(多分)少なくても良いので、もしかしたらチャージの問題はないかも知れませんが、フォーカスブラケットだとチャージが間に合わないのは致命的ですね。

また、上記の撮影モードの場合、手ブレや被写体ブレの影響をなるべく排除するため、できる限り素早く撮り切りたいでしょうから、プリ発光を伴うTTL調光によるシャッターのタイムロスを考慮したのかも知れません。
調光は毎回行わず、最初の1枚を撮る時だけで良しとしたとしても、結構無視できない時間かも…

昆虫の中には瞬間光に反応する虫〜例えばセセリチョウなど〜がいますから、プリ発光に反応されて逃げられないために、昆虫マクロ好きとしてはLEDの採用は有り難いです。
どこまで実用的な光量なのかは未だ?ですが…

私も海野和男さんの作品をメーカホームページで拝見し購入を決め、LG-1と共に先日オンラインショップで予約しました。
昆虫撮影が今から楽しみですし、ちょうど梅雨時ですから、普段使いにも重宝しそうですね!

書込番号:17593289

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:2249件Goodアンサー獲得:40件

2014/06/13 20:44(1年以上前)

もう終売したけどソニーのHVL-RLSは、ユニバーサルに使えてそれなりに重宝しました。
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/item/2006/10/03/4630.html

書込番号:17623084

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:651件  ダイブセンターサザンクロス 

2014/06/13 23:20(1年以上前)

SONY・BLUE さん、なかなか面白い製品ですね。

昆虫やジュエリー等を撮る方には役立ちそうです。

ただ、私が「有るといいな。」って思っているモノはLEDライトではなく、内蔵ストロボの光をレンズ直近の被写体に均等に当てる為のツールで、リングストロボに近い効果が得られるアクセサリーです。

E-PL5及び6用のプロテクタにはそれに近い製品が既に有るので、TG2と3にも出来るといいなって思っています。

ただ、そのソニーの製品のような形の超小型リングストロボが出たら昆虫撮りマニアの方には魅力的でしょうね。

LEDライトでは無く、スレーブ発光するリングストロボが有れば影の出ない昆虫写真が撮れるでしょう。

水中用にも昔有りましたが、軽10万以上してたと思います。

でも、単なる大型(円形)ディフューザーなら5千円くらいで出来そうです。

書込番号:17623685

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:651件  ダイブセンターサザンクロス 

2014/06/23 18:28(1年以上前)

LEDライトガイドは内蔵ストロボには使用不可とのことでしたが、一昨日沖縄で試してみる機会が有って、そうでも無いことがわかりました。

LEDライトよりは光が偏りますが、LEDライトガイド無しのスーパーマクロ撮影に比べれば雲泥の差で良好です。

まぁ、実用上の意味はほとんど無いのかもしれませんが、敢えて「使用不可」とするほどのことも無いかと・・。

もしかしたら、連射すると熱でダメージを受けるとか??

書込番号:17658503

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:536件Goodアンサー獲得:18件 とうとう五十路になりました 

2014/06/24 00:45(1年以上前)

潜る仕事人さん、こんばんは。
TG-3、さっそく使われているんですね!
私も深度合成や秒間60コマ連写が楽しくて、購入直後にもかかわらずシャッター数が大変なことになっています(笑)


>もしかしたら、連射すると熱でダメージを受けるとか??

実際に使えるとなると、確かにこれ位しか理由が無さそうですね。
それとも、微妙な配光ムラなどがあり、オリンパスの画質基準を満たさなかったのでしょうか・・・

何はともあれ、とりあえず使えるというのは朗報です。
自己責任で試してみます。
情報、ありがとうございました。

書込番号:17659995

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:651件  ダイブセンターサザンクロス 

2014/06/24 15:29(1年以上前)

>TG-3、さっそく使われているんですね!

いえ、展示会の会場で試させて貰っただけです。(笑)

LEDライトガイドを着けて内蔵ストロボを光らせる必要は無さそうですが、タイドプールに居る小さな生き物をスーパーマクロで撮ってみたら面白いかも?とは思っています。

水中使用不可ってことですけど、自己責任で使う分には問題無いでしょう。

水中撮影ではプロテクタを使うので、剥き身で使うとしたらタイドプールくらいしか無いかな?って思っています。

TG-2でも使えるそうなんで、LEDライトガイド、他のモノのついでが有る時にでも買おうかな?

書込番号:17661449

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:536件Goodアンサー獲得:18件 とうとう五十路になりました 

2014/06/24 16:38(1年以上前)

機種不明
当機種

潜る仕事人さん、

>いえ、展示会の会場で試させて貰っただけです。(笑)

失礼しました〜。
そもそも、「持っている私が調べろ」と言う感じですよね(笑)

私はTG-3を購入以来、LG-1を付けっぱなしで外したことがなく、このようなスレに参加させていただきながら、何も調べていなかったことに、今更ながら気が付きました(爆)

早速、LG-1を取り外し裏側を見てみると・・・

なるほど!
写真1のようになっていたのですねぇ。(付けた時には注意して見なかったのです)

LEDライトの部分には、四角い穴が開いており、プラスチック状の透明な板がやや斜めに付いています。
その奥には、ミラー状のものが斜めについていて、これでLED光をLG-1内部へ導いているようです。

一方、内蔵フラッシュの部分には、白い塗料(写真中には「反射板」と書きましたが誤りです)が塗られており、フラッシュ光を反射させているようです。
と言っても、LG-1とカメラ本体との隙間は無いに等しいので、反射させる意味としては、恐らくLG-1を熱から保護しているとしか思えません。

ですので、LG-1装着時に内蔵フラッシュを発光させたとしても、LG-1のアーム部分でケラレてしまいます。
アームの上下から光が漏れるので、多少の効果はあるかもしれませんが・・・
写真2は、LG-1装着状態でフラッシュを強制発光させたものです。
光量が適正かどうかは置いておくとして、やはり真中がケラレていますね。


また、写真1にあるように、LG-1の裏側には穴が3カ所空いています。
特にカメラ本体との装着に関係があるようには見えないので、組み立て時の治具用か水抜き穴じゃないかと思います。
水中では逆にここから水が浸入してしまい、内部に電気部品は無いものの、本来の用途に影響が出るのかもしれません。


以上、簡単ではありますがご報告いたします。

書込番号:17661581

ナイスクチコミ!2


クチコミ投稿数:651件  ダイブセンターサザンクロス 

2014/06/24 17:43(1年以上前)

>LG-1装着時に内蔵フラッシュを発光させたとしても、LG-1のアーム部分でケラレてしまいます。

その筈なんですが、実際には内蔵ストロボでもかなりマトモに撮れるのが不思議です。

LG-1を取り付けて、レンズ前2cmくらいの被写体に先ずLEDライトで撮り、その後で内蔵ストロボで撮り、最後にLG-1を外して内蔵ストロボで撮ると、最後のがサイアクなのは当然ですが、内蔵ストロボ使用バージョンも明るさはやや偏るもののそれなりにちゃんと撮れますよね?

最初からLEDライトでも内蔵ストロボでもどっちでも良いように作ってくれればいいのに、って思ってます。

まぁ、水中撮影にはほとんど関係無いんで個人的には重要では無いんですけどネ。(笑)

書込番号:17661724

ナイスクチコミ!1


クチコミ一覧を見る


価格.com Q&Aを見る

この製品の最安価格を見る

OLYMPUS STYLUS TG-3 Tough
オリンパス

OLYMPUS STYLUS TG-3 Tough

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2014年 6月12日

OLYMPUS STYLUS TG-3 Toughをお気に入り製品に追加する <723

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

クチコミ掲示板検索



検索対象カテゴリ
を対象として
選び方ガイド

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

新製品ニュース Headline

更新日:12月1日

クチコミ掲示板ランキング

(カメラ)

ユーザー満足度ランキング