『どちらがいいか迷っています』のクチコミ掲示板

2015年 9月17日 発売

真空チルド R-G5200F

  • 北海道大学との共同研究により、野菜を新鮮に保存するための「プラチナ触媒」を家庭用冷蔵庫で初めて採用。
  • 「新鮮スリープ野菜室」と「真空チルドルーム」は、プラチナ触媒を用いたことで保存性能が向上している。
  • 5つの冷媒口を設け、運転状況に合わせて経路の切り替えを1つのバルブで行う業界初の省エネ技術「マルチバルブ制御」を搭載。

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:オープン
ドアの開き方
  • フレンチドア(観音開き)
定格内容積

タイプ : 冷凍冷蔵庫 ドア数:6ドア 自動製氷 : ○ 真空チルド R-G5200Fのスペック・仕様

価格.comのまるごと安心 設置・修理・サポート。家電・PC・カメラ・ゲーム機が対象。初月無料!
ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

真空チルド R-G5200F の後に発売された製品真空チルド R-G5200Fと真空チルド R-XG5100Gを比較する

真空チルド R-XG5100G
真空チルド R-XG5100G真空チルド R-XG5100G真空チルド R-XG5100G

真空チルド R-XG5100G

最安価格(税込): ¥189,800 発売日:2016年 9月 1日

タイプ:冷凍冷蔵庫 定格内容積:505L ドア数:6ドア ドアの開き方:フレンチドア(観音開き) 自動製氷:○
  • 真空チルド R-G5200Fの価格比較
  • 真空チルド R-G5200Fの店頭購入
  • 真空チルド R-G5200Fのスペック・仕様
  • 真空チルド R-G5200Fのレビュー
  • 真空チルド R-G5200Fのクチコミ
  • 真空チルド R-G5200Fの画像・動画
  • 真空チルド R-G5200Fのピックアップリスト
  • 真空チルド R-G5200Fのオークション

真空チルド R-G5200F日立

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください [クリスタルブラウン] 発売日:2015年 9月17日

  • 真空チルド R-G5200Fの価格比較
  • 真空チルド R-G5200Fの店頭購入
  • 真空チルド R-G5200Fのスペック・仕様
  • 真空チルド R-G5200Fのレビュー
  • 真空チルド R-G5200Fのクチコミ
  • 真空チルド R-G5200Fの画像・動画
  • 真空チルド R-G5200Fのピックアップリスト
  • 真空チルド R-G5200Fのオークション
クチコミ掲示板 > 家電 > 冷蔵庫・冷凍庫 > 日立 > 真空チルド R-G5200F

『どちらがいいか迷っています』 のクチコミ掲示板

RSS


「真空チルド R-G5200F」のクチコミ掲示板に
真空チルド R-G5200Fを新規書き込み真空チルド R-G5200Fをヘルプ付 新規書き込み



ナイスクチコミ22

返信2

お気に入りに追加

解決済
標準

どちらがいいか迷っています

2016/05/01 22:53(1年以上前)


冷蔵庫・冷凍庫 > 日立 > 真空チルド R-G5200F

クチコミ投稿数:41件

真空チルド R-S3700FV(XT) [クリスタルブラウン]とどちらを買おうか迷っています。
今のところ夫婦2人暮らしですが、ゆくゆくは3人4人暮らしをとおもっています。
確定がない未来なのですが、どちらがいいのか迷っています。
どちらがいいのでしょうか?お願いします。

書込番号:19837205

ナイスクチコミ!10


返信する
殿堂入り金メダル クチコミ投稿数:16422件Goodアンサー獲得:3864件

2016/05/02 09:32(1年以上前)

>とらふぁるさん

こんにちは。
前提条件として、
R-G5200Fが15万円、R-S3700FVがそれより2万安いと言う仮定で考えます。
とらふぁるさんの状況ですが、
・置き場所はR-G5200Fで十分ある
・予算もR-G5200F出しても良い
と言う状況なら、R-G5200Fを買われたら良いと私は思います。

最も大きな理由として、電気代が安い事が挙げられます。
R-G5200Fの方が年間100kWh少ないですね。
100kWhはkWh単価30円と仮定して3000円の差です。
これなら、2万円の差を7年弱で償却してしまいます。
単価25円としても、8年で償却できます。
冷蔵庫の寿命そして10年は現実的にありえる年数ですから、お金の面で見てもR-G5200Fの方が有利と言う事になります。

また将来、子供が2年後、5年後に生まれて4人家族想定だと、若干手狭に思う事もあるかも知れません。
子供が部活なら製氷機だけでは足らず冷凍庫で氷を冷やす事もあるでしょう。
その時にお肉などをまとめ買いしたら冷凍庫の容量は一気に逼迫します。
その場合、冷蔵庫が運良く15年とか持ってくれた場合、冷蔵庫は使えるけど買い替えの必要が出て来ます。
こういう未来も考えれば、今回の場合、R-G5200Fにしておいた方がリスクは低減できます。

具体的に、電気代の差が100kWhあっても、価格差が5万以上とかであれば、400Lクラスで良いのかな?とは思いますが、
現状ではR-G5200Fの方が無難ですかね。

書込番号:19838077

Goodアンサーナイスクチコミ!11


クチコミ投稿数:41件

2016/05/13 11:02(1年以上前)

詳しくありがとうございます。
料理は手間隙をかけないけどなるべく美味しく作りたいので、ストックがどうしても増えます。
なので、R-G5200Fを購入しようかなと思います。

ただ、今すんでいる階段が狭いのがうまくいけばですが・・・

書込番号:19871241

ナイスクチコミ!1


クチコミ一覧を見る


価格.com Q&Aを見る

この製品の最安価格を見る

真空チルド R-G5200F
日立

真空チルド R-G5200F

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2015年 9月17日

真空チルド R-G5200Fをお気に入り製品に追加する <313

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

クチコミ掲示板検索



検索対象カテゴリ
を対象として
選び方ガイド

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

新製品ニュース Headline

更新日:4月9日

クチコミ掲示板ランキング

(家電)

ユーザー満足度ランキング