『Astell&Kernポータブルプレーヤー『SE100』『SR15』を発表』のクチコミ掲示板

2017年 7月 7日 発売

A&ultima SP1000 AK-SP1000 [256GB]

  • 旭化成エレクトロニクス製DAC「AK4497EQ」をデュアル構成で搭載した、フラッグシップモデル。
  • オクタコアCPUを搭載。PCM 384kHz/32bitに加え、DSD256(11.2MHz/1bit)のネイティブ再生に対応。
  • 高速充電に対応。約2時間の充電で、最大約12時間の連続再生が可能。
A&ultima SP1000 AK-SP1000 [256GB] 製品画像

拡大

A&ultima SP1000 AK-SP1000-SS [256GB Stainless Steel] A&ultima SP1000 AK-SP1000-CP [256GB Copper] A&ultima SP1000 AK-SP1000-OB [256GB Onyx Black]

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:オープン

記憶媒体:内蔵メモリ/microSDカード 記憶容量:256GB 再生時間:12時間 インターフェイス:USB3.0 Type-C A&ultima SP1000 AK-SP1000 [256GB]のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

 
  • A&ultima SP1000 AK-SP1000 [256GB]の価格比較
  • A&ultima SP1000 AK-SP1000 [256GB]の店頭購入
  • A&ultima SP1000 AK-SP1000 [256GB]のスペック・仕様
  • A&ultima SP1000 AK-SP1000 [256GB]の純正オプション
  • A&ultima SP1000 AK-SP1000 [256GB]のレビュー
  • A&ultima SP1000 AK-SP1000 [256GB]のクチコミ
  • A&ultima SP1000 AK-SP1000 [256GB]の画像・動画
  • A&ultima SP1000 AK-SP1000 [256GB]のピックアップリスト
  • A&ultima SP1000 AK-SP1000 [256GB]のオークション

A&ultima SP1000 AK-SP1000 [256GB]Astell&Kern

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください [Stainless Steel] 発売日:2017年 7月 7日

  • A&ultima SP1000 AK-SP1000 [256GB]の価格比較
  • A&ultima SP1000 AK-SP1000 [256GB]の店頭購入
  • A&ultima SP1000 AK-SP1000 [256GB]のスペック・仕様
  • A&ultima SP1000 AK-SP1000 [256GB]の純正オプション
  • A&ultima SP1000 AK-SP1000 [256GB]のレビュー
  • A&ultima SP1000 AK-SP1000 [256GB]のクチコミ
  • A&ultima SP1000 AK-SP1000 [256GB]の画像・動画
  • A&ultima SP1000 AK-SP1000 [256GB]のピックアップリスト
  • A&ultima SP1000 AK-SP1000 [256GB]のオークション

『Astell&Kernポータブルプレーヤー『SE100』『SR15』を発表』 のクチコミ掲示板

RSS


「A&ultima SP1000 AK-SP1000 [256GB]」のクチコミ掲示板に
A&ultima SP1000 AK-SP1000 [256GB]を新規書き込みA&ultima SP1000 AK-SP1000 [256GB]をヘルプ付 新規書き込み



ナイスクチコミ3

返信1

お気に入りに追加

標準

デジタルオーディオプレーヤー(DAP) > Astell&Kern > A&ultima SP1000 AK-SP1000 [256GB]

スレ主 9832312eさん
殿堂入り クチコミ投稿数:8969件

ES9038PRO搭載機です。SP1000の下の位置付けになるのかな。
https://www.phileweb.com/news/d-av/201805/10/44001.html
『SE100』は、Octa-core CPUと、ESS Technology社 プロフェッショナル・グレードの8ch DAC「ES9038PRO」を搭載したポータブルプレーヤーで、最大384kHz/32bitまでのPCM再生、またQuad DSDのネイティブ再生が可能。ディスプレイは5インチタッチスクリーンを採用し、内蔵ストレージは128GB、約10時間の音楽再生が可能とのこと。ボディ素材はアルミニウム合金。

『SR15』は、Quad-core CPUと、Cirrus Logic 社のMaster HIFI搭載のDACチップ「CS43198」をデュアルで搭載するポータブルプレーヤー。スタンダードラインながら、過去のフラッグシップ機の性能・機能をするという。PCMは最大192kHz/24bitまで、単一定格のDSDはネイティブ再生が可能。外観はAK70シリーズと似ているとのことで、こちらもアルミニウム合金を採用する。

書込番号:21813536

ナイスクチコミ!3


返信する
クチコミ投稿数:1095件Goodアンサー獲得:45件

2018/05/13 19:57(1年以上前)

興味ありますね。
私個人的にはAKの第3世代、駄作だったと言う印象が有りましたが、多分、同じ事をアイリバー社も感じていたのでそうね。
「3.5世代」はきっちり第三世代の問題点「アンプの駆動力不足」を修正してきた傾向があります。
AK70MkUもそうですし、「かーん」(?)もそうです。
多分、アンプが音にどの程度関係して来るかを軽視してきたツケを第三世代が背負ったわけで、その答えが「3.5世代」だとも思えます。
今回発表された「第4世代」ですが、私自身は「期待できる」と考えています。
私の場合、予算的に「SE100」はスルーですが、「SR15」・・・
私が最近購入したOPUS#1S・・・
同じDACの構成ですが、潜在能力は高いかと考えています。
ただ、OPUSの方はまだ消化不足と感じるところもあって、ある意味期待しているところもあります。
具体的に関しては、フィルターの設定やカスタマイズの自由度ですね。
確かにOPUS#1S・・・
良い音聞かせます。
5万円前後のモデルとしては、音の完成度は非常に高く、もはや初代AK70とは次元が違う音まで鳴らします。
ただ、やはり5万円の価格設定の悲しさかな、音以外のところは、「5万円クラス」以下の出来です。
最近のアイリバー社は、そういったところに関する気配りが出来るメーカーに成長したと思っていますので、そう言った意味で期待しているところもあります。

ただ、気になるのが「写真に写っているボディの薄さ」ですね。
まさか第3世代の過ちを繰り返すのか・・・
そんな不安を感じさせる写真ですね。
そうで無い事を期待します。

書込番号:21822062

ナイスクチコミ!0


クチコミ一覧を見る


この製品の最安価格を見る

A&ultima SP1000 AK-SP1000 [256GB]
Astell&Kern

A&ultima SP1000 AK-SP1000 [256GB]

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2017年 7月 7日

A&ultima SP1000 AK-SP1000 [256GB]をお気に入り製品に追加する <115

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

クチコミ掲示板検索



検索対象カテゴリ
を対象として
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[デジタルオーディオプレーヤー(DAP)]

デジタルオーディオプレーヤー(DAP)の選び方ガイド

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

新製品ニュース Headline

更新日:12月3日

クチコミ掲示板ランキング

(パソコン)

ユーザー満足度ランキング