『どっちが良いですか。』のクチコミ掲示板

KI-HS70

  • 気になるところを狙って消臭や除菌できる「プラズマクラスターパワフルショット」を搭載した加湿空気清浄機。
  • AIoTクラウドサービス「COCOR AIR」に対応し、運転状況や屋外の空気情報を蓄積、分析できる。
  • 奥行き293mmとコンパクトな作りながら、8畳の部屋を9分で清浄できる。
KI-HS70 製品画像

拡大

KI-HS70-W [ホワイト系] KI-HS70-H [グレー系]

最安価格(税込):¥24,800 [ホワイト系] (前週比:+1,820円↑)

  • メーカー希望小売価格:オープン
  • 発売日:2017年 9月21日

ネット回線の同時加入で¥1で購入できます

KI-HS70-W [ホワイト系] ¥1 ホワイト系 ホワイト系

店頭参考価格帯:¥44,800 〜 ¥54,423 (全国1店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:加湿空気清浄機 フィルター種類:HEPA 最大適用床面積:31畳 フィルター寿命:10年 PM2.5対応:○ KI-HS70のスペック・仕様

価格.comのまるごと安心 設置・修理・サポート。家電・PC・カメラ・ゲーム機が対象。初月無料!
ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

KI-HS70 の後に発売された製品KI-HS70とKI-JS70を比較する

KI-JS70
KI-JS70KI-JS70

KI-JS70

最安価格(税込): ¥35,800 発売日:2018年11月15日

タイプ:加湿空気清浄機 フィルター種類:HEPA 最大適用床面積:31畳 フィルター寿命:10年 PM2.5対応:○
  • KI-HS70の価格比較
  • KI-HS70の店頭購入
  • KI-HS70のスペック・仕様
  • KI-HS70の純正オプション
  • KI-HS70のレビュー
  • KI-HS70のクチコミ
  • KI-HS70の画像・動画
  • KI-HS70のピックアップリスト
  • KI-HS70のオークション

KI-HS70シャープ

最安価格(税込):¥24,800 [ホワイト系] (前週比:+1,820円↑) 発売日:2017年 9月21日

  • KI-HS70の価格比較
  • KI-HS70の店頭購入
  • KI-HS70のスペック・仕様
  • KI-HS70の純正オプション
  • KI-HS70のレビュー
  • KI-HS70のクチコミ
  • KI-HS70の画像・動画
  • KI-HS70のピックアップリスト
  • KI-HS70のオークション

『どっちが良いですか。』 のクチコミ掲示板

RSS


「KI-HS70」のクチコミ掲示板に
KI-HS70を新規書き込みKI-HS70をヘルプ付 新規書き込み



ナイスクチコミ12

返信3

お気に入りに追加

標準

初心者 どっちが良いですか。

2019/02/20 13:21(2ヶ月以上前)


空気清浄機 > シャープ > KI-HS70

クチコミ投稿数:6件

今度初めて空気清浄機を購入しようと思っています。
シャープのKI-HS70にしようか、それともダイキンのACK70Uにしようか迷っています。おすすめはどちらでしようか。性能や機能使いやすさなど詳しい方がいらっしゃいましたらアドバイスをお願いします。

書込番号:22480896 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!4


返信する
P577Ph2mさん
クチコミ投稿数:13613件Goodアンサー獲得:4445件

2019/02/20 14:56(2ヶ月以上前)

空気清浄機は、本質的に、空気をフィルタでこしとるだけのきわめて単純な機械です。
それでは差がつかないので、各メーカー、なんちゃらクラスターだの、かんちゃらストリーマだの、ごちゃごちゃ機能を足していますが、本質的なものではないです。

KI-HS70は旧モデルなので、だいぶ値段が下がっています。
その分、お買い得でしょう。

なお、絶対的な性能を重視するなら、風量を大きくして、フィルタを長くし、かつ、ひんぱんに交換するのが一番です。
そうなると、国内のちっぽけな空気清浄機はみんなアウトで、大きく、うるさく、ランニングコストのかかる海外メーカーの製品が必要になります。

書込番号:22481042

ナイスクチコミ!3


クチコミ投稿数:5646件Goodアンサー獲得:1502件

2019/02/21 17:30(2ヶ月以上前)

メンテナンスのコストやしやすさで選んだ方が良いかと思います。

空気清浄機能
両方ともHEPAフィルタや消臭フィルタがあるのでプレフィルタの性能次第。
HEPAフィルタは単体の価格が総変わらなければ性能はさほど変わらないでしょう。
消臭フィルタはHEPAフィルタの前にあるか後ろにあるかの違いがあるが、シャープは前にありホコリで目詰まりして機能が低下しそうだし、ダイキンは後ろにあるけどたばこを吸う環境だとHEPAフィルタに付着しそう。
どちらにしてもどのぐらい効果があるかはよく分からない。
清浄機能は吸気能力が良くてもうるさければ使っていられないので、ほどほどのところで使うならさほど性能差は無いかもしれない。

加湿機能
両方とも加湿機能があるが、シャープは「Ag⁺イオンカートリッジ」を定期的に交換する必要がある分余計な出費がある。
ダイキンは余計なオプションはなく、水トレーに銀イオン剤、イオン化した空気を通すことで除菌をしている。
ただし、どちらもどの程度効果があるか不明で、こまめの除菌をすることをおすすめします。
さらに、暖房を使用している場合、この程度の加湿では絶対に足りません。
別途加湿器を準備しましょう。

プラズマクラスターとか、ストリーマーとか
どちらも空気中の酸素や窒素をイオン化して除菌とかするようにしていますが、シャープは直接排出し、ダイキンは加湿機構など内部を通して排出しています。
シャープの方が直接の分イオン量が多いが室内に分散し、ダイキンは内部で除菌しつつイオン量が減った状態で室内に分散します。
うちではプラズマクラスターでややかびにくくなった程度に効果があることは過去に確認したが、これだけで効果があったかは不明。
どちらにしても効果は過信するほどのものではなく、やや除菌されているかもといった程度。

後々の出費を減らしたいならダイキン、出費が気にならないならシャープを選べば良いかと思います。

書込番号:22483579

ナイスクチコミ!3


殿堂入り金メダル クチコミ投稿数:15144件Goodアンサー獲得:3503件

2019/02/23 08:04(2ヶ月以上前)

>ぐっど満さん
こんにちは。

一番の違いは吸気方向ですかね。

シャープは背面吸気なので、物理的に壁に密着させて置けません。
更に、壁を伝って処理前の空気が常に流れるので、壁は汚れやすいです。
あと、背面なので、大きめのゴミも全面吸気に比べて取れが少ないです。
メリットとしては、後ろの壁を使って大きく部屋の空気を循環させて処理する空気流を作りやすいことでしょうか。

一方、ダイキンの全面吸気は大きめのゴミも比較的取れが多く、壁に密着させて置くことも可能です。

ワタシ的には使い勝手面だと全面吸気採用のダイキンかなと思います。


一方、フィルター性能で考えると、実績や第三者機関でも評価があるシャープの方が安定感はあります。
やっぱり、同じ頻度で使って空気の抜けが良いままのダイキンよりも、抜けの悪くなるシャープの方が確実に補塵していますから、
「スカスカでも静電フィルターなので流量確保しつつ高いキャッチ率ですよ」
といくらダイキンがアナウンスしてもやや眉唾感は感じます。
実質、1〜2年毎に交換しても、それをきっちり仕事している証と捉えることが出来るなら、
シャープを選択しても良いかと思います。

書込番号:22487114

ナイスクチコミ!2


クチコミ一覧を見る


「シャープ > KI-HS70」の新着クチコミ

価格.com Q&Aを見る

この製品の最安価格を見る

KI-HS70
シャープ

KI-HS70

最安価格(税込):¥24,800発売日:2017年 9月21日 価格.comの安さの理由は?

KI-HS70をお気に入り製品に追加する <273

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 

クチコミ掲示板検索



検索対象カテゴリ
を対象として
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[空気清浄機]

空気清浄機の選び方ガイド

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

クチコミ掲示板ランキング

(家電)

ユーザー満足度ランキング