『国交省への申請に関しての素朴な疑問』のクチコミ掲示板

2016年11月24日 登録

Phantom 4 Pro

  • 1型2000万画素のCMOSセンサーを搭載し、4K/60fpsの動画と14fpsのバーストショットを撮影できる、プロ向け本格ドローン。
  • 後方にデュアル・リア・ビジョンセンサー、左右に赤外線センサーを備えた「FlightAutonomyシステム」で、GPSがなくても障害物を回避し安定した飛行が可能。
  • スムーズな自動飛行を可能にするDrawモード、ActiveTrack、TapFly、Return-to-Home、ジェスチャーモードなどのインテリジェントフライト機能を搭載。
Phantom 4 Pro 製品画像

拡大

Phantom 4 Pro [ホワイト] Phantom 4 Pro Obsidian [マットグレー]
最安価格(税込):

¥204,000 ホワイト[ホワイト]

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

価格帯:¥204,000¥204,000 (1店舗) メーカー希望小売価格:¥―

カメラ搭載有無:標準 FPV:○ 動画解像度:4096x2160 飛行時間:30分 重量:1388g(バッテリーとプロペラを含む) Phantom 4 Proのスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • Phantom 4 Proの価格比較
  • Phantom 4 Proの店頭購入
  • Phantom 4 Proのスペック・仕様
  • Phantom 4 Proのレビュー
  • Phantom 4 Proのクチコミ
  • Phantom 4 Proの画像・動画
  • Phantom 4 Proのピックアップリスト
  • Phantom 4 Proのオークション

Phantom 4 ProDJI

最安価格(税込):¥204,000 [ホワイト] (前週比:±0 ) 登録日:2016年11月24日

  • Phantom 4 Proの価格比較
  • Phantom 4 Proの店頭購入
  • Phantom 4 Proのスペック・仕様
  • Phantom 4 Proのレビュー
  • Phantom 4 Proのクチコミ
  • Phantom 4 Proの画像・動画
  • Phantom 4 Proのピックアップリスト
  • Phantom 4 Proのオークション

『国交省への申請に関しての素朴な疑問』 のクチコミ掲示板

RSS


「Phantom 4 Pro」のクチコミ掲示板に
Phantom 4 Proを新規書き込みPhantom 4 Proをヘルプ付 新規書き込み



ナイスクチコミ21

返信13

お気に入りに追加

解決済
標準

国交省への申請に関しての素朴な疑問

2019/04/03 11:42(6ヶ月以上前)


ドローン・マルチコプター > DJI > Phantom 4 Pro

スレ主 kurolan80さん
クチコミ投稿数:22件

こんにちは! 

サンデーフライヤーになってから毎週とはいきませんが、努めてATTIモードでの練習に励んで20数時間の飛行履歴が出来ましたので、そろそろ国交省への申請を考えている者です。

国交省HPからダウンロードした申請書を読みかえしてみた所、素朴な疑問に行き当たりました。
夜間飛行と目視外飛行についてです。

私の浅い認識では 夜間飛行と目視外飛行はやってはならない行為と云うふうに考えていましたが、申請書には夜間飛行訓練と目視外飛行訓練の訓練時間を問い掛ける項目が有りました。

私はどちらの飛行もやってはならない行為だと考えていましたので、全く練習はしておらず、単純にどちらも訓練時間は0時間となります。

と云いながら 実際には浜辺から海に向かっての目視外飛行(直線距離で約500m)と夜間飛行を各1バッテリーづつはおこなった経験は有ります。
特に夜間飛行はモニター画面も真っ暗で機首がどっちに向いているのかも認識しずらく、モニター画面の飛行ルート軌跡だけが頼りで恐怖心が先行しての飛行でした。
原則 モニター頼みの飛行は禁止だと思いますので、訓練時間にはカウント出来ないと考えています。

このサイトで 夜間飛行、目視外飛行、申請 をキーワードにして検索してみると、目視外飛行なんかは危険で他者に危害を加える恐れが有る飛行だとかの書き込みが多く有り、否定的なご意見が多かったので、やはり皆さんも夜間飛行や目視外飛行はされていないのだと感じました。
と云う事は やっぱり夜間飛行と目視外飛行の訓練時間は0時間の申請でも良いのかな? とも思ってみたりします。

実際に申請された皆さんは夜間飛行、目視外飛行の項はどの様に回答されているのでしょうか?
やはり「0時間」で回答されていますか?
それともう一つ "物件投下経験"と云う項も有りましたね。
"物件投下経験"が必要だとすれば、"物件投下経験"の訓練なんてどの様にすれば良いのでしょうか?

上記の訓練時間が各々必要だと云うのであれば、皆さんはどの様な場所で、どの様な方法で訓練をされているのかを具体的に教えて戴だければ有り難く思います。

長文になってしまい恐縮至極ですが、国交省への申請に関しての私の素朴な疑問は以上となります。
どなたか教えて頂けましたら幸いです。

よろしくお願い致します。

書込番号:22576802

ナイスクチコミ!3


返信する
クチコミ投稿数:291件Goodアンサー獲得:15件

2019/04/03 13:22(6ヶ月以上前)

専門外ですが、常識の範囲内で回答します。

まず、虚偽の申請はよくないのでやめましょう。
法律等も出来たばかりでしょうから、実態調査を含めたものだと思われるので、遠慮なく自分の利用方法を書きましょう。
危険や危害を与える場合などは警告等が来るでしょうからそれに従うのみです。

書込番号:22576967

ナイスクチコミ!0


殿堂入り金メダル クチコミ投稿数:5081件Goodアンサー獲得:465件 ドローンとバイクと... 

2019/04/03 15:03(6ヶ月以上前)

>kurolan80さん

こんにちは。(^^)
許可申請、必要ですね。頑張ってください。

まず、申請ですが、国交省への郵送やメール送信での申請はまだ受け付けてましたっけ?
私は1回目は国交省へ直接行いましたが、2回目はDIPSを利用しました。とても簡単に申請できますのでお薦めですよ。
https://www.dips.mlit.go.jp/portal/

夜間飛行の訓練についてはこちらのサイトが参考になるかも。
https://drone-pilot-school.com/night-flight2.html
要は専用の訓練施設で行うのが理想だということになるでしょうか。

ちなみに私は目視外飛行とDID区域内での飛行許可も一応受けてはいますが、DID区域内では飛ばしたことはありません。100%郊外での運用です。
夜間飛行は練習場での訓練が必須と考えていますので、最初から目標としていません。

目視外飛行の訓練については、郷にちょっとした果樹園がありまして、そこでそれなりに自主訓練を行いました。
そのほかの操縦訓練についても、小さなトイドローンで屋内練習は結構な時間行いましたし、自由自在とはいかないまでもそれなりに手動で機体のコントロールができるようにはなったつもりです。

理想的には民間施設のドローン練習場で実績を積まれるのが良いのではないでしょうか。
最近はかなり増えたようです。「ドローン 練習場」で検索すれば多くの施設がヒットしますので、一度チェックされてください。

書込番号:22577117

Goodアンサーナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:9998件Goodアンサー獲得:591件

2019/04/03 16:00(6ヶ月以上前)

虚偽申請→公文書偽造扱い→刑事事件対象(TT)

意外に大変な事になるかも?

書込番号:22577193 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!0


銀メダル クチコミ投稿数:3940件Goodアンサー獲得:433件

2019/04/03 18:15(6ヶ月以上前)

航空局標準マニュアルの内容は把握していますか?

具体的な練習内容についてはマニュアルの2.に
『 プロポの操作に慣れるため、以下の内容の操作が容易に
できるようになるまで 10時間以上の操縦練習を実施する。』
と記載があり、下に具体的技法が記載されています。

他に条件として
『なお、操縦練習の際には、十分な経験を有する者の監督の
下に行うものとする。訓練場所は許可等が不要な場所又は
訓練のために許可等を受けた場所で行う。 』
の二つがあります。

これらを厳密に遵守するつもりでしたら
スクール受講じゃないと基本的に無理だと思います。

「十分な経験を有する者」ってその辺にいるもんでもないし
許可承認の不要な場所なんてなかなか確保できません。

さりとてスクールだってどこにでもあるわけじゃないし
個人ユーザの多くはそこまで厳密にやって許可承認はとってないと思いますよ

それでも、標準飛行マニュアルも読んだことないとか
許可承認すらやってないというよりはマシじゃないでしょうか
あんまり深く考えない方がいいかもしれません

ぶっちゃけ許可承認って
事故起こした機体から操縦者を特定するための
機体番号と個人の紐付けが主目的な気がします
ましてDIPS以降超簡単に承認取れるようになったわけで
(ホント拍子抜け)ますますそう感じてます


余談ですが

練習の条件として「実機で」「当該機体で」「200g以上の機体で」
という記載は、実はありません。
マニュアルの揚げ足取りになるかもしれませんが
トイドローンでもシミュレーターでもかまわないって事になります

私もRCヘリやトイドローン(といってもFPVレーサー含むですが)の
時間も経験として計上しています。時間は適当ですがw

夜間については実績もないし今後やるつもりもないので
それはゼロ時間で申告してます

書込番号:22577464

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:23件

2019/04/03 23:04(6ヶ月以上前)

目視外飛行=機体が見えない所まで飛ばすではないですよ
目の前を、ホバリングしていても、モニター見て飛ばした時点で
目視外飛行だと思いますよ

目視外=機体を見ずに飛行するだと思います。

間違ってたら、ごめんなさい^^;

書込番号:22578188

ナイスクチコミ!1


スレ主 kurolan80さん
クチコミ投稿数:22件

2019/04/03 23:10(6ヶ月以上前)

皆さん 早々のご回答有難うございました。

虚偽申請は全くするつもりは有りませんので、皆さんが実質的にどの様な訓練をされて、訓練時間を確保されたのかが知りたくて質問させて頂きました。
ご回答を拝見する限りでは 具体的な訓練時間の記載は戴けませんでしたので、皆さんがどの様に申請されているかまでは知り得ませんでした。

私は40年ほど前から ラジコンヘリ(エンジン機)をやっていて(中抜け期間が10年ほど有りますが)、3年ほど前から電動ヘリを復活させました。
ラジコンヘリを始めた頃はまだ中学生で、3軸ジャイロなんかは無かった時代で、ホバリングをマスターするだけで一年近く掛かった記憶が有ります。
操縦時間も 1年当り20時間程度と見積もっても合計では600時間以上の飛行時間は保有しているかと思いますし、実際はそれ以上の時間を飛行していると思います。
ラジコンヘリの飛行時間も加算されておられる方もいらっしゃいましたので、私も加算しようかなとも思ったりしますが、本星は目視外飛行や夜間飛行の訓練時間ですから ちょっと筋違いかな!

ラジコンヘリは当然ながら視界範囲に機体が確認できないと操縦出来ませんし、夜間飛行なんてもっての外ですので、ドローンの操縦でも目視外飛行や夜間飛行は想定外で、ほとんど操縦していません。

ドローンが手元に届くまではスクールでの講習も考えていましたが、事前にカリキュラム内容を電話で確認した所 私が欲している様な内容ではない事も判りましたので、取り敢えず様子を見る事にしました。

ドローンが届いた当日にATTIモードで実際に飛ばして見ると 最新の電動ヘリでも真似出来ないくらいに機体の安定性は抜群で、スクールでのカリキュラム内容は難なくこなせましたので、スクールには通わずに Youtube等から新たな情報を得ながら今までの経験値をプラスして、技量を積み上げて来ました。

もちろん 自己技量の過信や油断は大敵と考え、電動ヘリと併用で飛行を楽しみながら20数時間の飛行訓練を重ねて来ましたので、この段階で夜間飛行訓練の為に改めて高額を払ってまでスクールに通う気も起こらないというのが正直な気持ちです。
検索してみましたが、近場にはドローン練習場も無い様ですので、夜間飛行と目視外飛行訓練に特化するべく 私なりに別の方法を考えてみます。

結果としては 近々の申請は諦めるしか無いですネ!
今までにご回答を頂きました皆様には御礼申し上げます。
有難うございました。

書込番号:22578207

ナイスクチコミ!4


クチコミ投稿数:2338件Goodアンサー獲得:54件

2019/04/04 05:36(6ヶ月以上前)

>ありがとう、世界さん

>虚偽申請→公文書偽造扱い→刑事事件対象(TT)

申請書は公文書じゃないぞ。(TT)

書込番号:22578562

ナイスクチコミ!0


銀メダル クチコミ投稿数:3940件Goodアンサー獲得:433件

2019/04/04 08:53(6ヶ月以上前)

>kurolan80さん

>ご回答を拝見する限りでは 具体的な訓練時間の記載は戴けませんでしたので、
>皆さんがどの様に申請されているかまでは知り得ませんでした。

他人の具体的な時間聞いてどうするんかいな?という気もしますが
人物30、DID、目視外、県内一円の業務用途の承認で
総飛行43時間、目視外15時間で他は0時間と0回で申請してます
(ここ5年のRCヘリとドローンのおよその飛行時間も含めてます)


>ラジコンヘリの飛行時間も加算されておられる方もいらっしゃいましたので、
>私も加算しようかなとも思ったりしますが、本星は目視外飛行や夜間飛行の訓練時間ですから
>ちょっと筋違いかな!

総飛行時間には含めても問題ないと思いますよ
固定翼機/回転翼機/滑空機/飛行船の区分しかありませんので。


>結果としては 近々の申請は諦めるしか無いですネ!

目視外はともかく人物30は屋外で飛ばす限り遭遇しかねない場面ですし
許可証は何か(例えば誰何されたなど)の時の説明のエビデンスにもなるので
慣れておく意味も含めて申請だけはやっておいた方がいいと思います
(条件の変更や追加はいつでもできます)


>原人バカさん
それで間違いないですよ
「視認が困難な状況かどうか」じゃなく
「操縦者が肉眼で目視しているか」です

書込番号:22578812

Goodアンサーナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:105件Goodアンサー獲得:4件

2019/04/04 14:43(6ヶ月以上前)

追加基準への適合性

40年前から・・・は凄いですね・・・
3軸どころか、コレクティックピッチ出始めじゃないですかね・・・
まともなジャイロが出始めたのは80年代中期でしたね。

審査要領(平成30年9月18日適用)、5-3(2)、5-4(2)c) に有る様に、「第三者が立ち入らないよう措置された場所」は、RCに従事された方なら割に容易く見当たる様な気もします。
過去には、「第三者の出現の蓋然性の少ない施錠された場所等」ってのも有りました。
管轄の河川事務所へ申し出るとか、解決策は結構有るのではと思います。
かくいう私も訓練場所は許可を受けた施錠できる河川敷です。

書込番号:22579306

ナイスクチコミ!0


スレ主 kurolan80さん
クチコミ投稿数:22件

2019/04/05 00:14(6ヶ月以上前)

アハト・アハトさん

ご指摘 有難うございます。
確かに人の訓練時間を聞いてどうするの? と云う疑問をお持ちになられるのは良く判ります。

国交省の申請基準には10時間以上と有るだけで、目視外飛行や夜間飛行訓練への配分の記載が無かったので、皆さんが初回申請時にはどれ位の訓練時間で申請されようと考えられたのか知りたくて質問させて貰いました。

もちろん 質問をさせて頂く前には、航空局標準マニュアルは何度か読みました。
表記内容には矛盾点が多いなと感じながらも。

もう少し明確な数値基準、例えば 通常訓練10時間以上、目視外訓練○時間以上、夜間訓練△時間以上 と云う様な具体的な訓練時間規定を設定してくれていれば、今回の様な疑問はおそらく起こらなかったと思います

そして もう一つ知りたかったのが「目視外訓練時間」や「夜間訓練時間」は「ゼロ時間」で申請しても良いのだろうか? と云う点でした。
もう一度 皆さんから頂いたコメントを改めて読ませて頂きました。
アハト・アハトさんは「夜間訓練時間」は「ゼロ時間」で申請されていると云う事が判りましたので、参考にさせて頂きます。

以前のスレにも書かせて頂だきましたが、RCヘリ操縦者は目視飛行と云うか 視認飛行が大前提ですので、飛行機体を見続ける事がクセになっていて、機体から目を離す事は絶対しません。
夜間飛行なんてもっての外ですが、ドローンにはタブレット画面が有るので、目視外飛行や夜間飛行といった概念が出てくるんでしょうね。


>目視外飛行とは 「視認が困難な状況かどうか」じゃなく「操縦者が肉眼で目視しているか」です。

この発想は私にとっては目からうろこでした。
私にとっての目視飛行の定義は 目で機体が確認出来て、機首がどちらの方向を向いているか、機体が前進しているのか、後進しているのか、機体が左右どちらの方向に進もうとしているのか が目で確認出来るという事で、この範囲を超える飛行が目視外飛行と考えていました。

この考え方が間違っていたんですね。
操縦者が機体から目を外す事が目視外飛行だとは ラジコン操縦者でもある私にとっては全く想定の範囲外でした。

いや〜 勉強をさせて頂きました。
これなら目視外飛行の訓練時間は確保できる目途が立ちました。
残るは夜間飛行訓練です。
アハト・アハトさんと同様 思い切って「夜間訓練時間」は「ゼロ時間」で申請してみましょうか?
受け付けて貰えますかね〜

色々と有難うございました。

書込番号:22580414

ナイスクチコミ!3


銀メダル クチコミ投稿数:3940件Goodアンサー獲得:433件

2019/04/05 08:18(6ヶ月以上前)

>アハト・アハトさんと同様 思い切って「夜間訓練時間」は「ゼロ時間」で申請してみましょうか?
>受け付けて貰えますかね〜

??
夜間飛行の承認を取りたいんじゃないんですよね?


夜間、目視外、物件投下の承認申請をしないなら
それぞれの訓練時間はゼロ時間でかまわないですよ

例えば人物30だけの承認なら、総飛行時間だけクリアしていれば
ほかゼロで問題ありません(機体要件を満たす必要はありますが)

なんだか変に難しく考えていませんか?
まずは人物30だけでも申請してみるのをおすすめします

総飛行時間はクリアしているのですから
プロペラガード付けた実機の画像あればすぐにでも申請できますよ

書込番号:22580797

ナイスクチコミ!1


スレ主 kurolan80さん
クチコミ投稿数:22件

2019/04/06 00:02(6ヶ月以上前)

アハト・アハトさん

いつも有難うございます。

別に難しく考えている訳ではないですよ!
飛行マニュアルの2-4や2-5に夜間や目視外においても安定して飛行を行える様練習を行う と書いてあるので夜間飛行や目視外練習も必要なんだと思っただけで、皆さんはそれをどの様に、どれ位 練習されているのかが知りたかっただけです。

私は飛行マニュアルを素直に読んでいるだけです。

飛行マニュアルに記載されている必要な技量は取り敢えず取得出来ていると思いますし、必要時間も満たしているので、夜間飛行訓練時間はゼロ時間にして申請してみます。
もちろんタブレット画面だけでの飛行練習時間を積み増してからにしますけど。

色々とアドバイスをを頂戴して、有難うございました。

書込番号:22582532

ナイスクチコミ!3


スレ主 kurolan80さん
クチコミ投稿数:22件

2019/05/15 13:03(5ヶ月以上前)

スレ主です。

本日DIPSから審査終了通知が届き、無事許可・承認書PDFを受領しました。
このサイトにて皆様方からアドバイスを頂戴し、当方でも試行錯誤しながら訓練を積み重ねての許可書受領ですので、皆様への御礼方々 受領までこぎ着けさせて頂けました事をご報告させて頂きます。


国交省標準マニュアルに記載の文には矛盾を感じながらも、許可書受領には目視外飛行訓練は必要と理解して 申請までの10日間はATTIモードにて毎日集中訓練に励みました。

夜間飛行はゼロ時間で申請しようかと考えていましたが、ある飲み会で 場所を提供してくれる方に巡り会えて、その結果月明かりの中での夜間飛行訓練時間も積み上げる事ができ、夜間飛行訓練問題も簡単に解消しました。

目視外飛行(タブレット画面での確認飛行のみ)の訓練では遠距離フライトにもチャレンジしました。
YouTubeでは5000m飛行に挑戦した等の動画が投稿されていますが、私にはとてもそんな無謀な事に挑戦できる訳も無く、海に向かって1500m飛行させる事が精一杯てじた。

結論としては 通常飛行時間 60時間(ラジコンヘリ操縦時間を若干加算)、目視外飛行時間 9時間、夜間飛行時間 6時間、投下回数 0回 として4月17日に申請しました。
申請には飛行開始日をGW中の日付にして申請しましたが、GW後に国交省からその日付では受け付けられないとの事で 開始日修正の指示を受けましたが、修正項目はその一点で その後ほぼ一週間での許可書受領となりました。


私はこの板で 目視外飛行と夜間飛行の訓練についての皆様方の対応方法を知りたくて、ドローン申請初心者としての素朴な疑問を投げかけさせて貰いましたが、鋭いツッコミも含めて 皆様方から貴重なアドバイス、ご意見を頂戴して、私なりに理解を深めて無事許可書を受領出来た事を素直に喜んでおりますし、一重に皆様方のアドバイスのお陰だと深く感謝しております。

こんな風に書くと 「許可書はドローン本体と操縦者とを紐付ける為の行政側の手段だ。 そんなに喜ぶ事でもないよ!」と切り替えされる方もおられそうですが、法律上では操縦者の許可書所持は義務付けられていますので、私も取敢えずはその責を果たして、皆様のお仲間に入れたとの認識でおります。

前回投稿からは40日程経過していますので、賞味期限の切れたこのスレを読んで頂ける方は少ないかと思いますが、後々「国交省 申請」等のキーワードで検索をされた際にこのスレがヒットして、悩んでられる方の参考、一助にして頂けたらと考えての最終報告とさせて頂きます。

今までの皆様方から頂戴致しましたアドバイス、ご意見には深く感謝致します。
有難うございました。

書込番号:22667739

ナイスクチコミ!3


クチコミ一覧を見る


価格.com Q&Aを見る

この製品の最安価格を見る

Phantom 4 Pro
DJI

Phantom 4 Pro

最安価格(税込):¥204,000登録日:2016年11月24日 価格.comの安さの理由は?

Phantom 4 Proをお気に入り製品に追加する <81

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 

クチコミ掲示板検索



検索対象カテゴリ
を対象として

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

新製品ニュース Headline

更新日:10月18日

クチコミ掲示板ランキング

(カメラ)

ユーザー満足度ランキング