『シャッタースピードはどうなってるか』のクチコミ掲示板

HUAWEI Mate 10 Pro SIMフリー

AIチップ内蔵の6型SIMフリースマホ

最安価格(税込): ¥48,889〜 登録価格一覧(11店舗)
発売日:2017年12月 1日

中古価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください

キャリア:SIMフリー OS種類:Android 8.0 販売時期:2017年冬モデル 画面サイズ:6インチ 内蔵メモリ:ROM 128GB RAM 6GB バッテリー容量:4000mAh HUAWEI Mate 10 Pro SIMフリーのスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

 

『シャッタースピードはどうなってるか』 のクチコミ掲示板

RSS


「HUAWEI Mate 10 Pro SIMフリー」のクチコミ掲示板に
HUAWEI Mate 10 Pro SIMフリーを新規書き込みHUAWEI Mate 10 Pro SIMフリーをヘルプ付 新規書き込み



ナイスクチコミ6

返信4

お気に入りに追加

解決済
標準

シャッタースピードはどうなってるか

2018/05/13 09:25(1年以上前)


スマートフォン・携帯電話 > HUAWEI > HUAWEI Mate 10 Pro SIMフリー

スレ主 苦楽園さん
クチコミ投稿数:2350件 苦楽園のつぶやき 

Mate10Proでは、カラーと白黒の素子で撮影した絵を合成しています。いずれの素子もレンズの焦点距離とf値が同じなので、同じシャッタースピードの絵を合成することににあり、特に問題はなさそうです。

ところが、P20Proのレンズは、カラーと白黒のどちらも27mmですが、f値が1.8と1.6と微妙に違ってます。素直に撮影するとシャッタースピードが違ってきますが、実際は、
@同じシャッタースピードで撮影して合成している
A合成していない。カラーは4000万画素のみで撮っている。
のどちらかでしょうか。
ご存知の方、教えてください。

書込番号:21820599

ナイスクチコミ!1


返信する
スレ主 苦楽園さん
クチコミ投稿数:2350件 苦楽園のつぶやき 

2018/05/13 09:46(1年以上前)

カラーと白黒はISO感度が違うだけかもしれませんね。失礼しました。

書込番号:21820645

ナイスクチコミ!0


dokonmoさん
クチコミ投稿数:3753件Goodアンサー獲得:383件 HUAWEI Mate 10 Pro SIMフリーのオーナーHUAWEI Mate 10 Pro SIMフリーの満足度5

2018/05/13 15:32(1年以上前)

別機種

物理的な合成はしていないと思います。
カラーでRGB値を拾い、モノクロで照度情報を拾って
RGB値を補正する方法かと思います。

センサーはカラーフィルターを置いてRGBそれぞれを
256段階に分けその数値を拾っているだけです。
例えば真っ黒はR0,G0,B0ですがスマホの小さなセンサーでは
感度の影響もあり10×10のピクセルが真っ暗でも
2,5,8 0,13,9 0,2,4 1,5,0 10,13,1 ・・・・・の様に0,0,0とは拾えない
ので黒がグレー掛かったり赤がオレンジになったりしやすくなります。

白黒レンズはカラーセンサーがないので光の透過率が3倍ほどに上がり
RGBに比べ明暗情報が正確に拾いやすくなります。
上記のグレーっぽい色がより0,0,0という補正が出来る。
白黒レンズで得る情報は256段階のみなのでその情報を
RGB値に合算しRGB値の補正を行う。

そして更にメーカーによって今では少しカラフルに補正を加え
その補正したRGB値をISPに流してイメージ画像を作成するという
方法ではないかと思います。
AIあり AIなし RAWの違い
https://www.youtube.com/watch?v=xr5f53kxfaY

P20proでは更に複雑な画像作成であり
3倍光学望遠のスペックは1/4.4 8MPですが
何と望遠で撮った写真は8MPではなく10MPになります。(2736×3468)
望遠単体ではこのセンサーでは余程明るくないと撮れなないので
40MPのRGBと8MPの望遠と20MPの白黒を合算させて
明るく5倍のロスレスを実現している。
なので40MPという高画素が必要だったのかと思います。
だから望遠も40MPのレンズがメインであり試していませんが
40MPを手で塞いだら撮影出来ない物と思います。

更に不思議な夜景モードの6秒までの手持ち撮影ですが
単にAIによる手ぶれ補正ではなく
添付の3秒露出では後ろのモニターやTVが動画であり
これで3秒露出をしてしまえば画面が全部流れてしまいます。
これから察すると夜景モードでは一瞬超高感度で撮影し
その後の長時間露出でピクセル単位で色補正しているように見えます。
単に長時間撮影では光っている部分だけが強調されてしまいますが
この夜景モードは逆に光っている部分を逆補正してますね。
凄く複雑な制御ですねえ・・・

超高感度撮影は通常のオートモードだけで
真っ暗な状況でなければ超高感度撮影になりません。
発売当初は51200までですでにアップデート開始されているようですが
102400まで使えますか?
プロモードで選択できれば良かったのですがプロモードでも
6400までですね。
任意で行うのは何か障害があるのかな・・・
https://www.youtube.com/watch?v=C9fDZub-_Uw&t=525s
51200までの物ですが一眼より低ノイズです

書込番号:21821423

Goodアンサーナイスクチコミ!4


@NaoNao@さん
クチコミ投稿数:398件Goodアンサー獲得:23件

2018/05/19 16:45(1年以上前)

>dokonmoさん
DOCOMO版はどうやら
プロモードでも
ISO感度を102400まで
手動で上げれるみたいですね

https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1121/887/amp.index.html?__twitter_impression=true

書込番号:21836380 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!1


dokonmoさん
クチコミ投稿数:3753件Goodアンサー獲得:383件 HUAWEI Mate 10 Pro SIMフリーのオーナーHUAWEI Mate 10 Pro SIMフリーの満足度5

2018/05/19 17:09(1年以上前)

>@NaoNao@さん

そのようですね
グローバルに先駆けて出来るのはうれしいですね。
後は4K動画のAIS手ぶれですね。
画質を落とさないで手ぶれ補正は難しいと思うのですが
早くアップデート欲しいです。

書込番号:21836430

ナイスクチコミ!0


クチコミ一覧を見る


価格.com Q&Aを見る

この製品の情報を見る

HUAWEI Mate 10 Pro SIMフリー
HUAWEI

HUAWEI Mate 10 Pro SIMフリー

発売日:2017年12月 1日

HUAWEI Mate 10 Pro SIMフリーをお気に入り製品に追加する <776

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

クチコミ掲示板検索



検索対象カテゴリ
を対象として
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[スマートフォン]

スマートフォンの選び方ガイド

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

クチコミ掲示板ランキング

(スマートフォン・携帯電話)

ユーザー満足度ランキング