『音楽ライヴの映像・スチール撮影について』のクチコミ掲示板

2018年 9月27日 発売

HERO7 BLACK

  • ジンバル並みの安定化機能を搭載したアクションカメラ。動きを予測してブレを補正することで、滑らかな映像を撮影する。
  • ハウジングなしでもすぐれた耐久性と10mの防水性を発揮。「GoPro写真」「GoProビデオ スタート」などの音声コマンドにより、ハンズフリー制御が可能。
  • 「スーパーフォト」により、自動的に写真撮影を行う。HDRやローカルでのトーンマッピング、ノイズ低減などの機能で写真を最適化する。
HERO7 BLACK 製品画像

拡大

HERO7 BLACK CHDHX-701-FW HERO7 BLACK Limited Edition CHDHX-702-FW [Dusk White]
最安価格(税込):

¥39,670 Dusk White[Dusk White]

(前週比:-5,130円↓) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥39,670 Dusk White[Dusk White]

Qoo10 EVENT

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥39,670¥58,344 (3店舗) メーカー希望小売価格:¥―

店頭参考価格帯:¥― (全国2店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:アクションカメラ 画質:4K 本体重量:116g HERO7 BLACKのスペック・仕様

価格.comのまるごと安心 設置・修理・サポート。家電・PC・カメラ・ゲーム機が対象。初月無料!
ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

HERO7 BLACK の後に発売された製品HERO7 BLACKとHERO8 BLACK CHDHX-801-FWを比較する

HERO8 BLACK CHDHX-801-FW

HERO8 BLACK CHDHX-801-FW

最安価格(税込): ¥40,656 発売日:2019年10月25日

タイプ:アクションカメラ 画質:4K 本体重量:126g
 
  • HERO7 BLACKの価格比較
  • HERO7 BLACKの店頭購入
  • HERO7 BLACKのスペック・仕様
  • HERO7 BLACKの純正オプション
  • HERO7 BLACKのレビュー
  • HERO7 BLACKのクチコミ
  • HERO7 BLACKの画像・動画
  • HERO7 BLACKのピックアップリスト
  • HERO7 BLACKのオークション

HERO7 BLACKGoPro

最安価格(税込):¥39,670 [Dusk White] (前週比:-5,130円↓) 発売日:2018年 9月27日

  • HERO7 BLACKの価格比較
  • HERO7 BLACKの店頭購入
  • HERO7 BLACKのスペック・仕様
  • HERO7 BLACKの純正オプション
  • HERO7 BLACKのレビュー
  • HERO7 BLACKのクチコミ
  • HERO7 BLACKの画像・動画
  • HERO7 BLACKのピックアップリスト
  • HERO7 BLACKのオークション


「HERO7 BLACK」のクチコミ掲示板に
HERO7 BLACKを新規書き込みHERO7 BLACKをヘルプ付 新規書き込み



ナイスクチコミ5

返信5

お気に入りに追加

標準

音楽ライヴの映像・スチール撮影について

2019/02/24 05:52(1年以上前)


ビデオカメラ > GoPro > HERO7 BLACK

スレ主 ohkataeraさん
クチコミ投稿数:23件

音楽ライヴの映像・スチール写真を、暗い場所で出来る限り綺麗に撮影したく、これまでの「CANON S90」「sony HDR-cx430」とは全くレベル違うカメラ、ビデオカメラの購入を考えてます。

4K動画が撮れるビデオカメラが良いのか、入門用に簡易に撮影できる一眼レフが良いのか… レビューを見れば見るほど、正直良くわからなくなってしまい…

今の所、カメラの候補としては「EOS Kiss X9i ダブルズームキット」or「EOS Kiss M ダブルズームキット」、ビデオカメラは「GoPro HERO7 BLACK CHDHX-701-FW」or「SONY FDR-AX45」で目星をつけてます。

ライヴ映像なので、連続撮影時間は250分強。EOSシリーズでは4K映像が撮れても、撮影時間に限界があるコトを知り、ビデオカメラも同時購入と。

暗室での長時間撮影に最適な、デジカメ、ビデオカメラのチョイスは、皆々様はどうされてますでしょうか??

ぜひ、ご意見をお聞かせくださいませ。

書込番号:22489563

ナイスクチコミ!0


返信する
クチコミ投稿数:8163件Goodアンサー獲得:533件

2019/02/24 09:19(1年以上前)

デジタルカメラの場合は、バッテリーが収納式のため長時間バッテリーというものがありません。カメラの躯体構造からしてビデオカメラのように着脱式の長時間バッテリーをつける場所がありません。カメラの底部付近となると三脚取り付けの場合支障となるかもしれません。なのでACアダプター等の接続でないと長時間は無理です。デジカメ動画撮影は、一時間程度の長時間撮影は考えられてはいないけどビデオカメラはこの逆です。

ステージ撮影は、抑えとなるカメラが必修です。カメラの不調で絵が撮れなかったでは論外だからです。また、編集の時に抑えの絵があるとそれで流れを妨げない編集にも役立つからです。ただ一つの救いは、休憩時間があると思われるのでその時に、バッテリーは、残量がまだあるにかかわらず、満充電バッテリーにすべて交換したほうがいいです。できればメディアもです。
ステージも内容にもよりますが、優にかなり延長するということもあるからです。終わるまで、何があるか分かりません。

ソニーのXA0の方がビデオカメラと併用する場合には、動画フォーマットを見ると整合性が取れる点でこちらの方が便利だという気がします。

書込番号:22489897

ナイスクチコミ!0


スレ主 ohkataeraさん
クチコミ投稿数:23件

2019/02/24 10:34(1年以上前)

>やっぱり傑作RS-1506U 38-2Tも可さん

ありがとうございます。
仰る通り、デジカメとビデオは個々に購入しようと思います。
各々、〜150,000の予算内で考えております。

『HERO7 BLACK CHDHX-701-FW』をご使用であれば、
暗室でのライヴ映像撮影に適しているかどうか、
また別にオススメの機種があれば、ぜひご意見をくださいませ。

書込番号:22490087

ナイスクチコミ!0


殿堂入り金メダル クチコミ投稿数:2054件Goodアンサー獲得:374件 HERO7 BLACKの満足度5 re-wind 

2019/02/24 13:38(1年以上前)

機種不明

ウェアラブルカメラはライブでも重宝しています

>ohkataeraさん
どのような構成になされるのかによりますが
三脚や壁面に固定で撮影されるのであれば 通常のビデオカムの方がまだ安心でしょう。

GOPRO等ウェアラブルカメラは基本的に長時間撮影するのは不向きですし、
暗所での描写も苦手です。

特に連続250分(4時間10分?)はバッテリーとメディアに優しく無いですね。
電源はACから供給(モバイル電源も?)するとして メディアは途中交換か
128GBから256GBまたは解像度やフレームレートを落とすなどしてデータサイズを小さくしないといけなさそう。

私は舞台撮影の方が多いのですが 基本三脚固定でフィックス。
Eマウント系カメラで長い場合だとゲネプロ合わせて8時間以上という時もあります。
もちろんACから電源供給を受けていますし、メディアは演目の合間に交換。

また 音楽ライブもたまに撮影してますが、
ライブではGOPRO等のウェアラブルカメラも活かせるシーンが多くあり多数投入して撮影しています。
添付写真のようにマイクスタンド等に固定してより近い位置からの撮影も可能です
もっとも 長尺ではなくせいぜい1時間以内にしています。

最後に GOPROのオフィシャルサイトにもありますが
YOUTUBEでGOPRO tomorrowland で検索されるとGOPROならではのライブシーンが観られます。

書込番号:22490556

ナイスクチコミ!1


スレ主 ohkataeraさん
クチコミ投稿数:23件

2019/02/24 14:16(1年以上前)

>撮らぬ狸さま

ご回答、ありがとうございます。
まず、誤記をお許しください。
250分→150分です。

シンガーソングライターのステージ撮影のため、これまでの「CANON S90」や「sony HDR-cx430」のひとランク上の機種の購入を考えてます。

基本、ステージ引きと舞台袖の2定点から絵を、後にエディットして作品にするのが目的です。

なので、暗所に強く、綺麗な映像(知識がないので4Kかなと)を撮影できる機種を探しております。

ご回答いただいてる、ビデオカムが良いとの事であれば、「SONY FDR-AX45」などが妥当なのでしょうか??

一眼風にボカした映像なども欲しいので、スチール&ぼかしインサート撮影用に、「EOS Kiss X9i ダブルズームキット」or「EOS Kiss M ダブルズームキット」あたりを同時購入しようとの次第です。

ウェアラブルカメラもありとの事ですが、以上を見越した上で、ご意見いかがでしょうか??

よろしくお願い致します。

書込番号:22490638

ナイスクチコミ!0


殿堂入り金メダル クチコミ投稿数:2054件Goodアンサー獲得:374件 HERO7 BLACKの満足度5 re-wind 

2019/02/24 17:50(1年以上前)

>ohkataeraさん
(少し長文になります。)

今回オフィシャルとして撮影されるのか 
ファンのお一人として撮影されるのかにもよりますが 思うところを書いてみます。

確かに現在お使いの「CANON S90」「sony HDR-cx430」から思うと
GOPRO HERO7の方が品質的に上回りそうです。
ですが所詮ウェアラブルカメラの域を出ません。
また ウェアラブルカメラは基本的に超広角で魚眼の描写になります。
ZOOMもありますが3倍までで テレ端でも一般的なカメラの広角よりも広いくらい
魚眼とZOOMはカメラ内でデジタル補正することができますが品質が劣化します。

候補のSONY FDR-AX45は長時間撮影とブレの耐性 光学ZOOM
液晶画面でモニタリングできるなど 
操作性も考えると一般的であるとは思います。
もっともこちらのカメラでも
センサーサイズはCMOS 1/2.5型とHERO7よりもまだ小さめです。

暗所と背景をぼかした映像も求められていることから
センサーサイズがある程度の大きさが必要でしょう。
1インチクラスのセンサーを持つカメラとの組み合わせでどうでしょう

SONY RXシリーズや 各社のマイクロフォーサーズが扱い良いかも。
更に大きなフォーマットは有効ではあるものの レンズを含めた大きさ重量は
タイトなライブハウスでは取り回しに苦労します。
演奏中はレンズ交換もままならないですし ここは一体式のカメラでも十分かと。

なお >暗所に強く、綺麗な映像(知識がないので4Kかなと)と記されていますが 

4K=必ずしもきれいな映像というわけではありません。
4Kはあくまで高解像度というだけで 4Kを生かすにはそれなりの環境と知識が必要です。
今回のようなライブハウスで暗所の場合 4Kは返って品質を落とすと思われます。
暗所ゆえにカメラ側は自動的にシャッタースピードを1/30程度まで落とします。
(任意にも設定できますが)
つまりは被写体ブレが発生し4Kの解像度を維持できなくなります。
単にデータサイズが大きいだけの映像になってしまう恐れがありますね。
なので FHD 30fpsでも十分かと。
もちろん暗所で4Kがどうしてもとなると 更にグレードの高い機器が必要になります。

私のライブ映像経験値から 
映像のきれいさよりも サウンドに重点を置くべきだと思います。
映像が少々白飛び/黒潰れ ブレやピントズレがあっても
それは返って臨場感として伝わります。
しかし サウンドが歪んだり 音場センターが正しくないと
作品のレベルとして大きく損なわれてしまいます。

マイクの性能云々ではなく サウンドレコーダーを別に用意されると
格段に作品としてのレベルが上がります。

特にビデオカメラのマイクは一部の機種を除いてマイクレベルがオートになります。
これは 大音量時でも音割れせず便利な機能ではあるものの
小音量時とのバランスが悪く 後々エデット時に使いにくいものになります。
また カメラ位置が必ずしも音場センターになるとは限りません。
よって マニュアルレベルのあるサウンドレコーダーを音場センターに事前に設置しておかれるといいと思います。

私はオフィシャルとして撮影する場合ですが
サウンドはZOOM Q8というレコーダーをライブハウス天釣りで録音しています
https://kakaku.com/item/K0000737980/?lid=myp_favprd_itemview
レコーダーとはいえ映像も記録でき かつサウンドは4chあり 
それぞれレベル調整が行えます
4chは ステレオ集音2chとPAより2chラインで頂いてます。
ちなみに レベル調整は開場前に奏者に最大音量をもらって事前に合わせておく必要があります。
(本番で更に観客の熱狂がプラスされるので多少ゆとりを持ちます)

GOPROなどウェアラブルカメラもライブハウスでは必ず利用するアイテムです。
GOPRO等20台ほどを 各所に設置しマルチカメラとしています。
たとえば ギターのネック/ドラム/マイクスタンド等にクリップで挟んだり、
奏者の身体 頭や胸にも設置させてもらっています。
また PAやライブハウス後方から観客も含めた絵も押さえる様にしています。
最近では Feiyu Tecのジンバルも複数持ちこみ
スマホからWIFIでパン/ティルト等コントロール出来るので 
遠隔でそれらのカメラを自在に操ってます。

編集段階で各カットを数秒から数フレームで切り替えてミュージックビデオ風にしていますが、
こんなやり方はワンマンオペレートだとせいぜい2-3曲位 およそ10分程度が限界です。
編集時(Adobe Pr)レイヤーがサウンド含めて50ほどになりまともに動かなくなります。 

その他にも 通常ライブハウスでは来客も大勢で自由に移動できないことが多いと思います。
バッテリー/メディア交換が出来ないことを前提にして対応しなくてはなりませんし
機器の設置にも気を使いますね。
来客の入場前に仕込みと奏者との打ち合わせ等 事前の準備が結構必要だと思います。 

最後に ライブハウスはノンビリお酒頂きながら一緒に楽しみたいものです。
客で行くときは グラス片手に スマホの動画か最近ですとDJI OSMO Pocketで撮影しています。 私はこれで十分かな。

書込番号:22491077

ナイスクチコミ!4


クチコミ一覧を見る


価格.com Q&Aを見る

この製品の最安価格を見る

HERO7 BLACK
GoPro

HERO7 BLACK

最安価格(税込):¥39,670発売日:2018年 9月27日 価格.comの安さの理由は?

HERO7 BLACKをお気に入り製品に追加する <1869

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 

クチコミ掲示板検索



検索対象カテゴリ
を対象として
選び方ガイド

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

新製品ニュース Headline

更新日:12月3日

クチコミ掲示板ランキング

(カメラ)

ユーザー満足度ランキング

ビデオカメラ
(最近1年以内の発売・登録)


ランキングを詳しく見る