『天然石を撮りたい』のクチコミ掲示板

2019年 7月26日 発売

OLYMPUS Tough TG-6

  • 水深15mの水中撮影も可能なタフ性能を備えたコンパクトデジタルカメラ。防水・防じん、耐衝撃、耐荷重、耐低温、耐結露性を備えアウトドアに最適。
  • 明るく高性能なF2.0レンズ、裏面照射型CMOSセンサー、画像処理エンジン「TruePic VIII」を搭載し、高画質を実現している。
  • 最短1cmまで被写体に近づいて接写できるバリアブルマクロシステム、充実した水中撮影モードと水中でも使える新フィッシュアイコンバーターを搭載。
OLYMPUS Tough TG-6 製品画像

拡大

OLYMPUS Tough TG-6 [レッド] OLYMPUS Tough TG-6 [ブラック]

部門別ランキング

最安価格(税込):

¥48,377 レッド[レッド]

(前週比:+1,378円↑) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥49,000 ブラック[ブラック]

PCボンバー

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

中古
最安価格(税込):
¥42,000 (22製品)


価格帯:¥48,377¥92,422 (79店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥48,378 〜 ¥59,400 (全国709店舗)最寄りのショップ一覧

画素数:1271万画素(総画素)/1200万画素(有効画素) 光学ズーム:4倍 撮影枚数:340枚 防水カメラ:○ OLYMPUS Tough TG-6のスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

 
  • OLYMPUS Tough TG-6の価格比較
  • OLYMPUS Tough TG-6の中古価格比較
  • OLYMPUS Tough TG-6の買取価格
  • OLYMPUS Tough TG-6の店頭購入
  • OLYMPUS Tough TG-6のスペック・仕様
  • OLYMPUS Tough TG-6の純正オプション
  • OLYMPUS Tough TG-6のレビュー
  • OLYMPUS Tough TG-6のクチコミ
  • OLYMPUS Tough TG-6の画像・動画
  • OLYMPUS Tough TG-6のピックアップリスト
  • OLYMPUS Tough TG-6のオークション

OLYMPUS Tough TG-6オリンパス

最安価格(税込):¥48,377 [レッド] (前週比:+1,378円↑) 発売日:2019年 7月26日

  • OLYMPUS Tough TG-6の価格比較
  • OLYMPUS Tough TG-6の中古価格比較
  • OLYMPUS Tough TG-6の買取価格
  • OLYMPUS Tough TG-6の店頭購入
  • OLYMPUS Tough TG-6のスペック・仕様
  • OLYMPUS Tough TG-6の純正オプション
  • OLYMPUS Tough TG-6のレビュー
  • OLYMPUS Tough TG-6のクチコミ
  • OLYMPUS Tough TG-6の画像・動画
  • OLYMPUS Tough TG-6のピックアップリスト
  • OLYMPUS Tough TG-6のオークション

『天然石を撮りたい』 のクチコミ掲示板

RSS


「OLYMPUS Tough TG-6」のクチコミ掲示板に
OLYMPUS Tough TG-6を新規書き込みOLYMPUS Tough TG-6をヘルプ付 新規書き込み



ナイスクチコミ14

返信18

お気に入りに追加

解決済
標準

初心者 天然石を撮りたい

2022/01/22 00:57(10ヶ月以上前)


デジタルカメラ > オリンパス > OLYMPUS Tough TG-6

【使いたい環境や用途】
天然石、特に水晶の内包物や、鉱物標本。

【重視するポイント】
接写、マクロ、レンズの明るさ、色の再現性。

【比較している製品型番やサービス】
マクロ撮影に強い機種を探して店舗に行った所、これ一択と言われました。

【質問内容、その他コメント】
天然石を集めたり、加工したり、アクセサリーにしたりする趣味を持つ者です。
特に世界各地の水晶とその原石・内包物(中に入って景色になったりしているもの。)あるものを多く所持しています。
同じような趣味を持つ石沼仲間と購入した石について語り合いたいと思っていますが、今のコロナの状況のおかげでほぼインスタやブログで写真を見せ合うという形が多くなっていますので、私も・・・と考えていました。
ただ、今持っているカメラ(Sony RX100V)は近接は苦手なようで、綺麗に取れるよう改造その他努力してみましたがやはり満足いくものが撮れず、また、スマホでも思うような写真を撮れないため、この機種を検討する事にしました。

背景はすりガラスやハイミロンという布地を使用、自然光・BOX等色々試しております。
ちなみにミラーレスや一眼は今の所考えておりません。

アウトドア用カメラだと思っていたこの機種ですが、私の目的に沿う機種なのでしょうか。
カメラについてはあまり詳しくないため、他の方の意見をお聞きしたく書き込みさせていただきました。

よろしくお願いいたします。

書込番号:24556199

ナイスクチコミ!0


返信する
クチコミ投稿数:2571件Goodアンサー獲得:188件 縁側-【VR撮影の話】360°photoの掲示板エスプレッソSEVENツイッター 

2022/01/22 02:46(10ヶ月以上前)

>アウトドア用カメラだと思っていたこの機種ですが、

それ“も”事実でしょうが
マクロ撮影用オプションとして
LEDライトガイド LG-1
フラッシュディフューザー FD-1
などが用意されていることだし、
スレ主さんの希望が叶う可能性は充分にあるように思います。
参考記事
https://kakakumag.com/camera/?id=3990


>ちなみにミラーレスや一眼は今の所考えておりません。

一眼機じゃなくても
クローズアップレンズが装着できたり などで素の状態よりは
接写性能の向上が図れるデジカメも在るだろうが…

「デジタル顕微鏡モード」搭載は
これと、RICOH WGシリーズくらいじゃないのかなぁ。
だから
その範囲から選ぶのが合理的なのでは?

書込番号:24556243

Goodアンサーナイスクチコミ!1


koothさん
クチコミ投稿数:4254件Goodアンサー獲得:230件 縁側-『備忘録的な』の掲示板PHOTOHITO (kooth) 

2022/01/22 07:08(10ヶ月以上前)

>タイトル付けなくていいですかさん
自分もこの一択でしょうか。
センサが小さいのでピントが合う範囲が広く、
また、寄れるレンズが付いているので、
小さいものを大きく写せます。
異父兄弟のようなペンタックス機も存在しますが、
マクロ関連のアクセサリーが
TG-6の方が入手しやすい印象。

暗めな場所では画質が落ちやすいので、
ライティング機材を揃えましょう。
鉱物なので、ストロボを使うなら、
至近距離の直射は避けてください。
ストロボは脱毛できる程の光エネルギーを
短時間に放出するので、
最悪、鉱物が割れたり変色したり、
琥珀の中のものが駄目になったりするようです。

書込番号:24556324 スマートフォンサイトからの書き込み

Goodアンサーナイスクチコミ!2


しま89さん
クチコミ投稿数:9125件Goodアンサー獲得:666件

2022/01/22 08:18(10ヶ月以上前)

>タイトル付けなくていいですかさん
このカメラ深度合成機能という、被写体全体にピントを合わせる機能も持ってますので、これで一択だと思いますよ

参考で
https://www.google.com/amp/s/sekaitanken.com/camera/tough-tg-6-microscope-review/amp

書込番号:24556379 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!2


クチコミ投稿数:41777件Goodアンサー獲得:7145件

2022/01/22 08:23(10ヶ月以上前)

タイトル付けなくていいですかさん こんにちは

どの位の石を どの位のフレミングで撮影したいのでしょうか?

これが分かると 選択肢絞ることが出来ると思いますので確認の質問です。

書込番号:24556385

ナイスクチコミ!0


銅メダル クチコミ投稿数:20833件Goodアンサー獲得:1100件 縁側-画角com(^o^);の掲示板

2022/01/22 10:54(10ヶ月以上前)

この機種か、
RICOH WGシリーズ
https://plaza.rakuten.co.jp/selenrose/diary/202103160000/?scid=wi_blg_amp_diary_next
のどちらかになるでしょう。
(あるいは、後述の通りに両方)

・カメラ単体「のみ」にこだわるならば、LED(疑似)リングライト付きのWGシリーズ。

・LEDの反射を考慮すると、
オプションのLEDライトガイド LG-1やフラッシュディフューザー FD-1(要は いずれも光拡散装置)がある TG-6。

各々の厚みの分だけ、ワーキングディスタンスは短くなります。

※接写の場合の多くの「トホホ・・・(TT)」は 照明が原因になりますので、最初から【補助照明ありき】で検討しましょう。
(時間のムダになります(^^;)

・三脚を使用するから、TG-6 (手持ちでは 被写界深度合成の成功確率が落ちるけれども、撮影者次第の要因が大きい?)。


なお、ある程度の器用さがあれば、
白色半透明のプラスチック板を円形にくり抜いて、
WGシリーズのLED(疑似)リングライトに被せて 局部的な反射を抑えるという手段も考えられます。


長く使いたい場合は、
双方をレンタルして撮り比べる、
あるいは、(ある程度の)一長一短がありますし、昨今においては撮影機器として極端に高額ではありませんから、両方とも買って、被写体や撮影条件で使い分けるほうが良いかも知れませんね(^^)

書込番号:24556548 スマートフォンサイトからの書き込み

Goodアンサーナイスクチコミ!1


銅メダル クチコミ投稿数:20833件Goodアンサー獲得:1100件 縁側-画角com(^o^);の掲示板

2022/01/22 11:09(10ヶ月以上前)

>koothさん

>ストロボは脱毛できる程の光エネルギーを
>短時間に放出するので、
>最悪、鉱物が割れたり変色したり、
>琥珀の中のものが駄目になったりするようです。

少なくとも、局部的な光の偏在を大幅に緩和する フラッシュディフューザー FD-1を使う限りは、ほぼ問題ないようになるかと。

光脱毛に関わるエネルギーとして、5~10J(ジュール)などの記述がみつかりますが、その直射と光拡散の場合とでは桁違いになりますので。

それでも気になれば、フラッシュを使わずに LEDライト + 光拡散アダプター(ディフューザー)を使うことで対処。

書込番号:24556573 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:7件

2022/01/22 18:04(10ヶ月以上前)

>エスプレッソSEVENさん
アドバイス、ありがとうございます。

やはりこの一択ですか。
リンク先の記事も興味深く読ませていただきました。
顕微鏡モード、なかなかすごいですね。

価格の上下が激しいようですので、タイミングをはかって購入しようと思います。

書込番号:24557146

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:7件

2022/01/22 18:09(10ヶ月以上前)

>koothさん
アドバイス、ありがとうございます。

コンデジ自体の選択肢が少ない今、こちらがベストかと思いました。
鉱物撮影なさる方は実際多いのですが、こちらのカメラで撮っている方を知らなかったため、迷っておりました。
琥珀やその他やたらと繊細な石も多いので、気をつけて撮影します。
基本、室内太陽光にレフで撮っていましたが、工夫しがいがありそうで楽しみです。

書込番号:24557157

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:7件

2022/01/22 18:11(10ヶ月以上前)

>しま89さん
アトバイス、ありがとうございます。

リンク先の記事、マクロなどの撮影についてとても詳しく書いてあり、とても参考になりました。
やはり、一択ですね。

価格推移を見つつ、頑張って撮りたいと思います。

書込番号:24557161

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:7件

2022/01/22 18:13(10ヶ月以上前)

>もとラボマン 2さん
書き込み、ありがとうございます。

一口に天然石といっても大きさも性質も多種多様なため、その都度判断しなければいけないものですからなかなか指標となるものがなくて申し訳ありません。
気にしていただき、ありがたいと思っております。

書込番号:24557166

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:7件

2022/01/22 18:20(10ヶ月以上前)

>ありがとう、世界さん
アドバイス、ありがとうございます。

RICOHの機種、後日店頭で試してみましたが焦点が合うまで時間がかかったり、価格は少し安いもののベストとは言い難いと思いました。

また、撮影時のセッティング等とても参考になります。
工作好き、機械大好きなものですから、時間があったら色々作ってしまいそうです。

皆さんとても工夫してらっしゃるのですね。
なかなかこういった話をする相手がいないものですから、とても嬉しく感じました。
頑張って綺麗な写真、撮りたいと思います。

書込番号:24557180

ナイスクチコミ!1


koothさん
クチコミ投稿数:4254件Goodアンサー獲得:230件 縁側-『備忘録的な』の掲示板PHOTOHITO (kooth) 

2022/01/22 20:51(10ヶ月以上前)

>ありがとう、世界さん

>少なくとも、局部的な光の偏在を大幅に緩和する フラッシュディフューザー FD-1を使う限りは、ほぼ問題ないようになるかと。

これは確かにその通りで、FD-1なら多分大きな問題はない、と思います。
ただ、自分がFT-1のようなものを使ったことがない(WG-3は所有しています)事と、
あのクラスの内蔵ストロボを至近距離で使って(設定間違えて発光してしまった)、
鉱物割りではないですが、何度か手痛い失敗しているので、安全サイドで書きました。

物が鉱物(工業製品と違って同じものがない)なので、
知らないで万一よりは、一般知識として、万一がありうることを知ってもらったほうが良いかと。

久しぶりにWG-3使おうかな。

書込番号:24557442

ナイスクチコミ!2


銅メダル クチコミ投稿数:20833件Goodアンサー獲得:1100件 縁側-画角com(^o^);の掲示板

2022/01/22 21:27(10ヶ月以上前)

>koothさん

割れの原因としては、鉱物中に僅かに含まれる水または結晶水が、ストロボの光エネルギーで部分的に気化 ⇒ プチ水蒸気爆発 ⇒ 割れる

こんな感じですか?

書込番号:24557509 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!0


koothさん
クチコミ投稿数:4254件Goodアンサー獲得:230件 縁側-『備忘録的な』の掲示板PHOTOHITO (kooth) 

2022/01/23 00:16(10ヶ月以上前)

>ありがとう、世界さん

割れの原因はいくつもあると思います。
部分部分で熱吸収率とか熱膨張率とか熱伝導率に差がありますし、
鉱物中に傷や歪みがあることも当然にあります。
スレ主さんが多くお持ちの
|水晶とその原石・内包物(中に入って景色になったりしているもの。)あるもの
辺りはその代表格。
気泡なんかも入っていますから、プチ水蒸気爆発も充分ありますし、
境界で剥離するのもあります。

書込番号:24557752

ナイスクチコミ!2


銅メダル クチコミ投稿数:20833件Goodアンサー獲得:1100件 縁側-画角com(^o^);の掲示板

2022/01/23 00:32(10ヶ月以上前)

>koothさん

どうも(^^)

割れる原因のうち、下記のストロボ(フラッシュ)光が原因と思われる「確からしさ」を知りたいのです(^^;

>鉱物なので、ストロボを使うなら、
>至近距離の直射は避けてください。
>ストロボは脱毛できる程の光エネルギーを
>短時間に放出するので、
>最悪、鉱物が割れたり変色したり、
>琥珀の中のものが駄目になったりするようです。

ストロボ(フラッシュ)光の照射で与えうるエネルギーで、例えば 1%の確率で起こりうるのであれば、それでもいいのです。

もし、「その事象」が冬場などであって、偶々 ストロボ(フラッシュ)発光のタイミングで、衣類の静電気が鉱物へと向かって、それが原因であれば、(ピンきりでも)静電気のエネルギーを考慮すると、ストロボ(フラッシュ)発光「のみ」による原因よりも、
破壊に関わるエネルギーとして、「まだ、確からしさ」を認めやすいと思われます。

あるいは、ストロボ(フラッシュ)の昇圧部が絶縁不良になっていて、
その昇圧部から鉱物へと高電圧が向かって行って、導通したタイミングで鉱物の破壊がはじまった、とか(^^)

書込番号:24557775 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!0


koothさん
クチコミ投稿数:4254件Goodアンサー獲得:230件 縁側-『備忘録的な』の掲示板PHOTOHITO (kooth) 

2022/01/23 18:43(10ヶ月以上前)

>ありがとう、世界さん

その辺りの定量的な物は聞いたことがないです。
人工水晶など工業素材向けなら、どこかにありそうに思えます。

範囲を美術品全般に広げて検索すると、照明学会誌第87巻第12号掲載の論文
展示照明と写真撮影用フラッシュ光が展示物の変退色に及ぼす影響について
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jieij1980/87/12/87_12_986/_pdf
が引っかかります。
この中の
|5. 写真撮影用キセノンフラッシュ光の特性
に損傷係数の式があり、一般的な電球の3倍程度とはありますが、
距離については言及がありません。
1lx当たりの放射強度表と、放射強度-油絵の具の表面温度グラフがありますので、
この辺りから適用するのかな。
同論文では、光放射に敏感でないものとして宝石が掲載されています。

あと、Webで引っかかったのがGIZMODEの記事
フラッシュ撮影ってホントに芸術作品をダメにするの? 素朴な疑問を検証
https://www.gizmodo.jp/2012/08/flash_artwork.html

記事の中で、
試料から90cm離した場所から7秒間隔で数か月、100万回ストロボ照射したというイギリスの実験、
および同実験結果を基にした論文に触れられていて、
論文での結果は、
|「実際には、ほとんどの外付(と内蔵)フラッシュはフィルター付きなので、
|美術館側が心配する紫外線はおおよそカットされています」
とあります。
リンク先が切れているので詳細不明ではありますが、
両記事の内容から、
美術鑑賞程度離れたところからなら、ほぼ気にしなくてよいレベルとは言えそうです。

書込番号:24559138

ナイスクチコミ!1


銅メダル クチコミ投稿数:20833件Goodアンサー獲得:1100件 縁側-画角com(^o^);の掲示板

2022/01/23 20:46(10ヶ月以上前)

>koothさん

どうも、資料ありがとうございます(^^)

私も多少探してたのですが、下記に該当するような情報は見つからず、そもそもストロボ(フラッシュ)光と言えども、一般に普通に買える程度のモノでは光エネルギーとして、下記引用部のような現象に至るのか気になりました。

>鉱物なので、ストロボを使うなら、
>至近距離の直射は避けてください。
>ストロボは脱毛できる程の光エネルギーを
>短時間に放出するので、
>最悪、鉱物が割れたり変色したり、
>琥珀の中のものが駄目になったりするようです。

そのため、遥かにエネルギーレベルの大きな静電気の放電に至ってしまう場合とか、
ストロボ(フラッシュ)光の高電圧が(何らかの問題によって)放電したのかも?
とか、思ったりしました(^^;

書込番号:24559390 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:7件

2022/01/26 23:19(10ヶ月以上前)

皆様アドバイスありがとうございました。

購入しましたので報告いたします。
近くの顔見知りの店員さんのいるビックカメラでこの機種について最安値50900円の時にお話させていただいていたのですが、その後値段も8000円上がり、その後迷走していたので悩んでいました。
交渉して50000円(昨年エアコンを買ったのでポイントが7000あったので実質43000円)とポイント10%で購入。
結局ネットショップよりも安く購入出来ました。

もう一つのSONYのRX100Vとは対極にあるような印象のカメラですね。
フィルター機能がたくさんあるのとスマホには送れるけどPCで色々やってるので画像はSDカードで転送になりそうです。
操作はマニュアルよりも触った方が個人的にはわかりやすかったです。

使いこなすにはまだまだですが、楽しんで使えそうです。

ちなみに石仲間の友人がこちらを読んで買う事になりました。

改めて、ありがとうございました。

書込番号:24564576

ナイスクチコミ!0


クチコミ一覧を見る


価格.com Q&Aを見る

この製品の最安価格を見る

OLYMPUS Tough TG-6
オリンパス

OLYMPUS Tough TG-6

最安価格(税込):¥48,377発売日:2019年 7月26日 価格.comの安さの理由は?

OLYMPUS Tough TG-6をお気に入り製品に追加する <1649

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 

クチコミ掲示板検索



検索対象カテゴリ
を対象として
選び方ガイド

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

新製品ニュース Headline

更新日:12月9日

クチコミ掲示板ランキング

(カメラ)

ユーザー満足度ランキング