『背景ボカし機能がメインの場合な選択肢』のクチコミ掲示板

2020年 6月19日 発売

VLOGCAM ZV-1

  • 日常や旅行先での情報発信、商品レビューやメイクアップ動画などのVlog(ブイログ)コンテンツ撮影に特化したデジタルカメラ。
  • 自撮りの背景をボケ・くっきりに切り換えられる「背景ボケ切り換え」、顔と商品のスムーズなフォーカス移動ができる「商品レビュー用設定」を搭載。
  • 自撮り時に握りやすいグリップやバリアングル液晶モニターを備えている。高画質性能や美しいぼけ描写、高いAF性能、肌色と顔の明るさの最適化を実現。
VLOGCAM ZV-1 製品画像

拡大

VLOGCAM ZV-1 (W) [ホワイト] VLOGCAM ZV-1 (B) [ブラック]

プロダクトアワード2020

最安価格(税込):

¥72,300 ホワイト[ホワイト]

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥72,300 ホワイト[ホワイト]

ハウズオンライン

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥72,300¥110,123 (60店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥80,919 〜 ¥89,910 (全国702店舗)最寄りのショップ一覧

画素数:2100万画素(総画素)/2010万画素(有効画素) 光学ズーム:2.7倍 撮影枚数:260枚 VLOGCAM ZV-1のスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

 
  • VLOGCAM ZV-1の価格比較
  • VLOGCAM ZV-1の中古価格比較
  • VLOGCAM ZV-1の買取価格
  • VLOGCAM ZV-1の店頭購入
  • VLOGCAM ZV-1のスペック・仕様
  • VLOGCAM ZV-1の純正オプション
  • VLOGCAM ZV-1のレビュー
  • VLOGCAM ZV-1のクチコミ
  • VLOGCAM ZV-1の画像・動画
  • VLOGCAM ZV-1のピックアップリスト
  • VLOGCAM ZV-1のオークション

VLOGCAM ZV-1SONY

最安価格(税込):¥72,300 [ホワイト] (前週比:±0 ) 発売日:2020年 6月19日

  • VLOGCAM ZV-1の価格比較
  • VLOGCAM ZV-1の中古価格比較
  • VLOGCAM ZV-1の買取価格
  • VLOGCAM ZV-1の店頭購入
  • VLOGCAM ZV-1のスペック・仕様
  • VLOGCAM ZV-1の純正オプション
  • VLOGCAM ZV-1のレビュー
  • VLOGCAM ZV-1のクチコミ
  • VLOGCAM ZV-1の画像・動画
  • VLOGCAM ZV-1のピックアップリスト
  • VLOGCAM ZV-1のオークション

『背景ボカし機能がメインの場合な選択肢』 のクチコミ掲示板

RSS


「VLOGCAM ZV-1」のクチコミ掲示板に
VLOGCAM ZV-1を新規書き込みVLOGCAM ZV-1をヘルプ付 新規書き込み



ナイスクチコミ6

返信5

お気に入りに追加

解決済
標準

背景ボカし機能がメインの場合な選択肢

2021/03/25 08:22(7ヶ月以上前)


デジタルカメラ > SONY > VLOGCAM ZV-1

クチコミ投稿数:9件

いつもお世話になっております。

【質問】
・背景がボケる動画を撮影したい場合、本当にこのコンデジが安くて良いのだろうか

【想定撮影場面】
・室内、数m以内
・趣味の動画撮影(いわゆるYou Tubeの商品レビュー動画をイメージして頂ければと思います)
・オンライン会議

【カメラ知識レベル】
・初心者
・3万円のコンデジ→CanonEOS KISS X2ダブルレンズ→故障買い替え検討

【質問までの流れ】
・ボカした動画の方が見やすいのか、趣味の買った物レビューや雑談動画で良くなったと言って頂けた
・会議でも「カメラが良いのか見やすく助かる」との事

おそらく視聴者が見るべきポイントを認識しやすい
(他がボケているので余計な情報を排除でき疲れにくい)

ボカし、といえば一眼。用途的にセンサーは最小サイズでもいいなと最安で考える

しかし調べてみると本機がやたらマーケティングされている
「コンデジなのに背景ボケが動画で可能」が売り

近所でセール6万(3割引)→SONYキャンペーンで1万
相場より安いがエントリーモデルの一眼が買えてしまう


【有識者の皆様にお聞ききしたいこと】
5万もあれば色々と買える一眼レフがあります。

それらと比較しても
ウェブカメラのように使う私の用途なら
この製品が一眼・ミラーレスより良さそうですか?

・必須機能→背景ボカし動画・写真撮影
・録画での素早いピント合わせ(You Tubeでよくある、カメラの目の前に商品出してミクロにピント合わせ、終わったら人にピントが戻るアレ)
・自撮りになるので可動式液晶(バリアングルなど)

※他者様の質問を参考にiPhoneSE2のボカし撮影を試したのですが
人間を認識した時のみ発動する仕様だったので
物でやろうとしても不発に終わりました。

よろしくお願いします。

書込番号:24041029

ナイスクチコミ!0


返信する
クチコミ投稿数:5171件Goodアンサー獲得:324件 縁側-エアリーディスク駅から真っ当駅への旅を「まったり」楽しむ会の掲示板

2021/03/25 11:30(7ヶ月以上前)

しゃちく君さん

ボケに関しては、まず、定量的ではなく定性的にご理解なさった方がいいと思います。


定性的な理解には、以下の記事がとても分かり易いと思います。
記事の下半分にある「ボケとシャープの関係」「被写界深度に関係する6つの要素」が、ボケを得る為の全てです。

・F値(絞り)
・実焦点距離(レンズに記載された焦点距離)
・センサーサイズ(撮像素子)
・被写体までの距離(撮影距離)
・前景距離
・背景距離

・被写界深度(カメラ基礎:ピント) (岡嶋和幸氏、デジカメWatch、2017/02/03)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/review/photoschool/1041120.html


上に挙げた記事の内容をいきなり全てご理解なさる必要はありません。「習うより慣れよ」の側面も強いですし‥。どの程度のボケが得られるのかを机上でご検討なさる場合には、dai1234567さんが作成なさった「ボケ計算機」が非常に便利です。


[ボケ計算機の使い方]
・入力の必要があるパラメーターは、以下の通りです。
・機種では、比較対象センサーサイズを(機種名は無視して)選んで下さい。m4/3は[LUMIX G2 / 4/3]、APS-Cなら[EOS 7D / APS-C]、フルサイズなら[EOS 5Dii / フルサイズ]を選びます(*2)。
・焦点距離では、35mm判換算焦点距離を入力します。m4/3なら実焦点距離の2倍(例:30mm → 60mm)、APS-Cなら実焦点距離の1.5倍(例:30mm → 45mm)、フルサイズは実焦点距離をそのまま、入力します(*1)。
・カメラから被写体1と2までの距離、カメラから背景までの距離には、想定される状況に応じた数値を入力して下さい(*1)。
(*1)
しゃちく君さんの場合、これらの距離関係がほぼ決まっていると思いますので、3つの距離を決めたら、「女性(被写体1)の画面に入れたい大きさ(上半身等)と余白」が適切になる「35mm判換算焦点距離」を変更しながら、「35mm判換算焦点距離」を決めて下さい。

・絞りには、(今回のご検討では)開放F値を入力して下さい(*2)。
(*2)
既に決まった(*1)以外に、ボケを決める要素は、センサーサイズと絞り/F値の2つしかありません。そこで、しゃちく君さんがイメージし易いと思われるX2に合わせ、センサーサイズはAPS-C、F値は実際に使用なさって来た数値か、その前後とし、「センサーサイズとF値」の組み合わせを、1つ固定します。更に、この組み合わせに相当する、異なる「センサーサイズとF値」の組み合わせを探して下さい。ボケがほぼ同じになるF値は、以下の数値で割った数値です。

・35mm判換算倍率: フルサイズ:1、APS-C(キヤノン):1.6、m4/3:2、1型:2.7

ここでは、X2を念頭に、APS-Cを基準にしましたので、APS-Cで決めたF値に対しては、上記を全て「1.6」で割った

・APS-C判換算倍率: フルサイズ:0.63、APS-C(キヤノン):1、m4/3:1.25、1型:1.69

で、APS-Cで決めたF値を割った数値辺りのF値で同じボケが得られます。例えば、APS-CでF4だったとしたら、

・(ほぼ)同じボケになるF値: フルサイズ:F6.4、APS-C(キヤノン):F4、m4/3:F3.2、1型:F2.4

‥‥選択肢に「1型」がありませんでした^^);
1型以外の好ましいと思う「センサーサイズとF値」の組み合わせが決まったら、スクリーンショット等で保存し、それぞれの組み合わせを比較なさってみて下さい。1型以外の組み合わせが、上で述べて来た事とほぼ一致している場合は、上記の換算方法にて、1型のF値を算出なさって下さい。
なお、背景のボケ具合を、より正確に知りたい場合には、女性等の図の横にある「被写体2のボケ(対角1000pixel)」「背景のボケ(対角1000pixel)」の数値を、それぞれの条件で比較なさって下さい。数値が大きい程、ボケが大きい事になります。


・ボケ計算機 (dai1234567さん作成)
http://kingfisher.in.coocan.jp/boke2/bokekeisan2.html



【ご参考】
既にチェックなさっていると思いますが、uzumaxさんの動画を2本ご紹介しておきます。

・ZV-1による(キャプチャー)撮影映像 (uzumaxさん、2021/02/10)
https://youtu.be/GkgGU3dRYcU

・フルサイズ(R6、α7Siii)による撮影映像 (uzumaxさん、2021/03/15)
https://youtu.be/beSjK1haqko


超面白いチャンネルも紹介します。ここでご注目頂きたいのは、ボケではなく、編集です。ゲストのなるさん、いっちーさんは、(小さい)商品紹介で手のひらを添えられていますが、これは(良くご存じのように)小物にピントを合わせる為なので、この動画では不要です(が、印象がグンと上がりました!)。小物は別撮りカットを挿入する事により、小物をしっかりと印象付けています。

このチャンネル、嵌るヒト、続出なので、他の動画も合わせてご覧になってみて下さい。編集等のクオリティーの高さも要注目です。

・いっちー&なるが選ぶ (前編) (有隣堂しか知らない世界、2021/03/23)
https://youtu.be/adwaySmUB3Y



【超蛇足】
以下は、マクロレンズに関する質問スレだったのですが、ボケに対する個人的な見解です。これまた、超ヘタッピなので、説得力はないと思いますが‥‥^^);

・8つの連続する書き込み(2020/12/15、途中で1つ、スレ主さんの書き込みが挟まっています)
https://bbs.kakaku.com/bbs/K0000766326/SortID=23845669/#23850871

2つの連続する書き込み (2020/12/13)
https://bbs.kakaku.com/bbs/K0000766326/SortID=23845669/#23847715

書込番号:24041282

Goodアンサーナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:5171件Goodアンサー獲得:324件 縁側-エアリーディスク駅から真っ当駅への旅を「まったり」楽しむ会の掲示板

2021/03/25 13:32(7ヶ月以上前)

しゃちく君さん

先の書き込みに、

「ボケとシャープ、被写界深度」に関係する、以下の6つの要素が、ボケを得る為の全てです。

・F値(絞り)
・実焦点距離(レンズに記載された焦点距離)
・センサーサイズ(撮像素子)
・被写体までの距離(撮影距離)
・前景距離
・背景距離

と書きました。チョイ補足します。


被写体(しゃちく君さん)を適切な大きさに写す為には、撮影場所によって「被写体までの距離(撮影距離)」「前景距離」「背景距離」が決まり、「画角(35mm判換算焦点距離)」も決まるとお話しましたが、撮影場所にある程度自由度があるのであれば、グンと見栄えを良くする方法があります。それは、背景、前景に角度を付けると言う手法です。

具体例として、ひかるさんの動画をご覧下さい。

・[Gudsen MOZA Mini-P]に対する感想 (ひかるのノースランド、2020/06/30)
https://youtu.be/wXArITFNTnk

・撮影機材(推測)
α6400(APS-C)
SIGMA 16mm F1.4 DC DN ([E PZ 18-105mm F4 G OSS]ではないと思います)

↑の推測理由は、ひかるさんがジンバル載せているのが、「α6600 + E 10-18mm F4 OSS」だからです。残りの機材の組み合わせだと、こう言う組み合わせになると思われます。

APS-Cでも(推察通りなら)F1.4だとかなりボケを得られる事以上に、背景が、ボディのセンサー面に対し、(平行ではなく)角度が付いている事による効果が大きい事にお気付きになると思います。焦点距離が短くなる程、遠近感が強調されるので、「ボケ+遠近感」により、背景の奥行き感が演出されています。


【ご参考】
「きめつのあいま!」って、ご存知でしょうか? メチャ面白くて、大のお気に入りなのですが、面白いだけでなく、たった1ページに沢山の発見があるのが、とても素晴らしいと思います。例えば、第13話の響凱の独白は、平野稜二さんが、(スピンオフを任される位、信頼されている)原作者・吾峠呼世晴さんの本音を代わりに話しているんだろうなぁと、最近、読み返して思い至りました。

脱線してしまいましたが、第4話、第9話等、多くの登場人物を、たった1ページの狭いスペースに押し込みながら、個々の登場人物の存在感がとても伝わって来ますよね。ここにも、ひかるさんの動画に通じるような「仕掛け」が施されています。

・きめつのあいま!
https://shonenjumpplus.com/episode/10834108156650092764

書込番号:24041484

Goodアンサーナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:9件

2021/03/25 14:02(7ヶ月以上前)

>ミスター・スコップ様
私に合うような補足までありがとうございます!
えっそんなテクニックが!?

普通はカメラ→壁(平面)
でもこの方は
カメラ→ほぼ部屋のカド

すぐ実践できる上に汎用性が高い!

おそらく一般人で言語化してまで知っている人はいないと思うのですが
(なんとなく角度のついた構図が好きー、という無意識の肌感覚レベル)

こういった仕掛けは有名な技術なのですか?
撮影アドバイスの教本によく載っていたりするような。

私は全然知らなかったです。
「伊東家の食卓」で裏技を知った時の気分です。


現在先にいいねボタンを押させて頂きまして、
先の質問者様と同じく教科書のようにじっくりと読ませて頂いています。

そして分かりやすい記事と計算機、オススメまで助かりました!

ベンチや駅の情緒ある作品、あぁ自分でも撮りたいノスタルジー。
EOS KISSを購入した当時の気持ちが思い出されます。
結局使う機会は旅行時しかなかったけど長年ありがとう…

なるほど、ひとことにボケと言ってもピントが合う合わないだけではなかったのですね(初心者感)
被写界深度にもっと早く出会っていれば!

私達のような初心者のために実験までして下さっていて、お時間を頂き恐縮です。
シーサーの比較に至っては知識がなくても好みの写真を選んで参考値に出来る分かりやすさ。

ミスター・スコップ様は知識が豊富なだけでなく
人へ伝えるのがとても上手でいらっしゃって感銘を受けました!

書込番号:24041534

ナイスクチコミ!2


クチコミ投稿数:5171件Goodアンサー獲得:324件 縁側-エアリーディスク駅から真っ当駅への旅を「まったり」楽しむ会の掲示板

2021/03/25 19:15(7ヶ月以上前)

別機種
別機種
別機種
別機種

Sigma 60mm F2.8、F2.8で撮影

Panasonic 42.5mm F1.7、F2.0で撮影

Panasonic 20mm F1.7、F2.0で撮影

Samyang 12mm F2.0、F2.0で撮影

しゃちく君さん

Goodアンサーばかりでなく、過分なお言葉まで頂戴し、恐縮の限りです。
まず、追記です。uzumaxさんの2本目の動画も、大半は「ZV-1」で撮影されていました。


> こういった仕掛けは有名な技術なのですか?

映像関係を体系的に纏められたメソッド?とかなら、例えば、遠近法は、消失点等を踏まえ、体系化されているでしょうから、取り上げられているのかもしれません。

私の場合、ボケの撮影手法等含め、全て、自分で考えながら、整理したモノです。「言語化」は、どなたかに説明する際、自然となされていったように思います。例えば、しゃちく君さんへの1つ目の書き込みの後、ひかるさんの動画を思い出しました。動画を見直し、自分の感じた事が、やはり、そのまま映像化されていたので、ここで初めて「言語化」した感じでしょうか。私も動画を撮りますが、自分撮りは(静止画含め)絶対にしないので、ひかるさんの動画で「感じた事」だけが、頭に残っていたのだと思います。

以降、個人的な見解を述べますね。全く異なる考え方をお持ちの方もおられるでしょうが、人それぞれと言う感じでお聞き頂ければ、と思います。

私は撮影そのものが楽しくて仕方ありません。その為、その「楽しさ」にネガティブな影響を与えないよう、結果(撮影された静止画/動画)には多くを求めないようにしています。「超ヘタッピでも、撮る事が楽しくたって、いいじゃないか!」と開き直っています。

その「楽しさ」とは、「あれこれ考える」楽しさです。幾つか例を挙げておきますので、ご興味のある分野のみ、ご覧下さい。


【撮影対象】
私が好む被写体は、殆どの方が被写体になるとは思ってもいないようなモノ(=ありふれたモノ)です。

ここでは、撮影許可を得た上で撮影し、許可を得た方々(=その被写体を見慣れている方々)が「何処を撮ったのですか?」とか(グループの一部から)「カッコイイ!/凄い!」とかのリアクションがあった写真をご紹介します。私の「楽しさ」とは、結果(ここでは、撮影された静止画)の良し悪しではなく、(見慣れているはずの方々にさえ)「驚き」を与えられる、あれこれ考えた「意外性/独自性」にあるのだと、とても実感出来ます。


【撮影方法】
ここでの「撮影方法」とは、静止画、動画、タイムラプス、ジンバル、‥‥と言った事柄です。

ある場所で、「動画」を撮影中、「タイムラプス」向きのモノを撮っていた事に気付き、慌てて、タイムラプスも撮影し出しました(こう言う場合に備え、ボディは2〜3台持ち出しています)。この時は、頭が「動画」になっていて、「タイムラプス」になっていなかった為、このように気付くのが遅れてしまったのですね。結果的に、不十分な「タイムラプス」しか撮影出来ませんでした。

そこで、改めて、同じ場所に「タイムラプス」をメインに撮影に出掛けました。その際、散歩中だった方が通り掛かり、「タイムラプスを撮っているのですか?」と話し掛けられました。お話を伺うと、「静止画」に熱心に取り組まれており、とてもお上手なのだろうと感じられました。その方に、前回撮影した(不満足な)「タイムラプス」をお見せした所、「とても面白いですね。散歩でいつも通るのにタイムラプスを撮ろうと思った事はありません」と仰っていました。

お気付きになりましたか? 頭が「静止画」や「動画」でなく、「タイムラプス」になって初めて、「タイムラプス」向きの「面白いモノ」を見付けられるのですね!

私は、ジンバル・ド初心者ですが、頭が「ジンバル」だと、「面白い!」と感じるモノが見付かります。例えば、頭が「ジンバル」の方は、「鳥居」を見付けたら、まず間違いなく「くぐります」。それも「ど真ん中」を!

書込番号:24041971

ナイスクチコミ!2


クチコミ投稿数:5171件Goodアンサー獲得:324件 縁側-エアリーディスク駅から真っ当駅への旅を「まったり」楽しむ会の掲示板

2021/03/25 19:49(7ヶ月以上前)

ご興味のない分野は/全てご興味がなければ、スルーして下さい。

一見、(自分には)無関係と思えるような事にも興味を抱き続けていると、急に結び付いたり、理解が深まっりします。このような経験こそ、私にとっての「楽しさ」です。どなたであれ、分野/ジャンルは全く異なっていたとしても、このような「楽しさ」を味わえるのでは?と思っています。

【音楽】
私は、知識も素養も全く持ち合わせていません。素養に関しては、音楽教室に通う幼児にすら全く及びません。

Popularの「ノイズ」は、Classicalの「不協和音」と似た関係にあります。ある時代/ある人達には、嫌われますが、好まれる方向に進みます。

「audio feedback / acoustic feedback」は、Popularだと、ギターのdistortion等で良く知られていますが、イベント等で起こりがちな(起こりがちだった)「ピー」「キーン」と言った不快音(日本では[ハウリング]と呼ばれています)も、現象としては全く同じです。

後者を、音楽にしてしまったのが、以下です。まさか、こんな形で、Jimi Hendrixと結び付いてしまうとは!

・Pendulum Music (1968) / Steve Reich
https://youtu.be/fU6qDeJPT-w

他にも、「ボレロ / モーリス・ラヴェル」が嫌いから好きに変わったのは、「Loops」とか「Minimal」とかとの類似性に気付いた時ですし、「ミュジーク・コンクレート」を知った事で、「サンプリング」への理解が深まりました。


【サッカー】
サッカーに関しても、音楽と全く同様、知識も競技経験も全くありません。DAZN、スカパー、WOWOW等の有料にも未加入なので、試合も観ていませんし、海外だとバルセロナ以外には、全く疎いです。しかし、それでも、戸田和幸さん、中西哲生さん、小澤一郎さんと言った方々のお話は、情報量、分析力、伝達力等が、凄まじいので、とても参考になります。私は、カメラ業界を眺めるのが(とても「楽しい」)「趣味」なのですが、例えば、以下のお話は、「カメラ業界を眺める」事への理解度を、確実に深めてくれます。

・戸田和幸さんによる「ペップ・グアルディオラ監督 / マンチェスター・シティ」の戦術解説 (WOWOW、2021/03/19)
https://youtu.be/CbzPVoomkXQ?t=2863


【理系チック】
2018年1月、大阪大学は、約1年前の2017年入試「物理」での出題ミスを認めました。野次馬根性で関連資料を色々読むと、これが結構面白いし、とても為になりました。その過程で、ある映画の一場面を思い出しました。それが、↓です。

・Stand by Me (2/8) Movie CLIP (Movieclips(*)、2014/10/17)
https://youtu.be/gozRrRCtj6E

(*)
著作権者が許諾したクリップ専用チャンネル。

何故、Wil Wheatonが演じる少年(Gordie)は、列車が来るかどうかを、「耳」ではなく「手」で捉えようとしたのか? この事を分かり易く説明したのが、以下の動画です。実は、この動画を見付けた時は、感動しました。やはり、誰しも、この場面を思い浮かべるのですね!

・Physics of Sound Propagation (Higgsino physics、2018/01/01)
https://youtu.be/w6Q15GZpSUY


私が、何故、入試問題から、映画の一場面を思い浮かべたのかと言うと、以下の関係を知ったからです。

・光の「屈折率(refractive index)」と音の「音響インピーダンス(acoustic impedance)」とは、(特に反射を扱う場合)類似関係にある。
・ただし、大小関係は、逆。

私が知っていたのは、「光の屈折率」だけで、「音の音響インピーダンス」は全く知りませんでした(全く覚えていませんでした?)。


反射は、屈折率が異なるモノ同士の境目(媒体の界面)で生じます。空気とガラスの屈折率は、それぞれ、1.00、(例:青板)1.52、です。このように屈折率差があるので、無色透明のガラス(のコップ等)の表面では、光が当たると反射する訳ですね。

交換レンズの表面に反射防止用コーティングが施されているのは、良くご存じの事と思います。反射防止用コーティングは、薄膜内で反射を無数に繰り返させる事で、被写体側/入射側への反射を少なくしています。

一方、「ナノ‥‥」と呼ばれる反射防止膜があるのを、聞かれた事があるかもしれません。ニコンの「ナノクリスタルコート(Nano Crystal Coat)」は、効果が高いとの評価を得ています。キヤノンの「SWC(Subwavelength Structure Coating)」も同様の技術なのですが‥‥。これらの「ナノ‥‥」反射防止膜の狙いは、屈折率を、レンズ(硝材)表面から遠ざかるに連れ、空気に近付くよう小さくする事です。「反射は、屈折率が異なるモノ同士の境目(媒体の界面)で生じます」事を思い出して頂けると、ご納得出来るのではないでしょうか?

出題ミスへの野次馬根性から、辿り着いたのは、思いっ切り、理系チックですが、以下の関係です。映画の一場面を思い出させ、納得させてくれる位、とても「楽しい」経験でした。

・Reflection phase change (Wikipedia英語版)
https://en.wikipedia.org/wiki/Reflection_phase_change

(注)
音響インピーダンス = 媒体の密度×媒体中の音速
空気の音響インピーダンス: 0.000415
鉄の音響インピーダンス: 47.0

書込番号:24042027

ナイスクチコミ!0


クチコミ一覧を見る


価格.com Q&Aを見る

この製品の最安価格を見る

VLOGCAM ZV-1
SONY

VLOGCAM ZV-1

最安価格(税込):¥72,300発売日:2020年 6月19日 価格.comの安さの理由は?

VLOGCAM ZV-1をお気に入り製品に追加する <785

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 

クチコミ掲示板検索



検索対象カテゴリ
を対象として
選び方ガイド

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

クチコミ掲示板ランキング

(カメラ)

ユーザー満足度ランキング