『中継機能のAOSS設定に問題あり』のクチコミ掲示板

2009年12月上旬 発売

AirStation NFINITI WHR-G301N

  • 無線LAN規格「IEEE 802.11n/g/b」に対応し、最大300Mbpsの通信速度を実現する、無線LANルーター。
  • おまかせ節電機能を搭載し、無線/有線LANやLEDランプのオン/オフ自動調節によって省エネを実現。ライフスタイルに合わせて曜日ごとに設定できる。
  • 外出先から家のネットワークに接続できる「VPN(リモートアクセス)」に対応。自宅PCの遠隔操作やネットワーク内にある機器とデータのやり取りが行える。
AirStation NFINITI WHR-G301N 製品画像

価格情報の登録がありません 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格(税別):¥3,700

無線LAN規格:IEEE802.11b/g/n AirStation NFINITI WHR-G301Nのスペック・仕様

価格.comのまるごと安心 設置・修理・サポート。家電・PC・カメラ・ゲーム機が対象。初月無料!
ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

<お知らせ>
本製品付属のACアダプターの一部において、極稀に発熱する場合があることが発表されました。詳しくはメーカーページをご覧下さい。

  • AirStation NFINITI WHR-G301Nの価格比較
  • AirStation NFINITI WHR-G301Nの店頭購入
  • AirStation NFINITI WHR-G301Nのスペック・仕様
  • AirStation NFINITI WHR-G301Nのレビュー
  • AirStation NFINITI WHR-G301Nのクチコミ
  • AirStation NFINITI WHR-G301Nの画像・動画
  • AirStation NFINITI WHR-G301Nのピックアップリスト
  • AirStation NFINITI WHR-G301Nのオークション

AirStation NFINITI WHR-G301Nバッファロー

最安価格(税込):価格情報の登録がありません 発売日:2009年12月上旬

  • AirStation NFINITI WHR-G301Nの価格比較
  • AirStation NFINITI WHR-G301Nの店頭購入
  • AirStation NFINITI WHR-G301Nのスペック・仕様
  • AirStation NFINITI WHR-G301Nのレビュー
  • AirStation NFINITI WHR-G301Nのクチコミ
  • AirStation NFINITI WHR-G301Nの画像・動画
  • AirStation NFINITI WHR-G301Nのピックアップリスト
  • AirStation NFINITI WHR-G301Nのオークション

『中継機能のAOSS設定に問題あり』 のクチコミ掲示板

RSS


「AirStation NFINITI WHR-G301N」のクチコミ掲示板に
AirStation NFINITI WHR-G301Nを新規書き込みAirStation NFINITI WHR-G301Nをヘルプ付 新規書き込み



ナイスクチコミ3

返信21

お気に入りに追加

標準

中継機能のAOSS設定に問題あり

2012/02/09 09:55(1年以上前)


無線LANルーター(Wi-Fiルーター) > バッファロー > AirStation NFINITI WHR-G301N

クチコミ投稿数:18635件

先日2階のWZR-HP-G302Hを親機に、WHR-G301NをAOSSで中継子機として3階の息子の部屋に設置。
設定は簡単で順調に動作してると思われたんですが問題発生です。

どうも妻のVAIOからの印刷がすごく遅いとの事で良く確認したらリンク速度が5.5Mbps。
VAIOはWZR-HP-G302Hと同室で使ってるので、WHR-G301Nにつながってる感じ。
WHR-G301Nは別の階なので普通はつながらない筈なんですが。

AOSSはやはり色々問題ありそうなので、週末にでも手動設定に切り替える予定です。
AOSSは便利なんですが、しっかり環境を作るには手動設定が必要なようですね。

書込番号:14128503

ナイスクチコミ!1


返信する
LsLoverさん
クチコミ投稿数:10885件Goodアンサー獲得:1686件

2012/02/09 10:49(1年以上前)

おはようございます。宜しくお願い致します。

|VAIOはWZR-HP-G302Hと同室で使ってるので、WHR-G301Nにつながってる感じ。

という状況のようですが、ステータス->クライアントマネージャでVAIOの無線アダプタのMACアドレスは、WZR-HP-G302H、WHR-G301Nいずれの親機に表示されますか?

AOSSでWHR-G301NをWZR-HP-G302Hに(WDS)接続すると、WHR-G301NのSSIDはWZR-HP-G302Hと同一になってしまうようです。
これは、(パソコン)子機側のクライアントマネージャ3/Vのプロファイル(接続先)が1つで対応でき、ローミングにも対応できるメリットもあるかと思います。
AOSS接続後、必要により、WHR-G301NのSSIDを変更するのも一案かと思いますが、如何でしょうか?

|自動的にAirStation接続を切り替える(ローミング機能)

http://buffalo.jp/download/manual/html/air9/router/whrg54s/chapter119.html

|ローミング環境で無線子機から接続できる無線親機を選択できますか

http://buffalo.custhelp.com/app/answers/detail/a_id/1837/kw/%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%82%B0/p/1

書込番号:14128640

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:925件Goodアンサー獲得:186件

2012/02/09 19:29(1年以上前)

こんにちは。

AOSSで接続すると、親機と中継器のSSIDが同じになり、
子機が、繋がってほしくない親機の方に繋がってしまうというのはよくある話ですが、
それと似たような話でしょうかね。

普通、電波状態の良いほうに繋がるだろうと思うのは、
人間の勝手な思い込みなのかもしれませんね。
実験上で「よくもまあ、こんな微弱な方に繋がったな…」っていう経験もよくあります。


ということで、手動設定で親機と中継器のSSIDを別々にすることをオススメします。
SSIDを分ければ、PCの無線設定で優先順位の高いSSIDに接続しに行くようになると思います。
PCが親機・中継器両方の無線を受信した場合でも、
親機のSSIDの優先順位が高ければ親機に、中継器のSSIDの優先順位が高ければ中継器に、
双方の電波状態の優劣は全く関係なくなります。
常に自分で思い描いたとおりになるので、よっぽど頭がスッキリしますよ。

AOSSはこれを自動でできるまでに洗練してもらわないと困るんですが…

書込番号:14130364

ナイスクチコミ!1


殿堂入り金メダル クチコミ投稿数:35460件Goodアンサー獲得:7746件

2012/02/09 20:52(1年以上前)

LsLoverさん

> |自動的にAirStation接続を切り替える(ローミング機能)
>
> http://buffalo.jp/download/manual/html/air9/router/whrg54s/chapter119.html

これは、WZR-HP-G302HやWHR-G301Nにも適用できるのでしょうか?

URLからは、WHR-G54Sやそのファミリーの機能だと思うのですが、
WZR-HP-G302HやWHR-G301Nの[無線LAN設定]-[その他の無線LAN設定]
を見ても、ローミングの項目は見当たりません。

書込番号:14130700

ナイスクチコミ!0


哲!さん
クチコミ投稿数:10610件Goodアンサー獲得:2597件

2012/02/09 21:30(1年以上前)

皆様初めまして。 宜しくお願い致します。
ひまJINさん 先程は有難うございました。

このローミング機能は、
(無線1)===有線===(無線2) で 同じSSIDと同じ暗号化を設定すれば、端末はどの場所に行っても一番電波の強い無線アクセスポイントに繋がるという事ではないでしょうか?
(ただ、ひまJINさんの書込みの様に経路を遠回りしたら、まったく意味がありませんが)

ちなみに『暗号キーは、ローミングするAirStationまたは他社製アクセスポイントの暗号キーと同じ設定にします。』と書かれていますから、無線機器は特定されていないかと思います。

これは、今流行の中継機能を有線で実現しているのではないでしょうか?

書込番号:14130920

ナイスクチコミ!0


LsLoverさん
クチコミ投稿数:10885件Goodアンサー獲得:1686件

2012/02/09 23:54(1年以上前)

羅城門の鬼さんへ

こんばんわ、お世話になります。
少々調査とテストに時間が掛かってしまいました。

FREESPOT(FS-HP-G300N)には、マニュアルで記述されているようです。

|自動的に無線親機の接続を切り替える(ローミング機能)

http://buffalo.jp/download/manual/fs_online/fsg300n/manual/wireless2/wireless25.html

WZR-G144Nの製品仕様には、記述がありました。

|製品仕様  WZR-G144N
|■  AirStationの特長
|・ 次世代無線LAN高速化規格「Draft IEEE802.11n」に対応。
|・ ローミング機能に対応しているため、移動中でも通信が可能。

http://buffalo.jp/download/manual/air8/router/spec/s_wzrg144n.html

実施例(?)として以下のような書き込みもあります。

|AG300Nを親機にG302Hを中継機に
|suzakaiさん 
|2011/06/02 09:45 [13081728]
|最終的には、南北の部屋のLAN口にそれぞれ挿して、同一SSIDでローミングさせることで落ち着きました。

http://bbs.kakaku.com/bbs/-/SortID=13070445/#13081728

別件で調査した記録で少々古い情報ですが、2010年8月24日に確認した時には、ローミング機能については、WZR-HP-AG300Hのエアステーション設定ガイド内の「その他の無線LAN設定」において、以下のURLに記載されていましたが、現時点では無くなっていますね。当時としては、URLからWZR-HP-G300NHも記載されていたようです。

|自動的に無線親機接続を切り替える(ローミング機能)
|部屋から部屋へパソコンを移動するときに、自動的に他の無線親機に接続を切り替えることができます。

http://buffalo.jp/download/manual/html/air1200/router/wzrhpg300nh/chapter119.html

一応、当方でも確認して見ました。
WZR-HP-AG300Hと別の部屋に設置したCANONのWP-EP100で実施したところ、部屋に入って1〜2秒で自動的に親機が切り替わりました。当然、ネットワークは切断されることはありませんでした。

WZR-HP-G302Hとエアステーション間接続したWLAE-AG300Nで実施したところ、電波強度が拮抗しているせいか親機は切り替わりませんでした。親機の位置を移動するテストまでは、実施しませんでした。

書込番号:14131827

ナイスクチコミ!0


殿堂入り金メダル クチコミ投稿数:35460件Goodアンサー獲得:7746件

2012/02/10 08:36(1年以上前)

LsLoverさん

検証、有難うございました。

http://www.n-study.com/network/2007/08/lan_lan_5.html
でのローミングの説明として
--------- 引用開始 --------------
無線LANクライアントが移動したときに、アソシエーションするアクセスポイントを切り替える仕組みをローミングと言います。
アクセスポイントからは定期的にビーコン信号が送信されていて、クライアントはビーコン信号によって、周囲のローミング候補のアクセスポイントを検出しています。ローミングのきっかけは、IEEE802.11の仕様上では特に定義されてず、ベンダ固有の仕様です。ローミングのきっかけとして、
・クライアントのデータレートの低下
・ビーコン信号の喪失
などがあります。なお、ローミングを行うためには、アクセスポイントで共通のSSIDの設定がされている必要があります。
--------- 引用終了 --------------
と書かれており、

また、Buffaloの場合は
http://buffalo.custhelp.com/app/answers/detail/a_id/1837/kw/%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%82%B0/p/1
では、ローミングのトリガとして
--------- 引用開始 --------------
一度無線親機に接続すると通信が切断されない限り、他に電波品質の良い無線親機があっても接続先は変更されません。
--------- 引用終了 --------------
と説明されています。

なのでBuffaloの場合、ローミングとは、接続が切れると、自動で同じSSID名に接続を試みることだと思います。

> WZR-HP-AG300Hと別の部屋に設置したCANONのWP-EP100で実施したところ、部屋に入って1〜2秒で自動的に親機が切り替わりました。当然、ネットワークは切断されることはありませんでした。

ローミングは出来ているようですね。
しかしBuffalo的には無線LANのレイヤでは、少なくとも一旦リンクが切れているはずです。

書込番号:14132764

ナイスクチコミ!0


LsLoverさん
クチコミ投稿数:10885件Goodアンサー獲得:1686件

2012/02/10 09:07(1年以上前)

|しかしBuffalo的には無線LANのレイヤでは、少なくとも一旦リンクが切れているはずです。

う〜ん、そうなんですかねぇ...。

当方の環境としては、クライアントPCについては、ネットワーク情報についてはDHCPサーバからの自動割当で設定しており、DHCPサーバでは、クライアントPCのMACアドレスによりIPアドレスを同一(固定)で運用しております。

クライアントPCからLinkStationにsamba経由でファイル(1GB程度)をコピーを実施し、クライアントマネージャVの詳細設定画面を表示させました。その後、別の部屋に移ると数秒で親機が変わりましたが、その前後で
(1)クライアントPCのネットワーク情報は変化しない。
一般に無線親機の接続先を変更するとネットワーク情報が一旦消えて、再度、ネットワーク情報の設定が割当てられる(ネットワーク情報が表示される)。
しかし、ローミング接続中では、クライアントPCを移動しても、このようなネットワーク情報の再割り当てが見られませんでした。
(2)samba経由でファイルコピー
ローミング接続中にクライアントPCを別の部屋に移動させて、親機が切り替わる前後でsamba経由のファイルコピーでエラーは発生せず、正常にコピーは完了しました。

このような状態を「ネットワークは切断されることはありませんでした。」と表記しましたが...。違うのでしょうか?

書込番号:14132842

ナイスクチコミ!0


LsLoverさん
クチコミ投稿数:10885件Goodアンサー獲得:1686件

2012/02/10 09:18(1年以上前)

羅城門の鬼さんへ

おはようございます、お世話になります。

P.S.
申し訳ありませんが、親機の切り替えの確認方法を書洩らしました。
今回のテストは、BUFFALOの親機を使ってテストをしました。また、別室の親機の設定画面にログインして、クライアントモニタでクライアントPCの子機のMACアドレスが接続されており、親機の切り替えを確認しました。

書込番号:14132867

ナイスクチコミ!0


LsLoverさん
クチコミ投稿数:10885件Goodアンサー獲得:1686件

2012/02/10 09:51(1年以上前)

羅城門の鬼さんへ

お世話になります。
分割の投稿になってしまい申し訳ありません。

ご指摘のQ&Aを再度確認させて頂きました。

|Q ローミング環境で無線子機から接続できる無線親機を選択できますか
|A ローミング環境で、無線子機から接続する無線親機を選択することはできません。一般的に、無線子機は電波品質の良い無線親機を自動的に選択して接続します。
|また、一度無線親機に接続すると通信が切断されない限り、他に電波品質の良い無線親機があっても接続先は変更されません。

http://buffalo.custhelp.com/app/answers/detail/a_id/1837/kw/%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%82%B0/p/1

上記のQ&Aは、一度ローミング環境で電波品質の良い無線親機を自動的に選択して接続してしまうと、その後、閾値以下の電波品質になっても接続先の変更はされないということではないでしょうか?

そこで再度テストを行ってみました。ローミング環境でクライアントPCを親機に接続後、別室に移動すると、前回までの報告の通り、ネットワークが切断されることはなく、数秒で親機が切り換りました。
その後、元の部屋に戻り親機の近くにクライアントPCを移動させましたが、確かに別室の親機に接続したままでした。

書込番号:14132973

ナイスクチコミ!0


GT30さん
クチコミ投稿数:861件Goodアンサー獲得:114件

2012/02/10 16:47(1年以上前)

LsLoverさん

羅城門の鬼さんから回答されるかもしれませんが・・・・
「ネットワーク」をどのように定義するかによって状況が異なります。

ローミングが行われた(接続先のAPが変わった)ということは物理的なネットワークは一度切断されて別のネットワークで再接続されています。
ネットワーク再接続後のIPアドレスはクライアント(PC)側から直前のIPアドレスの配布をDHCPサーバにリクエストするので、その時点で他のクライアントに配布されていなければ同じアドレスが配布されます。

ファイル転送が継続して行われているのは、TCPセッションあるいはアプリケーションレベルの通信が継続していたということです。

「ネットワークは切断されなかった」というのは「見かけ上」のことで、実際には一度切断されています。

書込番号:14134261

ナイスクチコミ!0


LsLoverさん
クチコミ投稿数:10885件Goodアンサー獲得:1686件

2012/02/10 19:49(1年以上前)

GT30さんへ

お世話になります。

|ネットワーク再接続後のIPアドレスはクライアント(PC)側から直前のIPアドレスの配布をDHCPサーバにリクエストするので、その時点で他のクライアントに配布されていなければ同じアドレスが配布されます。

ということですが、Debian上のDHCPサーバのsyslogを確認しましたが、DHCPサーバへのリクエスト(DHCPREQUEST)は記録されていませんでした。

|ファイル転送が継続して行われているのは、TCPセッションあるいはアプリケーションレベルの通信が継続していたということです。

今回はsamba経由のコピー処理と併せて、TereTermでDebinaサーバに接続した状態で、別の部屋に移動後、親機が切り替わってもセッションは切れることはありませんでした。
確かに「ネットワークは切断されることはありませんでした。」という表記には誤りで、誤解を招きそうです。
「アプリケーションレベルでは、セッションが切れることなく継続利用が可能でした。」とした方が宜しいですね。ありがとうございました。

書込番号:14134944

ナイスクチコミ!0


LsLoverさん
クチコミ投稿数:10885件Goodアンサー獲得:1686件

2012/02/10 20:37(1年以上前)

GT30さんへ

お世話になります。再投稿となりますが...。

||ネットワーク再接続後のIPアドレスはクライアント(PC)側から直前のIPアドレスの配布をDHCPサーバにリクエストするので、その時点で他のクライアントに配布されていなければ同じアドレスが配布されます。

ということですが、やはり、「クライアント(PC)側から直前のIPアドレスの配布をDHCPサーバにリクエストする」ということですと、辻褄があわないのではないでしょうか?
万一、IPアドレスの配布をDHCPサーバにリクエストをだしてしまうと、クライアントマネージャ3/Vを表示していれば、表示上で確認が取れたのではないでしょうか?

即ち、既に投稿させて頂いておりますが、クライアントマネージャVの表示については、以下のような状況でした。

(1)クライアントPCのネットワーク情報は変化しない。
一般に無線親機の接続先を変更するとネットワーク情報が一旦消えて、再度、ネットワーク情報の設定が割当てられる(ネットワーク情報が表示される)。
しかし、ローミング接続中では、クライアントPCを移動しても、このようなネットワーク情報の再割り当てが見られませんでした。

書込番号:14135164

ナイスクチコミ!0


GT30さん
クチコミ投稿数:861件Goodアンサー獲得:114件

2012/02/10 21:46(1年以上前)

LsLoverさん
前の方の書き込みを見落としていました。
「当方の環境としては、クライアントPCについては、ネットワーク情報についてはDHCPサーバからの自動割当で設定しており、DHCPサーバでは、クライアントPCのMACアドレスによりIPアドレスを同一(固定)で運用しております。」

この場合のアドレスのリース期間がどの様になっているのか、勉強不足でわかりませんが、仮に「無期限」となっている場合にはクライアントからのリクエストが無くても不思議では無いですね。

書込番号:14135500

ナイスクチコミ!0


LsLoverさん
クチコミ投稿数:10885件Goodアンサー獲得:1686件

2012/02/10 22:13(1年以上前)

GT30さんへ

お世話になります。

前回のGT30さんの投稿では

|ローミングが行われた(接続先のAPが変わった)ということは物理的なネットワークは一度切断されて別のネットワークで再接続されています。

ということで、「物理的なネットワークは一度切断されて別のネットワークで再接続」されたため、DHCPサーバへのネットワーク情報のリクエスト+配布によりIPアドレスなどが新しく設定されたと理解したのですが...。

|この場合のアドレスのリース期間がどの様になっているのか、

「リリース期間」が何故関係するのでしょうか?

書込番号:14135636

ナイスクチコミ!0


殿堂入り金メダル クチコミ投稿数:35460件Goodアンサー獲得:7746件

2012/02/10 23:00(1年以上前)

ひまJINさん

このまま暫く続けても良いですか?

LsLoverさん

> このような状態を「ネットワークは切断されることはありませんでした。」と表記しましたが...。違うのでしょうか?

データリンク層の接続状態が保持されたまま、アクセスポイントを切替えると云うのは、
どちらかと云うとハンドオーバだと思います。
先の投稿で引用した部分の
> ・クライアントのデータレートの低下
の条件でローミング。

データリンク層が接続状態のままか否かは、次のように確認してはどうですか。
PCのタスクマネージャのネットワークタブの画面で、
ワイヤレスネットワーク接続の使用率が0%にドロップする瞬間があるかないか。
その瞬間の画像をアップして頂けると有難いです。

書込番号:14135903

ナイスクチコミ!0


GT30さん
クチコミ投稿数:861件Goodアンサー獲得:114件

2012/02/10 23:30(1年以上前)

LsLoverさん 

>「リリース期間」が何故関係するのでしょうか?

リース期間が有限であれば、ネットワークが再接続された場合にはそれまでのアドレスをそのまま使える保証がありません。
従って、クライアントはリクエストを送って確認する必要があります。

当方のネットワークで検証を試みましたが、当方のルータのDHCPではIPアドレスの固定設定を行ってもリース期間が無期限とはならず出来ませんでした。
固定にしてもDHCPリクエストは行われました。
先の書き込みの「仮に「無期限」となっている場合にはクライアントからのリクエストが無くても不思議では無いですね。」については不確定な推測なので取り消させて頂きます。すみません。

ローミングを行った場合のDHCPリクエスト(同じIPアドレスの配布)の発生は、当方のネットワークでは確認しています。
クライアントマネージャも使っていないので、これ以上の確認は出来そうにもありません。

書込番号:14136055

ナイスクチコミ!0


LsLoverさん
クチコミ投稿数:10885件Goodアンサー獲得:1686件

2012/02/10 23:50(1年以上前)

ローミング時のネットワーク使用率

ひまJINさんへ

本論からずれてしまったようで申し訳ありません。

羅城門の鬼さんへ

お世話になります。ご提案の

|ワイヤレスネットワーク接続の使用率が0%にドロップする瞬間があるかないか。

について画像を添付します。見る限りでは、親機切替直前に使用率が0%になったのをサンプリング率の関係で表示されなかったようにも思えます。
余り良いデータは、取れませんでした。

書込番号:14136168

ナイスクチコミ!0


LsLoverさん
クチコミ投稿数:10885件Goodアンサー獲得:1686件

2012/02/11 00:26(1年以上前)

GT30さんへ

お世話になります。

|リース期間が有限であれば、ネットワークが再接続された場合にはそれまでのアドレスをそのまま使える保証がありません。
|従って、クライアントはリクエストを送って確認する必要があります。

そうですか...。
当方の環境では、DHCPサーバとDNSサーバを連携させており3hr毎にIPアドレスの更新を行っています。

|ローミングを行った場合のDHCPリクエスト(同じIPアドレスの配布)の発生は、当方のネットワークでは確認しています。

ということですが、当方の設定(運用)では、DHCPサーバへのリクエストは記録されていませんでした。
この辺りは、環境が違うので一律には説明しきれないようです。

ありがとうございました。

書込番号:14136343

ナイスクチコミ!0


LsLoverさん
クチコミ投稿数:10885件Goodアンサー獲得:1686件

2012/02/11 09:10(1年以上前)

BUFFALO以外の製品で、Logitecの法人向けとなりますが、LAN-WH300N/REの特長を確認すると以下のように記述されています。
・通信エリア外に移動しても、隣接する別の無線親機に自動的に接続を切り替え、そのまま通信を続ける
・無線親機が切り替わっても再接続する必要はない

謳い文句を鵜呑みにするのではなく、技術的な確認も必要のようですね。お付き合いありがとうございました。>羅城門の鬼さん、GT30さん

|移動しても切れ目のない通信ができる「ローミング機能」搭載
|▼無線子機を移動しても、切れ目ない通信が可能な「ローミング機能」を搭載
|同一LAN上に複数の本製品を設置することで、「ローミング機能」が使えます。「ローミング機能」を使用すると、無線子機が当初接続していた無線親機(本製品)の通信エリア外に移動しても、隣接する別の無線親機に自動的に接続を切り替え、そのまま通信を続けることができます。無線親機が切り替わっても再接続する必要はなく、自由にそして気軽に移動するこができます。

http://www.pro.logitec.co.jp/pro/g/gLAN-WH300NRE/

書込番号:14137284

ナイスクチコミ!0


殿堂入り金メダル クチコミ投稿数:35460件Goodアンサー獲得:7746件

2012/02/11 09:54(1年以上前)

LsLoverさん

> 親機切替直前に使用率が0%になったのをサンプリング率の関係で表示されなかったようにも思えます。

サンプリング周期がどれほどなのかは判らないので、
データリンク層でリンクが切れているのか否か微妙ですが、
実用的にはほぼスムーズにデータ転送できてますね。

アクセスポイントを切替える挙動は、基本的には子機次第だと思うのです。
なので、Buffloの子機は

> 一度無線親機に接続すると通信が切断されない限り、他に電波品質の良い無線親機があっても接続先は変更されません。

ですが、そのPCの場合は、実用的には支障なくアクセスポイントが切り替わっていると云うことだと思います。

ちなみに無線LAN接続時の認証&暗号方式は、WPA2-PSK (AES)でしょうか?

Buffaloの子機の場合は、切断後に多分認証処理から始めると思われるので、
もう少し時間が掛かるのではないでしょうか。

書込番号:14137427

ナイスクチコミ!0


LsLoverさん
クチコミ投稿数:10885件Goodアンサー獲得:1686件

2012/02/11 10:30(1年以上前)

羅城門の鬼さんへ

|アクセスポイントを切替える挙動は、基本的には子機次第だと思うのです。

なるほど...。

|無線LAN接続時の認証&暗号方式は、WPA2-PSK (AES)でしょうか?

はい。

書込番号:14137559

ナイスクチコミ!0


クチコミ一覧を見る


この製品の最安価格を見る

AirStation NFINITI WHR-G301N
バッファロー

AirStation NFINITI WHR-G301N

最安価格(税込): 価格情報の登録がありません   発売日:2009年12月上旬

AirStation NFINITI WHR-G301Nをお気に入り製品に追加する <1632

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

クチコミ掲示板検索



検索対象カテゴリ
を対象として
選び方ガイド

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

新製品ニュース Headline

更新日:5月14日

クチコミ掲示板ランキング

(パソコン)

ユーザー満足度ランキング