『LP180型のパッケージで5万円くらいならばベストセラーなのに!』のクチコミ掲示板

2010年 4月 1日 発売

ARIUS YDP-V240

  • 譜面や歌詞が表示できる大型液晶パネルを搭載した電子ピアノ。ピアノレッスンのみならずスタイル(自動伴奏)を使って多彩なジャンルの曲を楽しめる。
  • 弾きごたえのある自然なピアノ音色「ピュアCF音源」を採用。鍵盤は「グレードハンマースタンダード(GHS)鍵盤 黒鍵マット仕上げ」を搭載している。
  • 弦楽器、管楽器などの492音色と12種類のドラムキット、バックバンドやオーケストラとアンサンブル演奏ができる「自動伴奏(スタイル)機能」を搭載。
ARIUS YDP-V240 製品画像

拡大

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:オープン

鍵盤数:88鍵 最大同時発音数:64音 音色数:10 録音機能:○ 幅x高さx奥行:1369x852x502mm ARIUS YDP-V240のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • ARIUS YDP-V240の価格比較
  • ARIUS YDP-V240のスペック・仕様
  • ARIUS YDP-V240のレビュー
  • ARIUS YDP-V240のクチコミ
  • ARIUS YDP-V240の画像・動画
  • ARIUS YDP-V240のピックアップリスト
  • ARIUS YDP-V240のオークション

ARIUS YDP-V240ヤマハ

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2010年 4月 1日

  • ARIUS YDP-V240の価格比較
  • ARIUS YDP-V240のスペック・仕様
  • ARIUS YDP-V240のレビュー
  • ARIUS YDP-V240のクチコミ
  • ARIUS YDP-V240の画像・動画
  • ARIUS YDP-V240のピックアップリスト
  • ARIUS YDP-V240のオークション

『LP180型のパッケージで5万円くらいならばベストセラーなのに!』 のクチコミ掲示板

RSS


「ARIUS YDP-V240」のクチコミ掲示板に
ARIUS YDP-V240を新規書き込みARIUS YDP-V240をヘルプ付 新規書き込み



ナイスクチコミ1

返信4

お気に入りに追加

標準

電子ピアノ > ヤマハ > ARIUS YDP-V240

クチコミ投稿数:154件

YDPV240の中身は古い、ピアノ音源のピュアCF音源も、DGX500以来のGMする音源ユニットも今から12年くらい前の物。14万円台は、ROLANDHP601より高く、とても勝負にならない。
KORGLP180とCASIOCTK4400で合わせて5万円くらいならネット通販や家電量販店で買える人が大きく増えるだろう。
KORGがLP180の後継機を出さないなら、LP180のパッケージをYAMAHAが利用して、
1)P45の音原、鍵盤、機能を投入したベーシックタイプ¥35000前後。
2)YDPV240の音源、鍵盤、機能を投入した多機能タイプ¥50000前後。
で実現すれば、ネット通販市場でベストセラー上位CASIOPX770への世界的流失を防止する国際戦略機になるかもしれない。
LP180のインパネ面積が、YDPV240と大体同じくらいあるのだから、利用しない手はない!
より多くの人が、YAMAHAのサービスを受けることができると、喜ぶだろう。

書込番号:21484621

ナイスクチコミ!0


返信する
MA★RSさん
殿堂入り銀メダル クチコミ投稿数:15099件Goodアンサー獲得:1481件

2018/01/06 19:52(1年以上前)

伴奏くんが5万です。
電子ピアノ+伴奏くんで5万にはならないと思いますよ。

PX-560Mに専用スタンド+3本ペダルで10万位ですし。

あとV240はとっくに生産終了品では。

書込番号:21488653 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:154件

2018/01/09 15:35(1年以上前)

>MA★RSさん
ご返答ありがとうございます。
YDPV240は、ご指摘いただいたとおりYAMAHAホームページから消えていました。
CVPに手が届かない顧客層をCASIOPX350,360M、560Mに任せていることがわかりました。
伴奏くんUがPSRE363に比べてかなり高いことは、大変残念です。CTK4400は不適切でした。
KORGのパッケージにYAMAHAのユニットを入れるなどは、不謹慎な話で、反省しております。
慣習価格を維持する政策は、代替え商品がない状況、消費者の可処分所得が伸びている状況、商品市場が拡大している状況では有効ですが、エレクトーンの場合は、これらすべてが反対の状況で、顧客数が激減し、エレクトーンの衰退を招きました。
もし、CASIOプリビアが成功しなかったら、電子ピアノも同じ状況だったかもしれません。他社が、あの価格帯ではろくなものが出来るはずがない、利益が出るはずがない、と軽んじていた間に、CASIOは巨大な市場を構築しました。
KORGは、さらにその下刈りをして、23.4%のシェアとシンセや、ステージピアノ、ホームピアノの新製品開発も成功。
YAMAHAに手が出なかった人を吸収することが、メーカー間の明暗を分けた形になりました。
今回も適切なご指摘、ありがとうございました。

書込番号:21496539

ナイスクチコミ!0


MA★RSさん
殿堂入り銀メダル クチコミ投稿数:15099件Goodアンサー獲得:1481件

2018/01/10 01:16(1年以上前)

KORGのパッケージにヤマハ…
という例はあります。
http://www.korg.com/jp/products/effects/mikustomp/

中身は
https://archive.yamaha.com/ja/news_release/2013/13102301.html
これかな。

16チャンネルマルチティンバーのGM音源にもなるようです。
CFXの音も載ってるみたいです。

材料はこんなものかもしれませんが、パッケージはアプリやシステムなど作りこんでいくことになります。

大人の科学なら5000円
http://otonanokagaku.net/nsx39/
miku stompなら12000円
とか。

ポータトーンは昔からカシオトーンのライバルですから戦略的な価格付けもあるかと。


書込番号:21498091 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:154件

2018/01/10 05:46(1年以上前)

>MA★RSさん
本当にすごいご教示いただきありがとうございました。
YAMAHAのパッケージや音源や鍵盤をKORGが使った例は広く知られていましたが、KORGのパッケージをYAMAHAが使った例はほとんど知られていないと思います。
2013年に、あのようなLSIが開発されていたとは、驚きました。
市販のキットにアプリを自分で設定して楽器を作るとは、ギタリストの方々がとっくに行っていたことも全く存じませんでした。
PSRE363とNP32の音源(48+64ポリ)を適切なパッケージに投入を想像するだけで、YAMAHAの強さが十分理解できます。
MA★RSさんからだけしか御教示いただけないお話には、本当に、毎回多くの方が驚いていることでしょう。

書込番号:21498271

ナイスクチコミ!0


クチコミ一覧を見る


この製品の最安価格を見る

ARIUS YDP-V240
ヤマハ

ARIUS YDP-V240

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2010年 4月 1日

ARIUS YDP-V240をお気に入り製品に追加する <17

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

クチコミ掲示板検索



検索対象カテゴリ
を対象として
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[電子ピアノ]

電子ピアノの選び方ガイド

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

新製品ニュース Headline

更新日:6月18日

クチコミ掲示板ランキング

(ホビー)

ユーザー満足度ランキング