『2022年初頭に新型軽EV』のクチコミ掲示板

このページの先頭へ

『2022年初頭に新型軽EV』 のクチコミ掲示板

RSS

モデルの絞り込みモデル別にクチコミを絞り込めます。

モデル(フルモデルチェンジ単位)クチコミ件数投稿する
リーフ 2017年モデル 7723件 新規書き込み 新規書き込み
リーフ 2010年モデル 7170件 新規書き込み 新規書き込み
リーフ(モデル指定なし) 23171件 新規書き込み 新規書き込み

「リーフ」(モデル指定なし)のクチコミ掲示板に
リーフを新規書き込みリーフをヘルプ付 新規書き込み



ナイスクチコミ40

返信31

お気に入りに追加

標準

2022年初頭に新型軽EV

2021/08/28 11:47(3ヶ月以上前)


自動車 > 日産 > リーフ

スレ主 Horicchiさん
クチコミ投稿数:174件

待ちに待った情報

日産自動車と三菱自動車は27日、2022年度初頭に実質価格200万円から購入できる軽自動車クラスの電気自動車(EV)を発売すると発表した。バッテリー容量は20キロワット時で、日産によると航続可能距離は170キロメートル前後になる見通し。小さい容量のバッテリーを搭載することで価格を抑えた上で日常生活での利用に十分な航続距離は確保した。コストなどでハードルが高いとされる軽自動車のEV化に挑む。
両社で開発し、三菱自の水島製作所で製造を手がける。バッテリー容量などの基本仕様は共通だが、全高は日産車が1655ミリメートル、三菱車が1670ミリメートルと異なるなどデザインやパッケージングで差別化するとみられる。

全高は日産車が1655ミリメートル、三菱車が1670ミリメートルと異なる


詳細発表は未だ無いが、
これは、日産では「デイズ」か?、

現行車の全高
デイズは1640mmH/1666mmH
ルークスは1780mmH

eKスペースは1780mmH
eKクロスは1640mmH/1666mmH

‥‥からすると、EV用の新規設計ですね。
※価格.comにサイトが設けられるまではこのLEAFのサイトを使わせてください。


書込番号:24311441

ナイスクチコミ!9


返信する
クチコミ投稿数:5198件Goodアンサー獲得:331件

2021/08/28 12:47(3ヶ月以上前)

リーフの所に書き込むより、自動車(本体)のとこが無難かと。

だからといって、書き直さないでください。

乱立になるので。

書込番号:24311540 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!7


E11toE12さん
クチコミ投稿数:488件Goodアンサー獲得:13件

2021/08/28 13:22(3ヶ月以上前)

こんにちは。

>‥‥からすると、EV用の新規設計ですね。

https://global.nissannews.com/ja-JP/releases/191001-00-j
まあ、IMkコンセプトカーと大きく違うところがないんじゃないですかね。

20kwh航続170q。
実用としては問題ないとして、もひとつ、何か欲しいところかなあ。

書込番号:24311596

ナイスクチコミ!3


クチコミ投稿数:1497件Goodアンサー獲得:128件

2021/08/28 14:02(3ヶ月以上前)

>日産では「デイズ」か?、
>‥‥からすると、EV用の新規設計ですね

デイズとの15mmばかりの全高の違いは、足回りの差でしょうか。

多分ですが、
フロア下にバッテリーを積むため、最低地上高を維持する目的で
ストラットやトーションビームの取り付けを変えているのだろうと考えます。

また、現行のデイズのリアシートとフロアの位置関係を見ると、新規設計ではなく、
当初より、床下にバッテリーを収納するように設計されている様に見えます。
(リアのフロアが高いんですよね。不自然に)

200万円という価格帯が前提としてあり、生産コストを考えれば、
できる限りデイズとの共用部分を多くしてあるのだろうと想像します。

200万円の軽EVが売れるか否は、わかりませんが、
40kWh(つまり倍の容量)のバッテリーを積んだリーフが、
厚労省の補助金を利用すると250万円(330ー80)ほどで買えるので、
どちらかと言えば…?ですね。

私見ですが、
デイズのEVよりも、少しくらい高くなってもスライドドアを待つルークスEVの方が売れそうに思います。

書込番号:24311654 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!2


クチコミ投稿数:1497件Goodアンサー獲得:128件

2021/08/28 14:06(3ヶ月以上前)

失礼、訂正です。
>厚労省の補助金を利用すると250万円

「環境省の補助金」ですね。

書込番号:24311660 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:2463件Goodアンサー獲得:201件

2021/08/28 16:49(3ヶ月以上前)

補助金詳しく計算すると、今年度の補助金は40kWhリーフで
CEV補助金 36.8万円+2万円の給電機能加算=38.8万円
経産省 55.2万円 (36.8x1.5)
環境省 73.6万円 (36.8x2)
計算式は
2000円X(WLTC1充電走行距離-160)X電費性能

そして3ナンバー車以外のEVは計算式が違って
WLTC1充電走行距離X1000円となっていますから、新型軽EVがWLTC170kmだと今年の補助金は
CEV 170x1000=17万+給電機能加算2万で19万です。
経産省 17x1.5=25.5万円
環境省 17x2=34円
50kmほどしかEV走行できないPHEVより少ない額です、、、、、、
企業の影響力の差かもです。

来年度は軽EVの補助金も上がったら良いですね

書込番号:24311898

ナイスクチコミ!3


クチコミ投稿数:166件

2021/08/29 10:44(3ヶ月以上前)

皆さま、こんにちは。
20kwhというのが(私にとっては)微妙。
電池重量が軽くなることなども手伝って
電費に好影響など考えられるでしょうか?。
スペース的に無理だったのかもしれませんが、
20kwh, 30kwhとか選択できるようになれば
さらに良かったのかなと。


(私の30kwh リーフ夏場の現在8.7程度でした)
(現在の通勤距離が60kmなので、電費6で10kwh、
不測の事態(忘れ物、緊急呼び出し)があると
ちょっと困るので30kwh〜劣化で20kwhくらいがちょうどいいのですが。)

書込番号:24313029

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:1497件Goodアンサー獲得:128件

2021/08/29 13:25(3ヶ月以上前)

>すけすけずさん
>スペース的に無理だったのかもしれませんが、
>20kwh, 30kwhとか選択できるようになれば

そうですね。スペース的に難しいのだと思います。

バッテリーセルは、量産性(とコスト)を考えると、現行リーフと同じものでしょうか。
エネルギー密度が変わらないとすれば、積めるバッテリーには限度があるはず。

衝突試験の基準(とくに側面衝突でしょうか)を満たす=バッテリーへの被害が及ばないようにするために、
ただでさえ、横幅の狭い軽自動車規格の中で、さらにクラッシャブルゾーンを取られると
載せられるバッテリーの大きさには、普通車に比べて自ずと限度があるのでしょう。
30kWhも積むのは、価格はともかく、スペース的に厳しいのではないでしょうか?。

発表された車高が、デイズよりも微妙に高いのも、頑張って収めたバッテリーが、
わずかに下側へ出っ張るために、影響された最低地上高を維持するためかと。

いずれにしても、価格やバッテリー容量の問題ばかりでなく、
このスレへの「書き込みの少なさ」=「普通の人の関心の程度」、
でしょうから、どれだけの台数が売れるかは、自ずと推察できるのではないかと思います。

私見ですが、
販売台数的に期待できるのは、配送業を中心に、企業で導入が進むであろう
EVの「軽貨物」車両(ミニキャブMiEVなど)のように思います。

書込番号:24313336 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:14件

2021/08/29 15:31(3ヶ月以上前)

スライドドアのEVだと、日本ではかなり売れたのではさらに売れるのではないかと思いますが、今でも十分魅力的ではあります。

書込番号:24313524

ナイスクチコミ!2


スレ主 Horicchiさん
クチコミ投稿数:174件

2021/08/29 16:44(3ヶ月以上前)

皆さん、ありがとうございます。
私は、新型battery(全個体B=性能向上、発火などの安全性向上含め)が軽四車に搭載されるようになり、量産・標準化されると、爆発的(一寸大袈裟ですが)に売れると思います。
基本的に、BEVの構成(部品点数、組み立て工数など)はガソリン車(GV)より簡単・単純ですから、価格的に安いはずと考えています。安くなければ不思議。

現段階では高価(=Batteryが原因)ですが、あと数年(2025年?以降)もすれば軽四車でも、現行GVと同程度の価格になると思います(物価上昇を除く)。普通車はGVより安くなる?(充電時間の問題がありますが、これは利便性の問題です)。
現在わが国では約40%ほどが軽四車と言われていますね。価格さえ合えばどんどん置換が進むと思います。

‥‥との考えで今日の昼、当県の日産ディーラーへ行き、来春の発売時の1号車が欲しいとの予約注文をしてきました。(昨年/11にも、仮注文の申し入れをしているのですが 書込番号:23789803 )
ディ−ラーより“まだ注文を受け付ける事はできない。その段階で無いが、趣旨は分かるのでその旨受付、情報が入り次第逐次連絡する” との回答でした。
ディーラーには添付書の様に日産本社から発売予告の文書が発出されていました。


書込番号:24313652

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:2463件Goodアンサー獲得:201件

2021/08/29 20:10(3ヶ月以上前)

三菱と日産で同価格で兄弟(双子?)車を出したら、、、、
両社の充電プランが今のままだとすると三菱の選択でしょうか
急速充電のコストが何倍も違ってきます。
まあ、自宅でしか充電しないのなら日産の選択もありかもです。

書込番号:24314008

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:1497件Goodアンサー獲得:128件

2021/08/29 21:00(3ヶ月以上前)

>らぶくんのパパさん
>両社の充電プランが今のままだとすると三菱の選択でしょうか

そうですね。
三菱の充電プランの方が有利ですね。

ただ、ZESP3は車に紐付けられてないので、
EV2台持ちでもカードは1枚で使える点と
イオンなどでの普通充電が無料な点が有利。
この辺りを上手く使える方ならばZESP3もありかな。

また、軽自動車EVなので、
基本的には「セカンドカー」としての需要が多いと考えれば、
日常、自宅での充電で運用して長距離移動は他の車で、もしくは電車などの公共交通の利用と考えれば、
急速充電の利用は限定的。充電カードは不要かもしれませんね。

でも
ZESP3が不評な事は、ディーラーを通じて日産も理解してるでしょうから、
これを機に新しくZESP4が、出てくる可能性もあるかも。

だって、私がリーフを乗るようになって8年経ちますが、
短い間隔で、最初のZESP、ZESPのスタンダードプラン導入、ZESP2、ZESP3と、変わり続けてますから。
最初のZESPの会員証は「紙」でしたからね。急速充電器には認証機も無かったし。

書込番号:24314117 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:1497件Goodアンサー獲得:128件

2021/08/29 21:17(3ヶ月以上前)

>Horicchiさん
>BEVの構成(部品点数、組み立て工数など)はガソリン車(GV)より簡単・単純ですから、価格的に安いはず

おっしゃるとおり。バッテリーの価格次第でしょう。

それに、政府の政策により、今後ガソリン車は電動化を進まなければならないとすると
その分のコストは上がり、価格は上昇していくと思われます。
たとえマイルドハイブリッドでも数万円のコストアップは避けられないし、
フルハイブリッドならば、もっとコストは高くなります。

一方、EVならば、バッテリーのコストさえ下がれば、価格が下がります。

価格が上がる方向のガソリン車と下がる方向のEV。その差は、小さくなっていくと思います。

>現在わが国では約40%ほどが軽四車と言われていますね。
>価格さえ合えばどんどん置換が進むと思います。

同感です。
価格が下がれば、下駄がわりに使われる軽自動車こそ、EVに置き換わっていくと思います。

書込番号:24314163 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!0


スレ主 Horicchiさん
クチコミ投稿数:174件

2021/08/30 00:33(3ヶ月以上前)

皆さん、充電についてこんな話があります。

高速道のEV充電器、25年度までに2・5倍の1000口に…東電
増設は充電待ちの混雑緩和の効果もある。
https://news.yahoo.co.jp/articles/5c64a0877c4cd9d299d9cbcf1a6e2966b1378a72

東京電力ホールディングス(HD)は全国の高速道路会社と連携し、高速道路に設置する電気自動車(EV)用の急速充電器を拡充する。車体と充電器を接続する部分の数(口数)を現在の約400口から、2025年度までに約2・5倍の約1000口に増やす計画だ。

増設は、利用者の多い場所から進める。充電器の一定時間内での稼働(稼働率)が20%を超える約30か所のサービスエリア(SA)は、22年度までに現在の「充電器1基1口」から「1基6口」へと置き換える。その後は稼働率15〜20%の約70か所のSAやパーキングエリア(PA)が対象になる。必要な駐車スペースが不足する場合、「1基2口」の充電器を活用したり、隣接するPAに増設したりする。

2〜3年後、自動車各社からEVが発売になると、ZESP-Xと言う事ではなく、各社共用、共通の(充電)課金方式になるように思うのですが‥‥。





書込番号:24314509

ナイスクチコミ!1


スレ主 Horicchiさん
クチコミ投稿数:174件

2021/08/30 08:15(3ヶ月以上前)

追伸です。

「電柱を活用したEV急速充電器設置サービス‥東電」
との記事が日経新聞に掲載されたとのこと。記事の受け売りなので要点のみ:

2019年6月11日、日本経済新聞が『電柱をEV充電の拠点に 東電、普及へコスト半減』とする記事を掲載。電気自動車(EV)用急速充電器を電柱に固定して設置することで、設置コストが半分になるという報道でした。記事中には「工事費用は通常の300万円程度から半減できる」といった記述もありましたが、出力など詳細はわかりません。はたして、どのようなサービスなのか、その正体を探ってみました。


電柱で支える急速充電器設置方法は特許申請中

設置する場所や台数についても「まず首都圏で100台を設置しEVの普及をふまえ数百台に増やす」(日経新聞)との記述

設置場所は私有地がイメージされており、設置する事業主体はその場所を所有する民間企業など。電気自動車が増え、急速充電器設置のニーズが高まるにつれ、設置コストの安いこのサービスへの需要も高まるという目論見

●44Kw充電器のようです。
●サービスエリアやパーキングエリア、道の駅など
●商業施設、宿泊施設、マンション(分譲、賃貸)、工場、事務所など
こうした場所の関係者で「ん? あそこの電柱に充電器あったら便利じゃね?」という心当たりがある方は、

まずは東電タウンプランニングに連絡してみるのがオススメです。

との記事内容です。

マンション駐車場にも設置しやすいようですね。

以上





書込番号:24314736

ナイスクチコミ!1


E11toE12さん
クチコミ投稿数:488件Goodアンサー獲得:13件

2021/08/30 08:46(3ヶ月以上前)

こんにちは。

>Horicchiさん

系列的に、東電がらみのサービスは株式会社e-Mobility Powerに
集約しそうですので、

>各社共用、共通の(充電)課金方式になるように思う
というのは、当面はe-Mobility Power(旧NCS)にまとまりそうですね。

独自でサービスを実施しているイオンやCOSMOが下敷きにしている
とみられるサービスの料金体系的がZESP2みたいなので、まとまるには
相当の時間を要するかもと思っています。

とはいえ、先に電気料金の再販規制の解除をしてもらわないとどうにもならんと
思いますが。

書込番号:24314766

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:1497件Goodアンサー獲得:128件

2021/08/30 16:14(3ヶ月以上前)

>Horicchiさん

私も、東電の取り組みには期待していますが

>急速充電器設置のニーズが高まるにつれ、設置コストの安いこのサービスへの需要も高まるという目論見

この点はどうなんでしょうか?
急速充電器を増やすというのは、EVを自分の車として、
日常生活に使ったことのない社員さん(or管理職さん)のアイデアのように思えます。

1ユーザーの私見ですが、
今後、EVの普及に合わせて必要となるのは「普通充電器」だと思います。

まずは、集合住宅への設置は不可欠だと思います。

次に、商業施設や飲食店、ホテルなどの駐車場や駅近のコインパーキング。
車を長時間停める場所にこそ、充電器が必要です。

普通充電のための充電器は車が持っており、交流200Vが供給できれば良いので、
単純なコンセントだけでも可だし、ソケットならばいうことはありません。
それこそ電柱があれば低コストで設置できます。東電のやる気次第と思います。

(急速充電器は、高速道路のSAやPAに複数設置されれば無問題と思います)

書込番号:24315250 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!1


E11toE12さん
クチコミ投稿数:488件Goodアンサー獲得:13件

2021/08/30 17:22(3ヶ月以上前)

こんにちは。

>tarokond2001さん

>今後、EVの普及に合わせて必要となるのは「普通充電器」だと思います。

うーん、駐車するたびに普通充電器に接続するようなライフスタイルを選択しますかね?
自宅で充電するなら、夜ケーブルをつないで、朝ケーブルを外して出発する、という
ことをやっても自宅内のことなので普通にやってますけど、公共の場所(集合住宅の
自車駐車スペースだとしても、そこに至る空間や通路としては公共スペースなので)
に置いてある車に、夜ケーブルをつないで、朝ケーブルを外して出発するということに
抵抗ありませんか?毎日管理できない場合もあるわけで、不慮の事態で予定していた
時間に充電ケーブルを外せるとも限らず、数時間繋ぐことを前提にしている普通充電を
外出先でしたいとはあまり思っていないのは自分だけですかね。

かつて、イオンが普通充電無料だった時には、駐車場として利用するために普通充電の
スペースに停めることも多かったですが、充電する目的ではなかったですし。

書込番号:24315356

ナイスクチコミ!0


スレ主 Horicchiさん
クチコミ投稿数:174件

2021/08/30 19:42(3ヶ月以上前)

電柱型QCの写真、添付するのを忘れていました。

EVの普及に障害?、進み難いのはマンション(集合住宅)での充電と言われていますね。
この東電の電柱型QCなら、本当に省スペースですね。マンションの大きさにもよりますが、電柱2,3本設置し同時に4〜6台にQCできれば、帰宅時にセットし、夕食後に充電完了、自車駐車位置に移動する。‥‥てな事はどうなのでしょう??。
※私は戸建てですので来春納車されると200V普通充電となります。なので申し訳ないのですがマンションの事情に疎いです。
(この軽四EV=20KwBattery=約170Km航続距離)での遠出は基本的に考えていません)





書込番号:24315562

ナイスクチコミ!1


NSR750Rさん
クチコミ投稿数:3311件Goodアンサー獲得:132件

2021/08/31 13:34(3ヶ月以上前)

土地の高い首都圏では平面駐車場は無理で、立体駐車場では充電は無理でしょう。


そのために充電用平面駐車場を設置となると、戸数が減ってしまうのでデベロッパーはやらないでしょう。

充電器も維持費がかかるので、共益費のアップ。

立体駐車場も年数が経てば取り換え費用を誰が負担するかで、クルマを所持してない住民から負担拒否と揉めるんです。

書込番号:24316601

ナイスクチコミ!0


akaboさん
クチコミ投稿数:1525件Goodアンサー獲得:58件

2021/09/10 07:34(2ヶ月以上前)

集合住宅に急速充電はダメでしょう。
8年ぐらいで償却になるので,コスト負担が見合わないし,保守管理で費用が掛かり,故障すると大変。
コンビニ等の充電器が,最近,入れ替わるのを見かけます。利用率からして,見合わないでしょう。
ビジネスとして,一般利用を想定して,スペースを確保するならあり得ますが,儲けが出ないからやらないでしょう。

集合住宅の普通充電は,使用時の個人負担を上手に運用すれば可能でしょう。
PH(E)Vにも補助金増額の流れなので,世の中の台数は増えますから。
既存の集合住宅に新たに設置するには,スペース等で,制約があるでしょう。なので新規に建築する物件の方が相性が良いかな?

PHEVシステムに,補助金増額するのには,??いっぱいつきますんで,将来を見通せば,個人にお金ばら撒くのと違う方向性を考えてもいいと思うのですが,国がやることですし,そのあたりには,別の事情があるのかな。


書込番号:24333684

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:2463件Goodアンサー獲得:201件

2021/09/10 22:03(2ヶ月以上前)

7月補助金承認分

8月補助金承認分

マンション等への充電設備設置は東京がほとんどですね
国の補助金(充電設備)の7月と8月に承認されたリストです。
昨年からも東京や神奈川がほとんど占めています。

書込番号:24334831

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:44件

2021/09/11 01:12(2ヶ月以上前)

すみません。話を戻してしまって申し訳ないのですが、みなさまが近い将来にEVが安くなるとお考えになる理由は何でしょうか?

@材料費:
需要が増えて高くなる一方。更に世の中はフェアトレードの流れ。

A加工費:
工員の習熟や工程の効率改善?←枯れた技術はこれ以上安くならないし、今は次々と新技術が投入され続けているので安くなる要素がない。技術開発は安く作る技術より大容量化・高密度化技術がまだまだ優先。

B償却費:
こちらも新技術に必要な設備が次々と投入され続けていて、古くなる恐れから思いきった投資もできないし、いつまでたっても償却落ちしない。
国内の台数では母数として少なすぎる上、さらに少子高齢化で先細り。走行用バッテリーは高エネルギー・高重量・衝撃に弱い危険物で輸出が困難。完成車での輸出であればバッテリー単体よりはマシだが、完成車にかけられる関税が高くコスト競争力無いため、こちらも台数は期待できない。

C国の補助金:
購入にこそ補助はすれど、雇用や設備投資に補助金出す気なし。

ということで私には、高い輸入EVを買うか、もっと高い国産EVを買うか、中古のガソリン車を買うか、という未来しか見えないのですが、みなさまはいかがお考えでしょうか。

海外では新技術にガンガン投資して経済回していこうとしているのでしょうが、デフレ大好き日本ではユーザー置いてけぼり感を感じざるをえないです。

書込番号:24335066 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!0


akaboさん
クチコミ投稿数:1525件Goodアンサー獲得:58件

2021/09/11 05:43(2ヶ月以上前)

私個人の考えです。

EVが劇的に安くなるとは思いません。タイの国からやってきた人が,EVならこんなに安くなり,豪華で,立派でとChinaを持ち上げていますが,日本には当てはまらないと思います。急速な電動化推しは,China中心,一帯一路構想に関わっているように思います。世界の勢力図と関係してるでしょう。

電動車両は,駆動バッテリーとそれをマネージメントするシステムが最重要です。
これが壊れると,高額な費用が必要となるため,私の経験から申し上げると,容量保証の8年以内に乗り換えた方が無難と言える場合もあるでしょう。また,故障の保証は,これより短いので,(あまり壊れないと思いますが),先に壊れたら,大変です。耐久性が非常に大事です。
8年越えた後に壊れたら,ジ・エンドです。電気物よりガソリン車の方が,むしろ長く乗れるかもしれないです。耐久性次第なので,新製品に期待ですね。

自宅で2時間充電できる環境を設置しない人が購入すると,商業店舗で無料充電を2時間越えて占有するような事態が発生する。
これまたあくまでも個人的な印象ですが,これはエンジンを載せたPHV車両に目立ちます。
PHVの台数が,相対的に多いことだけが理由とは言えないでしょう。
車を購入する個人にばら撒くより,償却設備に補助金を増やした方が健全です。

BEV旧世代やPHV車両の急速充電は,今となっては,急速と呼べるのかという程度のスピードしか出ないので,実質,普通充電2時間程度しか入りません。新型EVには急速充電の速度向上が求められます。

今の時代,興味だけで,BEVに飛びつく人は居ないと思いますが,PHVの残価率がHVよりも低いなど,潰しが効かないというのは現実あるし,車としての走行だけなら,HVで用は足りると思います。廃棄物となった時,大容量の電池が問題になります。

電動車両全体で見た時,電気で走ると世界が喜ぶなんていうのは,話を単純化しすぎだと思います。

書込番号:24335169

ナイスクチコミ!2


クチコミ投稿数:1497件Goodアンサー獲得:128件

2021/09/11 12:28(2ヶ月以上前)

>use_dakaetu_saherokさん

>近い将来にEVが安くなるとお考えになる理由は何でしょうか?

私見ですが、一般論としては「B償却費」でしょう。

例えば、リーフのバッテリーについては、償却が進んでいると思われます。
そのように推測する根拠は、別スレで書きましたが、北米での販売価格の大幅な引き下げです。

国内に目を向けても、リーフの8月の販売台数は1300台弱。

http://www.jada.or.jp/data/month/m-brand-ranking/

それほど売れてはいないとはいえ、マツダのCX5や3よりは上、トヨタのCH-Rと同じくらいです。
モデルチェンジから4年目で、このくらい売れていれば、生産設備や開発費の原価償却は進みます。

EVの車両コストに占めるバッテリーコストの占める割合はかなり大きいので、
この部分の原価償却が進めば、販売価格は下がるはずです。

新型の軽EVも、販売価格を考えれば、リーフと同じバッテリーセル(多分、同じモジュール?)を積むのではないでしょうか?

書込番号:24335801 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!3


akaboさん
クチコミ投稿数:1525件Goodアンサー獲得:58件

2021/09/11 18:05(2ヶ月以上前)

国内の雇用を空洞化させてもいいからChina製部材を使うというなら,安い車が誕生するかもしれません。

コバルトフリーのリン酸鉄バッテリーを搭載するのではという説を唱えている人もあります。
ワシは,この電池分野は詳しくないんで,分かりませんが。
個人的には,リーフと同じのを使って容量が半分と聞いたら,ちょっと期待外れかなと思っちゃいますね。

無理に200万を目指さずに,多少高くても将来に価値が残る車の方に魅力を感じます。

いずれにしても,概要が分かってからですね。

書込番号:24336372

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:44件

2021/09/11 18:38(2ヶ月以上前)

中国からバッテリーを買ってくるとしても、先に書いた輸出・輸入の問題で、安くはならないと思うんですよね。

この先中国国内での需要が増えていくことを考えると日本に安く売る理由がない。(型落ち品ならあるいは?)

貧しい国(日本)が稼ぐには豊かな国(中国)へ出稼ぎに行くしかないんでしょうか。
ごめんなさい。暗くなっちゃいました。

書込番号:24336429 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:44件

2021/09/14 08:55(2ヶ月以上前)

すみません。
これで書き込みが止まってしまうと、あまりに暗すぎるので、少しは明るい話題をば。

トヨタがすでに全固体電池の試作車を走らせ始めていることを発表しましたね。

リチウムポリマーやリン酸鉄の時のように、スマホやドローン、競技用ラジコンの世界から実用化されるものと思っていたので、先に自動車に載るというのは驚きでした。

バッテリーの輸出は困難でも、技術(特許)や素材の輸出で儲ける手はありそうです。

多少高かろうと海外でどんどん稼いで海外から買ってくりゃいいんですよ。
(それも結局出稼ぎだけれど)

書込番号:24341232 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:2463件Goodアンサー獲得:201件

2021/09/14 13:44(2ヶ月以上前)

>Horicchiさん
こんな情報がありました。

補助金の環境省プラン、
ゼロカーボン・ドライブ第2段、22年度は「シェア用車」と「軽EV」普及へ
https://www.kankyo-business.jp/news/029432.php

現状では軽EVの補助金はPHVより低い額ですが、これによって3ナンバーEV並みになり買いやすくなるかもです。

書込番号:24341645

ナイスクチコミ!0


E11toE12さん
クチコミ投稿数:488件Goodアンサー獲得:13件

2021/09/14 14:06(2ヶ月以上前)

こんにちは。

>use_dakaetu_saherokさん

トヨタの全固体電池、テストしてみてBEVよりはHVに採用してみるという
判断をしたみたいなので、まずは車載ありきで開発しているみたいですね。
https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/column/18/00001/06004/

車載バッテリーは必ずしも自社や国産にこだわる必要はないと思いますが、
LiONみたいな爆弾じみたものなら、供給してもらうにしても慎重にパートナーを
選ばなきゃ危ないだろうし、バッテリーは生ものなので、24Kリーフ、30Kリーフの
電池を新品にしたい、と思っても、新品が供給されない、という現実がある
以上、10年20年単位でパーツの供給が受けられるか、ということを考えないと
いけないとすると、
>海外から買ってくりゃいいんですよ。
今はいいにしても、供給元自体が存在するか、という問題もありますね。

書込番号:24341670

ナイスクチコミ!0


スレ主 Horicchiさん
クチコミ投稿数:174件

2021/09/14 21:19(2ヶ月以上前)

>らぶくんのパパさん

何時もありがとうございます。これまで「LEAF乗りたし電欠不安」とか、LEAFで400km往復(無泊、2日)のスレで大変お世話になりました。
>現状では軽EVの補助金はPHVより低い額ですが、これによって3ナンバーEV並みになり買いやすくなるかもです。

助かります。期待しています。
冒頭の通り発表翌日の8/28に日産ディーラに ”県内1号車の納入をお願いします” との事で予約注文して来たところです(^^♪。
※よく新車発売の発表時に ”既に数千台の受注済み” との記者会見記事がありますね、この事での注文です。
今回は来年2,3月ごろ?の正式発表時に発売仕様が決まり、正式注文になり=契約書にサインとなります。

手ごろな価格での軽四EVが発売されれば売れないはずがありません。発売台数の拡大につれ、BatteryCostも下がり、ますます普及しますね。※Body周りのcostはそんなに下がらないでしょう。

そして、充電設備についても先のレスの通り、「電柱型QC」(従来型QCに比べ大幅CostDown)が発売されれば、普通車サイズのEVも一層普及するでしょう。

EVの普及環境が整いつつあると思っています。ガソリンの撒き散らし(GV)はどんどん下降になるでしょう。



書込番号:24342373

ナイスクチコミ!1


akaboさん
クチコミ投稿数:1525件Goodアンサー獲得:58件

2021/09/22 07:56(2ヶ月以上前)

県内第1号の納車ですか!?

それは夢があっていいですね。

軽のEVの場合,ワシは一つ懸念があります。

恐らく8年の電池保証になると思うので,それ以上の年数保有して,故障が発生した場合,全交換を要すのでは?
軽の場合,必ずしも買い替えを想定せず,長年保有していきたいというスタイルも多いと思うので。

電池システムの耐久性次第ですので,その点を期待です。

書込番号:24355676

ナイスクチコミ!1


クチコミ一覧を見る


この製品の価格を見る

リーフ
日産

リーフ

新車価格:332〜499万円

中古車価格:29〜399万円

リーフをお気に入り製品に追加する <435

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

リーフの中古車 (全2モデル/829物件)

この車種とよく比較される車種の中古車

クチコミ掲示板検索



検索対象カテゴリ
を対象として

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

新製品ニュース Headline

更新日:12月3日

クチコミ掲示板ランキング

(自動車)

ユーザー満足度ランキング