『VT5。ときどき次世代TV参入のお話』のクチコミ掲示板

2011年 3月18日 発売

3D VIERA TH-P50VT3 [50インチ]

フル・ブラックパネルII/反射ディープブラックフィルターII/USB HDD長時間録画機能などを搭載した3D対応プラズマテレビ(50V型)

3D VIERA TH-P50VT3 [50インチ] 製品画像

拡大

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:オープン

画面サイズ:50インチ 画素数:1920x1080 録画機能:外付けHDD/SDカード 3Dテレビ:○ HDMI:3端子 3D VIERA TH-P50VT3 [50インチ]のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • 3D VIERA TH-P50VT3 [50インチ]の価格比較
  • 3D VIERA TH-P50VT3 [50インチ]の店頭購入
  • 3D VIERA TH-P50VT3 [50インチ]のスペック・仕様
  • 3D VIERA TH-P50VT3 [50インチ]の純正オプション
  • 3D VIERA TH-P50VT3 [50インチ]のレビュー
  • 3D VIERA TH-P50VT3 [50インチ]のクチコミ
  • 3D VIERA TH-P50VT3 [50インチ]の画像・動画
  • 3D VIERA TH-P50VT3 [50インチ]のピックアップリスト
  • 3D VIERA TH-P50VT3 [50インチ]のオークション

3D VIERA TH-P50VT3 [50インチ]パナソニック

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2011年 3月18日

  • 3D VIERA TH-P50VT3 [50インチ]の価格比較
  • 3D VIERA TH-P50VT3 [50インチ]の店頭購入
  • 3D VIERA TH-P50VT3 [50インチ]のスペック・仕様
  • 3D VIERA TH-P50VT3 [50インチ]の純正オプション
  • 3D VIERA TH-P50VT3 [50インチ]のレビュー
  • 3D VIERA TH-P50VT3 [50インチ]のクチコミ
  • 3D VIERA TH-P50VT3 [50インチ]の画像・動画
  • 3D VIERA TH-P50VT3 [50インチ]のピックアップリスト
  • 3D VIERA TH-P50VT3 [50インチ]のオークション
クチコミ掲示板 > 家電 > プラズマテレビ > パナソニック > 3D VIERA TH-P50VT3 [50インチ]

『VT5。ときどき次世代TV参入のお話』 のクチコミ掲示板

RSS


「3D VIERA TH-P50VT3 [50インチ]」のクチコミ掲示板に
3D VIERA TH-P50VT3 [50インチ]を新規書き込み3D VIERA TH-P50VT3 [50インチ]をヘルプ付 新規書き込み



ナイスクチコミ32

返信15

お気に入りに追加

標準

VT5。ときどき次世代TV参入のお話

2012/01/13 16:01(1年以上前)


プラズマテレビ > パナソニック > 3D VIERA TH-P50VT3 [50インチ]

VT5新型ビエラの発表は例年どおりであれば2月頭前後かと思われます。
その前に、パナが2015年迄に大画面有機ELテレビを出すという次世代方式
参入の、ちょっと気になるお話がありましたので、大画面化が難しく、劣化や短寿命等の
問題を抱える有機ELよりも、完成度高い画質と大画面に最適な今回SONYが発表した独自開発
の「Crystal LEDディスプレイ」に参入した方が、韓国勢に対しての抗力や、将来性もあるのではと睨んでいます。有機ELは40型以下に注力して良いような気も。

以下、Crystal LEDディスプレイの優位性なる記事を抜粋してみました。

◆600万個の各RGBのLEDサブピクセルは自発光することになるが、各RGBサブピクセルの階調はアナログ値で一意的に決定される。8ビット駆動の場合で仮定すれば、黒はRGB=0:0:0で駆動され完全消灯となり、最大輝度の白はRGB=255:255:255となる。中間階調はその自由な組み合わせで再現される。実際には各LEDはPWM駆動(パルス幅変調)で発光量が決定されているが、プラズマのようなサブフィールド法(FRC駆動:フレーム変調)による時間積分的な階調生成でないため極めて自然な見え方が表現できる。液晶のように透過光を制御するわけではないので視野角制限がなく上下左右約180度と発表されている。

◆暗所コントラストは計測不能(実質、無限大:1)。明所コントラストも既存の液晶テレビの約3.5倍と発表されている。 いわば究極の画素単位エリア駆動(自発光なのでこの言い方の方が不自然だが)ということになるため、表示に対するエネルギー消費効率もよく、現実的な動画表示時の消費電力は「一般的な同サイズのLEDバックライト液晶テレビの半分以下」と表現されている。なお、ソニー側の調べでは、IEC62087 Ed.2.0で規定される動画映像での平均消費電力は70Wとのこと。

◆動画性能が極めて高い。プラズマはインパルス発光の繰り返しで階調を表現しているため、動画解像度が高いことが知られている。静止画では精細感ある液晶の絵も、動き始めると途端に解像感が落ちる。ところが、Crystal LED Displayは、プラズマと比べても大幅に解像度が高い。さらに色再現の面でも、高純度の色に濁りがなく、きちんと階調がリニアにつながって見える。派手な色再現のディスプレイはたくさんあるが、ここまで純度の高い色を出しながら、階調性の高さも感じさせるものは他に見た事がない。

◆半導体回路で発光を制御するのは他ディスプレイ方式と同じですが、Crystal LED Displayは半導体自身が光る点が大きく違います。プラズマなら放電が始まってから蛍光体が応答し、その後の残光も残ります。液晶ならば回路が駆動された後、液晶素子が応答しますから遅れます。有機ELも応答速度が速いだけで、回路駆動の後に有機材料が反応します。Crystal LED Displayではそうした“駆動後の応答”が存在しないため、超高速の発光制御が行なえます、LEDを駆動する信号で階調を自在に作れます。

今回CESで発表されたCrystal LEDディスプレイのスペックについてはSONYのHPにも記載が
あったと思います。上記については個人的な時間の都合もあり、AV wach とphile webから
の記事をそのまま、主な注目点を抜粋、転記しました。

これらの記事を読む限り、暗所コントラスト計測不能、明所コントラストは液晶の3.5倍で
しかも平均消費電力70W・・・現在考え得る大画面の最高デバイスに間違いないと確信
させられますね。

Panasonic(又は東芝日立シャープの日本勢)には「Crystal LED」に参入して頂きたいと
願うのは僕だけでしょうか。

書込番号:14017623

ナイスクチコミ!10


返信する
クチコミ投稿数:1038件Goodアンサー獲得:33件

2012/01/13 16:45(1年以上前)

  Crystal LEDディスプレイは久々にどんな画質なのか見たくなるテレビですね、ただ一般の人が何とか買える値段までにコストダウン可能なんでしょうか?、ソニー製有機ELみたく業務用限定なのかもしれません。

 日本メーカーも水面下では有機ELかなり量産化に向け頑張っている筈でしょうから期待してます。

 今年のパナはやっとデザイン重視の方向へ舵をきったようです、ハッキリ言わせてもらうとパナのテレビデザイン今までのはかなり野暮ったい印象です、どうしてあのデザインをいつまでも引きずっているのか正直不思議でした、もし社長がスティーブジョブズ氏ならテレビ持ち上げて壁に叩きつけたかもしれません。
 

書込番号:14017733

ナイスクチコミ!0


子怡さん
クチコミ投稿数:1716件Goodアンサー獲得:30件

2012/01/14 10:10(1年以上前)

>Panasonic(又は東芝日立シャープの日本勢)には「Crystal LED」に参入して頂きたいと
願うのは僕だけでしょうか。
他社(国内、海外共に)に技術を渡すことなど考えられません。特許でがんじがらめになっているはずです。出来ると分かっているものを後追い(改良)するのは簡単ですが、全く新しいものを創造するのは非常に困難です。このようなことはパナソニックが最も苦手とすることではないでしょうか?ソニーのように長年に渡っての有機EL技術の蓄積があるメーカーとは違い、たぶんもう遅いと思いますがブラズマ地獄から抜け出すためには有機ELの開発を続ける他ないでしょう。全く新しい方式のパネルの開発途上だとしたら別の話になりますが。

書込番号:14020389

ナイスクチコミ!2


taka0730さん
クチコミ投稿数:3852件Goodアンサー獲得:130件

2012/01/14 16:09(1年以上前)

Crystal LEDディスプレイ、個人的には興味ありますが、一般人はそこまで画質にこだわっていないと思います。有機ELで十分だと感じるでしょう。
価格が有機ELテレビの1.5倍以内に納まらないと商品化は難しいと思います。

書込番号:14021608

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:15181件Goodアンサー獲得:1144件

2012/01/14 19:37(1年以上前)

600万個のLEDをドット欠けが生じないように配置したパネルを「量産」する。

メーカーが家庭用TVに使えるまでパネルの値段がこなれる事が出来るのでしょうか?

ハードルがものすごく高いのは間違いないでしょうね。

高画質を手元に置きたいためにお金をある程度までかけても構わない人が買える金額に
なったとしても、同サイズの液晶TVは遥かに廉価でしょうから、採算ベースに乗る台数が
売れるのか、不安は尽きません。

書込番号:14022430

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:435件

2012/01/14 23:13(1年以上前)

皆様コメントありがとうございます。

僕の書き込みに1票入れて頂いた方、若しくは賛同意見もお聞きしたいところです!
SONYが技術(公開)提供するかどうかですが、多数のメーカーが参入すると競合で価格
下落スピードが少しは早まる等々想像が膨らみます。

VT5もプラズマとしては動画性能において最高峰モデルに相応しい出来が期待されます。
次世代TVの品質や価格がこなれてくるまでの繋ぎで買うことになるのか、、
かれこれ5年、大画面TV購入を見送ってきた分、しっかりした物を手元に置きたい気構え
で居る事は確かです。

書込番号:14023379

ナイスクチコミ!7


クチコミ投稿数:435件

2012/01/16 16:05(1年以上前)

昨年11月に住友化学が低コストで生産できる新タイプの発行材料を開発し、2012年初めから
大画面有機ELパネル生産体制に入ると報道されていたことを思い出しました。
タイアップ先はPanasonicでしたが、大画面OLEDとはいえ照明器具用?ではないと思います。
大画面といってもあの時点ではsonyの27型がOLEDの大画面サイズでしたから、住友化学の仰る
大画面とはいかほどのものか未確認です。
パナ製の大画面OLEDテレビが順調に行けば、技術を煮詰めるより先走り発表の韓国製有機EL
買うまでもないと判断される日本人は増えるかと思います。
2011年は地震災害そしてタイ洪水と度重なる不幸のドン底に叩きつけられた年でしたから
今年は「辰」のごとく日本ブランドが飛躍することでしょう。

書込番号:14029865

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:435件

2012/01/16 16:14(1年以上前)

発行材料X
発光材料○

上記「日本勢」の中に大画面の「三菱」が抜けてました。重ねて訂正します。
三菱は持ってて恥ずかしくないブランドなので三菱さん、次世代TVで奮起してください。

書込番号:14029893

ナイスクチコミ!1


子怡さん
クチコミ投稿数:1716件Goodアンサー獲得:30件

2012/01/16 17:34(1年以上前)

確か以前パナソニックは2010年に有機ELテレビを発売すると言っていたはずです。
この調子では2015年も怪しいと思います。
製造方法のアイデアを思いついてからたった3年で完璧とも言えるものを展示したCLEDの将来性は高いと思います。大量に使う(フルHDで600万個)LEDの価格が問題になりそうですが、最近のLEDのコストの低下は非常に激しいそうです。

書込番号:14030130

ナイスクチコミ!2


クチコミ投稿数:15181件Goodアンサー獲得:1144件

2012/01/16 21:15(1年以上前)

>最近のLEDのコストの低下は非常に激しいそうです。

RGBの3個1ユニット1円としても200万円…

安くできるのかな。

書込番号:14030963

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:435件

2012/01/18 13:43(1年以上前)

SONYのXEL1時期の有機EL日本市場撤退やFED、SEDのフェードアウト等、過去遡ると
みなさんが仰る「当分は局用、業務用に留まるのではないか」といった憶測も
わからないでもないですが、僕が思うに「クリスタルLED」という名称のつけ方は
一般民生用向けの匂いがぷんぷんするし、本田先生の開発者インタビューの記事に

◆今回はCESという場で家庭向けテレビのディスプレイ技術として紹介された

と後述されてます。
まあ、でも2001年初頭でしたか、42型プラズマが量産化された時の市場価格は2百ン十万
でしたから、でも競合メーカーにより一年一年、翌年には一気に百万以下、僕がプラズマ
を意識した2004年には50型で60万円台、2006年にはビエラの50型はもう30万円台だったと
記憶しています。

CLEDもsonyだけだと庶民に手が届く日がすぐにやってくるのか「?」がつきますが、
日本メーカー多社参入により普及価格帯を早期実現して欲しいものです。

書込番号:14036979

ナイスクチコミ!2


クチコミ投稿数:29件

2012/01/18 18:38(1年以上前)

次期型(VT5!?)は、2500Hz駆動になりそうで、液晶で言えば42倍速弱!!
凄いですねぇ〜!!(ただ、肉眼では判別不能レベル!?)

有機ELテレビも欲しいですが、クリスタルLEDテレビも魅力的…
油ギル夫さんが仰るように、1画素分=1円だとしても200万円以上(-o-;)
『4K2Kで90万円ぐらいで出て来ないかなぁ〜』なんて書こうと思ったんですが、考えてしまいました(>_<)

AV機器大好きだけど、90万円でも買えませんので、普通の人はまぁ〜買わないかなとも思ってますけど…

書込番号:14037780

ナイスクチコミ!0


子怡さん
クチコミ投稿数:1716件Goodアンサー獲得:30件

2012/01/19 11:52(1年以上前)

プラズマには未来がないと思います。プラズマが液晶に負けた理由はいくつかあると思いますが最大の理由は暗所コント(CLEDと比較するとかなり落ちる)は良くても、明所コントラストが見劣りするからです。
http://www.youtube.com/watch?v=w-_7E0pYWiM&feature=related
CLEDと液晶(最高級)を比較していますが、明るさ、動画の解像度の違いが明確に識別出来ます。
LEDが高いのではないかという意見もありますが、量産の見込みが立った(おそらくCLED用の自社生産品?)ので展示したということなので当然コストのことも考えているはずです。有機ELのような無機物と有機物のハイブリッドではなく、無機物だけで出来ているCLEDの方が製造方法が単純なこともあり、コストダウンは早いのではないかと思います。個人的には24〜27インチのパソコンのモニターが欲しいです。この方式の原理から考えると、画面のサイズの大小はあまりコストには反映されないように思われます。それに画質的にも有機ELがいくらがんばっても、原理的に純LEDテレビには勝てないと思います。

書込番号:14040652

ナイスクチコミ!2


クチコミ投稿数:175件Goodアンサー獲得:1件

2012/01/19 12:21(1年以上前)

<プラズマには未来はないと思います。
そうかもしれませんし、そうでないかもしれません。

クリスタルだろうが、LEDだろうが、所詮液晶とプラズマ原理から違います。
液晶は液晶の良さ、欠点もあるしプラズマも同様です。

ソニーのクリスタルLEDは勿論観てませんが、液晶の大欠点を補って余りあるテレビに
仕上がってるでしょうか?? 私は疑問に思えてなりません。。なんせこの目で確認もしてませんから

ただ はっきり言える事は 液晶の欠点 奥行き感のない貼った絵をつなぎ合わせた
絵を克服できるとは とても思えません。

もし克服できてるなら、それこそプラズマの未来は無いと思います。

書込番号:14040738

ナイスクチコミ!2


クチコミ投稿数:435件

2012/01/19 13:54(1年以上前)

CESを訪問された評論家の先生方のレポート(スペック)を見る限りではCLEDは
プラズマ&液晶を凌駕している事に疑いを僕は持ちません。

液晶とプラズマが、量産化目前に技術発表展示された1990年代後半当時は次世代TVと期待
されていたのにも拘らず「ブラウン管より明らかに劣る」とハッキリと酷評されてました
。また、現液晶TVのメーカーでもあり、プラズマTVの製造経験のあるsonyが過去を踏まえて
CLEDを開発しているので基礎的な画質面ではプラズマや液晶を凌駕し、尚且つECO設計は
大したものだと思います。

動画の描き方(原理)はブラウン管と似ているとどっかの記事にあり、絵の奥行感や動画性能
においてはブラウン管がライバルといったところでしょう。その辺は現物を見たCRTマニア
を唸らせるかどうかですね。

個人的にはプラズマや液晶TVのように「黒」を少しでも稼ごうと、変なブラックフィルター
に色が作用されないぶん、CLEDは、最も理想の白に近い白や沈んだ黒など色再現においては
目を見張るものがあるのではと大いに期待しています。

書込番号:14041048

ナイスクチコミ!3


クチコミ投稿数:435件

2012/01/19 14:16(1年以上前)

SONY第一号機のクリスタルLEDディスプレイの価格予想は価格com掲示で、
55インチで丁度100万円あたり(可笑?)かも・・・。

根拠というかヒントにしたのは、2004年に民生用テレビとしては世界で初めてLEDバック
ライトを搭載した液晶テレビ「QUALIA 005」46V型が110万2,500円、40V型が84万円だった。

書込番号:14041108

ナイスクチコミ!0


クチコミ一覧を見る


この製品の最安価格を見る

3D VIERA TH-P50VT3 [50インチ]
パナソニック

3D VIERA TH-P50VT3 [50インチ]

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2011年 3月18日

3D VIERA TH-P50VT3 [50インチ]をお気に入り製品に追加する <392

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

クチコミ掲示板検索



検索対象カテゴリ
を対象として

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

qoo10

新製品ニュース Headline

更新日:8月7日

クチコミ掲示板ランキング

(家電)