『動作不良』のクチコミ掲示板

VideoStudio Pro X4 通常版 製品画像

拡大

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格(税別):¥14,800

販売形態:パッケージ版 ライセンス形式:通常版 VideoStudio Pro X4 通常版のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • VideoStudio Pro X4 通常版の価格比較
  • VideoStudio Pro X4 通常版の店頭購入
  • VideoStudio Pro X4 通常版のスペック・仕様
  • VideoStudio Pro X4 通常版のレビュー
  • VideoStudio Pro X4 通常版のクチコミ
  • VideoStudio Pro X4 通常版の画像・動画
  • VideoStudio Pro X4 通常版のピックアップリスト
  • VideoStudio Pro X4 通常版のオークション

VideoStudio Pro X4 通常版COREL

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2011年 4月28日

  • VideoStudio Pro X4 通常版の価格比較
  • VideoStudio Pro X4 通常版の店頭購入
  • VideoStudio Pro X4 通常版のスペック・仕様
  • VideoStudio Pro X4 通常版のレビュー
  • VideoStudio Pro X4 通常版のクチコミ
  • VideoStudio Pro X4 通常版の画像・動画
  • VideoStudio Pro X4 通常版のピックアップリスト
  • VideoStudio Pro X4 通常版のオークション
クチコミ掲示板 > パソコン > 動画編集ソフト > COREL > VideoStudio Pro X4 通常版

『動作不良』 のクチコミ掲示板

RSS


「VideoStudio Pro X4 通常版」のクチコミ掲示板に
VideoStudio Pro X4 通常版を新規書き込みVideoStudio Pro X4 通常版をヘルプ付 新規書き込み



ナイスクチコミ1

返信7

お気に入りに追加

標準

動作不良

2011/06/21 17:50(1年以上前)


動画編集ソフト > COREL > VideoStudio Pro X4 通常版

クチコミ投稿数:42件

動画編集の為、X4Proを購入し、使用しています。
CyberlinkPowerDirectorの変換速度に慣れていたため、VideoカードをCUDAの使えるN550Tiに買い替えてソフトアップデートしたところ、デコード支援ではGPUをそれなりに使って若干早くなったものの、エンコード支援は使えておらず、サポートに電話しても、他からは聞いていない、PC環境が悪い様な事をいわれ、アップデータにAMD AVTサポートと入っていたため、本日HD6870のカードを購入して、試してみたところ、デコードもエンコードも使われておらず、GPUの使用率は0%でした。
PowerDirectorではきっちりGPUが使われておち、かなり高速に変換できるのですが、画質が、気に入らないので、買い換えたのですが、非常に残念です。
他にも、バッチ変換時の画質が悪い(通常処理と比べて)、H.264変換時、画面の切り替わりで、いきなり画像が破綻する、等バグだらけです。

書込番号:13160114

ナイスクチコミ!0


返信する
クチコミ投稿数:44件Goodアンサー獲得:7件

2011/06/21 20:21(1年以上前)

こんばんわ

とてもご不満であったということは伝わってくるものの、一旦冷静になられてはいかがでしょうか。

740HD購入前さんがお怒りになる点について、もう少し判断材料を頂きたいので、よろしければご返信お願い致します。

>サポートに電話しても、他からは聞いていない、PC環境が悪い様な事をいわれ
とのことですが、こちらでも740HD購入前さんのPC環境を書いて頂けると、サポートがPC環境についてそのような判断を下したか分かりますので、今後購入される方の為にも書いて頂けますでしょうか?

ちなみに、無料体験版は試しましたか?

>バッチ変換時の画質が悪い(通常処理と比べて)、H.264変換時、画面の切り替わりで、いきなり画像が破綻する
体験版の期限が15日間ありますので、上記の内容は事前に確認出来るものかと思います。

ピンポイントで特殊な部分を体験版で確認していなかった等であれば、不運でしたねと済みますが、740HD購入前さんがバグと仰っているようなエンコードの機能については真っ先に体験版で確認する部分ではないでしょうか?

nVidiaのCUDAが利用出来ていない状況下で、後付けのアップデーター対応にてAMDのAVTへの対応となっていたのであれば、決して安くはないHD6870の購入へは踏みとどまるか、(たいした答えは期待出来ないですが、保険として使える)サポートへの事前確認を行ったほうが安上がりですし、自己責任の人柱へとならずに済んだかと思います。

ちなみに、740HD購入前さんはVideoカードにはお詳しいかと思いますので、当然のことながら550TiからHD6870への交換時には、nVidiaグラフィックドライバのアンインストールとAMDグラフィックドライバのインストールは、セーフモードにて確実に行っているということでよろしいでしょうか?

まずは、740HD購入前さんのPC環境を確認しない限り判断しづらいところですね。

CUDAと言い、AVTと言いどちらも「支援機能」でしかないので、
>デコードもエンコードも使われておらず、GPUの使用率は0%でした。
と仰っているように、こういったソフトの主力はCPUに依存しますし、CPUと密接に絡むメモリの為だけ(その他もありますが割愛します)にOSの32bitと64bit対応の問題がユーザーを困惑させていますよね。

書込番号:13160643

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:42件

2011/06/22 22:08(1年以上前)

divetoblueさん

無料体験版は試して、いくつかテストして、画質がよかったので購入しました。
ただ、バッチ変換等、細かい機能まで、は試してなかったのです。
インターラクティブ処理とバッチ処理で、同じ設定で、画質が変わるとは思ってなかったからです。
だからこそ、少しでも時間短縮の為、これに合わせてnVIDIA N550Tiを購入したものの、CUDAは使えず、パッチを適用してもデコード支援が出来ない(エンコード支援は使える)ので、時間はあまり変わらず、パッチの内容を見ると、AVTサポートと出ていた為、HD6870へ買い替え、使ってみたところ、GPUのロードは0%つまり、エンコード支援もデコード支援も出来てないという状況です。

電話ではCPUはi7 875Kだと伝えているにも関わらず、i7はチップセットにGPUが組み込まれていて、GPUが2つというのは特殊な環境などと、のたまう始末。
終いには、サポートから必要な情報をメールで送るので、返信してくださいという事でしたが、一向にメールは来ないという状況です。

UREAD時代に一度編集ソフトを購入し、起動せず、サポートにメールしても、無視され、諦めた経験がありますが、Corelになってもサポートに悪さは変わってないようで残念です。

書込番号:13164986

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:44件Goodアンサー獲得:7件

2011/06/23 03:44(1年以上前)

740HD購入前さん

ご返信ありがとうございます。

私の環境ですと、VideoカードがGTS250と世代は古いものの、編集時のハードウェア支援ONにしても使用率が5%前後、エンコード時でも最大で30%ほどとCPUに比べ、あまり使ってくれていない印象を受けますが、「支援機能」でしかないものと割り切っています。

Videoカードに似たようなもので、エンコード用の拡張ボードも存在しますし、使用出来るソフトは限られますが、CPUとGPUの住み分けと同じようにGPUにも得意分野があるのではないでしょうか?

体験版利用時の環境の際、GPUの利用率はどのくらいだったのでしょうか?

ご利用になる環境下で体験しないと、体験版の意味を成さない気がします。
特にハードウェアに対するソフトウェアの対応は、ほとんどの場合後手後手に回ります。

時間短縮などの性能アップをする場合、同じ世代のハイエンドに上げた方がソフトが対応出来る確率は上がるかと思いますが・・・。(特に、GTX550や560は最近出たチップだったかと思います)

サポートのメールに関しては、1週間返事がなかったらまたメールを出してくださいとサポートのページに書いてあるほどなので、読み切れていないのかどうなのか・・・。

書込番号:13166071

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:42件

2011/06/23 16:05(1年以上前)

divetoblueさん 
デコード支援に関しては、編集時と、最エンコードのチェックは別だと思います。
SDにしろHDにしろ、デコードでGPUがまともに動いていれば5%ということはありえません。
divetoblueさんの環境でも、エンコードはCPU自体が行い、エンコードはDUDAで行われているのだと思われます。
ビデオカード以外のアクセアレーターとはEDIUSの事でしょうか?
そこまで本格的にやるつもりもありませんし、少なくとも対応をうたって販売している以上、使えてないのはバグでしか無いわけです。
SP1ではAVTサポートとはっきり明記していますし、パッチ以前に出回っているチップで、使えていないのがそもそも問題だし、バグがあって当たり前的な考えはおかしいと思います。
当然、バグ0は無いかもしれませんが、ここまでバグが多いとβテスとしてるのとあまり変わらないレベルです。

書込番号:13167723

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:44件Goodアンサー獲得:7件

2011/06/24 00:29(1年以上前)

740HD購入前さん

「デコード支援」というものについて誤解しており、的外れなことを書いてしまい申し訳ありません。

編集時の支援機能について、ソフト内では「デコードアクセラレーション」という名称となっていますが、これはプレビュー時の再生に対するビデオカードによる支援機能のようですね。

私が多くて5%と記述してしまったのは、通常の編集時(カットしたりトランジションを入れたり等)のことでした。考えてみればプレビュー再生をしなければ、この際にかかる負荷というものはビデオカードの支援が必要になるほど重いようでは、ソフトとして使い物にならないですね。

そこで、改めてプレビュー再生時のGPU使用率を見た限り、20〜30%使っているようでしたので、機能していると判断します。(厳密にデコードってエンコードの逆の意味を指す言葉ですので、コーレルのHPでは「レンダリング支援」と書いていますが、一言書いてあるのみで、何がどれだけというような数値やグラフには出していないですね)

エンコードについてにも言えることなのですが、私が確認材料としているNVIDIA system monitor(v.6.5)を見る限り、真っ先に負荷がかかるのはCPUで、Core i5-750ですがターボブーストが働いて1つのコアのみ70%前後、残りは40%前後。その際にGPUが20〜30%というところです。

新しいチップ(GTX550や560)についての記述は、使用するソフトウェア側についてではなく、ドライバについての言及です。バージョンを重ねてパフォーマンスが上がる場合もありますし、環境によっては特定のバージョンで不具合を起こし、旧バージョンのドライバを使用することもあるので、新しいチップの性能をより引き出せるドライバは、今後バージョンを重ねることで出るかと。と言う意味合いで書きたかったのですが、短すぎましたね・・・。

ビデオカードの諸機能について機能しているか、機能していないかの目安として使用率を見た結果としてはこのような形です。

ここで話を戻しますが、740HD購入前さんは画質が良く、高速でエンコードが可能なものをお探しであったかと思います。

エンコード用の拡張ボードに関して、「そこまで本格的にやるつもりがない」とのことでしたら、ある程度で妥協点を見つけるべきではないでしょうか。
パッケージに「動画編集初心者でも安心」という若葉マークのソフトですので、使いやすさ最優先で、ある程度のクオリティや機能(例えばオーバーレイトラック6本制限であったり)は結構切り捨てられています。

もちろん、フルHD編集が出来ないソフトという訳ではありませんが、エンコードの高速化に関しては、現状ビデオカードでそれほど変わるものではないので、このソフトのままでi7-875K以上の高速化となるとM/Bから変わってしまいますが6コアであるi7-970以上か、話題の「Sandy Bridge」(こちらもこちらで色々ありますが・・・)などでしょうか。

i7-875Kユーザーであれば、そういった無茶振りは許容出来る話ではないかと思いますので、これ以上のクオリティを求めるのであればCPUがハイエンドなのでソフトウェアのハイエンド化はいかがでしょう。

書込番号:13170030

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:42件

2011/06/24 16:41(1年以上前)

divetoblueさん
根本的に誤解されているようですが。
最エンコード時デコードもエンコードもGPU支援機能がまともに使えていれば、CPUに付加はほぼ無い状態のはずです。
もし、エフェクト等の処理を入れればその部分はCPUの使用率が上がると思いますが。
一度エンコード支援のチックボックスを外して動画変換を行いGPUの使用率が上がっていないようであれば、エンコード支援が使えておらず、デコード支援だけが使えているという状況のはずです。
nVIDIAはpureHDという動画再生支援機能(専用演算機)があり、それでエンコードしながら、CUDA+CPUでデコードを行えばかなり高速になるはずです。
今、875Kを8スレッド3.8GHzでまわしていますので、単純にSandyBrigeにしても、CPU自体の演算速度はそれほど変わらず、GPU支援機能(専用演算機)がちゃんと機能しているので、高速化されているのです。
基本的に動画のエンコード、デコードに関してはCPUに苦手とする科学演算が多く含まれており、その部分を専用演算機(アクセアレーター)が受け持つことにより、高速化されるわけです、つまり、コアの数を6に増やしても大した差は出ないと思います。
ちなみに、その辺がちゃんと使えているCyberlinkでは45分のHD動画の最エンコードはN550Tiで、15分で完了します、この間CPU使用率は数%です。
AVTはCUDAほど高速では無い様でHD6870でももう少しかかりますが。

あと、ドライバーの件ですが、ソフトが直接ドライバーをたたいている訳ではなく、ソフトはOS(Windows7)にお願いしてOSがドライバーを駆動しているはずなので、OSがちゃんとドライバーを使えていて、ソフトが使えないのは単なるソフトのバグです。

書込番号:13172054

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:44件Goodアンサー獲得:7件

2011/06/24 21:33(1年以上前)

740HD購入前さん

具体的なご指摘ありがとうございます。

740HD購入前さんの知識深さと、自分では740HD購入前さんへご返信出来るほどのGPUに関しての知識がないことが分かりましたので、この件に関しては私が出しゃばってしまい、740HD購入前さんの貴重なお時間を取らせてしまい申し訳ありませんでした。

このような、ど素人に付き合って頂きありがとうございます。

740HD購入前さんの技術面のお話は中々ついて行けていなかったのですが、この場にてやりとりをさせて頂いて、自分なりにこのスレッド内で分かったことは、「メーカーの謳い文句を信じる前に、実際に編集をする環境を整えてから体験版を使いましょう」と言うことですね。

これにて失礼致します。誠にありがとうございました。

書込番号:13173033

ナイスクチコミ!0


クチコミ一覧を見る


この製品の最安価格を見る

VideoStudio Pro X4 通常版
COREL

VideoStudio Pro X4 通常版

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2011年 4月28日

VideoStudio Pro X4 通常版をお気に入り製品に追加する <15

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

クチコミ掲示板検索



検索対象カテゴリ
を対象として

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

新製品ニュース Headline

更新日:10月15日

新製品ニュースを見る

クチコミ掲示板ランキング

(パソコン)

ユーザー満足度ランキング