『あんまり役に立たない報告』のクチコミ掲示板

2011年 9月下旬 発売

DR-40

24bit/96kHz対応のリニアPCMレコーダー

DR-40 製品画像

拡大

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:オープン
ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • DR-40の価格比較
  • DR-40の店頭購入
  • DR-40のスペック・仕様
  • DR-40のレビュー
  • DR-40のクチコミ
  • DR-40の画像・動画
  • DR-40のピックアップリスト
  • DR-40のオークション

DR-40TASCAM

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2011年 9月下旬

  • DR-40の価格比較
  • DR-40の店頭購入
  • DR-40のスペック・仕様
  • DR-40のレビュー
  • DR-40のクチコミ
  • DR-40の画像・動画
  • DR-40のピックアップリスト
  • DR-40のオークション

『あんまり役に立たない報告』 のクチコミ掲示板

RSS


「DR-40」のクチコミ掲示板に
DR-40を新規書き込みDR-40をヘルプ付 新規書き込み



ナイスクチコミ3

返信4

お気に入りに追加

標準

あんまり役に立たない報告

2014/01/27 21:10(1年以上前)


ICレコーダー > TASCAM > DR-40

殿堂入り金メダル クチコミ投稿数:1592件 DR-40のオーナーDR-40の満足度4

オーディオテクニカのマイクアンプAT-MA2

「あんまり役に立たない」というのは、そんなことをする人は少ないだろうという意味ですが、そういう目的のためには、以下の記事が役に立つと思います。

DR-40とDR-100MKII共通の欠点として、「外部マイクはバランス入力のみ」という点があります。
DR-100MKIIのレビューを見ても、一般用のマイク(ソニーのECM-717)を使うための苦心が分かります。

何の話かというと、DR-40とDR-100MKIIはXLR端子のマイク入力を備えていますが、逆に言えば、XLR端子を持っていない一般のマイクは使えないと言うことです。単に端子の形が合わないという話ではなく、たとえアダプターで端子の形を合わせようと、もともと出力がバランス型でないマイクは使えないのです。

実際にバランス型でないマイクを、端子変換してDR-40につないでみると、「シュルシュルシュル…」というような耳障りなノイズが入って、聴くに堪えない音になります。これは、メーカーサイトにも注意書きとして載っていることです。

(XLR端子のマイク入力を備えていても、アンバランス出力のマイクが使える機種は多く、私が持っているもので使えないのは、ごく安物のミキサーぐらいのものです。最近買ったFOSTEX FR-2LEでも使えます。)

そのままでは、対策は全くありません。
バランス型でないマイク(ソニーやオーディオテクニカでいろいろ出ている、ステレオミニフォン端子付きのマイクなど)は、そのままではどうつないでも実用になりません。

じゃあ、「そのまま」じゃないとはどうするのかというと、間にマイクアンプをかませると言うことです。それに適した機種はズバリ、オーディオテクニカAT-MA2です。

http://www.audio-technica.co.jp/atj/show_model.php?modelId=896

これは、DR-40の2/3ほどの筐体。
基本はACアダプターでの駆動ですが、006Pで問題なく駆動できることを確認しています。
間にこれを入れることによって、種々の外部マイクを使用することができます。

(使い方については次項)

書込番号:17120650

ナイスクチコミ!1


返信する
殿堂入り金メダル クチコミ投稿数:1592件 DR-40のオーナーDR-40の満足度4

2014/01/27 21:49(1年以上前)

RCA-フォン変換プラグ

さて、AT-MA2の使い方ですが、まともに考えれば、AT-MA2の出力端子(RCA端子)からDR-40の入力端子(フォン端子)につなぎ、入力切り替えスイッチは「ライン入力」に設定すると言うことになるでしょう。
(RCA-フォンの変換ケーブルまたは普通のRCAケーブル+RCA-フォンの変換プラグが必要です。)

実際、マイクによってはそれで正常に録音できるのですが、感度の低いマイクの場合、それではうまく行きません。

というのは、AT-MA2はゲインが低く(+50dB)、DR-40は入力レベルが高い(+4dB基準)ので、そのままでは両方のボリュームを最大にしても音量不足になってしまうことが多いのです。

そこでどうするかですが、これはDR-40の入力切り替えを「マイク」に設定すればうまく行きます。

ちょっと待て、マイク入力はバランス型でないとダメなんじゃないか?という疑問が出そうですが、実際それでうまく行くのです。「シュルシュル」というノイズは検知範囲外と言うことで、全く無視できます。

感度の低いダイナミックマイクの場合でも、AT-MA2のゲインつまみを12時ぐらいの位置、DR-40の入力レベルを32ぐらいに設定すれば実用的な音量を得ることができます。AT-MA2を006P駆動とすれば、AC電源なしでDR-40と組み合わせて長時間の録音が可能です。

書込番号:17120897

ナイスクチコミ!0


殿堂入り金メダル クチコミ投稿数:1592件 DR-40のオーナーDR-40の満足度4

2014/01/27 22:31(1年以上前)

FOSTEX ボリュームコントローラー

ところで、今「DR-40の入力レベル32」と、いやに細かいことを書きましたが、これには理由があります。

ちょっと前のレコーダーには、たいていマイク感度HMLという切り替えがありました。ZOOMのH2にもありましたし、最近別スレで書いたようにDR-100MKIIにもやはりHMLの切り替えがあります。

一方DR-40やDR-05、ZOOMならH2nにはそういう切り替えスイッチがありません。
DRの場合は0-90に、H2nの場合は回転ボリュームで0-10に連続的に設定するようになっています。
(タスカムの製品ページではわざわざ「シームレスなゲインコントロール」を製品特長として特筆しているぐらいです。)

このように「感度切り替えスイッチ」はないのですが、実は「感度切り替え」そのものは行っているのです。
DR-40とDR-05の場合は、入力レベル32と33の間で、H2nの場合はボリューム4と5の間で、明らかな不連続があり、そこで入力感度の切り替えを行っていることが分かります。

ただ、「HML」と書きましたが、今のところそれ以外に不連続の箇所を見つけることができません。
もしかしたら、入力感度の切り替えは3段階ではなく2段階なのかも知れません。

いずれにしても、ここでは(比較的低めの)ライン入力をマイク入力で受けるという話ですから、「マイク感度」は当然「L」に設定するのが適切なはずです。つまり、DR-40やDR-05ではレベルを「32以下」、H2nでは「4以下」に設定するのが適切だろうと言うことになります。

DR-05やH2nではラインレベルもマイク入力で受けるしかないので、「入力レベル32以下」「ボリューム4以下」というのは覚えておいた方が良いかも知れません。

なお、ライン出力出力レベルが調整できない場合、そのままマイク入力に信号を入れると、入力レベルをどのように調整しても、それ以前の初段でクリップしてしまいます。そんな場合、抵抗入りケーブルを使うという話もありますが、逆にレベルが低くなりすぎて良い結果が得られないことが多いようです。

そんな場合に使える、非常に便利な製品を見つけました。FOSTEXの「ボリュームコントローラー」です(写真)

http://www.fostex.jp/products/PC-1e

入力はステレオミニフォン端子、出力はRCA端子というちょっと変な構成ですが、実際形が小さくてそれ以上端子をつける余地がないぐらいです。RCA-ステレオミニフォンケーブルを2回重ねるだけと考えれば分かりやすいです。

以上、紆余曲折の「あまり役立たず情報」でした。

書込番号:17121146

ナイスクチコミ!1


殿堂入り金メダル クチコミ投稿数:1592件 DR-40のオーナーDR-40の満足度4

2014/01/27 22:56(1年以上前)

006P電池用スナップ

DCプラグ EIAJ3

一つ忘れてました。
AT-MA2を006P駆動するには、以下の部品と半田付け用具が必要です。

1.006P電池用スナップ

2.DCプラグ EIAJ3

日本橋や秋葉原のパーツショップで売っています。(ネット販売もあります)
私が購入した単価は1が20円ぐらい、2が80円ぐらい+送料でした。

006Pはパナソニックだとかだと結構高いのですが、ダイソーでも売ってます。
両面テープでAT-MA2の上面か側面に貼り付けておくと、扱いが楽になります。

半田付けする際には、必ず「センタープラス(赤)」を確認してください。
もちろんメーカー保証はないので、自己責任ですよ。

書込番号:17121297

ナイスクチコミ!0


殿堂入り金メダル クチコミ投稿数:1592件 DR-40のオーナーDR-40の満足度4

2014/02/06 10:53(1年以上前)

【記事訂正】

このスレで、DR-40について書いたことは全て実際に確かめたことですが、DR-100MKIIについて、DR-40と同じ問題があると書いたのは私の勘違いでした。

DR-40にアンバランス出力のマイクをつなぐと「内部ノイズが出る」という問題と、DR-100MKIIに外部マイク(ECM-717)をつなぐと「ホワイトノイズが気になる」というレビュー記事を混同していました。

ホワイトノイズはマイクアンプのゲインを大きくとったときに必ず現れるもので、それが気になるかどうかは機械の性能と使う目的によります。DR-40の内部ノイズはそれとは違って、仕様上、外部マイク入力にしたときに、マイク端子に何もつながなかったり、アンバランス出力のマイクをつないだりしたら発生するノイズで、バランス出力のマイクを使えば消えます。

間違った情報を流して申し訳ありませんでした。

書込番号:17158143

ナイスクチコミ!1


クチコミ一覧を見る


この製品の最安価格を見る

DR-40
TASCAM

DR-40

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2011年 9月下旬

DR-40をお気に入り製品に追加する <96

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

クチコミ掲示板検索



検索対象カテゴリ
を対象として
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[ICレコーダー]

ICレコーダーの選び方ガイド

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

新製品ニュース Headline

更新日:5月13日

クチコミ掲示板ランキング

(家電)

ユーザー満足度ランキング