『冬期のEVモード走行中に下り坂で勝手にエンジンが始動しませんか』のクチコミ掲示板

> > > > クチコミ掲示板
このページの先頭へ

『冬期のEVモード走行中に下り坂で勝手にエンジンが始動しませんか』 のクチコミ掲示板

RSS

モデルの絞り込みモデル別にクチコミを絞り込めます。

モデル(フルモデルチェンジ単位)クチコミ件数投稿する
プリウスPHV 2017年モデル 4996件 新規書き込み 新規書き込み
プリウスPHV 2011年モデル 429件 新規書き込み 新規書き込み
プリウスPHV(モデル指定なし) 1986件 新規書き込み 新規書き込み

「プリウスPHV」(モデル指定なし)のクチコミ掲示板に
プリウスPHVを新規書き込みプリウスPHVをヘルプ付 新規書き込み



ナイスクチコミ28

返信19

お気に入りに追加

解決済
標準

自動車 > トヨタ > プリウスPHV

クチコミ投稿数:2件

片道30kmの道のり約40分をかけてプリウスPHVで通勤している者です。ルート上には2つの峠がありますが、冬期以外はEVモードのまま往復可能です。しかし冬期になると、峠の下り坂でエンジンが勝手に始動するようになりました。それぞれの峠の概ね同じ場所で始動します。往路は2回始動し、1回目は暖機運転が終了する約5分後に、2回目は約2分でEVモードに戻ります。復路は1回始動します。
念のためディーラーに相談し、検査機器を付けてモニターしてみましたが異常はないとのこと。ディーラー曰く、「低温でバッテリーの化学反応が鈍くなり、充電能力が低下しているためエンジンを始動して放電している」。成程、そんなものかとその時は納得しましたが、参考までにPHVユーザー皆様の状況が知りたく投稿しました。因みに氷点下まで気温が下がることは滅多にない土地です。

書込番号:22453846

ナイスクチコミ!3


返信する
watamamoさん
クチコミ投稿数:144件Goodアンサー獲得:8件

2019/02/09 17:42(11ヶ月以上前)

>いなかの親父さん
こんにちは、
わたしはAグレードを所有してますが、やはりEVモードでエンジンがかかることはあります。ただ、わたしはあまり気にしていないです。というか、クルマに問題がないのでという感じでしょうか。逆に、いなかの親父さんのスレを拝読してわたしも不安になりそうです。

書込番号:22453910 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!2


クチコミ投稿数:2件

2019/02/09 19:49(11ヶ月以上前)

>watamamoさん
早速のお返事感謝です。自分以外の状況を把握できてよかったです。ただ私の場合は、購入年の昨冬より今冬の発生頻度が高くなっているのが不安要因です。

書込番号:22454226 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!1


akaboさん
クチコミ投稿数:814件Goodアンサー獲得:30件

2019/02/10 04:43(11ヶ月以上前)

興味深い症状ですね。

単純に,2回目の冬ということならば,新品の時よりも充電できる電力量が減った,低温で電池の能力が発揮できていないという可能性があるのかなという感想を持ちました。

電力を貯めておけなくなって,電気を捨てているのかもしれません。

「何パーセント電池が劣化しました」という回答を出すようなことはないでしょうから。

バッテリーEVよりは制御が複雑化して,このようなことが起きるのかも知れません。年数が浅いですし,トヨタも良く分かっていないのかも?

自分だったら,暖房の入れ方を変えてみて,何か変化が起こるか試してみたりするかな。

書込番号:22455180

ナイスクチコミ!3


クチコミ投稿数:1375件Goodアンサー獲得:97件

2019/02/10 09:12(11ヶ月以上前)

>いなかの親父さん
下り坂でエンジンがかかるということならやはり回生ブレーキが効くように電気を棄てていると考えられますね
私はリーフですがバッテリー残量が多い状態でバッテリ温度が低いと回生ブレーキの効きが弱くなります。
たとえば、通年で自宅満充電で出発するとしばらくは回生ブレーキが全く効きません。
平坦地や上りならあまり気になりませんが、家が高台にあるのでフットブレーキを多用しながらゆっくり下ります。
バッテリーの電気が消費されるに従って徐々に回生ブレーキが効くようになってきます。
ところが冬場はかなり残量が減るまで回生ブレーキの効きが最大にならないのです。
旧型でも乗り換えた新型でも同じでバッテリー保護の為と思っています。
プリウスPHVは同じような状況で発電機モーターでエンジンを回して回生分の電気を消費する仕様になっているのかもしれません。
リーフはエンジンがないのでエンジンを回して消費することはできませんが、エンジンがあるe-POWERはそうなっています。
一度満充電しないで半分程度の充電で自宅を出られて往路で症状が出るかどうか確認されたらいかがでしょうか?

書込番号:22455484

ナイスクチコミ!3


R.Shimanoさん
クチコミ投稿数:117件Goodアンサー獲得:7件

2019/02/10 09:17(11ヶ月以上前)

>いなかの親父さん
冬とは限らないのですが、下り坂でEVモード時にエンジンが始動することはありました。

私の場合、平日の通勤はEVモードのみで往復25キロです。時折、週末、出かける時に下り坂、だいたいですが、標高差100m、距離2kmぐらい。最後の方でエンジンがかかる時とそうでない時があります。バッテリーは残量が70%ほどでした。

平日はエンジンがかからないので、1000キロとか2000キロとか一回に定期的にエンジンを始動するプログラムが走ってるのかなとか、下りで回生できずに、エンジンブレーキが作動しているのかなという感じでしょうか。

特に異常な動作とも思えませんが、普段エンジンを使わないので、私としては定期的な動作は歓迎です。エンジンも使わないと故障が早くなる気がします。

書込番号:22455495 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!2


galeaoさん
クチコミ投稿数:216件Goodアンサー獲得:5件 縁側-プリウスPHV詳細取説(または技術マニュアル)の掲示板

2019/02/12 11:59(11ヶ月以上前)

>いなかの親父さん

>ディーラー曰く、「低温でバッテリーの化学反応が鈍くなり、充電能力が低下しているためエンジンを始動して放電している」。

「…充電能力が低下している」までは理解できるのですが、後半の、「エンジンを始動して放電している」という部分がわかりません。駆動用バッテリー容量が一杯で回生ブレーキの負荷にならなくなり、代わりの制動力補助としてエンジンブレーキを用いるためにエンジンを回す、ということはありますが、これは放電とは無関係のように思います。

書込番号:22461100

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:67件Goodアンサー獲得:2件

2019/02/15 22:26(11ヶ月以上前)

>いなかの親父さん、皆さん
 こんばんは。私の車は、平坦路や上り坂でもエンジンがかかることがたまにあります。一昨日の夜もそうでした。
そのときの状況は以下の通りです。
 ・午後7時過ぎに乗車。外気温4℃。バッテリー残量79%
 ・乗車8分ほど前にリモートエアコン起動。温度設定「最大で暖める」
 ・出発後、数百メートル緩い登り坂や平坦路を走りましたが、その間2〜3分、エンジンが回っていました。

書込番号:22469155

ナイスクチコミ!1


galeaoさん
クチコミ投稿数:216件Goodアンサー獲得:5件 縁側-プリウスPHV詳細取説(または技術マニュアル)の掲示板

2019/02/22 14:15(11ヶ月以上前)

>いなかの親父さん
>watamamoさん
>R.Shimanoさん
>バンブーソードさん

EVモードでエンジンが始動する十分条件はいくつかありますが、自分のプリウスPHVでは「時速135キロ以上」とか「急加速時」といったようなパワーが必要な場合を除いてエンジンが掛かった経験が一回もありません。他に「HVシステムが低温の時」や「外気温がマイナス10度以下」などもありますが、だったら始動後すぐにエンジンが掛かってもおかしくないのに、多くの方々はしばらく走ったのちにエンジンが掛かっています。

残るは「フロントウィンドウの曇り止めスイッチがON」の条件。経験ではこれがONでも必ず とは言えませんが、比較的高い頻度でエンジンが掛かります。とくにリモートで暖房すると除湿暖房にならないようで、直後に運転しようとするとウィンドウ真っ白 という状況は経験しています。この曇りを取るためにスイッチオンしてませんでしたか?

それと、回生ができないくらいにバッテリー電力が一杯で、代替手段としてのエンブレのためのエンジン始動の可能性も考えられますが、ここのクチコミ掲示板の記事を読む限り、MIDのEV%表示が100%で、それでもまだ下り坂が続くような状況で初めてエンジンが掛かる(もしかしたら点火系もOFFでモータリングしてるだけかも)もののようです。

書込番号:22485498

ナイスクチコミ!1


watamamoさん
クチコミ投稿数:144件Goodアンサー獲得:8件

2019/02/22 15:04(11ヶ月以上前)

>galeaoさん
こんにちは
コメント読ませて頂きました。とても興味深く感じました。わたしも山道を登るときEVモードでエンジンが始動します。これもパワーが必要だというでしょう。また、galeaoさんが言われること、わたし自身普段からあまり気にしてませんでした。今度、galeaoさんが言われる現象が表れるか注意してみます。

書込番号:22485571 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:854件Goodアンサー獲得:34件

2019/02/22 19:08(11ヶ月以上前)

PHV車には乗った事がないのですが、
エンジンが始動すると、何か問題があるので
しょうか?

すみません。素朴な疑問です。

書込番号:22485989 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!2


watamamoさん
クチコミ投稿数:144件Goodアンサー獲得:8件

2019/02/22 20:27(11ヶ月以上前)

すみません。
わたしの投稿文に誤りがありました。
「これもパワーが必要だというでしょう。」は「これもパワーが必要だということでしょう。」と訂正します。大変失礼しました。

>Martin HD-28Vさん
今晩は
Martin HD-28Vさんのご質問に対するわたしの答えですが、エンジンが始動して特に問題があるということはありません。1年以上PHVに乗っていますが。また、ガソリンエンジン(HV)で走ることもあります。ただ、わたし的にはなるべくEVモードで走りたいという気持ちはあります。EVの方がエンジンで走るより力強く、加速が良いですから。だったらEV車に乗ったらと言われそうですが、わたしは充電ポイントが少ない、充電に時間がかかる、走行距離がガソリン車に比べて短いなど、まだEV車には不安があります。いずれはEV車が普及するでしょうが、いまはわたし的にはPHVが良いのです。

書込番号:22486133 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!3


クチコミ投稿数:1375件Goodアンサー獲得:97件

2019/02/22 20:38(11ヶ月以上前)

>galeaoさん
>ここのクチコミ掲示板の記事を読む限り、MIDのEV%表示が100%で、
>それでもまだ下り坂が続くような状況で初めてエンジンが掛かる
>(もしかしたら点火系もOFFでモータリングしてるだけかも)もののようです。
私が思いますのは100%でという条件は真冬以外の季節だと思います。
EVバッテリーの特性としてバッテリー温度が低いと回生制限も急速充電制限ももっと充電率が低い時点から始まります。 
プリウスPHVでも真冬には急速充電で少ししか充電できない事象のスレがありますから同じだと思います。
その為、平温時では100%でしか起こらない事象がバッテリー温度が低い真冬には70%程度の充電率でも発生するのではないでしょうか?
もちろんエンジンが回っていても燃料は供給されていないと思います。
低温で回生制限が掛かり減速力が弱いのでそれをエンジンブレーキで補助しているというのが正解かもです。

書込番号:22486163

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:854件Goodアンサー獲得:34件

2019/02/22 20:38(11ヶ月以上前)

>watamamoさん
ご丁寧に有難うございました。
確かに、エンジン始動せず、スーっと走る方が
良い感じがします。

HV車は運転した事がありますが、EVマークが
消えてエンジン始動した際、もっとEVのままで!
と思ったのですが、正にその感じなのでしょうね。

書込番号:22486166 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:67件Goodアンサー獲得:2件

2019/02/23 00:11(11ヶ月以上前)

>galeaoさん
デフロスターはOFFです。

EVモードでも、アクセルを深く踏み込めばエンジンがかかることは、私も承知しています。
実際これまでに何度も経験しています。

今回報告したのは、それとは違います。私の職場は住宅街の中にあるため、そこを抜ける
までは常に40km/h未満で走行しています。ですからアクセル開度はそれほど深くありませ
ん。それなのにエンジンがかかることがあるので、なぜかなと思っています。

書込番号:22486706

ナイスクチコミ!0


galeaoさん
クチコミ投稿数:216件Goodアンサー獲得:5件 縁側-プリウスPHV詳細取説(または技術マニュアル)の掲示板

2019/02/25 17:13(10ヶ月以上前)

>皆様

このスレの質問を読んで興味が湧き、ずっと考えてきたのですがうまく説明できる答えが思い浮かびません。

思いつくのは下記の3点なのですが、それぞれに反証がありどれも決定的ではありません。低温時固有の特性として、バッテリーの充放電に(温暖時と比べて)制限があるだろうことと、曇り止めのための熱源が必要では、と考えたのですが(他にもありましたらご指摘お願いします);

イ. 回生ブレーキ(充電):低温のためあまり大電流を受け入れられなくなるので、代わりにエンジンブレーキで補助するためエンジン始動する。SOC が高いと一層エンジン始動の頻度が高くなる。

ロ. 加速(放電):上記回生ブレーキ同様に低温のため大電流での放電に制限がかかってしまいモーターだけでは加速が足りず、加速時の補助動力源としてエンジンが始動する。

ハ. 曇り止め:寒冷時はフロントウィンドウ室内側の曇りが発生しやすく、ヒートポンプエアコンだけでは曇り取り能力が不足するため、暖房源としてエンジン始動により冷却水を加温してこれを除湿暖房に使う。

いずれも当初は説得力がありそうだと思えたのですが、反証が存在します。

イ.は、冬場は MID の EV% 表示で 70 とか 80% でエンブレになるのだとしたら、普通充電で一杯まで充電(EV%表示100%)すると、直後はみなさん回生失効してエンブレ状態になってもおかしくはありません。でも現実には回生失効しない人もいます(私など)。だからこれ単独の理由ではエンジン始動はしないと思われ、他に何か別の条件が存在するものと考えられます。

ロ.は上記イ.と比べるとアクセルの踏み方に個人差が出るので、エンジン始動する人としない人がいてもおかしくはありません。ですが、私のPHVの場合と前置きしますが冬場でも相当な加速(感覚的にはアクセル開度80%くらいかな)をしなければエンジン始動しません。また、バンブーソードさんのように踏み込んでなくてもエンジン始動の事例もあり、これの説明がつきません。

ハ.プリウスPHVにはガラス表面温度と表面近傍の湿度のセンサがあり、AUTOにしておけば曇りが発生しやすい条件になると風の吹き出し口を変えたりA/CをONにする等の対策を行います。この曇り対策の延長の、より強力な除曇対策としてエンジンONにより温水を作りこれを除湿に利用する、というのも考えられなくはないですが、自分のPHVの経験ではAUTO でかつ A/C オンにしてもエンジンが掛かったことは今までなく、曇るときは曇ります(だから曇り止めスイッチがあるのでは)。

それに、この曇り止め対策としてのエンジン始動説では、下り坂などの いつも似たような場所でエンジン始動が発生することの説明ができません。

そんなこんなで私の考察は行き詰まってしまいました。途中経過を書き込みますことご容赦ください。どなたかお助けを…

書込番号:22493212

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:539件Goodアンサー獲得:14件

2019/02/25 17:54(10ヶ月以上前)

EVモードでエンジンが始動する条件を調べてみました。


HVバッテリの電池残量が残っていても以下の条件などではエンジンが始動することがあります。

・車速が約135km/h 以上のとき
 →流石にモーターだけでは加速できないので。。。

・アクセルペダルを大きく踏み込んだときや急加速時など、一時的にパワーが必要なとき
 →75km/h以上でアクセルを大きく踏む込むとエンジンがかかります。

・ハイブリッドシステムが高温のとき
 →これ以上電池に熱を持たせないようにするため。

・炎天下に駐車したあとや、登降坂・高速走行後など
 →上記に同じ

・ハイブリッドシステムが低温のとき
 →温度が低いと大電流を引き出したり、充電が出来ないため

・外気温が約− 10 ℃を下まわる状態で暖房を使用したとき
 →効率の問題もありますが、寒冷地仕様や業務用のものでないと-10℃以下の環境では・・・

・デフロスタスイッチを押したとき
→エンジン熱に勝るものは無い・・・

・ガソリンエンジンの始動が必要であるとシステムが判断したとき
→長期間エンジンを回さないとオイルが落ち切ってしまうので、保護の為にエンジンを回す機構が入ってます。


以上のことから、冬季の為にバッテリーの温度が低く、大電流を流せないためにエンジンを直結させエンジンブレーキ
エンジン保護の為に一定条件(恐らく水温が基準)をクリアしたらEVモードに戻るということだと思います。

書込番号:22493284

ナイスクチコミ!0


galeaoさん
クチコミ投稿数:216件Goodアンサー獲得:5件 縁側-プリウスPHV詳細取説(または技術マニュアル)の掲示板

2019/02/25 19:20(10ヶ月以上前)

>銀翼の奇術師☆さん

御例示ありがとうございます!
取説書にも同様な記述がありますが、説明不足の感がありましたところ、解説をしてくださり理解が深まりました。

しかし、読ませていただいた後でも、このスレに登場されてエンジンが掛かった経験のある方はどの項目に相当するのかがいまいちわからないのです。

いなかの親父さんは冬場で下り坂のとき比較的再現性高くエンジンが掛かる、R.Shimanoさんは冬とは限らないが下り坂で、バンブーソードさんは坂道に関係なく…

もしかしたら皆さんEVモードでも比較的頻繁にエンジン始動の経験をお持ちで、急加速時以外にエンジン始動経験がないのは私だけ、なのかもしれません…

書込番号:22493442

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:539件Goodアンサー獲得:14件

2019/02/25 21:21(10ヶ月以上前)

>galeaoさん
エンジンが始動する条件ひとつだけとは限らず、複数が絡む場合もあります。

例えば、春や秋にEVモードにおいて70km/hで巡行中、アクセルを少し強めに踏めばエンジンが始動しするので、
緩やかにアクセルを踏めば、EVモードのまま130km/hくらいまではEVモードのままで行けます。

ところが、冬(10℃以下)の場合、EV走行可能残量が10パーセント超えていても、
0-50km/hのスタートダッシュを行うべく、最初からべた踏みに近い状態での加速だとエンジンがかかることが多くなってきます。

要は、HVバッテリーの温度が低ければ、取り出したり、充電したりする電力が減ってしまうので、エンジンで補っているのです。

夏場の急速充電はEV駆動用0%スタート80%完了で、約15分程度ですが、
冬場の急速充電では、EV駆動用0%スタート80%完了で、約30分程度かかる事があります。(外気温5℃)
その時の電流値が、夏場:50A、冬場27〜30Aというような感じでした。


回生ブレーキに関しては、急速充電並みの電力が電池へ、
急加速に関しては、急速充電以上の電力が電池からモータへと流れます。

また、PHVの回生ブレーキの力はかなり強力で、高速から中速まではほとんどが回生ブレーキが担当します。
メーターの回生ゲージを超えた分が油圧ブレーキとして作動し、減速を行ってます。
PHVに乗り慣れた感覚でMIRAIを運転すると、MIRAIの回生力の無さをかなり実感できます(笑)

書込番号:22493763

Goodアンサーナイスクチコミ!2


クチコミ投稿数:1件Goodアンサー獲得:1件

2019/03/03 15:34(10ヶ月以上前)

このクチコミを拝見したので投稿させていただきます。初投稿なので、お見苦しい点はご容赦ください。

先月、同様の症状でメーカーに問い合わせしたところ、メーカーからディーラーへ連絡をしていただき、ちょうど昨日点検から帰ってきました。

僕の場合ですが、片道19kmの通勤で500mほど登ったところにある職場からの帰り、2〜3分下り坂を走るとエンジンがかかります。
購入したのは一昨年ですが、その年の秋に発生しました。どうやら外気温約17℃を下回ると高確率で発生するようです。一度だけ25℃で発生したこともありますが、この時期はほぼ毎回です。
また、エンジンがかかる時、ブレーキの効きが少し弱くなります。もちろんその時はEV走行中ですが、センターメーター中央部のEVマークは消え、エネルギーモニターのエンジンマークに変化は無く、エネルギーの流れを示す矢印は緑色の回生発電しか出ません。
レーダー探知機のモニターで確認すると、20kw前後だった回生発電量は11kw前後までしか上がらなくなります。シフトをDからBにしたり停車しても、ガソリンを消費しながらエンジンは水温約40℃になるまで回っています。でもたまに数秒でエンジンが止まり、また数秒後にエンジン始動を数回繰り返すこともあります。これらの症状はエアコンの温度設定やON・OFF、EVモードやHVモードに関係なく発生します。さらに停車後一度システムを十数秒間OFFしても再発することがあります。

先々週、ディーラーで検査機器を一週間つけてデータを取り、先週、点検とデータの解析をしつつ代車のPHVで走行したところ、やはり毎回同じ現象が起きました。
ディーラーでの解析の結果、なぜかエンジンの暖気信号が入ってるとのことです。ディーラーのサービス本部でも理由がわからず、メーカーに問い合わせるらしいですが、教えてくれないかもしれないと言っていました。
今週中にディーラーが連絡してくれますが、有用な情報でしたらまた投稿させていただきます。

僕個人では銀翼の奇術師さんの仰るように、低温時の回生発電量が一定量を超えるとエンジン始動に繋がるのだと思いますが、なぜわざわざ燃料を使わせるのか理由がわかりません。設定上のバグじゃないことを祈ります。

書込番号:22506407

Goodアンサーナイスクチコミ!2


クチコミ一覧を見る


価格.com Q&Aを見る

この製品の価格帯を見る

プリウスPHV
トヨタ

プリウスPHV

新車価格帯:323〜434万円

中古車価格帯:59〜395万円

プリウスPHVをお気に入り製品に追加する <311

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

この車種とよく比較される車種の中古車

クチコミ掲示板検索



検索対象カテゴリ
を対象として

新着ピックアップリスト

新製品ニュース Headline

更新日:1月17日

クチコミ掲示板ランキング

(自動車)

ユーザー満足度ランキング