『100V充電効率について』のクチコミ掲示板

> > > > クチコミ掲示板
このページの先頭へ

『100V充電効率について』 のクチコミ掲示板

RSS

モデルの絞り込みモデル別にクチコミを絞り込めます。

モデル(フルモデルチェンジ単位)クチコミ件数投稿する
プリウスPHV 2017年モデル 4472件 新規書き込み 新規書き込み
プリウスPHV 2011年モデル 398件 新規書き込み 新規書き込み
プリウスPHV(モデル指定なし) 1882件 新規書き込み 新規書き込み

「プリウスPHV」(モデル指定なし)のクチコミ掲示板に
プリウスPHVを新規書き込みプリウスPHVをヘルプ付 新規書き込み



ナイスクチコミ75

返信77

お気に入りに追加

標準

100V充電効率について

2019/06/20 14:37(1ヶ月以上前)


自動車 > トヨタ > プリウスPHV

スレ主 CWih7さん
クチコミ投稿数:40件

充電入力電力と出力電力の散布図

駆動バッテリーのHV、EV領域

100V充電の効率を2018/7から2019/6までの間で計測した。
結果--->出力(kwh)=入力kwh×0.7050 + 0.0297(kwh) (相関係数=0.9989) N=34 -->投稿画像参照
100V充電は時間が長く、効率70.5%で悪いです。
タイヤはオプションの17インチですのでさらに電費は悪いです。
充電電力(kwh)に対する走行可能距離は
1月 4.69km/kwh →5.76円/km (ガソリン換算 140円/L 24.3km/L)
エアコン負荷率 16% エアコン0%と仮定 5.90km/kwh
6月 6.01km/kwh →4.49円/km (ガソリン換算 140円/L 31.2km/L)
エアコン負荷率 9%. エアコン0%と仮定 6.60km/kwh
設置費用は安いですが、毎日でも利用する方は200Vを選択すべきです。
電費を気にする人は標準タイヤにした方が良いです。
わかった事
1. 充電効率は温度に依存しない。ただし100V充電
2. EVモード0%から100%でEV出力可能なエネルギーは概ね5.6kwh (-0 ,+0.1)です。
3. HVモードとEVモードの閾値は3.1kwh(-0 ,+0.1)になる。8.8kwhの35%の位置。
CHADEMO充電開始時の%に合致する。88%で充電完了(PHV側80%)
CHADEMO供給電力4.6kwh (5.6kwh、5.7kwhの80%は4.48kwh、4.56kwh)
差は損失か? 多くて2%か? -->投稿画像参照
4. 電費は温度に影響する(1月、6月の結果)
data の取り込み手順
1. 最初にフル充電をする。加算メモリーをリセット
2. EV走行を行う。
hvモード、チャージモードで走行した場合はデータを破棄し、1.へ戻る。
エコダイアリーから毎日のkm/kwh、走行距離kmからその日の消費電力を得る。
加算メモリーに消費電力を加算する
0.3から5.6kwhの間で、目的のkwhになるまで2.から繰り返す。
フル充電をする。メールで開始、終了時間から充電時間を求める。
充電電力=0.6kw掛ける充電時間(H)→入力
これで一組の(入力-目的のkwh)データが求まる。
加算メモリーをリセットする。
2.から再び繰り返す。

書込番号:22747903

ナイスクチコミ!5


返信する
NSR750Rさん
クチコミ投稿数:708件Goodアンサー獲得:23件

2019/06/20 15:07(1ヶ月以上前)

リチウム充電池は100%充電しないほうが寿命がながくなる、80%で止めるほうがいい。

ただし100%とは言えない、充電可能領域の100%かもしれない。

書込番号:22747949

ナイスクチコミ!3


クチコミ投稿数:132件Goodアンサー獲得:1件

2019/06/20 19:02(1ヶ月以上前)

この車はSOC83%がモニター100%に相当しますよ

書込番号:22748294 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!1


スレ主 CWih7さん
クチコミ投稿数:40件

2019/06/20 19:24(1ヶ月以上前)

>忍たま欄汰朗さん
socとはなんですか?
あなたの考えているバッテリー容量8.8kwhのhv領域、ev領域を
示してください。
そして根拠を示してください。

書込番号:22748342

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:132件Goodアンサー獲得:1件

2019/06/20 20:17(1ヶ月以上前)

SOCとは充電率です、電池全体の容量の何%充電出来ているかを表示するものです。ほかにSOH(劣化の割合)なんてのもあります
Wikipediaで詳しく解説ありますのでご参照ください

電池の割り振りですがOBD2なるアダプターがありそこからSOC、消費電力、エンジン回転数など出力する機器があります。
詳しくはこのカテゴリーにありますのでご覧になって下さい
EV領域は(8.8kwh)83%~13%です。13%から下がHVのバッテリーになってます。

書込番号:22748456 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!1


スレ主 CWih7さん
クチコミ投稿数:40件

2019/06/20 21:02(1ヶ月以上前)

パネルのバッテリーアイコンを見てください。
hvとevの閾値が13%とは信じられません。
30%以上あります。

書込番号:22748564

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:132件Goodアンサー獲得:1件

2019/06/20 21:24(1ヶ月以上前)

https://s.kakaku.com/bbs/K0000938701/SortID=21851427/
https://s.kakaku.com/bbs/K0000938701/SortID=21845623/
こちらご参照ください

書込番号:22748632 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!2


クチコミ投稿数:25件Goodアンサー獲得:2件

2019/06/20 22:55(1ヶ月以上前)

去年11月に出尽くした話題。
トヨタの正規の回答は企業秘密。
だからいろんな電気屋さんが〜いくらここでディスカッションしてもすべて憶測。

書込番号:22748868 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!5


クチコミ投稿数:132件Goodアンサー獲得:1件

2019/06/21 06:25

>スーパーフォクスバットさん
ここのスレッドはあーだこーだ楽しむスレッドだと思ってたのですが?
基本はメーカーの人ではないので自身の体験や機器を使った検証を書き込みするものだと思いましたが?

書込番号:22749201 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!6


galeaoさん
クチコミ投稿数:206件Goodアンサー獲得:5件 縁側-プリウスPHV詳細取説(または技術マニュアル)の掲示板

2019/06/21 11:33

プリウスPHVの駆動用バッテリーの容量は8.8 kWh であることは間違いありません。

ですが、MID (Multi Information Display) に表示される残量%の値が100%になっても容量一杯の 8.8kWh 充電されているわけではなく、もう少し充電可能な余地が残されているのではないかと思われる事象がいくつか報告され、この掲示板に集ういろいろな方たちがいろいろな機器を用いるなどして調べてくれた結果、8.8kWhを100とした本当の充電率 (SOC) は 83%くらいではなかろうか、ということになっています。

同様にMID表示0%でも「からっぽ」ではなく、実容量で 13%くらいは残っていると推定されています。つまり現行プリウスPHVは下側13%と上側17%を除いた真ん中の70%だけを常用しているということになります。

学会の論文ではありませんので査読や審査を経てはいませんが、スレッド読んだ限りで私は信頼できる結果だと思っています。

書込番号:22749584

ナイスクチコミ!4


スレ主 CWih7さん
クチコミ投稿数:40件

2019/06/21 13:02

prius phv取扱説明書(2017年2月16日 2版)
page 261 駆動用電池容量の図を見てください。
閾値が0.13/0.83=15.6%相当しますか。
少なくても30%以上あります。
この矛盾を説明してください。

著作権があるのでコピーは載せません。

書込番号:22749744

ナイスクチコミ!0


galeaoさん
クチコミ投稿数:206件Goodアンサー獲得:5件 縁側-プリウスPHV詳細取説(または技術マニュアル)の掲示板

2019/06/21 13:45

>CWih7さん

この261ページの絵にあるバーグラフ状の表示高さはMID に表示されるEV残%と概ね一致(下の閾で30%、上限で100%)していますから、それはそれでよいのではないですか。

忍たま欄汰朗 さんは、本当の(バッテリー総容量8.8kWhに対する)残量(すなわちSOC)は、MID に100%と表示されるときおよそ83%、MID 30%のときおよそ13%ですよと言っておられるだけだと思います。

書込番号:22749799

ナイスクチコミ!0


スレ主 CWih7さん
クチコミ投稿数:40件

2019/06/21 14:03

>galeaoさん
それでは、ev領域、hv領域のエネルギはそれぞれ?kwhですか?

書込番号:22749817

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:132件Goodアンサー獲得:1件

2019/06/21 14:06

>CWih7さん
IO30PH084bの図の事でしょうか?
他のHVのMID表示同様満充電表示でもSOCではまだ上に余裕がある状態ですので表示の電池の図はあくまで目安的なものでないでしょうか?

あとスレッドを見直してある仮説が浮かんで来ました
MID0%の時QCで残り残量30%なのは偶然?にもHV領域13%+保護上限17%の合計でトヨタ側のプログラム制御でQC時にMID80%で停止させるプログラムではないかと勝手に想像しました
そうしないと本来は30分80%充電出来るはずなので8.8kwhだと80%の7kwhほど充電することになり満充電させる事になります
(実際には充電速度はおちるので満充電にはならないと)
バッテリーは8.8kwhの70%をQCで80%充電するとおおよそ5kwhなので強引ですが辻褄は合うような会わないような

あくまで素人が考えた事なので証明、実証は出来ないので悪しからず

書込番号:22749823 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!0


スレ主 CWih7さん
クチコミ投稿数:40件

2019/06/21 14:20

>忍たま欄汰朗さん
トヨタが目安で適当に製造しますか?
自分はsocを読む機器を持っていないので、priusから得られるデータだけで検証しています。
とにかく、8.8kwhの内訳を提示してください。

書込番号:22749839

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:25件Goodアンサー獲得:3件

2019/06/21 14:22

EV走行換算距離68.2km、15インチタイヤ装着車の電力消費率10.54km/kWh。
68.2/10.54≒6.47
EV走行換算距離55.2km、17インチタイヤ装着車の電力消費率8.65km/kWh。
55.2/8.65≒=6.38

6.47/8.8≒0.735
6.38/8.8≒0.725
8.8kwh容量の駆動バッテリーのうち、EV走行での使用容量は73%前後ってことですかね?

 走行環境にも左右されるでしょうけど、こんな単純な計算でいいのかな??

書込番号:22749842

ナイスクチコミ!0


galeaoさん
クチコミ投稿数:206件Goodアンサー獲得:5件 縁側-プリウスPHV詳細取説(または技術マニュアル)の掲示板

2019/06/21 14:45

>CWih7さん

>それでは、ev領域、hv領域のエネルギはそれぞれ?kwhですか?

各種の誤差を無視して電卓表示値を書きますが、総容量の13%と17%、kWh だとそれぞれ 1.14、1.50 kWh だと思います。

合わせて2.64kWh、総容量8.8から引くと6.16kWh、これが MID 表示で0から100%の容量では。

ただし上記 6.16 はバッテリー端子におけるものであり、家庭のコンセント端子でみたらどうかというと、充電器の効率が93%程度と見積もると6.16 / 0.93 = 6.62 kWh。カタログ上の充電時消費電力は6.47ですから、まあまあ一致していると考えてよいのでは。

書込番号:22749867

ナイスクチコミ!1


スレ主 CWih7さん
クチコミ投稿数:40件

2019/06/21 14:49

>忍たま欄汰朗さん
evからhvに変わった時、200m先にCHAdeMOがあったので、
充電しました。
それは日産製で、電池容量の%が表示されます。
最初は35%を示し、充電完了時点で、88%です。(この値はprius phvからのデータと思われる)
そして、充電電力は4.6kwhでした。
また、プリウス内のバッテリー容量は80%でした。
本当にあなた方がsoc=83が8.8kwhであるこをどのようにして
検証したのですか?

書込番号:22749878

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:25件Goodアンサー獲得:3件

2019/06/21 14:51

あ、取説や実際のメーター表示が30%以上に「見える」ってことなのかな?
だから機器類で表示された数字とメーターの表示が違うとおっしゃってるのかな?
私はメーター表示はデフォルメされたものと認識して参考程度にしてました。

書込番号:22749884

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:132件Goodアンサー獲得:1件

2019/06/21 15:02

>CWih7さん
あの電池の図が精巧に作る意図はありますか?
もし精密に表示を出す場合は数字のほうがよいのでは?
精密に出せない理由があると思います
リーフも12のセグメントで電池の容量を出してますよね
あくまでも目安的なものだと思います
上のお二人が内訳を出してくれてますがいかがですか?
私もお二人の意見と同じく思います

書込番号:22749893 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!2


スレ主 CWih7さん
クチコミ投稿数:40件

2019/06/21 15:05

>hybrid-hibiさん
>あ、取説や実際のメーター表示が30%以上に「見える」ってことなのかな?
そうです。
>だから機器類で表示された数字とメーターの表示が違うとおっしゃってるのかな?
そうです。

書込番号:22749898

ナイスクチコミ!0


スレ主 CWih7さん
クチコミ投稿数:40件

2019/06/21 15:07

>忍たま欄汰朗さん
答えになっていません。

書込番号:22749901

ナイスクチコミ!0


スレ主 CWih7さん
クチコミ投稿数:40件

2019/06/21 15:19

>galeaoさん
0からA0kwh 非侵入領域1 soc の値 midの値
A0からA1kwh. hv領域 socの値 midの値
A1からA2kwh ev領域 socの値 midの値
A2からA3kwh. マージン socの値 midの値
このように誰が見てもわかりやすく書いてください。

書込番号:22749917

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:25件Goodアンサー獲得:3件

2019/06/21 15:21

>CWih7さん
そういうことだったのですね。
私はほとんど参考にしていませんでした。
せいぜい充電時にマイルームモードにして、残量表示が徐々に増えていくのを楽しんでいる程度です。
正確には残量%表示または航続可能距離表示にして目安としております。
 欲を言えば残量0%からの充電時もマイルームモードにしてくれる余力を残してほしい・・・

書込番号:22749921

ナイスクチコミ!1


スレ主 CWih7さん
クチコミ投稿数:40件

2019/06/21 15:24

>galeaoさん
hvとev合わせて70%ですか?
70%は6.16kwhです。
hvは0ですか?
おかしいですね。

書込番号:22749932

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:132件Goodアンサー獲得:1件

2019/06/21 16:16

だいぶ色んな数字がごちゃごちゃして主さん混乱してるみたいですね
まず急速充電で35%から88%になったとの事ですね
53%充電できたので8.8kwhの53%は4.6kwhで充電量は一致されてますね。MID80%との事ですので100%にするには1.2kwhほど充電すれば100%になりますね
季節や温度により6kwh~6.5kwhがMID0~100%と言う仮定が出来ますね(多少の誤差はあります)
残りの30%(2.5kwh)は下限にあるのではなく上限にも割り振ってあると想像出来ます
その根拠がHV走行に切り替わる時のODBからの測定SOCが13%と言う事ですね


8.8kwhのSOC83%がMID100%と言う事ですよ
これは機器を使用して確認してますので否定のしようがないと思います


書込番号:22750013 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!4


スレ主 CWih7さん
クチコミ投稿数:40件

2019/06/21 16:42

>忍たま欄汰朗さん
chademoに表示された35はMIDでは0%、88はMIDでは80%
chademo表示100の時は、MID100%になります。計算上 あなたがおっしゃる通り。
そうすると100−35の値は、4.6 + 1.2になります。すなわち5.8kwh
そして、chademo35は35/65×5.8/100=3.1です。
トータルすると 5.8+3.1=8.8です。
あなたは35を無視しています。

書込番号:22750058

ナイスクチコミ!0


galeaoさん
クチコミ投稿数:206件Goodアンサー獲得:5件 縁側-プリウスPHV詳細取説(または技術マニュアル)の掲示板

2019/06/21 16:52

>CWih7さん

>hvとev合わせて70%ですか?
>70%は6.16kwhです。
>hvは0ですか?
>おかしいですね。

間違えました。

>それでは、ev領域、hv領域のエネルギはそれぞれ?kwhですか?

というご質問に対して

>総容量の13%と17%、kWh だとそれぞれ 1.14、1.50 kWh だと思います。

と書き込みましたが、これは@HV領域と、(EV領域の上にある)A予備領域の容量でした。正しくはEV: 6.16、HV: 1.14 です。

御指摘ごもっともです。お詫びいたします。

ついでにもう一つのご質問にもお答えします。
 
>0からA0kwh 非侵入領域1 soc の値 midの値       不明
>A0からA1kwh. hv領域 socの値 midの値   - 1.14kWh、SOC: 13、MID: 0
>A1からA2kwh ev領域 socの値 midの値   - 7.3kWh、SOC: 83、MID: 100
>A2からA3kwh. マージン socの値 midの値   - 8.8kWh、SOC: 100、MID:不明だが表示は100
>このように誰が見てもわかりやすく書いてください。

場合分けの必要はなく、全領域(残容量: 0 - 8.8 kWh)で
残容量kWh = 0.088 * SOC%
残容量kWh = 0.073 * MID%
で計算できます。ただし、MIDに表示される%値は0以下の場合は「--」、100以上では「100」のそれぞれ固定値となります。

書込番号:22750072

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:132件Goodアンサー獲得:1件

2019/06/21 16:53

35はHV領域と上限保護領域とお伝えしているつもりでしたが?

バッテリーに誤差はつきものですので±5%ほどは許容お願いします

書込番号:22750073 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!1


スレ主 CWih7さん
クチコミ投稿数:40件

2019/06/21 16:59

>忍たま欄汰朗さん
それと電池容量の図についてですけど、5で区分けしているのですよ。
そして、閾値が1と2の中間よりも上にあるのですよ。
これが適当と言えますか?
これについてどう説明できますか?

書込番号:22750092

ナイスクチコミ!0


スレ主 CWih7さん
クチコミ投稿数:40件

2019/06/21 17:10

>galeaoさん
丁寧な回答ありがとうございます。
では改めて、電池容量の図のhvとevの閾値についてですが、
貴殿のデータからは13/83=15.7%ですね。
合いませんね。
30以上あります。
精査お願いします。

書込番号:22750111

ナイスクチコミ!0


スレ主 CWih7さん
クチコミ投稿数:40件

2019/06/21 17:25

>忍たま欄汰朗さん
>galeaoさん
>hybrid-hibiさん
>スーパーフォクスバットさん
>NSR750Rさん
みなさんお付き合いありがとうございました。
テーマと違った方向になりました。
これ以上引っ張ってても正確な回答は得られないと考え、クローズします。

書込番号:22750134

ナイスクチコミ!0


galeaoさん
クチコミ投稿数:206件Goodアンサー獲得:5件 縁側-プリウスPHV詳細取説(または技術マニュアル)の掲示板

2019/06/21 17:26

>CWih7さん

>2. EVモード0%から100%でEV出力可能なエネルギーは概ね5.6kwh (-0 ,+0.1)です。
>3. HVモードとEVモードの閾値は3.1kwh(-0 ,+0.1)になる。8.8kwhの35%の位置。

改めてお伺いしたいのですが、HV/EVの閾が残量 3.1 kWh、EVモードで使用できる領域が 5.6 kWh で合計すると 8.7 kWh になります。
バッテリー総容量は 8.8 kWh なので、あと0.1kWhで一杯になるところまで充電しているということですね。

書込番号:22750135

ナイスクチコミ!1


スレ主 CWih7さん
クチコミ投稿数:40件

2019/06/21 17:46

>galeaoさん
自分はそう考えています。
それ以外考えられません。
hv領域が大きいため、hvモードでも、モータだけで長い間グイグイ引っ張ってくれます。
だから、hvモードでも電池重量が増えても燃費が良いと考えています。

書込番号:22750171

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:132件Goodアンサー獲得:1件

2019/06/21 18:02

EV走行に充てられてる6.5kwhはどう思いますか?

書込番号:22750210 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!0


スレ主 CWih7さん
クチコミ投稿数:40件

2019/06/21 18:57

>忍たま欄汰朗さん
自分は5.6kwhがevに使われ、使い切るとhvになると最初に言っています。
hv領域は、残り3.1kwh もしくは3.2kwhと書いています。
これは取説バッテリーの図hv、ev の閾値に近いです。
5.6kwhは入力-出力の散布図からです。
100V充電では、8時間強で0%から100%になります。
グラフを見てください。その時6kwh以下です。

書込番号:22750328

ナイスクチコミ!0


スレ主 CWih7さん
クチコミ投稿数:40件

2019/06/21 19:09

>忍たま欄汰朗さん
200V充電を言っているのですか?
充電効率があります。
200V×3.2A×2h=6.4kwh
5.6kwh/6.4kwh=87.5% 見積もり
100Vは70%です。

書込番号:22750346

ナイスクチコミ!0


スレ主 CWih7さん
クチコミ投稿数:40件

2019/06/21 19:24

>忍たま欄汰朗さん
100V充電するエネルギーと車を走らせるエネルギーの間の効率70%
200V充電するエネルギーと車を走らせるエネルギーの間の効率88% 見積もり
CHAdeMO充電するエネルギーと車を走らせるエネルギーの間の効率98%に近い
と考えています。

書込番号:22750386

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:132件Goodアンサー獲得:1件

2019/06/21 21:21

galeaoさんのEV走行5.6kwhHV領域3.1kwhなのですか
の質問に対し主さんはそう考えてます、それ以外考えられないと答えてらっしゃっての6.5kwhの問いをしたのですが
どうやら適当にお答えになっているようなので討論が出来ないみたいですね

書込番号:22750639 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!1


スレ主 CWih7さん
クチコミ投稿数:40件

2019/06/21 22:28

>忍たま欄汰朗さん
6.5kwh何のことか、わからず。
勝手に解釈して答えてしまったことお詫びします。
ところで6.5kwhどこに書いているのですか?
教えてください。

書込番号:22750774

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:132件Goodアンサー獲得:1件

2019/06/21 22:40

トヨタが公式にMID0~100%までの充電にかかる電力(6.5kwh)が記載されてますよ

書込番号:22750795 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!1


スレ主 CWih7さん
クチコミ投稿数:40件

2019/06/21 22:59

>忍たま欄汰朗さん
200V充電では、充電に6.5KWHかかります。
それは交流200Vの入り口です。
それから、PRIUS内部でDC351Vに昇圧して充電します。
この昇圧で大きな損失があります。
だから、6.5KWHがバッテリーに入るのではないです。
100Vの場合は70%
200Vの場合は88% と考えています。
CHAdeMOは直接DC351Vで投入し、その電流とで
kwhを計算して表示しているのでその損失は
表面上現れません。
もっと勉強してください。


書込番号:22750830

ナイスクチコミ!0


スレ主 CWih7さん
クチコミ投稿数:40件

2019/06/21 23:26

>忍たま欄汰朗さん
言い忘れました。
100Vも200V充電もバッテリー内部も0から100%で5.6kwhです。

トヨタの説明書は一般向けですから、バッテリーに何kwh入ったかは
載せないのです。

書込番号:22750888

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:25件Goodアンサー獲得:2件

2019/06/22 02:00

これ以上引っ張ってても正確な回答は得られないと考え、クローズします>>>
CWih7さん、でしょ
貴殿の理論の立証はリーフスパイならぬPHVスパイが誰が登場する事を祈ってます。
それでは、びゅーん

書込番号:22751076 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!2


スレ主 CWih7さん
クチコミ投稿数:40件

2019/06/22 04:42

>スーパーフォクスバットさん
ひょっとして、再登場ですか? (----それでは、びゅーん)
間違いでしたら、お詫びします。

書込番号:22751144

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:132件Goodアンサー獲得:1件

2019/06/22 06:17

>CWih7さん
貴殿の言うとおり感服いたしました

すべて貴方の言うとおりでした
ODBはオモチャでしたね
貴方のおかげで新しい仮説も出来たのでありがとうございます

書込番号:22751190 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:132件Goodアンサー獲得:1件

2019/06/22 06:22

最後にひとつ
トヨタの説明書は一般向けですから、バッテリーに何kwh入ったかは
載せないのです

その一般向けの電池の図に固執したのは貴方なのですが

書込番号:22751194 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!0


galeaoさん
クチコミ投稿数:206件Goodアンサー獲得:5件 縁側-プリウスPHV詳細取説(または技術マニュアル)の掲示板

2019/06/22 15:34

あなたの最初の書き込みを拝読した私なりの解釈では;

(縦軸)走行距離を区間電費で割り算して消費電力とした。(横軸)充電に要した時間に公称電流値の6を掛けた数値を充電量とした。これをグラフ化した。

データを1次回帰したら良好な相関係数が得られ、傾きが0.7程度だったので100Vの充電効率は70%だ、と結論した。

トヨタHPのFAQでは、200V16A時はおよそ6.5kWh、100V6A時ではおよそ8kWhと書かれています。これはコンセントでの電力量です。これを見るだけで100V 普通充電の効率は200のそれより悪いことはデータ収集などせずとも自明です。6.5 と 8 から計算すると、100Vでの充電効率は75%くらいかなと考えていましたので、70%は少し低めかなと感じました。

100V充電の公称電流値は6Aですが、実際も6Aでしたでしょうか? 電流値を何らかの測定器を用いて測定されましたでしょうか?

グラフの相関は良さそうなので測定の度に変動するということは無く一定を保ってはいるように見受けられますが、電流の絶対値がいくつだったかは別のハナシです。これが 6 (6.0) ではなくて実はずっと5.6Aだった、というような心配はありませんか? 仮に実際の電流が5.6Aだったら充電効率は75%くらいに上昇します。6.3Aだったら67%を下回るでしょう。

申し上げたいのは、この電流値は注意深く測定しないと効率計算に大きな影響があるということです。

トヨタFAQでは、100Vでは、電流は「ずっと変わりません」と書かれています。ですがこれがコンセントでの電流なのかバッテリー端子での電流なのか、が不明瞭です。もし前者ならバッテリー端子では定電力充電となるでしょうから時間経過とともに電流は下がっていくでしょう。後者ならコンセントにおける電流は上がっていくでしょう。200V充電は前者だということがいろいろな人による測定で実証されています。測定器をお持ちならこのあたりのデータも一緒にご提示いただければ嬉しかったです。

書込番号:22752201

ナイスクチコミ!3


galeaoさん
クチコミ投稿数:206件Goodアンサー獲得:5件 縁側-プリウスPHV詳細取説(または技術マニュアル)の掲示板

2019/06/22 15:36

>CWih7さん

次に、「EV領域の容量は5.6kWh」と「EV領域6kWh(あるいは5.6kWh)がどこにあるのか」についてです。

EV領域容量を私は6.0ないしは6.1kWhくらいではないかと推測しています。ですがこれについては正直申しまして自信はありません。現実に測定器などを用いて測定しますとコンセントにおいての消費電力が 6.0kWh くらいしか出ないことが多いからです。

私の根拠はトヨタの燃費試験の際の届出値 6.47 kWh と、PHV用車載充電器のメーカーである豊田自動織機の出版物にあった記述「200V充電効率95%(実用93% の記述もあり)」(6.47 * 0.93 = 6.01)が主です。この 6.47 というのが疑問の種で、大きすぎるのです。季節を問わずこのような高値を記録したことが無いのです。

あなたの主張は、以下のようなものです。前出「充電効率70%」を前提としたものと、もう一つ、急速充電で4.6kWh充電した際に充電器に表示された数値が35から88に変化したのを見て、これが本当のSOC%表示だと仮定した場合、充電量の4.6kWh がほぼ一致する、35%とメーター内アイコン目盛り高さも一致する。(以下私の推測が含まれます)これらのことから、この35 と 88 は真のSOCだと考えてよく、さらにこれら二つの数値から100% を推定するとMID EV が100% と一致するので、これら数値は真のSOCだと結論した。そうだとすると、それより上の領域はSOC100%を超過することになり存在し得ない。

上記充電器の表示である35および88が、どうしてSOCだと言えるのでしょうか? 「そう仮定すると多くのデータが符合する」という傍証は分かりました。でも、忍たまさんが仰っているOBDのSOCも様々なデータと符合するのです。双方の数値に、これが真のSOCだと直接的に証明するものはないのです。


最後に、この「EV領域6kWh(あるいは5.6kWh)がどこにあるのか」です。あなたはバッテリー全領域のなかの最上限部にあると考えておられる。私は最上部に1.5kWhほど残してその下にある、と考えています。上側に余裕を持たせているのではないかという直接的な根拠はOBDデータしかありません。加えて、MID EV100%からさらに下り坂走行をしてエンジンブレーキが起動した経験のある方の書き込みも参考になっています。その他、将来に電池劣化が進行した際にどうするかなどを考えると、上側にある程度の余地を取っておくことは合理的だと感じていますけれども。一方、あなたの御主張の根拠は、「メーターに表示されるバッテリーアイコンがそのように描かれている」の一点しか読み取れませんでした。私としては、見やすいようにすこし下側を長くしだけだと思っています。燃料計にしても実残燃料がリニアに表示されているとは思っていませんし。

トヨタがこのCAN_BUSに流す情報に何らかの細工をしていないという保証もありません。真のSOC 0% や100% という状態は誰も見ることが無いでしょう。トヨタも教えてはくれないでしょう。だからこのような掲示板で皆が予測や推理を出し合って情報交換するのは楽しいことだと思っています。

あなたはしばしば「合いませんね」と書かれます。また「勉強しなさい」とも。あたかもあなたの御説が正しく、それに合わない説は誤りだと言いたげです。それはあなたがそうであると信じているストーリーに合わないというだけで、あなたの御説が正しいということを何等証明してはいません。同様に私も自説が100%正しいとは思えるような確証がありません。

書込番号:22752206

ナイスクチコミ!4


スレ主 CWih7さん
クチコミ投稿数:40件

2019/06/22 16:16

>galeaoさん
AC100Vの電流値は、電力会社からのsmart meter データの30分ごとの読み値です。
充電していない日の夜中のデータを記録しました。
この時の消費量は一時間のつき0.1kwhでした。
この値を差し引くと0.6kwhでした。
その値は一時間で0.6kwhでした。始まりも、終わり近くも同じでした。
時間は分までのを記録しました。
まず一報します。

書込番号:22752285

ナイスクチコミ!1


スレ主 CWih7さん
クチコミ投稿数:40件

2019/06/22 17:00

>galeaoさん
効率70%は回帰直線の傾きから求めたもです。
それからグラフを見ていただきたいのですが、7.5kwhを超えたあたりから
寝てきます。そして出力値が6.6から6.7で飽和します。
この値をEV領域の最大値としました。
次にCHAdeMo充電についてです。
これは20回くらい行いました。最終は88%でした。これは間違いないです。
充電始めは中々0%になった時に充電できる機会ありませんでしたが、
3回ほどその機会があり、34から35でした。
35と88の値を開始と終了とにしました。
電力量は4.6kwhでした。
また、終了時のphvは80%でした。
これから、35から88までの間は4.6kwhです。
0から35までは 4.6kwh×35/(88-35)=3.03kwh
88から100までは4.6kwh× (100-88)/(88-35)=1.04kwh
トータル 3.03+4.6+1.04=8.67kwh
100V充電の場合3.03+5.6kwh=8.63kwh
以上矛盾はありません。
貴殿がおっしゃるように自分が正しいとは思っていません。
違うかもしれません。
統計的にこうなったしまっただけです。
色々嫌な思いをさせましたことお詫びします。

書込番号:22752389

ナイスクチコミ!0


スレ主 CWih7さん
クチコミ投稿数:40件

2019/06/22 18:06

>galeaoさん
1. hv、evの閾値が1.14kwhとしたとする。
prius-hv のリチウムイオンバッテリーの容量は0.746kwh
重量はprius-hv 1,390kg
prius-phv. 1,530kg
140kgほど重いです。
しかも過放電にならないようにするはずです。
phvの領域は少なすぎと思いませんか?
計算していません。気になります。
2. ev領域以上に1.5kwh保護領域があります。
なぜ、CHAdeMOはなぜ、さらに保護領域を取るのでしょうか?
普通充電と同じ100%でいいのではないでしょうか?
以上貴殿の見解お願いします。

書込番号:22752527

ナイスクチコミ!1


スレ主 CWih7さん
クチコミ投稿数:40件

2019/06/23 05:52

バッテリー分布

バッテリーアイコン

>galeaoさん
A:お二人の説(間違っていたら訂正して下さい)
B:自分の説
大きな違いは上側に保護領域があるかないかです。
A:ODBを測定して分布を出したものだと思います。
B:CHAdeMOのデータ、100V充電量と走行出力データ、PHV搭載のバッテリーアイコン(勝手に命名)
Aを否定したいとは考えていません。
しかしAの説はバッテリーアイコンの表示を説明できません。
説明するためには、HV領域のバッテリーの容量表示を変えるようにしているとか、
無理な理屈で否定しています。→文学ではありません。
なら表示をBのようにしないのですか_?
ちゃんと1,2,3,4とわざわざ補助線を引いているのですか?
そして、挙句には燃料と同じように目愛ですよ、さらに大きく見せているのですよと
言い張っています。
ちゃんと文学的にでなく、理論的にデータに基づいて否定してください。

いいですか、リチウムイオン電池は安全確保のため制御されているのです。
そのためいい加減な容量管理はしていないはずです。

書込番号:22753491

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:132件Goodアンサー獲得:1件

2019/06/23 06:36

私の問いにはお答えにならないのが残念ですが

ご指名ありましたのでお答えになるか

トヨタの説明書は一般向けですから、バッテリーに何kwh入ったかは
載せないのですとご自身でお答えしてますよね?
一般の方には分かりやすい図にしたのでは?
SOC保護領域はトヨタとしてはトップシークレットと考えます急速充電モニターは一般の人も閲覧可能なので保護領域を残電力としてプログラムして表示する事により顧客からのつっこみを回避しているのでは?

あとMID100%がSOC100%と考えていらっしゃいますがPHVにODB設置の個体はそこからSOC5%ほど回生充電出来るので貴方の理論ではSOC105%となりますが、どう考えますか?
三菱のSCiBはまれにSOH105%の特殊個体もありますが

書込番号:22753515 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!2


スレ主 CWih7さん
クチコミ投稿数:40件

2019/06/23 09:01

>忍たま欄汰朗さん
>トヨタの説明書は一般向けですから、バッテリーに何kwh入ったかは
>載せないのですとご自身でお答えしてますよね?
この文言については言い過ぎかもしれません。
>一般の方には分かりやすい図にしたのでは?
そうは思いません。
真実を表現していると思います。
保護領域は貴方が仰るようにあるかもしれませんが、貴方達いっているように
17%はないと思います。せいぜい5%以内でしょう。と考えます。

書込番号:22753675

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:132件Goodアンサー獲得:1件

2019/06/23 09:37

その根拠をお願いします

それとも思っただけですか?
貴方のしっかりとした論拠をお願いします

書込番号:22753739 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!1


スレ主 CWih7さん
クチコミ投稿数:40件

2019/06/23 10:14

>忍たま欄汰朗さん
5%以下については、95%以上の信頼区間からです。

書込番号:22753820

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:132件Goodアンサー獲得:1件

2019/06/23 12:35

>CWih7さん
答えになってないですよ

書込番号:22754136 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!1


galeaoさん
クチコミ投稿数:206件Goodアンサー獲得:5件 縁側-プリウスPHV詳細取説(または技術マニュアル)の掲示板

2019/06/23 14:00

>CWih7さん

>phvの領域は少なすぎと思いませんか?

1: 容量は1.14kWhしか残っていないにしても総容量は8.8kWhですから、PHV は普通のプリウスに比べて10倍以上の回生負荷を持っていることになります。これにより、広い速度範囲で長時間にわたり回生ブレーキが使えるので重量的にはやや不利でも、JC08モードでも同じ燃費をたたき出しているのだと考えています。

だから、普通のプリウスに、例えばPHV車のHV域と同じ容量のバッテリーを搭載しても、PHVのHV域で走らせたのと同じ燃費は出ないのではと思っています。

それでも仰る通り1.14kWhは少ない感じもしなくはありません。これは、(うろ覚えですが)アメリカでEVと同等の税制を受けるためにはアメリカの走行パターンでEVモード30マイル(これもうろ覚え)以上走れないとならないので、必然的にある程度の大きさのEV領域を設けざるを得ず、そのしわ寄せでHV領域が少ないという可能性もあるのでしょう。

2は割愛させてください。公共高速充電ステーションがなぜMAX 30分なのかなどを説明したサイトがたくさんあり、おおむね間違ってはいないと思いますのでそちらを参照ください。

書込番号:22754276

ナイスクチコミ!1


galeaoさん
クチコミ投稿数:206件Goodアンサー獲得:5件 縁側-プリウスPHV詳細取説(または技術マニュアル)の掲示板

2019/06/23 14:08

>CWih7さん

>大きな違いは上側に保護領域があるかないかです。

既に一度書き込みましたが、バッテリー劣化が生じ、95個あるセルのうちのいくつかを潰すことになったとき、
上に予備用の領域を設けていないと、満充電(設定した終端電圧に達した状態)でも表示が100%までいかなくなる心配があります。

書込番号:22754294

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:1092件Goodアンサー獲得:71件

2019/06/23 14:53

5月2日朝満充電37.8kWh

5月2日電気使用量

327.9km 残15%

PHVバッテリー

日産リーフで言うと
24kWhリーフで使用可能域は約22kWh
40kWhリーフで使用可能域は約38kWh 
62kWhリーフで使用可能域は約60kWh
(いずれも新品時にCAN_BUSから読み出した値で、添付画像1は5月2日走行28000km時点の40kWhリーフ)
車のメーターや急速充電器に表示される充電率はこの使用可能域容量の0〜100%になっています。
保護域は容量24kWhでも倍以上の容量62kWhでも約2kWh程度のようです。
ただし、その使用可能域と実際に使えた容量はまた違ってきます。
添付画像2のように5月2日に私の40kWhリーフで満充電から327km走って数値上の使用電力は30kWhと算出されています。この数値は車から日産のサーバーへ適時送られている数値です。
しかし、添付画像3のように327km走行時点のメーターでは残15%と表示されています。
30kWhの消費で85%を消費しているので満充電は35.3kWhと計算されてしまいます。
出発時の37.8kWhとは2.5kWhの差異が発生するわけですが、7.5時間も走っているので走行以外の電力消費が計算されていないとも考えられますし、単に正確に消費/発電電力が正確に積算できないだけかもしれません。
同じように、どの実測値で計算するかによっていろいろな数値が算出されるので、どれが正しくてどれが間違いということはわからないのではないでしょうか?
特にPHVの場合はEV域、HV域といっても添付画像4のように重複する部分があると思っていますので、ますます判りづらいですね
ご参考まで

書込番号:22754377

ナイスクチコミ!0


galeaoさん
クチコミ投稿数:206件Goodアンサー獲得:5件 縁側-プリウスPHV詳細取説(または技術マニュアル)の掲示板

2019/06/24 19:42

>CWih7さん

OBD に表示される SOC (OBD SOC) は、CWih7さんによる、下側のHV領域が小さく、上側の予備領域が大きすぎる、との御指摘は、一応のご回答はしましたが、内心は説得力があるように感じた一方で、

CWih7 さんの提唱するSOC (CWih7 SOC) は、@上側の予備領域がないという一点で同意できず、またAEV領域は 5.6kWh という見積りも少なすぎの感が否めませんでした。ただし、Aについては充電器の効率を75%程度に上方修正することで解消可能と思います。急速充電による (35 – 88: 4.6kWh) は、普通充電に比べ終点電圧が低めに設定されているので、経験上も普通充電時のちょうど80%には達しなくて、やや低めで終わることがほとんどですので。

ここで、OBD SOC から一律に7ないし10程度を加えたもの、およびCWih7 SOC のEV領域分を6kWhくらいに増やしてそこから10程度を差し引いたもの(この10が予備領域)を重ねるとほぼ一致します。

要は、OBD SOC と CWih7 SOC の真ん中あたりに真の SOC があると考えると両者の矛盾が解消するような感じです。その場合、真SOC の20%がHV / EVの境界、90% がEV / 予備の境界となります。

これは、「たまたまそうなっただけだろ」と言われればその通りで、確固とした根拠から導かれたものではありません。

解消していない疑問もまだあります。

トヨタがなぜそんなことをしたのか動機が分かりません。CWih7 SOC については、上にある予備分の10%を非表示にすれば、そのままバッテリーアイコンの表示に流用できます(だから一致している)ので、必要だった、と言えば言えます。ですが OBD SOC にオフセットが掛かっている理由は分かりません。このOBD SOC は、ある種のレー探にOBD情報を表示する機能があり、その中の SOC 項に表示される数値です。トヨタは CanBus の情報のうち、どれがSOC値だというようなことは一切公表していません。レー探の会社が CanBus データを分析して、EV% 表示と連動して上下する項目を見つけてそれがSOCだろうと考えたのではないかと想像します。

上記は今しがたふと思い立ったことを書いたもので、十分検討をしたとは言えません。致命的な間違えをしている可能性もありますので、その際はご容赦を。

書込番号:22757039

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:140件Goodアンサー獲得:4件

2019/06/29 23:31

CWih7 様 お久しぶりです。(以前、私の小さな悩みに解答頂きありがとうございました。)


スーパーフォクスバットさん (某K国流に) 貴台は、CWih7 様から、謝罪を受けなければなりません!

それでは。 ♪ ビュ〜ン ♪は、私(ノボ)のなかの、爺さん のフレーズであり、再登場では、ありません。
(全くの勘違いだったら、許してね♪)

書込番号:22767727

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:140件Goodアンサー獲得:4件

2019/07/01 01:22

100V充電時の電力W測定してみた

CWih7さん 閉じた扉をこじ開ける事お許し下さい。

1年間もの長期のデータ収集結果の公開ありがとうございます。熱の冷めやすい自身は、充電記録は3ケ月坊主でしたわ。

思慮深く、高いスキルを持っておられると思われる貴台に対し、物申す事、生意気と思われるかもしれませんが、まあ適当に読み飛ばして下さいませ。

私は、急速充電器に表示される充電率(SOC@QC)は、PHVが適当にQCに表示させているだけの数字と考えています。理由は 書込番号:22275129 にて書き込み済み。要は、充電終了前の数分88%のまんまであった事の故。貴台経験では、EV電欠からの急速充電でSCO@QCが35%とありますが、私の少ない経験では30%からであった事が謎?
(書込番号:20802706 にて、銀翼の奇術師☆様が、29.5%と報告されています。)

バッテリー容量分布に関してはも、先ほどの 書込番号:22275129 にあるように、ODBレーダ探から得られる、電池電圧にフォーカスして考えると、SOC@ODBを基に考える分布が、もっともそれらしいと私は思います。( こられすべて原案は galeao様 )

貴台のこだわりの点、それでは、バッテリーアイコンの、35%については、どう説明するの???
これについては、長くなるので次にレスします。

CWih7さん 貴台、充電電力の評価方法、 充電電力 = 0.6kw×充電時間(H) で評価されています。これについて、galeao様は、 電流測定すればと?仮に実際の電流が5.6Aだったら充電効率は75%くらいに上昇します。と述べられています。これについて気になった。
まず、galeao様 足取りですが、交流、力率あるんでやっぱ電力Wを測定しないとNGだよと。
自分で100V充電やってみました。(途中〜フル充電終了までの2時間程度の間)。充電時の電圧は、100Vでした。電流値は、テスタAで5.55A テスターBで 5.61A クランプMで 5.65A だったので 5.6Aといったところでした。電力Wは、写真のELPAで、567Wで 力率1.0以上とおかしな結果となりましたが、まあ0.56kWとしましょう。
充電時の電圧は、100Vでした。電流値は、テスタAで5.55A テスターBで 5.61A クランプMで 5.65A だったので 5.6Aといったところでした。電力Wは、写真のELPAで、567Wで 力率1.0以上とおかしな結果となりましたが、まあ0.56kWとしましょう。
そして、充電時の挙動ですが、定期でZEROまで落ちる挙動は、200V充電同様あること確認しました。注目の充電終了時は、0.56kWのまま終了、絞りは、ありませんでした。

とっちらかって、申し訳ありませんが、私が考える、何故 83%で充電上限余裕作るのか?は、
1)不良セル発生時、不良セルを使わなくしても良いように余裕が必要。
2)フル充電で、絶縁破壊 焼損事故率が多くなるのでは?取説でも出発に合わせてタイマー充電推奨。メカーとして事故がなにより痛手。
3)最近のノートPCでも80%充電。でもって、ライフが向上。
以上、私の放言です。

書込番号:22770109

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:140件Goodアンサー獲得:4件

2019/07/01 01:34

書き込み忘れました。

家の100Vは、50Hzであります。
又、スマートメータ表示の最小単位が、0.1kWhでありまして面白くありません。EV充電用の安物電力計校正時など、0.00kWhまで表示が出てくれると楽なのにと、感じていますわ。

書込番号:22770114

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:140件Goodアンサー獲得:4件

2019/07/01 02:39

訓練結果

訓練失敗終了、HV走行で電池アイコンが!

電池アイコン減りの検証TEST

電池アイコン減りの検証TEST

バッテリーアイコン35%について

CWih7さんのデータ公開に触発され、夜中に訓練(データ取り)開始しました。普通充電100%で自宅出発し、−−%(0%)丁度で自宅ガレージに戻る事が、ミッション。自宅から、信号停止の少ない、多摩川沿いを下り、羽田空港の1周2kmの周回路を周回して、自宅に戻るのがマイ訓練ルート。途中に高低差があまりなく、夜中なら信号ストップが少ないルート。

ところが昨晩は梅雨のさなか、雨で視界悪く、羽田の周回路を自宅に帰宅するルートを誤ってしまい、1周多く走ることに。結果、自宅の1kmほど手前で−−%となってしまい、EV終了。ミッション失敗。
まあ自宅との高低差もほとんどない場所まで帰ってきたので、この場所で停止、電費、走行距離を記録して訓練終了とする。

私、PHV走行 26,000km になり、ほぼ毎朝出発前の充電して走行してますが、HVモードの走行はしていません。久々の市街地HV走行での帰宅で、せっかくなんでHVモードってどんな感じかと、SOC@ODBが 電欠点の、13%(SOC@MIDがーー%に変わる点)から、10%まで自宅付近を、HV走行してみる。さすがに SOC@ODB10%では、30km/h以上ですぐにエンジン回転して充電するんで、これ以下にする事は難しい状況になること確認した。

と、ふとMIDを見ると、バッテリーアイコンの減りがやけに多い事発見。SOC@ODBは、未だ3%減なのに、提示写真の(黄色*矢印)のように、アイコンの減りは、半分近く減ってるわ!

次の提示写真は、それではと、そこからチャージモードでSOC@ODB1%まで充電。さすがに雨の中、走行でのデータ取りは危険なんで、安全に停車してエアコン稼働でバッテリー消費して、バッテリーアイコンの減りを調査した。さすがに時間がかかるんで、早々に終了したが、それでもわずかなSOC@ODBの減りで、電池アイコンは減少しています。
以上の電池アイコンの減りの早さは、ここに35%あるとの説明に矛盾します。
もしも、このアイコン 13%位置に設定すると、3%のわずかな減りに対して表示の減りは僅かとなり、見た目にアピールができません。やはりアイコンはデフォルメされていた方が、勝手が良いのではと考えます。
以上です。

普段しないHVモード走行して感じたのですが
1)極論で、SOCが0%になってから、強制HVモードに移行してもなんとかなる?!? そこまででなく、まあ、せいぜい7%の時点で強制HVでも、ライフに影響あるかもですが走りは、余裕で可能なのではと?
2)下の領域をHV領域と呼ぶのは誤り。普通に走れば13%で、強制HVになっても、せいぜい11%までしか低下しないのでは? 2%あればEV1km以上走れるし、13%超えても上の2%エンジン充電で使えば合計4%。2km以上はEV可能。
3)とはいっても、たとえば高速での走行時、瞬間高いレート消費電流(加速時)がある場合は、SOC下減付近でのEV走行には無理がある。一方、高いSOCでの、高レートの回生充電時は、バッテリーを痛めつけるでしょう。 もしも高速道路でHV走行するならSOCは中央付近で、HV走行に手動切り替えした方が快適で電池にも優しいのではないかと妄想?!?
以上、重ね重ね、閉じた扉をこじ開けての放言三昧お許し下さいませ。

書込番号:22770133

ナイスクチコミ!1


galeaoさん
クチコミ投稿数:206件Goodアンサー獲得:5件 縁側-プリウスPHV詳細取説(または技術マニュアル)の掲示板

2019/07/01 19:01

>ノボ@川崎さん

かねがね私はSOC@OBD のEV領域である13%から83%という数値には違和感を持っておりました。上の領域より下のそれが小さいという点です。

常識的には下側を大きくとると思うのです。

放電時の方が充電時に比べはるかに大電流が流れます。充電時はせいぜい2C(バッテリー端子で50Aくらい)程度でしょうが、放電時は軽く100Aとかそれ以上になります。

何らかの理由で、車両が把握しているSOCと本当のSOCが大きく乖離してしまった場合でも、充放電電流電圧はそれぞれ最大値が規定されていて、超過しないように制御されればよいですが、放電時の方がオーバシュートの可能性が大きいハズで、しかも発火に代表される重大事故の多くは過放電時に起こるのではないでしょうか? どちらかというと過充電より過放電の方が危ないし、バッテリーに与えるダメージも大きいと思います。

それで、上側10%、下側20%にすると数字の切れもよいのでこんなもんかなぁ、と思っただけです。いずれにしてもSOC 0% や 100% という数字は通常では誰も見ることはないので、正確なところは分からないのです。強いて言えば、OBD データには駆動用バッテリーの電圧が表示されますから、各SOCにおける電圧のデータから推定が可能かもしれませんね。本当は開回路電圧が分かれば一番なのですが…

書込番号:22771230

ナイスクチコミ!2


クチコミ投稿数:140件Goodアンサー獲得:4件

2019/07/08 02:35

galeaoさん
まったく、 君の名わ ですか?? galeao様と私で入れ替わった?ですわ。(入れ替わるなら若い娘とお願いしたいところよ。)

くどいですが、書込番号:22275129。普通充電で100%充電時は、レーダ探の表示、駆動電池電圧値は、373V。 これを、95個で割ると、1セルあたり、3.93V と、未だ、4.0V以下であることから、SOC@ODBの83%がもっとも妥当と考えるようになったのは、galeao様、あなた様に起因。
1セル電圧に着目する思考と 4.0V , 4.1V とかの電圧は、galeao様の書き込みによるもの。

レーダ探の表示の値を自己検証なしで、盲目に信じて崇拝する事、いかがなもんか?とも考えあります。が、現状他の方法、無い故に、ここは、コムテック、ユピテルの開発者方々に敬意を表して崇拝するところです。

電池のSOCならびに分布については、もうかなり前の方で主様が、テーマ害という事宣言されてますので、これについて書き込みは、私はここまでで、書き逃げします。

君子豹変す。私、確信を持った自身の考えでも、割と、コロっと意見を変えます。異なる考えのある方、私の考えの誤っているところなど、ご指摘、教えて頂けると幸いです。

書込番号:22783968

ナイスクチコミ!3


クチコミ投稿数:140件Goodアンサー獲得:4件

2019/07/08 02:58

訓練結果(再UP)

CWih7様
貴台の最初のご報告、1年間に渡る充電データ検証実施によって、100V充電では、充電効率は、温度(季節)に依存しない事実判明、興味深く拝見いたしました。
私なりの解釈では、すでに貴台が述べられている如く、電池のDC部分での入出効率は、98%と高効率。したがって、もしも、充電効率に変化あれば、ほとんど、AC100VをDC電圧(充電レベル)に変換する、車載充電器の効率変化に依存と考えます。
200V16A充電では、過去の3ケ月坊主の私のTEST結果 又、書込番号:21516632 の五大洋様の詳しくまとめられた表にても、夏のAC充電量>冬のAC充電量となっています。
これは、200V充電が100Vより短時間での完結故の充電器の温度上昇に起因と考えています。

実は、私が感じた、貴台のご報告の、最も興味深い部分は、MIDの 走行距離と電費の割り算にて、駆動電池の出力電力量を算出する手法にて。
>2. EVモード0%から100%でEV出力可能なエネルギーは概ね5.6kwh (-0 ,+0.1)です。
この5.6kwh (-0 ,+0.1)の表記およびグラフから、測定が3回もしくは2回か不明ですが?、前期の五大洋様の表、および私の以前のTESTでも、最小値5.9で概ね6kWh以上であった事、故に貴台の5.6kWhが少ないと、強い違和感あり。
そこで、久々の訓練(データ取り)下しだい。結果は、5.55kWhと貴台提示の値同様。以前より小さい値になっています。
現状、感覚的には、駆動電池の劣化を全く感じていませんが、ほぼ毎日EVのみで2万3千Kmは、走行、ほぼ毎日充電で20ケ月継続使用してるんで、駆動電池の劣化があって当然と思うのですが。
このように、具体的に数字で示されると、若干、ヘコムのが正直な気持ち。

最後の望みが、今回の訓練が雨中の訓練であり、わだちの水たまり走行、明らかに抵抗大と感じられ(けど60km走行できたか!)。基い

CWih7様の取説は初版? となると、やっぱりか?

いずれにしろ継続した、たまの訓練の必要性を強く思いました。以上です。

書込番号:22783984

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:132件Goodアンサー獲得:1件

2019/07/09 13:38

>CWih7さん
スレを立てた以上解決済みにするのか
レスに応答するのか最低限のマナーがあると思うのですが?

書込番号:22786753 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:140件Goodアンサー獲得:4件

2019/07/10 02:02

再訓練、結果

走行による放電特性(ただし電圧は停車時)

忍たま欄汰朗様
スレ主様もお忙しいのでしょう。まあ、あせらずに♪♪

♪♪私、一人で盛り上がり♪♪

前回の雨中の訓練結果、出力電力量5.55kWhと、スレ主様のphv同様の結果。以前マークした6.0kWh以上から、明らかに低下。1回のみのTESTでは、フロッグか?、ならばと、昨夜、日の変わるのを待って、再訓練実施しました。

今回は、訓練途中、SOC@MIDに注視、5%ないし10%ずつ、都度、車を安全に停止。その時の電池電圧(レー探)、他パラメータを記録。取得したデータから、電池分布の解明できればと。

結果は、提示の如く、出力電力量は、5.65kWhと前回同様、6.0kWhに届かず。
ま、これは、明らかに、駆動電池の劣化と判断。実は、私の訓練の師匠様も、同様に劣化傾向にあるとの事。だもんで悲しいが、この劣化の事実を受け入れますわ。

不明な事は、CWih7様のphvが、どの程度の期間使われているのか?(少なくとも発表データ1年間?)。また、出力電力量の測定は、(0〜100%は、)いつの時期に実施されたものなのか?
教えて頂けると、安心できますわ!

電池のSOCならびに分布については、もうここに書き込まない宣言しましたが、今回訓練の放電特性のグラフを、既知の放電特性グラフと比較すれば、判明できるか???と目論みますが、今宵はここまでにします。

書込番号:22788144

ナイスクチコミ!2


クチコミ投稿数:140件Goodアンサー獲得:4件

2019/07/11 02:49

図1

図2

図3

図4

ライブから離れ、主様からも見捨てられたスレ(ノイズが少なく超快適!)にての言いたい放題の得意パターンになってきました。

それでも、誰か、どなたか、様の反応無しでは、空しいところで、いい加減書込ヤメようか?とも思いましたが、1ケ前の私の報告にナイス!が1点ある事に励まされて、継続します。
君子豹変す!前言撤回、phvの電池分布について考察、記載します。

勤め先にて、昼休みにセッセと、訓練放電特性グラフと、パナソニックカタログのグラフと、重ね合わせた図の作成実施。
作成作業中に、同僚より、そんなもん容量が決定的に異なるんで無意味!との言葉を浴びせられましたが、イヤ容量が違っても電圧いっしょなら、電池を並列に複数個と考えれば、問題無いわと反撃。

幸運にも、カタログが at 20℃ 、訓練中の外気温は概ね20℃でエアコン無しと 20という数字は同じ。
決定的な違いは、カタログが 0.2Cでの放電中のデータに対して、訓練は、走行 0A〜100A over の超バリアブル。但し電圧記録は車停車なんで 1A未満でほとんど無負荷状態の電圧値を記録。

無負荷だと、0.2Cカーブと変わらないか、上になると考えていたが、そうナラズ。逆にオフセットを訓練カーブを上にズラすと、いい感じで、一致した。んで、提示の図をとりあえず作成。
あとで、家にて調べたら、販売店のWEBにて、正極の材料で放電カーブが変わると学ぶ。(図4)


でもって、何がわかったか。訓練の放電カーブを既存の放電カーブと比較結果、上限、下限の余裕は、ほぼほぼ同じ。(若干、上限が大きい)。
レー探からのSOC@ODBのそれ、普通充電で、上限83%、EV走行の下限13% 。 
長坂道回生充電で上限88%(忍たま様報告)、強制HV走行中の、下限値10%(私の少ない経験、30km以下で無理矢理EV継続結果)。
なんとなく、ヤッパリ、レー探が正解でないのかな?
以上。

書込番号:22790054

ナイスクチコミ!3


galeaoさん
クチコミ投稿数:206件Goodアンサー獲得:5件 縁側-プリウスPHV詳細取説(または技術マニュアル)の掲示板

2019/07/11 09:09

>ノボ@川崎さん

ここは SOC@OBD のハナシ禁止だと思って、ノボさんのスレ

書込番号: 22789197

に書き込んでしまいました。

書込番号:22790308

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:140件Goodアンサー獲得:4件

2019/07/13 03:50

>galeaoさん
返信書込ありがとうございます。確認しました。

確かに、2ケ上の私のレスの図2は、断崖絶壁間際ですが、中抜き両端が、17と13のイメージに近い図3なら、いいんでないのかなと思っていまいた。

仕事で高圧コンデンサ(耐圧4kVで容量は失念、コンクリートブロック程度大)扱っていた時期あり。3kV程度に充電中、たまたまかがんだ、私の耳元すぐそばで、大音響とともに、コンデンサ内部放電した経験あり。根本、科学反応の電池とは、違うんだとは理解してますが、そんなんで充電中の方が怖いと認識していました。

あと、貴台の書込で、充電(回生)はせいぜい2C(50A程度)とあったかと思います。確かに、レー探から、放電、発進から30〜40km/h加速時に100Aoverは簡単にしますが、40km/hの減速停車時に100Aoverの充電は、難しいです。が、50km/hからの減速であれば、50A超えは楽勝で、100Aoverも可能です。

そんな訳で、過放電を恐れる、貴台、今後は、チキンgaleao様とお呼びしようかと!(失礼。)

自習いたしました。
https://antenna1st.com/home/point/point14/
なるほど、そういう事なのね。昔、バス釣りのボートでディープサイクル電池を使い切る事、幾度も経験。(結構スロー回転には、なるが最後まで粘る)そんなんで、思いもよりませんでした。

ただ、電池の電圧検出なんて、簡単でしょう?。いくらSOCミスっても、バックUPでリミットは可能でしょう?
私は、未だ 中抜き 両端 17 , 13%説、(SOC@ODB)を支持します。

思い返せば、SOC@MIDが確かに10%〜20%時に、冬、4人乗車で、スピード出せない狭い道、一時停止からの発進時、突然久々のエンジン始動。エ、何故???は、駆動電池のセル電圧下限に触れたかと、今思うしだい。

あと、いつもの とっちらかり で申し訳ありませんが、
貴台QC充電完了後、SOC@MIDが、80%にならない と申されていました。深い検証は未実施ですが、充電前に、車を停車。電源OFF待機で、セルバランス取ってからQC充電すると、充電後、割と80%が長く走れる結果となりませんか?走行後すぐのQC充電では、79、78とかでの再スタートになりませんか?
と思っていましたが、ところがどっこい、走行、充電中でもセルバランスするらしい事、自習中に発見!
https://www.denso-ten.com/jp/gihou/jp_pdf/62/62-10.pdf

それでは、おやすみなさい。

すいません、後、SOC@MIDの100%〜99%の間は、この間だけ全体に対してリニアでなく、訓練結果にあるように、1.8km走行できたように、幅がワイド。これは、普通充電完了したのに100%の表示が出ないのは、いかがなものか!の対応と思います。


書込番号:22793684

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:140件Goodアンサー獲得:4件

2019/07/17 00:30

図1 リチュームイオン電池充電特性(一般的)

図2 日産リーフ QC充電特性(らぶくんのパパさんより)

図3 PHVでのQC充電特性

本日、休みをもらって4連休ですが、あいにくの天気で、今日は家に籠もって1日じゅう、PCと睨めっこ。
気になっていた事、お尋ねしたいが、尋ねる前に、貴台の疑問、私の考えをお伝えします。

>CWih7さん
ここの23ケ上(書込22752527)の貴台の疑問、
ev領域以上に1.5kwh保護領域があるのになぜ、CHAdeMOは、普通充電と同じ100%まで充電できないのか?

まず、急速充電器(QC)とPHVの関係は、
http://kikakurui.com/d6/D61851-24-2014-01.html
にあるように、充電の電力量は、PHVからQCに要求し、QCの出力は、PHVからの要求の電力を送ります。つまり、QCで80%充電完了するのは、PHVからの指示であるという事です。

一般的なリチュームイオン電池の充電特性(提示図1)は、満充電近くでは、徐々に充電電力を絞る必要があります。
PHVでの200V16Aの普通充電でも、上に1.5kwh保護領域があるのにも関わらず、充電終了16分前から絞りが入り、終了間際には、4A(AC入力)まで絞ります。(書込22249405)

日産リーフの急速充電は、らぶくんのパパさん(書込番号:20737915)提示図2(スタート時の電池の容量は不明?ですが)のように、QC出力は、12分が最高その後は落ちるだけとの事。コストは、受電電力量でなく、1分あたりで課金されるんで、ならばと、リーフの場合は10分で切り上げを推奨されています。

さてPHVの実際のQCの出力は、提示図3のようにスタート(0%)〜完了(80%)で、充電電圧は上昇、電流は下降ぎみほぼ一定、15分あたりで顕著な下降があります。これらの事より、これ以上のレベルの蓄電を急速で行うのは、困難、普通充電同様、絞りが必要な事が予想されます。
完全EV車と違って、虎の子の電池容量を劣化させてまで急速100%充電する意義もないでしょう。

以上、100%以上に、上限余裕があっても、PHVのQCは80%で停止する理由(私の考え)ですが、遠出先など、自宅100%ができない時、QCでも100%できれば!快適なEV走行を長く楽しめるとの思いはあります。

書込番号:22802948

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:140件Goodアンサー獲得:4件

2019/07/17 01:31

図1 提示の散布図データ数解析結果

図2 拡大した散布図から、データ抽出結果

図3 不肖ノボの提言

さて次は、CWih7さんへの疑問、質問ですがその前に

掲示板の書込に、自ら実施の結果や考察ではなく、検証も自らされていない、本知識のみ、また、有名評論家、誰々が言っているとかの類の書込があります。(まあ、それはそれでいいんですが。)

貴台の書込は、1年間もの長期間の自ら実施の結果。そんな貴重な書込をされる、数すくない方。
又、カタログ表記の電力消費率 10.54km/kWh がAC充電電力量に対しての数値で、PHVディスプレイに表示される電費と異なる事を、理解されている方。
そのような、貴台の報告について、疑問、質問(少々辛口)すること失礼ではありますがなにとぞ。最近お忙しいのかご登場、頂けませんが気が向いたら、ご回答のほどよろしくお願いします。

なんといっても、”EVモード0%から100%でEV出力可能なエネルギーは概ね5.6kwh”について。
再記ですが、5.6kWhが少なく感じて、自らの走行検証したら同様レベル。そこで

1)0から100%充電時の計測回数は?(とっても疑問だったんで提示のグラフ拡大し解析結果より3回と判定した。)

2)上記計測の測定時期は?

3)貴台の車の購入時期は?(ストーカした結果 2017年5月?)

4)測定を0.3kWhからと、少ないところから100%までほぼ均等に実施。結果もX軸入力、Y軸出力の散布図にて評価したのは、充電効率が、充電容量に対して変化する?との疑いがあったからですか?(私は、疑い、検証無しに、0から100%充電でない時、MIDの%で躊躇なく補完計算。)

5)もしも前記の疑いあるなら、都度効率を計算し、グラフ(図3)そして貴台が得意と思われる標準偏差など絡めた方がと不肖、私の考えは、統計学的に誤っていますか?

貴台、提示の散布図、出力(kwh)=入力kwh×0.7050 + 0.0297(kwh) (相関係数=0.9989) と一次関数で報告されています。
5)散布図に直線を描かず、曲線を描く理由はなにかあるのでしょうか?

6)上記の関数だと、入力ZEROで出力30Whされる事になります。Y切片0は、鉄板ですので、グラフも0を通すべきと思いますが?

7)散布図にX,Yのヒストグラムと、その近似曲線が描かれています。これは、データ測定が全領域に於いて均等に実施した事を示すためですか?以外なにか理由はありますか?

以上です。

書込番号:22803003

ナイスクチコミ!0


mfclangさん
クチコミ投稿数:1件

2019/07/19 14:47

>ノボ@川崎さん
最後の投稿後、CWih7を退会しました。
最近になって見に来るとスレッドが伸びていて、新たな質問がありしたので、
再登録しました。CWih7→mfclang
貴殿の自分のデータのリバースエンジニアリングありがとうございます。
ほとんど合っています。
質問の回答です。
(1)3回
(2)
2018/05 5.54kwh/8.0kwh 0.693
2019/02 5.67kwh/8.15kwh 0.696
2019/04 5.62kwh/8.23kwh 0.683
(3) 購入時期 特定の可能性があるため回答しません。
電池劣化考えにくいのですが、
(4) yes 入力ー出力の相関係数を求めるため
このデータから充電時間が予測できる。
これを母集団として、今後の電池の劣化が統計的に予測できる。
(5)(4)のため(5)の手法は使わなかった。
普通regression解析と考えています。
(5)重複した5 >散布図に直線を描かず、曲線を描く理由はなにかあるのでしょうか?
このグラフはご承知と思いますが、python-seaborn で描きました。
そのため、このようになりました。
また「上限では効率が悪くなりますよ」と表現したかったからです。
また、(7)は正規分布したデータ群でないため、分布曲線が裾野が広がってしまいました
が、入力-出力の分布が対称であることを示したかったから、
専門の人には冗長かもしれません。
(6)残差はどうしても出ます。でもこの場合無視できるくらい小さです。
これから言えることは、トヨタが出力しているデータの信頼性は非常に高いと思います。

//////////////////////////////////////////////
EV→HVの閾値12%(1.056kwh)に対する反論
//////////////////////////////////////////////
家→A→B→家 42km走行した。
家→A→B 23.8km 電費8.0km/kwh EVモードのみ
B地点でEV→HVモードになった。
B→家 18.2km 燃費 27.6km/L
家に着いた時の電池アイコンの状態はB地点と変化見られず。

B→家 18.2kmのモータアシストはどのくらいか検討する。
B→家 までのエンジンだけで走行した時を仮定し、燃費18km/L、燃費20km/Lを考えてみる。
18km/Lの時
エンジンだけの走行距離=18.2km÷27.6km/L×18km/L=11.9km
モータアシストでの走行距離=18.2km−11.9km=6.3km
家→Bまでの電費8.0km/kwhを用いて
電池消費量=6.3km÷8.0km/kwh=0.79kwh
20km/Lのとき同様にして電池消費容量=0.63kwh
もし閾値12%なら、電池容量アイコンが半分以下になるか、ジェネレーター
が働くでしょう、そうすると燃費ももっと悪いでしょう。
どう考えても閾値12%は考えられない。
2倍以上はあるでしょう。

書込番号:22808159

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:140件Goodアンサー獲得:4件

2019/07/20 04:03

たぶんデータ数はこれが正解

>mfclangさん
返信および、私の疑問についての丁寧な回答頂き、ありがとうございます。

恋い焦がれたあの人へのラブレターの返事を頂いた感、感無量?!?

リバースエンジニアリングと聞くと素敵ですが、やってることは、グラフをB4拡大印刷して定規をあてて、数値へと小学生レベルです。
せっかくの休日なにやてんだろ感ありありでしたが。
大チョンボで、前回UPのグラフ(データ数の解析した)誤ってデータ総数合わないで悩んだ最初のをUPしてしまいました。たぶん今回のが正解だと思います。

ここでの私の書込、専門過ぎてついていけない、と評される事ありました、( 又、訓練の師匠様より、電気博士の称号を受けたり )。
( 実際は、中学生学習内容レベルの知識なんです。)
今回、統計手法の貴台の書込、ついていけず、ついていけない気持ちを理解できましたわ。

python-seaborn_ 初耳、知りません。正規分布したデータ_山なりの感じのデータの事だったか??。普通regression解析_これも初耳。 てなもんです。

ただ、どうしても譲れない部分はありまして、それについては、又 後日に。
本当に、疑問に回答頂きありがとうございました。




書込番号:22809204

ナイスクチコミ!1


クチコミ一覧を見る


この製品の価格帯を見る

プリウスPHV
トヨタ

プリウスPHV

新車価格帯:317〜426万円

中古車価格帯:59〜444万円

プリウスPHVをお気に入り製品に追加する <307

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

この車種とよく比較される車種の中古車

クチコミ掲示板検索



検索対象カテゴリ
を対象として

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

新製品ニュース Headline

更新日:7月19日

クチコミ掲示板ランキング

(自動車)

ユーザー満足度ランキング