『ストロボ2台を離して使いたい』のクチコミ掲示板

2012年 3月下旬 発売

スピードライト 600EX-RT

電波通信対応のクリップオンストロボ

スピードライト 600EX-RT 製品画像

拡大

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします

中古
最安価格(税込):
¥21,000 (8製品)


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格(税別):¥65,000

調光方式:E-TTL II/E-TTL 最大ガイドナンバー(ISO100):60 重量:425g 機能:マニュアル設定/オートズーム機構/ワイヤレス発光/バウンス/モデリング発光/マルチ発光/ハイスピードシンク スピードライト 600EX-RTのスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

<お知らせ>
本製品において、電波通信による連動撮影、または電波通信によるワイヤレスストロボ撮影の一部設定モードで、対象機器を7台以上接続しようとすると正常に動作しないことが判明しました。詳しくはメーカーページをご覧下さい。

  • スピードライト 600EX-RTの価格比較
  • スピードライト 600EX-RTの中古価格比較
  • スピードライト 600EX-RTの店頭購入
  • スピードライト 600EX-RTのスペック・仕様
  • スピードライト 600EX-RTのレビュー
  • スピードライト 600EX-RTのクチコミ
  • スピードライト 600EX-RTの画像・動画
  • スピードライト 600EX-RTのピックアップリスト
  • スピードライト 600EX-RTのオークション

スピードライト 600EX-RTCANON

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2012年 3月下旬

  • スピードライト 600EX-RTの価格比較
  • スピードライト 600EX-RTの中古価格比較
  • スピードライト 600EX-RTの店頭購入
  • スピードライト 600EX-RTのスペック・仕様
  • スピードライト 600EX-RTのレビュー
  • スピードライト 600EX-RTのクチコミ
  • スピードライト 600EX-RTの画像・動画
  • スピードライト 600EX-RTのピックアップリスト
  • スピードライト 600EX-RTのオークション
クチコミ掲示板 > カメラ > フラッシュ・ストロボ > CANON > スピードライト 600EX-RT

『ストロボ2台を離して使いたい』 のクチコミ掲示板

RSS


「スピードライト 600EX-RT」のクチコミ掲示板に
スピードライト 600EX-RTを新規書き込みスピードライト 600EX-RTをヘルプ付 新規書き込み



ナイスクチコミ6

返信9

お気に入りに追加

標準

ストロボ2台を離して使いたい

2017/12/12 22:50(1年以上前)


フラッシュ・ストロボ > CANON > スピードライト 600EX-RT

スレ主 ca007さん
クチコミ投稿数:10件

ストロボ初心者でご教示いただきたく投稿しました

現在カメラは5DMark3 とストロボは600EX-RT、ニッシンのDi866を所持しています。

ストロボはカメラ本体に付けて撮影したことしかないのですが
今度室内で多灯ライティングをしたくて
ストロボはカメラ本体から離してメインとサブで使いたいと考えております。

そこで理解しきれない点が多々あるのですが
・電波通信ワイヤレスと光通信ワイヤレスはどう違うのでしょうか?
 メリット、デメリットや、できる事、できない事の違いがあるのでしょうか?

・本体から2台離して使う場合何を準備したらよいのでしょうか?
 シューコード、トランスミッター、レリーズケーブル???

どうぞよろしくお願いいたします。

書込番号:21427387

ナイスクチコミ!1


返信する
クチコミ投稿数:5759件Goodアンサー獲得:451件

2017/12/12 23:06(1年以上前)

>ca007さん

電波式⇒2.4Gの電波を使い
距離が出る
真っ昼間でも使え、障害物にも強い
基本すコマンダーが必要

光学式⇒赤外線を使い
距離が出ない
真っ昼間ほ、殆んど使えない
コマンダーが不要で、
他のフラッシュに釣られて光る

書込番号:21427437 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:141件Goodアンサー獲得:3件

2017/12/13 05:13(1年以上前)

>ca007さん
電波式のリモート発光がお勧めです。
その場合、トランスミッターが必要となります。
・ 一番簡単なのは、2つとも同じメーカーのストロボを使ってコントロールする方法です。そのメーカーのトランスミッターを用意します。
・ ニッシンとCanonのストロボを使うのであれば、ニッシンのAir10(送信用)とAirR(600EX-RT受信用)をそれぞれ1台ずつ用意することになると思います。ニッシンのDi866は、AirRが無くてもAir10でリモート発光できると思います。
多灯の場合、TTLよりマニュアルで光量調整した方が考えやすいです。その場合でも、トランスミッター側で各ストロボの光量を設定できた方が便利です。

書込番号:21427849

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:3739件Goodアンサー獲得:546件 Flickr 

2017/12/13 06:34(1年以上前)

電波式と光通信の違いは既に書かれている通りです。
600EX-RTとDi866を混在させ、両方ともボディ(5D3)から離して発光させる場合、
・電波式:カメラに付けるコマンダー(Air1 or Air10S)とストロボに付けるレシーバ(Air R)が2個(600EX,Di866)必要です。
・光通信:カメラに付けるコマンダー(ST-E2)が必要です。

『ストロボをカメラから離す』についても、1台のストロボはブラケットに付ける程度の距離ならオフカメラシューコードを使い
そのストロボを発光マスターにして、光通信で使うことも可能です。

電波式で発光させたいなら、イロイロ揃えるより、430EX3-RT辺りを購入したほうが、スッキリ使えるような気もします。

書込番号:21427902

ナイスクチコミ!1


殿堂入り クチコミ投稿数:25169件Goodアンサー獲得:1429件

2017/12/13 07:36(1年以上前)

>ca007さん

2台とも離したいのですか
それとも1台はカメラに付けて1台追加?

方法は色々ありますが

僕は430EX3-RTの購入が手っとり早いと思います

書込番号:21427959

ナイスクチコミ!0


抜造さん
クチコミ投稿数:547件Goodアンサー獲得:54件

2017/12/13 08:25(1年以上前)

>ca007さん
>ウッドクレストさん

>・ ニッシンとCanonのストロボを使うのであれば、ニッシンのAir10(送信用)とAirR(600EX-RT受信用)をそれぞれ1台ずつ用意することになると思います。ニッシンのDi866は、AirRが無くてもAir10でリモート発光できると思います。

残念ながら、Di866(markUも)はニッシンAirシステムには対応していませんので、レシーバー「AirR」が必要となります。

Air対応機種は、製品末尾にAの付く機種、現行ではDi700Aとi60Aの2機種のみです。

書込番号:21428027

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:141件Goodアンサー獲得:3件

2017/12/14 12:20(1年以上前)

>抜造さん
follow有り難うございます。
Di866はフラッグシップのように書かれていましたが、RFの制御はできないんですね。
>ca007さん
失礼しました。Di866が無線対応していないということなので、こちらにも受信ようのAirRが必要となります。
#どういうライティングをしたいのか、どういう環境で使いたいか、将来的にストロボを追加購入するか、などいろいろ条件を整理して考えてみてください。

書込番号:21431012 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:1189件Goodアンサー獲得:64件

2017/12/20 20:54(1年以上前)

>ca007さん

二台使いたいと言うことですが
二台とも離して使うのかどうか。

二台とも離してカメラ側からは発光しない
のであれば
Air10一台とAirRを二台

一台離して一台はカメラなら
純正を一台購入する事をお勧めします。

書込番号:21447563 スマートフォンサイトからの書き込み

ナイスクチコミ!0


クチコミ投稿数:2058件Goodアンサー獲得:254件

2017/12/20 22:13(1年以上前)

>光学式⇒赤外線を使い

違う。

書込番号:21447805

ナイスクチコミ!1


クチコミ投稿数:141件Goodアンサー獲得:3件

2017/12/23 07:15(1年以上前)

取り敢えず、異なるメーカのストロボを2つリモートで同時発光させたいだけであれば、「シンクロコード」と「フォトセルを使ったスレーブ用ホットシュー(例えば、エツミ E-538)」を組み合わせることで安価に実現できます。コードは足に引っ掛けやすいし、フォトセルの向きが悪いと反応しないとか、マニュアル発光になるので、いちいちストロボのところまで行って光量調整しなくてはならないとか使いづらいところ、使用上の制限とかあります。
多灯でストロボ撮影をするようになると、ソフトボックスや背の高いストロボ用スタンドを買うとかいろいろお金がかかります。そこまで投資していくとなると、ストロボを追加購入して同じメーカーで電波式のリモート発光させる照明システムを構築するのが、すっきりと安定したシステムが組めると思います。お手持ちのニッシンが単体で電波式リモート発光ができないので、CANONによるシステムがよいかと思います。

書込番号:21453160

ナイスクチコミ!1


クチコミ一覧を見る


価格.com Q&Aを見る

この製品の最安価格を見る

スピードライト 600EX-RT
CANON

スピードライト 600EX-RT

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2012年 3月下旬

スピードライト 600EX-RTをお気に入り製品に追加する <594

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

クチコミ掲示板検索



検索対象カテゴリ
を対象として
選び方ガイド

製品選びに必要な知識を
みんなで共有!

[フラッシュ・ストロボ]

フラッシュ・ストロボの選び方ガイド

新着ピックアップリスト

  • 【欲しいものリスト】PC
  • 【おすすめリスト】PC
  • 【おすすめリスト】PC
  • 【おすすめリスト】PC
  • 【Myコレクション】リスト

ピックアップリストトップ

新製品ニュース Headline

更新日:10月1日

クチコミ掲示板ランキング

(カメラ)

ユーザー満足度ランキング